FC2ブログ

【ウルトラセブン】第四十八話、第四十九話:「史上最大の侵略」

ゴース星人、怪獣パンドン登場

「ウルトラセブン」の最終話です。

ウルトラセブンは、これまでの闘いの疲労が重なり、地球にはもういられなくなります。しかし、ちょうどゴース星人が侵略してきたため、ウルトラセブンは我が身を犠牲にして地球のために最後の闘いに赴きます。

冒頭からモロボシ=ダンは異常に高い脈拍(360)、血圧(400)、熱(90度)に苦しんでいます。そのためホーク2号で円盤を追跡するも撃ち漏らすという失敗をしてしまいます。それでV3のクラタ隊長にこっぴどく叱られてしまいますが、もともとクラタ隊長はウルトラ警備隊のエリートに少なからぬ反感があったようです。

アンヌ隊員はモロボシ=ダンを心配して精密検査を勧めますが、宇宙人であることば知られるのを恐れて拒否します。この段階でアンヌ隊員はモロボシ=ダンの脈拍・血圧・熱の異常に気付いていないみたいです。熱90度に気づいたら大騒ぎになるはずです。レントゲンや心電図はごまかせなくても、脈拍・血圧・熱くらいならカモフラージュする能力を持っていたのでしょうか。

モロボシ=ダンのもとにセブンの上司が現れ帰還命令を出します。映像付きの通信なおかもしれませんが、熱に浮かされていましたのでダンの見た幻なのかもしれません。

無理に夜勤をしていたため、V3からの宇宙人襲来の急報を伝えそこなうという失態も演じます。

頑張って働くのは大事ですが、体の不調を訴えずそれが原因で失敗をするというのは社会人としてどうかと思います。

ダンは、上司の命令を無視してウルトラセブンに変身し、ゴース星人の放った怪獣パンドンとの闘いに赴きます。ホーク3号の救援もありなんとかパンドンの手足を切断しますが、ダンは再び倒れ伏します。

いよいよ精密検査を受けなければならなくなったダンは基地を抜け出します。そして偶然であった姉弟に助けられます。

「ウルトラセブン」で何度も繰り返し登場する妙齢の姉と少年期の弟が、最終話でも出てきます。スタッフは本当にこの組み合わせが好きなようですね。

このタイミングでゴース星人は基地を完成させたようで、地球に宣戦布告と降伏勧告をしてきました。防御不能の地底ミサイルを使って世界の各都市を順次破壊していきます。

これに対抗してウルトラ警備隊はマグマライザーに爆弾を詰め込みゴース星人の基地を破壊します。地球人は地底に対する備えはない、とあざ笑ったゴース星人でしたが、自分たちも地底からの攻撃への備えはありませんでした。

失った手足をメカで補強したパンドンで決戦を挑みましたが、ウルトラ警備隊と最後の力を振り絞って戦うウルトラセブンの前に敗れ去ります。ここにゴース星人の侵略は阻止されました。

怪獣の失われた四肢をメカで補強するというのは、その後「ゴジラVSキングギドラ」でも現れます。この時は四肢ではなく、首と翼でしたが。

モロボシ=ダンがアンヌ隊員に自分が宇宙人であることを明かすシーンが有名です。今観ても美しいシーンだと思います。

精密検査を徹底拒否していたモロボシ=ダンでしたが、さすがにもう地球に居続けられる状況でないことに気づき、告白したのでしょう。

なお、この時モロボシ=ダンは「西の空に、明けの明星が輝く頃、一つの光が宇宙へ飛んで行く。それが、僕なんだよ」と言いますが、明けの明星とは地球の内側にある金星のことで、地球から見て必ず太陽の方向に見えます。したがって明けの明星は西ではなく東に見えます。なぜ「西の空」といったのかはファンの間で議論になったとのことです。西方浄土に引っ掛けたとか、沖縄出身の脚本家が「西」に思い入れがあったとかです。

今ならネットで脚本家が嘲笑されそうですが、昔のファンは優しかったとも言えるし、読みが深かったとも言えます。

上司の警告が正しければウルトラセブンは生きてM78星雲に帰還することはできなかったはずですが、アンヌ隊員に予言したように自力で飛んで行ったのかもしれません。

子供時代に観た時は、ウルトラセブンは死ななかったと思ったのですが、今見ると、どちらとも言えません。

「ウルトラマン」の最終回を意識したのだとは思いますが、どちらの最終回も甲乙つけがたいものがあります。

まさに時代を超えた名作です。
スポンサーサイト



【ウルトラセブン】第四十七話:「あなたはだぁれ?」

フック星人登場

団地住まいのサラリーマンが深夜に帰宅すると、奥さんと子供から”あなたはだぁれ?”と見も知らぬ人だと告げられます。そればかりか夜勤の警官も近所の顔役もそろって”あなたなんか知らない”と言います。

家庭で阻害されている父親像を投影したような作品です。

実は、夜に団地ごと入れ替わり、住民に化けていたはフック星人でした。本当の住民は催眠術のようなものにかけられて夜間の記憶を持っていません。フック星人は夜にしか活動しないため、夜の間に地球侵略の準備を進めていたというわけです。

よく考えると変な話です。

フック星人が住民に化けたのは、万一夜の間に帰ってくる住民がいた場合の備えのはずです。誰も帰ってこないと思っているなら化ける必要はありません。万一の場合に備えて化けていたのに、お父さんが帰ってきたところで”あなたはだぁれ?”はないでしょう。必死になって取り繕うべきところです。

してみると、地球侵略の計画をたてた軍師はそれなりに考えて部下たちに任せていたのに応用力のない連中が意味もわからず表面的に命令に従っていたということでしょうか?

マニュアル通りにしか動けない部下を持った管理職の苦労を察します。

【ウルトラセブン】第四十六話:「ダン対セブンの決闘」

サロメ星人登場

舞台は 渥美半島の先端・伊良湖岬。サロメ星人が地球侵略のための秘密工場をつくりニセのウルタラセブンを建造します。ニセのウルタラセブンを暴れさせることで地球人の心を折る、という作戦みたいです。

ウルトラ警備隊も伊良湖岬で宇宙人が蠢動していることは察知して調査していました。そしてあやしい美女が関係していることもつかんでいます。「ウルトラセブン」で美女といえばたいてい侵略宇宙人ですが、この回もその王道を行っています。

どうやらあやしい素振りをするのもサロメ星人の作戦でモロボシ・ダンを捕らえるための罠だったようです。ダンを捕らえてウルトラビームの秘密を聞き出そうというのです。自白装置みたいなものであっさりとしゃべらされてしまい、ニセセブンにもウルトラビームが備わりました。

してみると、ウルトラビームというのはウルトラセブンという生物に備わった能力ではなく、後付けの機械的なものなのでしょうか?

よく考えればウルトラセブンは丸裸なのか戦闘用スーツを着ているという設定なのか、はっきりしていませんでした。この回から考えるとあれは戦闘スーツと考えた方がよさそうです。

ニセセブンは本物とは体の模様が違いますので見ていて混乱することはありません。完全にそっくりに作って視聴者を惑乱することはできたはずですが、そこは子供に配慮したということなのでしょうか。

地味な話が続いていましたが、ひさびさにスカっとする回でした。

【ウルトラセブン】第四十五話:「円盤が来た」

ペロリンガ星人登場

ペロリンガ星人が宇宙船を星に偽装して地球侵攻を図ります。アマチュアの天文愛好家は「円盤が来た」と騒ぎ立てますが、天文台や地球防衛軍はその計略にまんまと引っかかります。

主人公の青年はそのアマチュア天文家でまっさきに円盤を発見しています。夜は天体観測で忙しいため昼の仕事(町工場)では作業中にウトウトしてしまうこともあります。恋人もおらず、おそらく低賃金。住処はおんぼろで隣が工場で夜遅くまで作業をしていて騒音に悩まされています。円盤を発見して地球防衛軍に通報したものの信じてもらえません。

出会った少年とは打ち解けますが、実はこの少年はペロリンガ星人の先兵でした。青年はペロリンガ星人に地球を捨てるように誘惑されます。

闘いのシーンは宇宙空間で円盤を壊していくだけで抽象的な映像が連なるばかりでウルトラセブンの活躍もウルトラホークのかっこいいシーンもありません。「ウルトラセブン」に時々ある地味な回です。

ストーリーとしては、ペロリンガ星人が青年と接触した理由が不明です。青年が円盤を発見する前から接触していますので、円盤発見が理由ではないはずです。青年を誘惑する理由も判然としません。

また、円盤を星に偽装したら、いままでに無い星が見えるのですから天文台は大騒ぎになるはずです。騒がないのは変です。

そして、子供番組として考えれば、円盤を見つけるアマチュアは視聴者と同じ年齢の少年であるべきで、少年の正体が宇宙人というのは意表を突いています。

都会の青年の孤独、というのを描きたかったのでしょうか。子供番組とは思えない自由奔放なつくりです。

ところで少年ペロリンガ星人がかぶっていた帽子には、米国国旗と韓国国旗とおそらく国連旗が見えます。朝鮮戦争で使っていた帽子のレプリカなのでしょうか。子供の頭の大きさに合っているのですからわざわざ子供用に作ったはずですし、番組のためにわざわざあつらえたとは思えません。当時そうした製品が出回っていたというのは驚きました。

【ウルトラセブン】第四十四話:「恐怖の超猿人」

ゴーロン星人登場

人間と猿の脳波(たぶん精神を、という意味だと思います)を次々に交換して地球を侵略しようというゴーロン星人の回です。なんで猿なのかと思ったらゴーロン星人自体が猿っぽい姿をしています。猿に親近感があったのでしょう。ただし、脳波を入れ替えた猿人はまったくゴーロン星人の言うことを聞きません。勝手にニワトリ泥棒をして注意を惹くし、アンヌ隊員に恋をしてゴーロン星人の邪魔をするしと、これでは全人類の脳波を猿と交換しても侵略は成功しなかったかもしれません。

怪物が美女に恋をしたために滅びるという昔ながらのパターンです。よく考えると、ウルトラシリーズでは初めてかもしれません。第七話「宇宙囚人303」でアンヌがキュラソ星人に誘拐されていますが、これは惚れられたからというわけではありません。

ところでこの猿人は非業の死を遂げるのですが、もともとこの体にいた人間(たぶんゴリラと入れ替えられた)はどうなったのか作中で言及がありません。どうなったかって訊かれたって、そりゃゴリラの体のままなんでしょうけど・・・

ウルトラ警備隊のまじめな調査なのにダンとアンヌはデート気分なのが笑えます。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle