【ウルトラQ】第二十五話 悪魔ッ子

第二十五話の「悪魔ッ子」の感想です。

めずらしく「怪獣」の出ない話です。「怪獣」がでないのは、「1/8計画」以来です。

また、子供が主要な話ですが、コメディータッチは全くなく、終始暗鬱なストーリーです。

催眠術のかけ過ぎと、もって生まれた体質のためか、肉体と精神が分離した女の子が主人公です。精神の部分が肉体を抜け出し、子供にとっては珍しい結婚リングやおもちゃなどを求めて、結果的に人死にを招きます。最後は、自分の肉体を滅ぼそうと(死んだ母親に会うためだと思われます)までします。

大人からみたらつまらないものを欲しがるためにあどけない少女が殺人まで行うというのは、舞台劇でヒットし1956年に映画化された「悪い種子」を彷彿とさせます。

最後は、問題は解決してハッピーエンドのようですが、本当にこれで解決したのかわからないという余韻が残りました。
スポンサーサイト

【時事問題】百田尚樹氏の発言

25日に開かれた自民党文化芸術懇話会で、作家の百田尚樹氏の発言とそれに呼応した自民党議員の発言が論議を呼んでいます。

この件に関して私は次のように考えます。

スポンサーを利用してマスコミに圧力をかけろ、などと発言する議員は、安倍政権の応援をしているつもりかもしれませんが、足を引っ張っています。私は安倍首相を支持していますが、自民党を支持できないのは、この種の議員がいるからです。こういう脇の甘いことをしていれば、次の選挙で自民党は政権を失うことになるかもしれません。民主党の支持率が低迷しているとはいっても、いわゆる“お灸をすえる”投票行動を多くの有権者がすれば、政権交代はあり得ないことではありません。

なお、民間人である百田氏は言論の自由を行使する権利があります。したがって発言をしたことにより制裁を受けることは公にも私的にもあってはならないことです。ただし、発言内容について反論が出されることは、これも反論者の言論の自由なのですから、制裁とは言えません。

百田氏の発言は、主に3つです。
・沖縄の二つの新聞社は潰さねばならない
・沖縄基地の周りには、後から住人が越してきた。地主は基地で潤っている。
・米兵によるレイプ事件の率より、地元民の起こしたレイプ事件の率は高い。

「潰さねばならない」は百田氏の意見ですので問題視できません。

二番目の基地周辺のことについてはよく知りません。朝日新聞には当時の事情が載っていました。基地があるのを知っていても住まわざる得ない人もいたようです。ただ、すべてがよんどころない事情持ちだったのかどうかまでは分かりません。

3番目は問題発言です。

実際の発生率は知りませんが、率で論じる事柄ではありません。米兵は本来的にはよそ者ですので、居なければ1件も事件は起きません。1件でも起きていることが問題なのです。

この部分の百田氏の発言は、“不法入国者の犯罪率は低い”と言って擁護する自称リベラル派と同じ発想です。どちらも感覚が狂っています。

【展覧会】ユトリロとヴァラドン 母と子の物語

於:損保ジャパン日本興亜美術館

今年は、ユトリロの母シュザンヌ・ヴァラドンの生誕150年になるそうです。それを記念してのことか、ユトリロ親子の展覧会が開かれました。

入口に、少年時代のユトリロとヴァラドンの写真がありました。ルノワールの絵でもヴァラドンが美しいのは理解していましたが、写真でその美人ぶりが事実だと確認できました。また、同時代の人間相関図もあり、実に恋多き女であることも分かります。関係者で恋愛関係にならなかったのは師匠のドガだけというおそるべき戦果です。

面白いのは、ユトリトとヴァラドンは互いに依存し合っていた割には、画風がまったく影響しあっていないことです。

絵もさることながら、人生の軌跡に焦点をあてた展覧会でした。

【映画】ハイネケン 誘拐の代償

1983年に起きたビール会社「ハイネケン」経営者の誘拐事件という実話をもとにしています。

老獪な人質vs素人の誘拐犯たち
このゲーム、《代償》を支払うのはどっちだ―――?
いま、歴史的大事件の謎が明かされる!


と、チラシに文字が躍っています。

「老獪な人質」役は、アンソニー・ホプキンズです。

誘拐されて手錠をかけられ監禁されながら犯人を翻弄するアンソニー・ホプキンズは、容易に「羊たちの沈黙」の博士役をおもいださせます。実際、制作陣も意識していると思われます。

しかし、いくら人質を老獪に描こうが、誘拐犯を素人っぽく見せようが、現実に身代金をとられたわけですから、ハイネケン氏が負けたという事実は覆りません。

また、犯人の一部は出所後暗黒街でのしあがったという後日談が語られていますが、それは映画本編の「素人っぽさ」とは矛盾します。

やりたいことが分裂気味な感じもしました。

捜査陣の動きを、犯人の視点側からのみ描いたのは緊張感が高まりました。これだけは良かったです。

【アニメ】ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編

原作は既読です。アニメは前シリーズも観ています。

原作漫画の印象が強すぎるせいか、アニメでの感想は特にないのですが、一点だけ言います。

漫画の場合、見せ場、決めゼリフが出る時は、コマを大きくしたり見開きにしたりアクセントがつきます。アニメでは当たり前ですが、画面を大きくすることはできません。これにより漫画でもっていたリズムがアニメでは失われたという印象があります。アニメ版の欠点ではありません。漫画家が作品に技巧を詰め込んでいた結果だと思います。

後、これはアニメの感想ではなく漫画の感想で言うべきなのでしょうが、昔から気になっていたことがあります。

ディオのスタンド能力は、もともとは時間静止ではなく、空間を切り取って置き換えるという能力だったように思います。

明らかに時間静止をしたのは花京院との対決時からで、それ以前に能力を使ったのは、ホル・ホースとのからみ、ポルナレフとのからみ、ヌケサクとのからみ、上院議員とのからみ、です。

ホル・ホースとの場合は、時間静止をして回り込んだと考えることはできます。しかし、時と止めてポルナレフに近づいて階段を一段下ろして、急いで元の場所に戻って不敵に笑う、というのではちょっとお間抜けです。時間静止をして車から逃げる上院議員の体を回転させてから、着席しなおして偉そうにするのも変です。

もともとの設定は、空間を切り取って置き換える能力という設定だったのが、なにかの都合で設定を時間停止に変えたと睨んでいます。

【世論調査】朝日新聞:世論調査〈6月20、21日実施〉

朝日新聞の世論調査の結果が発表されました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、5月16、17日の調査結果)

◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する39(45)
 支持しない37(32)

◇それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ。左は「支持する」39%、右は「支持しない」37%の理由)
 首相が安倍さん15〈6〉 8〈3〉
 自民党中心の内閣23〈9〉 18〈6〉
 政策の面39〈15〉 64〈24〉
 なんとなく20〈8〉 7〈3〉

◇(「支持する」と答えた39%の人に)これからも安倍内閣への支持を続けると思いますか。安倍内閣への支持を続けるとは限らないと思いますか。
 これからも安倍内閣への支持を続ける47〈18〉
 安倍内閣への支持を続けるとは限らない49〈19〉

◇(「支持しない」と答えた37%の人に)これからも安倍内閣を支持しないと思いますか。安倍内閣を支持するかもしれないと思いますか。
 これからも安倍内閣を支持しない60〈22〉
 安倍内閣を支持するかもしれない33〈12〉

◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
 自民36(39)
民主7(7)
維新2(3)
公明3(3)
共産3(4)
次世代0(0)
社民1(0)
生活0(0)
元気0(0)
改革0(0)
その他の政党0(1)
支持政党なし41(33)
答えない・分からない7(10)

◆野党が割れたり合流したりして、自民党に対抗する政党ができることに、期待しますか。期待しませんか。
 期待する 53
期待しない 35

◆今の国会に提出された安全保障関連法案についてうかがいます。集団的自衛権を使えるようにしたり、自衛隊の海外活動を広げたりする安全保障関連法案に、賛成ですか。反対ですか。
 賛成 29
反対 53

◆安全保障関連法案について、国会に呼ばれた3人の憲法学者が「憲法に違反している」と主張しました。これに対して安倍政権は「憲法に違反していない」と反論しています。3人の憲法学者と安倍政権の、どちらの主張を支持しますか。
 3人の憲法学者50
 安倍政権17

◆安全保障関連法案で自衛隊の活動範囲が広がると、自衛隊が戦闘に巻き込まれるリスクが高まると思いますか。高まらないと思いますか。
 高まる 81
高まらない 9

◆安全保障関連法案が成立すると、外国が日本を攻撃しにくくする抑止力が高まると思いますか。高まらないと思いますか。
 高まる 33
高まらない 40

◆安倍首相の安全保障関連法案についての国民への説明は、丁寧だと思いますか。丁寧ではないと思いますか。
 丁寧だ 12
丁寧ではない 69

◆安倍政権は安全保障関連法案を、今開かれている国会で成立させる方針です。この法案を、今の国会で成立させる必要があると思いますか。今の国会で成立させる必要はないと思いますか。
 今の国会で成立させる必要がある17(23)
 今の国会で成立させる必要はない65(60)

◆日本年金機構が管理する年金受給者と加入者の氏名や住所、生年月日などの個人情報が外部に流出していたことがわかりました。今回の問題に対する安倍政権の対応を評価しますか。評価しませんか。
 評価する 9
評価しない 64

◆国会議員などを選ぶ、選挙権の年齢を、20歳から18歳に引き下げることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 55
反対 30

◆民法では、成人の年齢は20歳と定められており、20歳未満の未成年者は、結婚や契約のさい、親の同意が必要となります。民法の成人の年齢を18歳に引き下げることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 38
反対 46

◆少年法では、20歳未満を「少年」と定め、罪を犯した場合、原則として、刑務所ではなく、少年院で教育するなど、成人とは違った扱いになります。少年法の対象年齢は、20歳未満のままでよいと思いますか。18歳未満に引き下げたほうがよいと思いますか。
 20歳未満のままでよい12
 18歳未満に引き下げたほうがよい79

     ◇

 〈調査方法〉 20、21の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、全国の有権者を対象に調査した(福島県の一部を除く)。世帯用と判明した番号は3750件、有効回答は1831人。回答率49%。


この世論調査が私のところにきたと想定して回答してみます。

>◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。

>◇それはどうしてですか。
首相が安倍さんだからです。

>◇(「支持する」と答えた39%の人に)これからも安倍内閣への支持を続けると思いますか。安倍内閣への支持を続けるとは限らないと思いますか。
支持し続けるとは限りません。

>◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。
自民は支持を減らしましたが、野党が支持されているわけではない、という結果と見ました。

>◆野党が割れたり合流したりして、自民党に対抗する政党ができることに、期待しますか。期待しませんか。
いわゆる「政界再編」には飽きました。割れなくても合流しなくてもいいですが、野党には頑張ってもらいたいです。自民党の一人勝ちという状況は必ずしも好ましくありません。

>◆今の国会に提出された安全保障関連法案についてうかがいます。集団的自衛権を使えるようにしたり、自衛隊の海外活動を広げたりする安全保障関連法案に、賛成ですか。反対ですか。
賛成です。

>◆安全保障関連法案について、国会に呼ばれた3人の憲法学者が「憲法に違反している」と主張しました。これに対して安倍政権は「憲法に違反していない」と反論しています。3人の憲法学者と安倍政権の、どちらの主張を支持しますか。
そもそも自衛隊自体が憲法に反しているように思っていますので、憲法学者の意見には賛成しません。ただし、自党の推薦者から反対意見を出されてしまったというのは重大な失態だと思います。

>◆安全保障関連法案で自衛隊の活動範囲が広がると、自衛隊が戦闘に巻き込まれるリスクが高まると思いますか。高まらないと思いますか。
普通に考えて高まると思います。与党政治家がそう明言できないという事情も分かります。

>◆安全保障関連法案が成立すると、外国が日本を攻撃しにくくする抑止力が高まると思いますか。高まらないと思いますか。
高まります。

>◆安倍首相の安全保障関連法案についての国民への説明は、丁寧だと思いますか。丁寧ではないと思いますか。
説明はつくしていると思います。将来の事態を今から全て想定して話せないというのは当然だと思います。

>◆安倍政権は安全保障関連法案を、今開かれている国会で成立させる方針です。この法案を、今の国会で成立させる必要があると思いますか。今の国会で成立させる必要はないと思いますか。
あわてる必要はないと思います。自党推薦の学者に反対されたという失敗をした以上、仕切りなおしも考えるべきです。

>◆日本年金機構が管理する年金受給者と加入者の氏名や住所、生年月日などの個人情報が外部に流出していたことがわかりました。今回の問題に対する安倍政権の対応を評価しますか。評価しませんか。
安倍政権の問題だとするのは、本質がぼやけます。第一に年金機構の対策が甘かったことが問題です。第二に、年金機構を特定して狙う個人もしくは集団がいたという事実です。どんなビルでも警備員を配備しているのと同じように、すべての組織はサイバーセキュリティの強度を引き上げるべきです。与野党の攻防の道具にすべきことではありません。

>◆国会議員などを選ぶ、選挙権の年齢を、20歳から18歳に引き下げることに賛成ですか。反対ですか。
どちらでもいいです。

>◆民法では、成人の年齢は20歳と定められており、20歳未満の未成年者は、結婚や契約のさい、親の同意が必要となります。民法の成人の年齢を18歳に引き下げることに賛成ですか。反対ですか。
選挙権に合わせるべきです。親の同意がなければ結婚できない人間に議員を選ばせるのはおかしいです。

>◆少年法では、20歳未満を「少年」と定め、罪を犯した場合、原則として、刑務所ではなく、少年院で教育するなど、成人とは違った扱いになります。少年法の対象年齢は、20歳未満のままでよいと思いますか。18歳未満に引き下げたほうがよいと思いますか。
上と同じ理由で、選挙権に合わせるべきです。

【ウルトラQ】第二十四話 ゴーガの像

第二十四話の「ゴーガの像」の感想です。

出てくる怪獣は巨大カタツムリのゴーガです。カタツムリが巨大化したという設定ではなく、カタツムリに似た別の生き物です。殻がドリルのように回転して地中を掘り進むという能力を持っています。

この回を見た記憶がありません。ゴーガ自体には覚えがありますが、雑誌かなにかで写真を見ただけだと思います。

全体にスパイ活劇となっています。そこの古代伝説の怪獣を登場させたという形ですが、ちょっとおさまりが悪い感じになっています。

ゴーガは像の中に封印されていますが、この像自体に価値があるらしくゴーガとは無関係に争奪戦が繰り広げられます。現代での初登場は、持ち主が子供にプレゼントしたことです。子供にプレゼントした理由も分かりませんし、色めきたって像の争奪戦が始まる理由も判然としません。

脚本にあらがありすぎます。いつもと違う異色作にしようとしたのかもしれませんが、うまくいっていません。

【世論調査】朝日新聞・東亜日報、共同世論調査

日本と韓国の合同の世論調査です。

 (数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。特に断りがない限り、回答は選択肢から一つ選ぶ方式。質問の冒頭に[日本]とあるのは日本のみの質問。[日韓]は日本と韓国の共通質問。質問文の《 》の中は韓国調査での文言で、数字は左が日本、右が韓国の結果。丸カッコ内の数字は、2010年の共同世論調査の結果)

◆[日本]安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する 50
 支持しない 41

◆[日本]いま、どの政党を支持していますか。
自民37
民主8
維新5
公明4
共産4
次世代0
社民1
生活0
元気0
新党改革0
その他の政党0
支持政党なし40
答えない・分からない1

◆[日本]いまの生活にどの程度満足していますか。
 大いに満足している    3 (2)
 ある程度満足している  52(46)
 あまり満足していない  34(38)
 まったく満足していない 10(13)

◆[日韓]今年は、日本と韓国が国交を正常化してから50周年です。このことを知っていましたか。
        [日][韓]
 知っていた  42 31
 知らなかった 58 69

◆[日韓]韓国《日本》が好きですか。きらいですか。とくにどちらでもないですか。
         [日]    [韓]
 好き      10(18)  5
 きらい     26(10) 50
 どちらでもない 62(71) 43

◆[日韓]この5年間で、あなたが持つ韓国《日本》のイメージはよくなりましたか。悪くなりましたか。それとも、変わりませんか。
       [日][韓]
 よくなった  4  4
 悪くなった 54 59
 変わらない 41 33

◆[日韓]韓国《日本》の人に親しみをどの程度感じますか。
          [日][韓]
 大いに感じる    2  3
 ある程度感じる  26 26
 あまり感じない  49 41
 まったく感じない 18 24

◆[日本]韓国について、あなたが好きなものは、次のうちどれですか。いくつでもマルをつけてください。
食文化 42
歴史や伝統 14
自然 5
車 1
スマホやパソコン 3
家電製品 2
映画やドラマ 27
K-POP 11
アニメやマンガ 0
スポーツ選手 6
ファッションや美容 10
特にない 34

◆[日韓]あなたが持つ韓国《日本》のイメージに主に影響を与えたのは、次のうちどれですか。(二つまで選択)
         [日][韓]
 メディア    78 65
 学校教育    15 34
 友人知人    16 21
 家族      10  8
 直接行った経験 15 23

◆[日本]あなたが持つ韓国のイメージに最も影響を与えたメディアはどれですか。
新聞10
テレビ68
雑誌1
書籍1
インターネット9
映画4

◆[日韓]日本と韓国の関係はいま、うまくいっていると思いますか。そうは思いませんか。
          [日]    [韓]
 うまくいっている  7(33)  3(29)
 そうは思わない  86(57) 90(56)

◆[日韓]日本と韓国の関係を言い表すとしたら、一番あてはまるのは次のうちどれだと思いますか。
                [日][韓]
 様々な分野で深く協力しあう国  8  9
 交流の盛んな国        12  8
 必要最低限のつきあいの国   57 42
 対立しあっている国      15 34

◆[日韓]日本と韓国の関係が、いまよりよくなってほしいですか。それほどでもありませんか。
          [日][韓]
 よくなってほしい 64 87
 それほどでもない 30 10

◆[日本]日本は1910年に当時の韓国を併合し、1945年まで朝鮮半島を植民地支配していました。このことを知っていましたか。
 知っていた 69
 知らなかった 26


◆[日韓]日本と韓国の過去の問題についておうかがいします。日本の植民地支配を含む過去の歴史の問題は、すでに決着したと思いますか。まだ、決着していないと思いますか。
         [日]    [韓]
 決着した    49(39)  2 (3)
 決着していない 42(52) 95(94)

◆[日韓]韓国併合や朝鮮半島の植民地支配に対して、日本はもう十分に謝罪したと思いますか。まだ不十分だと思いますか。
         [日]    [韓]
 十分に謝罪した 65(55)  1 (1)
 まだ不十分だ  20(30) 96(97)

◆[日韓]植民地支配の被害者に対する補償について、日本は再検討する必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。
            [日]    [韓]
 再検討する必要がある 20(30) 89(89)
 その必要はない    69(57)  6 (8)

◆[日韓]慰安婦問題についておうかがいします。日本と韓国の関係改善にむけて、この問題の決着はどの程度重要だと思いますか。
            [日][韓]
 大いに重要だ     11 73
 ある程度重要だ    42 22
 あまり重要ではない  28  2
 まったく重要ではない 11  0

◆[日韓]日本政府は、1965年に結んだ日韓基本条約などで、元慰安婦の補償問題は法的に解決済みだという立場です。この日本政府の立場を支持しますか。支持しませんか。《韓国政府は、日韓基本条約などをめぐる交渉で慰安婦問題が話し合われておらず、この問題は未解決だという立場です。この韓国政府の立場を支持しますか。支持しませんか。》
       [日][韓]
 支持する  74 78
 支持しない 14 14

◆[日韓]韓国政府は、日韓基本条約などをめぐる交渉で慰安婦問題が話しあわれておらず、この問題は未解決だと主張しています。この韓国政府の主張に納得しますか。納得しませんか。《日本政府は、1965年に結んだ日韓基本条約などで、元慰安婦の補償問題は法的に解決済みだと主張しています。あなたは、この日本政府の主張に納得しますか。納得しませんか。》
       [日][韓]
 納得する  11  6
 納得しない 77 89

◆[日韓]日本政府は1995年、「女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)」を設立し、一部の元慰安婦に首相によるおわびの手紙や国民の寄付をもとにした償い金などが支給されました。このことを知っていましたか。
        [日][韓]
 知っていた  32 22
 知らなかった 64 77

◆[日韓]戦後、天皇の韓国訪問は実現していません。天皇が韓国を訪問することに賛成ですか。反対ですか。
    [日]    [韓]
 賛成 39(62) 46
 反対 42(22) 39

◆[日本]日本海の竹島について、日本と韓国はともに自国の領土だと主張しています。竹島問題について、早く決着させるべきだと思いますか。急ぐ必要はないと思いますか。
 早く決着させるべきだ 48(47)
 急ぐ必要はない    44(46)

◆[日韓]日本と韓国の関係は、これからさき、いまよりよい方向に進むと思いますか。悪い方向に進むと思いますか。それとも、いまと変わらないと思いますか。
          [日]    [韓]
 よい方向に進む  15(30) 22(39)
 悪い方向に進む  10 (4) 11 (7)
 いまと変わらない 67(62) 60(49)

◆[日韓]日韓両国が相互理解を深めるために、最も重要なことは何だと思いますか。
             [日]    [韓]
 経済や技術面の協力   27(44) 15
 留学などの人的交流   17(15)  2
 文化・スポーツ交流   16(15)  5
 歴史の共同研究     20(11) 24
 謝罪と補償問題の再検討 11 (9) 46

◆[日韓]朝鮮半島はいま、韓国と北朝鮮の南北2つの国に分かれています。将来、2つの国は統一されると思いますか。そうは思いませんか。
         [日]    [韓]
 統一される   15(28) 58
 そうは思わない 80(67) 35

◆[日本]北朝鮮の核開発にどの程度、不安を感じますか。
 大いに感じる   53(54)
 ある程度感じる  36(36)
 あまり感じない   8 (8)
 まったく感じない  2 (2)

◆[日韓]北朝鮮に対して、日本政府は、今後、どのように対応すべきだと思いますか。外交努力で対話を深めるべきだと思いますか。それとも、経済制裁などの強い態度でのぞむべきだと思いますか。
                    [日][韓]
 外交努力で対話を深めるべきだ     39 47
 経済制裁などの強い態度でのぞむべきだ 54 38

◆[日韓]韓国は、産業や貿易の面で日本と肩を並べていると思いますか。それほどではないと思いますか。
          [日]    [韓]
 肩を並べている  26(47) 22(41)
 それほどではない 68(46) 73(55)

◆[日本]日本にとって韓国は、経済面で協力しあっているパートナーだと思いますか。それとも、競争しあっているライバルだと思いますか。
 パートナー 18
 ライバル 64

◆[日本]ふだん、韓国の食材や料理をどの程度食べていますか。
 よく食べる     5 (7)
 時々食べる    35(40)
 あまり食べない  43(39)
 まったく食べない 16(12)

◆[日本]韓国の映画やドラマをどの程度見ていますか。
 よく見る     9
 時々見る    20
 あまり見ない  28
 まったく見ない 40

◆[日本]韓国の人と言えば、まず誰を思い浮かべますか。1人だけあげてください。(自由回答)

 ■調査方法
 <日本> 全国の有権者から3千人を選び、郵送法で実施した。対象者の選び方は層化無作為2段抽出法。全国の縮図になるように338の投票区を選び、各投票区の選挙人名簿から平均9人を選んだ。5月13日に調査票を発送し、6月15日までに届いた返送総数は2202。無記入の多いものや対象者以外の人が回答したと明記されたものを除いた有効回答は2147で、回収率は72%。
 有効回答の男女比は男45%、女54%、無記入1%。年代別は20代9%、30代13%、40代18%、50代17%、60代21%、70代14%、80歳以上8%。

 <韓国> 東亜日報社が民間の調査機関を通じて実施。全国の19歳以上の男女から割り当て法で対象者を選び、5月27~28日に電話で調査。1011人から有効回答を得た。性別、年代、居住地域の構成比が実際の人口分布と一致するようウェートを付けて集計した。有効回答の男女比は男51%、女49%。年代別では30歳未満15%、30代17%、40代20%、50代21%、60歳以上27%。


例によって、私だったらどう答えるかを考えてみます。ところどころ設問に茶々も入れます。

>◆[日本]安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。

>◆[日本]いま、どの政党を支持していますか。
支持政党はありません。

>◆[日本]いまの生活にどの程度満足していますか。
ある程度満足しています。
何が知りたくて、こんな設問を入れたのでしょうか?とりあえず2010年より満足度が向上したのがわかりますが・・・

>◆[日韓]今年は、日本と韓国が国交を正常化してから50周年です。このことを知っていましたか。
さんざん報道しているから知っています。「知らなかった」という人は新聞を読まずテレビも見ない人なのでしょうか?

>◆[日韓]韓国《日本》が好きですか。きらいですか。とくにどちらでもないですか。
「きらい」というと言葉がきついですが、好きではありません。言葉を飾らず言えば、きらいです。
続けて、好きな理由、嫌いな理由も尋ねるべきです。

>◆[日韓]この5年間で、あなたが持つ韓国《日本》のイメージはよくなりましたか。悪くなりましたか。それとも、変わりませんか。
悪くなりました。
この数字が日韓でほぼ同じなのは面白いです。

>◆[日韓]韓国《日本》の人に親しみをどの程度感じますか。
感じまていません。
これも日韓でほぼ同じ数字になっているのか面白いです。

>◆[日本]韓国について、あなたが好きなものは、次のうちどれですか。いくつでもマルをつけてください。
「特にない」です。
「フリージング」というアニメの原作漫画を描いたのは韓国の人だそうです。このアニメは結構好きでしたが、“韓国のアニメ”とは言えないですよね。

>◆[日韓]あなたが持つ韓国《日本》のイメージに主に影響を与えたのは、次のうちどれですか。(二つまで選択)
メディアだけです。
直接行った経験はありません。

>◆[日本]あなたが持つ韓国のイメージに最も影響を与えたメディアはどれですか。
書籍です。

>◆[日韓]日本と韓国の関係はいま、うまくいっていると思いますか。そうは思いませんか。
うまくいっていません。

>◆[日韓]日本と韓国の関係を言い表すとしたら、一番あてはまるのは次のうちどれだと思いますか。
対立しあっている国です。厳密には韓国が一方的に日本に対立しているように感じています。

>◆[日韓]日本と韓国の関係が、いまよりよくなってほしいですか。それほどでもありませんか。
よくなってほしいです。ただし、これは対韓国だけではありません。一般的にどの国とも仲良くなるに越したことはないと思っています。

>◆[日本]日本は1910年に当時の韓国を併合し、1945年まで朝鮮半島を植民地支配していました。このことを知っていましたか。
1945年まで支配していたことは知っています。何年から始まったかまで頭に入っていません。

>◆[日韓]日本と韓国の過去の問題についておうかがいします。日本の植民地支配を含む過去の歴史の問題は、すでに決着したと思いますか。まだ、決着していないと思いますか。
韓国が決着していないと言っていることは承知しています。決着した、という立場を支持します。

>◆[日韓]韓国併合や朝鮮半島の植民地支配に対して、日本はもう十分に謝罪したと思いますか。まだ不十分だと思いますか。
十分です。

>◆[日韓]植民地支配の被害者に対する補償について、日本は再検討する必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。
必要ありません。原則論を貫くべきです。再検討は有害無益です。

>◆[日韓]慰安婦問題についておうかがいします。日本と韓国の関係改善にむけて、この問題の決着はどの程度重要だと思いますか。
韓国が重要視していることは知っています。同時に、日本は妥協してはいけないと思います。

>◆[日韓]日本政府は、1965年に結んだ日韓基本条約などで、元慰安婦の補償問題は法的に解決済みだという立場です。この日本政府の立場を支持しますか。支持しませんか。《韓国政府は、日韓基本条約などをめぐる交渉で慰安婦問題が話し合われておらず、この問題は未解決だという立場です。この韓国政府の立場を支持しますか。支持しませんか。》
支持します。

>◆[日韓]韓国政府は、日韓基本条約などをめぐる交渉で慰安婦問題が話しあわれておらず、この問題は未解決だと主張しています。この韓国政府の主張に納得しますか。納得しませんか。《日本政府は、1965年に結んだ日韓基本条約などで、元慰安婦の補償問題は法的に解決済みだと主張しています。あなたは、この日本政府の主張に納得しますか。納得しませんか。》
納得しません。
上の設問は支持するか否かを問い、この設問は納得するか否かを問うています。二つに分ける意味はないと思います。

>◆[日韓]日本政府は1995年、「女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)」を設立し、一部の元慰安婦に首相によるおわびの手紙や国民の寄付をもとにした償い金などが支給されました。このことを知っていましたか
知っています。

>◆[日韓]戦後、天皇の韓国訪問は実現していません。天皇が韓国を訪問することに賛成ですか。反対ですか。
反対です。何か騒動があったら取り返しがつかないことになります。

>◆[日本]日本海の竹島について、日本と韓国はともに自国の領土だと主張しています。竹島問題について、早く決着させるべきだと思いますか。急ぐ必要はないと思いますか。
これは永遠に決着がつかないでしょう。

>◆[日韓]日本と韓国の関係は、これからさき、いまよりよい方向に進むと思いますか。悪い方向に進むと思いますか。それとも、いまと変わらないと思いますか。
紆余曲折がありながらも、悪い方向に進むでしょう。韓国はいよいよ中国寄りになると思いますので。

>◆[日韓]日韓両国が相互理解を深めるために、最も重要なことは何だと思いますか。
深める必要を認めません。

>◆[日韓]朝鮮半島はいま、韓国と北朝鮮の南北2つの国に分かれています。将来、2つの国は統一されると思いますか。そうは思いませんか。
将来というのはどのくらいのスパンでしょうか?流石に千年後とか言われると何が起きても不思議ではありません。この10年以内という前提なら統一できないでしょう。韓国にそれだけの準備ができているように思えません。

>◆[日本]北朝鮮の核開発にどの程度、不安を感じますか。
ある程度感じます。

>◆[日韓]北朝鮮に対して、日本政府は、今後、どのように対応すべきだと思いますか。外交努力で対話を深めるべきだと思いますか。それとも、経済制裁などの強い態度でのぞむべきだと思いますか。
強い態度でのぞむべきです。
日本がどうするかを、韓国人にも訊いているようですが、それって変ですよね。それぞれ自国政府がどうするべきかを問うべきです。

>◆[日韓]韓国は、産業や貿易の面で日本と肩を並べていると思いますか。それほどではないと思いますか。
“肩を並べる”といった数字に表せない表現は止めるべきです。意味がありません。

>◆[日本]日本にとって韓国は、経済面で協力しあっているパートナーだと思いますか。それとも、競争しあっているライバルだと思いますか。
ライバルです。韓国に限らず、すべての外国は潜在的あるいは顕在的にライバルです。

>◆[日本]ふだん、韓国の食材や料理をどの程度食べていますか。
まったく食べません。

>◆[日本]韓国の映画やドラマをどの程度見ていますか。
見たことはありますが、日常的には見ません。

◆[日本]韓国の人と言えば、まず誰を思い浮かべますか。1人だけあげてください。(自由回答)
パク・クネ大統領

【アニメ】終わりのセラフ

原作は未読。

10月に二期放映が決まっています。今クールとしては何も決着がついていません。したがってこの段階で評価もなにもしようがありません。それでも一期が終わったので、言えることだけ言います。

近未来の崩壊しかかった日本を舞台にした吸血鬼たちと人間の闘争劇です。題材としては好みなのですが、こうした作品は設定がきちんとしていることが必須だと思っています。

視聴者は主人公と同じ目線に立っていますが、主人公が世の中の仕組みについて関心を示さないためか、この世界の前提がよくわかりません。

なぜかあちこちでビルが倒壊していますが、人間が住居にしているところはかなり近代的な設備です。部分的とは言え復興できるだけの経済力と人口があるはずです。そして彼らが食べるための第一次産業がそれなりの規模で必要です。

ところが、そうした社会のリアリティーが全く感じられません。これはかなりの失点です。

よく似た作品にトリニティ・ブラッドがあります。これも吸血鬼の国と人間の国が微妙なバランスで並立した世界を描いています。いまのところこの作品は、トリニティ・ブラッドと比べて、設定の精妙さで及んでいません。

しかしながら、キャラクターの性格描写はきちんとしていますので、二期に期待します。

また、オープニング映像は、今期の中ではピカ一だったと思います。

【展覧会】洋画の愉しみ -日本独自の洋画を模索した作家たち-

於:昭和女子大学光葉博物館

ほとんどどこでも宣伝していない展覧会です。たまたまこの大学の前を通りかかったとき看板を見つけて立ち寄ることにしました。そもそもここで展覧会をしているということ自体初めて知りました。

大学構内の一室が博物館になっています。まず校門をくぐったところで警備員に何処に行くのかを問われ、名前と住所を書かされました。女子大だからこのぐらいの厳重警備でもおかしくはないのでしょうが、絵を見る気分でいたので、名前を書かされたのには面食らいました。

絵は全部で52点。有名な洋画家(東郷青児、安井曽太郎、梅原龍三郎など)が揃っています。

驚くべきは、無料でくれたパンフレットです。全16頁のカラー印刷で出品作が全て載せてあります。作家の名前・生没年のデータ。作品名はもちろん、号数や制作年、材質まで載せてあります。只で配るパンフレットでこれほど豪華なものは初めてです。

日曜ですが、お客は少なかったです。たまたまやっていたオープンキャンパスで来た高校生の一団がいただけでした。

【時事問題】高額報酬の企業経営者

6月20日朝日新聞朝刊は、ソフトバンクの新役員が高額な報酬を貰っていることを伝えています。

ソフトバンクが、昨年9月に入社した元米グーグル最高事業責任者のニケシュ・アローラ氏(47)に対し今年3月末までの報酬として165億5600万円を支払ったことが19日、明らかになった。孫正義社長はアローラ氏を「後継者の筆頭候補」に挙げているが、国内では異例の高額だ。
 同日公表された有価証券報告書で明らかになった。報酬のうち約146億円は入社に伴う一時金や子会社役員などとして働いた報酬だという。
 アローラ氏はインド出身。通信業界アナリストなどを経て2004年にグーグルに入り、首脳陣入りした。孫社長が取引相手だったアローラ氏を気に入り、引き抜いた。
 ソフトバンクは同日、都内で株主総会を開き、アローラ氏が「ナンバー2」の代表取締役副社長に就任した。孫社長は、アローラ氏を「希望の星」と紹介し、「グーグル時代は数十億円の年俸を得ていたのによく来てくれた」と話した。
 海外では数十億円の報酬を受け取るトップは少なくない。ただ、国内では珍しく、管理職の人材紹介をてがける「リクルートエグゼクティブエージェント」の松下直樹・経営企画室長も「あまり例がない金額」。そのうえで「優秀な人材を外資系企業と奪い合うなかで日系企業の役員報酬への考え方が変わりつつある」とも指摘する。
(略)


民間企業ですので、誰にいくら給料を払おうが勝手といえば勝手です。しかし、云いたいことがいくつかあります。

第一に、死ぬまで使い切ることのできないような蓄えができたら、それ以上の巨額なサラリーを貰いたい気持ちが私には分かりません。仕事をせずに貰えるなら嬉しいかもしれませんが、それなりの成果を要求されるはずです。私だったらさっさと引退します。使いきれないお金のために精神的重圧に耐えるというのは想像できません。

第二に、経営者個人の力で、数十億のサラリーを貰うにふさわしい働きができるとは信じられません。ある程度の水準以上の経営者なら誰がやっても結局は同じではないかと思います。

第三に、このような高額報酬は、社会に不適切な格差を生み出すものとして顰蹙ものです。自分で育てた会社が大きくなって株で億万長者になった、というのはよいでしょう。才能のあるスポーツ選手が高額なサラリーを得るのもよいです。社会に益のある発明・発見で大金持ちになるもの構いません。しかし、雇われ人に過ぎない経営者が数十億もの年俸を受け取るのは、ただただ社会に不公平感を増進させるだけです。

【世論調査】沖縄県民世論調査―質問と回答〈6月13、14日実施〉

朝日新聞の沖縄県民を対象とした世論調査です。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、4月18、19日の沖縄調査の結果)
◆翁長雄志知事を支持しますか。支持しませんか。
 支持する64(70)
 支持しない18(16)

◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する22(28)
 支持しない53(52)

◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
自民20(18)
民主7(5)
維新1(2)
公明3(3)
共産7(3)
社民4(3)
次世代0(0)
生活0(0)
元気0(0)
改革0(0)
沖縄社大1(0)
そうぞう0(0)
その他の政党0(1)
支持政党なし40(47)
答えない・分からない17(18)

◆普天間飛行場を名護市辺野古に移設することに賛成ですか。反対ですか。
 賛成18(22)
 反対66(63)

◆翁長知事は、名護市辺野古沿岸部の埋め立ての承認を、取り消すべきだと思いますか。取り消すべきではないと思いますか。
 取り消すべきだ58
 取り消すべきではない23

◆翁長知事はアメリカを訪れ、普天間飛行場を名護市辺野古に移設することに反対だと訴えました。こうした翁長知事の活動を評価しますか。評価しませんか。
 評価する73
 評価しない19

◆日本はアメリカと安全保障条約を結んでいます。日米安全保障条約をこれからも維持していくことに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 57
反対 20

◆沖縄県は、日本に復帰して43年を迎えました。沖縄が日本に復帰してよかったと思いますか。よくなかったと思いますか。
 よかった77
 よくなかった6

◆沖縄と本土には「さまざまな格差がある」という見方があります。その通りだと思いますか。そうは思いませんか。
 その通りだ77
 そうは思わない14

◇(「その通りだ」と答えた77%の人に)格差の中で、一番問題だと思うのはどれですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 所得35〈27〉
 就職7〈5〉
 交通網4〈3〉
 教育6〈5〉
 基地問題44〈34〉

◆6月23日は沖縄の慰霊の日です。このことを知っていますか。知りませんか。
 知っている98
 知らない2

◆沖縄戦について自ら体験がありますか。当時を体験した人から直接、話を聞いたことがありますか。どちらもありませんか。
 自ら体験がある9
 話を聞いたことがある75
 どちらもない15

◇(「話を聞いたことがある」と答えた75%の人に)沖縄戦について、おもにどのような場面で話を聞きましたか。(択一)
 家族や親戚などから63〈47〉
 学校教育で21〈16〉
 歴史施設で12〈9〉

◆沖縄戦について体験したこと、あるいは見たり聞いたり読んだりしたことを、次の世代に語り継ぎたいと思いますか。(択一)
 すすんで話したい46
 たずねられたら話す40
 話したくない4
 沖縄戦のことは知らない8

◆かつての沖縄戦の記憶が、今の世代に引き継がれていると思いますか。風化していると思いますか。
 引き継がれている20
 風化している68

     ◇

 〈調査方法〉 13、14の両日、コンピューターで無作為に作成した番号に調査員が電話をかける「朝日RDD」方式で、沖縄県内の有権者を対象に調査した。世帯用と判明した番号は1795件、有効回答は846人。回答率は47%。


私は沖縄県民ではありませんので、いつもの「私だったらこう答える」というのは行いません。感想だけ書きます。

>◆翁長雄志知事を支持しますか。支持しませんか。
 支持する64(70)
 支持しない18(16)


思った以上の高支持率です。挑発的なことを繰り返す人だというのが私の見方なのですが、2/3近い支持を得ているということは驚きです。

>◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する22(28)
 支持しない53(52)


やはり日本全体と比べると人気がないです。

>◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
自民20(18)
民主7(5)
維新1(2)
公明3(3)
共産7(3)
社民4(3)
次世代0(0)
生活0(0)
元気0(0)
改革0(0)
沖縄社大1(0)
そうぞう0(0)
その他の政党0(1)
支持政党なし40(47)
答えない・分からない17(18)

日本全体と比べ自民の支持は半分程度です。民主党は同じくらい。共産は高めです。泡沫政党である社民が沖縄で存在感を持っているのが特筆すべきです。もうひとつの特徴は支持政党ない、答えない・分からないが高いということです。

>◆普天間飛行場を名護市辺野古に移設することに賛成ですか。反対ですか。
 賛成18(22)
 反対66(63)


辺野古への移設に反対しているのであって、普天間から他所の県に移すことまでは反対していないのだと思います。設問がおかしいです。
「次の3案のどれに賛成ですか?」
・普天間飛行場を名護市辺野古に移設する
・普天間飛行場を県外(国外)に移設する
・普天間飛行場は移設しない
という設問にすべきだと思います。

>◆日本はアメリカと安全保障条約を結んでいます。日米安全保障条約をこれからも維持していくことに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 57
反対 20


>◆沖縄県は、日本に復帰して43年を迎えました。沖縄が日本に復帰してよかったと思いますか。よくなかったと思いますか。
 よかった77
 よくなかった6


この二問の回答にはほっとしました。日本に復帰してよかった、と思っていてくれているうちに基地問題を少しでも軽減すべきだと思います。

>◆沖縄と本土には「さまざまな格差がある」という見方があります。その通りだと思いますか。そうは思いませんか。
 その通りだ77
 そうは思わない14

◇(「その通りだ」と答えた77%の人に)格差の中で、一番問題だと思うのはどれですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 所得35〈27〉
 就職7〈5〉
 交通網4〈3〉
 教育6〈5〉
 基地問題44〈34〉


教育の格差とは何なのでしょうか? ちょっと分かりません。

>◆6月23日は沖縄の慰霊の日です。このことを知っていますか。知りませんか。
 知っている98
 知らない2


98%が知っているとは驚くべき数字です。正直に言って私(東京都民)は知りませんでした。沖縄では慰霊の日に関する報道が多いのでしょうか?

【朝日新聞】日本外交 「韓国疲れ」の克服を

6月18日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。「私の視点」のコーナー。米パシフィック・フォーラムCSISエグゼクティブ・ディレクターのブラッド・グロッサーマン氏と米外交問題評議会〈CFR〉朝鮮半島問題担当シニア・フェローのスコット・スナイダー氏による『日本外交 「韓国疲れ」の克服を』より

日韓の歴史論争は最近、ユネスコ(国連教育科学文化機関)がその舞台だ。日本は炭鉱や造船所、工場などの23資産について、近代日本の形成に重要な役割を果たしたとして世界遺産への登録を推薦した。これに韓国は、7資産で数万人の朝鮮半島出身者が太平洋戦争中に強制労働させられたとして反発している。
(略)
日本の言論NPOとソウルの東アジア研究院が5月に発表した世論調査によると、韓国人の72・5%が日本に、日本人の52・4%が韓国にそれぞれマイナスの印象を持っていた。韓国では6割が日本を軍事的脅威だとし、4割近くは日韓間の軍事紛争を予想していた。一方、(悪化する両国国民感情の)現状を「望ましくない状況であり、心配している」または「問題であり、改善する必要がある」と答えた人はともに3分の2だった。
 韓国人は、自分たちの思う歴史にもっと合わせた歴史認識を日本が示してくれるのを待っている。そして日本の保守派の歴史修正主義の動きは、過去の謝罪の不誠実さを露呈させるものだとはねつけている。日本では、韓国人は飽くなき不満感から要求を変え、日本に対する道徳的優位を保ち続けようとするだろうからどんな和解の努力も実らないと懸念する人が増えている。その結果、日本では「韓国疲れ」が強まり、韓国の歩み寄りを待つようになった。
 しかし日本は、「韓国疲れ」に屈するのではなく、韓国の誠実さを試す方が良策ではないか。仮に日本政府が過去の謝罪を改めて確認し、生存している元慰安婦に金銭的解決と正式な謝罪を直接示し、竹島の領有権主張を脇に置くなら、歴史を過去のものにしたいという日本の望みの力強い表現となる。
 日韓国交正常化50周年の折、このような大胆な意思表示を行えば新たな共同パートナーシップの基礎が築かれる。韓国人がもし、こうした申し出に否定的な反応をするなら、関係改善の主たる障害は韓国人の不満であることが露呈し、失敗の責めは日本より韓国が負うことになる。


日本が今譲歩すれば、韓国も折れるか、さもなければ韓国が悪いということが白日の下にさらされる。だから日本が譲歩しろ、というご意見です。

両氏がどこまで事実関係を知っているのかわかりません。米コロンビア大学教授・キャロル・グラック氏も事実関係を知らずに日本にたいそうな忠告をしていませいた。両氏も同じなのかもしれません。

参)【朝日新聞】米コロンビア大学教授の事実誤認

河野談話が譲歩だったのです。日本の言い分は飲み込んで韓国に譲ることで、韓国が二度と話を蒸し返さないはずでした。それを憲法裁判所の判決をきっかけに掌を返してきた、というのが事実です。

仮に、今日本が謝罪し韓国がそれを受け入れ「未来志向の関係」という昔のフレーズに立ち返ったとします。それでも、世界遺産登録の阻止活動を止めはしないでしょう。“謝罪したと言ったのに、韓国の要請を聞き入れずに世界遺産登録を狙うとは何事か。日本の謝罪は信用できない”となるのは目に見えています。そして、日本人がそう思うことこそが「韓国疲れ」の正体です。

事情が分かっていないらしい第三者のご高説は問題解決の役に立ちません。

【時事問題】年号暗記は無味乾燥か?

歴史の授業や歴史の入試問題に対するよくある批判に、“年号を暗記させるのは無味乾燥である”というのがあります。

この主張に対して常々疑問を感じていました。

第一に、年号を覚えておくことは、ものごとの理解に有用だという事実があります。美術館で絵を鑑賞するのに、第一回印象派展が何年だったかを知っておくのは有益な場合があります。小説や映画で、フランス革命が何年に起きたのかを知っておくのが理解に欠かせない場合があります。

調べれば分かるのですが、面倒だから調べないというのは人の性です。映画館で映画の鑑賞中ならそもそも調べるのは不可能です。

第二に、年号暗記は本当に無味感想なのかという疑問です。

6月17日の朝日新聞の記事から引用します。

 「今年は沖縄戦が終わってから何年になりますか」。歴史教育に携わる教諭らでつくる沖縄歴史教育研究会と沖縄県高教組が今春、県内の高校2年生にアンケートをしたところ、正答率は54・7%だった。
 「戦後70年の節目なのに、高校生には遠い過去の出来事としか認識されていないのだろうか」と研究会。5年前の前回調査は、同じ問いで正答率70・9%だった。
(略)
(田中久稔)


年号に対して、無味乾燥どころか、きわめて感傷的な態度です。

たまたま沖縄戦に関する記事を読んだので引用しましたが、沖縄戦だけではありません。東日本大震災でも、犯罪事件でも同じです。“今年で○年目を迎えました”というのはよく目にします。年号どころか、“原爆投下が何時だったかを知らない子供が増えた”と嘆く人がいるという新聞記事を読んだこともあります。

これらから考えるに、年号を覚えておくことが必ずしも無味乾燥とはいえません。

有益なのか無益なのか、という議論はあり得ますが、それは、何の年号を覚えるのか、によるのだと思います。

【ウルトラQ】第二十三話 南海の怒り

第二十三話の「南海の怒り」の感想です。

登場する怪獣は、大蛸のスダールです。怪獣とはいいながら、もしかしたら単に育ちすぎた蛸なのかもしれません。何かの薬で大きくなったというような気配はありません。そのためか、事前に爆撃を食らっていたとはいえ、最終的には銛につかれて退治されるという怪獣らしからぬやられ方をします。

スダールは父親の仇として登場したところから推測するに、ハーマン・メルヴィルの「白鯨」が制作陣の念頭にあったのかもしれません。

島民はスダールを守り神として恐れていましたが、スダールが国連の爆撃機に攻撃を受けて傷つくとみるや、手のひらを返して退治にかかるところが笑えます。

【テレビ】特報首都圏:多頭飼育崩壊~ペットの飼い主になにが~

NHK、6月12日(金)放送。

“多頭飼育崩壊”とは、ペットが繁殖などで増えすぎ、飼い主が経済的に追いつめられるなどして、適切な飼育が困難になってしまうことです。最近この多頭飼育崩壊が自治体の91%で報告されているなど深刻な問題になってます。海外でも同じことはあって、アニマル・ホールディング(動物のため込み)と呼ばれています。

餌代に月100万円がかかるとか、飼い主が「猫を頼む」と書置きをして自殺したとかいうこともあります。周辺住民から臭いの苦情もありますし、ペットも適切な世話をしてもらえないため病気になる、など深刻な問題も生じています

共通点は「動物が衰弱・不衛生な状態でも認めず、飼育に固執」することです。

大多数の原因は飼い主の避妊・去勢に対する知識不足です。どんどん増えていったが家族同然なので手放すことは考えられない、となるようです。また、多数のペットを飼っていることが周辺に知られることで、家の前に捨て猫/捨て犬をされることもあります。

ある自治体では10匹以上飼っている飼い主は届出をさせ、定期的に職員が訪問して様子をうかがいます。避妊・去勢の啓発もします。

■感想
多頭飼育崩壊の飼い主が特殊なのか、あるいは動物好きがこうじただけの善良な飼い主なのかは分かりません。しかし、繁殖であれよあれよという間に増えてしまったものを飼い続けようとしたという責任感は本当だと思います。

番組で紹介された範囲に限ってのことですが、多頭飼育崩壊の飼い主はみな、相談に乗ってくれる、あるいは忠告してくれる、家族・親類・友人がいないようでした。これが「崩壊」に至る原因なのかもしれません。

【映画】ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス

一作目も二作目も観ています。感想はここここ

一作目はそこそこ面白かったですが、二作目は失速しました。どうしようかと思っていましたがこれで完結だということで観にいきました。ただし、よく確認していなかった私が悪いのですが、これで完結ではなく、完結編のPart1とのことです。

どうやら世界では大ヒットのシリーズのようです。タイで軍政に反対する市民が、この映画の抵抗のポーズ(三本指を伸ばしす)をとった、というニュースを見たことがあります。日本では上映館も少なく、映画公開前のTV放映も地上波初の二作目がテレビ東京の昼の時間帯というていたらくです。なぜ、世界でヒットしたこの映画が日本で駄目なのでしょうか。日本のガラパゴスっぷり(いい意味でも悪い意味でもありません)に興味がわきます。

今回の特徴は殺人ゲームがないことです。そのためか主人公(カットニス)はほとんど活躍しません。爆弾つきの矢で敵の航空機を落とした以外は、爆撃される基地で避難所に逃げ込むのがギリギリになるくらいです。これは反乱軍が彼女にプロパガンダ映像への出演くらいしか期待していないからでもあります。

反乱軍も何をしているのかよくわかりません。拠点を構えて政府と陣取りゲームに乗り出そうというのか、本拠を隠して破壊工作活動をしたいのか、はっきりしません。ビデオの作成に一生懸命という様子です。制作者(あるいは原作者)が「反乱」をうまくイメージできていないのではないかと思います。

首都に侵入して人質を奪還するだけ、というのも脱力です。要人の暗殺とか、重要施設の破壊とか、他にすることはいくらでもあるはずです。

二作目も尻切れトンボで終わりましたが、次が用意されていることもあって、今回も尻切れトンボでした。

完結編のPart2は今年の11月20日に公開されます。ここまで来たら次も観にいきます。最後はやはり殺人ゲームで締めてほしいのですが・・・

【映画】イニシエーション・ラブ

監督:堤幸彦

原作は未読です。

予告で、ラストでどんでんがえしがあることが伝えられています。実際、ラストのどんでんがえしがなければ退屈な恋愛映画に過ぎません。映画の冒頭でもネタばれ禁止を強く言い渡されています。

このネタを話せないために、ほとんど何も語れません。私はすっかり騙されてしまいました。

「あなたはきっと2回観る」というキャッチコピーがついていますが、確かに再視聴して確かめたくなるような作りです。DVD文化に根ざしているのかもしれません。

【朝日新聞】作家・島田雅彦氏のいう「反知性主義」とは?

6月10日朝日新聞朝刊の文化・文芸欄。作家・島田雅彦氏のインタビュー。『日中韓「文学フォーラム」再開』より。インタビューの主旨は次のとおりです。

 日本、中国、韓国の作家や詩人らが集い、語り合う「東アジア文学フォーラム」が12日から北京・青島で開かれる。2008年にスタートし、各国回り持ちで開催していたが、領土問題に端を発する日中関係の悪化などを背景に中断していた。再開を前に、日本からの参加者を束ねる作家の島田雅彦さんに聞いた。


インタビューの引用です。

(略) 
 安倍政権は中国や北朝鮮を仮想敵国と見なすことで危機意識をあおり、「積極的平和主義」という名の対米従属を進めていますが、憲法に反してまで日米安保にしがみつくこと自体、国益にかなわない。安倍政権の政治的選択は時間の経過とともに大きなマイナスになる危険性があります。東アジアの覇権国家として成長しつつある中国と、「世界の警察」をやめたい米国。間に挟まれた日本は、米軍の戦費負担を買って出るより、多角的な東アジアの安全保障体制の構築に取り組んだ方が、はるかにローコストで実りがあると思います。
 このような政権批判がしにくくなったら、日本も中国に似てきたということですが、それも冗談ではすまなくなってきている。近ごろは、「日本には言論の自由もあるし、報道の自由もある」とは胸を張って言いにくくなってきました。
 政治家や市民の間に最低限の教養が共有されていた頃は、作家が当たり前の正論を口にすること自体、恥とされていました。物書きはもっと自由に言いたいことをいい、ときにはひんしゅくを買うことが求められていました。
 しかし、アメリカ発の「反知性主義」が蔓延し、ネトウヨが幅をきかせ、政治も言論抑圧に向かい、メディアも萎縮してくると、そうも言っていられなくなってきました。これは震災とも関係があるかもしれません。身近で多くの犠牲者が出ると、人は本能的に保守化し、過剰に防衛的になるようです。「国難にあって政府を批判するのは控えよう」という内向きな態度が共有され始めています。言論の多様性を確保できるかどうかは、文学者の死活問題に関わってきます。
 (聞き手・板垣麻衣子)


島田氏の安倍政権への評価については論評しません。防衛費を増やすより仲良くなって戦争の可能性を除去した方がローコストだ、というのも、私には現実味を感じませんが、意見としてはあり得ると思います。

しかし、日本で言論の自由がなくなってきている、という現状認識には異議があります。

島田氏が挙げている論拠は、『アメリカ発の「反知性主義」が蔓延し、ネトウヨが幅をきかせ、政治も言論抑圧に向かい、メディアも萎縮してくる』というものです。

島田氏の言う「反知性主義」が何を指すのかはっきりしませんが、おそらく、上記のような島田氏の意見に対して反対する意見が無視できないほど多いことだと思います。

真に言論を尊ぶのであれば、反対意見に対しては、言論で応ずるべきです。「反知性主義」というレッテル貼りをして思考停止する方がよっぽど知性に欠けています。自分の意見に反対されたからというだけで、相手を「反知性主義」呼ばわりとは情けない限りです。

「メディアも萎縮」に至っては、どういう事象を指しているのか判じかねます。現に島田氏の政権批判が普通に新聞に載っています。まるで萎縮しているようには感じません。

自分の意見が通らないからといって拗ねているようにしか見えません。

【アニメ】中国の禁止アニメ38作品

朝日新聞の記事より引用

中国文化省は8日、「未成年者を犯罪に誘い、暴力や欲情、テロ活動を誇張する」内容が含まれるとして、日本のアニメ38作品のリストを公表し、インターネットでの配信を禁止した。


38作品とは、ここによれば、以下のものです。

・残響のテロル
・BLOOD-C
・ハイスクール・オブ・ザ・デッド
・Ergo Proxy
・寄生獣
・スカルマン
・Another
・インフェルノコップ
・アフロサムライ
・東京喰種トーキョーグール √A
・ソードアート・オンラインII
・東京ESP
・東京レイヴンズ
・Devil May Cry
・Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-
・新妹魔王の契約者
・進撃の巨人
・コープスパーティー
・ストライク・ザ・ブラッド
・DEATH NOTE
・デッドマン・ワンダーランド
・デート・ア・ライブII
・PSYCHO-PASS
・デビルマンレディー
・School Days
・エルフを狩るモノたち
・エルフェンリート
・ハイスクールD×D
・百花繚乱 サムライブライド
・だから僕は、Hができない。
・GIRLSブラボー(2期)
・かのこん
・はぐれ勇者の鬼畜美学
・桜通信
・黒執事
・CLAYMORE
・ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド
・暗殺教室


中国当局がこれらの作品を禁止したこと自体に感想はありません。そういう国なんだなあ、と思うだけです。

リストのうち全編観たのは、22タイトルです。途中で見切ったのも複数タイトルありますが、全く観ていない(知らない)のもあります。一般人よりは当然多いのでしょうが、アニメファンとしては多いのか少ないのか自分でもわかりません。

禁止理由は、「暴力」「欲情」「テロ」とありますが、主に「暴力」が問題になっていると思います。もしかしたら「欲情」で問題になりそうなものはハナから中国で展開していないのかもしれません。当然入っていそうな「ひぐらし」がないところからも考えるに、中国側が認識しているうちで問題作を選んだということで、そもそも俎上に上っていない作品は結構ありそうです。

それでも分からないのは、「東京喰種」や「ソードアート・オンライン」の二期だけが禁止されている理由です。二期が悪くて一期がいい理由はないと思いますし、続き物なのですから、一期が中国当局の視界に入らなかったはずがありません。

一番分からないのは「東京レイヴンズ」です。これには「暴力」も「欲情」もほとんどありません。無理に理由を探せば、
1)大戦中の日本軍が陰陽道を利用していたという設定があるので、陰陽師をヒーロー扱いしているのが戦争中の日本を肯定しているように見えた。
2)BL(ボーイズラブ)にときめく女性(いわゆる腐女子)が普通にぞろぞろ出てきたのが癇に障った。
3)悪者扱いとは言え、体制を覆そうとするグループが描かれていた。
これくらいしか思いつきません。

なお、38作品の中で私のお薦めベスト5は

・ハイスクール・オブ・ザ・デッド
・東京レイヴンズ
・Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-
・PSYCHO-PASS
・CLAYMORE


悩んで選びました。

【ウルトラQ】第二十二話 変身

第二十二話の「変身」の感想です。

おそらくこの回を観た影響だと思いますが、いまだに蝶だの蛾だのが苦手です。いわゆるトラウマです。

さて、これまでのウルトラQでは、猿、モグラ、蜘蛛と色々なものが巨大化してきましたが、いよいよ今回は人間が巨大化します。

大きくなった原因は明示されていませんが、おそらくモルフォ蝶です。

モルフォ蝶自体も巨大化したものが登場していますので、別の原因で人間もモルフォ蝶も巨大化したのだ、という仮説も成り立ちます。しかし、日本にいないはずのモルフォ蝶が普通に飛んでいたことと、生き物を巨大化させる何かの原因が存在する、という二つの不思議が偶然に重なったというより、このモルフォ蝶(もしかしたらモルフォ蝶に似た別種の蝶)が原因と見るのが自然です。

山から下りて暴れまわる巨人に対して婚約者の女性が叫びます。

山に帰って。これ以上私を苦しめないで!


悲痛です。

結局、巨人は元の大きさに戻り人間の理性も取り戻し、恋人たちは抱きしめあうというハッピーエンドです。そして、最後のナレーションはこうです。

もしあなたの恋人がアンバランスゾーンの中に落ちたとき、それでもあなたの愛は変わらないと言えるでしょうか?


愛が勝ったといわんばかりのナレーションですが、この女性が巨人にかけた言葉を冷静に読めば、心変わりをしています。心変わりではないかもしれませんが、巨人と成り果てた婚約者を自分の世界から切り離したいと切望していたのはうかがえます。単純な、愛の勝利という話ではありません。

なお、モルフォ蝶は、小説「ムシウタbug」(著:岩井恭平)にも重要な存在として登場していました。有名な蝶のようです。

【朝日新聞】(Re:お答えします)「報道の自由」日本なぜ低い?

6月9日朝日新聞朝刊。読者からの質問に記者が答える「Re:お答えします」のコーナー。今回は、『「報道の自由」日本なぜ低い?』です。

 「報道の自由度ランキング」で日本が61位と低い順位だったのはなぜですか。自由度が乏しいとどんなデメリットがありますか。(東京都、パート、40代)

 ランキングは、パリに本部がある国際NGO「国境なき記者団」(RSF)が毎年発表しています。日本は、東京電力福島第一原発の事故後の情報開示や取材の制限などが問題となった後、2012年の22位から13年に53位に急落し、その後も、少しずつ順位が下がっています。
 RSFは、記者の殺害や逮捕、訴追の状況を調べるほか、80項目ほどからなる質問状を各国に送って集計しているそうです。フリーの人たちも含めた内外の記者のほか、インターネットで発信するブロガーや学識経験者らも対象です。
 これらを彼らが独自に指数化して国・地域を並べます。上位はフィンランドなど北欧諸国が常連。最下位グループは中国や北朝鮮、シリアが170位台に並び、指数からみて「とても深刻」だといいます。15年版では、英国(34位)や米国(49位)は「満足できる」。日本は14年より二つ順位を下げて61位で「留意すべき問題がある」とされています。
 RSFでアジア太平洋地区を担当するベンジャマン・イスマイールさん(33)は、「日本の状況は、ますます悪くなっている」と見ています。取材の方法しだいで記者が懲役刑を受ける可能性も指摘されている特定秘密保護法の施行などを例に挙げます。
 ドイツ紙の東京特派員による「外務省から攻撃にさらされるようになった」との回顧。政権の座にある自民党がテレビ局幹部を呼び出して説明を求めたこと。報道への圧力や介入とみなされるような事例が続きます。16年版では、さらに順位が下がるかもしれません。
(略)
 (パリ支局・青田秀樹)


この説明では、RSFの具体的な計算方法が分かりません。知りたいのは日本のどういう項目が否定的に見られているのかという情報です。青田記者自体理解しているのかどうか不明です。

「特定秘密保護法」が影響して順位が下がったというのが事実なのか想像なのかも分かりません。事実だとしても、何点くらいの影響があったのかも分かりません。

よく分からない計算方法で出した順位を有難がるのは馬鹿げています。

とりあえず、目を惹くのは「フリーの人たちも含めた内外の記者のほか、インターネットで発信するブロガーや学識経験者らも対象」にしたアンケートを使っていることです。この方法だと、その国に関係するジャーナリストがシニカルであればあるほど順位は下がっていきます。具体的には、青田記者のように「16年版では、さらに順位が下がるかもしれません」と、順位が下がることを期待しているとしか思えない発言をする記者です。

また、「報道の自由度」に限りませんが、こうした指標では、順位よりも点数を気にするべきです。他の国の「報道の自由度」が向上して追い抜かれれば、国内の事情は何も変わらなくても順位は下がります。逆に、他の国もいっしょに悪くなれば順位は下がらないかもしれません。

【本】ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗

著:円谷英明

著者は円谷英二の孫で円谷プロの六代目の社長です。

日本の特撮映画に巨大な足跡を残した円谷プロの裏面史です。浮き沈みの激しい業界なのだとは思いますが、企業統治の面で素人じみたところのあったこともあり、予想以上の急上昇と急降下を繰り返しています。

「ウルトラマン」シリーズに関心があれば、それぞれのタイトルで制作が何を考えて設定を作っていったかが分かり興味を持つものと思います。

私が一番興味深かったのは、著者が社長を追われた後にはじめた中国ビジネスの顛末です。

・2005年5月に円谷プロの社長解任
・休眠していた会社を再立ち上げして中国向けに特撮番組制作に乗り出す。
・中国スタッフ教育のため、日本人技術者を次々と呼ぶ。
・2007年2月。52話の予定で本編制作に入る。
・追加の投資を得るために日本に戻るが、当時中国のニセモノが話題になっていたためか、成果があがらない。
・九話まで撮影が済んだが、資金が枯渇
・個人財産を処分してつぎ込む。自宅も売る。
・資金不足のため52話の予定を13話に変える。
・中国で業務委託していた編集会社が反乱を起こす。映像素材をすべて押さえられ、52話分の業務委託料を払わないと素材を返さない、と言い出す。
・2010年初頭、事業継続を断念。帰国。

著者は現在「プライダル会社の衣装を運ぶ仕事」に就いているとのことです。

中国に囚われて破滅(?)した生涯だったとも言えます。

【朝日新聞】「持続可能」な車社会の未来

6月6日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。アメリカ総局長・山脇岳志氏の『「持続可能」な車社会の未来』より。運転手がいない電気自動車による新しい街づくりを研究する研究者の話です。

(略) 
 彼の名前は、ライアン・チン。最先端の研究で知られるマサチューセッツ工科大(MIT)のメディアラボで、持続可能な街づくりを研究する博士だった。
 車よりも、鉄道や地下鉄などの公共交通機関のほうが、大量に人を運べて環境にも優しく「持続可能」なのでは。
 こんな私の疑問にライアンは、鉄道建設にはお金がかかりすぎる上、高齢者や体が不自由な人は駅に行くのが大変だと話した。自動運転車が、公共交通システムの切り札だと言った。
 それから1年余り、ボストン近郊のメディアラボに話の続きを聞きに行った。紙に手書きで、街や道路を描きながら、構想を話してくれる。
 未来都市のカギは、ガソリン車ではなく電気自動車で、運転手がいない自動運転、そして一台の車を複数の人で共有するカーシェアリングにあるという。
 スマホなどで車を頼むと、指定の地点まで、無人の車がやってくる。同方向に向かう人は一台の車に同乗する。未来の車は、車同士で無線交信して衝突を避けたり、最適ルートも探してくれたりするので、渋滞解消にもつながる。
 もし、そんな便利な社会になるなら、莫大な費用をかけて地下鉄をつくらなくてよさそうだ。都心で駐車スペースを求めてさまよう必要もない。
(略)
 ライアンは、自動運転車だけが走る特別な区域を街中に作るアイデアも持っている。「日本は、(5年後の)東京オリンピックという大きな舞台で、試してみたらどうだろうか」


ライアン博士によれば新世代の車社会のメリットは、老人や障害者が駅まで歩く必要がないこと。鉄道や地下鉄のデメリットは、建設に莫大な資金が必要なこと、です。

電気自動車は、ガソリン車よりは環境にやさしそうです。しかし、それでも鉄道・地下鉄と比べてエネルギー効率がいいとは思えませんが、それについての説明はありません。街の全員が車で職場や学校に移動し始めたら、街の人口規模にもよりますが、街中の道が車で覆い尽くされるでしょう。

老人が駅まで歩かなくていいというのは良いことなのかもしれません。しかし、歳をとってもある程度の運動は必要です。楽するのが必ずしもよいこととは思えません。どうしても動けないような人たちのために自動車を活用するのは結構ですが、街全体が車だけに特化させる理由にはなりません。

鉄道建設には莫大なコストがあると言っていますが、新世代の車社会だって相当なコストがかかりそうです。コスト面は技術発展によって解決するかもしれませんが、それなら鉄道建設のコストだって将来の技術発展で下げられるかもしれません。なによりすでに鉄道・地下鉄が完成した街には、「莫大な建設コスト」は要りません。東京のようにランニングコストだけが必要な都市に提案するのは不可解です。

自動車業界の回し者とまでは言いませんが、自分の研究テーマであるからということで自説に甘くなっているように思いました。

【映画】メイズ・ランナー

三部作の第一部です。

不条理状況な状況に強制参加させられるという話です。

「ハンガー・ゲーム」との類似を指摘する声も聞きます。原作も「ハンガー・ゲーム」と同じく、アメリカでヒットしているそうです。

壁に囲まれた状況で外(迷路)には人を襲う怪物がいる、という設定から「進撃の巨人」と似ているという声もありました。

私は「CUBE」を思い出しました。なんでこうした状況に放り込まれたのか分からない点では「ハンガー・ゲーム」より「CUBE」の方が近い感じがします。終幕後に流れた、第二部の予告を見たら、コスト度外視の超テクノロジーのゲームが次々に出てくるみたいで、「神さまの言うとおり」を連想しました。

色々な映画を連想させますが、最近のトレンドということでしょうか。

ところで、主人公(白人の男)に協力的な脇がいます。それは、誰もが想像つくように黒人の男と白人の女ですが、この映画はさらにアジア系の男も主人公をサポートします。“ポリティカルコレクトここに極まれり”というところでしょうが、正直言ってうんざりしました。

三部構成の第一部だけなので、評価はしようがありません。とりあえず第二部は観るつもりです。

【朝日新聞】米コロンビア大学教授の事実誤認

6月5日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。日本の歴史認識をめぐり、「偏見のない清算」を呼びかける声明の作成に携わった米コロンビア大学教授・キャロル・グラック氏のインタビュー記事「米歴史家らの懸念」です。

 ――声明への反響をどう見ていますか。
 「これほど注目を浴びるとは思っていませんでした。最終案に署名した187人は組織的に集めたわけではなく、研究分野も様々で、政治的信条も保守からリベラルまで幅広い。これだけ多様な人が支持しているのだから、声明はバランスが取れていると思います」
(略)
 ――談話(安倍総理の予定している70年談話)では慰安婦に触れざるを得ないのでしょうか。
 「慰安婦問題は安倍首相だけが作り出したわけではありません。韓国はこの数年、積極的に国内外で問題にし、日本の責任を強調している。韓国系米国住民らの働きかけもあり、2007年には米下院で日本の責任を問う決議が採択された。中国や韓国は以前から『日本の歴史認識』を政治的に利用してきましたが、最近は慰安婦問題がその代表になっています」
 「ただ皮肉なのは、慰安婦問題は過去にほぼ解決していたということです。宮沢喜一元首相は自ら韓国で謝罪したし、河野談話も発表された。その後も日本は何度も謝っている。しかし、安倍首相が河野談話を検証し、見直す趣旨のことを言い始めたため、問題が再燃したのです。日本の人はよく『謝罪疲れ』を口にします。それは分かりますが、見直しを言い出したからこそ、改めて謝罪が注目されるようになった」
(略)


グラック氏は、写真で見ると上品そうなお婆さんで、おそらく善良な人なのだとは思います。しかしながら、この問題について前提知識を欠いています。

過去にほぼ解決していた慰安婦問題が、蒸し返されたのは、安倍首相がきっかけではありません。2011年8月(李前韓国大統領の時代)に、韓国の憲法裁判所が韓国政府に日本との交渉を求めたのがきっかけです。当時日本は民主党政権で、首相は野田氏でした。この時の日韓の協議は平行線に終わり、日韓それぞれで政権交代が起きても平行線は交わっていない、とうのが事実です。

安倍首相が河野談話を検証し、見直す趣旨のことを言い始めたため、問題が再燃したのです。日本の人はよく『謝罪疲れ』を口にします。それは分かりますが、見直しを言い出したからこそ、改めて謝罪が注目されるようになった

というのは全く事実と違います。

いがみ合う両陣営に対して高い場所から説教するのは気持ちがいいのだろうとは思いますが、素人でも知っている事実関係を知らずに声明を出すのは専門家として恥ずかしいのではないでしょうか。

【朝日新聞】「指導部、都合悪いと忘れる」 天安門の遺族、公開書簡 きょう26年

6月4日朝日新聞朝刊。日本に対してて歴史を正視しろ、と言っている中国当局が、天安門事件について語らないことを遺族や、海外メディアから批判されていることを伝えています。

(略)
 中国外務省の華春瑩副報道局長は3日の定例会見で、海外メディアから「あなたは日本に歴史を正視するよう求めているが、中国政府は天安門事件の真実を明らかにするのか」と問われ、「非常におかしな論理だ。日本の侵略戦争とは性質の全く異なる問題だ」と反論した。
 (北京=林望)


世の中の事象にまったく同じものはありません。したがって、ある人から見て似たような事柄であっても、他の人から見れば別問題ということはあり得ます。その意味で、日本の戦争と天安門事件の性質が異なる、というのも間違っているとはいえません。

しかし、問題にすべきなのは、両者の間でどういう「性質が全く異なる」のかであり、そのことにより、過去を正視しなければならない事柄と、正視する必要のない事柄が何故分別できるかです。

例えば、外国の軍隊と自国の軍隊がやったという性質が異なる、ということを示した上で、自国の軍隊がやったことの歴史は正視する必要がないのだ、という理屈を組み立てることです。その理屈が内外の納得を得られるか否かは別として、そういう理屈を言わなければ反論たりえません。

朝日新聞の記者にも一言あります。ただ「海外メディア」と書くのではなく、具体的にどこの国のメディアが質問をしたのかも書くべき情報です。基本的な情報を欠いているというより、何かを誤魔化しているかのような感じさえします。

【朝日新聞】投書:信条を表明したら仲間から批判

6月2日朝日新聞の投書欄。神奈川県の74歳の男性からの投書「信条を表明したら仲間から批判」です。

 毎朝、地元でグラウンドゴルフに参加している。ある日、仲間から「あれは外してくれない?」と言われた。「憲法9条改悪反対」「戦争へと進む集団的自衛権行使反対」というスローガンを、クラブケースに付けているのが気に入らないらしい。
 一瞬、どう答えたらいいか戸惑った。出てきた言葉は「表現の自由、思想信条の自由は憲法で保障されている」。だが、やりとりを見ていたほかの仲間が4、5人寄ってきて、口々に言う。「憲法なんか関係ない」「我々も同じとみられる」「皆が迷惑がっているのだから」「いいから外したほうがいいよ」
 仲間は皆、60代以上。子どももいれば孫もいる。政府による安全保障法制が現実のものになれば、子や孫が戦場に送り込まれる可能性も出てくると心配にならないのだろうか。
 あの日以来、グラウンドゴルフには行っていない。スローガンをつけたままのクラブケースは、玄関に置いてある。


私は投書子の政治信条(「憲法9条改悪反対」「戦争へと進む集団的自衛権行使反対」)には賛成しません。それでも思想信条は自由だといわざるをえません。公序良俗に反しない限りクラブケースにどんな政治スローガンをつけても罰せられることはありません。その前提で言いますが、投書子の態度には問題があります。

投書子は、パーティーの席上で宗教の話はしない、といった種類のたしなみに欠けています。ゴルフを楽しむ場に、憲法9条を守れとか、集団的自衛権反対といった話題はふさわしくありません。もちろん、憲法を改正せよとか、集団的自衛権賛成とかもふさわしくありません。政治信条の中身が問題ではなく、社交の場に論争を呼ぶ話題を持ち出すことが間違っているのです。

【朝日新聞】慰安婦問題、識者と考える

6月2日朝日新聞朝刊より。

朝日新聞は昨年末、「慰安婦となった女性の多様な実態と謙虚に向き合い、読者にわかりやすく伝える取り組みをより一層進め、多角的な報道を続けます」との考えを表明しました。
 朝日新聞は「朝鮮人女性を強制連行した」とする故吉田清治氏の証言を虚偽と判断して記事を取り消し、おわびしました。取り消しが遅れたことへの反省から、慰安婦報道の検証を第三者委員会に依頼し、委員会からは、意見の分かれる論争的なテーマについては、「継続的報道の重要性を再確認する必要がある」と報告書で指摘されました。
 戦時中、慰安所が作られ女性が慰安婦にさせられた背景に何があったのか。元慰安婦の救済をどう考えるか。朝日新聞は取材班を立ち上げ、慰安婦問題をめぐる国内外の動きや研究成果などを探っています。これからもさまざまな立場の意見を紹介し、この問題を考える材料を伝えていきます。



参加者は以下の四人
荻上チキさん(司会) 評論家
小野沢あかねさん 立教大教授
東郷和彦さん 元外務省条約局長
尹明淑さん 韓国・忠南大国家戦略研究所専任研究員

さまざまな立場の意見を紹介するとしながら、一方的な立場の意見を垂れ流しているようにしか思えません。意見の異なる人が対話しなければ、議論は深まりません。この議論も互いに深まらない議論の典型です。

次の点が気になりました。

「よその国に国家による性暴力があるからといって、自国の犯罪が無くなるとか、相殺されることはありません」という意見は、それだけ見るともっともなのですが、この人たちの意見は、慰安婦制度は女性の人権問題だという問題意識であり、『首根っこをつかんでトラックに乗せたか否かといった「狭義の強制性」に関心が集中し、強制連行がなければ問題ないという見方』を批判しています。

本当にそうであるなら、「よその国」の「国家による性暴力」も当然のように彼らの関心であるべきです。「よそ国」どころか、当時多数を占めていた日本本土出身の慰安婦にも関心を向けるべきです。そうならないのは、政治的な意図をもって日本政府を批判しているか、頭が悪いかのどちらかです。

こうした質の悪い議論では、朝日新聞の誤報を誤魔化すことはできないと思います。

【ウルトラQ】第二十一話 宇宙指令M774

第二十一話の「宇宙指令M774」の感想です。

悪い宇宙人(キール星人)が怪獣ボスタング(巨大なエイのような形の怪獣)を地球に送り込みます。良い宇宙人(ルパーツ星人)は地球に警告を発しますが、なかなか信じてもらえません。業を煮やしたルパール星人は、地球に降り立ちますが、ボスタングは既に孵化していました。

前半はルパーツ星人が送る謎めいたメッセージが主になります。人形を通して話かけたり、飛行しているセスナ機から人間だけを誘拐したり(セスナ機は無人のまま無事着陸)、ジュークボックスを使って会話したり、と科学技術というより魔術といった方があっています。

雰囲気たっぷりのルパーツ星人ですが、これがまったく役にたちません。“もっと早く私の言うことを聞いておけばよかったのに”といやみを云うだけでボスタング退治は地球人にまかせきりです。職場にいたら顰蹙ものの態度です。

ボスタングの方も実はたいしたことはありません。地球人の(自衛隊の)戦闘機の攻撃であっけなくやられる程度です。防御力が低いのであれば、戦闘機が来たら海底にもぐって逃げればいいのですが、そういう知恵もないようです。何を考えたのか海面を飛び跳ねている間に狙い撃ちされ海の藻屑となりました。

ちっとも役に立たなかったルパーツ星人ですが、このまま地球に住むそうです。同じような経緯で地球に住み着いたルパーツ星人はたくさんいるらしいですが、地球人にその認識が無かったという事は、どうやら他のルパーツ星人も感謝されるような目覚しい活躍はなかったのでしょう。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle