【テレビ】クローズアップ現代+(4月23日)

4月23日、NHKの「クローズアップ現代+」のテーマは「“道徳”が正式な教科に 密着・先生は? 子どもは?」でした。

2018年から「道徳」が正式教科となりました。現場の先生の苦労を伝えています。

一年前から試験的に「道徳」をしていた小学校の例が紹介されていました。授業で次の教材が出されました。

“ある朝、たかしがお母さんに1枚の紙切れを渡しました。それは、せいきゅう書でした。たかしは、「お使い代」「お掃除代」「お留守番代」として、500円を請求したのです。
お昼どき、お母さんは500円と一緒に小さな紙切れを渡しました。お母さんからの請求書でした。「病気をしたときの看病代」「洋服や靴」そして「おもちゃ代」など、いずれも0円。それを目にした、たかしの目には涙があふれました…。”

これを読んで、お母さんの気持ちはどういうものなのか、意見を言わせるというものです。

たいていの児童は空気を読んで、”家族の愛は無償だ”といったことを答えていました。しかし一人だけ”子どもっていいな。えらいことするとお金がもらえるから、私も子どもがいいな”というのが母の気持ちだ、と言い出した児童がいました。

その児童の両親は共稼ぎで、いつも家族の世話で大変な母を想っての発言だったそうです。しかし、先生はその気持ちを授業中にくみ取ることができず、児童は涙ぐんでしましました。

先生は、一つの価値観にとらわれることなく多様な見方をどうやって認められるかということに悩み反省していました。


感想です。

「道徳」と言っている以上、言葉は悪いですが、一つの価値観に統制することです。”時間を守りましょう””人を傷つけてはいけません””挨拶はきちんとしましょう”、といった具合です。

多様な見方で考えるというのは高度な知的作業で必要なのですが、小学生には難しすぎます。小学生の国語力では、母親を想う気持ちを、”(母は)私も子どもがいいな(と思っている)”という表現しかできないのです。これでは議論になりません。

道徳を教科にすることの賛否はともかく、学校の先生たちが(文科省が?)目指しているのは難しすぎます。”一方的な押し付けをしたくない”という気持ちからなのでしょうが、”ああも考えられる、こうも考えられる”というのは道徳ではなく哲学です。

それに大多数の児童は、教材の目指すところを察して「答え」を見つけられます。これでは道徳を守る子供を育成するのではなく、忖度する能力を開発しているだけです。
スポンサーサイト

【テレビ】未解決事件File.06 赤報隊事件

赤報隊事件とは1987年から1990年にかけておきた一連のテロ事件で、特に1987年の朝日新聞阪神支局で二人の記者が殺傷されたことが有名です。

NHKは「未解決事件」としてこの赤報隊事件を取り上げました。1月27日、28日放送。27日は再現ドラマ、28日はドキュメンタリーです。

ドラマでもドキュメンタリーでも右翼団体の人が出てきてテロ(暴力)を肯定する発言をしていますが首肯できません。言論弾圧の社会で反対意見を表明できないというのであれば、頭からテロを否定するものではありません。しかし、朝日新聞の論調が気に食わないなら、言論で対抗できたはずです。しかも逃げ隠れして時効を迎えていたのでは世論に訴えるものはなにもありません。

知らなかったのですが、朝日新聞は事件後特命取材班を設置し新聞記事を書かずにひたすら事件を追わせたそうです。当初は時効にまでもつれ込むとは思っていなかったのでしょうが、結果的に特命取材班に配属された記者たちの人生は変わってしまいました。本当にこれでよかったのでしょうか。

また、この特命取材班は警察とは別個に動いていたので、容疑の濃い男(元自衛隊員で銃器に慣れている)に警察より先に接触しようとします。男はなにを感じたのか、脱兎のごとく逃げ出し行方をくらませ、後に自殺します。この男が真犯人だったかもしれません。もしかしたら、特命取材班が「暴走」せず、警察にすべて任せていたら、犯人を逮捕できていたのではと思わなくもありませんでした。

【テレビ】クローズアップ現代+

11月13日(月)の「クローズアップ現代+」は「”ネットリンチ”の恐怖 突然あなたも被害者に・・・」
スマイリーキクチさん (タレント)
唐澤貴洋さん (弁護士)
蔵重龍 (NHK記者)
武田真一・田中泉 (キャスター)

有名人のみならず一般人も突然ネットや実社会で攻撃をうけ社会生活に影響が出る事例が続出しています。この”ネットリンチ”についてのレポートです。

スマイリーキクチさんは、女子高生コンクリート殺人の犯人呼ばわりされ、現在も仕事に影響が出ています。唐澤貴洋さんは、依頼人に対するネットの誹謗中傷書き込みの削除を要求したことがきっかけで”ネットリンチ”を受け、今でも殺害予告を受けるほか、親族の墓にスプレーでいたずら書きをされるなどの被害を受けています。

他の事例として、東名高速で無理やり車をとめさせ事故を誘発させた男の父親ではないかと疑われ脅迫電話などで業務妨害をうけた人。公共サービスへの不満から料金を支払わなかったとBlogでつづったところネット・手紙果てはメディアの取材攻勢に耐え兼ね失踪(のちに遺体で発見)した人。東京オリンピックのエンブレム問題でデザイナーがネットリンチにあった例、などが紹介されました。

番組の感想です。ちょっと突っ込みが浅いというか一面的だと感じました。”ネットリンチ”に関しては次のような観点でも考えるべきです。

◇批判が事実に基づいていないからダメなのか?
スマイリーキクチ氏や東名高速事件の犯人の”父親”への批判は真実ではありませんでした。そのため”ネットリンチ”はいけないよね、と簡単に納得してしまいます。しかし、そうであるなら東名高速事件の犯人の本当の父親に対してならネットリンチ(「殺す」とか「若いものを連れていく」という電話もあったそうです)をしてもいいのでしょうか。

犯人は成人しているのだから親への批判をすべきでない、という意見もあるかもしれません。それでは仮に犯人が未成年だったら、親へのネットリンチは許されるのでしょうか。

事実に基づかないからダメというのは分かりますが、事実に基づいていた場合はどこまでOKなのか社会的合意はないように思います。

◇批判はすべてダメなのか?
「殺す」は誰が考えても論外でしょうが、普通の批判もあり得ます。”公共料金は払うべきだと思います”という書き込みまでリンチ扱いするのは疑問です。

◇批判がネットを飛び越えることはどう考えるのか?
Blogへの書き込みに対してBlogで反論が来ることは、内容によりますが、容認すべきです。ネットで公共サービスへの不満を書いているのですから、ネット自分が批判されるのは仕方ありません。しかし、隠していた本名や現住所を割り出して手紙や電話で批判をするのは一線を超えているように思います。

◇マスコミの取材攻勢は問題ないのか?
今回はネットリンチを取り上げていますが、マスコミの取材が殺到することもリンチといえばリンチです。一般人がやるのはネットリンチだからダメだけどマスコミは問題なし、というのは通じるのでしょうか?

こうした観点からも考察をすすめてほしかったです。


参)【本】突然、僕は殺人犯にされた

【テレビ】クロ現+「2兆円↑アニメ産業 その影で・・・」

6月7日NHKの「クロ現+」は「2兆円↑アニメ産業 その影で・・・」。隆盛を誇るアニメ業界の裏側で低賃金にあえぐアニメーター(アニメの絵を描く人)の実態に迫ります。

・市場規模は2兆円を超えたが、制作会社の売上は2000億円前後で伸びていない。
・これは制作委員会方式のため。関連商品や海外展開の儲けが出資した政策委員会が受け取り、実際にアニメを作った制作会社の儲けにつながらない。
・制作会社の4社に1社が赤字。
・年収110万円のアニメーターの事例が紹介された。薄給だが好きな仕事なので頑張っている。
・絵一枚200円が相場。1日20枚が限界。
・アニメーターの4割がフリーランス。正社員は15%。
・業界全体でのアニメーターの平均年収は333万円
・労働基準監督署も動き出している。
・徹底した業務管理で効率化をはかっている制作会社もある。
・CGの活用で、労働時間の削減をはかっている制作会社もある。
・識者からの提言として「健全な制作会社に対する税制優遇処置をつくる(外国で例があるそうです)」「テレビ局は制作費を今の倍にしろ」というのがありました。

■感想
紹介されたかけだしのアニメーターの年収が110万円だそうですが、業界全体では300万を超えています。仮に4割を占めるフリーランスの平均が110万円なら、残りの非フリーランスの年収は500万弱となります。これは決して、高収入ではありませんが恥ずかしいような年収ではありません。

駆け出しの若手とベテランとで年収格差があるのは、ある程度までならむしろ健全といえます。

アニメーターから作画監督や演出家という道をたどることもできるという現実に触れていません。

年収110万はたしかに低賃金で問題だと思います。しかし、奴隷みたいな人生しかない、というわけでもないはずです。極端な例(かけだしの人が年収110万)を紹介して、業界全体を見せていません。

また、作品がヒットしたら出資者(制作委員会)が儲けをとるのは、どの業界でも当然です。出資にはリスクがあるのですから。

【テレビ】銀と金

原作:福本伸行
出演:池松壮亮、リリー・フランキー

テレビ東京で深夜に放映していました。

原作者福本伸行の「カイジ」や「アカギ」のアニメ版に親しんでいたので、観ることにしました。

実写なので、雰囲気が違わないか(役者に引きずられないか)と心配していましたが、大丈夫でした。「カイジ」や「アカギ」と同じく、事実上の生死をかけた賭博勝負の迫真の映像化です。似たような話ですが、キャラクターの性格付けはきちんとしているので、マンネリ感はありません。(「銀と金」の主人公は、完全に運任せの勝負をしています。「カイジ」のように策士とはかなり違います)

広くお薦めできます。

機会があれば原作も読んでみたいです。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle