FC2ブログ

【朝日新聞】同盟を解消するなら口も出せません

4月7日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「耕論」のコーナー。米保守派重鎮のパット・ブキャナン氏の『「我々は参戦しない」の精神』より

(略)
 「米国第一」でまず重要なのが国境防衛です。92年の共和党綱領には私が訴えた「国境を防衛するために必要な構造物」の建設という一文が挿入され、「ブキャナン・フェンス」と呼ばれました。諸外国との同盟関係を解消し、海外駐留米軍を米国に帰還させることも重要です。
(略)
 一方、トランプ氏が米国の同盟国に「負担を増やすべきだ」と要求しているのは極めて正しいことです。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の多くは防衛費を国内総生産(GDP)の2%に上げる目標を達成しておらず、日本もGDPのたった1%程度しか防衛費を負担していません。最大の問題は、我々が今後もこのような同盟を維持する必要が本当にあるかということです。
 NATOの中の1カ国でも攻撃を受けたら我々は参戦せざるをえない。これはアジアにもあてはまります。我々はこうした外国のために戦争をするという約束を、いつまで守る必要があるのでしょう。南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島をめぐって中国はフィリピンやベトナムと対立し、東シナ海の尖閣諸島をめぐっても日本と対立しています。しかし、米国はこれらの島々の防衛のために戦争しなければいけないのでしょうか。「米国は戦争をしない」という点を私は明確にしておくべきだと考えています。(聞き手・園田耕司)


同盟は双方の合意で成り立っているのですから、片方が解消したいといえばそれで解消されます。米国が同盟を解消して駐留米軍を引き揚げたいというのであれば、それを止めるすべはありません。

しかし、同盟を解消した場合、元同盟国に防衛費をGDP比2%にしろとか指図することはできません。友好国に踏みとどまったとしても他国なのですから、安全保障について口ははさめません。

ブキャナン氏の主張のおかしなところは、他所の国の戦争に巻き込まれたくないといいながら米国を盟主とした地位は保持したがっているところです。

どの(元)同盟国もそんなことは認めないでしょう。

これが米国の保守派重鎮の理論だと思うと頭がクラクラします。
スポンサーサイト



【アニメ】八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ

ミニアニメです。一期も観ていました。とても面白かったので二期も視聴しました。

ネタが豊富なせいか、二期になっても面白さは持続しています。ミニアニメならではのテンポの良さも魅力です。お金の関係がわかりませんが、名古屋のご当地企業のCMも楽しかったです。

秀作でした。

【アニメ】八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ

ミニアニメです。一期も観ていました。とても面白かったので二期も視聴しました。

ネタが豊富なせいか、二期になっても面白さは持続しています。ミニアニメならではのテンポの良さも魅力です。お金の関係がわかりませんが、名古屋のご当地企業のCMも楽しかったです。

秀作でした。

【テレビ】ダークサイドミステリー:「ナチスをだました男 20世紀最大の贋作事件」

去年の夏まで放送していたNHK-BSの「ダークサイドミステリー」が新番組のよそおいで戻ってきました。今回は「ナチスをだました男 20世紀最大の贋作事件」

フェルメールの贋作をドイツのゲーリングに撃った男の物語です。事件自体は有名なのですが、この番組で詳細な部分まで知ることができました。

・1889年、ハン・ファン・メーヘレンオランダで生まれる。
・1913年、24歳で絵画コンクールの最優秀作品賞をとりプロの画家としてデビュー。
・しかし、当時の絵画が写実を否定する傾向にあったので、プロとして鳴かず飛ばず。やむを得ず修復師の仕事を始める。
・1923年、フランス・ハルスらしき絵の修復を依頼される。大幅な加筆をした結果、ハルス研究の第一人者から真作だとおすみつきを得る。しかし後に別の専門家(美術史家アブラハム・プレディウス。フェルメールの専門家)の鑑定で偽物と断定され、詐欺師の片棒を担がされた形となる。これを機にプレディウスに復讐を誓い、フェルメールの贋作に挑む。
・1937年、贋作「エマオの食事」を完成させ、プレディウスをだますことに成功。5億円相当の報酬を手にする。
・その後も贋作を作り続け、51歳で「キリストと姦婦」を完成させる。これをナチスドイツのNo2であるゲーリングが目をつける。15億円相当の報酬を得る
・1945年、ドイツ降伏の三週間後、メーヘレンは国家反逆罪の容疑で逮捕される。一か月後、贋作であることを自供。贋作を作った理由は「自分の能力を正当に認めてほしかったから」と供述。実際に監察官の前で贋作を描いてみせる。
・1947年、無罪判決。売国奴から、ナチスをだました英雄へと評価が180度変わる。判決の六週間後に長年の薬物使用がたたってか死亡。贋作によって生涯に得た報酬は64億円相当にのぼる。

■感想
・ナチスはヨーロッパから美術品を強奪したり買いたたいたりしたといわれていますが、メーヘレンの贋作に対しては相当の報酬を払っています。ユダヤ人からは強奪したけど、一般市民からは普通に購入したということでしょうか。ちょっと分からなくなってきました。
・メーヘレンはオランダの宝を売り渡したということで国家反逆罪で捕まっています。しかしメーヘレンは匿名の人物のコレクションを転売したという形をとっています。つまり普通の合法的な取引です。日本でもご維新前後で日本の美術品を海外のコレクターに売った事例が多くありましたが、国家反逆罪にはなっていません。いったいこのときのオランダの法律はどうなっているのでしょうか?
・メーヘレンは自分の能力を評価してほしかったと動機を語っていますが、逮捕されるまで贋作のことは喋っていません。本当に評価してほしいなら、最初の「エマオの食事」の時に公表したはずです。芸術家としての才を認められず悔しかったのはわかりますが、そういう動機で続けてきたのではないと思います。

【アニメ】ちはやふる3

一期も二期も観ています。

一期が2012年、二期が2013年の放送だったので、実に7年もの間をあけての三期です。

こんなに間が空いたのはなにか事情があったのでしょうか。実写映画も三部作で公開されたくらいですから、人気はあったはずです。単に原作のストックが尽きたということなのでしょうか?

3期は、いろいろなキャラクターにつぎつぎとスポットがあたった結果、やや散漫なところがなくはありませんでした。この作品はなにを描こうとしているのかがちょっと見えにくくなってきました。

それでも四期があれば観ますけど。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle