FC2ブログ

【雑誌】新潮45 10月号

特別企画『そんなにおかしいか「杉田水脈」論文』で各方面(含む自社)から批判をあび休刊に追い込まれた「新潮45の10月号」を読んでみました。話題になった時買おうと思って本屋に走ったのですが、どこでも売り切れか未入荷だったらしく手に入りませんでした。図書館から借りて読むことができました。

特別企画の具体的にどこがおかしいのか議論が深まらなかったのですが、ネットの情報を頼りにすれば、概ね小川榮太郎氏の『政治は「生きづらさ」という主観を救えない』が標的にされたと考えられます。

杉田水脈氏の論考に関しては私は否定的な考えを持っています。参)【時事問題】杉田水脈発言

ここでも小川氏の論考には反対しますが、小川氏の人格批判をする意図はありません。

小川氏の意見は、主に次のように要約できます。
1)性的な話題は表立って語るべきことではない
2)例外を除いてほとんどの生物はオス・メスに分かれる。レズやゲイという性は存在しない
3)LGBTの権利を認めるなら、サド・マゾ・お尻フェチ・痴漢の権利も同様に保障すべきである。(だから、LGBTの権利を認めるべきではない)
4)政治は「生きづらさ」という主観を救えない

1)について。同性愛者であることを公言することが性的な話題だというのが飛躍しています。同性どうして具体的にどういう風に性行為が行われるのかを事細かに語りだしたらそれは表立って語るべきことではないとは思います。これは異性の性行為についても同じです。しかし、異性愛について語るのと同様に、同性愛者について語っただけでいちいち淫靡な連想する方がおかしいのではないかと思います。

2)の説はまったく分かりません。性がオス・メスだけだというのは認めますが、それがどうして同性愛否定になるのか理屈になっていません。

3)については、小川氏が痴漢の権利を擁護したかのように(わざと?)誤読した向きがあり、その点に関しては気の毒だと思います。

真面目に反論すれば、痴漢は被害者がいるのでLGBTと同列にできません。サド・マゾ・お尻フェチは黙っている限り、もしかしたら公言したとしても、賃貸物件が借りにくかったり、パートナーの病室に入れてもらえなかったりはしません。サド・マゾ・お尻フェチはそもそも権利を侵害されていないのです。

4)について。政治が「生きづらさ」を全面的に救えないというのはその通りだと思います。しかし救える部分もあります。いくつかの地方自治体が取り組んでいる程度のことは問題ないとうのが私の意見です。

特集の他の人の意見も読んでみて、小川氏の論考が批判を浴びた理由の一つが分かりました。他の人の意見をまとめると概ねこのようになります。

藤岡信勝氏・・・竹内久美子氏と上野千鶴子氏への反論
松浦大吾氏・・・LGBT運動に乗っかってきたリベラル勢力への違和感
かずと氏・・・尾辻かな子氏への批判
八幡和朗氏・・・杉田水脈氏の称揚
KAZUYA氏・・・当事者そっちのけで騒ぐ人たちへの違和感
潮匡人氏・・・NHKの報道への批判

松浦氏とKAZUYA氏、小川氏以外は具体的な相手を定めて批判していますので、正しいかどうかはともかく再批判するにせよ具体的にならざるを得ません。

松浦氏(自身もゲイ)とKAZUYA氏はLGBT当事者と周りで騒ぐ人たちをわけて議論していますので、再批判があったとしても冷静な議論が望めます。

しかし小川氏の場合は、具体的に反論する相手を想定せず、当事者も野党もマルクス主義者もなんもかんも一緒くたにして叩くという乱暴な議論を展開しています。これでは、集中砲火を浴びるのもやむを得ません。
スポンサーサイト



【雑誌】美術展2017ぴあ

去年、行きたい展覧会のリストをブログの記事にしたところ、12展中11展に行くことができました。行けなかったのは、夏の暑さに音をあげて断念した「メアリー・カサット展」だけです。

ブログで告知するというのは、自分を追い込むために効果的だとわかりました。

今年も行きたい展覧会を挙げてみます。今年は「美術展2017ぴあ」を使いました。


ティツィアーノとヴェネティア派展
於:東京都美術館
期間:1月21日~4月2日


ゴールドマンコレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力展
於:Bunkamuraザ・ミュージアム
期間:2月23日~4月16日


シャセリオー展
於:国立西洋美術館
期間:2月28日~5月28日


ミュシャ展
於:国立新美術館
期間:3月8日~6月5日


エルミタージュ美術館展
於:森アーツギャラリー
期間:3月18日~6月18日


ブリューゲル「バベルの塔」展
於:東京都美術館
期間:4月18日~7月2日


ベルギー奇想の系譜展
於:Bunkamuraザ・ミュージアム
期間:7月15日~9月24日


ボストン美術館の至宝展
於:東京都美術館
期間:7月20日~10月9日


怖い絵展
於:上野の森美術館
期間:10月7日~12月17日


北斎とジャポニズム展
於:国立西洋美術館
期間:10月21日~2018年1月28日

今年は絞って十展です。

【週刊文春】鳥越都知事候補の疑惑報道

週刊文春が、都知事選候補の鳥越俊太郎氏の疑惑を報じています。内容は、女子大生を別荘に誘ってキスをしたとか、関係を結ぼうとしたとか、いったものです。

鳥越陣営は、疑惑を否定し、法廷闘争に訴える構えです。

鳥越候補を応援しているわけではありませんが、この報道には問題を感じます。

事実であったにせよ、このタイミングでの報道は選挙に影響することは必至です。おそらく、この報道が要因の一つとなり、鳥越候補は落選するでしょう。ジャーナリズムですから報道そのものは認められるべきですが、選挙結果に大きな影響を与えても、売れればいいのだという姿勢には首を傾げます。

たとえ、この報道が事実であったとしても、都知事の資質とは無関係です。純粋に個人的な問題に過ぎません。その当時、告訴せずに示談したのであれば、それで終わりにすべき事柄です。このタイミングで蒸し返すのは、何か事情があるのかもしれませんが、ちょっと卑怯に感じます。

それと、年配者とは言え男と二人で別荘にのこのこ出かける女性にもおかしいです。その気がないなら誘いを断るべきです。いっしょに別荘に行った時点で、OKと思われても仕方ありません。

【雑誌】「大人が観たい美術展2016」時空旅人別冊

私の場合、目当ての展覧会に行こう行こうと思いながら気がついたら終わっていた、ということが良くあります。ただの油断ですが。

そこで、今年は「大人が観たい美術展2016」で、事前に行きたい展覧会をチェックしておくことにしました。

次の展覧会には是非行きたいと思っています。


ボッティチェリ展
於:東京都美術館
期間:1月16日~4月3日

日伊国交樹立150周年記念です。


レオナルド・ダ・ヴィンチ天才の挑戦
於:江戸東京博物館
期間:1月16日~4月10日

これも日伊国交樹立150周年記念です。


カラヴァッジョ展
於:国立西洋美術館
期間:3月1日~6月12日

これも日伊国交樹立150周年記念です。


ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち
於:国立西洋美術館
期間:7月13日~10月10日

これも日伊国交樹立150周年記念です。アカデミア美術館所蔵品展です。


ルノワール展
於:国立新美術館
期間:4月27日~8月22日

オルセー美術館とオランジュリー美術館からルノワールの名品が来ます。有名作が目白押しです。


フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展
於:森アーツセンターギャラリー
期間:1月14日~3月31日

フェルメールの「水差しを持つ女」が初来日


クラーナハ展
於:国立西洋美術館
期間:10月15日~2017年1月15日

クラーナハの回顧展は日本初とのことです。


若冲展
於:東京都美術館
期間:4月22日~5月24日

若冲の生誕300年記念です。


はじまり、美の饗宴展
於:国立新美術館
期間:1月20日~4月4日

大原美術館のコレクションです。


俺たちの国芳わたしの国貞展
於:Bunkamuraザ・ミュージアム
期間:3月19日~6月5日

すでにTVコマーシャルが流れているやつです。


世界遺産ポンペイの壁画展
於:森アーツギャラリー
期間:4月29日~7月3日

これも国交樹立150周年記念です。


メアリー・カサット展
於:横浜美術館
期間:6月25日~9月11日

印象派の有名画家ですが、単独の展覧会は珍しいように思います。


切りよく12個選びました。

【アエラ】自民党タカ派危険な本音

一昨日に続いて、同じくアエラの’14.3.14号から。「自民党タカ派 危険な本音」と題した自民党議員へのアンケートです。編集部の記事です。

安倍首相の安保政策や政治姿勢を、仲間である自民党の国会議員は、どうみているのか。本誌は全407人(衆院293人、参院114人)に緊急アンケートを実施した。


アンケートの内容は

1)集団的自衛権行使について、今年中に閣議決定による憲法解釈の変更でこれを認めることに賛成ですか、反対ですか
2)現行の自衛隊の武器使用基準を緩和することに賛成ですか、反対ですか
3)憲法96条を改正し、国会の衆参過半数の賛成で憲法改正を発議できるようにすることに、賛成ですか、反対ですか
4)質問1)の理由 (自由回答)
5)安倍晋三首相が昨年末に靖国神社を参拝したことについて、米国が「失望」を表明しましたが、これについてどう考えますか(自由回答)


5)だけが、他の質問と毛色が違います。悪意に解釈すれば、“安倍首相のせいで日米関係がおかしくなった。あなたたちはどう考えているのか”といった含みがあるのかもしれません。

それはともかく回答率が問題です。

ただ、回答者は44人(衆院33人、参院11人)で、回答率は1割にとどまった。


これをどう解釈するかですが、

政治評論家の浅川博忠氏は、この調査結果をこう分析する。「大半が回答せずに沈黙したのは、自民党1強のうえ、安倍首相が圧倒的に強い情勢を反映してのこと。個々の議員と話すと、集団的自衛権行使や憲法改正に消極的な自民党議員は、全体の半分くらいという印象です。


アンケートの回答は、ほぼ安倍首相に同調する意見が占めているので、反安倍派が回答を渋ったというのはあるかもしれません。しかし、それだけでは説明はつきません。

「集団的自衛権行使や憲法改正に消極的な自民党議員が全体の半分くらい」であるなら、残りの半分は、意見を表明しても安倍首相ににらまれない積極派のはずです。にもかかわらず回答率は1割です。

ありていに言えば、議員たちは、アエラという雑誌に回答する意義を感じなかったのではないでしょうか。アエラは自らを省みる必要があります。

また、回答率が1割にすぎないので、自民党全体の傾向をあらわすことはできないと考えるのが自然です。しかしアエラは気にせず、今の自民党を語ります。

結果をみると、首相への同調ぶりが際立ち、かつてのような、右から左まで多様な意見を党内に抱える度量を持った自民党の面影は消えうせている。


同じ政党なのですから、国の安全保障といった基本的な問題について一致するのは正しいことです。あらたに噴出した問題や、瑣末な問題について異論があるのは自然なことですが、政党の根幹に関わることでは結束すべきです。そうでないと有権者が判断できません。党内意見を集約できずに派閥抗争を繰り返していたかつての自民党を、「度量」という言葉で正当化するのは不健全だと思います。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle