【展覧会】レンブラント 光の探求 闇の誘惑

於:国立西洋美術館

中心になっている展示は版画です。副題の「光の探求 闇の誘惑」は、版画のことを指しているようです。

紙の違いで、刷り上りの印象が変わるのがよくわかるように展示してあります。

レンブラントはビッグネームですが、展示内容からいって地味な展覧会だったと思います。レンブラントが好きな人には楽しめると思います。

音声ガイドのナビゲーターは辰巳琢郎。
スポンサーサイト

【朝日新聞】受刑者2800人が義援金

引用します。

江田五月法相は26日午前の記者会見で、全国の受刑者約2800人から、東日本大震災の義援金として、合計約2156万円(11日現在)の寄付があったことを明らかにした。法相は「施設側から働き掛けはしておらず、収容者の自発的な意思に基づくものだ。義援金を送ったかどうかで処遇に差をつけることもない」と述べた。
 法務省によると、義援金は、千葉刑務所231万円(359人)、横浜刑務所226万円(324人)、京都刑務所210万円(299人)など。受刑者は所持金や作業報奨金から支出したという。

 
こうした「美談」を疑うのは品のないことだとは百も承知で書きますが、釈然としません。

一人当たりの額は、2156万円÷2800人で、平均7700円という計算になります。さらに刑務所ごとに平均値を算出すると

千葉刑務所:6435円
横浜刑務所:6975円
京都刑務所:7023円

となります。互いに連絡を取り合うのが困難なはずの別々の刑務所の受刑者が自発的に出した額にしては、平均値が近接しすぎています。

これでは、「施設側から働き掛けはしておらず」などと言われても、とても信じられません。直接的な働きかけはなかったかもしれませんが、なんらかの強制があったと考えてもおかしくありません。

江田法相は、刑務所内で受刑者の人権に対する逸脱行為があった可能性に、もっと敏感であるべきです。

【本】ポッターマック氏の失策

ポッターマック氏の失策―ホームズのライヴァルたち (論創海外ミステリ)ポッターマック氏の失策―ホームズのライヴァルたち (論創海外ミステリ)
(2008/05)
オースティン フリーマン

商品詳細を見る

1930年に発表

長編の倒叙推理小説。
倒叙推理小説自体、オースチン・フリーマンにより創始されたものです。長編で日本語に訳された倒叙推理小説はこれがもっとも古いもののようです。(未訳のフリーマン作品に先行するものがあるようです。)

犯人と探偵(ソーンダイク博士)を交互に描いていきます。犯人にも感情移入できるようにとの配慮なのか動機は同情すべきものです。

犯人の偽装工作が裏目裏目にでるところは、緊迫感があります。また他の作家の探偵と違い、ソーンダイク博士は良識のある常識人であるという設定も、作品に現実感を与えています。

長編倒叙推理小説の傑作のひとつです。

アニメ調査室(仮)さん へのコメント(2011/1-3)

アニメ調査室(仮)さんで行っているアンケートに投稿しました。

評価基準は
S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

次のように評価しました。
レベルE,C
バクマン。,A
フラクタル,D
フリージング,D
夢喰いメリー,C
Rio RainbowGate!,F
ドラゴンクライシス! ,D
これはゾンビですか? ,C
Star Driver輝きのタクト,A
君に届け 2ND SEASON (2期) ,B
とある魔術の禁書目録II (2期) ,B
IS インフィニット・ストラトス,D
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター (2期),F
お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!,F
魔法少女まどか☆マギカ,S

見切り(F評価)作品について
■Rio RainbowGate! 2回目まで視聴。耐えられるレベルの作品ではありません。
■スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター (2期), 一期目を観ていなかったせいだと思いますが、話がよくわかりませんでした。機会があれば再挑戦します。視聴をやめただけで作品が悪いと思っているわけではありません。
■お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!,:変態なのはいいとして、ストーリーがいいかげんすぎてついていけません。また、キャラクターデザインはデフォルメしすぎていて、エロっぽくなく、この作品世界に合っていないと思います。

【朝日新聞】節電の切り札-夏時間の導入と自販機撤去で

4月23日 朝日新聞朝刊 オピニオン欄 に前衆議院議員・元島根県出雲市長の岩國哲人氏が節電対策として二つの提言をしています。サマータイムの導入と屋外の自動販売機の撤去です。

特にサマータイムに関して、おかしなことを言っていると思います。以下、詳述します。

まず、岩國氏の文章を引用します。

東日本大震災の影響で、首都圏では計画停電など国民に多大な負担が生じた。政府は今後は計画停電を原則実施しない方針だが、冷房で電力需要が増大する夏には一層の節電対策をしない限り、電力不足の懸念は解消されない。
日本は資源に恵まれていないエネルギー小国なのに、大量にエネルギーを使用しているエネルギー消費大国でもある。2008年4月の衆院環境委員会で環境相や各党委員と議論した私の二つの提案を今こそ実現してほしい。
一つは、世界約70カ国が実施しているサマータイム(夏時間)の導入だ。朝の涼しい時間帯から経済活動を始め、終業を早めることで冷房需要などを減らす効果があるといわれる。
日本生産性本部の試算では、夏時間で節電できる電力は100万キロワット級の原発のおよそ一基分に相当する。経済協力開発機構(OECD)加盟国で夏時間を導入していない国は日本と韓国とアイスランドだけ。
(後略)


東日本大震災の影響で節電が必要になっている理由は、ある瞬間の電力需要が供給を上回る危険があるためです。つまり需要のピークを抑制する節電が必要とされています。決して、電力使用の総量を抑えようということではありません。夏場は、午後の2時前後の使用量を減らすことが求められていることです。

サマータイムで一時間や二時間、時の呼称を変えたところで、ピーク時の使用量は変りません。午後2時前後にピークがあったものが、午後3時前後のピークと呼称がかわるだけです。

使用総電力を抑制するのに、サマータイムが効果的か否かは検討の余地はありますが、この夏東日本で求められる対策としては的外れです。

>夏時間で節電できる電力は100万キロワット級の原発のおよそ一基分に相当する。

この文章は問題があります。原発を含む発電施設は、需要のピークに対応できるように設置しなければなりません。
・「夏時間によって100万キロワットを節電できる。」
・「原発一基の発電は100万キロワットである。」
という二つが事実であっても、夏時間を導入したら原発を一基少なくできる、ということにはなりません。

>経済協力開発機構(OECD)加盟国で夏時間を導入していない国は日本と韓国とアイスランドだけ。

これもおかしいです。OECD加盟国の大多数が欧米文化圏にありますし、緯度も高い国がほとんどです。比較の対象として正しくありません。サマータイムを採用しない国が少数派であると見せかけるために、OECDを持ち出したとしか思えません。

岩國氏は、サマータイムを導入という持論のために今回の震災を利用しているのか、問題の本質をまるで理解していないかのどちらかだと思います。

【アニメ】魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [DVD]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る

出だしは、なんで深夜にやっているのかわかりませんでしたし、魔女のデザインは手抜きなのかと思ったくらいでした。

しかし、第三回の驚愕の展開から一気呵成に盛り上がり、予測を次々と裏切る展開には目が離せなくなりました。陰鬱な展開ですが、残酷趣味ではなく、最後には爽快感もありました。

東日本大震災の影響で放映が変則的になってしまったのは残念ですが、あの都市破壊のシーンがあるのではやむをえなかったのかもしれません。

今期、最高作です。

【映画】攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D

攻殻機動隊S.A.C.SOLID STATE SOCIETY 3D OFFICIAL MAKING (KCデラックス)攻殻機動隊S.A.C.SOLID STATE SOCIETY 3D OFFICIAL MAKING (KCデラックス)
(2011/03/23)
ヤングマガジン編集部

商品詳細を見る

新たに3D化しての公開です。

観客の脳が電脳化したかのような3D画像が素晴らしいです。いままでの3D映画は、遠近の表現だけだったので、これには驚きました。新たに表現の幅を広げたといっていいでしょう。

劇場で体感することをお勧めします。


【朝日新聞】韓国元駐日大使「日本人の奥行きに期待」

4月21日 朝日新聞朝刊 オピニオン欄にて
韓国元駐日大使チェ・サンヨン氏の小文が載っていました。

東日本大震災に苦しむ日本への韓国からの援助の中にみる、新しい日韓関係を称揚したものです。それ自体は結構なことだと思いますが、次のくだりには非常な違和感を覚えました。

(前略)
(震災の)最中に教科書問題が起きたが、韓国では、この点での日本批判と救援とは別だという理性的な意見が強かった。日本はもはや「よその国」ではない。韓日はそれだけ成熟している。
(後略)


私の感覚では、日本と韓国はどんなに仲良くなったにせよ、あくまでも別の国です。援助に対して、感謝するのは誰も異論はないでしょう。しかしどんなに感謝しても、どんなに仲良くなっても、「よその国」であることは揺るぎません。反面、別の国だからという認識が友好の障害になるとも思えません。

チェ氏の考える日韓友好とは、両国が一体化することのように見受けられます。こうした考えには、抵抗を感じます。

【本】ムシウタ11 夢滅ぼす予言

ムシウタ11.夢滅ぼす予言 (角川スニーカー文庫)ムシウタ11.夢滅ぼす予言 (角川スニーカー文庫)
(2011/02/26)
岩井 恭平

商品詳細を見る

「ムシウタ」シリーズの新刊です。

いままで広げに広げてきた風呂敷を、この巻でたたみにかかってきました。むしばねと特環の関係にも進展がありましたし、謎につつまれていた“始まりの三匹”の秘話が明かされました。その意味で、これまでとはちょっと毛色が違った巻です。

一気に、終着点にむけて動き出してきた感があります。ただし、何が終着なのかは見えてきません。本巻の最後に発せられた魅車八重子の衝撃的な号令が終着点を指しているのか、それともまだひねりがあるのか、疑問はつきません。

次巻が待ち遠しいシリーズです。

【朝日新聞】3.11投資家の目

4月16日 朝日新聞朝刊のオピニオン欄に、投資家のジム・ロジャーズ氏のインタビュー記事が載りました。東日本大震災後の日本への政策提言です。

投資家の意見を新聞が堂々と掲載するのは問題があるように思います。彼らは自分の利益のためなら平然と嘘をつく人達です。この記事の提言も自分の利益のための発言に間違いありません。決して、善悪を論じているのではありません。彼らはそういう存在だと言っているだけです。もしかしたらプライベートな場面では誠実な言動をしているのかもしれません。しかし、投資に絡めば何でもするでしょう。それが彼らにとっての「誠実さ」なのです。

問題にしたいのは、朝日新聞は、何故、このようなインタビュー記事を載せたのかということです。おそらく、次の提言が朝日新聞に好ましかったからだと思います。

私(ジム・ロジャーズ)だったら、移民政策を促進します。日本は拒絶していますが、移民は歴史をみても、勇敢で野心を持ち賢い人々です。


これは、インタビュアーの取材後記(「取材を終えて」)に書かれていることから明白です。次のように書いています。

日本は、東南アジアからの看護師に厳しい試験を課し、不合格なら帰国させる国だ。「外国人嫌い」と見られても仕方がない。巨額債務と人口減。震災後、将来への懸念はさらに高まっている。復興と並行して、いますぐに取り組まなければ、カネも人も離れていく。(山川一基)


社の持論を補強するためにか、投資家のインタビューを無批判に垂れ流す朝日新聞にはあきれます。

【本】マリア様がみてる:「プライベートTeacher」


雑誌Cobaltで発表された、「マリア様がみてる」の新作短編です。

確証はありませんが、「いばらの森」で築山三奈子嬢が語ったエピソードではないかと思います。そうだとすると、本編の数年前の話になるはずです。

ハッピーエンドではありません。余韻の残るいい話でした。

【朝日新聞】元総理 細川護煕氏のインタビュー

4月13日 朝日新聞朝刊のオピニオン欄に、元総理大臣の細川護煕氏のインタビューが載っていました。

総理大臣経験者が現在の政治に対して意見を述べるのは悪いことだと思いません。しかし、このインタビュー記事はほとんどが自慢話と自己弁護で、読後感のよいものではありませんでした。

これは、次のやりとりに端的にあらわれています。


(朝日新聞)――ところで、細川さんが首相に就いた1993年から18年の間に、12人の首相が誕生しました。在任期間は細川さんが8カ月、平均では約1年半。短命政権が続いて、国益を損ねているといわれています。

(細川氏)――「私はそれについては、人様と考えが違うんです。昔から『長きを以て尊しとせず』というのが信念でね。要は何をやるかが問題なのであって、長いか短いかは結果でしかありません。財政や社会保障など、これだけ難しい課題が山積していると、1人ですべて片づけられるはずがありません。『一内閣一仕事』、全力で決着をつけて退場する。その結果、回転が速くなってもやむをえない。そういう時代もあるでしょう。仕方がない。問題は何もミッション(使命)を果たさないままズルズルと政権を続けることですよ。外国から『日本の首相はころころ代わってやりにくい』と言われるかもしれませんが、やるべきことをやれば必ず評価されると思いますよ。」


第一に論理の誤魔化しがあります。在任期間が短くても課題を解決できればよい、というのは同意できます。在任期間が長くても課題の解決ができなければ駄目、というのも同意できます。しかし、在任期間が短い方がよい、という理屈は成り立ちません。長い在任期間で、課題を次々と解決できればそれに越したことはないはずです。短くてもいいじゃないかとは言えても、短い方がいいと言えません。

第二に、自身の反省がまるでありません。民主主義ですので、選挙で負けたら政権を追われるのは当たり前です。選挙に負けそうだ、という理由で退陣するのも同様に仕方のない側面もあります。つまり、この十数年の日本の政権が短命なのは民主主義が機能しているから、とも言えます。しかし、細川政権だけは、これらの政権の退陣とは違いました。それなりに支持率であったにも関わらず、突然放り出してしまいました。裏でどんな事情があったにせよ、やる気がなくなったからやめたとしか見えませんでした。善し悪しは別として、これが遠因となって自民政権が復活しました。細川氏にはこの反省がまるでないようです。

細川氏の、『長きを以て尊しとせず』論は、自己正当化にしか聞こえません。

【映画】ザ・ファイター

ザ・ファイター - 映画ポスター - 11 x 17ザ・ファイター - 映画ポスター - 11 x 17
()
Punt Dog Posters

商品詳細を見る

実話にもとづいた映画だそうです。

前半で家族との確執を描いて、後半にその家族との和解をもってこようとしています。しかし、私には最後までいらだたしい家族に見えました。ついでに、ガールフレンドもうざったく思えてきました。監督が意図したであろう爽快感はまったく感じませんでした。

ボクシングのシーンは、めったうちにあいながらも頑張って最後に逆転、というパターンを二度繰り返しています。実際の試合がこうだったのかもしれませんが、手抜きのようにも見えました。つまらない展開です。

家族愛を描くことにも成功していないし、スポーツ映画としても失敗しているように思います。

お勧め出来ません。

【本】妖女ドレッテ

著:ワルター・ハーリヒ
世界推理小説全集 63巻(東京創元社 )

1930年に発表

ドイツの推理小説です。英米仏の推理小説は多数ありますが、ドイツのものというのはめずらしいです。

密室殺人ですが、たいしたトリックではありません。

語り手は殺人を決意した男です。実行直前に、何者かの手により計画したとおりの手口で犯行がなされるという不可思議な状況です。トリックよりも語り手の心理に重きをおいた感があります。推理小説風の普通小説と考えた方がいいかもしれません。

純粋に推理小説としてみると、高い評価はできませんが、歴史的には意義のある作品のようです。昭和12年の「新青年」誌における海外探偵小説10傑のアンケートで、26人の評者うち、大下宇陀児、小栗虫太郎、黒沼 健、渡辺啓助の四氏が、この「妖女ドレッテ」を挙げています。現在では忘れられた感のある作品ですが、日本の推理小説界に何がしかの影響を与えていることは間違いないようです。

古い翻訳でしたが、読みにくくはありませんでした。

【アニメ】夢喰いメリー

夢喰いメリー 1 【初回限定豪華4大特典付き】 [DVD]夢喰いメリー 1 【初回限定豪華4大特典付き】 [DVD]
(2011/03/16)
佐倉綾音、岡本信彦 他

商品詳細を見る

出だしの雰囲気はよかったです。期待を持たせてくれました。しかし、設定がよく飲み込めなかったので話についていくのに苦労しました。

キャラクターは丁寧が性格付けをしていたと思います。しかし、最終回のハッピーエンドは、歯切れが悪い感じがしました。バッドエンドが当然という流れだったと思います。

非常に判断の難しい作品だと思います。とりたてた欠点はありませんが、長所も見出しにくいというのが率直な感想です。

【アニメ】STAR DRIVER 輝きのタクト

STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 4 【完全生産限定版】 [DVD]STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 4 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/04/27)
宮野真守、早見沙織 他

商品詳細を見る


当初はなにがなんだか分からない作品でした。登場人物が多く、設定も複雑で混乱していました。1クール目の終わりあたりから整理がついてきたためか、俄然面白くなってきました。再視聴すればもっと楽しめると思います。

秘密結社の合言葉(”綺羅星!”)と、合言葉をいう時のポーズの存在も、童心をくすぐってくれます。

ただし、戦闘シーンはあまりよくなかったです。毎回、根性で勝っているようにしか見えません。このため戦闘シーンでの緊張感が足りません。敵ロボット(サイバディ)のデザインも魅力的でなく、最終回でサイバディが勢ぞろいした割には盛り上がりに欠けました。

全体として評価すると、良作です。

【アニメ】フリージング

フリージング Vol.1 [Blu-ray]フリージング Vol.1 [Blu-ray]
(2011/03/30)
能登麻美子、花澤香菜 他

商品詳細を見る


声優陣は豪華ですが、それ以外に長所がみあたりません。

まず、ノヴァという謎のものと戦っているはずなのに、序盤から中盤にかけて、ほとんどすべてを学園内の喧嘩に終始してきました。その喧嘩もたいした理由もなく始まっています。まるで不良学生のようです。

戦闘シーンでは何をしているのか見てもわかりません。そのため、それぞれのキャラクターの強さが伝わってきません。これでは盛り上がりようもありません。

終盤になって、ようやくノヴァとの戦いになりました。いままでのノヴァと違って、複数体の出現やビームを使うなど、いままでにないことをしているようです。しかし、視聴者にとっては、ノヴァとの戦いはここで初めて見るので、特別な驚きはありません。そういうものかとしか思えません。見せ方がへただと思います。

女性キャラクターのデザインは書き分けられていますが、内面の特徴が生かされていません。喧嘩っ早いか、早くないかの違いくらいです。三年生のカンナヅキ・ミヤビ(貞操の解放者)だけはキャラが立っていましたが、他のキャラクターは平板な印象しか与えていません。

もう少しなんとかできたような気がします。残念な作品です。

【アニメ】とある魔術の禁書目録Ⅱ

[予約先着外付け特典DVD付] とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [DVD][予約先着外付け特典DVD付] とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [DVD]
(2011/01/26)
阿部敦、井口裕香 他

商品詳細を見る

第一期も「とある科学の超電磁砲」も視聴しています。原作小説は途中(第一期の部分)まで読んでいます。

話は面白いのですが、登場人物が多いので、さすがに少し混乱してきました。すこし展開を急ぎすぎているのかもしれません。原作未読の視聴者へのもう少し配慮してほしいです。今後(第三期以降)は原作を読んでからアニメを観ることにします。

第二期は、本格的に「科学と魔術が交差」し始めたところで、終わってしまいました。いまから第三期が楽しみです。

【アニメ】これはゾンビですか?

これはゾンビですか?通常版 第1巻 [DVD]これはゾンビですか?通常版 第1巻 [DVD]
(2011/03/25)
間島淳司、野水伊織 他

商品詳細を見る

原作は未読です。

単純なギャグではないのですが、シリアス部分とギャグ部分をどういうふうに受け取ればよいのか、距離感がつかめないまま終了してしまいました。ありがちなハーレムものではありますが、異色の設定が多く、新機軸を打ち出そうという意気込みは分かります。ただ、魔装少女とか吸血忍者とかが何なのかを説明せずに済ませるのは、収まりが悪かったです。

絵の動きはよかったです。最終回の一回前(実質的な最終回)は、なかなかに盛り上がりました。

判断の難しい作品です。一概に悪いとも言い切れませんし、良作だとも言いにくいです。第二期があれば観るかもしれません。

それはそうと、”魔装少女”って実際に発音すると、すごく難しいです。舌が回りませんでした。

【アニメ】レベルE

レベルE 1 [DVD]レベルE 1 [DVD]
(2011/02/23)
浪川大輔、子安武人 他

商品詳細を見る


原作が10年以上前のマンガだけあって、今からみると異色作といえるでしょう。

基本的に読みきり形式をとっていて、どの話も独自性があります。

ただし、気になった点はあります。どの話も、王子の悪戯で死者や大怪我をするものがいないという暗黙の大前提があります。倫理基準が地球人とは異なるであろう異星人の、しかも悪ふざけで有名な王子のやることですので致命的な事態になってもおかしくないはずです。しかし、誰も決定的に傷つくことはありませんでした。そうでなければ、我々は笑えなかったはずです。この予定調和を作品の味ととらえるかご都合主義とみなすかで、作品の判断が分かれると思います。

ぎりぎりのところで、良作だったと判断しました。

【アニメ】フラクタル

フラクタル第1巻DVD【初回限定生産版】フラクタル第1巻DVD【初回限定生産版】
(2011/04/22)
小林ゆう、津田美波 他

商品詳細を見る

名作調で作っていますが、別に名作ではありません。むしろ昔の名作アニメから部分部分をつなぎ合わせたという感じです。

フラクタルシステムが誕生した過程はなにやら考えた設定があるようですが、作品の中では説明してくれません。説明しない理由もさっぱりわかりません。うがった見方をすれば破綻なく説明することができないのではないでしょうか。

ユートピア社会とみせかけて実はディストピアということなのでしょうが、社会構造がどうなっているのかがわからないので、何がディストピアなのか理解できません。フラクタルシステムが完全に機能するとどういう利点があるのか、不完全なフラクタルシステムにどういう欠点があるのか、さっぱりわかりません。これでは、フラクタルシステムに反対している人達にも、再起動させたい人達にも感情移入することはできません。

カルト的な人気の作品だと、説明がなくても、ファンが勝手にあれこれ考えてくれるのでしょうが、この作品にそこまでの潜在的な魅力を感じません。視聴者がついてきてくれると考えたのだとしたら、甘く見すぎていると思います。

世界の成り立ちはどうでもよく、単純に冒険談を楽しめばよいということでしょうか。しかしこれも不可能です。作劇上の都合としか思えないキャラクターの行動が目に付きます。

例えば、グラニッツ一家がクレインをさらったのは、本人たちの弁によればネッサが目当てです。しかし、誘拐した後、特にネッサを尋問したり調査したりすることもありません。何を目的でネッサをさらったのか意味がわかりません。その直後、グラニッツ一家は、せっかく誘拐したネッサを放っておいて、意味もなくクレインを連れて「星祭」の襲撃にでかけます。わけが分かりません。この妨害工作が原因でグラニッツ一家は「船」に乗って、追われる立場になり、クレインたちも行動をともにします。「船」で旅をする、という展開にしたかったのでしょうが、説得力皆無です。

新しいものを作るという意欲を感じさせない作品でした。

【アニメ】バクマン。

バクマン。1 〈初回限定版〉 [DVD]バクマン。1 〈初回限定版〉 [DVD]
(2011/01/26)
阿部敦、日野聡 他

商品詳細を見る

原作は未読です。

面白かったです。主人公たちの夢に向かって努力する姿がみずみずしく、好感が持てます。

サブキャラクターも、現実味がありながら地味でないという絶妙の設定でした。新妻エイジだけは、エキセントリックな人間に描かれていますが、天才漫画化というのはこういうものか、という納得感があります。

「動き」が少ないので、アニメ化する必然性が少ないのが弱点といえば弱点かもしれません。しかし、そうした面を補うに足る長所がありますので、気になりません。

第二期が楽しみです。

【アニメ】IS

IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [DVD]IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [DVD]
(2011/03/30)
内山昂輝、日笠陽子 他

商品詳細を見る

ストーリー面ではみるべきものはありません。はっきり言って退屈しました。ISはスポーツ利用のマシンだったはずですが、それは表向きのようです。そうでなければ搭乗者の学校を作ったり、企業の開発競争が激化している理由がありません。しかし、そういった話は最後まで語られることはなく、延々とラブコメディーを続けていただけでした。ラブコメならラブコメに徹して変にSFチックな設定は持ってこない方がよいと思います。

なぜ、主人公以外の男がISを操縦できないのかという謎もまったく無視しています。作劇場の都合しかないのでしょう。

キャラクターも類型でしかありません。造形の可愛さで人気を取ろうとしているのがみえみえでした。

マシンのアクションはよかったです。ほめるべき点はそれくらいです。

【アニメ】ドラゴンクライシス

ドラゴンクライシス!? [Blu-ray]ドラゴンクライシス!? [Blu-ray]
(2011/03/23)
不明

商品詳細を見る

ありきたりなものの寄せ集めでしかありません。話もキャラクターもなにもかもです。

ソサエティという組織の目的とか、ロスト・プレシャスとはそもそもなにか、という説明さえしないのは不親切です。不親切といえば、初回の入り方が唐突でした。一回目を見逃したか、と思ってしまいました。

およそなんの新味もない作品です。つまらなかった、という感想しかありません。

ただ、声優陣はよかったです。特に、ローズ(声:釘宮理恵)のスポンサーアナウンスは素晴らしかったです。「きんぐれこーど」は耳に残りました。

【朝日新聞】社説:電力不足―計画節電へ政府は動け

3月27日、朝日新聞の社説で、節電のための対策を求めています。その中で一般家庭向けの電気料金の引き上げを提案しています。

引用します。

(前略)
 一般家庭向けには、節電のための情報を十分提供したい。ガス利用を増やし、エアコン使用を1台に限る、などの指針も役立つ。ピーク時の電力料金を高く設定して、使用の分散をはかる案も検討に値しよう。
(後略)


ピーク時の料金を高くすれば、必然的にその時間帯の使用は抑えられます。節電効果はあるにはあるでしょう。

しかしながら、なにか釈然としないものを感じます。最大の理由は、この値上げ部分の行き先がはっきりしていないことです。さすがに東京電力の儲けにはしないと思います。では、原発事故の補償にあてるのでしょうか。これは一見正しいようにも見えますが、正当性はありません。東京電力が補償すべきものは、東京電力が余剰金を吐き出すなりして自らまかなうべきです。値上げ部分を補償にまわすということは、電力利用者が、東京電力の代わりに補償するのと同じです。道理に反します。

ピーク時以外の値下げを併用するなどして、消費者全体としてプラスマイナスゼロにするようにしないと誰も納得しないでしょう。納得を得られなければ、現在続いている節電への協力意識も吹き飛ぶことになりかねません。

ピーク時の値上げというのは一案だと思いますが、単純な価格引き上げには反対です。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle