FC2ブログ

【テレビ】フランケンシュタインの誘惑  「ナチスとアスペルガーの子どもたち」

NHK-BSにて放送

主人公はオーストリアの医師ハンス・アスペルガー(1906~1980)。

従来、自閉症には(A)対人関係の障害(B)パターン化した興味(C)言語・知能の発達の遅れがあるとされてきた。しかしアスペルガーは(A)と(B)は持つが(C)はない種類の症状を発見した。自閉症研究のパイオニアである。

アスペルガーは「医師は全身全霊をかけて、これらの子供に代わって声をあげる権利と義務がある。ひたむきに愛情を捧げる教育者だけが困難を抱える人間に成功をもたらすことができる」と発言したように、それまで社会から顧みられなかったこの症例の子供を擁護した。

しかし、近年発見された資料で、アスペルガーがナチスの安楽死作戦に協力したことがあきらかになる。教育不可能とされた子供を、分かっているだけでも44人を施設送りにし、そのうち37人が安楽死させられている。

1906年:ウィーンで生まれる。父親は中卒だったが教育熱心でしつけに厳しかった。
1925年:ウィーン大学医学部に入学
1929年:ウィーン大学の小児科医になる
1932年:治療教育診療所に配属される。そこは発達障害の子供が送られるところで、子供に自由に遊ばせるという独自の方針だった。そこで興味を持ったことに非凡な才能を示す子供を多く目撃する。
1933年:ヒトラーが政権を掌握。恩師がナチスに入党した関係で、アスペルガーはドイツで研修を受けることになる。
1933年7月:障害者の断種法が制定される。
当時のアスペルガーには「民族全体が熱狂的に一つの方向に向かう。確かに限定的なビジョンであるが献身的で熱意にあふれ厳しい鍛錬や規律を伴いものすごい力を秘めている」
1938年3月:ドイツ、オーストリアを併合
1938年10月:特別講演で、ナチスを礼賛し優生学を賞賛した。自閉症児を国家への奉仕に役立てるようにすべきとの考えを示した。これは、自閉症児を役に立つ立たないで分類したことでもある。
1939年9月:第二次世界大戦はじまる
安楽死作戦が始まる。ウィーンではシュピーゲルグルント児童養護施設がその舞台となった。教育不可と診断された子供が送られ安楽死が実行された。死因は「肺炎」と記録されている。
1940年11月1日:ナチス親衛隊員による報告書「アスペルガーは積極的にナチスに逆らうような行動をしたことがない。彼は優生保護法の案件についてナチスの理念に従って行動している」
1945年5月:ドイツ降伏
1946年:ウィーン大学小児科医の院長に。のちに終身院長になる。
1974年:ラジオのインタビュー。ナチス時代の自分を振り返って「私は多くの国家(ナチズム)的なことは受け入れましたが非人道的なことは受け入れることができませんでした。診療所では異常や障害のある子供たちと数多く関わりました。私にできるのはそのような子供たちを彼らの価値において認め愛することにほかなりません。私は子供たちを引き渡すことを拒みました」と述べている。
この発言は、後に発見される資料で虚偽であることが明らかになる。
1980年:没(74歳)
1981年:ロンドンの精神科医ローナ・ウイングが特殊な才能をもつ自閉症の子供に注目。発見者に敬意を示して「アスペルガー症候群」となづけ英語圏に紹介
2002年:ウィーンでシュピーゲルグントの追悼式。ここで最低でも789人が殺されたことが判明している。
2010年:アスペルガーが教育不可とされた子供をシュピーゲルグントに送ったことを証明する資料が発見される。

なお、戦後アスペルガーは自閉症の研究から手をひき、自分の発見を声高に主張することがなかった。ローナ・ウイングがアスペルガーの研究を発掘しなければ埋もれたままだったと思われる。

■感想
この人物のことは知りませんでした。アスペルガーという名前は知っていましたが、発見者の名前からつけられたとは思っていませんでした。

番組でも触れていましたが、アスペルガーがシュピーゲルグントで行われていたことを知らなかったという可能性はなくもありません。子供を役に立つ立たないで分類したのは、現代人の感覚では受け入れにくいですが、当時としては普通だったのかもしれません。優生学はナチスの専売特許というわけではなく程度の差はあれ他の国でもやっていたことですから。

発見された資料について本人の反証がなされないのですから、悪人呼ばわりは酷なのかもしれません。

また、ユダヤ人を絶滅収容所に送ったのは当事者の同意なしに行ったことですが、教育不可とされた自閉症児を施設送りにしたのは保護者の同意があったはずです。施設当事者のみを責めるのもどうかと思います。
スポンサーサイト



【朝日新聞】陰謀論の根底に宗教はあるのか?

11月28日朝日新聞夕刊。文芸評論家・藤田直哉氏の「ネット方面見聞録」。この日は「陰謀論の根底に宗教的伝統」です。

(略) 
 政治史学者リチャード・ホフスタッターは、アメリカは伝統的に「パラノイド・スタイル」の政治文化であったと分析している。常に脅威の存在を感じ、被害妄想(パラノイド)的にその対象を名指す傾向があるのだ。たとえば、フリーメーソンが政府機関を乗っ取ろうとしている、カトリックがアメリカを侵略している、エリートたちが支配しているなどと。そして大衆の熱狂を生み、エリートたちへの戦いを煽る。
 パラノイドの対象は、黒人や先住民などマイノリティーにも及ぶ。これは日本のオンライン排外主義者の主張と構造は同一だ。アメリカの右翼にこのスタイルは顕著で、アメリカが「奪われている」と感じ、取り戻すために戦っているのだという。これは1965年に発表された分析だが、現在にも当てはまる。
 パラノイドの人々が守ろうとしたものは、「民衆の秩序」や、プロテスタントにおける「個人主義と自由の原則」だと言う。エリートも、メディアも、知識人も、権力者も信用できない。であれば、何を根拠にして判断するのか? 自分の心である。心が神とつながっている、だからそれが正しいと考えられる。このような、宗教的伝統と結びついた個人主義や自由の感覚こそが、ポスト・トゥルースや陰謀論の淵源のひとつである。プロテスタントの伝統がない日本でなぜ同様の現象が見られるのかは、改めて分析が必要だろう。
(略)


アメリカには「パラノイド・スタイル」があり、その根底にはプロテスタントの宗教的な感覚が潜んでいるとホフスタッター氏は指摘しているそうです。

アメリカの右翼の排外主義と、日本のオンライン排外主義者と構造は同じだとのいうのが藤田氏の指摘です。

しかし、日本にプロテスタントはほぼないのでなんで同じなのか藤田氏は説明できていません。「改めて分析が必要だろう」などとカッコよく言っていますが、すくなくともここでは説明できていません。

論理に誠実であれば、
”日本にも米国にもパラノイドがいて排外主義を唱えている。しかしそこに宗教的伝統があるというホフスタッター氏の指摘は間違いである”
とか
”米国の排外主義は宗教に関係しているが、日本の排外主義はそれとはまったく別のところからきている”
などとなるはずです。

ホフスタッター氏の言うことは正しく、そして日本でも同じことが起きているといおう自分の指摘も正しい、と決めこんでいるから、おかしな感じになってしまてっています。

【雑記】こんどは「国境なき医師団」

国連WFP(世界食糧計画)からプレゼント付きの寄付のお願いがきたことを記事にしたことがあります。

先日、似たようなのが「国境なき医師団」から来ました。ボールペンとポストカード2枚が入っていました。

ボールペンはWFPのとは違って名前の刻印はありませんでしたが、クルスマス仕様なのか雪だるまやツリーのイラストがあしらったものです。

ポストカードは、ボールペンと同じイラストのと煙突のある一軒家に雪がふりつのり遠くから兎がながめているというイラストです。ただ、このポストカードの紙質が悪いからか同封のボールペンの圧力に負けてひん曲がっていました。とても人には送れません。

安物かもしれませんが、寄付するかわからない人間にまで配るというのは相当なコストがかかります。まったくの無駄遣いです、

「あなたのご支援により・・・」「5000円で100人のマラリア検査」とか「10,000円で300食の栄養治療食」とか書いていますが、嘘でしょう。5000円や10,000円の一部は先進国の裕福な誰かにおくるボールペン代になっているはずです。

組織自体は立派の活動をしているのだとは思いますが、なじめないものを感じます。

他の人がどう思うかは分かりませんが、私は寄付をする気をまったく持てませんでした。

参)【雑記】WFPのノーベル平和賞受賞

【朝日新聞】教育現場の各国比較

11月24日朝日新聞朝刊の教育蘭。「OECD調査にみる日本の現在地 1クラスの人数、平均を超過」を引用します。

 OECDが9月に公表した2020年版の「図表でみる教育」によると、18年の日本の1クラスあたりの児童生徒数は、小学校27人、中学校32人。一方、OECD加盟国の平均は小学校21人、中学校23人だった。
 加盟準備中を含む38カ国のうち比較可能な国のなかでは、日本はいずれも2番目に多かった。小学校では日本、チリ、イスラエル、英国以外の国が25人以下だった。中学校では、コスタリカと日本だけが30人を超えた。
 OECDは、学級規模と学力の相関については否定的な立場をとりつつ、少人数学級のほうが子どもと教員の対話が進むメリットがあるとしている。
(略)
 別の調査では、学校長が教員がデジタル端末を授業に取り入れるための「十分なスキルがある」と答えた学校に所属する生徒の割合は、OECD平均が65%だったのに対し、日本はとくに低い27%。「十分な時間がある」と答えた学校に所属する生徒の割合も、OECD平均が61%だったのに対し、日本はわずか12%だった。
(略)
 長時間労働のわりには、授業で生徒に接する時間は短い――。OECDの調査からは、そんな日本の教員の働き方も見えてくる。比較可能な最新の調査によると、日本の中学校の教員の年間の総労働時間は、ドイツとほぼ同水準。だが、授業時間は日本の方がドイツよりも少なく、総労働時間が少ないフランスやオランダよりも下回った。
(略)



クラスの人数は少ない方が学習効果が高いだろうというのは予想できます。仮に1対1で教えたら学習でつまずくということは起きないと思います。

その反面、児童にとってクラスというのは世界とほぼ同じ意味を持つことも忘れるべきではありません。小学生のころを振り返ると、いっしょに遊ぶ友人というのはクラスの中に限られます。どんなに仲がよくてもクラス替えがあると自然と遊ばなくなります。中学生ぐらいになるとクラスの枠をはみ出た人間関係を築けるようになりますが、小学生では無理です。

そういう小学生の時代にクラスの人数を減らすと、気の合う友人を見つけられないかもしれないのでちょっと可哀想な気もします。


学校長が教員がデジタル端末を授業に取り入れるための「十分なスキルがある」と答えた学校に所属する生徒の割合」の高い順は、韓国・米国・英国となっています。そして日本は極端に低くなっています。

ただし、これは客観的な指標ではなく、学校長の自己採点であることを忘れてはいけません。

したがって、お国柄がずうずうしいほど高い点数になっています(←ヘイトスピーチです!)


各国で教員の指導時間を比べていますが、その前に生徒が指導を受けている時間の比較の方が重要です。

教師の指導時間や事務にかける時間というのは、教員の働き方という意味での問題でしかありません。しかし生徒の授業時間というのは国家・社会の将来にかかわることです。もちろん長ければいいということでもありませんが、重要な指標ではあります。

記事全体が、教員の待遇とか能力というところに力点がかかり過ぎていて、生徒がどういう教育を受けられる環境にあるのかという視点が少ないように思いました。

【テレビ】名探偵ポワロ:第三十四回「エジプト墳墓のなぞ」

原作は短編集「ポアロ登場」の中の「エジプト墳墓の謎」。

しばらく長編原作が続いていましたが、ここから短編原作に戻ります。

今回は「エジプト墳墓のなぞ」で、主な舞台はエジプトです。ツタンカーメン王の呪いの印象を借りてきて、クリスティーには珍しい怪奇趣味です。でも、筆致が明るいせいか、それほど怪奇な雰囲気はありません。

いつも思うのですが一時間弱のドラマなのに金のかけ方が違います。実際にエジプトには行っていないと思いますが、それらしい場所でロケをしてエキストラを雇ってと豪華なつくりです。日本のドラマだったら絶対セットでやるところです。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle