FC2ブログ

【テレビ】BS1スペシャル「隠された“戦争協力” 朝鮮戦争と日本人」

NHK BS1放送

「私は北朝鮮兵を殺しました・・・」。その極秘の尋問記録には、これまで隠されてきた日本人の“戦争協力”について告白が記されていた。1950年に勃発した朝鮮戦争。今回、米軍の支援に当たっていた日本人70人の尋問記録をアメリカで発見。朝鮮半島の最前線で、日本人が戦争に関わっていたという記録が初めて明らかになったのだ。尋問後、米軍は一切の口外を禁じ事実を封印していた。歴史の闇に迫るドキュメンタリー。


日本は国としては朝鮮戦争に参加していませんが、米軍に協力していた日本人の軍属が朝鮮の血で銃をもって戦っていたことが明らかになりました。

当時の朝鮮の地図は日本語表記だったことや、韓国兵の多くが日本語を話せたが英語は話せなかったために通訳のできる日本人が重宝されたようです。当初は通訳とかコックとかいう理由で駆り出されたのですが、戦況が悪化したことで現地指揮官の判断で日本人に銃を持たせるケースが多数ありました。

これが当時の日本の国際的位置づけからいって問題だったらしく、長らく秘密指定されていて、生き残った日本人には緘口令をしき、戦死した場合は家族にうやむやな報告をしてきました。しかし米国は秘密文書も一定時間がたつと封印が解ける仕組みなので最近になってすこしずつ朝鮮戦争での日本人の参戦の実態が分かってきました。

多くの日本人軍属は高給にひかれ米軍で働いたようです。朝鮮行きを打診されても断りにくかったようですし、現地で敵に囲まれたら上官の命令に従って銃をとったことも仕方なかったと思います。しかし、戦死しても当然受けるべき栄誉を受けられなかったというのはひどく残酷なことだと思いました。

スポンサーサイト



【テレビ】ダークサイドミステリー  「三毛別ヒグマ襲撃事件の謎に迫る」

NHK-BSにて放送。

大正4年北海道でヒグマが開拓民を襲い、計8人が殺された事件「三毛別ヒグマ襲撃事件」を追います。

大正4年11月中旬、開拓民池田氏の家の外に干してあるトウモロコシを羆が食い荒らしました。トウモロコシを家の外に干すというのは開拓民は一般に行なっている習慣です。

ヒグマが異常化する第一の条件、人里に近づくきっかけとなりました。

11月下旬、再びトウモロコシを食べにやってきます。第二の条件、人間に近づくといいことがあるという学習をしました。

12月9日朝。開拓民太田三郎の留守中、家にいた妻と養子に向かえる予定の少年がヒグマに襲撃されます。少年はその場で死亡。妻はヒグマにさらわれました。

第三の条件、人間が弱い、ということを学習します。

村人が捜索すると、太田家から150mほど離れた場所で、ほとんど食い荒らされた妻の残骸が見つかります。

第四の条件、人間の味を覚えました。

12月10日午後8時。葬式が行われた太田家を再度ヒグマが襲います。妻の遺体を持ち帰ったことが、ヒグマにとっては獲物を横取りされたとみなしたためです。この時は、銃で追い払いました。

さらに、女子供を避難させていた太田家から500m離れた明景安太郎家をヒグマが乱入します。子供5人と女性1人が殺されます。

12月12日朝、警察隊が動き出し、討伐隊が編成されます。

12月13日、防衛線に近づいたヒグマを銃撃し、一発当てるも致命傷にいたらず逃げられます。

12月14日午前八時、伝説的マタギ山本兵吉がヒグマを仕留めます。

事件の背景には、明治初年まで生息していたエゾシカが乱獲のため激減し、ヒグマが肉にありつけなくなったこと。開拓民はヒグマの生態に詳しくなかったこと。貧しい開拓村には十分な銃がなかったことなどが挙げられます。

しかし、このヒグマだけが異常に狂暴化した理由は現在も不明のままです。

■感想
北海道でヒグマが暴れた事件があったと聞いたことがあります。この事件のことだったようです。よく知らない事件の話だったので興味深く観ました。

けど、だんだんこの番組の趣旨がよく分からなくなってきました。特に謎や秘密があったり、おかしな噂が流れたということもない事件です。

個々の話が面白いので視聴は続けますが・・・

【テレビ】大草原の小さな家 第八話「オルガの靴」

久しぶりに「大草原の小さな家」の感想です。

ローラは左右の足の長さが違うため走ることのできない少女(オルガ)と友達になります。靴の高さを調整すれば自由に走れることに気づいたチャールズは靴を作ることをオルガの父親に提案します。しかしオルガの父親は拒絶。しかしオルガの祖母がこっそりチャールズに靴を作ることを頼みます。インガルス家のパーティーに招かれたオルガは靴をプレゼントされます。苦情を言いに来たオルガの父ですが、楽しそうに友達と走り回っている娘を見て、自分の心の狭さを後悔しました。


パーティーの前、ローラとオルガは、特製の靴で突然走り出して友達をびっくりさせようと相談します。

このシーンを見て、ちょっとドキっとしました。

映画でもドラマでも小説でも同じですが、事前に計画を視聴者・読者に説明したら、その計画は破綻するのが普通です。

たとえばこんなシナリオです。

軍師:本隊は撤退する振りをして後退。敵が進出したのを見て事前に潜ませた部隊が後ろから急襲。本隊も反転し敵を包囲殲滅。
将軍たち:承知しました。


このように読者に作戦を説明したら、実際にはその通りにはなりません。その通りになったら面白くないからです。

こういうのならあり得ます。

「軍師は将軍たちを集め秘策を授けた。将軍たちは深く頷き持ち場に戻った」

という記述だけで、読者には作戦を隠すパターンです。これなら軍師の作戦が適中することはあり得ます。

読者・視聴者をびっくりさせることが基本なので、読者・視聴者に明かされた作戦は成功しないのが普通です。

にもかかわらず、この回ではローラの作戦どおりオルガは特製の靴で大活躍してローラはご満悦でした。

なにか普通のドラマの文法とは違う感じがして興味深かったです。

【テレビ】【テレビ】フランケンシュタインの誘惑E+  第十六話「汚れた金メダル 国家ドーピング」

Eテレにて放送。

第十六話の主人公は東ドイツの医師のマンフレッド・ヒョップナー(1934~)。東ドイツでドーピングによるオリンピック選手育成に手を染めた医師です。主人公ではありますが、ドーピング技術を指揮したことが公にばれたのがこの人だけなのであって、ばれていない人は他にもいそうです。

1934年:ナチス政権下のドイツに生まれる
1964年:東ドイツスポーツ医研究所に勤務
1968年:極秘にドーピング実験が開始される。経口トリナボール(筋肉増強剤の一つ)を女性砲丸投げ選手に投与し成果を上げ、他の選手にも広げる
1968年:メキシコシティーオリンピックで金メダル9個(前回までは西ドイツと共同チームだった。前回の東京オリンピックでは東ドイツ出身選手の金メダルは3個)
1972年:ミュンフェンオリンピック(金メダル20個)
1974年:トリナボールが禁止薬物に指定される。隠蔽工作が始まる。トリナボールの投与を二週間前にやめ禁止されていない薬物(テストステロン)に置き換えトリナボールの効果を維持するマスキングという手法を開発。
1976年:モントリオールオリンピック(金メダル40個。アメリカを押さえソ連に次ぐ2位に浮上)
1980年:モスクワオリンピック(金メダル47個。ただしアメリカなどが不参加)
1983年:人体でテストステロンが合成された場合エピテストステロン(これには運動能力強化の機能はない)も作られる事実を利用し、テストステロンとエピテストステロンの割合が6:1以上だったらドーピングとすることにIOCが決定。東ドイツは、エピテストステロンも投与することでドーピング検査をすり抜ける手法を確立
1989年:ベルリンの壁崩壊。東ドイルは関係書類を処分したが、一部は残された。
2000年:ドーピングによる副作用に苦しむ元選手たちがヒョップナーを裁判に訴える。有罪。禁固1年6カ月、執行猶予2年。

・ドーピングを疑われている東ドイツの選手が打ち立てた世界記録のいくつかは今でも破られていません。(番組を観る限り、東ドイツの選手は全員ドーピングをしていたので、薬物による記録であることは明らかです)
・東ドイツ崩壊後も、国家によるドーピング疑惑は後を絶ちません。ロシアはピョンチャンオリンピックに国家としての参加を認められませんでした。2020年の東京オリンピックでどうなるのかも未定です。中国でも国家ぐるみのドーピングの噂があります。
・ドーピングの副作用として、体毛の増加、変声、性欲障害などがあげられています。番組で紹介された女子選手は、性転換を余儀なくされました。

■感想
番組では、選手たちはドーピングの事実を知らされていなかったとしています。たしかにわざわざドーピングすると選手に教えはしなかったかもしれません。しかし、記録が伸びただけでなく、体毛や声も変化しているのに薬物を疑わなかったというのは信じられません。うすうす分かっていたのではないかと思います。

ドーピングがなぜいけないのかと言えば、一つはルールに反しているからです。全員薬物なしで競うというルールになっている以上、ドーピングをするのはズルです。第二に、副作用の危険があるからです。では、副作用のない薬が開発され、その薬が禁止薬物に入っていなければ使ってもかまわないのでしょうか。どうもそこら辺りの議論が世間ではあやふやな感じがしています。

ドーピングとは無関係ですが、過酷なトレーニングの結果生理が来なくなった女子選手もいるそうです。副作用のある薬がいけないなら、”副作用”のある過酷なトレーニングも禁止さえてしかるべきではないでしょうか?そこら辺りもスポーツ関係者はどう考えているのでしょうか?

参)【朝日新聞】過酷減量、生理が来ない


【テレビ】ダークサイドミステリー  「永遠の命!? 吸血鬼伝説の真相」

NHK-BSにて放送。

ヨーロッパに伝わる吸血鬼(バンパイア)の伝説が生まれた背景を追います。

ヨーロッパにはもともと死んだ人間がよみがえるという土着の信仰(迷信?)がありました。西ヨーロッパでは生活の隅々まで支配力をもつカトリックがこうした迷信を禁止しましたが、ギリシャ正教の東ヨーロッパでは残りました。また現地人の宗教に寛容なオスマン帝国の支配下にあったこともこうした土着の信仰が生き残った理由です。

18世紀に、東ヨーロッパがオスマン帝国の支配からはずれハプスブルク家の勢力になったため、死者がよみがえったという報告がウィーンにまで伝わり、それが西ヨーロッパに広まりました。

吸血鬼出現の報告の多くが、死んだ人間が寝ている間に現れ首を絞めた、というものです。村人が墓を暴くと、遺体は腐乱しておらず、目や耳から血が流れたあとがあります。心臓に杭を突き刺すと叫び声をあげた、という報告もあります。

現在の医学知識から推測すると、
1)寝ている間に首を絞められたというのは胸の疾患をもつ人の錯覚
2)遺体というのは土中では案外腐敗しにくい。掘り返すということはほとんどないので、吸血鬼騒ぎの時だけ掘り返して、予想外にきれいな遺体であることに驚いただけ
3)死後、遺体の血液が目や耳から流れることはよくある
4)心臓に杭を打った拍子に、胸部にたまった空気が声帯を流れ叫び声のような音がしたと考えられる
ということです。

19世紀になると啓蒙思想にバランスを取る形でロマン主義が流行し、その流れにそって怪奇小説が流行します。その精華がブラム・ストーカーの「ドラキュラ」です。

植民地支配で冨を築いた大英帝国の国民が、外部からの何ものかに(この場合は東欧から来た吸血鬼に)、いままでの平穏な生活を壊されてしまうという予感や恐怖に、この小説がうまくはまり込んだというのが識者の見立てです。

■感想
アニメや映画といったサブカルチャーには吸血鬼やドラキュラの知識は必須なので、ある程度は詳しいつもりでいましたが、さすがにここまでは知りませんでした。死体がよみがえるという伝説が東欧だけで伝えられていた理由はこの番組で初めて知りました。

なかなかためになる番組です。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle