【Excel】作図の基本

私が推奨しているExcelにおける作図の基本です。この方法を使うと、誰でも一定水準の作図ができます。なお、Excelのバージョンは2003です。恐縮ですが、他のバージョンではこの方法が使えるのかはわかりません。

なお、ここで言っているのは、作図をする際の技術的な手法であって、頭の中にある概念を図解する方法ではありません。譬えて言えば、ペンキを上手に塗るテクニックの紹介であって、絵描きになる方法ではありません。

ステップは二つです。
■1. 方眼紙を作る
■2. 「位置あわせ」を「グリッド」にする。

1. で、Excelの縦線と横線の間隔を同じにします。つまり一個一個のセルを正方形にする方眼紙を作ります。

具体的には、
■1-1:左上の四角(行番号1,2,3…の上,かつ、列名A,B,C…の左の部分)をクリック。シート全体が反転します。
■1-2:列名の間(どこでもいいです。例えばBとCの間でもいいです)にマウスを乗せる。マウスのポインターが左右に向けた矢印が変化します。
■1-3:その場で、クリックしながら左にドラッグします。現在の幅が表示されますので、18ピクセルまでドラッグします。すべての縦線が移動します。

横線の幅はもともと18ピクセルなので、これで18×18ピクセルの方眼紙になります。

別に9×9や12×12の方眼紙にしてもさしつかえありません。要は方眼紙になればいいです。ここでは、行の高低がデフォルトで18ピクセルだったので、18×18にしただけです。


2. の操作で、図の基点は、方眼紙の格子に限定されます。

具体的な操作は、

■2-1:図形の調整(R)→位置合わせ(S)→グリッド(G)

これで、直線でも四角でも作図しようとすると、18×18の方眼紙の交差点上にしか図の頂点を置けなくなります。つまり、図と図を組み合わせる際に、隙がなくなります。あえて自由度を奪うことで、きれいな作図が可能となります。

実例をあげます。

グリッドを設定せずに、作図した例
グリッドを設定せずに、作図した例

グリッドを設定して作図した例
グリッドを設定して作図した例

あきらかに、グリッドを利用した方が美しいことがわかるかと思います。

スポンサーサイト

【Excel】図形の回転:頂点を中心とした回転

Excelのチップスです。ネットで調べても分からなかったので、試行錯誤して見つけた方法です。Excel2003で確認しました。

まず、通常の図形の回転です。二つの方法があります。

《A》
回転ハンドラ(緑色の丸印)をドラッグします。

図1

《B》
1)図形を選択
2)「図形の調整(R)」→「回転/反転(P)」→「自由に回転(T)」を選択。
3)図形の四隅に回転ハンドラがあらわれます。この回転ハンドラをドラッグすることでも、回転させられます。

図2


どちらの方法も、図形の中心を中心にして回転します。回転させたい角度が決まっている場合は、これで問題ありません。しかし、回転角度が決まっていないこともあります。

例えば、下の図で、CB=CDでDがAB上にあるとします。このCDを作図してみます。

図3


CBと同じ長さの線分を作図するところまではできますが、回転すべき角度が未定です。つまり、新しい線分をBC上に置いたうえで、Cを中心に回転させます。

この場合は、次の方法を使います。

1)「図形の調整(R)」→「回転/反転(P)」→「自由に回転(T)」で回転ハンドラ表示。
2)B上の回転ハンドラを、Ctrlを押しながらドラッグします。これで、Cを中心として回転します。

要するに、Ctrlを推しながらドラッグすると、対極上の図形の頂点を中心として図形は回転します。


sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle