【映画】ランペイジ 巨獣大乱闘

主演:ドウェイン・ジョンソン

怪獣映画です。ゴリラ、オオカミ、ワニが巨大化して街中で暴れまわります。能天気に楽しめる映画でした。


アメリカのアクション映画だと、白人のヒーロー+白人の恋人+黒人のちょっといい人、というのがよくあるのですが、この映画では反転しています。有色人種のヒーロー+有色人種の恋人+白人のちょっといい人、です。

白人のちょっといい人は、本来は三枚目にするはずなのですが、ちょっとひねってひねたオジサンでした。

なお、悪役は白人です。全部反転させるなら、悪役は黒人にすべきなのですが・・・


ゴジラやガメラという日本の怪獣映画では、当初は恐怖の対象だった怪獣が、シリーズを重ねていくうちにいいものになってしまいます。奇妙な印象を与えますが、映画としては別ものなので、ぎりぎりセーフといえます。

この映画では、一本の映画の中で、恐怖の怪獣が正義の怪獣に転換をしてより変なのですが、これは解毒剤を飲んだという理由付けがありますので駄目とまでは言い切れません。

なお、怪獣に解毒剤を飲ませる方法は気が利いていました。(グロといえばグロですが、なぜか笑えます)


日本の怪獣映画との違い人間のヒーローが大活躍します。三匹の怪獣の闘いに割って入るくらいの活躍です。ここはいかにもアメリカ映画っぽいところです。


日本の怪獣映画と比べ怪獣が素早く動きます。映像技術の勝利という面もあるのですが、怪獣映画として弱点でもあります。

巨大なものの動きは、ゆっくり見えるというのが原則です。太陽フレアの爆発がゆっくりに見えるのと同じです。フレア爆発は実は高速なのですが、太陽が巨大であるためにゆくりに見えます。

このため、怪獣もゆっくり動かした方が巨大生物としてはリアルです。テレビの怪獣もの(ウルトラQとかウルトラマン)が映画に比べて画面に迫力がない理由の一つがこれです。テレビ怪獣はちょこまか動いているのに比べて、映画の怪獣はズシンズシンと歩を進め巨大さが表現されます。

この映画では、映像的には優れているのですが、怪獣映画としてはどうかな、と思いました。


お勧めします。
スポンサーサイト

【映画】宇宙戦艦ヤマト 2202 第五章 煉獄編

煉獄:

カトリック教で、死者が天国に入る前に、その霊が火によって罪を浄化されると信じられている場所。天国と地獄との間。

(広辞苑)

(カトリック教で)生きているうちに犯した罪のつぐないをしないで死んだ人の霊魂が贖罪を果たすまで、火によって苦しみを受ける場所

(新明解国語辞典)

カトリック教で天国と地獄の間にあり、死者の霊が天国にはいる前に火によって清められるという所。

(旺文社国語辞典)


シリーズ第五弾です。この回で、ヤマトはテレザード星でテレサと接触を果たし、ガトランティス軍と地球防衛軍が正面衝突をします。いよいよ佳境というところです。また2202のオリジナルストーリーとしては、ガミラス側でデスラーが軍を再編しガミラス本国との抗争が起きそうな雲行きです。

ガトランティス軍と地球防衛軍の戦いは、映像こそ素晴らしかったですが、流れが悪かったように思います。戦況が二転三転するのはいいのですが、主に地球防衛軍艦隊が五月雨式にワープアウトするのが原因です。全部そろってから一斉にワープすればいいのに、無駄に損害を出しているだけです。また、拡散波動砲をはじめ何度も何度も波動砲を連発するのも駄目です。連射はできない設定だったはずですし、作品とてもタメがありません。ここら辺の流れは、旧作(「さらば宇宙戦艦ヤマト」)の方が勝っているように思いました。

あとこの回は、テレサの台詞が多かったのですが、残念ながら声優の未熟さが目立ちました。まだ見せ場(聴かせ場)はあるので頑張ってほしいです。

【映画】GODZILLA 決戦機動増殖都市

アニメ版ゴジラの第二弾です。前回ゴジラを倒したと思ったら、本物のゴジラはいよいよ巨大化して地球上陸部隊を絶望させました。

今回はその続きで、うち捨てられたメカゴジラ(想像を超えたものです)でゴジラに対抗します。

これは面白かったです。今回で終わりなのかとさえ思わせるほどの盛り上がりをみせました。一瞬たりとも目が離せないという感じです。主人公がつきつけられる究極の選択にも震えがきました。

前回からあやしさを醸し出していた宇宙人、二種族いる方の一方は本性を見せましたし、残りの一方も次作でなにかしでかしそうです。

次作ももちろん観ます。

【映画】仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判

テレビで放映していたものの続編みたいです。テレビ放送を観ていなかったので、話についていけるかなと心配しながら観に行きました。

いくらなんでも冒頭に5分から10分でも「前回までのあらすじ」をやってくれるかと思っていましたが、まったくなしです。いきなり本編が始まりました。

人間関係はさすがに分からなかったのですが、世界設定はこんなところかなと想定しながら観ることができたし、おおむね当たっていました。

題材は子供向きなのにもう少し上の層をターゲットにしているのは、米国のアメコミ映画と同じです。ただアメコミ映画がファミリー向きなのに対して、「仮面ライダーアマゾンズ」は特定層(オタク)向けというのが違います。

ストーリーが完全に分からなかったのは私の責任なので云々しません。それ以外のことを二点。

・この話だと「仮面ライダー」である必要はないんじゃないですか? 「仮面ライダー」のブランドで撮ったというのは、大人の事情として理解しなくもないですが、まったく「仮面ライダー」の必要性がないというのはどういうものなのでしょう。

・仮面ライダーを含めて幾人もの怪人が出てきましたが、その「着ぐるみ」の材質が気になりました。映画セットとしての興味(重さは?暑さ対策は?とか)ではありません。映画内で、どういう設定になっているかです。特に仮面ライダーの材質は機械なのか肉なのか判断できません。多分、肉体という設定なのでしょうが(血がついていましたから)、判然としません。特撮技術の問題でしょうか。この点ではまだまだアメリカ映画には追い付いていないみたいです。

【映画】孤狼の血

主演:役所広司、松坂桃李

原作は未読です。原作者は女性ですが、女性がこういうのを書くとは驚きです(偏見かな)。

内容はヤクザ映画です。私はこのジャンルは好きではないのですが、券が余っていたのと、ネットで評判がいいので試しに観に行きました。

いい映画なのかもしれませんが、私には分かりませんでした。ヤクザや警察が始終怒鳴ったり、殴ったり、撃ったりとしているだけという印象です。

役所広司演じる警官(この人が「孤狼」なのかな?)の動機というのもとってつけたようでピンときません。

同じジャンルに「仁義なき戦い」というのがありますが、ファンがかぶっているのかと思いきや、「仁義なき戦い」のファンは「孤狼の血」はお気に召さないようです。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle