FC2ブログ

【時事問題】挑戦する若者を応援したい

朝日新聞の記事「ウラン売買の疑い、書類送検 3容疑者、高校生は化合物精製か」より引用します。

ウランが無許可でインターネットで売買された事件で、警視庁は10日、公立高校の男子生徒(17)=東京都小金井市=や派遣社員の男(24)=長野県安曇野市=ら3人を原子炉等規制法違反などの疑いで書類送検し、発表した。生徒については、可溶性ウラン化合物を譲渡したなどとする毒劇物取締法違反の疑いでも書類送検した。ウラン鉱石から自分で精製したという。
 生徒は調べに対し、可溶性ウラン化合物について「国内で販売されているのを見たことがなく、希少価値があると思った」と供述。同庁は化学的な興味が高じたとみている。
 ウランなどはいずれも微量でケース内に保管されており、健康に影響はないという。
(略)


今回は健康への影響はないとのことですが、へたをすれば本人にも家族にも大きな問題をおこしたおそれはあります。軽率な行動は慎むようまわりの大人の指導が必要です。

しかしながら、これが書類送検までするような事件かというと首をひねります。

知的好奇心が旺盛な青年の、ちょっと行き過ぎた行動に見えます。なにかに挑戦している若者を書類送検で威嚇するよりも、大らかに見守る方がずっと有意義です。説諭して終わりで十分です。

むしろ、ウランがネットで簡単に購入できる現状をなんとかすることに注力すべきと考えます。
スポンサーサイト



【時事問題】HDDデータ流出

秘密情報を大量に含んだ神奈川県の行政文書のデータ20テラバイト超が外部に流出していました。ハードディスクの破棄を外部業者に依頼したのですが、その会社の社員が勝手に持ち出してネットオークションで売りさばいていたのです。

神奈川県としても信頼して任せた業者がまさかこんなことをするとは思っていなかったでしょう。うかつと言えばうかつですが、同情したくなる気持ちもあります。

今後は業者を吟味せよ、という結論になるのかもしれませんが、いくら吟味したって完全に防ぎきれるものではありません。

よく考えれば機密文書をシュレッダーにかけるのを外部業者に委託するところはないと思います。それと同じでHDDも自分たちで破砕するようにしないといけないのかもしれません。

【時事問題】裁判員裁判の結論は尊重すべし

朝日新聞の記事「心斎橋2人刺殺、無期懲役確定へ 最高裁判決」を引用します。

 大阪・心斎橋で2012年、通行人の男女2人を刺殺したとして殺人罪などに問われた礒飛京三被告(44)の上告審判決が2日、あった。最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)は「場当たり的な犯行であることは否定できず、無期懲役が甚だしく不当とはいえない」と述べ、検察・弁護側双方の上告を棄却した。一審の裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役とした二審判決が確定する。
 裁判員裁判の死刑判決が二審で破棄され、無期懲役となったのは今回の事件を含め5件ある。全件で二審判決が確定することになる。第一小法廷は「死刑は究極の刑罰であり、適用は慎重でなければならない」と述べ、過去の裁判例との「公平性の確保」も踏まえて判断すべきだとの姿勢を改めて示した。5人の裁判官の一致した意見。
(略)


裁判員裁判が導入された理由は、市民の感覚を裁判に取り入れることにあったはずです。『過去の裁判例との「公平性」』では死刑に相当しないのかもしれませんが、市民感覚で死刑ならば尊重すべきです。

もちろん、有罪無罪のレベルでひっくり返すというなら、三審制ですのでかまいません。しかし裁判員が決めた量刑を加減するのは制度の精神に反すると思います。

これではなんのための裁判員裁判なのかわからなくなります。

【時事問題】大阪の女児行方不明事件

11月24日朝日新聞の記事より引用します。

 大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が行方不明になり、栃木県小山市内で保護された事件で、大阪府警が未成年者誘拐容疑で逮捕した小山市犬塚1丁目の自称派遣社員、伊藤仁士容疑者(35)が11月10日ごろにSNSで女児に接触し、誘い出していたことが、捜査関係者への取材でわかった。
 府警捜査1課によると、伊藤容疑者は17日午前10時半ごろ、大阪市住吉区から女児が未成年であると知りながら連れ去り、小山市の自宅で23日午前10時ごろまで宿泊させるなどして誘拐した疑いがある。
 伊藤容疑者は今月10日ごろからSNSで女児とメッセージをやりとりし、14日~15日ごろ、女児に「半年くらい前にうちに来た女の子がいる。話し相手になってほしい。うちに来ない?」と誘い出したという。17日、伊藤容疑者が女児の自宅近くの公園に行き、一緒に電車で栃木の自宅に連れて帰ったという。
(略)


詳細ははっきりしませんが、少なくとも道を歩いていた少女をさらったというのではないようです。もちろん子供とだけの合意で何日も家に泊めるというのは社会通念上許されることではありません。しかし、もしかしたら容疑者は知能に問題があるのかもしれませんが極悪人というのではなくちょっと浮世離れしただけの人かもしれません。

今回女児の名前は伏せられていますが、行方不明を報じた時は、名前だけでなく顔写真も広く報道されました。行方不明という事態なので仕方ありませんが、こうして無事に帰ってこられたら、あの報道が少女の今後に悪影響があるのではと危惧せざるを得ません。

「スタンドバイミー」的な冒険のつもりだったのかもしれませんが、ネットの発達した今日、彼女の名前は永遠に検索可能となるでしょう。揶揄・中傷するような言説が飛び交うことも懸念されます。

【時事問題】GSOMIA破棄の撤回

明日0時に迫った韓国とのGSOMIAですが、土壇場になって韓国は破棄の撤回を通告してきました。

これまでの韓国政府の発言からみて撤回はない(=GSOMIAは破棄する)と予想していたので、びっくりです。耳を疑いました。

よほど米国からのプレッシャーがすごかったのではないかと思います。

今後の展開がどうなるかわかりませんが、
1)中国や北朝鮮が韓国に反発する
2)韓国でGSOMIA破棄を願っていた世論が、政権批判をはじめる
3)日本が輸出管理で譲歩したと宣伝し、動かない日本を再批判する
4)今後、韓国に気に食わないことがあると、すぐにGSOMIA破棄をちらつかせる

あたりが予想されます。

きっぱりとGSOMIAを破棄してくれた方がすっきりしたようにも思えてなりません・・・
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle