FC2ブログ

【雑記】野暮な突っ込みです

NHKのNEWS WEBよりノーベル賞受賞の本庶佑氏のインタビュー記事を引用します。

日本大使館の祝賀会のあとの記者会見で本庶佑さんは「きのう記念講演を終え、私がやるべきことの半分くらいは終わったと思っています。あとはメダルをいただくという大仕事がありますが、少しは気楽にできるかなと思っています」と今の心境を語りました。
そしてノーベル賞の受賞について、「ノーベル賞をもらえる確率を考えると、先進国の5か国くらいでおよそ34万人の教授がいるので、毎年10人くらいが受賞者するとして確率は3万4000分の1になる。一方、ゴルフでホールインワンするのは2万数千回に1回と言われていて、確率的にはノーベル賞をもらうほうが難しいと言える。なので、ゴルフでは当然、ホールインはすでにやっています。僕はゴルフの夢とサイエンスの夢の両方を達成しました」と好きなゴルフと比較しながらおどけていました。
(略)


ノーベル賞は毎年やっているので、生涯におけるノーベル賞獲得確率は、3万4000分の1ではありません。

特定の年に、という限定であれば確かに3万4千分の1になります。

しかしそうするとホールインワンとの比較が間違っていることになります。ホールインワンの確率といわれる数字は、プロの場合は難易度が高いコース設定だったりアマの場合は技量がさまざまだったりするので色々言われていますが、いずれも一回打った場合の確率です。「2万数千回に一回」というのも、一回打った場合の確率のはずです。

ゴルフは1日で1ラウンド(18ホール)を回るのが基本ですが、このうちホールインワンが現実的に可能なのは、3打で上がることが基本のショートホールだけでおよそ4つです。つまり一日ゴルフに行けばホールインワンのチャンスは4回です。また、ゴルファーは一年に一回しかゴルフ場に行かないというわけではないので、1年間を通して考えると、ホールインワンの確率はもっと高くなります。

つまり本庶氏は、ある年にノーベル賞を取る確率と一回打った場合にホールインワンになる確率という比較にならないものを比較しています。

ノーベル賞受賞者にまで突っ込みを入れてしましましたが、別に他意はありません。面白いと思ったことを書いてみただけです。ご笑殺ください。
スポンサーサイト

【朝日新聞】比較になっていない比較記事

12月9日朝日新聞朝刊社会面。「ゴーン前会長 長い勾留に困惑」より

日産自動車前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が10日に再逮捕される見通しとなった。11月19日に逮捕されたゴーン前会長。東京拘置所での勾留は年末まで長引くことになりそうだ。国際的な名声を得てきた経営者は今、どのような境遇にあるのか
(略)


日本の外国での容疑者の扱いの違いを記事にしています。しかし取材が行き届いていないのか変な記事です。具体的にみていきます。

▼取り調べに弁護士が同席できるか
日本:不可
フランスなど欧米:可

「欧米」というくくりだとアメリカと全てのヨーロッパが可能なのでしょうか。言外に例外もありそうな含みが感じられます。ゴーン氏に関係あるレバノンやブラジルでどうなっているのかも書いてありません。

▼取り調べの言語
日本(というかゴーン氏の場合):英語
外国:-

日本語が分からない場合、日本での取り調べに英語は使えるそうですが、英語もできない場合はどこまで対応するのかよく分かりません。外国でどうなっているのかも書いてありません。

▼取り調べ以外の過ごし方
日本:差し入れられた本や翻訳された日本の新聞記事を読める
外国:-

外国ではどうなのか書いてありません。

▼勾留の部屋
日本:三畳ほどの単独室。AM7:00起床。PM9:00就寝。起床中は横になることは禁止。
外国:-

外国ではどうなのか書いてありません。

▼食事
日本:パンが月1~2回。主食は米7割、麦3割を混ぜたもの。
外国:-

外国ではどうなのか書いてありません。

▼風呂
日本:火、金の週二回
外国:-

外国ではどうなのか書いてありません。

▼空調
日本:全館空調。ただし満足できるレベルではないらしい
外国:-

外国ではどうなのか書いてありません。

▼キッチン付きの居室
日本:-
オーストリア:ヨーゼフ・シュタット拘置所にキッチン付きの居室がある

オーストリアの他の拘置所にはあるのかないのか書いていません。オーストリア以外の外国でどうなのかも書いてありません。日本の場合も書いてはいません(ないのだと思いますが)


▼母子のための居室
日本:-
オーストリア:ヨーゼフ・シュタット拘置所に3歳までの幼児と生活できるおもちゃを備えた居室がある

オーストリアの他の拘置所にはあるのかないのか書いていません。オーストリア以外の外国でどうなのかも書いてありません。日本の場合も書いていません(ないのだと思いますが)

▼電話
日本:-
イタリア:レビッビア刑務所(拘置所兼務)では、週一回、最長10分まで使用可能

イタリアの他の拘置所でどうなっているのか書いてありません。イタリア以外の外国でどうなのかも書いてありません。

▼面会室
日本:-
イタリア:レビッビア刑務所は面会室に仕切り板はない。ただし、組織犯罪に関係した場合は、ガラス越の面会で会話は記録される。

イタリアの他の拘置所でどうなっているのか書いてありません。イタリア以外の外国でどうなのかも書いてありません。



このように容疑者の扱いについて外国と比較しているようで、全く比較になっていません。

【展覧会】フィリップス・コレクション

於:三菱一号館美術館

米国ワシントンの私立美術館フィリップス・コレクションから有名画家の作品が大挙来日しました。「全員巨匠!」という煽り文句がつけられています。

実際、みんな有名画家でした。どれが目玉ということもないようです。時代的には新古典派から現代美術まで幅広くそろっていました。

アングルの「水浴の女(小)」が気に入りました。

2019年2月11日まで

【朝日新聞】つまらない芸人

12月7日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「耕論」のコーナーは先ごろ決定した大阪の万国博の特集です。その中から、大阪国際大学准教授・谷口真由美氏の「オッサン目線、70年の郷愁」より引用します。

 「万博」と言われても、わくわくしないですね。
 1970年の大阪万博は意味があったと思います。人やモノの移動が難しい時代に、パビリオンで各国を疑似体験して世界を知ることができたから。「太陽の塔」のような訳のわからんものが残ったのも、おもしろい。でも、いまは違う。海外旅行やネットで世界中の情報を得られます。
 にもかかわらず、70年万博の衝撃を忘れられない世代が、政官財のトップになって誘致活動を進めました。その主要メンバーは男ばかり。「オールジャパン」の誘致ではなく、「オッサンジャパン」です。オッサンたちのノスタルジー(郷愁)につき合わされたくないんですよ。
(略) 


まともに論理だてて論ずる気にもなりません。

かつてすべての物事を男女の対立で読み解いていたタレント教授が社民党から比例代表で議員になったことがあります。議員として活動する準備も覚悟もなかったためか、ほどなくして社民党を去りました。当時の党首は女性だったにもかかわらず、”社民党は男社会だ!”といった悪態をついていたのには笑いました。

谷口氏にも同じ臭いがします。まともな社会批評ではなく、「オッサン」というキーワードで世相を斬る芸です。

ただしあまり面白くありません。

芸人を育てるのは客であると言います。こういうくだらない芸に拍手を送ってテレビに出したり新聞に載せたりしていると、芸人は自分は受けていると勘違いをするだけでしょう。

【時事問題】我々は監視社会に生きていたのか?

朝日新聞の記事より引用します。

東京・渋谷でハロウィーンに集まった若者らが軽トラックを横転させた事件で、警視庁は関与した疑いがある17~37歳の男15人を特定し、このうち東京、神奈川、山梨各都県の20~27歳の会社員や美容師ら男4人を、暴力行為等処罰法違反(共同器物損壊)の疑いで5日逮捕し、発表した。他の男らも同容疑で書類送検する方針。


いったいどうやって犯人を特定したのかと思えば、監視カメラの映像を分析したそうです。

犯行現場を写したカメラで犯人を特定し、移動したところを周囲の監視カメラの映像から探し、順々に辿っていって、映像に写らなくなった近所で聞き込みをしたことで犯人を特定できた、とのことです。

なるほどと思う面もありますが、信じられない気もします。渋谷の駅構内までは追いかけることはできるかもしれません。しかしそこからが難題です。どの駅で降りたかわかなないのですから、かなり大量の画像を調べるしかありません。頑張って東京や神奈川の駅のすべての監視カメラをチェックできたにせよ、山梨まで調べるのはさすがに難しいのではないでしょうか?

しかし実際捕まえたわけですから、警視庁は他の捜査手法を使っていて、それを隠しているのではないかと疑いたくなります。

本当に監視カメラだけを使ったとしても、捜査員が目でチェックするような原始的なものでなく、AI技術を駆使したとかではないかと思われてなりません。

どうやら、いつのまにやら我々の社会は監視社会になっていたみたいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle