【ウルトラセブン】第四十三話:「第四惑星の悪夢」

怪獣や宇宙人との闘いもないかわりに、ウルトラセブンはビルを壊しロケットを攻撃しと見た目だけは逆転したような話です。

前回の「ノンマルトの使者」と並ぶ「ウルトラセブン」の問題作です。テーマはコンピューター(ロボット)による人間支配というかなりよくあるテーマで、創作物だけでなくもしかしたら現実に起きるかもしれないという普遍性も備えています。

ダンとソガの両隊員が乗り込む宇宙ロケット・スコーピオン号は計器による自動運転で乗員は何もしなくていいという優れものです。これが人間がなにもしなくなったのでロボットに支配された第四惑星への道を暗示しています。

第四惑星では、資源となる人間が不足し始めたので(迫力あるドラマのためエキストラの人間を殺したりしているからかな?)、地球を侵略して地球人を手に入れようとします。

そのためにスコーピオン号をおびき寄せた、という説明ですが、説明になっていません。侵略のためのロケットを飛ばすのにスコーピオン号を鹵獲する必要はないはずです。むしろ疑われるだけ損です。第四惑星の出来事は夢だったのでは、というほのめかしがありましたが、この点を見ると夢だという説に説得力があります。

ほか夢説を裏付ける根拠があります。ソガ隊員の前でダン隊員がウルトラセブンに変身します。しかも、変身(ようするに巨大化)しながらビルを内側から壊すというかっこいシーンがありますが、これではソガ隊員は死んでしまうはずです。しかし、その後ソガ隊員は何事もなかったようにダン隊員と地球に帰ります。やっぱり夢だったのでしょうか?

第四惑星に降り立った両隊員は眠っている間に地球に(日本に)帰ってきたのではないかと疑います。風景は日本と変わりありませんし、日本語の看板もあれば、日本語も通じますが、実は地球ではありませんでした。

これは高名なアメリカのSF映画を思い出させます。この映画では人口冬眠していた宇宙飛行士が別の惑星に降り立ったと思ったら実は地球だったというオチがあります。そこの惑星の生物は英語を喋っているのだからはじめから気づいてもよさそなものなのですが・・・

なお、この映画の公開は1968年で、「第四惑星の悪夢」も1968年です。どちらが先かはっきりしません。もしかしたら偶然の一致かもしれません。

地球と第四惑星の距離は、ロボット長官の言によれば「120億万キロ」離れています。変です。「億」は一万集まると「兆」です。「億万」というのは言葉ではあるかもしれませんが、単位としてはありません。いまどきのSFだったら「光年」という単位を使うはずですが、この時代では「光年」は一般的でなかったようです。「兆」は子供には難しいと思って避けたのかもしれません。

ところでこの回も、「ウルトラセブン」で頻出する妙齢の姉と少年期の弟というパターンが出ました。何度目でしょうか?
スポンサーサイト

【ウルトラセブン】第四十二話:「ノンマルトの使者」

ノンマルト、怪獣ガイロス登場。

「ウルトラセブン」のみならず「ウルトラ」シリーズ最大の問題作です。いままで宇宙からの侵略者と戦う地球人と地球人に協力するウルトラマンやウルトラセブンという構造でした。自衛権と集団自衛権行使みたいな話です。しかしこの回では、現在の地球人こそがかつての侵略者だったのではないか、という超絶的な問いかけがなされます。

子供の頃は、深く考えていなかったのかちっともショックを受けませんでしたが、深刻なテーマです。実は、第十七話「地底GO!GO!GO!」でも同じ設定を、さらっとですが触れていますが、ナレーションで言っているだけで劇中のキャラクターは気に留めていません。今回は、明確な証拠こそないものの地球人=侵略者説を突きつけています。

ただし、ノンマルト(の代弁者の真一少年)の言を100%真実だと仮定しても、現在の地球人が侵略者であるかどうかは微妙です。ノンマルトがもともと地球産なのはいいとしても、現在の地球人だって地球産かもしれません。ホモサピエンスとネアンデルタール人みたいな関係もあり得ます。

現地球人の祖先が宇宙から飛来する技術を持ち、地球に住んでいたノンマルトを海に追いやり、その事実を忘れるというのは非常に考えにくいことです。ノンマルトも地球人も地球生まれのヒト族で、ノンマルトは地球人の祖先(ホモサピエンス?)との生存競争に負けたと考える方が自然かもしれません。

ノンマルトは、イギリスの原潜グロリア号を乗っ取り海岸の漁村に砲撃をします。見たことがあると思ったら、第二十一話:「海底基地を追え」と同じパターンでした。

【ウルトラセブン】第四十一話:「水中からの挑戦」

テペト星人、怪獣テペト登場。

テペト星人のモチーフは河童で、話も河童伝説にからむものです。河童が出たとの話を受けて河童愛好家が湖(またも湖!)に出かけると、河童の姿のテペト星人がいた、というのが基本設定になります。

小難しい話が続いた「ウルトラセブン」ですが、今回は息抜きというか子供向きに作ったみたいです。怪獣テペトとウルトラセブンとの闘いもコミカルにしています。残念ながらこの回の視聴率は16.7%と「ウルトラセブン」の中で最低を記録しています(出典:ウィキペディア)。いまでは16.7%というのは立派な数字ですが、最盛期は33.8%(第二話)だったので、ほぼ半減というありさまです。

いまさら言ってもなんですが、子供に受けたいなら、かっこいい怪獣や星人を出してウルトラセブンとの死闘を描いた方がいいと思います。ああいうコミカルなのは子供扱いされた感じで、子供は好きでないように思います。

さて河童愛好家が議論していましたが、日本各地に伝わる河童伝説の正体はテペト星人なのでしょうか。そして冒頭で鶏舎の鶏が襲われていたのはテペト星人の仕業なのでしょうか。

テペト星人が昔から日本にいて河童伝説の元になったのだとしたら、彼らは鶏の盗むというった小規模な犯罪はしていたものの地球侵略などと大それたことは考えておらず、ひっそりと暮らしていたことになります。地球人が技術を進歩させたためにあぶりだされて退治されたのだとすると、なんだか哀れです。それともテペト星人とは別に河童はいて、鶏どろぼうも本物の河童の仕業なのでしょうか。

ところで、この回のアンヌ隊員は突然ロングヘアーになりました。かつらを使ったのだと思いますが、どういう演出意図があったのでしょう?

【ウルトラセブン】第三十九話、四十話:「セブン暗殺計画」

ガッツ星人と怪獣アロン登場。二週にわけての前後編です。

名高いガッツ星人の回で、十字架にかけられたウルトラセブンという衝撃的なシーンは今も忘れられません。

ガッツ星人が地球侵略のためにウルトラセブンを公然と斃し、地球人を意気阻喪させるという計画を立てます。

つまり副題は間違っています。モロボシ・ダンを”暗殺”すれば良いのでは、という意見もありましたが、地球人へのインパクトを考慮して衆人環視のもとでの処刑という方法を選択しています。暗殺計画ではありません。

まず、怪獣アロンを使ってセブンの能力を測ります。用意周到です。「いかなる戦いにも負けたことがない」と自己申告ではありますが大言を吐くだけのことはありそうです。

セブンの能力を見極めたガッツ星人は、カプセル怪獣ウインダムを倒し、ついにはウルトラセブンを十字架に封じ込め、夜明けとともに処刑すると通告します。

囚われたウルトラセブンから、ガッツ星人から逃れるためにマグネリュームエネルギーが必要と緊急連絡がウルトラ警備隊に入ります。そのための鉱石をフルハシ隊員の妹の友達(ラリーレーサーをやってます。「ウルトラセブン」ではなぜかラリーレースが頻出します。スタッフが好きだったのかな?)が鉱石を持っていました。ガッツ星人も鉱石を狙いますが、首にかけていたのはイミテーションだったため、無事ウルトラ警備隊が手に入れます。

何故ガッツ星人はラリーレーサーが問題の鉱石を持っていることを知っていたのかですが、ウルトラ警備隊にスパイを送り込んでいるか、盗聴しているかのどちらかでしょう。フルハシ隊員がカメラを向いてボケていましたが、盗聴を疑っているようです。

ウルトラ警備隊はマグネリュームエネルギー発射装置を完成させましたが、十字架のウルトラセブンは蜃気楼のようなもので実体はそこにはなく、セブンの縛めは解けません。

ウルトラセブンの居場所が知れたのは、ガッツ星人がラリーレーサーを、多分腹立ち紛れでしょうが襲ったのが契機です。戦術的価値を失ったラリーレーサーを襲撃するのは馬鹿げてます。ガッツ星人は、事前の準備通りに進めるのは得意なのに、詰まらぬことに腹を立て計画を無茶苦茶にする癖があるのでしょうか。

復活したウルトラセブンは前回とはうって変わってガッツ星人に完勝します。おそらく以前のセブンはエネルギー切れだったためでしょう。怪獣アロンとの戦いも複数の場所で行われていますので、アロンも複数いたのかもしれません。かなりエネルギーを吸い取られていたのですが、マグネリュームエネルギーと太陽熱をたっぷり吸収したセブンの完全勝利でした。

なお、ウルトラセブンの攻撃を受けたガッツ星人は宇宙船の中で右往左往しパニックに陥ります。名前はガッツ星人のくせにガッツがありません。

【ウルトラセブン】第三十八話:「勇気ある戦い」

クレージーゴン登場。

自分の惑星の資源を使い果たしたバンダ星人が、地球の資源(自動車)を、ロボットのクレージーゴンで盗みにやってきます。面白いのは地球侵略ではなく、資源泥棒というところです。

自動車が目当てで運転手などの人間には興味ないみたいです。もっともウルトラ警備隊の方も、「車が消えた」というだけで、人間が消えたことには触れません。人間は帰ってきていたのでしょうか?

この事件の最中に、アンヌ隊員の友達の弟が心臓移植手術を受けることになっていてます。少年はモロボシ・ダンのファンだったらしく、移植手術 の日に来てもらいたがります。しかし、事件解決のため、手術の日の面会に行くことができず、少年は絶望し、モロボシ・ダンは苦悩します。

先週の事件(「盗まれたウルトラ・アイ」)で、モロボシ・ダンは盛大に命令違反をしています。おそらくこっぴどく怒られたのでしょうか、今回は、おとなしく命令に服しています。

特撮的に面白いのは、クレージーゴンのデザインです。とてもじゃありませんがかっこいいとは言えません。現在のセンスでかっこ悪いのではありません。子供の頃から変なデザインだと思っていました。それでも忘れられないデザインということでは成功なのかもしれません。

一話の中で、ウルトラセブンに二回変身するという豪華版でもあります。つまり一回目の変身では倒しきれなかったということです。自動車を盗むだけのロボットではないようです。最後に倒すのも、小さくなったウルトラセブンがウルトラ警備隊の持ち運び可の大砲(?)に忍び込んで、砲の力を借りて体当たりを敢行します。普通の方法では倒せなかったということです。

事件解決後、アンヌ隊員の友達とモロボシ・ダンが打ち解けていたのを、アンヌ隊員がにらんでいました。最終回へ向けての伏線みたいです。

ところで、「ウルトラセブン」には、少年と10歳年上の姉というパターンが数多く登場します。「少年」は視聴者に感情移入させるために登場させているのでしょうが、「姉」は不思議です。「母親」であるべき状況でも「姉」です。子供番組なのに、健康的なお色気を出したかったということなのかもしれません。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle