【アニメ】2016年のアニメ 総合評価

アニメ調査室(仮)さんのサイトで2016年アニメのランキングが発表されています。
このランキングを私の評価に違いを検証してみます。
私の評価を、Sを3点、Aを2点、Bを1点、Cを0点、Dを-1点、Eを-2点と数値化します。途中で視聴をやめた作品は対象としていません。
アニメ調査室(仮)さんのランキング評価との差を求めます。
差が大きいほど、世間の評価と私の評価がズレていることを意味します。以下のような結果になりました。
2016評価

■私の評価が低くなったもの(1.0以上差があるもの)
「ReLIFE」「無彩限のファントム・ワールド」「ふらいんぐうぃっち」「甲鉄城のカバネリ」「はんだくん」「ジョーカー・ゲーム」「響け! ユーフォニアム2」「クオリディア・コード」「Bloodivores (ブラッディヴォーレス)」を辛めに評価していました。

「ReLIFE」は2.4ポイントとかなりの差が出ています。なんで世間の評判がいいのか全くわかりません。思い返してもいいところが思いつきません。
「甲鉄城のカバネリ」「はんだくん」「クオリディア・コード」の相対的な評価の高さも理解できません。
「ふらいんぐうぃっち」と「響け! ユーフォニアム2」は嫌いではない作品ですが、世間では熱心なファンが多かったためにこういう結果になったのだと思います。
「ジョーカー・ゲーム」は好きな人は好きなのだろうな、という理解はできます。
「無彩限のファントム・ワールド」は京都アニメーションの作品ということだけで擁護派が多いのかもしれません。
「Bloodivores (ブラッディヴォーレス)」は私の評価が辛いとはいえ、世間の評価も絶対的には高くない作品です。

■私の評価が高かったもの(1.0以上差があるもの)
「ワールドトリガー」「七つの大罪 聖戦の予兆」を世間より高く評価していました。
どちらも自信をもって、面白いといえる作品だけに、世間の評価が低いのは残念です。
スポンサーサイト

【アニメ】2017春調査(2017/1-3月期、終了アニメ、68+2+1作品) 第44回

アニメ調査室(仮)さんで行っているアンケートに投稿しました。

評価基準は
S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,鬼平,C
02,風夏,x
03,幼女戦記,C
04,闇芝居 4期,x
05,信長の忍び,A
06,双星の陰陽師,x
07,銀魂 新シリーズ,x
08,戦国鳥獣戯画 乙,x
09,超・少年探偵団NEO,x
10,魔法使いプリキュア!,x

11,霊剣山 叡智への資格,x
12,亜人ちゃんは語りたい,x
13,遊戯王アーク・ファイブ,x
14,南鎌倉高校女子自転車部,C
15,青の祓魔師 京都不浄王編,x
16,ふるさと再生 日本の昔ばなし,x
17,少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん,x
18,昭和元禄落語心中 助六再び篇,C
19,マーベル アベンジャーズ・アッセンブル,x
20,スクールガールストライカーズ Animation Channel,F

21,機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season,x
22,レゴ ネックスナイツ (ロックモンスター編),x
23,フューチャーカード バディファイト DDD,x
24,チェインクロニクル ヘクセイタスの閃,x
25,バトルスピリッツ ダブルドライブ,x
26,この素晴らしい世界に祝福を! 2,A
27,リルリルフェアリル 妖精のドア,x
28,ちいさなプリンセス ソフィア,x
29,デュエル・マスターズVSRF,x
30,小林さんちのメイドラゴン,A

31,ガヴリールドロップアウト,B
32,なめこ せかいのともだち,x
33,ピアシェ 私のイタリアン,x
34,がん がん がんこちゃん,x
35,ベイブレードバースト,x
36,ちるらん にぶんの壱,x
37,どちゃもん じゅにあ,x
38,政宗くんのリベンジ,x
39,ハンドシェイカー,F
40,カミワザ・ワンダ,x

41,ねこねこ日本史,x
42,にゃんこデイズ,x
43,タイムボカン24,x
44,けものフレンズ,A
45,クラシカロイド,x
46,エルドライブ,x
47,セイレン,x
48,プリパラ,x
49,ぼのぼの,x
50,クズの本懐,F

51,アイドル事変,x
52,うらら迷路帖,x
53,3月のライオン,A
54,あはれ! 名作くん,x
55,Rewrite 2ndシーズン,x
56,Spiritpact (スピリットパクト),E
57,あいまいみー Surgical Friends,x
58,MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang,x
59,TRICKSTER 江戸川乱歩「少年探偵団」より,x
60,AKIBA'S TRIP THE ANIMATION,x

61,NARUTO ナルト 疾風伝,x
62,SUPER LOVERS 2,x
63,ACCA13区監察課,B
64,CHAOS;CHILD,x
65,ALL OUT!!,B
66,One Room,x
67,彼岸島X (ネット配信),x
68,ナンバカ 2期 (ネット配信),x
69,ろんぐらいだぁす! (全12話),x
70,はいふりOVA 前編,x


「鬼平」:アニメとしては異色作です。時代劇に新風を吹き込んだのか?
「幼女戦記」:十分面白かったですが、中途半端な終わり方が残念。
「信長の忍び」:5分アニメながら内容が詰まった良作。二期も快調。
「南鎌倉高校女子自転車部」:自転車うんちくアニメ?
「昭和元禄落語心中 助六再び篇」:声優さんの話芸を堪能しました。
「スクールガールストライカーズ Animation Channel」:ピンと来ませんでした。
「この素晴らしい世界に祝福を! 2」:一期の面白さが継続しました。
「小林さんちのメイドラゴン」:安定的に面白かったです。
「ガヴリールドロップアウト」:毎回笑える良作でした。
「ハンドシェイカー」:絵が気持ち悪くて視聴中止です。
「けものフレンズ」:擬人ものは数多くありますが、これだけ設定がきちんとしたものは珍しいです。
「クズの本懐」:文学臭さが鼻について視聴中止。
「3月のライオン」:今から二期が待ち遠しい傑作です。
「Spiritpact (スピリットパクト)」:異国で勝負したいのならせめて完結したものにしてください。
「ACCA13区監察課」:小粋な良作です。きれいに完結しました。
「ALL OUT!!」:なじみのないスポーツですが、キャラクターを重層的に描いたことを高く評価したいです。

【アニメ】けものフレンズ

今クールでもっとも話題となったアニメです。

なんで騒がれたのかというと、すでに分析がなされているように、一見したところ幼児向けアニメのようなあるいは米産アニメのような心優しい世界でありながら、深夜アニメのようにところどころに「不穏」なものが見え隠れしているアンバランス感の魅力です。

主人公がヒトであることは当初から視聴者には見え見えでしたが、これが周囲に明かになったとき何が起きるのかは全く予想できず、その時の回はかなりドキドキして観ました。

背景に表れる、飛行機の残骸(?)やら、巨大な橋(?)から、一筋縄ではいかない世界設定があることがわかります。「エヴァンゲリオン」のような、考察する楽しみにも満ちています。

ところで、劇中の「すごーい」とか「たのしー」とかいうセリフが話題です。私にはあれは舞台劇のように感じていました。別に舞台劇に詳しいわけではありません。子供時分に見た子供向けの劇の印象かもしれませんが、感情を簡潔な台詞で表現するというのが、舞台劇を思い出させました。

話題になるのがうなずける良作です。

【アニメ】鬼平

池波正太郎原作。一般小説枠(本当は「枠」なんてないけど)のアニメです。

原作は未読。実写のテレビドラマも観たことはありません。

それなりに楽しんで全部観ましたが、ここまで来ると、“なぜアニメーションで表現したのか”と考え込みます。

現在放映中の「有頂天家族」も一般小説枠ですが、アニメーションで表現する必然性を感じます。実写でもできるのでしょうが、かなり違った印象になるでしょう。

時代劇のアニメーションといえば、山田風太郎の「甲賀忍法帖」をアニメ化した「バジリスク」があります。これもアニメーションならではの表現がありました。

しかし「鬼平」にはアニメする必然性が見えません。

“必然性がなければアニメにしてはいけないのか”と言われると、反論につまります。しかし、釈然としない印象をもったことは否めません。

スポンサーに時代劇専門の有料チャンネルがついているところから、若者に媚びているのでは、とつい疑ってしまいました。

【アニメ】小林さんちのメイドラゴン

京都アニメーション制作です。

京都アニメーションの作品なので当然のように視聴していました。

いつもとは違って、力の抜けた絵で勝負してきましたが、これはこれで味がありました。仕草や表情の描写がいつも通りの素晴らしさです。

特に、幼女の可愛さは突き抜けたものがあります。こういうことを書くと、アニメファンが誤解されますが、本当にそう思っているのですから仕方ありません。

コメディーとシリアスのバランスも取れていました。この制作会社の過去の作品に後半シリアスに振れすぎておかしな具合になったものもありましたが、この作品では成功しています。

二期があれば観たいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle