【雑記】相続と地方銀行

相続の件で、被相続人(死んだ人)が口座を持っている証券会社に行きました。うちの被相続人が結構な額の株を持っていたので、無料で相続コンサルをしてくれるとのことです。

相続の手続きや相続税、果ては節税対策まで色々教えてくれて大変有益でした。ちょっぴり金融商品のセールスもしていましたが、それはご愛嬌ということで聞き流しておきました。(向こうはご愛嬌ではなく、それが本当の目的かもしれませんが・・・)

雑談で、相続と地方銀行の関係について話がでました。

曰く。地方に住んでいる年寄りは身近で親切な地方銀行をメインバンクに使うことが多い。しかし、その年寄りが死ぬと、都会に住んでいる相続人の息子や娘は都市銀行に預金をうつしてしまう。そのため相続のたびに地方銀行はやせ細っていく。

我が家の場合も覚えがあります。

出身地だった関係なのか、わずかな額ですが、地方銀行に預金が残されていました。問答無用で都市銀行への振り込み手続きをしています。別にその地方銀行がきらいとかではありません。東京に支店が1つしかないから不便なのです。

口座の名義変更ができるなら、そのままにしたかもしれませんが、相続の場合は元の口座は閉鎖なので、元の銀行に預金を残すには相続人が口座を作らないといけません。その段階でもう面倒です。

このままではいけないと地方銀行も考えているらしく、合併が進んでいますが、まだまだ効果は出ていません。東京だと、都市銀行のATMはどの駅にもある感じです。

そこで提案です。

退職金を定期にすると割り増し利率にするサービスを、結構な数の銀行がやっているのをポスターでよく見ます。同じように、相続割り増し定期を作ってはどうでしょう。

被相続人が残した預金額を上限として、3ヶ月とか1年の定期を組んでくれたら割り増し利率にします。

遺族にとっては空から降ってきたようなお金ですから、緊急にお金が必要な人以外は割り増し定期に惹かれるはずです。一度口座を作ってしまえば、そのまま置いておいてくれる確率は上がります。

相続の場合、客からコンタクトをとってくれますので、ポスターなどの広告費をかける必要もありません。“相続手続き”を言ってきた客に案内すればそれで済みます。

地方銀行の関係者がこのブログを読んでいたらご一考を。
スポンサーサイト

【雑記】「人生に、文学を。」

7月20日朝日新聞朝刊の5面に公益財団法人日本文学振興会の「人生に、文学を。」というタイトルの一面広告が載りました。

文章を引用してみます。

人生に、文学を。
文学を知らなければ、目に見えるものしか見えないじゃないか。
文学を知らなければ、どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)
読むこととは想像することである。
世の不条理。人の弱さ。魂の気高さ。生命の尊さ。男の落魄。女の嘘。
行ったこともない街。過ぎ去った栄光。抱いたこともない希望。
想像しあければ、目に見えるものしか知りようがない。
想像しなければ、自ら思い描く人生しか選びようがない。
そんなの嫌だね。つまらないじゃないか。
繰り返す。人生に、文学を。
(一年に二度、芥川賞と直木賞)


普通だったら、読み流しているところですが、「アニメか?」と挑発してきているのでアニメファンとして挑発に乗ってみます。

基本的には、文学作品を読むことは人生に彩りを与えるものだとは思っています。しかしそれができるのは文学だけではありません。芝居だって、絵画だって、音楽だって、あるいはアニメだって。漫画だって同じはずです。その中から何を受け入れるかは本人の嗜好しだいです。

文学の素晴らしさを説くのは結構ですが、他のジャンルの愛好家を小ばかにするのは尊敬に値しません。

また槍玉に挙げたのがアニメというのも不思議です。こういう場合、漫画が引き合いに出されるのが通例でした。出版社への遠慮なのでしょうか。

【雑記】五輪のエンブレム案

オリンピックとパラリンピックのエンブレムの案が四組発表されました。五輪に特別な興味や関心はありませんが、せっかくですので私のお薦めを書いてみます。
ShortlistedEmblems_C.gif
このデザインを推します。

まず、前回の案も含めいままでのエンブレムですが、デザインの良し悪しについてはよくわかりません。不満があったのは、パラリンピックのエンブレムがオリンピックのエンブレムのおまけ扱いだったことです。

同じエンブレムではいけないのか、とは思いますが、多分理由があって別エンブレムなのでしょう。

パラリンピックのエンブレムをおまけ扱いしているのは、デザイナーではなくマスコミや我々一般人なのだとは思います。パラリンピック自体がおまけ的な扱いをされている中でエンブレムの扱いもそれにならってしまうのもやむを得ないのかもしれません。

しかし、私の推すエンブレムは風神雷神をモチーフにしているため、本質的に対等です。どちらかがおまけという雰囲気はありません。

そこが気に入りました。

【雑記】震災から5年

あの地震から5年が経ちました。

あの日も今日と同じ金曜日でした。横浜のオフィスにいたところで地震に遭い、自宅にも電話がなかなか通じず、被害規模も分からずにただただ混乱していたことを、今でも覚えています。

そのころすでに、自転車通勤をしていたので電車が止まったことの直接的影響はありませんでしたが、帰り道に街から感じた緊張感は忘れられません。

今でも、初対面の人や久しぶりに会った人とは、あの時どこで何をしていたか、どうやって帰宅したのか、と話題になることがあります。あの日、東日本にいた人には忘れられない日となりました。

これが後10年もすれば、震災の記憶のない子供が増えていき、やがて歴史の1ページになるのかと思うと、不思議な感じがしてきます。

命を落とされた方々にあらためてお悔やみを申し上げます。

【雑記】無題

今日の記事は、結論もなにもありません。胸のうちにあるもやもやを吐き出しただけです。

川崎市の有料老人ホームで、入居者が3人続けて墜死した件で容疑者の取調べが進んでいるようです。

実をいうと、この事件をはじめに聞いたとき、不謹慎ながらまず思ったのが、怪談です。次々と老人がベランダから飛び降りるなんて、信じてもいないくせに霊的なものと結びつけてしまいました。ニュースの後半で、3件とも同じ介護士が当直だった、と言外に原因を伝えたので、ようやく正気にかえれました。

さて、昨日の新聞で、田園調布署の警官がトイレで拳銃自殺をした、との記事を見たときも同じ感覚になりました。記事にもありますが、ついこの前も田園調布署で警官が拳銃自殺をしています。しかも、同じ個室で、だそうです。

これも「怪異譚かよ」と言いたくなりますが、冷静に考えればそんなことはないでしょう。しかし、ただの偶然というのも妙なものです。もちろん、後で自殺した人が意図的に同じ個室を、何故だか分かりませんが、選んだだけかもしれません。

それに、人生の最期の場所をトイレで、ということ自体、なんだか釈然としません。

ひどく不思議です。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle