FC2ブログ

【テレビ】フランケンシュタインの誘惑E+  第一話「人体蘇生」

Eテレにて放送。

BSで放送していた「フランケンシュタインの誘惑」を編集して「E+」をつけた番組がEテレでの放送が始まりました。

「フランケンシュタインの誘惑」は途中から観ていました。とても面白かったので、「E+」の視聴メモを書こうと思います。

第一話は「人体蘇生」。主人公はアメリカの生物学者ロバート・コーニッシュ(1903~1963)です。

14歳でカルフォルニア大バークレー校に入学。18歳で卒業。22歳で博士号をとった神童です。

1931年に映画「フランケンシュタイン」を観たことで死人を生き返らせる実験に没頭します。遺体をシーソに乗せて上下させることで血液の循環を促し、薬品で血を固まりにくくするなどの工夫をします。1934年に犬の蘇生に成功しますが、脳に損傷をあったことで世間の非難を浴びます。評判悪化をおそれた大学を解雇された後も自宅で実験を続け、蘇生術に改良を重ねついに死刑囚を使った実験に取り掛かろうとします。しかし協力する州知事はいませんでした。1947年には死刑囚自身からの申し出もありましたが、法的な扱い(蘇生してしまったらその死刑囚をどうすればいいのか前例がない)が困難なことから実験は見送られます。その後も自分を殺して蘇生させてくれという申し込みが何件もありましたが、金目当てだったことや、コーニッシュ自身もわざと殺してから蘇生させるという行為に倫理的なためらいを覚えたためついに最後まで人体実験は行われませんでした。

蘇生術から離れたコーニッシュはフッ素入り歯磨き粉を開発したり、カエルのジャンピング大会で優勝するためにカエルのトレーニングに熱中したりと奇矯な行動をとり続け、1963年脳卒中で生涯独身のまま世を去りました。

コーニッシュは、論文を書かずに、マスコミを通じて業績をアピールするという学者としては異例の行動をとっていました。そのためか、研究の成果は現在の救急医療に応用されていながら、彼の業績が語られることはあまりありません。

確かに変人だったかもしれませんが、いわゆるマッドサイエンティストとは違うのかもしれません。
スポンサーサイト

【時事問題】旭日旗騒動

10月13日朝日新聞の記事「7カ国が軍艦旗を掲揚 海自派遣断念の韓国観艦式」を引用します。

 韓国南部・済州島で11日に行われた国際観艦式で、7カ国の艦艇が軍艦旗を掲揚していた。韓国の軍事関係筋が明らかにした。軍艦旗にあたる自衛艦旗(旭日旗)の掲揚自粛を求められた海上自衛隊は、自衛艦派遣を断念していた。
 観艦式には10カ国から、米原子力空母ロナルド・レーガンなど外国艦艇15隻を含む計39隻が参加。このうち豪州、ブルネイ、カナダ、インド、ロシア、シンガポール、タイの艦艇がマストや艦尾に軍艦旗を掲げた。日本政府関係者によると、残る米国、インドネシア、ベトナムは、もともと国旗を軍艦旗として使っている。
 韓国国防省は事前の通知で各国に、「中央マストに韓国と各国の国旗を掲揚してほしい」「艦首と艦尾には旗は掲揚しないでほしい」と要請。日本だけが返答していないと説明していた。このため、法律で艦尾に旭日旗の掲揚が定められている海自は、自衛艦の派遣を断念した。
 また、韓国海軍は、文在寅大統領が演説した艦艇のマストに、豊臣秀吉の朝鮮侵略で豊臣軍を撃破した李舜臣将軍が使ったものと同じデザインの旗を掲げた。韓国側は自国の国旗と韓国の国旗だけを掲揚するのが原則と通知しており、日本政府は外交ルートを通じ、国旗以外の旗を掲げたのは「極めて残念だ」として抗議した。外務省幹部が明らかにした。(牧野愛博=ソウル、古城博隆、竹下由佳)


客観的に考えて今回の旭日旗騒動は韓国の対応に問題があります。

旭日旗を掲げてほしくないとは根拠があやふやなので、各国に対して軍艦旗を掲揚するなと要請しました。この要請自体非常識なことだそうですが、各国に要請してしまった以上その建前は貫かなければなりません。また自国の艦艇に李将軍マークの旗を掲げるのも二重基準です。こういう矛盾した行動をしても恬として恥じないというメンタルには正直感心してしまいます。

これまでも靖国神社の参拝や慰安婦問題もありましたが、これらは日本国内に呼応する勢力がいました。しかし旭日旗に関して、私の知る限り日本で韓国に賛同する声はありません。朝日新聞でさえ事実をたんたんと書くことで言外に韓国に冷たい目を向けているようにも見えます。

その意味で旭日旗については放っておけばよいのですが、これが日の丸に波及すると厄介です。日の丸=国旗に反対する日本人は少なからずいますので、”日本は国旗を変えろ”という運動が始まるとめんどくさいことになる予感がします。


【アニメ】2018秋調査(2018/7-9月期、終了アニメ、67作品) 第50回

アニメ調査室(仮)さんで行っているアンケートに投稿しました。
評価基準は
S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

詳細なレビューはリンク先をご覧ください。
01,ISLAND,x
02,千銃士,x
03,音楽少女,x
04,はねバド!,D
05,ぐらんぶる,x
06,殺戮の天使,F
07,闇芝居 六期,x
08,悪偶 天才人形,F
09,かくりよの宿飯,x
10,メジャーセカンド,x

11,はるかなレシーブ,x
12,ハイスコアガール,x
13,重神機パンドーラ,F
14,オーバーロードIII,x
15,若おかみは小学生!,x
16,俺たちゃ妖怪人間G,x
17,銀魂 銀ノ魂篇 後半戦,x
18,邪神ちゃんドロップキック,B
19,百錬の覇王と聖約の戦乙女,x
20,夢王国と眠れる100人の王子様,x

21,異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術,C
22,ロードオブ ヴァーミリオン 紅蓮の王,x
23,アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 3rd SEASON,x
24,マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー,x
25,こねこのチー ポンポンらー大旅行,x
26,少女☆歌劇レヴュースタァライト,F
27,僕のヒーローアカデミア 第3期,x
28,イナズマイレブンアレスの天秤,x
29,ヤマノススメ サードシーズン,x
30,ガンダムビルドダイバーズ,x

31,信長の忍び 姉川・石山篇,A
32,京都寺町三条のホームズ,x
33,アンゴルモア元寇合戦記,C
34,ちおちゃんの通学路,x
35,ゆらぎ荘の幽奈さん,x
36,深夜! 天才バカボン,x
37,働くお兄さん! の2!,x
38,陰陽師 平安物語,x
39,あそびあそばせ,B
40,七星のスバル,x

41,はたらく細胞,A
42,カニつめくん,x
43,カプチーニャン,x
44,プラネット・ウィズ,x
45,あっくんとカノジョ,x
46,うちのウッチョパス,x
47,つくもがみ貸します,x
48,テレビ野郎 ナナーナ,x
49,ハッピーシュガーライフ,A
50,すのはら荘の管理人さん,x

51,PERSONA5 the Animation,x
52,Back Street Girls ゴクドルズ,x
53,One Room セカンドシーズン,x
54,シュタインズ・ゲート ゼロ,x
55,Free! Dive to the Future,C
56,Phantom in the Twilight,C
57,天狼 Sirius the Jaeger,x
58,ルパン三世 PART5,x
59,(特番 9話) じょしおちっ!,x
60,(全24話) BEATLESS Final Stage,x

61,(特番 3話) Fate/EXTRA Last Encore イルステリアス天動説,x
62,(ネット配信) 異世界居酒屋 古都アイテーリアの居酒屋のぶ,x
63,(7月終了) フルメタル・パニック! Invisible Victory,x
64,(6月終了) 戦隊ヒーロー スキヤキフォース (2期),x
65,(6月終了) せいぜいがんばれ! 魔法少女くるみ,x
66,(地上波初放送) 焼肉店センゴク,x
67,(地上波放送分) グラゼニ (1期),B



「はねバド!」:一貫性のないキャラクターだらけの凡作
「殺戮の天使」:雰囲気はいいのですが、正体のつかみづらい作品でした
「悪偶 天才人形」:面白いとは思えませんでした
「重神機パンドーラ」:ありきたりな展開で途中でめげました
「邪神ちゃんドロップキック」:王道のコメディという感じでした
「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」:よくある異世界ものですが割としっかりできてました
「少女☆歌劇レヴュースタァライト」:一見して意味がわかりませんでした
「信長の忍び 姉川・石山篇」:安定して面白い
「アンゴルモア元寇合戦記」:題材が珍しいので新味があります
「あそびあそばせ」:安定して笑えました
「はたらく細胞」:擬人アニメの精華のひとつ
「ハッピーシュガーライフ」:平成最後の問題作かな?
「Free! Dive to the Future」:キャラが増えすぎてついて行きづらくなりました
「Phantom in the Twilight」:無難にまとまりました
「グラゼニ (1期)」:毎週楽しみにしていました

【時事問題】立憲民主党と国民民主党

10月12日の朝日新聞は、立憲民主党、国民新党と連合がきたる来年夏の参院選のための連携を確認したことを伝えています。

 立憲民主党、国民民主党と支持団体の連合が、来年夏の参院選に向けて連携を確認する覚書を交わした。
(略)
 ただ、両党の反応には温度差がある。国民の大塚耕平参院会長は11日の記者会見で「認識のすり合わせで合意できた。一刻も早く連合と政策協定の締結に向けて交渉を開始したい」と意欲を見せたが、立憲幹部は「これまで立憲が言ってきた内容と同じ。たいした意味はない」と冷ややかだ。
(略) 
 立憲、国民の温度差の理由は、置かれた事情の違いによる。一時に比べて低下したとはいえ、朝日新聞の世論調査で5%の政党支持率を持つ立憲に対し、国民の支持率は1%に過ぎない。立憲は複数区での独自候補擁立路線を崩さず、立憲との選挙協力に前向きな国民とズレが生じている。
 両党間の協力で焦点となるのは複数区だ。静岡や茨城など改選数2の選挙区では、自民に次ぐ2議席目を国民現職と立憲新人が奪い合う事態が予想され、両党を支援する連合には「股裂き」状態に追い込まれかねないとの危機感が強い。連合幹部は「立憲は自分たちだけで参院選を勝てると勘違いしている。このまま対立させると与党が良い結果を得るだけだ」と現状を心配する。
 (略)


記事にも触れられていますが、朝日新聞の最新の世論調査での政党支持率は
立憲民主党:5%
国民民主党:1%
です。参)【世論調査】朝日新聞9月11日発表

国民民主党は小池都知事によって作られた希望の党を前身としています。しかし選挙での敗北が理由なのか小池都知事が国政から手を引き当初参加していた右派の議員も去り、ほぼ民進党出身者で占められる国民民主党になりました。

立憲民主党も、希望の党への合流しなかった民進党メンバーによって作られています。

つまり、民進党が分裂して立憲民主党と国民民主党になったというのが実態です。

分裂前の民進党の支持率はというと
民主党:6%
です。参)【世論調査】朝日新聞9月28日発表

かつての民進党支持の6%が立憲民主と国民民主に振り分けられたということになります。

民進党のままでは戦えないと模索した結果が分裂なのに、ようやく1人区で候補者調整ということではとても勝ち目は見えません。両党の支持者にとっては、選挙協力ではなく合併が望ましいのではないでしょうか。

私はどちらの政党も支持していませんが、支持者が存在することは尊重します。そしてその支持者の声が正当に国会に届くべきです。その意味で政策に決定的な対立点がないのに無意味に対立することは日本の民主主義にとってマイナスでしかないと考えます。


【アニメ】ハッピーシュガーライフ

観終わった今でもどう評価していいのか困惑しています。いわゆる問題作です。

アニメに限らず、映画・ドラマ・小説は道徳の勧めではありません。むしろ既存の道徳に挑戦することこそが存在理由なのかもしれません。

少女を誘拐して社会とのかかわりを断ち自分たちだけで幸せに暮らすというのは不道徳な行為であることは論じるまでもありません。同種の事件が何件も起きている中で、こういう作品を発表するのは良くも悪くも創作物の存在理由を示したといえるでしょう。

主人公の行為に酌量の余地があるかというとそういう描き方もしていません。しかし、我々一般人とはまったく異質の悪という描き方でもありません。主人公の周囲の人たちも同じで、まともな人は一人もいませんが、もしかしたら何かの拍子で我々もああいう存在になっていたのではと思わずにはいられません。心をかき乱されてしまいます。

決して良作とは言えません。問題作です。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle