FC2ブログ

【テレビ】ダークサイドミステリー  第三話「三億円事件解決せず ”昭和の死角”の謎 1965~75」

NHK-BSにて放送。

今回のテーマは昭和43年(1968年)の三億円事件です。

事件の時系列は次の通りです。

昭和43年12月10日(朝から雨)
AM9:15 日本信託銀行国分寺支店から、東芝府中工場従業員(4523人分)のボーナス3億円(現在価値で20億円)を乗せ現金輸送車が出発。
AM9:21 府中刑務所前で「白バイ」に止められる。”爆弾が仕掛けられている”と言われ銀行員は降ろされ、「白バイ警官」が現金輸送車に乗って移動。
AM9:25 残された銀行員が、「白バイ」が偽物であることに気づく
AM9:28 国分寺支店に連絡。支店が警察に通報
AM9:34 手配
AM9:44 全体配備(最高レベルの手配)
AM9:46 神奈川・山梨・埼玉の三県の警察に配備協力を要請
AM10:18 現金輸送車が発見(犯行現場から600メートルの地点)
AM10:32 車両を特定せず、全車両の一斉検問を開始。交通マヒが起きる
AM15:44 検問打ち切り(交通マヒに耐えられなくなったため)
4カ月後 逃走車両が発見(犯行現場から4キロの団地の中)
昭和50年 時効成立

■モンタージュ写真
事件後モンタージュ写真が作られました。

一般の反響が大きかったのはいいのですが、膨大な情報提供を呼び込み捜査陣の手数をとられるという一面もありました。

また、現在では、事件後に時間をかけて多くの写真を見ながらのモンタージュ写真は、記憶に偏りが起きることが指摘されています。今では即座に作れる似顔絵が重視されています。

■遺留品
数多くの遺留品が残されていました。しかしどれも大量生産・大量消費の時代の品だったため犯人に結び付けることはできませんでした。

■サンケイ新聞の紙片
二年後、偽白バイに装着したトランジスタメガホンの白い塗料には、わずかな紙片がこびりついているのが分かりました。調査の結果サンケイ新聞とわかり配達地区まで特定されました。しかし人口の移動が激しくそれ以上犯人にたどりつくことはできませんでした。

■指紋
偽白バイから8個の指紋が発見されました。当時は手作業での照合だったため膨大な時間を費やして調べましたが、犯人を特定することはできませんでした。

□感想
この時代の特徴なのか、怪我人を出さなかったためか、犯人を英雄視する風潮があったようです。そのため映画やドラマでなんども取り上げられてきました。とは言っても、犯人に逃げて欲しがっているわけではなく、モンタージュ写真に似た男がいると二万件もの通報がありました。正確に言えば、英雄視していたのではなく、面白がっていただけかもしれません。

なんとなく綿密な計画犯罪のように思っていましたが、時効まで逃げ切ったのは運に恵まれた要素が強かったようにも見えました。
スポンサーサイト

【アニメ】賭ケグルイXX

「賭けグルイ」の二期。一期も観ていました。

今期はこれが一番面白かったです。

第一期のクオリティーを維持してきました。

「敵」が生徒会から百喰一族に変わりました。こういう場合、第一期の敵の扱いは二つに分かれます。一つには、新しい敵の噛ませ犬にして、第二期の敵の強大さを示す。もう一つは、味方に寝返って主人公に協力する立場になる。

どちらになるのかと思っていたら、驚いたことにどちらでもありませんでした。互いに利害が絡み合い、ある時は敵、ある時は味方となり、噛ませ犬でもなければ、主人公の引き立て役でもありません。第一期のファンとしては大満足です。

ところで最終回で能登麻美子さんが登場しました。最終回で能登さんが締めるのは私の知っているかぎりでも「ゴールデンカムイ一期」「魔法少女サイト」「刻刻」それに「賭ケグルイXX」と多数あります。なんででしょう?

能登さんの演じるキャラの正体は何なのかと思ってたら、本編では分からなかったのですが、クレジットタイトルで「夢子の姉」とありました。うっかり見てると見過ごしてしまいますが、結構重要な情報をクレジットタイトルに隠すとはなかなかのものです。

話は途中で終わってしまいました。第三期を熱望します。

【朝日新聞】どう思いますか:“認知症の母の歩行 わがままか”

4月17日の朝日新聞朝刊の投書欄。毎週掲載の、投書に対する反響の投書を載せる「どう思いますか」のコーナー。テーマは”認知症の母の歩行 わがままか”です。

元投稿は、埼玉県の高校教師の女性(57)のものです。

86歳になる母は認知症で、グループホームで暮らしている。転倒して骨折し、左ひざの手術を受けた。退院したものの、車椅子生活になった。ただ最近は、手すりにつかまれば伝え歩きできるようになり、通院先の医師に「どんどん歩かせてください」と言われる。
ところが、施設のケアマネジャーは「歩けるようになるとかえって危険です」。車椅子から立ち上がり、転倒するリスクが高いという。あえて車椅子のままで生活させるという方針に、違和感を覚えた。
歩くことは筋力トレーニングにもなる。少しでも自力歩行できるなら、母の意欲を尊重した。無責任なわがままだろうか。


反響は四通。

埼玉県の介護福祉士の男性(59)は、「決してわがままではありません。胸を張って主張なさって下さい」との意見です。

大坂府の主婦(61)は、自身の母親の経験からけが防止のため車椅子生活を受け入れたとのことです。

栃木県の専門学校講師の女性(64)は、認知症の母親の経験から危険を冒してまでリハビリで頑張るべきではないというい意見です。

東京都の整形外科医の男性(61)は、歩ける可能性のあるものを車椅子で生活させることに違和感を持っています。

専門家として診療所の社会福祉士・田中しなの氏は、本人と何度も話し合ってどうするかを決めるべきとの意見です。

一般の意見は賛成2、反対2で二つに割れました。専門家の意見は、どっちとにもとれる、ある意味どうでもいいような意見です。

私見です。

転んだら大変だというのは分かりますが、だからといって一律に車椅子生活を強要するのは施設に問題があると思います。そもそも専門家である医者が”歩かせろ”と言っているのに施設の都合で拒否をするというのは、施設のわがままです。

自分の親や自分自身が施設に入ることがあるなら、リハビリに関する施設の方針を確認することも重要だと思いました。

【アニメ】revisions リヴィジョンズ

時間跳躍ものです。2017年の渋谷の街が荒野の広がる未来(2338年)に飛ばされます。2010年に起きていた児童誘拐事件とも複雑にからみながら物語は進みます。

なんだか辻褄が合っていないような気もします。時間跳躍ものは、そもそも因果律を無視していますので、辻褄(=因果関係)がおかしいのは仕方のないことなのですが、最低でもまき散らした伏線はきれいに回収して説明してくれないと靴の上から足を掻くような気分になります。

少年たちが未来人の女性から託されたメッセージがそれぞれ違うのはどうしてだったのでしょうか?

2017年の異変の直前に来たメールは誰の発信なのでしょうか(一応、未来人の女性からではないか、という説明はありましたが、メールした目的が不明で釈然としません)

また、東京が荒野になるほど荒廃していて、世界中でそうなっていることが匂わされていますが、その状況で2017年の技術で作れそうもない人型機動兵器がつくれるというのも分かりません。

東京ではウイルスの影響で変異した側の人類が多数存在しているのに、見かけの変わらない方の人類がほとんど気配もないのも変です。どういう勢力図になっているのでしょう?

設定に不可解なところは多かったですが、各キャラクターがきちんとしていますので、楽しく視聴できました。

ところで2019年に放映されたのに、作品中の「現在」が2017年なのはどうしたわけでしょうか?

【世論調査】朝日新聞4月16日発表

4月16日朝日新聞が世論調査の結果を発表しました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。丸カッコ内の数字は、3月16、17日の調査結果)
◆安倍内閣を支持しますか。
支持する44(41)
支持しない32(37)

◆支持、不支持の理由=省略

◆今、どの政党を支持していますか。
自民35(35)
立憲7(5)
国民1(1)
公明3(4)
共産3(3)
維新2(2)
自由0(0)
希望0(0)
社民1(0)
その他の政党1(0)
支持する政党はない38(41)
答えない・分からない9(9)

◆今年の夏に参議院選挙があります。仮に今投票するとしたら、比例区ではどの政党またはどの政党の候補者に投票したいと思いますか。
自民39(40)
立憲13(12)
国民2(2)
公明5(6)
共産6(6)
維新7(4)
自由1(2)
希望0(1)
社民1(2)
その他の政党2(1)
答えない・分からない24(24)

◆五輪などを担当する大臣だった桜田義孝さんは、東日本大震災を巡る発言を理由に大臣を辞めました。桜田さんは、今までも問題発言が指摘されてきました。桜田さんが辞めるのは遅すぎたと思いますか。
遅すぎた62
そうは思わない24

◆国土交通省の副大臣も、新しい道路を巡って安倍総理と麻生副総理の意向を忖度したと発言し、辞任しました。この発言は大きな問題だと思いますか。
大きな問題だ56
そうは思わない30

◆一連の辞任で安倍内閣のイメージはよくなりましたか。
よくなった2
悪くなった38
変わらない56

◆消費税を予定通り、今年10月に10%に引き上げることに賛成ですか。
賛成35(38)
反対55(55)

◆身近な食料品の値上げが相次いでいます。今までより節約するようになりましたか。
節約するようになった38
そうでもない59

◆ふるさと納税を利用したことがありますか。
ある12
ない88

◆ふるさと納税を巡っては自治体がお礼の品で競争することが問題となり、お礼の品を制限する法律が成立しました。お礼の品を制限することに賛成ですか。
賛成46
反対36

◆ふるさと納税の制度を今後も続ける方がよいと思いますか。
続ける方がよい62
やめる方がよい20

◆新しい元号が「令和」に決まりました。この元号を親しみやすいと思いますか。
親しみやすい62
そうは思わない22

◆日常生活で主に使いたいと思うのは令和の方ですか。西暦の方ですか。
令和40
西暦51

◆政府は1万円、5千円、千円札の新しいデザインを発表しました。新しいデザインはよいと思いますか。
よい52
よくない23

 <調査方法> コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、13、14の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した1842世帯から867人(回答率47%)、携帯は有権者につながった2040件のうち929人(同46%)、計1796人の有効回答を得た。


この世論調査が私のところに来たと想定して回答してみます。

>◆安倍内閣を支持しますか。
支持します。
支持率が持ち直してきたのはなぜでしょう?

>◆今、どの政党を支持していますか。
支持政党はありません。
野党が政党支持率をのばしてきました。これも理由はよくわかりません。

>◆今年の夏に参議院選挙があります。仮に今投票するとしたら、比例区ではどの政党またはどの政党の候補者に投票したいと思いますか。
決めていません。
立憲や維新は、政党支持者以外が投票してくれるので案外議席を取りそうです。

>◆五輪などを担当する大臣だった桜田義孝さんは、東日本大震災を巡る発言を理由に大臣を辞めました。桜田さんは、今までも問題発言が指摘されてきました。桜田さんが辞めるのは遅すぎたと思いますか。
個々の発言をみると問題とも思えないものもありますが、慎重さに欠けていたのは事実です。はじめから大臣を受けるべきではなかったと思います。

>◆国土交通省の副大臣も、新しい道路を巡って安倍総理と麻生副総理の意向を忖度したと発言し、辞任しました。この発言は大きな問題だと思いますか。
問題です。こちらは大問題です。

>◆一連の辞任で安倍内閣のイメージはよくなりましたか。
「発言」でイメージが変わったのかを訊くのは意味がありますが、「辞任」でのイメージを訊くと「発言」で印象が悪くなったかと訊いているのかとも取れます。設問文がよろしくないです。
「一連の発言で安倍内閣のイメージはよくなりましたか」と「二人の辞任で安倍内閣のイメージはよくなりましたか」の二問にした方がよいです。

>◆消費税を予定通り、今年10月に10%に引き上げることに賛成ですか。
経済のことは不案内ですが、素朴な感覚として増税は嫌です。

>◆身近な食料品の値上げが相次いでいます。今までより節約するようになりましたか。
そうでもありません。

>◆ふるさと納税を利用したことがありますか。
ありません。

>◆ふるさと納税を巡っては自治体がお礼の品で競争することが問題となり、お礼の品を制限する法律が成立しました。お礼の品を制限することに賛成ですか。
ふるさと納税自体に反対です。せめて制限することはどうか、と訊かれるなら賛成です。

>◆ふるさと納税の制度を今後も続ける方がよいと思いますか。
やめた方がよいです。

>◆新しい元号が「令和」に決まりました。この元号を親しみやすいと思いますか。
よい元号だと思いますが、まだ「親しみ」は感じません。

>◆日常生活で主に使いたいと思うのは令和の方ですか。西暦の方ですか。
日常生活という意味では西暦です。節々で元号を使うことは否定しません。

>◆政府は1万円、5千円、千円札の新しいデザインを発表しました。新しいデザインはよいと思いますか。
ちょっと軽いデザインのような気がします。もっと重厚なのがいいと思うのですが・・・

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle