FC2ブログ

【テレビ】ダークサイドミステリー:「超能力の謎を解明せよ! ~千里眼事件の光と闇」

明治期日本でおきた千里眼騒動を追います。

明治42年(1909)5月:東京帝国大学に、熊本の御船千鶴子という女性の透視能力の調査依頼がある。福来友吉助教授(39)がこれに応じる。
明治43年4月:熊本で透視能力の実験。それらしき結果が得られる。
同年9月:京都にて再試。透視させる紙を、鋳つぶした鉛管の中に入れたところ透視は失敗する。実験の条件を緩めることで最終的に透視は成功する
9日後:東京で公開実験。東京帝国大学の学者9人が見守る。鉛管の中の透視に成功したかに思えたが、鉛管そのものが御船によってすり替えられていることが発覚。しかし、大きなプレッシャーの中でのこととして大きな問題にはならなかった。
9月17日:再実験。透視する紙を慣れ親しんだ茶壺にいれる方法にしたところ成功。日本中で透視がブームになる。
明治43年11月:四国で長尾郁子(39)という女性があらたな透視能力者としてあらわれる。京都帝国大学が張り合う形で長尾の調査を始める。調査に赴いたのは当時学生の三浦。三浦の実験は組織だったもので、漢字ではない模様だったり、色違いの文字だったりを比較して透視させた。その中でX線が関わっているのではないかと感光紙を透視させる実験もした。結果、感光紙が感光していた。マスコミがこれを大々的に発表したため、京都大学はこの実験に大学当局は関与していない、と梯子をはずす。
同年12月:福来は、長尾の透視で感光紙を感光するなら、念写(思った文字を感光させる)もできるのではないかと考える。長尾は念写に成功
明治44年1月16日:東京帝国大学の蒔教篤講師がこれらの千里眼は手品であると告発。福来は孤立する。
同年同月18日:御船自殺。自殺の理由は不明
一カ月後:長尾、インフルエンザで病死
御船と長尾の死によって、千里眼が本当だったのか手品だったのかの結論はあいまいになった。

■感想
ここら辺の千里眼騒ぎは、うっすらと聞いたことがあります。小説「リング」の元ネタにもなった事件です。この番組で時系列的に事情を知ることができました。
御船千鶴子のやったのは、やはり怪しい感じです。新発見をしたい学者たちにあおられたのかもしれません。
長尾郁子の方がよくわかりません。蒔は手品と告発していますが、具体的にどうすればあんなことが実現できたのか想像できません。千里眼や念写を信じているわけではありませんが・・・

スポンサーサイト



【テレビ】名探偵ポワロ:第四十八回「メソポタミア殺人事件」

原作は同名の長編。

作者のクリスティーは考古学の発掘現場にも居合わせたことがあり、のちに考古学者と再婚しています。よって、この小説で語られた現場というのはある程度現実をおさえたものだと想像できます。

なんとなく想像していたけどあらためて思い知ったのが、白人(イギリス人)たちの現地人への態度です。見えていないかのごとく振る舞っています。多分彼らに”現地人を差別していただろ”と言っても響かないでしょう。差別ではなく見ていなかったのですから・・・

原作を読んだときは、事件の前提となる夫婦の事情もそうですし、殺害方法もですが、かなり無理があるように感じました。

ドラマはいつものユーモアーが戻ってきて楽しく観れます。画面には登場していないロシアの亡命伯爵夫人に振り回されるポワロが笑えます。

【テレビ】名探偵ポワロ:第四十七回「エッジウェア卿の死」

原作は同名の長編。

原作はわりと初期のものです。この作品あたりから一冊の中で殺される人間が増えてきました。それまではだいたい被害者は一人ですが、本作では三人に増えました。それも当初の計画で二人を殺害して、ハプニング的に一人を殺すという冷酷で非常な犯罪者の登場です。

原作の犯人は、馬鹿っぽいというか軽薄な印象です。それは別に演技しているわけではなく心底そういう人間で、冷酷で頭脳的な面が隠れているというだけでした。そのため原作を初めて読んだときは、この人が犯人なのかと驚愕しました。

テレビではこの軽薄さがなく普通の人間っぽい演技なので、ちょっと残念です。

久しぶりにヘイスティング大尉とミス・レモンとジャップ警部が出そろいました。ドラマ化するのに時間が経っていたみたいで、ヘイスティング大尉とミス・レモンが結構老けてました。

【テレビ】フランケンシュタインの誘惑  「愛と絶望の心理学実験」

NHK-BSにて放送

主人公は米国の心理学者ハリー・ハーロウ。

1905年 アイオワ州の貧乏な家の三男として生まれる。父親は仕事を転々とするおちつきのない人間だった。母親は雑貨店を営んでいた。ハリーは母親を愛していたが、一つ上の兄が脊椎カリエスになり、母が看病にかかりきりになったことで疎外感を持った。
スタンフォード大学で英文学を学ぶが成績がふるわなかったので心理学科に転向。
1928年 大学院で研究を始める。当時の主流はジョン・ワトソンの唱える行動主義心理学(目に見える行動のみを科学的に分析する方法。すべてを刺激に対する反応で説明。愛情といったものを認めない)だったが、ハーロウは否定的な考えを持っていた。
1930年 25歳。ウィスコンシン大学の教授。結婚し二人の子にめぐまれる。
1932年 大学に実験場を作り、猿を使った心理学実験をはじめる。そこで猿にも好奇心があることを証明し、注目の学者になる。研究に没頭しすぎて二年後に離婚する。2年後に再婚する。
1950年 感染症対策のため実験用の子猿を一匹づつ引き離していたが、ケージに敷いた布を取り換えようとした際に、子猿が泣き叫ぶことに注目。代理母実験を開始する。母猿に見立てた人形をつくり、一つは針金製、もう一つは布製。針金製の人形からミルクが出る仕組みにしたが、子猿は布製の人形と長時間すごすことが観察された。子猿は決してミルク欲しさに母親に愛情を向けるのではないことを証明。
1958年 アメリカ心理学会の会長に就任
代理母の実験を拡張した「モンスターマザー」実験を開始する。布製の母猿だが、激しく揺れたり、圧縮空気を噴射したり、突飛ばしたり、スパイクで突いたりする仕掛けをほどこす。子猿はこれらの母人形に虐待を受けても何度でもしがみついてきた。これは親から虐待を受けた子供が親に執着することと同じと考えられる。
さらに「絶望の淵」実験に取り組む。完全に囲われたケージに閉じ込めた子猿がどうなるかを観察した。結果、抑うつ状態になることが確認された
1967年 アメリカ国家科学賞を受賞
1971年 奥さんが死去。ハーロウは抑うつ状態になるが、離婚した元妻とよりを戻す。
1974年 パーキンソン病のため大学を辞める。この頃動物愛護運動が広まる。有名な「動物の解放」(著:ピーター・シンガー。1975)でハーロウの実験が断罪される。
生前ハーロウは一度だけ反論する
「虐待されている子猿一匹一匹の背後にはそれぞれ100万人もの虐待されている子供がいる。もし私の研究がそれを指摘することによって100万人の子供だけでも救えるなら、実のところ10匹の猿のことなんて全く気にならない」
1981年 ハーロウ死去(享年76歳)
1985年 改正動物福祉法が制定。「霊長類については実験において、その心理学的健全性を促進する環境を確保しなければならない」とされ、無茶な実験は禁止された。
ただ、この法律の制定は、猿にも心があることを明らかにしたハーロウの研究の成果だと評価する意見もある

■感想
この人のことをフランケンシュタイン呼ばわりするのはさすがに疑問があります。美しい実験だったか問われると、そうだとは言えませんが、人間と動物は違います。きれいごとだけ言っていたら科学の進歩はありません。動物愛護団体の言い分には無理があるように感じました。

【テレビ】名探偵ポワロ:第四十六回「アクロイド殺人事件」

原作は同名の長編。「アクロイド」は被害者の名前で、一説によればアクロイド氏は、小説世界のなかでもっとも有名な殺人事件の被害者だそうです。

ポアロの登場する長編としては三作目というかなり初期の長編ですが、ドラマ化は後ろの方になりました。執筆当時はこんなにポアロものを書くとは思っていなかったらしく、三作目ですでに引退している最中の事件なので、ドラマとしては後ろに持ってきた方が座りがよかったのでしょう。

この作品のメイントリックは、発表当初大論争を呼んだのですが、このトリックが使われたのは「アクロイド殺人事件」がはじめてではありません。有名なところではアルセーヌ・ルパンのシリーズでも使われていましたし、クリスティー自身の冒険小説でも使ってました。ただ本格推理小説というフェアであることを売りにするジャンルでは初めてのようです。現在の我々からするとこの論争は決着がついたように思います。別にアンフェアでもなんでもなく、むしろ掘り下げるべき鉱脈となっているようです。ただし、ドラマ化では、理由があってトリックは使われませんでした。具体的に説明するのはマナー違反ですので、知りたい方は原作をお読みください。

登場人物の独身の中年医者がこのドラマでは同じく独身の中年の妹と暮らしています。原作では姉だったはずですが、私は翻訳を読んだのでもしかしたら原作者は妹のつもりだったのかもしれません。独身高齢者がきょうだいで暮らすというのがクリスティーでもそこかしこに出てきます。クリスティーにかぎらず「赤毛のアン」もそのパターンでした。今の日本人からするとなんか不思議ですが、当時の欧米社会では珍しくなかったのかもしれません。ただし、兄妹や姉弟や姉妹というパターンだけで兄弟というのは知りません。さすがにそれは変だったのかな?

いままでのテレビシリーズではコメディーっぽい明るさがあるのですが、なぜか今回は陰鬱でした。原作もそんなに陰気ではないので不思議です。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle