FC2ブログ

【映画】アルキメデスの大戦

原作は未読です

昭和8年(1933年)、第2次世界大戦開戦前の日本。日本帝国海軍の上層部は世界に威厳を示すための超大型戦艦大和の建造に意欲を見せるが、海軍少将の山本五十六は今後の海戦には航空母艦の方が必要だと主張する。進言を無視する軍上層部の動きに危険を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を軍に招き入れる。その狙いは、彼の卓越した数学的能力をもって大和建造にかかる高額の費用を試算し、計画の裏でうごめく軍部の陰謀を暴くことだった。


歴史を題材にしているため、頭脳派キャラ(敵・味方を問わず)、観客が知っている「未来」(観客にとっては過去)を言い当てればいいのですから、ある意味簡単です。この映画の場合は、(1)アメリカと戦争すると負ける(2)戦艦より航空母艦の方が重要の二点です。

流石にアメリカと戦争して負けたことを知らない人はいないでしょうが、戦艦と航空母艦の価値については若い観客は知らないかもしれません。そのため冒頭で、戦艦大和が米航空部隊の前に敗北する姿を描き、戦争は戦艦だけでは勝てないことをきちんと示します。

ところで大和を建造すると国民が熱狂して戦争になるから大和建造を阻止しよう、というのが山本五十六と主人公の行動動機ですが、これはちょっと説得力がありません。巨大戦艦で熱狂するなら、航空母艦でも熱狂するかもしれません。最後のクライマックスシーンでも、これこれのことをすれば国民の意識はかくかくなる、という決めつけが横行します。国民の意識というのはそんなに簡単なものか、という気がしました。

さて、山本五十六は主人公に大和建造費の見積もりの秘密(常識より安く作れると試算してある)を暴かせようとします。さまざまな妨害にめげず・・・というのが大まかな流れです。

しかし、数学者が巨大戦艦の建造費を”本当はこんだけかかる!”と主張したところで、”あなたは素人でしょ”と返されるに決まっています。

実際は、積み上げた形の見積もりはできなくて、使用する鉄の量で建造費が決まるという相関関係を発見して会議に臨むことになります。そこで既存の艦船の建造費をどんぴしゃで言い当てることで信用を得て、そこから巨大戦艦の本当の建造費を暴く、という筋です。

ところで、造船会社がなぜ本来より安い見積もりで巨大戦艦を建造できるかといえば、いっしょに発注する小型艦船を実際より高く受注できるから差し引きトントンになるという裏があります。

これが軍の陰謀ということなのですが、二重におかしいです。第一に、小型艦船と巨大艦船コミでトントンになっているなら、血税を無駄にして戦艦を建造している、という山本五十六と主人公の告発は意味をなくしています。戦艦がいいのか航空母艦がいいのかという議論を棚上げして考えれば、トータルで税金は無駄になっていません。

第二に、抱き合わせ発注・受注は軍ではよく行っているという設定なのですから、主人が方程式を作るために集めたサンプルは「正しくない」ことになります。会議で将官を驚かす方程式は作れないはずです。

素人である数学者が軍に挑む、という構図にしたかったのでしょうが、そもそもそこに無理があるような気がしました。
スポンサーサイト



【映画】X-MEN:ダーク・フェニックス

X-MENシリーズの新作です。契約の関係でFOXが撮るX-MENはこれが最後とのことです。

過去に時間跳躍して歴史が改変されたという設定を持ってきているので、過去作との辻褄が合わなくなっていることは気にする必要もないみたいです。毎回、X-MENの既存のキャラクターを使って、新規に撮り直していると考えた方がよさそうです。

今回は、宇宙の謎のパワーを吸収して暴走した一人のミュータントをめぐって、異星人と地球のミュータントとの闘いです。

X-MENの原作を読んだことがないので、あくまで旧作の三部作から受けている印象ですが、X-MENのテーマは、迫害だと思っていました。第一作の冒頭で、第二次世界大戦下でのユダヤ人強制収容所が描かれていることからも明らかです。

そのX-MENで、異星人との闘いというのはそぐわないように思いました。これではどんどん強い敵を設定し続ける、普通のアクション映画シリーズです。

旧三部作が大人の鑑賞に堪えうるものでしたが、これはちょっと低年齢向きと言えるかもしれません。

客層は割に高めでした。旧作からの固定ファンが来ていたのでしょうか?

【映画】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

ハリウッドのゴジラ映画です。主要な怪獣としてキングギドラ、モスラ、ラドンも出ます。エンドロールで「怪獣名 himself」と出てきて、まるで本人が出演したみたいなお遊びもありました。

お金をかけただけあって映像は大変なものです。日本の怪獣映画ではこうはいきません。その反面、怪獣が夜のシーンだけに登場し、はっきりとした色彩がわからないところが不満です。

怪獣のアップのシーンも多く、全体のフォルムをたまにしか見せてくれません。

それと、怪獣の動きが速すぎます。早く動かすとカッコイイと思っているのかもしれませんが、大きさが感じられなくなります。実際には速く動いても、全体が大きいのでゆっくりに見えるという理屈です。ゆっくり動かさないと大きく見えません。

昼間のシーンで引きを多用し若干ゆっくりと動かす日本の怪獣映画とはちょっと違うという感じがしました。

また、人間ドラマの部分はよく理解できません。変なドラマを入れるくらいなら、人間は右往左往しているだけの方がいいです。

あまり褒めませんでしたが、大画面でみるとかなりの迫力があります。映画館で観るべき映画なのは確かです。

これ、シリーズになるみたいです。

【映画】貞子

監督:中田秀夫
主演:池田エライザ

「リング」の、何作目なるかわからない続編です。続編といってもすべてが直列にならんでいるわけではなく、分岐しまくっていますので、シリーズ全体としての統一感はもはやありません。言葉を変えて言えば、過去作を観なくても問題ありません。

さてこの「貞子」の評価ですが、怪談なのにあまり怖くないというのが弱点です。なんで怖くないかと言えば、貞子に祟られるルールが見えないというのが大きいです。第一作では、”ビデオを見ると祟られる、それを逃れるには・・・”というルールが明確にありました。しかし、本作では、行き当たりばったりに呪っているみたいに見えます。

予告やポスターを見ると、なにかの映像を撮るのが呪われるきっかけみたいに匂わせていますが、そんな設定はありませんでした。ポスターの制作者もこの弱点に気が付いていて、無理やりひねり出したみたいですね。

また、貞子と因縁のありそうな女の子が病院に保護されるのと、その病院の女医(主人公)の弟が女の子のいた団地に潜入して呪われるのが連動していません。単なる偶然です。これは致命的な問題です。

放浪中に、女の子が飛び降り自殺をする女性の幻を見ますが、結局なんの意味があるのか分かりませんでした。

”貞子”というブランド頼りで撮ったために、いろいろひねってしまい、シンプルさが失われています。これが怖くないホラー映画となった原因だと思います。

お客は結構入っていました。これだと、またまた続編ができるかもしれません。

【映画】居眠り磐音

時代劇です。原作小説は人気があるようですが未読です。

のっけは「オセロ」(シェイクスピア)みたいな感じでした。偶然の一致とはとても思えません。ほぼ間違いなく「オセロ」を意識しています。ただし、「オセロ」の部分ははじめだけで、あとは普通の時代劇です。

ところで話が変わるようで変わらないのですが、最近のアニメは異世界転生ものが大ブームになっていてます。現代から異世界(たいていはエルフとが魔王とかがいる世界)に転生してたいして苦労もなく無双しまくります。一昔前は学園バトルものの全盛でした。これも同じフォーマットにそって、同じようなキャラクターが動きます。もちろん全く同じではありません。ファンは微妙な差異を楽しんでいるみたいです。

よく考えると、時代劇というのも同じです。ほぼ同じフォーマットに沿った話ばかりです(←悪口じゃないですよ!)。ある意味安心でます。

ところが、時代劇特有の事情もあります。設定が日本の江戸時代中期から後期だけという縛りがありますので、作者が勝手に世界設定をつくることはできません。むしろ蘊蓄勝負という面もあります。江戸時代に詳しいファンがあれこれ言い合って楽しんでいるのだと思います。

たぶん原作を読むとより深く楽しめるのだと思いました。

ちょっと違和感があったのは、主人公が許嫁を置いて脱藩したことです。江戸時代の藩士は終身雇用どころか子々孫々雇用です。勝手に脱藩したらそれが途切れるので、現代のサラリーマンの脱サラみたいに簡単に踏み切れるものではありません。また、物語的にも事情はあるにせよ許嫁に何も言わずに去るのは不人情な気がします。

原作だときちんと説明があるのかもしれませんが・・・

また、江戸に数年いた程度の田舎侍が、江戸の両替商にアドバイスできるような知恵が回るというのは不思議です。剣の腕が立つという描写はありましたが、知恵があるという描写がなかったので奇妙な感じです。

これも原作を読めばわかるのかもしれません。

つまり、原作はいいのに、映像化に問題があったという疑いがあります。機会があれば原作を読んでみます。

それと、相場からみの話は現代人には通じにくいです。現代人からすれば、市場の価値を無視して幕府の統制した両替レートを守るというのがなんで正義なのか分かりません。

これはもしかしたら、現代人と江戸時代の価値観の違いを表現していて、これこそが、このシリーズの魅力なのかもしれません。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle