【アニメ】薄桜鬼 黎明録


薄桜鬼 黎明録 第一巻<初回限定版> [DVD]薄桜鬼 黎明録 第一巻<初回限定版> [DVD]
(2012/09/26)
不明

商品詳細を見る


薄桜鬼は、本編(一期、二期)も観ていました。最近、映画でも流行の前日譚(ZERO)です。

主要登場人物がすべて男だというのが特徴です。これは最近のアニメでは珍しいものです。その意欲は認めますが…

最大の問題は、龍之介(主人公)が存在する理由がまったくないことです。主人公がいてもいなくても、物語の展開に影響はありません。主人公どころか、キャラクタとしての意味すらありません。

さらに前日譚としての意味もありません。主人公がなにかをしたおかげで千鶴(本編の主人公)が京に行くことになったとか、主人公のせいでオチミズの研究が遅れた(あるいは進んだ)とかしなければ、前日譚になりません。単に、昔こんなことがありました、というだけです。

芹沢鴨の扱いも不可解です。最後にかっこよく見せていましたが、結局彼は何がしたかったのでしょう。理解できませんし、物語にも関係ありません。

逃げた羅刹を狩り出す、というのは何べんも繰り返すのは工夫が足りません。なお、本編の冒頭で同じパターンが起きます。

残念ですが、凡作と評価します。

スポンサーサイト

【アニメ】黒子のバスケ


黒子のバスケ 1 [DVD]黒子のバスケ 1 [DVD]
(2012/07/27)
小野賢章、小野友樹 他

商品詳細を見る

原作は未読です。

面白かったです。

主人公が高い能力もなく、影が薄い、というのは新鮮です。普通こういう能力だと、強敵と戦う前にでてくる前座キャラクタくらいです。よくこのキャラクタを主人公にしたものだと感心します。ライバル(奇跡の世代)から主人公がライバル扱いされていない、というのも今までに例がないような気がします。ここまで観た限りでは、主人公が努力の末能力を上げライバルを打ち負かす、という展開にはなっていません。スポーツものとしてかなりの異色作です。

ストーリーの盛り上げ方も上手です。常に視聴者(読者)の裏をかく展開なので終始予測不能でした。秀徳高校の緑間との対決の決着のところは特に驚かされました。

第一クールのオープニングにあったリコ(監督)の片目を隠したシーケンスが好きでした。片目を隠した段階では微笑んでいるようにみえて、もう一方の目を見せると油断なく分析している、というのはキャラクタをよくつかんでいますし、アニメーションの表現としても秀逸です。

第二期もあるような終わり方でした。期待します。

【アニメ】超訳百人一首 うた恋。


超訳百人一首 うた恋い。 一(通常版) [DVD]超訳百人一首 うた恋い。 一(通常版) [DVD]
(2012/09/26)
梶裕貴、諏訪部順一 他

商品詳細を見る

原作は未読です。

これはよかったです。毎週楽しみにしていました。1クールで終わったのがもったいないです。

百人一首をはじめとした日本の古典は、高校生時代にさんざん詰め込まれたせいか、うんざりしていました。ある程度の知識はあっても決して本心で楽しんでいたわけではありません。つまり教養として身についたものではありませんでした。

このアニメを観て、はじめて古典に対して素直な興味がわきました。

思うに、学校教育での古典では、過去の詩人たちを偉人扱いしているのが、高校生の私には胡散臭く思え、拒絶的になったのだと思います。このアニメが決して実像だとは思いませんが、詩歌に才能がありながらも欠点や弱点を抱えた等身大の人間として描いているところに親近感を覚えました。

一番感心したのは、定子が百人一首に選ばれなかった理由を解釈した回です。学問的には認められないのでしょうが、感心することしきりです。

ただ、さすがにこの作品のキャラクターの髪の色が赤やら金やらというのはおかしいと思います。そこは普通にデザインしてほしかったです。

【アニメ】輪廻のラグランジェ season2


輪廻のラグランジェ season2 1 (初回限定版) [Blu-ray]輪廻のラグランジェ season2 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2012/09/21)
石原夏織、瀬戸麻沙美 他

商品詳細を見る


一期に続いて視聴。

一期が面白かったので期待したのですが、なんだか狐につままれたような気分です。なんというか、消化不良といった感じです。設定が複雑なわりには番組内での説明が足りません。公式ホームページを読んで追いつきましたが、公式を読まないとよくわからない、というのは問題があります。

三人娘のキャラクタは可愛かったので、そういった意味ではよいのですが、作品全体としての評価はそれほど高くはできません。

地域おこしアニメとして、はじめから狙ったのはこの作品がはじめてのような気がします。その点は、新しいビジネスモデルの開拓として評価したいと思います。しかし、これで鴨川が有名になったか、というと疑問です。鴨川以外でも十分に成立する話ですし、鴨川の魅力もそれほど伝えられていません。話がロボットもので、舞台が宇宙、時間軸は2万年前から、とスケールが壮大すぎて鴨川にこだわるのはちょっと不釣合いだったのではないでしょうか。ギャグならばそれも成立したかもしれませんが、シリアスに作っていると似合いません。鴨川市が悪いのでも、「輪廻のラグランジェ」が悪いのでもなく、ミスマッチだとだけだと思います。

【朝日新聞】世論調査 9月24日

朝日新聞が日中両国で世論調査を実施した結果が発表されました。

質問と回答 (数字は%。小数点以下は四捨五入。左から日本、中国。質問文と回答は一部省略。質問文、選択肢の丸カッコ内は中国での文言)

◆中国(日本)は好きですか。嫌いですか。特にどちらでもないですか。
日 中
 好き3 10
 嫌い38 63
 特にどちらでもない55 25

◆中国(日本)にどんな印象を持っていますか。(選択肢から二つまで選択)
 民主主義国家4 16
 独裁国家38 30
 経済大国21 44
 発展途上国22 11
 軍事大国30 17
 平和国家0 6
 科学技術の進んでいる国1 63
 文化や歴史のある国39 11

◆日本と中国(中国と日本)との関係は今、うまくいっていると思いますか。そうは思いませんか。
 うまくいっている5 14
 そうは思わない90 83

◆日本と中国(中国と日本)との関係で、一番大きな問題はどの点だと思いますか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 経済的な摩擦10 5
 軍事力の増強7 17
 歴史認識の問題30 41
 領土をめぐる問題38 35
 食の安全や環境10 2

◆10年後の日本と中国(中国と日本)の関係は、今よりよくなっていると思いますか。悪くなっていると思いますか。
 よくなっている30 45
 悪くなっている47 46

◆これからの日本(中国)は、中国(日本)との関係を深める方がよいと思いますか。中国(日本)とは距離を置く方がよいと思いますか。
 関係を深める方がよい49 42
 距離を置く方がよい40 53

◆日本と中国(中国と日本)の間で、これから先、特に関係を深めたほうがよいと思うのは、どの分野ですか。(選択肢から二つまで選択)
 安全保障54 29
 経済交流50 45
 科学技術4 48
 環境保護31 34
 教育・文化14 27
 スポーツ・芸能7 11

◆日本(中国)にとって、アメリカとの関係と中国(日本)との関係とでは、どちらがより重要だと思いますか。
 アメリカとの関係75 86
 中国(日本)との関係13 11

◆中国(日本)に関する情報では、どんなことに最も関心がありますか。(択一)
 政治・外交37 23
 経済15 15
 歴史・文化17 11
 科学技術1 21
 事件・社会問題19 17
 生活・流行6 9

◆中国(日本)の文化や生活で、最も興味のあるものは何ですか。(択一)
 映画・ドラマ5 11
 音楽1 7
 ファッション1 11
 料理28 18
 観光地44 22
 漫画・アニメ1 27

◆日本政府は尖閣諸島(釣魚島)の土地をいま所有している人から買い取り、国が所有する「国有化」をする方針を示しています。このことにどの程度関心がありますか。(択一)
 大いに関心がある36 33
 ある程度関心がある44 48
 あまり関心はない16 15
 まったく関心はない3 3

◆日本政府が尖閣諸島(釣魚島)を国有化する方針を示したことで、日本と中国(中国と日本)の尖閣諸島(釣魚島)をめぐる問題の解決は、進むと思いますか。遅れると思いますか。(択一)
 大きく進む9 4
 やや進む29 11
 やや遅れる28 49
 大きく遅れる25 30

◆日本と中国(中国と日本)は尖閣諸島(釣魚島)をめぐる問題の解決をどの程度急ぐべきだと思いますか。(択一)
 大いに急ぐべきだ29 36
 ある程度急ぐべきだ43 47
 あまり急がなくてよい20 13
 まったく急がなくてよい4 4

◆中国(日本)の軍事力を脅威に感じますか。感じませんか。
 感じる74 53
 感じない22 28

◆日本と中国(中国と日本)の間で、1930、40年代に起きた戦争は、日本による侵略戦争だったと思いますか。そうは思いません

か。
 侵略戦争だった52 99
 そうは思わない31 0

◆日本と中国(中国と日本)が歴史の問題を解決することは可能だと思いますか。そうは思いませんか。
 可能だ34 37
 そうは思わない57 59

◆中国では人権が制限されている、という指摘が欧米などから出ています。このような指摘について、どう思いますか。その通りだと思

いますか。そんなことはないと思いますか。
 その通りだ77 28
 そんなことはない13 56

◆この10年間に、あなたの生活はよくなりましたか。悪くなりましたか。変わりませんか。
 よくなった15 70
 悪くなった38 14
 変わらない45 15

◆10年後には、あなたの生活は、今よりよくなっていると思いますか。悪くなっていると思いますか。変わっていないと思いますか。
 よくなっている14 75
 悪くなっている46 10
 変わっていない35 12

◆今の日本(中国)では、経済的な格差が大きくなっていると思いますか。小さくなっていると思いますか。変わっていないと思いますか。
 大きくなっている72 65
 小さくなっている7 20
 変わっていない19 11

◆日本の国内総生産は、中国に抜かれて世界3位となりました(中国の国内総生産は、日本を抜いて世界2位となりました)。このことに関心がありますか。関心がありませんか。
 関心がある61 58
 関心がない36 39

◆中国の国内総生産は、国民1人当たりでみると、日本のおよそ10分の1とみられています。10年後、中国の1人当たりの国内総生

産は、日本を上回っていると思いますか。そうは思いませんか。
 日本を上回っている32 22
 そうは思わない63 57

◆これからの日本(中国)の経済にとって、どことの関係が最も重要になると思いますか。(択一)
 アメリカ33 54
 中国(日本)24 8
 韓国3 6
 東南アジア31 8
 ヨーロッパ3 15
 ロシア1 7

◆中国(日本)の経済は日本(中国)の経済に、大きな影響を与えていると思いますか。そうは思いませんか。
 大きな影響を与えている78 44
 そうは思わない18 51

◆日本の企業と中国の企業(中国の企業と日本の企業)では、今後の世界で影響力を強めるのはどちらだと思いますか。
 日本の企業40 28
 中国の企業54 68

◆家電製品について、日本と中国と韓国(中国と日本と韓国)では、どの国のものを買いたいと思いますか。
 日本97 40
 中国0 40
 韓国1 16

◆車について、日本と中国と韓国(中国と日本と韓国)では、どの国のものを買いたいと思いますか。
 日本98 40
 中国0 25
 韓国0 17

◆日本(中国)の原子力発電は今後、どうしたらよいと思いますか。(択一)
 増やす方がよい1 36
 現状程度24 43
 減らす方がよい42 13
 やめるべきだ30 6

◆中国(日本)から輸入する食品の安全性について、どの程度信頼していますか。(択一)
 大いに信頼している0 13
 ある程度信頼している10 43
 あまり信頼していない51 29
 まったく信頼していない38 8

◆インターネットに世の中を動かす力がどの程度あると思いますか。(択一)
 大いにある38 47
 ある程度ある52 44
 あまりない6 7
 まったくない2 2

◆インターネットでの意見は、世の中の意見をどの程度反映していると思いますか。(択一)
 大いに反映している14 19
 ある程度反映している68 71
 あまり反映していない13 8
 まったく反映していない2 2

◆パンダが中国から日本に来ています。このことは、日本と中国(中国と日本)の関係をよくすることにどの程度役立っていると思いますか。(択一)
 大いに役立っている6 8
 ある程度役立っている44 41
 あまり役立っていない37 36
 まったく役立っていない11 15

◆(日本のみの質問)今どの政党を支持していますか。(択一)
民主8
自民19
国民の生活が第一3
公明3
共産2
新党きづな0
社民1
みんな4
国民新0
新党大地・真民主0
たちあがれ日本0
新党日本0
新党改革0
その他の政党1
支持政党なし56

■調査方法 

 【日本】郵送方式・層化無作為2段抽出法。全国の縮図になるように341の投票区を選び、各投票区の選挙人名簿から平均9人を抽出、計3千人の有権者を選んだ。8月8日に調査票を発送し、9月20日までに届いた返送総数2246、有効回答2178、回収率73%。有効回答の内訳は男46%、女53%。20代11%、30代15%、40代18%、50代17%、60代19%、70代13%、80歳以上6%。

 【中国】CRC世研リサーチセンターに委託し、全国各省・自治区から選んだ300地点で、住民名簿などから無作為に20歳以上の男女3600人を選び、8月10~18日に個別に面接調査した。有効回答2550、回収率71%。有効回答の内訳は男50%、女50%。20代24%、30代24%、40代20%、50代15%、60代12%、70歳以上6%。



この世論調査が私のところに来た、という想定で回答してみます。

>◆中国(日本)は好きですか。嫌いですか。特にどちらでもないですか。
「特にどちらでもない」です。ただ、現在の中国政府にはあまりいい印象は持っていません。

>◆中国(日本)にどんな印象を持っていますか。
「軍事大国」「文化や歴史のある国」の二つを挙げます。
「独裁国家」というと一人の独裁者がいるはずですが、中国はそれにはあてはまりません。

>◆日本と中国(中国と日本)との関係は今、うまくいっていると思いますか。そうは思いませんか。
うまくいっているとは思いません。事実認識として、うまくいっていると思っている人はおかしいです。

>◆日本と中国(中国と日本)との関係で、一番大きな問題はどの点だと思いますか。
一番問題なのは、中国で言論の自由が保障されていないことです。これによりさまざまなレベルの対話がしがたくなっているのが、最大の問題です。選択肢の中に私の答えはありませんでした。

>◆10年後の日本と中国(中国と日本)の関係は、今よりよくなっていると思いますか。悪くなっていると思いますか。
そんなことは分かりません。

>◆これからの日本(中国)は、中国(日本)との関係を深める方がよいと思いますか。中国(日本)とは距離を置く方がよいと思いますか。
距離を置いた方がいいです。少なくともうかつに観光旅行をするのは危険です。ビジネスの面にしても、昨今のような暴動が起きる国にはうかつに進出すべきではありません。

>◆日本と中国(中国と日本)の間で、これから先、特に関係を深めたほうがよいと思うのは、どの分野ですか。
「安全保障」と「環境保護」の二つです。
不愉快だからといって対話は閉ざすべきではありません。

>◆日本(中国)にとって、アメリカとの関係と中国(日本)との関係とでは、どちらがより重要だと思いますか。
「アメリカとの関係」です。
中国は、建前上は共産主義国家であり、実際問題として言論の自由のない国です。同盟関係にある米国と比較するのは可笑しいです。

>◆中国(日本)に関する情報では、どんなことに最も関心がありますか。
「歴史・文化」です。

>◆中国(日本)の文化や生活で、最も興味のあるものは何ですか。
強いて挙げれば、映画でしょうか。「初恋のきた道」はよかったです。ただし、中国映画だからといって進んで鑑賞しているわけではありません。

>◆日本政府は尖閣諸島(釣魚島)の土地をいま所有している人から買い取り、国が所有する「国有化」をする方針を示しています。このことにどの程度関心がありますか。
ある程度関心があります。
この設問には、日中の回答がほとんど同じだったのは興味深いところです。

>◆日本政府が尖閣諸島(釣魚島)を国有化する方針を示したことで、日本と中国(中国と日本)の尖閣諸島(釣魚島)をめぐる問題の解決は、進むと思いますか。遅れると思いますか。
そもそも「問題」なんてありません。

>◆日本と中国(中国と日本)は尖閣諸島(釣魚島)をめぐる問題の解決をどの程度急ぐべきだと思いますか。
 大いに急ぐべきだ29 36
 ある程度急ぐべきだ43 47
 あまり急がなくてよい20 13
 まったく急がなくてよい4 4
日中間に領土問題なんてないんです!

>◆中国(日本)の軍事力を脅威に感じますか。感じませんか。
感じます。

>◆日本と中国(中国と日本)の間で、1930、40年代に起きた戦争は、日本による侵略戦争だったと思いますか。そうは思いませんか。
侵略戦争だったと思います。

>◆日本と中国(中国と日本)が歴史の問題を解決することは可能だと思いますか。そうは思いませんか。
「歴史の問題の解決」という言葉を定義しないと回答できません。

>◆中国では人権が制限されている、という指摘が欧米などから出ています。このような指摘について、どう思いますか。その通りだと思いますか。そんなことはないと思いますか。
その通りだと思います。

>◆この10年間に、あなたの生活はよくなりましたか。悪くなりましたか。変わりませんか。
変わりません。

>◆10年後には、あなたの生活は、今よりよくなっていると思いますか。悪くなっていると思いますか。変わっていないと思いますか。
わかりません。

>◆今の日本(中国)では、経済的な格差が大きくなっていると思いますか。小さくなっていると思いますか。変わっていないと思いますか。
いつと比べてかを明示しなければ答えられない設問です。

>◆日本の国内総生産は、中国に抜かれて世界3位となりました(中国の国内総生産は、日本を抜いて世界2位となりました)。このことに関心がありますか。関心がありませんか。
関心ありません。

>◆中国の国内総生産は、国民1人当たりでみると、日本のおよそ10分の1とみられています。10年後、中国の1人当たりの国内総生産は、日本を上回っていると思いますか。そうは思いませんか。
それは無理だと思います。

>◆これからの日本(中国)の経済にとって、どことの関係が最も重要になると思いますか。
最も重要なのは米国だと思います。重要性の伸び率という意味では東南アジアの重要性が増すと思います。

>◆中国(日本)の経済は日本(中国)の経済に、大きな影響を与えていると思いますか。そうは思いませんか。
「大きな」という漠然とした指標では答えようがありません。

>◆日本の企業と中国の企業(中国の企業と日本の企業)では、今後の世界で影響力を強めるのはどちらだと思いますか。
この設問は、「影響力が大きいのはどちらになるか」と訊いているのか「影響度の増加する伸び率が大きいのはどちらか」と訊いているのか判然としません。

>◆家電製品について、日本と中国と韓国(中国と日本と韓国)では、どの国のものを買いたいと思いますか。
日本です。日本人が圧倒的に日本製品を選んでいるのが、笑っちゃいました。よく考えたら当たり前かもしれません。

>◆車について、日本と中国と韓国(中国と日本と韓国)では、どの国のものを買いたいと思いますか。
車には興味ありません。

>◆日本(中国)の原子力発電は今後、どうしたらよいと思いますか。
朝日新聞社の原子力発電へのこだわりは、度が過ぎているように思います。とにかく原発のことばかり気にしているように見えます。

>◆中国(日本)から輸入する食品の安全性について、どの程度信頼していますか。
まったく信頼していません。

>◆インターネットに世の中を動かす力がどの程度あると思いますか。
ある程度あるでしょう。「大いに」と「ある程度」の違いが分かりませんが...

>◆インターネットでの意見は、世の中の意見をどの程度反映していると思いますか。
あまり反映していないと思います。ネットで意見を表明している人は決して多数だとは思いませんし、なによりネットの意見を集計することができません。ネットで目立つ意見が世の中を反映しているか、というとかなり疑問です。

>◆パンダが中国から日本に来ています。このことは、日本と中国(中国と日本)の関係をよくすることにどの程度役立っていると思いますか。
それなりに役立っているとは思います。だけど日中友好のためにパンダを活用しようというのは筋が違うと思います。

>◆(日本のみの質問)今どの政党を支持していますか。
支持政党ありません。

【アニメ】アクセルワールド


アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]
(2012/07/25)
三澤紗千香、梶裕貴 他

商品詳細を見る


原作は既読です。原作を読み始めたきっかけは、アニメ化の話が出る前の朝日新聞の書評でした。好意的に書かれていたように記憶しています。興味をひかれて読み始めたところはまりました。

原作は既読ですが、ネットゲームの経験はありません。ネットゲーム未経験者に、この作品を本当に理解できるのかどうか疑問はありますが、それなりに楽しめています。

原作を読んだ印象と、アニメ作品はかけ離れてはいませんでした。黒雪姫先輩は原作よりデレデレし過ぎているように思いましたが、それくらいです。ほぼ、正確に作品世界を構築できたと思います。

原作を読んでいる際は気にならなかったのですが、アニメで観ると、設定が次々に出てきてなにかご都合主義のように感じられなくもありません。小説だとハルユキの視点で、少しずつ加速世界の真実が明らかになるという構成ですが、アニメだと基本は三人称の視点になるのが原因かもしれません。原作のストックはまだまだありますので、二期も期待できますが、設定が少しずつ明らかになるというのは変わりありませんので、それがアニメだけを観ている人たちにどう受け取られるかは心配です。

悪かったのは、モブのアバターのデザインです。テキトーすぎました。もう少ししっかり作って欲しいです。

全体としては、楽しめました。二期があればもちろん観ます。


【映画】バイオハザードⅤリトリビューション


バイオハザードⅤ リトリビューション 映画パンフレット 監督 ポール・W・S・アンダーソン 出演 ミラ・ジョヴォヴィッチバイオハザードⅤ リトリビューション 映画パンフレット 監督 ポール・W・S・アンダーソン 出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ
()
不明

商品詳細を見る


シリーズ5作目。前作に引き続き3Dで鑑賞しました。

前作同様、破天荒な筋書きです。ストーリーや設定の矛盾を考え出すときりがありません。そういうことを考えずにひたすら楽しむ映画です。

全編アクションの連続でした。普通、アクションばかりだと飽きてしまうものですが、この映画は手を替え品を替えして、終始観客の目をひきつけます。最後まで一気に楽しませてくれました。

過去のシリーズ作品のもじりをちょこちょこっと入れるのもうれしいです。制作者がこのシリーズを楽しんでつくっていることが伝わってきます。

堪能しました。

参)【映画】バイオハザード4 アフターライフ

【アニメ】氷果


氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]
(2012/06/29)
中村悠一、佐藤聡美 他

商品詳細を見る

京都アニメーションの生み出した傑作。

日常の高校を舞台にした推理ものです。特に死人や大きな事件はおきませんが、高校生にとっては大きな出来事の謎を推理するのが基本の話です。推理の部分には若干疑問を感じないでもありません。謎解きというより青春ものと考えるべきかもしれません。

なにが傑作かといえば、絵です。これほどすごいアニメの表現をいままで知りませんでした。劇場用アニメならまだしも、週一のテレビアニメでここまでのクオリティの高いものを見ようとは、ただただ驚愕します。現時点におけるアニメ表現の極地であるといっても過言ではないでしょう。

この作品に出会えて、すごく幸せな気持ちで一杯です。

【時事問題】反日デモ被害に税金投入?

9月19日朝日新聞朝刊に「日系企業の損失に支援検討 日本政府、中国反日デモで」という記事が載りました。

 日本政府は18日、反日デモで略奪や破壊などの被害を受けた日系企業に対する支援の検討を始めた。藤村修官房長官が同日の会見で、日系企業の損害賠償について「中国の国内法に従って行うべきものだ」と中国が一義的に負うべきだと強調する一方、「企業から日本政府に支援の要請があれば最大限支援していく」と語った。一律支援ではなく、個別の企業の相談を受けて対応していく考えだ。
 野田佳彦首相も同日のTBS番組で「中国の中で起きたことで、日本の企業、政府の建物、邦人に被害が出たら当然その国が責任を持つのがルールだ」と述べ、原則中国当局に損害賠償や原状回復を求める方針を示した。ただ、「日本の尖閣国有化が引き金を引いたと主張する中国がすぐに賠償に応じるとも思えない」(首相周辺)ことから、日本政府としての支援も模索する方針だ。
(略)
 野田内閣は18日、中国での反日デモで損害を受けた日本企業に対する支援の検討に入った。
 賠償請求をするのは、被害を受けた企業自体になる。藤村修官房長官は18日の会見で「まずは個別(企業)の対応だが、相談に応じ政府としてできることをする」と指摘。企業が中国で賠償や保険の請求手続きをする際に、スムーズに進むよう中国当局に協力を求めることなどを検討する。
 ただ、被害は暴徒化したデモの混乱の中で起きた。賠償請求には加害者の特定の難しさがネックになる。
 18日の自民党の会合では「加害者に刑事と民事の両面で責任をとらせるよう中国側に申し入れるべきだ」といった意見が出たが、法務省の担当者は「ひとえに加害者が特定されるかどうかだ」と容易ではないことを説明。議員からは「では、国は何ができるのか」と厳しい声が飛んだ。
(略)


政府が支援する、と言っても、もとは日本の納税者が納めた税金です。中国の暴動で進出企業が被害を被ったとしても、それは日本の納税者の責任ではありません。税金を投入する道理はありません。

企業活動は自己責任で行うべきです。中国が危険だと思うなら撤退すればよいだけです。リスクを承知で頑張るなら頑張ってくださいとしかいいようがありません。無関係な国民につけをまわすのはやめていただきたいものです。

また、政治家は、税金を自分の金のような態度でばらまくことは慎むべきです。

【アニメ】夏雪ランデブー


夏雪ランデブー 第2巻 初回限定生産版【Blu-ray】夏雪ランデブー 第2巻 初回限定生産版【Blu-ray】
(2012/11/23)
中村悠一、大原さやか 他

商品詳細を見る


原作は未読です。

ノイタミナ枠らしく、一風変わったアニメ作品です。死んだ元旦那(幽霊)と未亡人と主人公の三角関係となると、「めぞん一刻」を思い起こしますが、この作品は、死んだ旦那が幽霊として”実在”します。また、コメディー風なのですが、どこか寂しげで深刻さが漂っています。

幽霊の元旦那と主人公の会話や、主人公にしか見えていない宙に浮く元旦那の光景などが前半の見せ場でした。後半は、元旦那に体を明け渡した先にあるやりとりが続きます。

終始、話がどこに帰着するのか予測させないところには感心しました。

ただし、幽霊に体を乗っ取られても好きな女性のことばかり考える主人公や、死んだ旦那が従業員の体に乗り移ってきても色恋にしか関心が向かない未亡人などはかなり自然に感じました。こんな状態になったら恋愛どころの騒ぎではない、と思います。恋愛至上主義のいきついた果てなのでしょうか。

よくも悪くも、この枠の作品らしかったと思います。

【映画】プロメテウス


【映画パンフレット】 『プロメテウス』 監督:リドリー・スコット キャスト:ノオミ・ラパスほか【映画パンフレット】 『プロメテウス』 監督:リドリー・スコット キャスト:ノオミ・ラパスほか
()
20世紀フォックス映画

商品詳細を見る


予備知識ほとんどなしで観にいきました。わずかな予備知識は別の映画を観たときの予告編だけです。「人類の起源」がどうのこうのというSFに若干の宗教がかったものだと想像していました。

はじめから「エイリアン」っぽいな、と思っていたら、本当に「エイリアン」の前日譚でした。これにはびっくりです。SF的な設定はすっ飛んでしまいました。

映像は「エイリアン」と比べて相当な進歩があります。しかし話そのものがダメです。異星人/異星文明との接触を期待した学者の集団にも関わらず、貨物船の船員よりおっちょこちょいなのはあきれます。

また、いちいち挙げるときりがないくらいの不可解なシーンの連続です。ある程度謎が残る作品だと、あれこれ想像する楽しみもありますが、この映画では謎が多すぎます。ディレクターズカット版を観てくれ、とでもいうのでしょうか。

軽い気分で観るにはいい映画かもしれません。

【展覧会】東海道五十三次の世界―広重と国貞

於:浮世絵太田記念美術館

学芸員によるスライド・トークに合わせて昨日行く予定だったのですが、不測の事態が発生し、本日行くことになりました。

9月26日までです。いつものことながら会期末になってあわてて行ったり、行けなかったりしています。今回は、あわてて行く方でした。

原宿の真ん中にありますが、雰囲気は落ち着いたもので、まるで別世界です。展示数は多くはありませんが、ゆったりと鑑賞できます。解説も充実していて分かりやすい展示でした。

日本文化の発展のためにも、こういう美術館は応援したくなりました。

【朝日新聞】偏向教育のツケは中国自身に

9月16日朝日新聞に載った坂尻信義中国総局長の「偏向教育のツケは中国自身に」を紹介します。

その前に、同日の社説を引用します。

反日デモ―中国の自制を求める

 沖縄県の尖閣諸島をめぐり、日中間の緊張がにわかに高まってきた。
 きのう、北京の日本大使館を多数の群衆が取り囲んだ。石やペットボトルなどを投げつけ、大使館内に押し入ろうとする者も出た。
 ほかの都市でも群衆が集まり、日本料理店や日本車のガラスが割られた。日本製品の不買運動も広まりつつある。
 不穏な動きは、民衆レベルだけではない。おとといは中国の海洋監視船6隻が、尖閣諸島周辺の日本の領海に相次いで侵入してきた。
 異常な事態である。
 中国政府は挑発的な行為をやめ、国民に対しても自制を求めるべきだ。
(略)
 一方、日本でも民主党と自民党でそれぞれ党首選が行われている。自民党の安倍元首相や石破前政調会長らは、実効支配の強化を訴えている。
 中国側には、こうした主張への警戒感もあるのだろう。
 満州事変の発端となった柳条湖事件が起きた18日に向け、さらに多くの都市でデモが予定されている。参加者の興奮が高まり、行動がいっそう過激にならないか心配だ。
 感情的な行動がお互いを刺激するような負の連鎖に陥ってはならない。
 日中関係の大局を見渡したとき、この問題で両国が衝突することにどれだけの意味があるのか。ここは頭を冷やして考えるべき時だ。


感情的になっているのはあきらかに中国だけです。それにもかかわらず、日中両方に、頭を冷やせ、と言っているように受け取れる書き方です。また、責任も両国にあるような書きっぷりです。実に、朝日新聞らしい社説です。

次に、坂尻信義中国総局長の「偏向教育のツケは中国自身に」を見てみます。

 中国の人々は「古代から中国の領土」と教えられてきた「釣魚島(尖閣諸島の中国名)」を、胡錦濤政権ではなく野田政権が「国有化」したことに衝撃を受け、激しく反発した。
 日本が実効支配しているという国際社会の常識を知らなかった中国人も、実は少なくなかった。
 15日、北京の日本大使館前に集まった中国の若者たちが掲げたスローガンは、目を覆いたくなるようなものばかりだった。例えば、「殺光小日本」。日本人を蔑称で呼んだうえで、それを皆殺しにしろという意味だ。まともではない。
(略)
 偏った教育や報道のツケが、いま中国側に回ってきている。民衆の怒りを制御できない当局は、デモ隊による暴力や略奪、焼き打ちを許した。そのうえ政府幹部が日本製品の不買運動に理解を示す発言をしたことで、ボイコットは広がる気配を見せている。
 中国の傅瑩外務次官は14日、省内で執務にあたっていたにもかかわらず、領海侵犯に抗議しようとした日本大使館の丹羽宇一郎大使からの面会の求めを断った。対話による解決を求めながら、官民一体でチキンゲームを仕掛けているかのようだ。
 中国メディアは15日、中国各地で火を噴いた反日デモについて、国営新華社通信が英字配信で発生を短く報じただけで、暴徒化したことには触れていない。こうしたことを繰り返していれば、いずれ中国は自分で自分の首を絞める。


中国側の責任を厳しく指摘します。また、その結果が中国側にはね返ってくるであろうことも主張しています。社説にくらべると、歯切れが良く納得できます。

坂尻信義氏の文章への感想は下記リンク先にもあります。
【朝日新聞】活動家への弾圧 発展の裏腹に後退する自由

【時事問題】橋下大阪市長発言

Yahooの記事より

「赤旗は役に立たない」橋下市長、共産堺市議の誤情報掲載問題めぐり批判連発

 共産党堺市議団の石谷泰子議員(44)がインターネット交流サイト「フェイスブック」の自身のページに大阪市職員が懲戒処分を受け自殺したとする誤情報を書き込んだことをめぐり、橋下徹大阪市長は14日、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」に対して「赤旗は何も追及していない。赤旗は役に立たない」と批判を繰り返した。
 政党交付金に関する考え方について質疑が行われる中で赤旗の記者とみられる男性から「政党交付金は税金の無駄遣いではないと(考えているのか)」と聞かれた際、橋下市長は「赤旗よりはまし。世の中であんな役に立たない新聞はない」と口火をきった。
 石谷議員の問題となった書き込みの中で「橋下の犠牲者が1人増えた」との記述があることに触れ、「僕は何もしていない。(職員は)自殺をしていない」と反論。その上で、「赤旗は何も追及していない」「僕が逆のことをやったら、徹底的に追及するでしょう」と批判を連発した。
 男性が「石谷議員本人の謝罪文は新聞に掲載した」と釈明したが、橋下市長は「僕に対しては謝らなくてもいいのか。そのへんの常識を問うている」とたたみかけていた。


橋下市長の反応はいただけません。

たしかに、石谷議員の書き込みは褒められたものではありません。「(橋下市長が)逆のことをやったら、(赤旗)は徹底的に追求するでしょう」という想像も間違っていないと思います。

それでも、政党交付金に関する意見を求められた場でこのことを持ち出すのは筋が違います。赤旗と政党交付金のどちらが役立たないかは、比較の対象になりません。論理もなにもあったものではありません。

橋下氏が頭にきて冷静さを失っていたのだとすれば、政治家として能力に疑問を持ちます。あくまで冷静に切り返してやった、というつもりであるなら程度の低さにあきれます。

赤旗や日本共産党を擁護するつもりはありませんが、これでは橋下氏を支持することはできません。

【本】死体をどうぞ


死体をどうぞ (創元推理文庫)死体をどうぞ (創元推理文庫)
(1997/04)
ドロシー・L・セイヤーズ

商品詳細を見る


ドロシー・L・セイヤーズの推理小説。1932年。

文庫で600ページというかなりの大作です。

興味深いのは、作中の登場人物が他の推理作家の作品へ論評を述べているところです。このような趣向は、シャーロック・ホームズについてはよくありますが、ソーンダイク博士やロジャー・シュリンガム、フレンチ警部、ファイロ・ヴァンスについての言及があります。ソーンダイク博士は少し時代が前ですが、他の探偵は同時代のものです。

ロジャー・シュリンガムについては、

たとえばロジャー・シュリンガム方式があるでしょ。Aが手を下したと、詳しく手の込んだ形で証明しておいて、最後に物語をもうひと振りし、新たな角を曲がらせ、真犯人はBだったと発見するの---それも最初に疑ったきり忘れていた人


ファイロ・ヴァンスについては、

そうね、それならファイロ・ヴァンス方式があるわよ。首を横に振り、『こんなものではすまない』と言って、犯人がさらに五人を殺して容疑者がかなり減ったところで、誰だか見極める


フレンチ警部については、

フレンチ警部方式はどう---絶対崩れないアリバイを崩すんだけど


ファイロ・ヴァンスへの言及は「グリーン家殺人事件」をあてこすっているようです。おそらくセイヤーズの本心なのでしょう。後年、多くの推理小説ファンに(私もですが)極めて高く評価される「グリーン家殺人事件」へのセイヤーズの辛辣な評価は新鮮な驚きです。

【朝日新聞】世論調査―質問と回答〈9月8、9日実施〉

9月11日朝日新聞朝刊に世論調査の結果が発表されました。

引用します。

◆野田内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持する  25(22)
支持しない 53(58)

◇それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一。左は「支持する」25%、右は「支持しない」53%の理由)
首相が野田さん27〈7〉 1〈1〉
民主党中心の内閣11〈3〉 11〈6〉
政策の面27〈7〉 34〈18〉
実行力の面23〈6〉 48〈25〉

◆いま、どの政党を支持していますか。
民主16(13)
自民15(13)
国民の生活が第一0(1)
公明3(3)
共産1(1)
新党きづな0(0)
社民0(0)
みんな1(1)
国民新0(0)
新党大地・真民主0(0)
減税日本0(-)
たちあがれ日本0(0)
新党日本0(0)
新党改革0(0)
大阪維新の会3(-)
その他の政党0(1)
支持政党なし50(57)
答えない・分からない11(10)

◆できるだけ早く衆議院を解散して総選挙を実施すべきだと思いますか。急ぐ必要はないと思いますか。
早く実施すべきだ39(41)
急ぐ必要はない49(45)

◆仮にいま、衆議院選挙の投票をするとしたら、比例区ではどの政党に投票したいと思いますか。
民主15(13)
自民23(23)
国民の生活が第一1(2)
公明2(3)
共産2(2)
新党きづな0(0)
社民0(1)
みんな2(4)
国民新0(0)
新党大地・真民主0(0)
減税日本0(-)
たちあがれ日本0(0)
新党日本0(0)
新党改革0(0)
大阪維新の会5(-)
その他の政党2(4)
答えない・分からない48(48)

◆これからの政治の進め方についてうかがいます。民主党、自民党、公明党の3党が連携していくことに賛成ですか。反対ですか。
賛成 38
反対 43

◆今月行われる民主党の代表選挙で、代表にふさわしいのは誰だと思いますか。(択一)
赤松広隆1
鹿野道彦1
野田佳彦34
原口一博8
馬淵澄夫2
この中にはいない46

◆今月には自民党の総裁選挙も行われます。総裁にふさわしいのは誰だと思いますか。(択一)
安倍晋三13
石破茂23
石原伸晃19
谷垣禎一7
林芳正2
町村信孝4
この中にはいない24

◆大阪市の橋下市長が代表を務める大阪維新の会についてうかがいます。次の衆議院選挙で、大阪維新の会が国会で影響力を持つような議席を取ってほしいと思いますか。
取ってほしい50
そうは思わない36

◇(「取ってほしい」と答えた50%の人に)次の衆議院選挙の後、大阪維新の会にどの政党と連携してほしいと思いますか。考えに一番近いものを一つだけ選んでください。(択一)
民主党11〈6〉
自民党14〈7〉
その他の政党13〈7〉
連携する必要はない54〈27〉

◆消費税を2014年4月に8%に、2015年10月に10%に引き上げることに賛成ですか。反対ですか。
賛成 43
反対 47

◆福井県の大飯原発のほかにも原発の運転を再開することに賛成ですか。反対ですか。
 賛成32(31)
 反対54(55)

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者中の比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は8月4、5日の調査結果)

     ◇

〈調査方法〉 8、9の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した(福島県の一部を除く)。世帯用と判明した番号は1950件、有効回答は1006人。回答率52%。


朝日新聞の世論調査が自分に来たという想定で回答してみます。

>◆野田内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持しません

>◇それはどうしてですか。
政策の面が理由です。

>◆いま、どの政党を支持していますか。
支持政党なしです。

>◆できるだけ早く衆議院を解散して総選挙を実施すべきだと思いますか。急ぐ必要はないと思いますか。
急ぐ必要はないと思います。

>◆仮にいま、衆議院選挙の投票をするとしたら、比例区ではどの政党に投票したいと思いますか。
前回は自民党と答えましたが、今回は未定に戻します。自民党総裁選の論戦をみながら考えます。

>◆これからの政治の進め方についてうかがいます。民主党、自民党、公明党の3党が連携していくことに賛成ですか。反対ですか。
反対です。

>◆今月行われる民主党の代表選挙で、代表にふさわしいのは誰だと思いますか。
この中だと、野田さんを選択します。野田内閣を支持していませんが、この中で選ぶとすると野田さんしか残りません。

ところで、民主党は野党のときに選挙を経ずに総理が交代することを非難していました。なぜ自分たちが政権につくと同じことをするのでしょうか。純粋に不思議に思います。

>◆今月には自民党の総裁選挙も行われます。総裁にふさわしいのは誰だと思いますか。
この設問は、谷垣氏が立候補を取りやめる前の調査です。

現状で答えると石破さんがよいと思います。今後、日本維新の会などと渡り合うには、論理的に話ができる人間が党首に必要です。

>◆大阪市の橋下市長が代表を務める大阪維新の会についてうかがいます。次の衆議院選挙で、大阪維新の会が国会で影響力を持つような議席を取ってほしいと思いますか。
この設問は延々と繰り返していますが、もう無意味ではないでしょうか。大阪維新の会(日本維新の会)が国会で影響力を持つようになるのはまず間違いないことです。

>◆消費税を2014年4月に8%に、2015年10月に10%に引き上げることに賛成ですか。反対ですか。
反対です。 

>◆福井県の大飯原発のほかにも原発の運転を再開することに賛成ですか。反対ですか。
朝日新聞は執拗に原発にこだわっていますが、エネルギー政策全般の方向性を問う設問にしないと、冷静な議論に役立たないと思います。

この時期の世論調査ならば、領土問題についても質問して欲しかったです。朝日新聞は領土問題より原発問題への関心が高いのでしょうか。

参:同趣旨のBlogの記事です。
【朝日新聞】世論調査
【朝日新聞】世論調査
【朝日新聞】世論調査
【朝日新聞】世論調査 2012年6月
【朝日新聞】世論調査 2012年6月28日
【朝日新聞】世論調査7月10日
【朝日新聞】世論調査―質問と回答〈8月4、5日実施〉
【朝日新聞】世論調査―質問と回答〈7・8月実施〉

【朝日新聞】わたしの紙面批評:領土問題の緊迫化

9月11日 朝日新聞紙面審議会委員で神戸女学院大名誉教授の内田樹さんが「領土問題の緊迫化」という文を載せています。

 竹島と尖閣で領土をめぐる問題が緊迫化している。領土問題を論じる場合につねに念頭に置いておくべきだが、新聞があまり書いてくれないことが二つある。それを備忘のためにここに記しておきたい。
 第一は領土問題の解決方法は二つしかないということである。一つは戦争。勝った方が領土を獲得する。もう一つは外交交渉。双方が同程度の不満を持って終わる「五分五分の痛み分け」である。
(略)
 第二も新聞が書きたがらないことなので、ここに大書しておく。それは日本の場合、領土問題は2カ国問題ではなく、米国を含めた3カ国問題だということである。
 米国は竹島、尖閣、北方領土のすべての「見えない当事者」である。これらの領土問題について、問題が解決しないで、日本が隣国と軍事的衝突に至らない程度の相互不信と対立のうちにあることによって自国の国益が最大化するように米国の西太平洋戦略は設計されている。
 もし領土問題が円満解決し、日中韓台の相互理解・相互依存関係が深まると、米国抜きの「東アジア共同体」構想が現実味を帯びてくる。それは米西戦争以来120年にわたる米国の西太平洋戦略の終焉を意味している。米国は全力でそれを阻止しなければならない。
 私は米国が「悪い」と言っているのではない。自国の国益を最優先に配慮して行動するのは当然のことである。9月4日朝刊3面「米、尖閣対立に危機感」のような記事もあったが、私がここで言う視点とは違う。領土問題で、米国の国益と日本の国益が背馳することもあるという自明のことを新聞は報じたがらないので、ここに記すのである。


内田氏の第二の指摘には賛成できかねます。

米国が日露・日中・日韓の相互不信を望んでいるとしても、具体的に米国が何をしたのか、あるいは何をしないことでその状況を作っているのか内田氏は語っていません。

そもそも米国には、ロシア(あるいは旧ソ連)や中国に影響力を行使できるはずがありません。日本と争わせるために、北方領土から手を引かないように米国がクレムリンに命令していた、とでもいうのでしょうか。あるいは、日本と争わせるために、尖閣諸島を狙うように北京をたきつけたとでもいうのでしょうか。常識的には考えられません。

ただし、韓国には影響力はあります。韓国が竹島を不法占拠した初期の段階で、米国は韓国に手を引かせることができたはずです。しかし、その時点で、「東アジア共同体」の出現を嫌って日韓が争うように放置したなどというのは妄想に近いものがあります。

内田氏の主張は、典型的な陰謀論のたぐいです。

内田樹氏の文章への感想は、以下にもあります。
【朝日新聞】沖縄基地問題の報道

【朝日新聞】「天皇訪韓」発言、真意は… 李大統領が吐露

9月9日朝日新聞朝刊より引用します。

(略)
 韓国の李明博大統領が、日韓関係に詳しい専門家らを緊急招集し、今後の対日政策について協議していたことが8日わかった。李大統領は、天皇に謝罪を求めたとされる自らの発言について、真意が伝わっていないと語ったという。
 李大統領は5日早朝、大統領府に専門家らを招き、約2時間にわたって日韓関係について議論。協議参加者らによると、李大統領は「私の発言がねじ曲げられて日本に伝わっている」と述べ、強い不快感を示した。
 また、「過去の問題が浮上するたび、日本との関係が悪くなる。この悪循環を日王(天皇)の韓国訪問で断ち切れないか。何とか自分の任期中にケリをつけられないか」という趣旨の説明をしたという。
 8月14日の李大統領の天皇への「謝罪要求」は、天皇訪韓に条件を付けたものと日本側では受け止められていた。しかし、韓国政府関係者は「まず謝罪ありきのように強調されるが、一気に懸案を解決するには天皇訪韓ほどの大胆な決断が必要ではないか、というのが大統領の本意だ」と補足した。
 野田佳彦首相が謝罪と撤回を求めた「天皇発言」について、李大統領は竹島訪問以上に日本の反発を招いているとの報告を受けた。李大統領は外交ルートを通じて日本政府側に説明するように指示。すでに日本政府側に伝わっているという。
(略)
 李大統領は8月10日、現職の大統領として初めて、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島〈トクト〉)を訪れた。その4日後、教職員を対象にしたセミナーで「(天皇は)韓国を訪問したければ、心から謝るのがいい」と語った。

 韓国の李明博大統領が悪化した日韓関係への対応について専門家と検討していたことが明らかになった。竹島訪問、天皇への「謝罪要求」、さらに野田佳彦首相からの親書受け取り拒否と続いた「知日派」大統領の強硬姿勢の裏側には何があったのか。
 5日午前7時、大統領府で始まった「緊急協議」は、専門家たちの助言を聞くのが目的だった。だが、いざ始まると、李大統領が一方的にまくし立てた。「私は日本と真の未来志向の関係を作りたいだけだ」
 問題の天皇発言は8月14日、地方で開かれたセミナーの終了間際に飛び出した。出席者が突然、竹島訪問の所感を求めた。想定外だった。
 韓国大統領府は事前登録した記者だけが使えるサイトを運営している。発表文のほか、代表取材をした記者のメモも掲載し、他の記者も利用できる。質問に対する大統領の答えは当初、「(天皇も)韓国を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさいと言った」とサイトに載った。日本から訪韓要請を受けた韓国が、謝罪を条件として示したかのような表現だった。
 その後、夕方になって「訪韓したいなら……心から謝るのが良い」と訂正されたが、すでに発言の波紋は大きく広がっていた。韓国政府関係者は「大事な時期だけに、広報担当が細心の注意を払うべきだった」と悔やむ。
(略)
 5日早朝の緊急協議で李大統領は「日本と話していると弁護士と話しているようだ。法律、法律と、どうしてあんなに原則に固執するのか。話し合いで解決できる問題なのに」と述べたという。
 協議の出席者の一人は「大統領は今も厳密な法的解決を求めていないようだ。ならば、まだ折り合える可能性がある。両政府は解決に向けた努力を続けるべきだ」と語った。(ソウル=箱田哲也)


この記事を読んだ感想は、李大統領というのは非常に信用ならない人間だというものです。

韓国のサイトでは「韓国を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るなら来なさいと言った」を「訪韓したいなら……心から謝るのが良い」と訂正しています。つまり、日本側から訪韓の希望を出していた、という前提を取り下げただけで、訪韓して謝れ、という主張は同じです。ところが、この記事によれば李大統領の真意は「懸案を解決するには天皇訪韓ほどの大胆な決断が必要」というものだそうです。

韓国のサイトに載った文言と、”真意”に距離があり過ぎます。

おそらく、次の流れがあったと思われます。

まず、日本側から訪韓したがっているというのは事実ではないと反論されたので、それだけ訂正してみた。しかし日本の反発はおさまらなかったので、懸案を解決するための方策として天皇訪韓を提案したことにしてみた。

いままでの発言と矛盾があり過ぎてまるで信用できません。日本の反発にびっくりして次々と嘘を重ねているのでしょう。嘘つきの典型的な行動パターンです。

【本】信長は謀略で殺されたのか 本能寺の変・謀略説を嗤う

信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う (新書y)信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う (新書y)
(2006/02)
鈴木 眞哉、藤本 正行 他

商品詳細を見る

本能寺の変は、実は光秀の後に黒幕がいたという説。あるいは光秀以外の手によるものだという説。こうした本能寺の変にまつわる謀略説を検証したものです。

きちんと根拠を示して、本能寺の変の前後の人々の動きが解説され、光秀が単独で突発的に起こした事件であることを論証しています。

論証部分も説得力がありますが、一番興味を引かれたのは、本能寺の変に裏がある、と言われだしたのが、太平洋戦争終結後だということです。それまでは、主君に弓をひいた光秀は悪いやつだ、という順逆史観に支配されていたというのはなるほどと思いました。

謀略説を触れ回った人々にも厳しいことを書いていますが、それを受け入れてきた側にも批判の目が向けられています。

謀略好きの体質は、話を作る側だけの問題ではなく、受け入れる側の問題でもある。その種の話を喜んで受け入れる人間が大勢いるから、謀略説は普及したのである。


私も「歴史の謎」には無関心ではなかったので、この一節にはも反省させられることしきりです。

また、NHKの歴史番組が本能寺の変謀略説の普及に重要な役割を与えているとの指摘はまじめに考える必要があると思います。ドラマなら仕方のないところもありますが、NHKの教養番組でも見る人が見れば問題だらけのようです。目から鱗が落ちました。


【アニメ】うぽって

うぽって!! DVD 通常版 第1巻うぽって!! DVD 通常版 第1巻
(2012/08/31)
野水伊織、富樫美鈴 他

商品詳細を見る

評価のしづらい作品です。何を見せようとしているのかわからないうちに最終回をむかえてしまいました。

擬人ものなのでとっつきにくい話ですが、そこは納得してもよいです。しかし、登場人物のすべてが銃の擬人化ならまだ分かりますが、人間(現国の教師)が登場してしまうと、この世界をどう解釈していいのか、分からなくなります。

女の子の表情や仕草は可愛いので、そこには魅力がありました。日常回はそれなりに楽しめました。しかしそれだと擬人ものにする意味がありません。

銃器のうんちくも好きな人には楽しいのかもしれませんが、一般的な知識以上の銃の知識を持っていない私にはなんのことやらさっぱりでした。このためキャラクタの性格をつかむのが難しかったです。

銃撃戦シーンは本格的だったとは思いますが、撃たれると死ぬことがあるのか怪我をするだけなのか、といった作品内のルールが分からないので、のめりこむことができませんでした。

よく分からない作品だとしかいいようがありません。

【展覧会】ベルリン国立美術館展

於:国立西洋美術館

ベルリン国立美術館から、15世紀から18世紀にかけての西洋美術の作品を集めています。目玉はヨハネス・フェルメールの「真珠の首飾りの少女」。ちょうど東京都美術館のマウリッツハイス美術館展の「真珠の耳飾りの少女」との競演となりました。

こちらの方は東京都美術館のような混雑ではありませんでしたが、平日の割には人が多かったように思います。相乗効果というものなのでしょうか。

ルーカス・クラーナハ(父)の「マルティン・ルターの肖像」は美術ではなく歴史の本でみた覚えがあります。ただしクラーナハによるルターの肖像画は多数存在するみたいなので、この絵そのものだったかどうかは定かではありませんが。

ルーカ・ジョルダーノの「エウクレイデス」と「アルキメデス」の二点が印象に残りました。偉大な学者の二人ですが、英雄視することなく、普通の老人のように描いているのが面白いと思いました。

音声ガイドは、女優の小雪さんでした。

9月17日まで開催しています。

【朝日新聞】記者有論:言語の呼び名 「国語」卒業し「日本語」に

館山支局長の清水弟氏の文章です。

 どうして日本語ではなく、「国語」にこだわるのか。夕刊コラム人脈記「日本語の海へ」を今年6月まで取材しながら、気になっていた。
 谷川俊太郎、大岡信、安野光雅、松居直氏が作った小学校1年の教科書「にほんご」には、ボンジュール、アンニョンハシムニカ、ブエノスディアスなど世界各国のコンニチハが紹介され、日本語が相対的なものであることを教えている。「国語」では、その相対性が伝わらない
 同じ日本語なのに、母語である日本人は国語として教わり、外国人なら日本語教育と変わる。これが相当おかしな習慣であることは、外国で生活するとよく分かる。
 国語学会の「日本語学会」への改称を取材したのは2003年のことだ。古い写本や版本など文献学的な研究には「国語」がふさわしいという声もあったが、世界に通用する学問にするためにも名称変更が望ましいという意見が多く、投票の結果、会員の過半数が「日本語」を選んだ。
 国立国語研究所にも改称の動きはあったが、見送られたという。日本語学会の会長だった、野村雅昭・早大名誉教授によると、2009年に独立行政法人から大学共同利用機関法人への移管にともない、事務局の原案は「日本語研究所(仮称)」だったのに、閣議決定の文言などを理由に「当面は国立国語研究所」となった。将来変更の可能性もにじむ決着だ。
 「祖国とは国語であり、それ以外の何ものでもない」という、シオランの言葉がよく引用されるが、原文はLANGUE(言語)である。フランス語で著作を発表した、ルーマニア出身の思想家の言葉を翻訳するなら、むしろ「母語」が似つかわしい。
 「国語」は日清戦争の始まった1894年、言語学者・上田万年(かずとし)が「日本語は日本人の精神的血液なり」と提唱して使われ始めた。国家語・国民語の意味で、ペアの関係だった「国史」が戦後は消えたのに、国語は生き残った。
 作家・水村美苗さんは「日本語が亡びるとき」で、米国の政治経済力やインターネットの普及が、英語を人類の英知を表現する「普遍語」に押し上げ、日本語は地域語に落ちかねないと警告した。彼女には、イタリアの名門・ミラノ工科大学が2014年から大学院の全課程を英語にすると決めたのも気がかりだ。
 時代は大きく動いている。そろそろ国語を卒業していいころではないか。


さっぱり理解できない主張です。「国語」と呼称することにどういう不都合があるのか、「日本語」と呼称することにどういう利点があるのか、これではよくわかりません。せいぜい主張らしきところは、「その相対性が伝わらない」だけです。しかし、相対性が伝わることの意義は書かれていません。そもそも相対性を理解するのにもっとも確実な方法は外国語を勉強することのはずです。「国語」を「日本語」と呼び変えることに何ほどの意義があるのか疑わしく思います。

イタリアの大学院の課程が英語で行うことが気がかりだ、と声を紹介していますが、それと「国語」の呼称との関連も書かれていません。

何か特殊な思想に基づいて主張を展開しているようですが、清水氏の思いは、読者には伝わってきません。

念の為に言っておきますが、「国語」を「日本語」と呼びかえることに反対しているわけではありません。清水氏の主張に根拠がないことを指摘しているだけです。

【展覧会】マウリッツハイス美術館展


フェルメールへの招待フェルメールへの招待
(2012/02/24)
朝日新聞出版

商品詳細を見る


オランダのマウリッツハイス美術館の名画展です。目玉は、ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。他にもルーベンスやレンブラントといった巨匠の絵もあります。「~~美術館展」と銘打った展覧会は、テーマが散漫になるきらいがありますが、このマウリッツハイス美術館展は、16から17世紀のオランダ美術に焦点があたっています。

平日の昼間に行ったにも関わらず入場までに1時間待ちでした。仲に入っても、「真珠の耳飾りの少女」の前はまた長蛇の列です。さかんに宣伝していたこともありますが、絵に人気があるのは確かなようです。

大勢の見物客が押しかけていましたが、職員の方々が頑張って事故のないように案内してくれていたのが印象に残っています。お疲れ様でした。

9月17日までです。

【映画】コードギアス 亡国のアキト 第1章「翼竜は舞い降りた」

アニメ「コードギアス」のスピンオフ。4章構成の第一章です。

時期的には、「コードギアス」の第一シーズンと第二シーズンの間、舞台はヨーロッパ。第一章ではTVアニメの登場人物は出てきません。パラレルワールドになっている設定も丁寧に説明しているので、初見の人でも大丈夫です。設定の説明についてはTVアニメより詳しくなっている部分さえあります。

作品の性質上が、女性の観客が目立ちました。

映像は迫力たっぷりで、ナイトメア(「コードギアス」世界の巨大ロボットの名称)もよく動きます。大画面で観る価値は十分にあります。

わずか一時間たらずの間に、結構盛り込んでいますが、わかりにくいことはありません。テンポもよいです。

ギアス能力(「コードギアス」世界で出てくる超能力のようなもの)は出てこないのかと思っていたら、最後に主人公の血縁者(?)らしき人物がギアス能力を使いました。しかもルルーシュ(「コードギアス」の主人公)と同じ能力のようです。ただならない展開になりそうです。

初見の人はもちろん、「コードギアス」が好きな人にも楽しめます。

ちょっと違和感があったのは、E.U.軍の女性用の軍服が女性っぽすぎるところです。あれだとパーティーで周りから浮いているという感じにはなっていません。ビジュアルを重視しすぎたと思います。

あと「翼竜」が何を指しているのかよくわかりませんでした。これは私が悪いのかな?

第二章の公開は、来年春です。ちょっと間が空きますが、いまから楽しみです。

【本】今日からアニメなお仕事!


今日からアニメなお仕事! (講談社X文庫―ホワイトハート)今日からアニメなお仕事! (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2007/06)
安堂 ねい

商品詳細を見る


アニメ業界を題材にした小説です。作者も主人公と同じようにアニメ会社で制作進行をしていたので、業界の様子はほぼありのままだと思われます。

私もアニメはよく観ますが、実際にどういう役割で制作しているのかはとんと知りませんでした。「原画」と「動画」の違いはなんとなくは知っていましたが、「制作進行」がなにをしているのかは、不覚にもいままで知りませんでした。

別にこうした知識がアニメの鑑賞に必要不可欠だとは思いませんが、アニメのエンドロールを気にして見るようになったのは確かです。

【朝日新聞】耕論:中韓ともつれる日本「経済力で押す時代ではない」

8月31日朝日新聞朝刊 オピニオン欄に、早稲田大大学院教授の李鍾元氏の「経済力で押す時代ではない」というインタビュー記事が載りました。

 欧州が域内の主権国家を水平的にとらえるのに対し、東アジアは序列でものを考えます。大国ナショナリズムを巡る応酬に陥りやすい土壌があるのです。
 東アジアでは今、中国の急速な台頭で、大きなパワートランジション(勢力図の移行)が起きています。こういう時に一番、紛争が起きやすい。中国の国内総生産(GDP)が世界1位の米国を抜くのは、かつて2030年と言われていました。しかし欧米経済の低迷で20年代と予測が早まっています。今の東アジアの状況は、ドイツが台頭し世界大戦に向かっていった19世紀末の欧州と似ていると言う学者もいます。もちろん、域内の社会や経済の融合が深まっているので、単純な昔の繰り返しにはなりませんが。
(中略)
  竹島は韓国にとっては日本による侵略の始まり、歴史問題として受け止められています。私はそうした韓国国民の心情は理解しますが、李明博大統領が島を訪れたやり方やタイミングは外交的には賢明ではなかったと思います。問題が思わぬ方向に拡散しているからです。
 しかし日本は、経済など他の争点と結びつけるのは賢明ではないでしょう。韓国では、1965年に歴史問題で妥協して日本からの経済協力を優先させたので、歴史と経済を結びつけると、反発がより広がりやすい。
 戦後、日本は経済力や技術力を土台に外交を進めてきました。が、もう経済で何とかなる時代ではありません。今こそ多様な外交力を鍛え発揮すべき時です。(聞き手・久田貴志子)


経済など他の争点と結びつける、と言っているのは、韓国国債の購入問題や、スワップの延長問題のことだと思われます。

なぜ、経済などと結び付けていけないかというと、これがはっきりしません。前段を読むと、中国の台頭で相対的に日本の経済力が落ちたから経済問題とからめても効果が薄くなった、と言いたいようです。しかし、後段では、韓国で反発が広がるから、とも言っています。

どちらにせよ、抗議のために行うのですから、反発が広がるのは結構なことだと思います。実際に効果がなくても、意思を示すことは意味があります。李氏の発言を読む限り、日本にとっては結構なことのように思います。

そもそも、「もはや~~する時代ではない」というフレーズを並べるのは、論理が定かでない証拠のように思えます。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle