【時事問題】パン屋が和菓子屋に替わることの何が問題なのか?

4月6日朝日新聞朝刊の「ニュースQ3」の『国の伝統文化と違う? 消えた「パン屋」に憤り』より引用します。

 パンにかかわる人たちが怒っている。2018年度から使われる小学校1年の道徳の教科書で、教材として登場する「パン屋」が「和菓子屋」に差し替えられた。文部科学省の検定で教科書に「物言い」が付き、出版社が修正したためだ。同省は「伝統文化の尊重や郷土愛などに関する点が足りなかった」と説明する。パンは伝統文化ではないのか――。
(略)
 パンマニアで「パン屋さんめぐりの会」代表の片山智香子さん(45)=横浜市=も疑問を持つ。片山さんによると、あんパンやクリームパンなど、具を包むタイプは「日本独特のパン」だという。「日本のパンは、海外から来たものをカスタマイズするのが好きな日本らしい文化の表れでは」と話す。
 愛知県蟹江町は人気のパン店が集中していることから、店めぐりに便利な地図を作り、町歩きに利用してもらっている。町の担当者は「町にはおいしい和菓子もありますし、パンと和菓子は本来対立するものではないのでは……」。
 日本にパンが伝わったのは、16世紀にポルトガル人が来航した際とされる。その後、国内でのパン製造は下火になったが、江戸時代末期の伊豆・韮山で代官をしていた江川英龍(ひでたつ)が兵士の携帯食としてパンに注目。農兵に自ら研究して作ったパンを持たせ、訓練などを実施した。今も「パン祖」とたたえられ、地元の静岡県伊豆の国市では「パン祖のパン祭」が毎年開かれている。
 英龍についての著書がある公益財団法人「江川文庫」学芸員の橋本敬之さん(64)は「パンは実は歴史のある食べ物。西洋や中国大陸の進んだ文化を取り入れてきた、すばらしい日本の文化の一つなのでは」と話す。
(略)


パンが、いくら日本で改良されたとはいえ“日本の食べ物”というのは無理があります。我々はパンが外来の食べ物だと信じています。

同様にカステラも、日本で原型をとどめないほどの改良が加えられ、現在のポルトガルで食べられていないものだと知りながら、我々はカステラを“日本の食べ物”だとは思っていません。

逆にテンプラなどは、外国の影響を大きく受けたものなのに、“日本の食べ物”だと思っています。

これは、外国の影響度で分けているのではなく、その食べものの“売り”で決まっています。良い悪いの問題ではありません。その食べものを、どういう風に宣伝しているかです。

私も、パン屋より和菓子屋の方が道徳教科書にふさわしい、という考えがあったのだとしたら、それは間違っていると思います。しかし、それはパン屋も和菓子屋同様に日本文化だから、という理由ではありません。道徳教科書に、職業に貴賎があるかのような考えを持ち込んだことがいけないのです。

仮に、パン屋ではなく、純然とした外国のもの、例えばアイスクリーム屋さんとかフランス料理のシェフとかが和菓子屋に差し替えられたとしたら、識者たちは納得するのでしょうか?

私には、そういう問題ではないと思います。
スポンサーサイト

【時事問題】「モンゴルへ帰れ」

3月の大相撲春場所で、モンゴル出身の大関が下位力士にたいして立会いの変化で勝ったところ、観客から「モンゴルへ帰れ」とやじがありました。これをヘイトスピーチとして非難する世論が高まっています。

まず、下位力士への立会い変化が許されるかどうかですが、私は相撲に詳しいわけではありませんので、意見はありません。ルール上許されているからいいじゃないか、という意見にも一理あるとは思いますし、勝てばいいってわけじゃないという意見も否定しがたいと思っています。

ここで取り上げたのは、変化の是非ではなく、「モンゴルへ帰れ」が民族差別にあたるのか、ということを考えてみたいからです。

私も、はじめこの野次を聞いたときは、“ひどいことを言うものだな”というごく一般的な感想でした。

しかし、状況をちょっと変えて考えて見ます。

秋田出身(どこでもいいのですが仮に秋田県出身としました)の新米力士がいるとします。入門したてのころは、横綱めざして稽古に励んでいました。しかし、数ヶ月もすると壁が見えてきたのか、言われるがままのダラダラとした稽古になってしまいました。親方から叱責の声が飛びます。「秋田に帰れ!」。

このエピソードを聞いても、誰も秋田県差別だとは思いません。厳しい叱責だな、と思うだけです。

秋田出身を、ハワイ出身に置き換えます。「ハワイに帰れ!」又は「アメリカに帰れ!」。

これも同じです。アメリカ差別だと思いません。

ならば、モンゴル出身の力士に親方が叱責するのに「モンゴルに帰れ!」と言っても問題ないはずです。しかし、世間に漏れたら、問題視されるかもしれません。

親方の発言と観客の野次は別かもしれませんので、稽古場ではなく、本場所に状況を置き換えます。

秋田出身の大関が下位力士に変化で勝った際に、「秋田に帰れ!」という野次はどうでしょうか。

差別だとは思えません。叱責なのか、見離しているのかはわかりませんが、“そんな勝ち方では駄目だろ”という気持ちからの発言です。

アメリカ出身の大関であっても同じです。

しかし、モンゴル出身の大関に「モンゴルに帰れ!」は問題視されました。

なぜでしょうか?

私の仮説です。

我々はモンゴル人を一人前扱いしていないから「モンゴルに帰れ!」が差別発言扱いされたのだと思います。

大関であるなら品格を持った相撲をとるべし、という気持ちから「○○に帰れ!」という野次が出たのは明白です。秋田出身もアメリカ出身も、それ自体が劣ったことだとは誰も考えていないから、「○○に帰れ!」は差別に聞こえません。

しかし、我々は、心のどこかでモンゴルを一人前とは認めず、保護や憐れみの対象だと思っているから、「モンゴルに帰れ!」が差別だと感じてしまうのではないでしょうか。

“差別だ!”と叫んでいる者こそが、差別をしているのかもしれません。

【時事問題】稲田防衛相の答弁

「森友学園」の代理人弁護士を稲田防衛相が務めていたかという問題で、当初稲田氏は「裁判を行ったことはない」と言い切っていました。しかし、大阪地裁の記録が見つかると、一転して、発言を撤回しました。

「森友学園」が国有地売却で疑惑に包まれているにせよ、弁護士として契約していたことは違法でもなければ倫理に反することでもありません。

弁護士の仕事はよくわかりませんが、個々の裁判に出廷したかどうかを記憶していないというのもあり得るのかもしれません。

しかし、稲田氏の発言は問題です。政治家が、事実を確認することなく言い切ってしまったら、後で撤回して済むことではありません。

現民主党党首の二重国籍問題と似ています。それ自体は違法でないとはいえ、よく調べもせず言い切り証拠を突きつけられると撤回、という人に国政をまかせる気にはなれません。

いさぎよく辞任すべきです。

【時事問題】サウジアラビア国王来日

朝日新聞の記事より引用します。
サウジアラビアのサルマン国王が12日、来日した。サウジ国王の来日は46年ぶりとなる。

(略)
 同行者は王子や閣僚、企業幹部ら1千人を超える見込み。同行者は10日から続々と到着しており、11日だけで300人以上が日本に着いたという。空港には12日も多くの黒塗りの高級車が集まった。
 サウジは世界最大級の産油国で、日本も輸入の3割を頼る。だが原油安の長期化で財政は悪化。石油依存からの脱却を迫られており、昨春、2030年に向けた国内経済の改革方針「ビジョン2030」を策定した。
(略) 
 改革の一環として、サウジは18年に国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)を予定している。同社の時価総額は2兆ドル(約230兆円)ともいわれており、日本側は東京証券取引所への上場も求める方針だ。


石油頼みの国家運営を改めるというのは結構なことだと思いますが、そうであるなら黒塗り高級車を何台も集めたり、エスカレーター付のタラップを持ってきたり、と馬鹿な浪費を止めるのが先決です。

国家指導者が、こういう振る舞いをしているようでは「ビジョン2030」も掛け声だけで終わるでしょう。

改革をしたいなら、モノを作りの基盤を整備することやサービス産業の立ち上げを考えるべきです。はじめにやることが、国営石油会社の株式公開といった“虚業”ではお先真っ暗です。

ヘイトスピーチっぽい事を言いますが、サウジアラビアの国民ってあんまり労働をしないイメージがあります。働く国民はいるのですか?

【時事問題】ファーストレディーとは

森友学園なる幼稚園の名誉会長を、安倍首相の夫人が引き受けていたことで、マスコミでも国会でも追及されています。

夫人の行動に間違いあったかどうかは今の段階では私には分かりかねます。しかし、「ファーストレディー」なるものが騒ぎの原因になっているのは確かです。

政治家は選挙で選ばれていますし、官僚は公務員試験を突破しています。公人には公人となるべき理由があります。

それに引きかえ「ファーストレディー」は、公人風でありながら、なんの資格も能力も必要としません。首相やら大統領やらの配偶者であった、というだけです。

もちろん、警護をつけることには反対しません。外国の要人と面会するのに配偶者が同伴するのも世界の流儀なら倣わなければならないこともあるでしょう。

しかし、みだりに役職についたり講演をしたりというのは、たとえ活動が立派なものであったとしても、ひかえるべきです。

日本の「ファーストレディー」で、安倍夫人ほどマスコミをにぎわした人を他に知りません。もてはやしてきたマスコミにも問題を感じますが、夫人も自らを省みるべきではないでしょうか。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle