FC2ブログ

【朝日新聞】大浦信行氏へのインタビュー

10月12日朝日新聞朝刊オピニオン欄。昭和天皇の肖像を焼く映像作品で物議をかもした美術家・映画監督の大浦信行氏へのインタビュー記事です。

-「表現の不自由展・その後」は中止・再開という異例の展開を見せています。今回、一番驚いていることは何ですか。
「令和と呼ばれるこの時代になっても日本の人々の中に天皇タブーというものがこんなに根強く残っていたのか、ということです」
-そこで言う天皇タブーといはどのようなものでしょう。
「芸術、表現の中で天皇を扱うこと自体が認められていない。そんな風潮です。どのような動機からであれ、どのような形であれです」
-表現の具体的な中身に問題があるから、ではないですか。
「そうとは限りません。昭和天皇が存命だった時期には、劇映画で昭和天皇を正面から演じること自体がほぼ不可能でした」
(略)
-今回大浦さんの映像は、昭和天皇の肖像写真を焼き、灰を靴で踏みにじったものだという批判を受けていますね。実際、天皇の肖像を焼いたのですか。
「いえ、燃えているのは僕の作品です。80年代の作品「遠近を抱えて」のうち4枚を燃やしました。天皇が入った版画です」
(略)
「天皇の肖像が燃えたという部分だけを切り取って批判されることを残念に感じています。批判している人々のうち映像(約20分)全体を見た人は、まだ少数にとどまっているはずです」
-SNSでは、誰かが映像の一部分を切り出した短い動画が見られます。私も最初にそれを見たときは、「大浦さんが天皇の肖像写真を焼き、その灰を踏みにじった作品であり、天皇批判を表現している」との印象を持ちました
「誤解です。残念です」
-ただ、焼かれたのが作品だったとしても、その中に肖像が含まれていたのは事実ですね。人の肖像が焼かれる光景をそもそも、見る者の心を痛ませるものでは?
「そういう側面もあるとは思います。ただ理解してもらえるかどうかは分かりませんが、僕にとては燃やすことは、傷つけることではなく昇華させることでした」
-正直よくわかりません。
「祈りだと言い直せば伝わるでしょうか。燃やすという行為には、神社でみこしを燃やすような宗教的な側面もあるはずです。僕は今回の映像で、30年前から向き合ってきた「内なる天皇」をついに昇華できたと感じました。抹殺とは正反対の行為です。そもそも、もし天皇を批判するために燃やしたのだとしたら、そんな作品は幼稚すぎて表現とは呼べません」
(略)
-「不自由展・その後」の再開をどう見ていますか。
「再開は歓迎しています。ただ、一度中止になったことや文化庁が補助をやめると宣言している問題は消えません。萎縮と自主規制がさらに進んでしまうでしょう。日本を「天皇の表現がない社会」にする決定打になってしまうかもしれません。表現者が勇気を持って、表現を封印しない道を探し続けることが必要だと思います」



昭和の時代に劇で天皇を真正面から取り上げてこなかったということですが、正確には取り上げてこなかったのは昭和天皇です。過去の天皇は大河ドラマに普通に登場していたように思います。

「天皇タブー」というより「昭和天皇タブー」があった(今もある)と考えるのが自然なのかもしれません。


大浦氏の「昇華」がどうのこうのというのは、朝日の記者ではありませんが私にも「正直よく分かりません」。自分の作品を焼いただけで天皇の肖像を焼いたのではない、という理屈は普通に考えて通用しないでしょう。

気になったのは、大浦氏が作品の意図を誤解されていると釈明していることです。

論述文であれば、全体を読んで正しく解釈をしろ、と迫ることはできます。誤読があれば読者の責任ですし、誤解を招いても仕方のない表現があれば著作者の責任です。したがって、批判するなら全部読め、と言うことができます。しかし芸術作品で同じことがいえるとは思えません。

私が思うに芸術作品である以上、どう受け取るかは観るものに委ねられているべきで、作者が指図をすることではないと思います。


文化庁が補助をやめると言っていることを表現の自由への威嚇と受け取っていることはかなり疑問です。

文化庁のやり方には問題があったにせよ、税金をもらえないから作品を発表できない、という理屈はありません。

小説家だって漫画家だって国から金をもらってやっているわけではありません。なぜ自分たちだけは税金をもらえるのが当然と思っているのか不思議です。
スポンサーサイト



【映画】見えない目撃者

主演:吉岡里帆

犯罪スリラーです。事故で視力を失ったもと婦人警官が、誘拐らしきものを「目撃」します。警察は取り合ってくれないので、自ら被害者を救いに立ち上がります。

よくあるTVの二時間ドラマみたいなものかと思ってみましたが、さすがに劇場で見せるだけあってきちんとしたものでした。

ただ、いくつもの違和感はありました。

まず、主人公が活躍しすぎです。当初、警察が信用してくれなかったので頑張るのはいいのですが、中盤では警察も重大事件と認識しています。なのに、いくら元警官とはいっても、一般人で盲目の女性がからみ過ぎです。犯人のいるらしい屋敷に行くのに、警察官が一人で盲目の女性と男子高校生をつれていくというのも変すぎます。

殺人鬼ががいるとわかっている屋敷で、一人で誘拐された人がいないかと「誰かいませんか~」と声をあげて探すのも変です。応援を呼んだのだから待っているのが普通です。

他にもいくつもの変なところがあるのですが、一番変だったのは次の二つです。

かつて類似した事件(6人が猟奇的に殺される)があったのが報道規制されていて、警察官ですら知らなかったということです。そんなことはあり得ません。

それと、横浜の地下鉄の駅で、主人公は犯人に追われるのですが、ほぼ無人です。高校生が遊んでいるような時間ですから、19時くらいでしょうか。その時間ならどの駅も混雑とまではいきませんが、人が大勢行き来しているはずです。

家に帰って調べて分かったのですが、この映画は韓国映画のリメイクでした。韓国は昔は軍事政権だったので、猟奇事件の報道を規制するというのがありうるのかもしれません。また、韓国の地方だと人の行きかわない駅というのもあるのかもしれません。

舞台を日本に置き換えるときの無理がたたったの可能性があります。

それにしてもチラシを隅々まで読んでも韓国映画のリメイクであるとは一言もありません。時勢が時勢だからかもしれませんが、韓国映画のリメイクだからといって客が忌避するとは思えません。関係者にはもう少し堂々として欲しいと思います。

欠点は多々ありますが、盲目の人が現場を思い返すシーンは秀逸ですし、トラウマを克服するためだと思いますが主人公が頑張るのも動機としては納得がいきます。

まずまずの出来だと思います。

【映画】アド・アストラ

出演:ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド

地球外知的生命体探求に尽力した父(トミー・リー・ジョーンズ)の背中を見て育ったロイ・マクブライド(ブラッド・ピット)は、父と同じ宇宙飛行士の道に進むが、尊敬する父は地球外生命体の探索船に乗り込んだ16年後に消息を絶つ。あるとき、父は生きていると告げられ、父が太陽系を滅亡させる力がある実験“リマ計画”に関係していたことも知る。


出演陣は豪華ですし映像も見事ですが、中身はさっぱりでした。以降、ネタばれを含みますのでご注意ください。

まず、地球を危機に陥れた現象が父親の探索船にあるという推測の根拠がまるでありません。主人公は軍人だから命令されたら納得してなくても服従したのかもしれませんが、軍の上層部がそう考えた根拠がまるでわかりません。

それはいいとしても、機能している火星の地下から海王星付近にいる宇宙船に息子からメッセージを送るというのが任務ですが、わざわざ主人公が火星に行く必要はありません。地球で録音してそれを火星に届ければ済むだけです。

月の山賊とか、途中の難破船のエピソードも絵的に面白いというだけで、本筋に無関係です。

火星で何を思ったか大暴れをして海王星探索船を奪うのも唐突な展開でした。地球の危機を救う話かと思いきや、中年男の自分探しの旅になってしまいました。

しかも海王星付近は広大なので無人機を送り込んでもリマ計画の宇宙船を探せなかったのに、息子が行ったらあっさり見つかりました。しかも父親とあっさり対面です。

だいたい海王星まで数週間で着くというのがおかしすぎます。科学的設定としておかしいというだけではありません。そんなに近いなら、父親のリマ計画が悲壮なものであるわけがありません。成果が上がらないならとりあえず帰還すればいいじゃないですか。物語の根幹が揺らいでいます。

ここまで来ると、夢落ちを疑います。宇宙の旅と見せかけて内面世界の旅だったみたいな落ちかと思います。

ところが、夢落ちでもなんでもありませんでした。口あんぐりとはまさにこのことです。

まったくお勧めできません。

【映画】ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -

京都アニメーション制作。例の事件があったので完成を危ぶんでいましたが、無事に公開できました。観客も半分応援で観に来たのか盛況でした。

本編にあたるTVシリーズは観ていました。その感想で、世界設定への疑問を呈しましたが、もうそういうことは気にせずに観ることにしました。

息を吞むほど美しい映像は映画でも同じでしたし、ストーリーも切なさに満ちています。泣かせる映画というのは得手ではないのですが、本作には素直に泣けました。

満足できる作品です。

【映画】アルキメデスの大戦

原作は未読です

昭和8年(1933年)、第2次世界大戦開戦前の日本。日本帝国海軍の上層部は世界に威厳を示すための超大型戦艦大和の建造に意欲を見せるが、海軍少将の山本五十六は今後の海戦には航空母艦の方が必要だと主張する。進言を無視する軍上層部の動きに危険を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を軍に招き入れる。その狙いは、彼の卓越した数学的能力をもって大和建造にかかる高額の費用を試算し、計画の裏でうごめく軍部の陰謀を暴くことだった。


歴史を題材にしているため、頭脳派キャラ(敵・味方を問わず)、観客が知っている「未来」(観客にとっては過去)を言い当てればいいのですから、ある意味簡単です。この映画の場合は、(1)アメリカと戦争すると負ける(2)戦艦より航空母艦の方が重要の二点です。

流石にアメリカと戦争して負けたことを知らない人はいないでしょうが、戦艦と航空母艦の価値については若い観客は知らないかもしれません。そのため冒頭で、戦艦大和が米航空部隊の前に敗北する姿を描き、戦争は戦艦だけでは勝てないことをきちんと示します。

ところで大和を建造すると国民が熱狂して戦争になるから大和建造を阻止しよう、というのが山本五十六と主人公の行動動機ですが、これはちょっと説得力がありません。巨大戦艦で熱狂するなら、航空母艦でも熱狂するかもしれません。最後のクライマックスシーンでも、これこれのことをすれば国民の意識はかくかくなる、という決めつけが横行します。国民の意識というのはそんなに簡単なものか、という気がしました。

さて、山本五十六は主人公に大和建造費の見積もりの秘密(常識より安く作れると試算してある)を暴かせようとします。さまざまな妨害にめげず・・・というのが大まかな流れです。

しかし、数学者が巨大戦艦の建造費を”本当はこんだけかかる!”と主張したところで、”あなたは素人でしょ”と返されるに決まっています。

実際は、積み上げた形の見積もりはできなくて、使用する鉄の量で建造費が決まるという相関関係を発見して会議に臨むことになります。そこで既存の艦船の建造費をどんぴしゃで言い当てることで信用を得て、そこから巨大戦艦の本当の建造費を暴く、という筋です。

ところで、造船会社がなぜ本来より安い見積もりで巨大戦艦を建造できるかといえば、いっしょに発注する小型艦船を実際より高く受注できるから差し引きトントンになるという裏があります。

これが軍の陰謀ということなのですが、二重におかしいです。第一に、小型艦船と巨大艦船コミでトントンになっているなら、血税を無駄にして戦艦を建造している、という山本五十六と主人公の告発は意味をなくしています。戦艦がいいのか航空母艦がいいのかという議論を棚上げして考えれば、トータルで税金は無駄になっていません。

第二に、抱き合わせ発注・受注は軍ではよく行っているという設定なのですから、主人が方程式を作るために集めたサンプルは「正しくない」ことになります。会議で将官を驚かす方程式は作れないはずです。

素人である数学者が軍に挑む、という構図にしたかったのでしょうが、そもそもそこに無理があるような気がしました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle