【毎日新聞】婚約破棄:「在日差別意識に起因」 女性が市議を提訴

毎日新聞の記事より

 婚約相手だった兵庫県内の自治体の30代男性市議に自分の祖父が在日韓国人だと告げたところ、婚約を破棄されたとして、大阪市の会社員の女性(28)が市議に550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。市議側は結婚できない理由として「政治的信条から消極的にならざるを得なかった」と説明しているが、女性側は「差別意識に起因し、不当だ」と批判している。人権問題に詳しい専門家からは市議の対応を問題視する声が上がっている。
 提訴は昨年10月。訴状などによると、市議と女性は結婚相談所の紹介で同3月に知り合った。市議は同6月、「あなたのことが大好きです」などと書いた手紙を渡して「結婚したい」と伝え、女性も承諾した。しかしその数日後、女性が自分の祖父は在日韓国人だと市議に伝えると、市議は「韓国の血が流れている」などとして婚約を破棄したという。女性自身は日本国籍だった。
 市議側は地裁に提出した書面で「結婚したい」といったん女性に伝えたことは認めた上で、「保守派の政治家として活動し、在日韓国人らに対する選挙権付与に反対するなどの政治的スタンスをとっており、政治的信条などから結婚できないと考えた」と説明。さらに「婚約は成立していない」として請求の棄却を求めている。
 市議本人は取材に「弁護士に任せているのでコメントできない」としているが、女性は「どれだけ人を傷つけたのか、深く受け止めてほしい」と話した。在日外国人問題に詳しい田中宏・一橋大名誉教授は「結婚で出自を問う発想は問題だ。政治家としての考え方があるから正当化されるものではない」と指摘している。
(略)


私も在日外国人への選挙権付与には反対です。しかし、それは民族差別が理由ではありません。日本国籍があるなら出身がどこであろうと選挙権は付与されるべきです。しかし日本国籍を持たないのであるなら選挙権は与えるべきでない、という考えです。民族は関係ありません。国籍が問題なのです。

この記事ではわからない、もっと深い事情があるのかもしれませんが、ここでは記事だけをもとに判断します。この市議のやったことは民族差別です。婚約が成立しているかどうかは知りませんが、許されない差別です。

そもそも、外国人に選挙権を与えるべきではないという主張と、奥さんの祖父が外国人であるということはなんら矛盾することではありません。この市議の言う「政治的信条」の底の浅さには首をかしげるばかりです。

私は、外国人に選挙権を与えるな、意見を持っていますが、このような差別主義者と一緒に見られるのははなはだ不本意です。

スポンサーサイト

【朝日新聞】こころ:拒む気持ち貫いて

1月28日朝日新聞夕刊。「こころ」という人生相談のようなコーナーがあります。どういうわけか、質問者の性別年齢などは不明です。

今回の質問は「戦争」と題して次のようなものでした。

隣国とのきな臭い話をしきりに耳にします。戦争はいやです。誰かを守るためには、誰かを殺さないといけないのですか。


これに対して哲学者の森岡正博氏が回答しています。刑法の正当防衛の例をひき、「仕方のない選択肢として許されるべきだと私も思います」とし、戦争でも侵略者と戦い殺しても許されるべき、という解釈をします。

おかしな回答だと思います。「許されるべき」かどうか、を質問しているのはありません。「いけないのか」と尋ねているのです。回答になっていません。

その後、森岡氏の回答はさらに迷走します。

しかし、現代日本において、一市民が軍隊相手に戦う可能性はそれほど高くないでしょう。あなたが武器を取って戦うことがあるとすれば、それは日本に徴兵制が敷かれて、軍人として戦争に加わるときです。
たとえ正当防衛であれ、誰かを守るために誰かを殺すのはイヤだというあなたの感受性を、私は指示します。あなたが殺すのを拒むのは、あなたが弱い人間だからではなく、あなたが人間のいのちを真に尊重しているからです。
もし徴兵制になったときは、自分の良心に従って、「良心的兵役拒否」を貫いてください。罰を受けるかもしれませんが、人を殺すよりもしです。つらい仕打ちをくぐりぬけて、生き延びてください。殺すことに加担しなかったという選択こそ、あなたが後世に残すことができる本物の希望なのですから。


侵略されるのと徴兵制が敷かれるのと、どちらの可能性が高いかは置いておいても、森岡氏はここでも質問の前提を無視しています。質問は「誰かを守るためには、誰かを殺さないといけないのですか」というものです。良心的兵役拒否なら罰を受けても恥ずかしくない、というのは回答になっていません。

「外国の軍隊が自分の愛する人を殺そうとしています。あなたの手には銃があります。撃たなければ愛する人を守れません。この場合、撃たなければいけないのか? 」

これが質問の本旨です。

森岡氏の回答ははぐらかしだと思います。

【時事問題】退職金減額前の早期退職

朝日新聞より引用します。

教職員早期退職「教委は慰留を」 下村文科相
 退職金の減額前に早期退職する教職員が相次いでいる問題で、下村博文文部科学相は25日の閣議後会見で、「都道府県教委は、早期退職を希望する個々の先生に対し、慰留、説得をしてほしい」と述べた。文科省は、都道府県教委にこうした考え方も通知することを検討している。
 下村文科相は、退職金減額の狙いは官民格差の是正だと説明。「例えば埼玉県では約40億円のコスト削減になる」と紹介し、制度上の問題はないとの認識を示した。そのうえで「先生方には納得しがたい部分もあるかと思うが、ぜひご理解いただきたい」と述べた。


下村文科相の言っていることには違和感があります。

予算を削減したいという趣旨(それ自体は結構なことですが)で退職金減額を決定しておきながら、当事者の教員がお金大事で行動することを非難するのは二重基準です。今回の教員たちは国や地方自治体と同じように金銭が重要だと考えたにすぎません。文部科学大臣に彼らを非難する資格はありません。

年度途中で辞めて欲しくないなら、そのような制度にすればいいだけの話です。これは「制度上の問題」だと思います。

【世論調査】朝日新聞:1月22日

1月22日朝日新聞朝刊に世論調査の結果が公表されました。

丸カッコ内の数字は2012年12月26、27日の内閣発足緊急調査結果)

 ◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する  54(59)
 支持しない 23(24)

 ◇それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一。左は「支持する」54%、右は「支持しない」23%の理由)
 首相が安倍さん  13 〈7〉 14 〈3〉
 自民党中心の内閣 25〈13〉 27 〈6〉
 政策の面     40〈22〉 42〈10〉
 なんとなく    19〈10〉 13 〈3〉

 ◆いま、どの政党を支持していますか。
自民36(36)
民主5(9)
維新6(8)
公明3(2)
みんな3(6)
共産2(2)
生活0(2)
社民1(1)
みどりの風0(0)
国民新0(0)
新党大地0(0)
新党改革0(0)
その他の政党0(0)
支持政党なし36(29)
答えない・分からない8(5)

 ※生活の丸カッコ内の数字は内閣発足緊急での日本未来の党の数字。

 ◆今年の夏に参院選があります。仮にいま投票するとしたら、比例区ではどの政党、またはどの政党の候補者に投票したいと思いますか。次に挙げる政党の中から一つだけ選んで下さい。(択一)

自民40
民主7
維新16
公明4
みんな7
共産3
生活1
社民2
みどりの風0
国民新0
新党大地0
新党改革0
その他の政党1
答えない・分からない19

 ◆この夏の参院選の結果、参院全体で自民党と公明党の議席が過半数を占めた方がよいと思いますか。占めない方がよいと思いますか。
 占めた方がよい  46
 占めない方がよい 34

 ◆この夏の参院選で、自民党と公明党に対抗するために、それ以外の野党が選挙で協力するべきだと思いますか。そうは思いませんか。
 協力するべきだ 50
 そうは思わない 32

 ◆安倍首相の経済政策に期待できると思いますか。期待できないと思いますか。
 期待できる  49(49)
 期待できない 32(32)

 ◆安倍政権は今回、公共事業を柱とする経済対策をまとめました。今回のこの経済対策を評価しますか。評価しませんか。
 評価する  49
 評価しない 29

 ◆公共事業を柱とする経済対策を進めるために、国の借金である国債の発行を増やしてよいと思いますか。増やすのはよくないと思いますか。
 増やしてよい    22
 増やすのはよくない 65

 ◆安倍政権は東日本大震災の復興に向けた予算を増やす方針です。復興予算が今後、地震や津波の被害を受けた地域のために適切に使われると思いますか。そうは思いませんか。

 適切に使われる 44
 そうは思わない 37

 ◆福井県の大飯原発のほかにも原発の運転を再開することに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 35
 反対 49

 ◆原子力発電を段階的に減らし、将来はやめることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 75
 反対 16

 ◆安倍政権に原発への依存度を減らしていく姿勢を感じますか。感じませんか。
 感じる 20
 感じない 57

 ◆福島第一原発周辺の除染作業について業者の手抜きが明らかになりました。除染作業を管轄している環境省の対応は適切だと思いますか。適切ではないと思いますか。
 適切だ 6
 適切ではない 76

 ◆消費税を来年4月に8%に、再来年10月に10%に引き上げることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 38
 反対 53

 ◆消費税を引き上げる時に、食料品など生活必需品の税率を低く抑える軽減税率を導入することに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 79
 反対 14

 <調査方法> 19、20の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した(福島県の一部を除く)。世帯用と判明した番号は3083件、有効回答は1703人。回答率は55%。


この世論調査が私のところに来たと仮定して回答してみます。

>◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
いまのところ支持します。

>◇それはどうしてですか。
政策面で支持します。デフレ脱却という目標は正しいと思います。

>◆いま、どの政党を支持していますか。
支持政党はありません。

民主党が壊滅的な数字になっていることに驚きです。誤差の範囲ですが維新に抜かされました。このままでは社民党(社会党)の二の舞もありえます。しかしながら、反自民票が簡単に維新に向かうとも思えません。今後の注目は二位争いだと思います。
ゴタゴタが続いた生活が0になったのは不思議ではありません。

>◆今年の夏に参院選があります。仮にいま投票するとしたら、比例区ではどの政党、またはどの政党の候補者に投票したいと思いますか。次に挙げる政党の中から一つだけ選んで下さい。
やはり自民党かと思います。

>◆この夏の参院選の結果、参院全体で自民党と公明党の議席が過半数を占めた方がよいと思いますか。占めない方がよいと思いますか。
占めたほうがよいと思います。野党のチェックも行き過ぎると政治の機能不全になります。当面は自民党に思い切った舵取りを望みます。

>◆この夏の参院選で、自民党と公明党に対抗するために、それ以外の野党が選挙で協力するべきだと思いますか。そうは思いませんか。
そうは思いません。与党の何に反対するかを明確にしなければただの野合です。

>◆安倍首相の経済政策に期待できると思いますか。期待できないと思いますか。
正直言って、期待したいのですが、不安もあります。

>◆安倍政権は今回、公共事業を柱とする経済対策をまとめました。今回のこの経済対策を評価しますか。評価しませんか。
いまさら公共事業か、という気もします。要不要をきちんと管理できるなら期待したいと思います。

>◆公共事業を柱とする経済対策を進めるために、国の借金である国債の発行を増やしてよいと思いますか。増やすのはよくないと思いますか。
ある程度は仕方ないことかと思います。

>◆安倍政権は東日本大震災の復興に向けた予算を増やす方針です。復興予算が今後、地震や津波の被害を受けた地域のために適切に使われると思いますか。そうは思いませんか。
適切に使って欲しいです。使われるかどうか、という質問へは「わかりません」としか言えません。

> ◆福井県の大飯原発のほかにも原発の運転を再開することに賛成ですか。反対ですか。
> ◆原子力発電を段階的に減らし、将来はやめることに賛成ですか。反対ですか。
> ◆安倍政権に原発への依存度を減らしていく姿勢を感じますか。感じませんか。
> ◆福島第一原発周辺の除染作業について業者の手抜きが明らかになりました。除染作業を管轄している環境省の対応は適切だと思いますか。適切ではないと思いますか。

原発に関する話題はもう飽き飽きです。

>◆消費税を来年4月に8%に、再来年10月に10%に引き上げることに賛成ですか。反対ですか。
反対です。まだ早いと思います。

>◆消費税を引き上げる時に、食料品など生活必需品の税率を低く抑える軽減税率を導入することに賛成ですか。反対ですか。
賛成です。

【展覧会】白隠展

於:Bunkamura ザ・ミュージアム

禅僧による禅画です。民衆の教化も目的としたためか、ユーモラスな絵も多いです。また、書も展示されていました。

日曜に行きましたが、あまり混んでいませんでした。知名度がそれほど高くないことが理由かもしれません。客層もとくに宗教関係と思えるような人は見当たりませんでした。

宗教心があれば心に響くものがあるのかもしれませんが、現在の我々には教養としての絵画鑑賞にでしかありません。白隠自身にとってそれは不本意なことなのかもしれません。そんなことを考えてしまいました。

2月24日までです。

【展覧会】時代の美 第3部 桃山・江戸編

於:五島美術館

第1部、第2部に続いて鑑賞。

今回は、桃山・江戸編です。

焼き物が多く展示してありました。

私の目を惹いたのは、信長・秀吉・光秀といった戦国武将の書状です。書を見ることでひととなりがわかるとも聞きますが、もちろん私にはそんなまねはできません。しかし、有名な戦国武将たちが書いた書を間近で見ると、テレビドラマのキャラクターではなく実際に存在した人間であることを、まざまざと印象づけられます。いいしれぬ感動を覚えました。

2月17日までです。

【本】三人の中の一人


三人の中の一人 (1977年) (イフ・ノベルズ)

1932年のS.A.ステーマンの本格推理小説。

S.A.ステーマンというと一風変わった小説が多いですが、これは堂々とした本格推理小説です。ただし、作中に人工的に作り出した奇形を登場させるなど、怪奇趣味も忘れていません。

ヴァン・ダインの「ベンスン殺人事件」で使った弾道から犯人の身長を割り出すという手法を数回にわたり修正しながら駆使しています。作中にも「ベンスン殺人事件」に言及しています。

ただし、この作品では、弾丸の発射地点を犯人の身長であるという前提で推理が繰り広げられているようです。元になった「ベンスン殺人事件」をひくまでもなく、犯人は頭の上に銃を乗せて撃つわけではありません。作者が勘違いをしているとしか思えませんでした。

三つの殺人事件が連続しておきます。犯行の動機は、ある有名作を先取りしたものです。これはちょっとビックリしました。

なお、題名の意味は最後にわかります。

本格推理小説ファンにお勧めの一品です。

【映画】宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」


宇宙戦艦ヤマト2199 4 [DVD]宇宙戦艦ヤマト2199 4 [DVD]
(2013/02/22)
菅生隆之、小野大輔 他

商品詳細を見る

前回からの続きで、捕虜のガミラス人(メルダ)を中心とするエピソードから始まります。地球とガミラスの戦争のきっかけについての証言でヤマト内部に不協和音が広がります。かならずしもガミラスが悪と片付けるつもりではないようです。ガミラス人と地球人のDNAが同じ、という衝撃的な事実が明らかになりましたが、メルダも含めてみんなそれほど驚いていないところを見ると、この件はこれ以上は引っ張らないつもりかもしれません。

ドメル将軍が白色彗星帝国相手に戦争しているシーンがあり、旧作のファン(もしかして観客全員?)は大喜びです。

TVシリーズの「ヤマトⅢ」に出てきた次元潜航艇(要するに潜水艦)も登場しました。この次元潜航艇の内部が狭っくるしくて描いているのがリアルです。緊張感のある駆け引きを見せてくれましたが、決着は第五章に持ち越しのようです。

ガミラス本星の様子がどんどんあきらかになってきました。デスラー周辺で政治的な対立があること、一般市民はそれなりに普通の生活をしていることなどです。元のシリーズではヤマトはガミラス本星を壊滅状態にします。それを踏襲するとなると、彼ら一般人はほぼ全滅の憂き目にあいます。さすがにそうはしないと思います。このシリーズでは、どう決着をつけるのか楽しみです。

今回の最後のエピソードは、魔術的というのか今までにない雰囲気でした。それぞれが過去を思い出しますが、森雪の過去はまだよく判然としません。次章に話がつながるようです。

中だるみせずにぐいぐい引き付けてくれます。次章も楽しみです。

【映画】宇宙戦艦ヤマト2199 第一章「遥かなる旅立ち」
【映画】宇宙戦艦ヤマト2199 第二章「太陽圏の死闘」
【映画】宇宙戦艦ヤマト2199 第三章「果てしなき航海」
【映画】宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」
【映画】宇宙戦艦ヤマト2199 第五章「望郷の銀河間空間」
【映画】宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン
【映画】宇宙戦艦ヤマト2199 第七章 そして艦は行く

2013冬調査(2012/10-12月期、終了アニメ、30+6作品)

アニメ調査室(仮)さんで行っているアンケートに投稿しました。

評価基準は
S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

次のように評価しました。

01,K,C
02,武装神姫,x
03,てーきゅう,x
04,はいたい七葉,x
05,ちとせげっちゅ!!,x
06,ライチDE光クラブ,x
07,神様はじめました,x
08,となりの怪物くん,C
09,ポヨポヨ観察日記,x
10,生徒会の一存 Lv.2,x
11,緋色の欠片 第二章,x
12,好きっていいなよ。,D
13,トータル・イクリプス,D
14,BTOOOM! (ブトゥーム),C
15,うーさーのその日暮らし,x
16,ソードアート・オンライン,A
17,ひだまりスケッチ×ハニカム,x
18,めだかボックス アブノーマル,B
19,ToLOVEる とらぶる ダークネス,x
20,ヨルムンガンド perfect order,B
21,CODE:BREAKER (コード:ブレーカー),D
22,メタルファイト ベイブレード ZEROG,x
23,ガールズ&パンツァー (GIRLS und PANZER),A
24,マジでオタクなイングリッシュ! りぼんちゃん,x
25,お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ,x
26,ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU,x
27,ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2,x
28,カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編,x
29,中二病でも恋がしたい! Lite (ネット配信全 6話),x
30,中二病でも恋がしたい! (TV放送全12話),A
31,(特番) 猫物語 (黒),A
32,(特番) エウレカセブンAO 完結編 (全24話),x
33,(特番) ココロコネクト ミチランダム (14-17話),x
34,(特番) 探偵オペラ ミルキィホームズ Alternative TWO,x
35,(劇場版) ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH,x
36,(劇場版) 映画 けいおん!,S

【アニメ】ヨルムンガンド 2期


ヨルムンガンドPERFECT ORDER 3 (初回限定版) [DVD]ヨルムンガンドPERFECT ORDER 3 (初回限定版) [DVD]
(2013/02/27)
不明

商品詳細を見る

1期に続いて視聴。原作は未読です。

終盤、にわかに盛り上がりました。「目標、世界平和」と言っていたのは冗談なのかと思っていましたが、本気だったとは驚きです。また、ココとヨナが対立するとは驚愕の展開でした。

ただし、その後がいけません。あの時点で、ココがヨルムンガンドを発動させる気がないのであれば、ヨナと対立する意味がありません。作劇上の都合としか見えません。

また、最終回で紛争地からヨルムンガンドを発動させるというのも首をひねります。衛星に信号を送るだけなら、わざわざ傭兵に守られて紛争地に出かける必然性はありません。いままで登場していたキャラクターを活躍させるためにしか見えません。

もう少し、うまくまとめてくれたら傑作になったと思いますが、残念な結末でした。

【アニメ】好きっていいなよ


好きっていいなよ。1【期間限定版】 [Blu-ray]好きっていいなよ。1【期間限定版】 [Blu-ray]
(2012/12/26)
茅野愛衣、櫻井孝宏 他

商品詳細を見る

原作は未読。

なんとなく観ていました。普通の恋愛ものかと思いきや、ヤマト(男の主人公)は学校中の女生徒とキスをしていたらしかったり、メイ(女の主人公)の母親は娘が男と外泊するのを応援したり、と現代日本とは異なる世界の住人のように見えてきました。

もはや普通の恋愛ものでは誰も観てくれないのでしょうか?

主人公の男女ともに、まるで好感がもてません。今になってみると、なんで観ていたのか自分でも不思議です。

【朝日新聞】「思い」と「考え」の間で

1月8日朝日新聞の夕刊に、池澤夏樹氏の『「思い」と「考え」の間で 軽い言葉 軽い衆院選』という一文が掲載されました。

さてもさてもゲーム的な選挙であった。民主党へのうんざり感がそのまま自民党の得票につながった。乱立した小政党はどこも信認を得られなかった。小選挙区制がこの傾向を増幅し、(誰もがいったように)オセロのごとく議員の顔ぶれがバタバタと変わった。
(略)
二年半前にこの欄でこう書いた――
政治家に要求される資質は多々あるから、菅直人が市民運動の出身だというだけで期待するつもりはない。自分たちは正しいという信念で一国の政治を振り回されてはかなわない。
しかし、民主主義において市民運動は政治の基本形である。金権政治でも利益誘導でも談合でもなく、一つの課題について広く意見を集め、議論し、それを政策に反映させるべく運動する。当然、反対者を説得するための論理の言葉が必要になる。感情に訴えるだけの聞こえのいいワン・フレーズではなく、実のある論法が求められる。
菅直人首相は就任の記者会見で「政治の役割は・・・・・・『最小不幸の社会』をつくることだ」と言った。ひさしぶりに為政者の口から質量のある言葉を聞いたと思った(引用ここまで)

ぼくは間違っていたのだろうか?
彼らに期待してはいけなかったのだろうか?
「最小不幸の社会」とは弱者への配慮のある社会である。「最大多数の最大幸福」からこぼれた人たちに手当てすることが政治の責務だ。なぜならば「最大多数」は「全員」ではないから。
だが、この理念が民主党政権によって実現したとは思えない。早い話が、日本で最も差別されている県である沖縄の基地問題は一歩も解決に近づかず、むしろオスプレイの配備で後退した。3.11の被災者のための復興予算は食い荒らされた。大飯原発の再稼動はフクシマで苦しむ人たちに冷や水を浴びせるものだった。
今回の選挙は何を選択したのだろう。民主党の無能への批判はもちろんある。だが、それ以上に「弱者への配慮」に対する無関心が気になる。なぜならば安倍自民党の公約にそういう言葉は皆無だから。それでいて自民党は小選挙区の票の四三%を集めて議席の七九%を得た。
たぶん安倍新政権は「最大幸福」を強調するだろう。経済が元気になればその利は全国民に行き渡ると言うだろう。インフレが好景気のように見える時期もあるかもしれない。近隣諸国に対する強気の姿勢に拍手する人たちもいる。その先にあるものにぼくは不安を覚えるが、それは今は論じない。今、気になっているのは、みんなが「考える」より「思う」でことは決めるようになったことだ。五分間の論理的な思考より一秒の好悪の判断。

この先がむずかしい。ぼくはいわゆる知識人の一人だ。今の世界について情報を集め、自分の中にある思想と突き合わせて、なるべく論理的に意見を構築する。それが社会に対する自分の仕事と思っている。
しかし知識人というのは何の資格でも権限でもない。この欄で書いてきたようなことはすべて新聞を読む人たちに向けた助言・提言でしかない。
言ってみればぼくは国民=有権者=日本人という王様の周囲にいる顧問の一人にすぎない。事態を分析してレポートを作り、判断材料の一つとして王様に提出する。
知識、知性、思想、論理・・・・・・こういう言葉にそのまま価値が伴うわけではない。それは愛情や嫌悪や憧憬などと同じように精神の働きの一つであって、どれに依ってことを決めるかは個々人の問題だ。
最近、王様はとみにこの顧問の言うことを聞かなくなった。その典型が大阪市長橋下徹氏のふるまいで、彼は浜矩子・中島岳志・山口二郎・香山リカ・内田樹・藤井聡などの知識人に対してまことに感情的な反発を表明した。それに賛同する人が多かった。
SNSが一人一人が発言することを容易にした、ということもあるかもしれない。それは「思い」であって「考え」ではないことの方が多い。システムはそれを束ねて増殖させる。「思い」に自信がつき「考え」を排除する。時に多くの人が手近に敵を見つけて叩くというゲームに熱中する。
そしてすべてが軽くなる。「国土強靭化計画」というスローガンの軽さよ。津波の力の前でそんな言葉にどれほどの意味があるか、今、三陸の海岸で瓦礫の前に立ってみればすぐにもわかるだろうに。
言葉がコンクリートより軽くなっていいのだろうか。


読んで、奇妙な印象を持ちました。

池澤氏は、民主党政権へ期待した自分の考えが間違っていたのだろうか、という自身で発した疑問に回答することなく、自民党の勝利の理由は、国民が「考え」なくなったからだ、と言わんばかりです。池澤氏も相当に「考え」がないように見えます。

最近、王様はとみにこの顧問の言うことを聞かなくなった」などと嫌味なくらい慇懃さですが、要するに、知識人の「考え」を聞かずに自民党に投票した国民はバカであり、知識人を愚弄する橋下氏を応援する奴らもバカである、と言っているのと同然です。

私から見れば、ネットによって質の悪い「顧問」の馬脚があらわれやすくなっただけのことです。「知識人」と名乗ったから尊重されてしかるべき、と考えているなら傲慢に過ぎません。

国民をバカ扱いしたのは置くとしても、国民が「考え」ていないとする根拠が示されていません。十分考えて自民党に投票し橋下氏にエールを送った可能性もあります。根拠を示さない主張を述べても「論理的に意見を構築」したとは呼べません。

津波と「国土強靭化計画」というスローガンを対峙させるのもおかしい理屈です。スローガンで津波が防げないのは誰でもわかっています。防波堤をつくって津波を防ぐというのが「国土強靭化計画」の一部のです。「言葉がコンクリートより軽くな」った、というのは言い掛かりに過ぎません。

そもそも「ぼくはいわゆる知識人の一人だ」などと恥ずかしげもなく新聞に書ける神経にはあきれ返りました。

【アニメ】めだかボックス アブノーマル


めだかボックス アブノーマル 第2巻 [Blu-ray]めだかボックス アブノーマル 第2巻 [Blu-ray]
(2013/02/27)
豊崎愛生、小野友樹 他

商品詳細を見る

一期に続いて視聴。原作は未読です。

一期の終わりごろから、バトルを入れててこ入れをはかった、という雰囲気です。倒した敵が仲間になったり、強い奴を倒すとさらに強い奴が現れたりというのも、いかにもという感じです。ただし、パロディとしてわざとそうしている可能性もあります。どちらなのかまだ見きわめがつきません。

観てはいましたが、もう一つ面白さが分かりませんでした。第三期があればもちろん観ますが…

【アニメ】となりの怪物くん


となりの怪物くん 2(完全生産限定版) [Blu-ray]となりの怪物くん 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2012/12/26)
戸松遥、鈴木達央 他

商品詳細を見る

原作は未読です。前提知識なしで視聴しました。

恋愛物だと、主人公の二人がくっつくとそれ以上話が展開しようがありません。この作品の主人公たちは相思相愛とはいえない仲ですので、まだまだ先がありそうです。散りばめられた伏線の回収も全然出来ていません。その意味では中途半端で終わってしまっています。

おそらく、主人公(男)に対する視聴者の好感度は相当に低い、と思います。これはわざとそういうキャラクターにしたと思われます。題名に「怪物」と名づけたのも、そのためでしょう。恋愛物としては異色なのかもしれません。(あんまり恋愛物に詳しくないので想像ですが…)

女性のサブキャラクターたちは結構魅力的に描けていました。反面、男性キャラクターは全般にテキトーな感じがします。これは不思議でした。

また、随所で挿入される声優さんたちのモノローグが、聞きごたえがありました。

2期があれば観ると思います。

【展覧会】新春浮世絵展


パズルの超達人 2016ピース 神奈川沖浪裏[冨嶽三十六景] 23-531パズルの超達人 2016ピース 神奈川沖浪裏[冨嶽三十六景] 23-531
(2007/10/12)
エポック社

商品詳細を見る

於:太田記念美術館

正月に関連ある浮世絵の展示です。風物や暦などです。目玉の展示は、正月とは直接関係ありませんが、北斎の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」です。ちょうど、昨日、テレビ東京の「美の巨人」で取り上げていたので楽しめました。

学芸員さんのスライドトークも目当てで行きました。10分ほど前に着いたのに満席でしたので、後で立ち見となりました。日曜日ということもありますし、スライドトークの日ということもあり、いつもより混雑していたように思います。

1月27日までです。

【アニメ】コード:ブレーカー


コード:ブレイカー 01 【完全生産限定版】 [DVD]コード:ブレイカー 01 【完全生産限定版】 [DVD]
(2012/12/21)
岡本信彦、日笠陽子 他

商品詳細を見る

原作は知りません。

終始、面白さがわかりませんでした。疑問だらけの話です。

まず、ヒロインの位置づけが不明瞭です。一応、視聴者(読者)視点の存在ということと異能の力を抹消できる、というのがコードブレーカーとからんでいる理由づけのようです。しかし、物語の序盤で、主人公が悪人退治をするのにヒロインといっしょに行動する理由にはなりません。国家機密であるはずのコードブレーカーの秘密をペラペラ喋って聞かせるのもおかしな行動です。

最大の敵となった元コードブレーカーNo1も理解しかねる行動をします。こっそり爆弾テロを起こし、それを解決する救世主として登場することで、影の存在だったコードブレーカーを表の存在にしたい、というのが行動の理由とのことです。しかし、コードブレーカーを表の存在にしたいのであれば、自分の異能の力を周囲やマスコミに見せれば済むことです。政府には制止しようがありません。正義の人だったNo1が悪に堕ちてまでやらなければならないという説得力がありません。対峙する悪の原理が、このようにいい加減では盛り上がりようもありません。

主人公を含めたコードブレーカーの行動原理も謎です。なぜ、唯々諾々と国家に従っているのか説明がありません。嫌なことは断ればいいだけです。それだけの力を持っているという設定です。ただし、一人だけは、姉のために従っているという説明がありました。

異能の力も、この作品ならではというアイデアはありません。どこにでもある超能力ものです。バトルも特に盛り上がる絵ではありませんでした。

高い評価はしかねます。

【映画】マリー・アントワネットに別れをつげて


マリー・アントワネットに別れをつげて 映画パンフレット 監督 ブノワ・ジャコー出演 レア・セドゥ、ダイアン・クルーガー、ヴィルジニー・ルドワイヤン、グザヴィエ・ボーヴォア、ノエミ・ルボフスキーマリー・アントワネットに別れをつげて 映画パンフレット 監督 ブノワ・ジャコー出演 レア・セドゥ、ダイアン・クルーガー、ヴィルジニー・ルドワイヤン、グザヴィエ・ボーヴォア、ノエミ・ルボフスキー
()
不明

商品詳細を見る

公式サイトはここです。

フランス革命勃発、宮廷朗読係の少女は心酔するマリー・アントワネットから世にも残酷な命令を受ける。少女とベルサイユ運命の3日間、衝撃の行方―――
1789年7月14日、いつもと変わらぬ優雅な朝を迎えたはずのベルサイユが、1枚の紙に震える。バスティーユが陥落し、王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286名のギロチンリストが発表されたのだ。「ずっとおそばに。」朗読係のシドニーは心酔する王妃への忠誠を誓うが、王妃からは「ポリニャック夫人の身代わりに。」という思いもよらぬ非情な命令を受ける。
踏みにじられた愛、身を引き裂く嫉妬、生命の危険──果たして、果たして、シドニーの最後の選択とは──?


主演は、レア・セドゥとダイアン・クルーガー

バスティーユ襲撃直後のフランス宮廷の静かなパニック状態を現実感のある描き方をしています。たぶん、こんな感じだったんだろう、と納得がいきます。この手の映画で欠かせない豪華な衣装も見所の一つです。

日本での営業上の問題なのでしょうが(=映画そのものの出来とは無関係なのでしょうが)、主人公の少女が断頭台に登る貴族の身代わりを命じられたような印象を与える宣伝文句です。しかし実際は、海外に脱出する際の影武者を頼まれただけのことです。あまり煽った宣伝コピーをおかげで、肩透かしをくらったような気になりました。

映画は、亡命に成功したとも失敗したとも分からないままで終わってしまっています。なんとも納まりが悪いのですが、主人公の運命がどうなるかを観客の想像に任せるためにわざとやったのかもしれません。

なお、史実のポリニャック夫人は亡命に成功していますので、主人公も無事に逃げのびたこと考えるのが自然です。

気になったのは、主人公がなぜマリー・アントワネットを崇拝しているのかがよく伝わってこなかったことです。この映画のマリー・アントワネットは気まぐれで自分勝手な女性です。人に好かれる要素はありません。この王妃に魅かれる主人公には感情移入できませんでした。

全体としては、まずまず満足できました。

【朝日新聞】平和と女性の権利訴え 改憲の動きに警鐘 ゴードンさん

1月3日朝日新聞朝刊より、

日本国憲法の草案作成に直接携わった最後の生き証人だった米国人女性、ベアテ・シロタ・ゴードンさんが、12月30日に89歳で亡くなる直前まで気にかけたのは、「平和」と「女性の権利」だった。朝日新聞の取材に「日本の憲法は世界のモデル」「若い女性はもっと活躍してほしい」と語ったのが、対外的な最後の言葉となった。
(略)
 彼女の存在自体が、「憲法は押しつけられた」という言説への反証だった。「草案者たちは、民主主義社会の実現を目指しながらも、日本の文化や懸念にも非常に敏感でした。実際、日本側の発言によって、草案が変わった部分もあります」と指摘。「敗戦直後だったが、その内容は交渉され、適正な手続きによって日本国政府に採択され、民主主義と人権をもたらしてきた」と話していた。
 憲法草案に関わった時、ゴードンさんはまだ22歳。若さが問題視されることもおそれ、半世紀近くにわたり憲法誕生への自身の関与については語らなかった。しかし、90年代に入ってからは積極的に発言するようになり、自伝も出版。80歳を過ぎても日本での講演もこなし、平和と人権の大切さを語っていた。
(略)
中井大助


訃報なので、とりあえずお悔やみを申し上げます。

その上で、記事に対しては言いたいことがあります。私にはどういう理由で『彼女の存在自体が、「憲法は押しつけられた」という言説への反証』なのかさっぱりわかりません。

外国人である草案者がどれだけ「日本の文化や懸念にも非常に敏感」であろうと、一部に日本側の発言で草案が変わろうとも、占領下に占領者が考えた憲法であるのは事実です。日本側に若干の発言権があったとしても、そもそも頼まれもしないくせに外国人が他所の国の憲法の草案を考えるのは不当です。

敗戦直後だったが、その内容は交渉され、適正な手続きによって日本国政府に採択され、民主主義と人権をもたらしてきた」との自己正当化の発言にもげんなりします。「敗戦直後」なのが問題なのではありません。占領下なのが問題なのです。当時の日本国政府に拒否権があったとは思えません。

実態からして、あきらかに日本国憲法は占領者から押し付けられたものです。それは、憲法の中身が素晴らしいか否かということとは別の論点です。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle