FC2ブログ

【テレビ】フランケンシュタインの誘惑E+  第十九話「天才誕生 精子バンクの衝撃」

Eテレにて放送。

主人公は二人です。アメリカの遺伝学者ハーマン・マラー(1890~1967)。天才の精子を集め優れた人間を作り出すという、いわゆる優生学にもとづく計画をたてた科学者です。もう一人は科学者ではなく大富豪のロバート・グラハム(1906~1997)。マラーの提言に触発され資金面での援助をし、マラーの死後は天才精子バンクの構想に邁進した人物です。

1890年:マラー、ニューヨークで生まれる。ドイツ系。ハーレム(当時は労働者の街)で育つ
1906年:マラー、コロンビア大学に入学。ショウジョウバエを使った突然変異の研究をするトーマス・モーガン教授に師事する。
マラーは優れた研究者だったが、協調性に欠けていた。
1920年:マラー、テキサス大学に移籍。ショウジョウバエにX線を照射することで突然変異が多発することを見出す。これにより人為的に突然変異を起こすことに成功し、同時に遺伝子(メンゲレによって提唱されていたが、具体的にそれが何なのかは不明だった)が物質であることを証明した。
1932年:マラー、ドイツに向かう
1933年:ドイツがヒトラー政権になる。マラーはナチスの優生学に幻滅する。ナチスが「劣等」な遺伝子を持つ者を排除しようとしたことに対して、ひとにぎりの優秀な人間だけが父親になるべきだと提唱する。
1946年:マラー、ノーベル医学・生理学賞を受賞
1961年:マラー、核戦争の可能性に危機感を抱き、優秀な精子は地中深くに隔離し保存すべき、とサイエンス誌に投稿。肯定的な反応もあったが、結局はナチスの考えと同じだという反発もあった。
1963年:ロバート・グラハムが、マラーの考えに共感し接触してくる。天才精子バンクの構想が動き出す。
1964年:アメリカと日本で、不妊治療のために、世界初の精子バンクができる
1967年:マラー、心不全のため死去。グラハムは本業をなげうち天才精子バンクにのめりこむ。ノーベル賞受賞者に精子の提供を求める。
1980年:天才精子バンクが公になる。精子提供者の中に、人種差別主義者として知られるウィリアム・ショックリー(ノーベル物理学賞受賞者)がいたことで騒動となる。
グラハムは、精子提供者を科学者だけから広く募ることになる。マラーの構想から離れ、精子提供の産業となっていった。
1982年:グラハムの精子バンクから子供が生まれる。IQ175の子供だったが、現在は家庭教師で生計を立てていて、取り立てて成功者になったわけではなかった。
1997年:グラハム、シアトルのホテルで脳震盪を起こし死去
1999年:グラハムの精子バンクが閉鎖。19年の間に217人の子供が生まれていた。
現在、インターネットを使って精子バンクビジネスは活況を呈している。

■感想
マラーは、天才の精子だけに着目して、天才の卵子は気にも留めていなかったみたいです。これは彼が男尊女卑の思想だったからでしょうか、それとも卵子の保存が難しいとかの技術的問題があったからでしょうか。番組ではよく分かりませんでした。

「天才」の例として番組では、何人かの肖像画や写真を見せていましたが、その中に画家のゴッホがいました。ゴッホが評価されたのは死後です。したがってゴッホの生きている時代に天才精子バンクがあったとしても、ゴッホの遺伝子は収集の対象外だったはずです。マラーの考えるように、優れた遺伝資質の持ち主だけが父親になってしまうと、歴史上で天才とみなされる遺伝子が残らないことになってしまいます。

天才精子バンクから生まれた子供が、特別な業績を残していないということは、天才が遺伝だけで生まれるのではないのではという疑問を突きつけます。高IQの子供が高IQになるらしいというのはわかりますが、「天才」になるというわけではないようです。実際、歴史上天才と呼ばれる人の親が普通だったり、その子供がなんということもないことはよくあります。普通の授精で天才が引き継がれないのに、体外受精で引き継がれるというのは考えに無理があります。ただし、天才は無理かもしれませんが、普通よりやや優れた子供が生まれるという可能性はありますので、精子バンクでより「優秀」な精子を求める気持ちはわかります。

もしかしたらオッペンハイマーがいなければ人類は原爆を手にしなかったかもしれませんが、一方で遅かれ早かれ誰かが発明しただろうという気もします。それは証明できることではありません。しかし、ハーマン・マラーがいなくても精子バンクはできましたし、精子バンクが産業化すれば優れた遺伝子を求める親がいて「天才精子バンク」に近い考えの運営になるのは必然です。したがって、マラーがいなくても世の中はこうなっていたというのはほぼ間違いありません。彼を「フランケンシュタイン」呼ばわりするのはちょっと酷かと思います。

私は米国のドラマが好きでよく観るのですが、独身女性が一念発起して子供をつくろうと精子バンクと契約するというエピソードがよくあります。そういうのを見ているせいか、精子バンクといわれても特におどろおどろしい感じがしません。慣れ、というのは恐ろしいものですね。
スポンサーサイト



【テレビ】ダークサイドミステリー  「闇の神話を創った男 H.P.ラヴクラフト」

NHK-BSにて放送。

米国の怪奇小説作家ラヴクラフト(1890年~1937)に迫ります。

謎めいた小説群を残して夭折した作家ですが、本人に謎があったわけではありませんので、なんでこの番組で取り上げるのか、あるいはこの番組の趣旨はなんなのかと疑問は膨らみます。

それはともかく番組の内容ですが、ラヴクラフトが創始した「クトゥルー神話」が、現在静かなブームを呼び、映画・アニメ・マンガ・ゲーム・小説に影響していることを紹介しています。

そして、「クトゥルー神話」が当時一般的だった吸血鬼とか狼男といった教訓話めいた怪奇ものとは一線を画し根源的恐怖、宇宙的恐怖を描いていることが特徴です。

ラヴクラフトは裕福な家庭に育ち、邸にあった膨大な蔵書を子供のころから読みふけり、特にエドガー・アラン・ポーに影響を受けました。自分でも小説を書いて出版社に送りましたが、当時の流行とは違っていたことや、本人に出世欲が欠けていたため、鳴かず飛ばずでした。それでも理解者となった友人の作家たちの後押しもあり、ほそぼそと作家業を続けていました。

ラヴクラフトの特異なところは、自分の作った怪物のキャラクターを友人の作家が使って小説を書くことを快く認めたところです。

■感想
ラヴクラフトは知ってはしましたが、読んだことはありません。

番組の中で、ラヴクラフトの小説のあらすじを再現していました。正直に言って、”それって落ちはなんなの?”と言いたくなるようなものばかりでした。人気の理由がちょっと分かりませんでした。

【本】「ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた」 その2

監修:佐藤文香

昨日の感想の続きです。昨日の部分は本の感想という意味ではちょっと離れていたのですが、本日の分は本当に本の感想です。


まず思ったのが「ジェンダー論」という学問のことです。普通に考えて「学問」というのは、世の中にある何らかの法則や真実を明らかにするものだと思っています。しかし「ジェンダー論」というのは普通の学問と違って法則を見つけるのではなく、”世の中はこうあるべき”というような社会改良を目指しているような感じがします。

「ジェンダー論」が言っていることを否定しようというわけではありません。私も”男だからかくあるべし”という世間の圧力にはうっとおしく感じないでもありません。そういうものから自由になるべし、というのは全面的に賛成するわけでもありませんが、全否定でもありません。

しかし、全く新しい社会をつくるとなると果たしてその社会が歪みなく機能するかという疑問がわきます。

この疑問に、この本は処々で答えているかのようです。つまり、男は外で働き女は家の仕事をする、というった概念は近現代において作られた、というものです。つまりもともと人間社会には男女の役割分担なんてなかった、ということです。(そう明言しているわけだはありませんが、そういう主張だろうとくみ取りました)

たとえば、第23章「女性はバリキャリか専業主婦か選べるのに、男性は働くしか選択肢がないのっておかしくない?」では、「近代以前、特に農耕社会では、男女ともに農作業に従事することが求められました。資本主義の発展とともに市場が登場すると、男性が公共領域を、女性が家内領域を担うという性別役割分業を基礎にした家族が登場します」と説明しています。

事実関係としては正しい指摘です。

しかし、農耕社会でも農機具が発達する前は、筋肉をつかって仕事をしていたので、男女の役割分担はあったはずですし、狩猟採取社会でも男女差はあったとしか考えられません。そればかりか、人間以外の動物や鳥、昆虫、魚などでも雌雄の役割分担がある種はざらにあります。

男性が綱領領域を、女性が家内領域を担う」のが「歴史的・文化的につくられた」ものであっても、男女による役割分担はホモサピエンスだけでなく生き物に一般的だというのも事実です。

男女の役割分担を決めつけるのが息苦しい、という意見には同意します。ただ、完全に男女の役割分担を否定した社会というのは人類は未経験の社会であるため、それを目指す社会改良は慎重になるべきだとも思います。


コラム4で「なんでジェンダーのゼミにいるのに化粧してるの?」で、ジェンダーを学ぶ女学生が化粧しているのはなぜか、と訊かれたことを取り上げています。引用します。

でも、わたしは、化粧自体が嫌いなのではありません。化粧を「女らしさ」と結びつけることに問題意識をもっているのです。
(略)
もちろん、どこまでが本人の選択なのかといいうのは難しい問題です。個人の自由な選択とみえる女性の行動が、社会の常識に多分に影響を受けながら、男性中心主義的な構造を再生産する可能性もあるからです。一方で、たとえば「化粧する女性は男性に媚びている」といった決めつけは、その女性の選択の自由をなかったものにしてしまいます。はたしてそれは、女性の意志を尊重しているといえるでしょうか


女性に限らず、”個人の選択”が歴史や社会から完全に自由に、切り離されたものであるはずがありません。

一応、「個人の自由な選択とみえる女性の行動が、社会の常識に多分に影響を受け」ている可能性を指摘してはいますが、よく読むと自分以外の女性のことを言っているような気もします。

自分のことに関しては、「わたしは、化粧自体が嫌いなのではありません」と堂々と言い切っています。

この件に限らず、この本の論がだいたいこの調子で、「ジェンダー論」に歯向かう者、疑問を持つ者をバッタバッタと切り捨て、自省というものがほとんど感じられません。

ここら辺の態度や雰囲気が、ジェンダー論者が不人気な理由だと思います。

【本】「ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた」 その1

監修:佐藤文香

ジェンダーを研究している一橋大学の佐藤文香教授のゼミ生が、友人や知人から問いかけられたジェンダー論に関する質問をQA形式でまとめたものです。

いくつか感想があるのですが、今日はその中の一つを取り上げます。なんでこの一つを取り上げたかというと、本の感想というより、先般の愛知トリエンナーレに絡む感想だからです。

第十五章の「どうしてフェミニストは萌えキャラを目の敵にするの?」で、2014年に三重県志摩市で海女をモチーフにした萌えキャラが公認キャラと認定されたことに女性蔑視だと抗議があった件を取り上げています。

当時のニュースを覚えていますが、扇情的とまでは言いませんが割と大胆なデザインでした。

引用します。

『女性の性的な表現が公的組織から公認を受け、公共施設に掲示されることには、次のような問題があります。まず、性的な表現が公認を受けるとは、公の「お墨つき」を得ることであり、あたかもそのような性的なありかたが推奨されているように思われてしますでしょう。そして、公共施設に性的な表現が掲示されれば、子どもを含めた不特定多数の目にはいってきます。』


つまり、性的な萌えキャラが、公に認められたこと、公共施設に入り込んだことを問題視しています。公認されなければフェミニストたちは黙認したかというとそれは分かりませんが、公の場に進出したことにたいして強く異議を申し立てています。

これは先般の「あいちトリエンナーレ」での騒ぎと似ています。ここでは朝鮮人慰安婦をモチーフとした少女像や、昭和天皇の写真を燃やすなどした作品が、税金を投入した公の場所に置かれたことに異議が殺到しました。

論理の構造は同じです。税金を投入して公的なものになったのだから納税者は発言します、ということです。

我々はややもすれば自身の政治的立場に引きずられて、片方の苦情は当然だがもう片方は表現の自由への侵害だ、というダブルスタンダードにおちいりがちですが、素直に考えれば両者のよってたつ論理は同じだと認めるほかありません。

【世論調査】朝日新聞9月17日発表

9月17日朝日新聞朝刊に世論調査の結果が発表されました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、7月22、23日の調査結果)

◆今の政治などについてうかがいます。あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する 48(42)
 支持しない 31(35)
 その他・答えない 21(23)

◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 首相が安倍さん 10〈5〉
 自民党中心の内閣 15〈7〉
 政策の面 20〈10〉
 他よりよさそう 54〈26〉
 その他・答えない 1〈0〉

◇(「支持しない」と答えた人に)それはどうしてですか。(択一)
 首相が安倍さん 17〈5〉
 自民党中心の内閣 24〈7〉
 政策の面 44〈14〉
 他のほうがよさそう 8〈2〉
 その他・答えない 7〈3〉

◆あなたは今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
 自民党 37(34)
 立憲民主党 7(10)
 国民民主党 1(1)
 公明党 3(5)
 共産党 3(4)
 日本維新の会 3(4)
 社民党 1(1)
 希望の党 0(0)
 NHKから国民を守る党 0(0)
 れいわ新選組 1(1)
 その他の政党 1(1)
 支持する政党はない 35(30)
 答えない・分からない 8(9)

◆安倍首相は内閣を改造しました。内閣の顔ぶれを見て、あなたは、安倍首相の今回の人事を評価しますか。評価しませんか。
 評価する 35
 評価しない 33
 その他・答えない 32

◆あなたは、安倍政権のもとで憲法改正をすることに、賛成ですか。反対ですか。
 賛成 33
 反対 44
 その他・答えない 23

◆安倍首相の自民党総裁の任期は2021年9月までです。あなたは、次の自民党総裁として、だれがふさわしいと思いますか。(択一)
 石破茂さん 18
 岸田文雄さん 6
 茂木敏充さん 3
 河野太郎さん 8
 菅義偉さん 8
 加藤勝信さん 1
 小泉進次郎さん 22
 この中にはいない 27
 その他・答えない 7

◆小泉進次郎さんが環境大臣に就任したことで、あなたの安倍政権に対するイメージは、よくなりましたか。悪くなりましたか。それとも、変わりませんか。
 よくなった 31
 悪くなった 6
 変わらない 60
 その他・答えない 3

◆立憲民主党と国民民主党が、自民党に対抗するために、国会で統一会派を組むことを、大筋で合意しました。あなたは、立憲民主党と国民民主党が統一会派を組むことを評価しますか。評価しませんか。
 評価する 38
 評価しない 36
 その他・答えない 26

◆消費税についてうかがいます。あなたは、消費税を予定通り、10月に10%に引き上げることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 46
 反対 46
 その他・答えない 8

◆10月からは、食品の種類や食べる場所によって消費税率が異なります。あなたは、こうした税率の違いを十分に理解していますか。十分には理解していませんか。
 十分に理解している 28
 十分には理解していない 69
 その他・答えない 3

◆消費税が上がった後、電子マネーやクレジットカードなどで買い物をすると、店によってはポイントが還元されます。あなたは、現金を使わないキャッシュレスの利用を増やしたいと思いますか。そうは思いませんか。
 増やしたい 36
 そうは思わない 57
 その他・答えない 7

◆あなたは、韓国は好きですか。嫌いですか。特にどちらでもないですか。
 好き 13
 嫌い 29
 どちらでもない 56
 その他・答えない 2

◆あなたは、安倍政権の韓国に対する姿勢を評価しますか。評価しませんか。
 評価する 48
 評価しない 29
 その他・答えない 23

◆あなたは、日本と韓国の関係悪化で、経済や文化の交流に影響が出ることを、どの程度心配していますか。(択一)
 大いに心配している 14
 ある程度心配している 42
 あまり心配していない 29
 全く心配していない 12
 その他・答えない 3

◆あなたは、自分が住む地域に、ギャンブルができるカジノを含む統合型リゾートを誘致することに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 20
 反対 71
 その他・答えない 9
     ◇
 〈調査方法〉 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、14、15の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した2027世帯から1010人(回答率50%)、携帯は有権者につながった2172件のうち914人(同42%)、計1924人の有効回答を得た。


この世論調査が私のところにきたと想定して回答してみます。

>◆今の政治などについてうかがいます。あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。

>◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
首相が安倍さんだからです。

>◆あなたは今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。
自民が支持を伸ばしたのは内閣改造のせいかもしれませんが、野党が減らしている理由がわかりません。

>◆安倍首相は内閣を改造しました。内閣の顔ぶれを見て、あなたは、安倍首相の今回の人事を評価しますか。評価しませんか。
どちらともいえません。

>◆あなたは、安倍政権のもとで憲法改正をすることに、賛成ですか。反対ですか。
安倍政権でなくても賛成です。占領されていた時代に押し付けられた憲法というのはおかしいです。中身がまったく同じであっても国民投票を経る必要があります。したがって憲法改正にいたる国民投票が必要です。

>◆安倍首相の自民党総裁の任期は2021年9月までです。あなたは、次の自民党総裁として、だれがふさわしいと思いますか。(択一)
よくわかりません。
それにしても今回初入閣の議員をこの質問で22%の人があげるというのは、日本人の民度に問題を感じます。

>◆小泉進次郎さんが環境大臣に就任したことで、あなたの安倍政権に対するイメージは、よくなりましたか。悪くなりましたか。それとも、変わりませんか。
変わりません。別に悪意があるわけではありませんし、特に応援しているわけでもありません。ただの初入閣議員とうだけです。

>◆立憲民主党と国民民主党が、自民党に対抗するために、国会で統一会派を組むことを、大筋で合意しました。あなたは、立憲民主党と国民民主党が統一会派を組むことを評価しますか。評価しませんか。
もともと同じ党だったのですから必然だと思います。評価するとかしないとかいう問題でもないように思います。

>◆消費税についてうかがいます。あなたは、消費税を予定通り、10月に10%に引き上げることに賛成ですか。反対ですか。
今更反対するのはもう無意味です。そんなことより景気がおかしくなったときに一時的にでも引き下げる準備をした方がいいと思います。

>◆10月からは、食品の種類や食べる場所によって消費税率が異なります。あなたは、こうした税率の違いを十分に理解していますか。十分には理解していませんか。
「十分」かと聞かれると自信ありません。「十分には理解していない」の回答を増やすためのトリックのような気がします。

>◆消費税が上がった後、電子マネーやクレジットカードなどで買い物をすると、店によってはポイントが還元されます。あなたは、現金を使わないキャッシュレスの利用を増やしたいと思いますか。そうは思いませんか。
そうは思いません。

>◆あなたは、韓国は好きですか。嫌いですか。特にどちらでもないですか。
好きではありません。

>◆あなたは、安倍政権の韓国に対する姿勢を評価しますか。評価しませんか。
評価します。

>◆あなたは、日本と韓国の関係悪化で、経済や文化の交流に影響が出ることを、どの程度心配していますか。(択一)
影響はあると思いますが、特段気にしてません。

>◆あなたは、自分が住む地域に、ギャンブルができるカジノを含む統合型リゾートを誘致することに賛成ですか。反対ですか。
もろ手をあげて賛成というわけではありませんが、別に反対はしません。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle