FC2ブログ

【朝日新聞】「国民の自意識 痛みを粉飾」

9月15日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「耕論」のコーナー。『続く「安倍政治」』という題で三人の識者が安倍政治を総括しています。その中から社会学者・宮台真司氏の「国民の自意識 痛みを粉飾」を引用します。

見たいものだけを見る。安倍政権で加速した日本の政治の傾向です。アベノミクスを切り口にしてみます。株価上昇と低水準の失業率に注目して、「以前よりは日本はよくなった」と語り、メディアもそれを報じてきた。
でも実際は、先進国で日本だけが1997年から実質賃金の低下が続き、1人あたりの国内総生産は2018年に韓国とイタリアに抜かれました。最低賃金の水準も先進国では屈指の低さです。社会指標に目を向けると悲惨です。若年層の自尊心も家族への信頼度も極めて低い。子どもの幸福度は先進国で最低レベル。社会の「穴」を一部の経済指標で見えにくくしたに過ぎない。日本社会は安倍政権下、確実に劣化しました。
(略)


政治家や経済の専門家が、株価と失業率だけを指標にして経済政策をうんぬんするというのでは偏りがあるように思います。しかし、一般の国民の判断はあくまで自分の肌感覚で測ります。

株価や失業率でアベノミクスを評価するというのは、過去と現在の比較ですので、これは肌感覚に合ったものです。

しかし、一人当たりの国民総生産とか、他の先進国との最低賃金の比較、というのは庶民感覚にはありません。生活者は、過去の自分や周囲の他人との比較はしますが、他国と比べて生きているわけではありません。

宮台氏は、政権が国民をだましただけではなく、国民も「見たいものだけを見て」きたと批判しますが、その批判は的外れだと思います。

スポンサーサイト



【朝日新聞】社説「朝鮮半島外交」

9月12日朝日新聞社説「朝鮮半島外交 対話を重ね関係修復を」を引用します。

 日本と韓国の関係が冷え込んで久しい。国際会議や五輪などを除くと、首脳が単独で相手国を訪ねることは、第2次安倍政権下では一度もなかった。
(略)
 直近の関係のこじれは、徴用工問題をめぐる韓国側の動きに起因するものだ。だが、それを経済にまで広げたのが、日本政府による輸出規制の強化である。結果として日韓の企業に多大な損失を負わせた。
(略)
 朝鮮半島をめぐる安倍外交の負債を引き継ぐ次の政権は、韓国との正常な対話の再開から始めねばなるまい。
 韓国政界では、新政権とは良好な関係を築くべきだとの機運が広がりつつある。まずは喫緊の課題である徴用工問題をどう解決するかが、文在寅政権と日本側との共同作業になろう。
 日本は時間をおかず、輸出規制の強化を撤回すべきだ。文政権は、元徴用工らへの補償問題について能動的に行動する必要がある。
(略)


徴用工問題の解決が日韓の共同作業になるべき、という意見には私には賛成できません。韓国だけで解決すべきことです。しかしそれは意見の相違なのでここでは措くことにします。

問題なのは、国家が表明した原則(あるいは、たてまえ)を朝日新聞が無視していることです。

韓国の政権は三権分立があるから司法の判断に韓国政府は関与できませんと主張してきました。つまり、この原則にのっとれば、日本と韓国の共同作業で問題は解決できません。韓国政府は判決を実施して、被告企業に金を払わせるか、払わないなら資産を没収して現金化して原告に渡すことしかできません。

日本の課した「輸出規制」なるものも、韓国の輸出に不審があるから、というのが理屈です。もしかしたら、それはたてまえで本当は報復なのかもしれませんが、表立っては輸出に疑わしい点があるからというものです。したがって、徴用工問題で韓国が妥協をしても「輸出規制」は解除できません。

つまり資産の現金化は必至ですし、日本が本当の報復をするのも間違いないでしょう。

できるとしたら、その後さらなる報復合戦にならないようにマネージすることぐらいです。

【朝日新聞】「本が読まれない時代の政治家」

9月2日朝日新聞朝刊の文化・文芸欄。作家の田中慎弥氏の寄稿文「本が読まれない時代の政治家」を引用します。

(略)
バブル景気が来て、冷戦が終わった。日本人は昔ほど小説を手に取らなくなった。最近の若者は本を読まない、と批判的に言われもした。
(略)
安倍氏の最大の成果は、長く政権を保った、という点だ。だが政権の功罪と同様に、私は訊いてみたいことがある。日本人が本を読まなくなりそれが特に嘆かれもしなくなった時代の政治家である安倍氏、さらには与野党の現職の議員たちは、果たしてこれまでどんな本を読んできたのか、また今後読もうとしているのか、ということだ。そんな問いに特に意味はないかもしれない。
(略)
また官邸で総理大臣や官房長官に質問する、私などが全く届かない学歴と知識を持つ記者たちがどんな本を読んできたのかも気になる。
(略)
読まないのか駄目とは思わない。ただ、読んでないのかもな、と無意味に思うだけだ。



真偽は知りませんが、トランプ米大統領は本を読まないと聞いたことがあります。事実なら残念なことですし、尊敬できる大人ではありません。一方、オバマ前米大統領は「サピエンス全史」(ユヴァル・ノア・ハラリ)を愛読していると聞いて、さすがだと思います。

本を読む読まないというのは人の知性をはかる物差しの一つであることは間違いないでしょう。

しかし、田中氏の論にはちょっと飛躍というかまやかしがあります。

「本」を読まないというのは知性の欠如と断定していいですが、「小説」を読まなくても知性がないとは言えません。

「本」=「小説」ではありません。田中氏はそれをごっちゃにしています。

国のリーダーなら、歴史・経済・法律・科学などの本を読んでいてほしいと思いますが、別に三島由紀夫やら源氏物語やらを読んでいなくてもかまわないはずです。

実際問題、明治の元勲と言われた人たちが小説本を読んでいたとは思いませんし、それで何か不都合があったとも思えません。


気になるのは田中氏の腰の引け具合です。

小説を読んでいない政治家や政治記者は駄目だ、と思うならそう言い切ればいいだけです。

しかし田中氏は「読まないのか駄目とは思わない。ただ、読んでないのかもな、と無意味に思うだけだ」そうです。

駄目じゃないなら、この寄稿は何のために書いたのでしょうか?

【朝日新聞】『「美白」は差別か』

8月26日朝日新聞朝刊オピニオン欄。『「美白」は差別か』です。

 「黒人の命も大切だ(BLM)」運動のなかで、欧米では化粧品の「ホワイトニング」などの表記をやめる動きが出ている。「美白」は差別なのか。日本人の肌の色をめぐる意識とは――。


3人の識者が登場しています。
社会学者のケイン・樹里安氏は、化粧品の「美白」表現をやめようという運動は人種差別の歴史を踏まえたものだ、と指摘しています。日本人にはピンときていないようだけれど、それは全員がだいたい一緒であるとう集合意識がそうさせていて、『在日コリアンやアイヌ、沖縄、海外ルーツを持つ人々を「見えない存在」とし、被差別部落民や障害者などを差別』したことさえ忘れている、と指弾しています。

そうした「見えない存在」も、父親が米国人の樹里安氏の場合は小学校の教科書に出てきた「鬼畜米英」の風刺画を見た時に、中国にルーツを持つ人の場合はギョーザー中毒事件が起きたときに噴出した、とのころです。

明治大学専任講師の眞島亜有氏は、女性が「美白」にこだわるのは、現代社会における女性の地位の低さがあり、化粧、服装、態度などの「決まりごと」が圧力として存在しているなかでのことだ、としています。

樹里安氏も眞島氏も学者の書いたものとは思えません。根拠をあげず”私はこう思います”というのを連ねているだけです。

その点、学者ではない美容ジャーナリストの齋藤薫氏の話は説得力があります。

日本で「白肌願望」が生まれたのは平安以前であり、「色の白いは七難隠す」という言い回しは18世紀に生まれたことを説明しています。さらに「美白」市場は日本で急拡大したため、欧米のメーカーは日本向けに「ホワイトニング」製品を出したのに自国ではしばらく販売していなかったことも明らかにしています。それらの根拠をもとに、人種差別撤廃の動きに連動して「美白」を差別とみなすのは正しくない、と論を結んでいます。

学者よりもよっぽど説得力があると思いました。

【朝日新聞】なぜ警察は信用されないのか?

「追う DNA捜査」の「下」。「採取拒否親族宅にも警察」を引用します。

(略)
事件('96の上智大生刺殺放火事件)から20年あまりたった2017年5月。現場から徒歩数分の場所に住む男性(76)の自宅に、2人の男性が訪ねてきた。
「DNAを採らせてほしい」。訪問してきた2人は警察手帳を見せた。
男性の息子は小林さん(事件の被害者)と同じ地元の中学の卒業生だった。警察官は「犯人でないということを確認するため。近所の人たちにも協力してもらっている」と話した。
男性が「事件には関係ないので」と断ると、警察官は「協力しないということを確認していいか」と念を押すように言ったという。
それから2カ月後。他県に住む息子から「ポストに捜査協力のお願いという書面が入っていた」と連絡があった。息子は不在で、それきりだったという。
そのさらに1カ月後、別の県に住む兄から「警察がDNAを採りに来た」と電話があった。兄は「弟が応じていないのなら自分も応じない」と断ったが、やはり「協力しないと確認してよいか」と念を押されたという。
(略)
DNAは、指紋と違い、親やきょうだいなど血縁関係者の情報も含まれている。本人が拒否した場合、血縁関係者から採るという手法は、こうしたDNAの特性を利用している。
現場近くの別の住民も、「個人情報」を理由に家族がDNA採取を拒否したところ、警察は知らぬ間に別の血縁関係者の元に行き採取していたと話す。
(略)
こうした「捜査協力者」のDNA型は、容疑者でない限りデータベースに登録されることはない、と警察庁は説明する。ただ、住民からは「本当にデータは破棄されるのか」「事件を理由に個人情報を集めているのでは」といった不安の声も聞かれる。


「協力しないと確認してよいか」と訊くのは、どういう口調表情で言ったかにもよりますが、文面だけから判断する限り問題があるとは思いません。

「協力してください」
「できません」
「協力してくれないと確認してよいか?」

というだけの一連のやり取りです。その後、何かの嫌がらせをしたということもないみたいなので、これだけ見ると何が問題なのかわかりません。

親族のDNAを採取したいというのも、科学的な知見を利用しているだけ、そのこと自体が問題だとは思いません。

事件に関りがないなら捜査に協力してもなんら差し支えがないも言えます。

にもかかわらず、一般市民が、この記事では計4名が、警察への協力を拒否したのかを、警察は真摯に考えるべきです。

あやしいとみたら長時間拘束し自白に追い込むという違法すれすれの手法が知れ渡り、警察の言うことを額面通りに信じる人がすくないというのが現実です。

「容疑者でない限りデータベースに登録されることはない」という回答は人を小馬鹿にしたもののように聞こえます。

「容疑者」というのは警察が勝手に認定できます。逮捕するとなると裁判所が絡みますが、「容疑者」は警察があやしいと思ったら即「容疑者」です。

そもそも近所の住民全部があやしい(=容疑者)と思っているからDNAを採取してまわっているのでしょう。まったくあやしくないなら採取する必要はなかったはずです。

したがって、「容疑者でない限りデータベースに登録されることはない」というのは、登録するかどうかは警察が勝手に決める、と言っているのと同じです。後で「嘘の説明をした」となじられないための言い訳でしょう。

DNA採取について明文化した規則をつくり、裁判所なりなんなりの管轄下におくなどしないかぎり、まったく信用できません。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle