FC2ブログ

【映画】モンスターハンター

世界的にヒットしたカプコンのゲームを『バイオハザード』シリーズなどを手掛けたポール・W・S・アンダーソン監督が実写映画化。アンダーソン監督の妻ミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎え、モンスターが存在する異世界に迷い込んだ戦闘軍のサバイバルを描く。『マッハ!』シリーズなどのトニー・ジャー、ラッパーのティップ・“T.I.”・ハリス、『殺し屋』などのロン・パールマン、ドラマ「平成物語 なんでもないけれど、かけがえのない瞬間」などの山崎紘菜らが出演。


「バイオハザード」シリーズと同じ監督・主演で、同じくゲーム原作の映画です。

「バイオハザード」シリーズではストーリーがあったのですが、この「モンスターハンター」ではストーリーらしいものはほぼありません。なんか異世界にとばされて現地人と協力して怪獣と闘う、とそれだけです。その異世界はどういう文明なのかとか、怪獣とはなんなのかもさっぱりわかりません。そういうことを考える映画ではなく、ひたすら暴れる怪物との闘いを鑑賞する映画でした。

洋物の怪獣映画は、おおむね闇夜や地下などを舞台にして怪獣の姿をしっかり見せないものが多いように思います。良し悪しではなく日本人の趣味と違っています。その点、この「モンスターハンター」では一部を除いてしっかり見せてくれました。

しかし日本の怪獣映画と違うところもあります。日本の怪獣映画では、歌舞伎の見得の影響か、相撲の見合いの影響か分かりませんが、登場した怪獣は一旦静止したシーンがあります。しかし映画ではモンスターが現れるといきなり襲い掛かってきます。これが日本人の趣味とは違うところかと思います。

頭をからっぽにして、単なるアクション映画と覚悟して観るならお薦めします。
スポンサーサイト



【映画】シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

このシリーズもついに完結です。

毀誉褒貶の激しい作品です。「Q」はほとんど貶されていた気がしますので、誉め言葉がでるだけましになったのでしょうか?

しかし私にはさっぱりでした。”伏線を回収しきった”という評もありましたが、私には回収したようには思えません。こういう評価をする人たちは、制作者の先回りをした考察で勝手に納得しているかのようです。

テーマだのメッセージだのが前面にですぎて肝心のストーリーをおろそかにした映画だと判断しました。

もっともエポックメーキングなシリーズなだけにエヴァのファンだけでなくアニメファンなら一度は見ておくべきなのかもしれません。

これまでのシリーズを観た人でも理解の及ばないところがありますので、観てない人にはまったくお薦めしません。

【映画】劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

原作は未読です。テレビ版は予習していきました。

映画はテレビ放映したものの続きという、とてもではありませんが一般に受けるはずがない構成なのですが、なぜだか日本興行収入歴代一位になりました。本日もお客の入りがよかったですし、冬休みに入ることも考え合わせると、さらに記録を伸ばすことでしょう。

内容は本当に途中のエピソードで、これから続きがあるに決まっているような終わり方です。

絵はまあまあでしたが、同じ制作会社が最近作った「Fate/stay night Heaven's Feel」の方が上だと思います。

それでも何がうけたのかは想像できます。

それは「泣き」です。肉親の愛、自己犠牲、仲間への信頼など「泣き」の要素が満載で、クライマックス後はみんなとにかく泣きまくります。

なぜか日本の映像作家は「泣き」が好きで、とにかく役者(アニメだったらキャラクター)に泣かせたがる人が多いようです。実際それが受けているのだから否定はしませんが、過剰に泣かれるとちょっと引いてしまうこともあります。

テレビ版を観ずに行くことはおすすめできません。テレビ版を観て面白かった人は観に行っても大丈夫です。ああいう感じのできになっています。

【映画】約束のネバーランド

原作は未読。アニメは観ていました。

アニメは二期が予定されていますが、映画が原作をどこまで使うのかは知らずに行きました。アニメを初見にしたかったので映画でネタバレされるのは嫌だな、と思っていたのですが、1クールの尺でやったものを2時間の映画で追い抜くのは無理だろうと判断して観に行きました。その判断は正しく、映画はアニメの一期と同じところまででした。

むしろそこに問題があったみたいで、2時間の枠の中にストーリーを詰め込み過ぎて、アニメにあった(多分原作にあった)頭脳戦の部分が弱くなってしまいました。普通の脱走劇に近くなったような気もします。

また、映画の特性として話が完結しないと落ち着かない感じになります。外の世界はどうなっていて、主人公たちは生き延びられるのか、ハウスに残った子供たちはどうなるのか、というのが分からず劇場を後にするのは何か釈然としません。これがテレビアニメだと一応の結末が付いたら終わりになっても許せるのですが・・・

イザベラ(孤児院のママ)がはまっていました。アニメのイザベラもよかったですが、こちらもなななかのものでした。

漫画・アニメの実写映画化にはいろいろな意見がありますが、本作は水準を満たしていると思います。

【映画】サイレント・トーキョー

東京をテロリスト(?)が襲う話で、スケールとしては米国映画にひけをとりません。群衆シーンも見事ですし、渋谷を再現したセットも本物と見まごうばかりでした(渋谷の映画館で観たのでなおさらです)。

しかしご都合主義と説明不足のオンパレードで、映画としてまともに評価できません。

最低限の説明もないので、いい加減に撮っているように見えます。テロリスト(?)の浅薄な思想もダメです。頭がおかしくなっちゃった人ということにすればまだ見れたのですが、もっともな思想を突き付けているかのように撮るから笑ってしまいます。

豪華俳優を集めてエキストラをたくさん雇って手間かけてセットと組んで、いっちょ上がり、という感じです。

おすすめできません。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle