【時事問題】野党質問時間削減の件

国会の質問時間の野党の持ち分を与党が減らすことを求めています。現在は与党2に対して野党8です。これだと、与党の若手議員が質問をできず、地元で仕事をしていないと突き上げをくらった、というのが理由です。

11月11日の朝日新聞の4面「質問時間与野党譲らず」を引用します。

「質問時間は3時間。比率は5対5でどうか。」10日午後、国会内で行われた衆院文部科学委員会の与野党筆頭理事による協議。与党側の自民党・鈴木淳司氏はこう提案した。野党側の立憲民主党・川内博史氏は「質疑時間は7時間。野党8対与党2でお願いしたい」と答え、「これは譲れません」と付け加えた。
(略)


与党提案の3時間で5:5なら与党の持ち時間は90分です。野党提案の7時間で2:8なら与党の持ち時間は84分です。つまり与党は6分しか多くなりません。これでは若手議員に活躍させることはできません。

普通に考えて若手議員に活躍の場を与えたいというのは嘘だったということです。とにかく野党の質問時間を削減したいのが目的だったのがバレバレです。

スポンサーサイト

【時事問題】天皇陛下の訪韓問題

駐日韓国大使がさかんに天皇の訪韓を求めていますが、現在の北朝鮮と戦争になりかねない状況では現実味はまるでありません。北朝鮮問題が解決したらどうかというと、それも難しいのではないかと思います。それというのも、米トランプ大統領の訪韓での韓国側の対応です。朝日新聞の記事より引用します。

韓国の文在寅大統領が7日夜、トランプ米大統領らを歓迎するために青瓦台(大統領府)で催した夕食会に日韓が領有権を主張する島根県の竹島の韓国名を冠した「独島(トクト)エビ」を使ったメニューが出された。夕食会には元慰安婦の女性も招待された。
 大統領府の報道資料によると、「独島エビ」は春雨の炒め物の材料ログイン前の続きに使われた。竹島がある日本海で捕れたとされる。招かれた元慰安婦は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の破棄を主張している李容洙(イヨンス)さん(88)。米国でも証言活動を行っている。夕食会でトランプ氏は李さんとあいさつを交わし、抱擁した。
(略)


慰安婦やら竹島は、米国には無関係です。米国大統領を迎える晩餐会にはふさわしくありません。それに今回のトランプ大統領のアジア歴訪の目的の一つは、対北朝鮮に対して日米韓の結束固めという側面があったはずです。場にふさわしくないことをしたのは、こういうことをして留飲を下がったと喜びたがったのでしょう。

こういう国に天皇陛下が訪れるたら、どうなるのでしょう。まったく関係ない米国にやったぐらいですから、関係ある(=標的である)日本の天皇にはもっとすごいことをやりかねません。

話はまったく変わりますが、この記事を書いていて気が付きました。「トランプ」と「いあんふ(慰安婦)」って韻を踏んでますよね。

【時事問題】指導死とは

10月29日朝日新聞の社説「指導死 教室を地獄にしない」を引用します。

 子どもたちの可能性を伸ばすべき学校が、逆に未来を奪う。そんな過ちを、これ以上くり返してはならない。
 教師のいきすぎた指導が生徒を死に追いやる。遺族たちはそれを「指導死」と呼ぶ。
 福井県の中学校で今年3月、2年生の男子生徒が自死した。宿題の提出や生徒会活動の準備の遅れを、何度も強く叱られた末のことだった。
 有識者による調査報告書を読むと、学校側の対応には明らかに大きな問題があった。
 周囲が身震いするほど大声でどなる。副会長としてがんばっていた生徒会活動を「辞めてもいいよ」と突き放す。担任と副担任の双方が叱責一辺倒で、励まし役がいなかった。
 生徒は逃げ場を失った。どれだけ自尊心を踏みにじられ、無力感にさいなまれただろう。
 管理職や同僚の教員は、うすうす問題に気づきながら、自ら進んで解決に動かなかった。肝心な情報の共有も欠いていた。追いつめられた生徒が過呼吸状態になっても、「早退したい」と保健室を訪ねても、校長らに報告は届かなかった。
 生徒が身を置いていたのは、教室という名の地獄だったというほかない。
(略)


「指導死」という言葉ははじめて聞きましたが、理解できます。私の経験でもおかしな教師は大勢見てきました。死ぬまでの「指導」は極端にしても似たような事例はいくらでもあるでしょう。

しかし、この件が実際にどうだったのかは、現場にいた人間でないとはっきりとはわかりません。もしかしたら熱血教師の愛の指導だったのかもしれません。第三者にはそう見えなくても、教師本人がそう思い込んでいた可能性はあります。

「周囲が身震いするほど大声でどなる」という証言も、こうした事態を受けての子供の証言ですので、どこまで真実なのかはなんとも言えません。

行き過ぎた指導と熱血指導の間に明確で客観的な境界線はありません。この件は生徒が死んだのだから行き過ぎと言えますが、そこに至る前に限度を超えたかどうかを客観的に判定する方法はない、という意味です。

問題の根本は、学校が人格教育を行うとしているところにあると考えます。宿題を忘れて困るのは結局は本人です。提出するように言うのは良いのですが、矯正しようとまでする必要はありません。生徒会活動は生徒の失敗も含めて自主運営にまかせるべきです。

人格教育は親がすべきことで赤の他人の教師がすることではありません。

学校の目的は勉強を教えるところだと割り切ることで多くの問題が解決すると思います。

【時事問題】核兵器廃絶決議に意味はあるのか?

10月29日朝日新聞朝刊の記事より引用します。

 日本が提出した核兵器廃絶決議が144カ国の賛成で採択された。核兵器禁止条約に触れず、核兵器の非人道性の表現を弱めたことなどから、核保有国である米英仏の支持を得られた半面、賛成は昨年から23カ国減った。
(略)
 27日の国連総会第1委員会。日本の決議案には多くの批判が出た。
(略) 
 今年の決議案が、「核兵器の使用による壊滅的な人道的結末についての深い懸念」とした点などを指している。昨年は「核兵器のあらゆる使用による壊滅的な人道的結末についての深い懸念」と、「あらゆる」という言葉が入っていた。
 「あらゆる」という言葉がないと、核使用を容認するような解釈を生む――というのが専門家の共通見解とされる。フランスの元外交官でシンクタンク「ジュネーブ安全保障政策研究所」のマルク・フィノー氏は「自衛のためなどの場合、合法的に核兵器を使用できうるという意味になる」と解説する。
 また今年の決議案で批判が集まった中に、昨年の「核兵器の完全な廃絶を達成」という「明確な約束」を再確認する文言が、「達成」部分が削除され「核不拡散条約(NPT)の完全履行」に後退した点がある。NPTは核の使用を禁じていない。日本政府関係者によると、核保有国の支持を得るため交渉を重ねた結果、この表現でしか折り合えなかったという。
 日本は1994年以来、毎年、国連総会に核廃絶決議案を提出し、核軍縮を世界に呼びかけてきた。決議には加盟国に対する「勧告」程度の強さしかないが、それゆえ、核を巡る立場の違いを超えて、多くの国々の賛同を得ることができる。昨年は167カ国から賛成を取り付け、日本政府が世界の核軍縮分野の「橋渡し役」としての存在感を発揮することを可能にした。
(略)


「あらゆる」という言葉が入る入らないで大騒ぎするのは、法律家的な緻密な議論とも言えなくもありませんが、素人目にはくだらない点をつつきあっているようにも見えます。

今回の決議に棄権が増えたことを嘆くより、1994年から決議を重ねているのに一向に核兵器がなくならないことを嘆くべきではないでしょうか。ありていに言って、こんな決議をしようがしまいが、決議の文言がどうのこうのと議論しようが、核兵器はなくなっていません。

つまり無駄なのではないですか? 政治家と外交官が点数稼ぎでやっているだけではないですか?

【時事問題】野党質問時間削減案は自民党の驕り

自民党が国会での質問時間を議席数に応じるよう(つまり野党の質問時間を削減する)検討しています。

10月30日朝日新聞夕刊、『野党の質問時間削減に枝野氏反発「とんでもない暴論」』より引用します。
 政府・自民党が野党の国会での質問時間を減らすことを検討している問題で、立憲民主党の枝野幸男代表は30日午前、党本部での会合で「とんでもない暴論とも言える主張。一刻も早く取り下げ、建設的な議論ができる状況を作って欲しい。一切、我々として妥協する余地がない」と述べ、検討の中止を要求した。
 枝野氏は、議院内閣制の日本の国会では、与党議員が国会への提出前に法案や予算案の事前審査を行っていることを指摘。「(政府から)先に全部細かく説明を受け、いろんな主張を潜り込ませておいて、審議の時には同じようにさせろというのは全く論外。議院内閣制の基本が分かっていない」と批判した。
 立憲はこの日、東京・平河町に党本部を開設した。
 菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で「国会議員が等しく質問できるよう、各会派に議席数に応じた質問時間の配分を行う。それは当然のことだ」と反論した。(南彰)


枝野氏の主張が正論だと考えます。

もともと議席数に比例した質問時間で運営してきたのなら、それはそれで一つの考え方として受け入れられますが、これまで野党に厚く配分していたものを止めるというのはいまさら理屈が通りません。

これでは、数のおごりといわれても仕方ありません。選挙中に言っていた「謙虚」はどこに行ってしまったのでしょうか?

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle