【時事問題】「立憲デモクラシーの会の安倍改憲メッセージへの見解」への見解

5月22日、立憲デモクラシーの会(共同代表、樋口陽一 東京大学名誉教授・憲法学、山口二郎 法政大学・政治学)が、「安倍晋三首相による会見メッセージに対する見解」を発表しました。

 5月3日、安倍首相は憲法改正の具体的提案を行った。9条の1項2項を残したまま、自衛隊の存在を新たに憲法に明記し、さらに高等教育を無償化する提案で、2020年の施行を目指すとのことである。
 自衛隊はすでに国民に広く受け入れられた存在で、それを憲法に明記すること自体に意味はない。不必要な改正である。自衛隊が違憲だと主張する憲法学者を黙らせることが目的だとすると、自分の腹の虫をおさめるための改憲であって、憲法の私物化に他ならない。
 他方、現状を追認するだけだから問題はないとも言えない。長年、歴代の政府が違憲だと言い続けてきた集団的自衛権の行使に、9条の条文を変えないまま解釈変更によって踏み込んだ安倍首相である。自衛隊の存在を憲法に明記すれば、今度は何が可能だと言い始めるか、予測は困難である。
 安倍首相は北朝鮮情勢の「緊迫」を奇貨として9条の「改正」を提案したのであろうが、たとえ日本が9条を廃止して平和主義をかなぐり捨てようとも、体制の維持そのものを目的とする北朝鮮が核兵器やミサイルの開発を放棄することは期待できない。憲法による拘束を緩めれば、軍拡競争を推し進め、情勢をさらに悪化させるおそれさえある。国民の6割が手をつけることに反対している9条を変更する案としては、理由も必要性も不透明なお粗末な提案と言わざるを得ない。
(略)


「自衛隊は国民に広く受け入れられた存在」という点は同意します。しかし、自衛隊を受け入れている国民の中には、自衛隊は合憲だと考えている人、自衛隊は違憲だから憲法を改正すべきと考えている人、憲法との矛盾を気にしない人が混在しています。

したがって、「自衛隊はすでに国民に広く受け入れられた存在」だから「それを憲法に明記すること自体に意味はない」とは言えません。

憲法に明記する必要がないと主張していいのは、自衛隊は合憲だと考えている人だけです。

立憲デモクラシーの会が自衛隊を合憲とみなしているのかどうか定かではありませんが、少なくない憲法学者が自衛隊の存在を違憲と考えているのは事実のようです。憲法学者にかぎらず、自衛隊と憲法は矛盾すると考えている人はすくなからずいます。

自衛隊が違憲と考える人たちは無視できるほどの少数とは思えません。よって、自衛隊と憲法の“矛盾”をなくすための改憲には意味があります。

改正案を「自衛隊が違憲だと主張する憲法学者を黙らせることが目的」というのは事実といえば事実ですが、表現の仕方がおかしいと思います。被害妄想的なものを感じます。

立憲デモクラシーの会が自衛隊は合憲故に憲法改正は不要と考えているなら、自衛隊違憲論者の主張をくずすことこそが先決です。安倍首相にかみつくのはまとはずれです。
スポンサーサイト

【時事問題】大西英男議員の問題発言

自民党議員のあきれかえった発言です。

朝日新聞の記事より引用します。

受動喫煙対策を議論した自民党厚生労働部会で大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなければいい」と発言した問題で、三原じゅん子参院議員は23日、「(がん患者の)雇用のチャンスを奪うべきでない。患者が職を探すのは本当に大変なことだ」と述べた。大西議員は今月15日の部会で、職場でたばこの煙に苦しむがん患者の立場を訴えた三原議員の発言に、ヤジを飛ばした。
 大西議員は22日、発言を謝罪したが、「『働かなければいい』というのは、少数の喫煙可能の店でのこと」と主張していた。これに対して三原議員は「今回のヤジはあまりにも心がないと思う」と指摘。謝罪については、「患者の皆さんに伝わったかどうかが問題」と話した。
(略)


この議員は、前に「巫女のくせに」という発言で物議をかもしています。(参)

いちいち論評するまでもなく問題のある発言です。

「少数の喫煙可能の店で(働かなければいい)」という意味だと弁解していますが、職場を自由に選択できる労働者だけではないことを知らないのかあるいは無視しています。

一回くらいなら言葉足らずの失言もあるかもしれません。しかしこの議員は、「巫女のくせに」発言で批判を受けたにもかかわらず繰り返しています。

頭が悪いとしか思えません。

【時事問題】サイバー攻撃

世界的規模でサイバー攻撃が起きています。

新聞の記事からするとランサムウェア(パソコン上のファイルを勝手に暗号化し、身代金を払えば元にもどしてやる、という文面を出すもの)のようです。今回はビットコイン300ドル(約3万4千円)の支払いが要求されています。

ランサムウェアの侵入経路は、メールの添付ファイルという説もありますが、確定していないようです。

狙われているのは古いウィンドウズのOSということです。XPがやられているらしいですが、XPだけが問題なのかも不明です。

ところで、この種の事件がおきると、“最新のOSにしろ”“セキュリティソフト”を入れろ、というのが定番の対策です。対策として間違っていないのですが、ソフトウェア会社の思う壺みたいで釈然としません。

不完全なOSを配布しておいて、勝手にバージョンアップをした挙句、“サポート期間が終了しました”では、ユーザーはたまったものではありません。

バージョンアップなんてしなくていいですから安心して長く使えるOSにしてほしいものです。

【時事問題】地毛証明

東京の都立高校が毛の色が真っ黒でない生徒から「地毛証明書」を提出させていることが話題になっています。新聞によれば全日制都立高校の6割が導入しているもので、生まれつきの毛の色を保護者に記入させます。また一部の高校では幼児期の写真を提出させています。これらの行為がプライバシーの侵害にあたるのでは、との声も出ています。

あきれ返りました。

個人的には、過度に外見を気にする子供は好きにはなれませんが、自由は尊重されるべきです。毛を染めようが、パーマをかけようが、本人がやりたくて保護者が許しているなら好きにさせるべきです。

私立高校がうるさいことを言うのはそれをウリにしているからかもしれませんが、公立もいっしょになって生活指導を行うと、自由を謳歌したい生徒(謳歌させたい保護者)が選べる学校がなくなってしまいます。

幼児期の写真がプライバシーだから、などというのは瑣末なことに過ぎません。

高校生は大人も同然です。大人として扱うべきと考えます。

【時事問題】今村復興大臣の「東北でよかった」発言

今村雅弘復興相が、自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災について、「(発生場所が)東北の方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると莫大な、甚大な被害があった」と語り、辞任に追い込まれました。

東北の人が聞いたら不愉快に思うのは分かります。この人は「失言」が続いていただけに、もう少し考えて喋るべきだったと思います。

しかしながら、あの規模の地震が首都圏の近くで起きたら、と考えることは間違ったことではありません。首都圏で起きたらもっと大変なことになったのでは、と考えるのも分かります。

「東北の方だったから良かった」という表現は拙かったですが、一般人でもこの程度の「失言」は普通にありそうです。

私もリアルでは言いたい放題なので、政治家と違って首をとられるようなことにはなりませんが、各所から顰蹙を買うことはよくあります。

こういう事例を見ると、政治家というのは大変なんだなあ、と素直に思いました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle