FC2ブログ

【時事問題】県議が一般人の住所を無断公開

東京新聞に掲載された共同通信の記事『自民党県議が同性カップル住所を無断公開、「アウティング」禁じる条例施行の三重県で』を引用します。

三重県議会の小林貴虎県議(47)=自民党県議団=が、自身に公開質問状を送ってきた同県伊賀市の男性カップルの氏名と住所を、無断でブログに公開していたことが5日、分かった。三重県は性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」を禁止する都道府県としては初の条例を、1日に施行したばかり。
 小林氏は削除要請に応じていなかったが、5日午後にブログから削除した。2人は質問状で、性的少数者のカップルを自治体が婚姻相当と認めるパートナーシップ制度などに関し、小林氏に見解を尋ねていた。
 カップルは嶋田全宏さん(45)と加納克典さん(41)。小林氏がツイッターに「地方のパートナーシップ制度は国を追い込むための戦略」などと投稿したことに関し、説明を求める質問状を3月15日に送っていた。
 小林氏は、2人が氏名と住所を記入し、質問状を入れて小林氏に送った封筒の写真を3月30日のブログに掲載。質問状は一方的だとして「非常に攻撃的で悪意を感じます」などと投稿した。
 嶋田さんらは同31日に小林氏と面会し、住所の削除と謝罪を求めたが、小林氏は削除を求めるなら質問状を取り消すべきだと主張。2人は翌日ツイッターで取り下げを表明したが、小林氏は取材に「直接の連絡が2人から来ていない」として、削除しないと説明した。
 嶋田さんと加納さんは取材に「面会時のやりとりを勝手にブログで公開された。何をされるか分からない恐怖があり、取り下げを本人に伝えられない」と話した。
 小林氏は31日のブログで、氏名や住所は「職務上知り得た秘密ではない」「公開の制限を求めるような意思はあらかじめ示されていない」などと主張していた。(共同)


法律論として「職務上知り得た秘密」かどうかは知りませんが、住所を公開するというのは非常識です。前もって住所を公開の制限の意思を示さないのは、まともな大人がそんなことをしないと思っていたからでしょう。

おそらく質問状に、「非常に攻撃的で悪意を感じ」たから、その報復として住所を公開したのでしょう。

政治家が有権者から厳しい質問をされたからと住所をさらしたのです。極めて狭量です。

今は野党が弱弱しいので政権交代は起こりにくいですが、こういう変な地方議員が自民党にいるようでは、いずれ政権を追われることになるでしょう。
スポンサーサイト



【時事問題】呉座勇一氏、厳重注意

共同通信の記事「日文研、女性研究者を中傷した呉座勇一さん厳重注意」を引用します。

国際日本文化研究センター(日文研、京都市)は24日、ツイッター上で女性研究者を中傷する投稿をした助教の呉座勇一さん(40)を厳重注意したことを明らかにし、「不快な思いを抱かれた方々、直接に迷惑を被られた関係者に深くおわび申し上げます」とする井上章一所長名のコメントを発表した。
呉座さんは、一部の人のみが閲覧できる設定で不適切な投稿を繰り返していたことが発覚。批判を受けて謝罪文を投稿するとともに責任を取り来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代考証担当を降板している。
日文研は投稿が「個人の表現の自由を逸脱した良識を欠く行為」として、引き続き経緯を精査するとしている。
(略)


一般論として、他人の悪口を言うのはいけないとは思います。

しかし呉座氏は一部の人のみが閲覧できる設定で投稿していたものです。公然と中傷し女性研究者の社会的地位を脅かそうとしたのではなく、直接罵倒して気分を悪くさせたわけでもありません。誰かがわざわざご注進に及んで問題になったようです。

これでは、仲間内の宴席で言った悪口に責任を取らされたようなものです。

五輪の開会式のアイデアをチーム内で練っている際に出たものを、わざわざ取り上げて女性蔑視だと非難するのと同じ構造です。

こういう不謹慎狩りは実に非生産的です。

学識と無関係なところで批判された呉座氏に同情します。

【時事問題】賭けマージャンで起訴

朝日新聞の記事『黒川元検事長を略式起訴 地検、「起訴相当」受け 賭けマージャン』を引用します。

 黒川弘務・元東京高検検事長(64)と朝日新聞社員、産経新聞記者2人が賭けマージャンをしていた問題で、東京地検は18日、黒川元検事長を単純賭博罪で東京簡裁に略式起訴し、発表した。検察審査会の「起訴相当」議決を受け、不起訴(起訴猶予)とした当初の処分を一転させた。検審に「不起訴不当」とされた記者ら3人は再び起訴猶予にした。
 東京地検の山元裕史・次席検事は会見で、黒川元検事長の処分を変えた理由について「検事長で年長者という立場にあり、賭けマージャンを容易に止められたという検審の指摘を真摯に受け止めた」と説明した。単純賭博罪の法定刑は50万円以下の罰金か科料。略式起訴は非公開の書面審理で罰金などを求める手続きで、簡裁が「不相当」と判断しない限り正式裁判は開かれない。
 地検の発表などによると、黒川元検事長はコロナ禍で緊急事態宣言が出ていた昨年4~5月に4回、記者ら3人と賭けマージャンをしたとされる。場所は産経新聞記者の自宅で、1千点を100円に換算し、現金のやり取りは1回で数千~2万円程度だったという。
 市民団体の告発を受けた地検特捜部は昨年7月、「賭け金が多額とはいえない」などとして4人を不起訴にした。これに対し、東京第六検察審査会は12月、「東京高検検事長は違法行為を自制し、抑止すべき立場にあった」などと指摘して黒川元検事長は起訴相当と議決した。記者ら3人は、動機面の捜査が不十分として不起訴不当と議決した。


遊び程度の額の賭けマージャンで起訴されていたらかなり多くの大人が困ったことになります。

検事長で年長者だからといって特に厳しくしなければならないとも思えません。人は法の元に平等であるべきです。

法律の条文を字句通りに解釈すれば遊びの賭け事が違法になってしまい、それでは世の中回らないので大目に見ているというのが根本の原因です。道路の速度規定も同じで、規則通り守って運転している人はいません。

警察組織や検察が裁量で法律を運用しているから、こういうしっぺ返しを食らったようにも見えます。

法律は実際に守れるようなもの、裁量の余地のないものにすべきです。

【時事問題】呪われた東京五輪

読売新聞の記事『女性タレントが「豚」に扮する案…五輪の演出統括役が辞意「調子に乗っていた」』を引用します。

 東京五輪・パラリンピック開閉会式の演出の統括役を務める佐々木宏氏(66)が女性タレントの容姿を侮辱するような構想を演出チームに伝えていたと週刊文春(電子版)が報じた問題で、佐々木氏は18日、謝罪文を公表し、大会組織委員会の橋本聖子会長に辞意を伝えたことを明らかにした。組織委は退任を了承する方針で、国際オリンピック委員会(IOC)にも経緯を報告した。橋本会長が同日に記者会見を行う。
 佐々木氏は謝罪文で、「大変な侮辱となる発案で取り返しのつかないこと。私が調子に乗って出したアイデア。自分の意識の低さ、無神経さに改めて気づいた。猛反省したい」とした。
 佐々木氏の説明や週刊文春によると、佐々木氏は昨年3月、豚に扮ふんした女性タレントを五輪と豚をかけた「オリンピッグ」というキャラクターで五輪開会式に登場させる案を演出チームのメンバーに無料通信アプリ「LINE」で伝えた。メンバーからは「女性を豚に例えるなんてありえない」などと反対意見が相次ぎ、構想を撤回した。
(略)


前提として、申し上げます。私には、オリンピックとピッグをかけるというのは面白いアイデアだとは思えません。女性タレントに豚の扮装をさせるというのも品性に欠けます。日本のテレビのバラエティー番組なら通じるのかもしれませんが、世界にみせていいようなものではありません。

しかし、このアイデアが出たのは仲間内のブレインストーミング的なやり取りのものです。わざわざすっぱ抜いて批判するようなものではありません。アイデア段階で反対されて撤回したのですから、それで終わりにすべきです。

また、女性の容姿を侮辱したことも問題になっています。確かに女性一般の容姿をあれこれ言うのはよくないことです。しかしタレントの場合は例外です。タレントとは容姿を含めて売り物にする仕事です。実際、問題の女性タレントもこの点についての不快感を表明していませんでした。

ちょっと不謹慎狩りが行き過ぎているように思います。

【時事問題】アイヌへの差別語

朝日新聞の記事を引用します。

 日本テレビは12日、同局系の情報番組「スッキリ」でアイヌ民族を傷つける不適切な表現があったとして、同日のニュース番組内でおわびした。
 問題の発言は、動画配信サービス「Hulu(フールー)」の番組を紹介するコーナーであった。アイヌ女性のドキュメンタリー「Future is MINE ―アイヌ、私の声―」を紹介した後、お笑い芸人の脳みそ夫さんが「この作品とかけまして動物を見つけた時ととく。その心は、あ、犬」と謎かけをした。番組の放送後、SNS上などで「本当に許されないこと」などと批判の声が多く上がった。
 北海道大学アイヌ・先住民研究センターの北原モコットゥナシ准教授によると、民族名に「犬」という言葉をかけて、侮蔑することは昔から続いてきたという。「放送を見て、集中力が下がって仕事が手につかなくなった。前後の説明を見れば、好意的に紹介しようという意図があったことは分かるが、長年多くの人々のトラウマとなってきた言葉が流れてしまったことは重大だ」と指摘。「本来は多様性の大切さを扱った映像。この件が大手メディアが国内の重要なトピックに対して大変鈍感であることの問題として取り上げられることを望む」と話した。
 日本テレビは取材に「当該コーナーの担当者にこの表現が差別に当たるという認識が不足しており、放送前の確認も不十分でした。その結果、正しい判断ができないまま、アイヌ民族の方々を傷つける不適切な表現で放送してしまいました」と説明。「アイヌ民族の皆様、ならびに関係者の皆様に深くお詫び申し上げるとともに再発防止に努めてまいります」などとコメントした。


番組紹介で駄洒落が必要かというと必要ないように思います。ただ番組制作者には悪意はなかったし、「アイヌ」と「犬」をひっかけるのが差別にあたるとは知らなかったようです。

差別されてきた人が抗議するのはわからないでもないですが、逆に差別が知れ渡るという逆効果もあります。私もこの記事で初めて知りました。

それと、抗議の仕方によっては、面倒な人たちだから関わるのはよそう、という風潮になるのも心配です。

番組自体はアイヌを好意的に紹介しようという意図があったそうだけによけいそう思います。

もちろん差別されてきた人たちが抗議してはいけない、と言っているわけではありません。どうすればいいのかと問われると明確な答えは持っていません。難しい問題であると感じました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle