FC2ブログ

【朝日新聞】古代の出来事をそのまま現代に当てはめるのは・・・

7月8日朝日新聞夕刊。奈良女子大学准教授・河上麻由子氏の「にじいろの議 倭国の若者守った唐の存在感 留学生支援、歴史の教え」を引用します。

 新型コロナウイルス感染拡大のため、世界中の大学で国際交流事業が滞っている。深刻なのが、留学生の受け入れと送り出しだ。学生の安全をどう確保するのか。問題は山積みだ。
 日本では特に、「学生支援緊急給付金」をめぐる問題が未解決だ。これは、外国人留学生だけ、出席率や成績が良い場合にのみ申請を可能とするもの。日本では国策として留学生を増やしてきた。国家として歓迎し、自国民と同じ学費を課しながら、危機においては大多数を切り捨てようとする態度に批判が相次いでいる。
 東アジアの留学生の歴史は古い。国費として多くの留学生を受け入れた国は、中国の隋までさかのぼって良いだろう。
(略)
 公費・私費を問わず、受け入れ国に生活の基盤がない留学生の保護は人道的な見地から不可欠だ。本国への帰路を断たれ、アルバイトは難しく、生活保護も受給できない。本来は第一に支援されるべき存在だ。
(略)
 日本が文化立国の看板を維持できるか否かは、今この時にかかっている。


留学生の支援をどうすべきかはいろいろな議論があると思います。私の親しい同僚にも外国から日本の学校を出てそのまま日本で就職した人がいますので、邪険にしずらいところはあります。しかし、出席率や成績を考慮するというのもわからない理屈ではありません。

ただ、その議論に、隋がどうした唐がこうした天竺がああした、というのは妙な理屈です。「留学生」といってもそのころの「留学生」と実態が違うでしょうし、国際関係のあり方もいまとは違います。

河上氏の専門が古代史だからといって、はるか昔の話をそのまま現代にあてはめて論ずるのは乱暴です。

歴史に学ぶとしてもせめて近代以降にすべきですし、現代の他国がどうしているのかの比較は絶対に必要です。

他国が支援していないからといって日本もしなくていい、とは言いません。しかしよその国がみんな無条件で留学生を支援しているのに日本だけやりません、というのはまずいと思いますので。
スポンサーサイト



【アニメ】ULTRAMAN

「ウルトラマン」の続編にあたる作品ですがCGアニメで作っています。

ハヤタの息子がULTRAMANになります(ウルトラマンの因子を受け継いだので、高い運動能力を持っているという設定です)が、巨大化はせず等身大のままで闘います。ウルトラマンのボディーも機械的なもののようで、スペシウム光線の光学兵器となっています。これだとわざわざ「ウルトラマン」にした意味が分からないのですが・・・

地球は、すでに宇宙の知的生命体との連合体に組み込まれていて、悪い宇宙人もいれば、良い宇宙人もいて、一部は移民してきています。

ゼットン星人が味方の頭目だったりしてますが、どういう経緯かは語られていません。二期以降で明かされるのかもしれません。

CGのアクションシーンそのものはかっこいいのですが、アクションのシナリオが根性出して踏ん張って敵を倒した、というのがほとんどを占めていたように思います。これはちょっと減点です。

【言葉】手がかり・足がかり

7月7日の朝日新聞で、衆議院議員・無所属の中村喜四郎議員が、「投票率10%UP」を目指す署名活動を推進しているとの記事を載せています。投票率UPと言っていますが、実のところ野党の後援者集めのようです。

(略)
当面の目標は、自民党の党員数に並ぶ109万人に設定。1カ月ごとに中間集計を行い、各議員が競い合う形をつくる。 運動の事務総長を務める中村氏は当選14回。自民党を離れて無所属となっても小選挙区で勝ち続けている。野党議員には地道な地元活動が不足しているとみており、「この運動が新たな後援会組織をつくるための大きな手がかりになる」と訴える。 枝野代表も今月1日の記者会見で、「野党の連携を強め、さらには特に若い議員らの選挙の足腰を強くし、国民に呼びかける大変有意義な活動」と語った


気になったのは「手がかり」という言葉です。私の感覚では「足がかり」と方がしっくりきます。辞書をひいてみました。

てがかり:
(1)体をささえるため、手をかけるところ。転じて、物事を始める、または解決するいとぐち。「---も足がかりもない岩場」「犯人の---をつかむ」
(2)手近な所。また、弓・鉄砲の射程内のあること

あしがかり:
(1)高い所へ昇るとき、足をかける所。足場。「---がない」
(2)事を着手するいとぐち。拠点。「出世の---を作る」

(広辞苑)

このように「手がかり」には「物事を始める、または解決するいとぐち」という意味があるので中村氏が間違っているというわけではないようです。しかし、これだと、今まで野党議員が後援会組織づくりをまったくやっていなかった(=ゼロからのスタート)、といった感じになっています。

その点、「足がかり」なら、より高いところに昇るための足場、という意味なので、今までも後援会づくりはしていたけど、この運動でさらにたくさんの人を集めるんだよ、という雰囲気が出ます。

誤用とは言えませんが、「足がかり」の方が適切だと感じました。

ところで、投票率UP、といった目標は結構だと思って署名しちゃうと、後から電話だのがあって後援会に誘われちゃうのでしょうか? それってめんどくさいですね。

【テレビ】名探偵ポワロ:第十四回「コーンワルの毒殺事件」

原作は短編集「教会で死んだ男」の中の「コーンウォールの毒殺事件」です。

ドラマで追加されたのは、ヘイスティングの東洋趣味です。ヨガ(?)にせいを出したり、米食を勧めたり、中国占いや瞑想も試します。ドラマでのヘイスティング大尉はたいてい三枚目の役回りなので、また妙なものに飛びついている、という描かれ方です。ドラマが東洋趣味を馬鹿にしているとまではいいませんが、特段に優れたものだという扱いではありません。

このようにいつも三枚目のヘイスティング大尉ですが、今回は事件解決に大活躍をしました。原作では、真犯人を罠にかけるのはポアロでしたが、テレビ版ではヘイスティングの手柄になってます。ここら辺はバランスをとった、ということでしょうか。

舞台はいなか町です。日本でも同じでなのでしょうが、英国でもいなかは人間関係が濃密で、全員が知り合いで、人の噂が飛び交いまくるコミュニティでした。

日本でいなかが舞台の推理小説は横溝正史が得意としていますが、横溝の描くいなかは容易に超えることができない階級と因習に縛られています。しかしクリスティのコーンワルは、階級社会ではあるのでしょうが、それほど厳しいものには見えませんでした。コーンワルの住民も先祖代々住んでいる、という感じには見えませんでした。

英国の日本のいなかには共通する部分もありますが、違いもあって面白かったです。

【テレビ】ダークサイドミステリー:「東京・昭和の闇 姿なき爆弾魔”草加次郎事件”」

昭和37年(1962年)11月4日、歌手の島村千代子の後援会事務所に「祝」と「呪」と書かれた郵便物が届く。引き抜いたところ発火。事務員は手にやけどを負う。差出人の名は「草加次郎」とあった。

同月20日、日比谷の映画館ニュー東宝で床に転がっていた筒状の物体を持ち上げると発火し、被害者はやけどを負う。これも「草加次郎」から。

同月26日、日比谷映画劇場でも発火。けが人なし。

同月29日、世田谷区瀬田の電話ボックスで石川啄木の詩集が置いてあり、しおりのようなものを引き抜くと発火。被害者はやけど。

12月1日、新聞が5件の事件が同一犯であると報道

同月12日、浅草の浅草寺にエラリー・クイーンの本にいままでと同様の仕掛けがされ残されていた

昭和38年7月、屋台のおでん屋のおやじが背後からピストルで撃たれ全治3か月のけがを負う。十日後の25日に上野警察署に草加次郎からピストルの弾が送られてきて、これがおでん屋の事件の弾と一致。

9月5日、午後8時14分銀座線が京橋駅に着いたところで、一両目で爆発。10名の重軽傷者を出す。

9月9日、女優吉永小百合の自宅に脅迫状。寝台列車急行十和田に100万円をもって乗り合図があったら投下しろ、との文面。500人の警備体制を敷くが、犯人からの合図はなかった。この事件を最後に草加次郎は現れなくなった。

■感想
この事件のことはほとんど知りませんでした。「草加次郎」という名前は見たことがあるのですが「くさかじろう」だと思っていたくらいです。正式には「そうかじろう」だそうです。

これまで「ダークサイドミステリー」で扱った題材の中で断トツのつまらなさです。なにがつまらないかと言うと、この犯人のやっていることがぶれまくっているからです。発火装置をしかけるかと思えば、ピストルで撃ったり、脅迫状でお金を要求したり。また、不特定多数を狙ったり芸能人の標的にしたり、と。キャラがブレまくっています。

番組では、無理矢理犯人像を地方から集団就職で東京に出てきたけど、東京になじめない若者が起こした、と勝手な推理を展開していました。根拠はありません。そのくらいの無理な解釈をしないと番組として成立しなかったのだと推察します。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle