【朝日新聞】舛添前都知事のインタビュー

5月30日朝日新聞朝刊のオピニオン欄に、舛添前都知事のインタビューが掲載されました。

(略)
――豪華な海外出張や、神奈川県湯河原町の別荘通い、私的な旅行や美術品購入といった政治資金の不透明な使い方が、「あまりにセコい」「知事の資質に疑問がある」と都民の反発を受けたと私は思っていましたよ。
 「政治資金の記載ミスは申し訳なかった。しかし、航空機のファーストクラス使用もホテルのスイートルーム宿泊も、別に仕事に役立てばいいと、いまでも思っています。国の大臣や大企業のトップは使っているでしょ。別荘も2015年に股関節の手術を受けて、温泉リハビリのためでした。第一、他県の知事で東京の自宅から県庁に通っている人は問題にならず、私だけたたかれるのは不公平です」
(略)
――著書「都知事失格」には、フランスの閣僚とか英国の公爵殿下とかワシントンDCの市長などとの交流ぶりが、これでもか、と紹介されている半面、都内の庶民との交流はほとんど登場しません。知事として大切にする人、触れ合う相手を間違えたから、ピンチのときに応援してくれる人が出てこなかったんじゃないですか。
 「選挙のときは相当触れ合っていて、知事就任後も保育所や福祉施設など現場にも相当足を運びました。ただ、2020年の東京五輪、パラリンピック大会の存在が、仕事の半分ぐらいを占めるほど、めちゃくちゃ大きかったのも事実で、都市外交にも力を入れなきゃいけない。2020なかりせば、言われるようなこともできたかもしれませんが、五輪関係の面談、会議、接待もある。時間的な制約が半端じゃなかった」
――舛添都政の中核は外交で内政は置いてけぼりにされたように見えます。あれほど、都市間外交をする必要があったんですか。
 「内政でもあらゆる課題に取り組んだんですよ。それでも都市外交を重視したのは、現代は国家間競争ではなく都市間競争の時代だからです。東京はパリやロンドン、ニューヨークなどの世界都市と、ヒト、カネ、ソフトを競い合って経済や暮らしのレベルを向上させなければならない。同時に、共通の目的に都市が手を結び、国家の誤りに協働で立ち向かわねばなりません。例えば気候変動問題には、首長の間で盟約を結び、国際的な取り組みを進めています。米トランプ政権は温室効果ガスを巡るパリ協定に否定的ですが、こうした動きに立ち向かうのも世界都市の役割になってきたんです」
(略)


騒ぎの最中はテレビに子供まで追い回されたそうで、それは気の毒だと思いますし、そうしたテレビ局の姿勢は問題だと思います。

しかし、舛添氏の言い分には納得できません。

航空機のファーストクラス使用もホテルのスイートルーム宿泊が「仕事に役立てばいい」というのはその通りです。しかし、ファーストクラスやスイートルームの使用がどう仕事に役立っていたのか説明がありません。警備の都合もあるので、エコノミークラスに乗れとか、安宿に泊まれと極端なことを言うつもりはありませんが、どういう風に役に立ったのかを説明しなければ誰も納得しません。

「国の大臣や大企業のトップは使っている」というのは「仕事に役立てばいい」という説明と無関係です。

それに大企業のトップは、その会社のお金でやっていることですから第三者が口出しすることではありません。国の大臣が使っているから、都知事が使ってもいいじゃないか、というのは、情としては分からないでもありませんが、使った都知事本人が言うことではありません。

五輪の準備で時間的余裕がなく都内の庶民とふれ合えなかったと言った先から、都市間競争の時代だから都市外交に力を入れたと説明を変えるのも感心しません。

言い訳に使えるものはなんでも動員しようとしているとしか思えません。
スポンサーサイト

【時事問題】文科省前事務次官の出会系バーへの出入り問題

新しい獣医学部を認可しろという総理の意向を匂わせる文書が本物だと証言した文科省の前事務次官が、出会い系バーに出入りしていたという事実が新聞で暴露されました。

出会い系バーなるものは、要するに売買春を目的とした場所のようです。非合法ではありませんが道徳的にはいかがなものかと思われるところです。

前事務次官は、貧困女性の実態調査のため、と釈明しています。

常識的に考えてこの言い訳は信じられません。証拠はないけど断言します。この前事務次官は買春目的で通っていたはずです。

しかしながら道徳的に問題がある人物だということと証言の信憑性には関係がありません。

また、役所の事務次官という公職だから報道されているのであって、全くの一般人が出会い系バーに通っていても報道されることはないはずです。

政権に不利なことを言うから、秘密を暴露された、とみておおむね間違いないでしょう。

その一方で、政権の思惑とは別に留意すべきことがあります。この前事務次官が失職する際のごたごたで政権に不利な証言をする動機があるということです。

証人の道徳性の有無は証言の信憑性に無関係ですが、証言することで不利になる人に恨みがあったとすると、まゆにつばをつけて聞く必要がでてきます。

一方的な官僚バッシングも感心しませんが、政権批判をする元官僚を英雄視するのも間違っています。

冷静に判断すべきところだと思います。

【ウルトラセブン】第十九話:「プロジェクト・ブルー」

バド星人登場

プロジェクト・ブルーとは、地球と月をバリアで囲って侵略者への盾とする計画です。

このプロジェクト・ブルーを阻止すべく、宇宙の帝王バド星人がやってきます。ただし、いままでの侵略宇宙人とは違いバド星人の目的は知的生物を根絶やしにする、という凶悪なものです。侵略するのも悪いことですが、ホロコーストには負けます。

このバド星人は自分以外の知的生物は許せないそうですが、そんなことを言っている割にはちっとも知的ではありません。

姿かたちは、ステテコ姿のおっさんですし、戦闘シーンも悪役プロレスラーめいていて、頭の良さの片鱗も感じさせません。

しかも、地球を破滅させられる爆弾を所有していながら、完成していないプロジェクト・ブルーの情報を求めるというチグハグ行動です。そんな爆弾があるならさっさと爆発させれば目的達成だと気がつかなかったみたいです。

ところでプロジェクト・ブルーを推進していた博士の奥さんは金髪の外人さんです。夫婦のお馬鹿な会話が延々と続きますが、これは米国産のドラマの影響かもしれません。日本人どうしの夫婦だったら違和感ありまくりですが、奥さんが外人だと不自然さが(かなり残っているけど)軽減されます。

また、プロジェクト・ブルーの書類は、奥さんにプレゼントした洋服に埋め込まれていて、特殊は光をあてると浮かび上がる仕掛けです。それに対して奥さんは怒るどころか喜んでます。その頃には無かった言葉ですが、まさに馬鹿ップルです。

なお、このプロジェクト・ブルーはその後の回には登場してこないので完成しなかったみたいです。無駄な公共事業といったところでしょうか。

【死後整理】年金

年金受給者が死亡した場合は届け出が必要です。届け出が遅れると不当に受領した、ということになってしまいます。

もっとも、失念していたというような場合は返せばいいだけなので神経質になることもなさそうです。また、年金は「後払い」というシステムなので、普通に届け出をすれば、最後の支給から死亡日までの分を清算して遺族が受け取ることになるはずです。

年金は、厚生年金だとか国民年金だとか共済年金など複雑に入り混じっていますので何処に届け出を出すのか一般論はないようです。

私の死んだ家族は、公務員を経て一般企業に勤めていたので、共済年金と厚生年金です。

共済年金の事務所に行って手続きをしたら、“こちらで一括して処理します”とのことでしたので、一箇所に届けることで終わりました。

非常に簡単でした。安心していました。

ところが先日、日本年金機構から、正式には「日本年金機構東京広域事務センター年金給付第3グループ遺族チーム」から、寡婦に封書が届きました。文面はこんなものです。

遺族年金の審査に伴い、○○○○様の厚生年金記録の疑いのある記録がございましたので確認のため、お手紙同封させていただきました。

ご本人の記録の確認が必要ですので、まことにお手数ですがお近くの年金事務所で記録の確認をお願いします。


「年金記録の疑いのある記録が」というのはなんとも悪文ですが、それはともかく「疑いのある記録」とは穏やかではありません。不正でもあるとでも言いたいのでしょうか?

未亡人は足が悪いので、しかたなく私が区の年金事務所に出向きました。

すると、「本人(この場合は寡婦)じゃないんですね。なら委任状が要りますヨ」ときました。

「委任状が必要だなんて一言も書いてないじゃないか。中身の確認だというから来た。私が受け付けてもって帰り調査する」と言ってもダメでした。

「日本年金機構と年金事務所は別組織です。たしかに文面から委任状が必要とは読めない。年金機構の落ち度です(=俺たちの落ち度じゃない)。申し訳ないですね。とにかく委任状を持ってきてくれないとなにも話せません」の一点張りでした。

粘ってもしょうがないので、日を改めて(委任状を書かせて)出直しました。

そうしたら教えてもらえました。

不正の疑いがある、というのではなく、いわゆる“消えた年金”問題でした。家族の誰も知らなかったのですが、学校を出て役所勤めをする間の数ヶ月間仕事をしていた記録が見つかった(死亡の事務処理をしている最中に見つけたみたい)とのことです。

我が家は奇姓なので、姓名が一致している以上、本人で間違いなさそうです。

アルバイトみたいなものだったのか、役所の指示でOJTみたいなものだったのか、今となってはまるで分かりません。

手続きをしてくれたら、いままで受け取っていなかった分を一括して支払い、寡婦年金に上乗せがある、とのことでした。

向こうから言ってきたことなので、証明書類は出さないでいいし、万一間違いだったと分かった場合でもペナルティーはないそうです。

お金のことはともかく、死んだ家族の個人史の一部を知らなかったということに少なからず衝撃を受けました。

【映画】メッセージ

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エイミー・アダムス ジェレミー・レナー

人類と異星人のはじめての接触(いわゆるファーストコンタクト)もののSF映画です。それなりの特撮映像はありますが、アクション映画ではなく思索的なテーマです。

新聞広告では、各界から絶賛されていますが、万人が素直に感動できる映画だとは思えません。

最新の物理学には、過去から現在・未来へと続く時間の流れは存在しない(=錯覚である)という議論があるそうです。私にはなんのことやら分かりませんが、そうした理論に基づいた設定です。因果関係(過去から現在・未来へと原因と結果が連なる)が崩れた世界です。

異星人の行動も(地球人類の視点からすると)不合理なものです。

ぼーっと観ているちんぷんかんぷんになります。何べんも観たら理解できるのかもしれませんが、何べんも観る価値がある映画かどうか疑問です。

「惑星ソラリス」とかそこら辺の系譜が好きな人にはおすすめします。

【朝日新聞】獣医学部の設置について

5月25日朝日新聞朝刊。「いちからわかる!」のコーナー。『「国家戦略特区」に新しい獣医学部?』より

新しい獣医学部を認可したことに総理への忖度があったのなかったのと騒ぎになっています。朝日新聞の「いちからわかる!」のコーナーで、ニュースの前提となる「国家戦略特区」についてQ&A形式で解説しています。

(略)
 A 原則として学部をつくるのは大学の自由だけど、医学部や獣医学部などは医師や獣医師らの増えすぎを抑えるために文科省が認めてこなかった。だから特区に限って認めるように緩和したんだ。医学部も特区で認められ、千葉県成田市に今春、国際医療福祉大医学部が開学したよ。
 ア 特区や規制緩和の課題は?
 A 規制には健康や安全を守るために必要なものもあって、単に緩めたり、なくしたりすればいいというものではない。特区で規制緩和をする場合、そこで事業ができる一部の企業や団体だけが利益を得られるケースも出てくるので、事業者を選ぶ過程には透明性が求められるんだ。(岡崎明子)


そもそも、医師や獣医師が増えすぎるのを文科省が抑える理由がわかりません。

役所がやるべきなのは、最低限の知識を有していることを確認するための免許を発効することで、知識があるなら何人でも免許を発効すべきです。免許発効をきちんとしていれば、「健康や安全を守る」ことはできます。

増えすぎたら競争が強まって、腕の悪い医師や獣医師は淘汰されるだけのことで、これはどんな職業でも起こりうる自由競争です。医師や獣医師が自由競争からまぬかれていい理由はありません。

おそらく医師と獣医師が規制することを望んでいるのでしょう。単に、競争があるのがいやだからです。

学部の設置を大学の自由にやらせるべきと考えます。

【時事問題】「立憲デモクラシーの会の安倍改憲メッセージへの見解」への見解

5月22日、立憲デモクラシーの会(共同代表、樋口陽一 東京大学名誉教授・憲法学、山口二郎 法政大学・政治学)が、「安倍晋三首相による会見メッセージに対する見解」を発表しました。

 5月3日、安倍首相は憲法改正の具体的提案を行った。9条の1項2項を残したまま、自衛隊の存在を新たに憲法に明記し、さらに高等教育を無償化する提案で、2020年の施行を目指すとのことである。
 自衛隊はすでに国民に広く受け入れられた存在で、それを憲法に明記すること自体に意味はない。不必要な改正である。自衛隊が違憲だと主張する憲法学者を黙らせることが目的だとすると、自分の腹の虫をおさめるための改憲であって、憲法の私物化に他ならない。
 他方、現状を追認するだけだから問題はないとも言えない。長年、歴代の政府が違憲だと言い続けてきた集団的自衛権の行使に、9条の条文を変えないまま解釈変更によって踏み込んだ安倍首相である。自衛隊の存在を憲法に明記すれば、今度は何が可能だと言い始めるか、予測は困難である。
 安倍首相は北朝鮮情勢の「緊迫」を奇貨として9条の「改正」を提案したのであろうが、たとえ日本が9条を廃止して平和主義をかなぐり捨てようとも、体制の維持そのものを目的とする北朝鮮が核兵器やミサイルの開発を放棄することは期待できない。憲法による拘束を緩めれば、軍拡競争を推し進め、情勢をさらに悪化させるおそれさえある。国民の6割が手をつけることに反対している9条を変更する案としては、理由も必要性も不透明なお粗末な提案と言わざるを得ない。
(略)


「自衛隊は国民に広く受け入れられた存在」という点は同意します。しかし、自衛隊を受け入れている国民の中には、自衛隊は合憲だと考えている人、自衛隊は違憲だから憲法を改正すべきと考えている人、憲法との矛盾を気にしない人が混在しています。

したがって、「自衛隊はすでに国民に広く受け入れられた存在」だから「それを憲法に明記すること自体に意味はない」とは言えません。

憲法に明記する必要がないと主張していいのは、自衛隊は合憲だと考えている人だけです。

立憲デモクラシーの会が自衛隊を合憲とみなしているのかどうか定かではありませんが、少なくない憲法学者が自衛隊の存在を違憲と考えているのは事実のようです。憲法学者にかぎらず、自衛隊と憲法は矛盾すると考えている人はすくなからずいます。

自衛隊が違憲と考える人たちは無視できるほどの少数とは思えません。よって、自衛隊と憲法の“矛盾”をなくすための改憲には意味があります。

改正案を「自衛隊が違憲だと主張する憲法学者を黙らせることが目的」というのは事実といえば事実ですが、表現の仕方がおかしいと思います。被害妄想的なものを感じます。

立憲デモクラシーの会が自衛隊は合憲故に憲法改正は不要と考えているなら、自衛隊違憲論者の主張をくずすことこそが先決です。安倍首相にかみつくのはまとはずれです。

【アニメ】2016年のアニメ 総合評価

アニメ調査室(仮)さんのサイトで2016年アニメのランキングが発表されています。
このランキングを私の評価に違いを検証してみます。
私の評価を、Sを3点、Aを2点、Bを1点、Cを0点、Dを-1点、Eを-2点と数値化します。途中で視聴をやめた作品は対象としていません。
アニメ調査室(仮)さんのランキング評価との差を求めます。
差が大きいほど、世間の評価と私の評価がズレていることを意味します。以下のような結果になりました。
2016評価

■私の評価が低くなったもの(1.0以上差があるもの)
「ReLIFE」「無彩限のファントム・ワールド」「ふらいんぐうぃっち」「甲鉄城のカバネリ」「はんだくん」「ジョーカー・ゲーム」「響け! ユーフォニアム2」「クオリディア・コード」「Bloodivores (ブラッディヴォーレス)」を辛めに評価していました。

「ReLIFE」は2.4ポイントとかなりの差が出ています。なんで世間の評判がいいのか全くわかりません。思い返してもいいところが思いつきません。
「甲鉄城のカバネリ」「はんだくん」「クオリディア・コード」の相対的な評価の高さも理解できません。
「ふらいんぐうぃっち」と「響け! ユーフォニアム2」は嫌いではない作品ですが、世間では熱心なファンが多かったためにこういう結果になったのだと思います。
「ジョーカー・ゲーム」は好きな人は好きなのだろうな、という理解はできます。
「無彩限のファントム・ワールド」は京都アニメーションの作品ということだけで擁護派が多いのかもしれません。
「Bloodivores (ブラッディヴォーレス)」は私の評価が辛いとはいえ、世間の評価も絶対的には高くない作品です。

■私の評価が高かったもの(1.0以上差があるもの)
「ワールドトリガー」「七つの大罪 聖戦の予兆」を世間より高く評価していました。
どちらも自信をもって、面白いといえる作品だけに、世間の評価が低いのは残念です。

【時事問題】大西英男議員の問題発言

自民党議員のあきれかえった発言です。

朝日新聞の記事より引用します。

受動喫煙対策を議論した自民党厚生労働部会で大西英男衆院議員が「(がん患者は)働かなければいい」と発言した問題で、三原じゅん子参院議員は23日、「(がん患者の)雇用のチャンスを奪うべきでない。患者が職を探すのは本当に大変なことだ」と述べた。大西議員は今月15日の部会で、職場でたばこの煙に苦しむがん患者の立場を訴えた三原議員の発言に、ヤジを飛ばした。
 大西議員は22日、発言を謝罪したが、「『働かなければいい』というのは、少数の喫煙可能の店でのこと」と主張していた。これに対して三原議員は「今回のヤジはあまりにも心がないと思う」と指摘。謝罪については、「患者の皆さんに伝わったかどうかが問題」と話した。
(略)


この議員は、前に「巫女のくせに」という発言で物議をかもしています。(参)

いちいち論評するまでもなく問題のある発言です。

「少数の喫煙可能の店で(働かなければいい)」という意味だと弁解していますが、職場を自由に選択できる労働者だけではないことを知らないのかあるいは無視しています。

一回くらいなら言葉足らずの失言もあるかもしれません。しかしこの議員は、「巫女のくせに」発言で批判を受けたにもかかわらず繰り返しています。

頭が悪いとしか思えません。

【朝日新聞】「まともな投資家」とは?

5月20日朝日新聞、金融・経済面。「経済気象台」のコーナーは「行き過ぎの株主優待」です。なお、この経済気象台は「この欄は、第一線で活躍している経済人、学者ら社外筆者が執筆しています」というもので、作者はペンネームで書いています。実名は分かりません。

 株主優待を設ける企業が急増している。大手証券会社の調べでは2月末で1370社超、上場企業の約35%と過去最多だ。株主優待がテーマの催しは大盛況。関連情報はネットにあふれ、書店には専門のコーナーも出るほどだ。
 株主優待は一定数以上の株式をもつ株主が受けられるサービスで、もともとは個人株主への利益還元だ。優待に着目する個人株主は長期保有が70%、短期売買は10%に満たないという調査もある。新たな安定株主を求め、一定期間以上保有している株主をさらに優遇する企業も急増中で、この3年間に174社が採用、290社に迫る勢いだ。
 行き過ぎも目立つようになってきた。まず、株主の手を離れて金券ショップやネットで売買される外食・航空・交通系企業の優待券の増加。次に、株主の名前が確定する決算月に、現物株の買いと借り株による売りを同時に行う取引の横行。株式を保有せず、株主名簿に名前を残す「ぬれ手であわ」のもくろみだ。
 最近の定番はクオカードや商品券の支給で、自社製品をもたないサービス業や製造業に多い。この11カ月間に株主優待を新設した96社のうち、57社がこのタイプだった。金券などは事実上の現金で、株主優待と配当金1円増のどちらがいいのか悩む企業も少なくない。まともな投資家ならこんな事態をいつまでも見過ごすはずがない。
 株主優待を株式投資のリターンとしてとらえる風潮は終わりにすべきだ。株主に企業を身近に感じてもらいたいなら、自社製品やサービス、あるいは本社・工場・店舗の見学会など、企業をリアルに体験してもらう方法もある。すべての株主の気持ちに沿った対応を大事にしたい。(象)


株主優待の(活用方法として)行き過ぎの例としてあげているのは、金券ショプなどでの転売と買いと売りを同時に行う「ぬれ手にあわ」手法です。

金券ショップに売ることがなんで問題なのか分かりません。株主のために送ったものなのですから、自分で使おうが友達にあげようがお金に換えようが、株主の勝手であり、会社の不利益になるものではありません。株主が感謝するという目的にあっています。

「ぬれ手にあわ」手法は、瞬間的に株主になっているだけなので株主優待の目的に合致しないというのは同意します。しかし、こうした行為が問題になるほど蔓延しているとは思えませんし、これを理由に株主優待をやめろというのは、生活保護を不正受給している人がいるから、生活保護制度をやめろ、と言っているのと同様です。不正受給ができない仕組みを考えるのが本筋です。

「まともな投資家ならこんな事態をいつまでも見過ごすはずがない」という意見にはまるで同意できません。

株主優待で潤うのは、1000株とか100株といった少額株主です。

百万株の大株主への優待が100株株主への優待の一万倍ということはありません。せいぜい10倍だったり、場合によっては同じだったりもします。したがって一般の株主優待は少額株主に有利な制度となっています。

ゆえにこのコラムでは大株主を「まともな投資家」と言いたいようです。しかし、私には少額でも長期にわたって保持してくれる投資家が「まともな投資家」のように思えます。

【展覧会】シャセリオー展

於:国立西洋博物館

アングルの弟子でありながらロマン派に傾倒した夭折の画家シャセリオーを紹介する展覧会です。

若くして亡くなったためなのかも知れませんが、完成したシャセリオーの作品はあまりありませんでした。デッサンとか習作とか関連する他の画家の絵が多かったです。

音声ガイドは、TBSのアナウンサーが勤めていましたが、スペシャルナビゲーターとして山田五郎さんが勤めていました。「ロマン派は19世紀の全共闘運動である。既成権力になんでも反対したので、矛盾したものも抱えている」という説明が腑に落ちました。

会期が終わり近いせいか、思ったより空いていました。ゆっくり鑑賞できました。

5月28日までです。

【展覧会】大エルミタージュ美術館展

於:森アーツセンターギャラリー

エルミタージュ美術館から、ルネサンスからバロック・ロココまでの名画が来ました。その多くが女帝エカテリーナ2世のコレクションです。

しょっぱなに飾られた女帝の肖像画だけが、写真OKでした。

目玉は、クラーナハの「林檎の木の下の聖母子」とスルバランの「聖母マリアの少女時代」の二点です。しかし、有名という意味では、フラゴナールとマリグリット・ジェラールの共作「盗まれた接吻」だと思います(昔は、フラゴナール作と言われていましたが、この展覧会では(近年では?)共作ということになっています)。

名品の揃った展覧会でした。

6月18日まで

【朝日新聞】(多和田葉子のベルリン通信)歴史の輪郭、ぼやける怖さ

5月19日朝日新聞朝刊の「文化・文芸欄」。「多和田葉子のベルリン通信 歴史の輪郭、ぼやける怖さ」

(略)
 今ドイツ社会が揺らいでいるのは、難民を受け入れたからでもテロ事件が起こったからでもない。保守も革新も同意していた歴史の輪郭が次の世代に伝わりにくくなってきたからだ。ナチス政権が人種、思想、宗教を理由に差別、迫害、殺人を行ったこと、言論の自由を侵害したこと、ナショナリズムを煽って侵略戦争を行ったことは、どんなに政治的立場が違っていても一応みんな認めてきたはずなのに、それを平気で否定するような演説が現れ、支持者を得るようになってきた。
(略)
 マクロンが選挙戦の最後に声をからして強調していたのは、ヨーロッパが連帯することがいかに大切かという一点だった。フランスはマクロンを選んだというより、EUを選んだのではないかと思う。今のEUには改善すべき点もあるが、今の世界を見渡すと民主主義の砦として頼りになるものが他に見あたらない。ウクライナ問題に関してプーチンを支持するマリーヌ・ルペンがヨーロッパへの期待を裏切る存在として見られても仕方がない。
 EUを選ぶことはナショナリズムにノーを唱えることであり、第二次世界大戦のような惨事を二度と繰り返さない、という決意の表れでもある。そのためには、第二次世界大戦がどういう戦争だったかという認識を共有する必要がある。もしも、わたしを乗せたタクシーの運転手のように、広島に原爆が落ちたという事実さえ認めない人間が増えていくようなことがあれば、わたしたちは携帯を見ながら運転するドライバーの車に乗せられた客と同じで、大変危険な未来に突入することになるだろう。


EUが「民主主義の砦として頼りになる」というのは考えられません。EUの意思決定は市民や市民の代表によってではなく、EU官僚によって行われています。EU自体が民主主義的に運営されていないのに、何で民主主義の砦になるのでしょうか。

EUが第二次世界大戦の悲劇を繰り返さないために生まれたのは事実ですが、現在のEUが欧州での戦争を防止しているというのは言いすぎです。英国がEU離脱を決めた際に、経済的影響を懸念する声はありましたが、英国とEUが戦争になることを心配する声はありませんでした。

ドイツでは戦後、立場の違いはあっても一応にホロコーストを反省してきたが、近年それを否定する声が出てきて「今ドイツ社会が揺らいでいる」、というのも嘘臭いです。本当に今までのドイツ人が一応にホロコーストを認めていたのなら、ホロコースト否定論を法律で禁止する理由がありません。昔から、一定数のドイツ人は戦争中のドイツを肯定してきたのだと思います。

多和田氏の態度は、民主主義とは正反対のものです。意見に反対な人を、愚かもの、歴史修正主義者、反民主主義者、といわんばかりに罵るだけで、真摯に議論を戦わせようとしません。もしかしたら説得する理論なんて持ち合わせていないのかもしれませんが。

【朝日新聞】ニュースをどんどん忘れる私たち

5月17日朝日新聞夕刊。「思考のプリズム」のコーナー。映画作家・想田和弘氏の「ニュースをどんどん忘れる私たち 乗っ取られる注意力」より

(略) 
 思えば近年、ニュースの循環サイクルはあまりにも短い。例えば野党は今も「森友問題」を国会で追及し続けているが、「森友ネタ」に対するメディアや人々の食欲は、一時に比べて格段に衰えている。森友問題に、なんとなく飽きてしまったからであろう。
(略) 
 「人の噂も75日」という諺がある。人間が忘れっぽいのは昔からなのだろう。だけど今や75日も覚えているなら長い方である。報道機関は読者や視聴者に飽きられるのを恐れて、どんどん古いネタを捨てて新ネタに乗り換える。忘却のスピードは加速するばかり。悪循環である。そういう僕もそのスピードに絡め取られている。
 マイクロソフト社の研究によれば、人間の集中力の持続時間は2000年には12秒あったが、13年には8秒に落ちたそうだ。金魚の集中力は9秒だそうで、それよりも短い。
(略)
森友問題への注意をそらすために「北朝鮮危機」が過剰に演出されたと疑うのは、穿ち過ぎだろうか。いずれにせよ、私たち自身が短気になり集中力が細切れなので、容易に乗っ取られてしまいかねない。
 人類は「より速く」を求めて技術革新を進めてきた。しかし私たちが最も警戒しなければならないのは、もはや物事が進むスピードの「遅さ」ではなく、「速さ」なのだと思う。


もっともらしいことを言っているようですが、論にアラがあります。

メディアは常に新しい話題を求めているのは事実ですが、それはメディアの本質が「ニュース」だからです。新しいネタがなければ報道は縮小されます。たまに調査報道的に特集が組まれることもありますが、新事実がなければ紙面や時間を費やすことはありません。

読者・視聴者側に「飽き」がくることはありますが、忘れたわけではありません。そもそも、忘れることと飽きることは両立しません。

マイクロソフトの研究は、人の集中力の話であって、忘却とは無関係ですし、人が同じ話題に飽きるということとも無関係です。

飽きるということと、忘れるということと、集中力ということを、区別せずに議論しています。

『森友問題への注意をそらすために「北朝鮮危機」が過剰に演出されたと疑うのは』想田氏の思い込みに過ぎません。

政府がテレビ局や新聞社に、北朝鮮の話題を多く扱うように働きかけたというのは無理のある想像です。そんなことをすればどこかのマスコミが政府の要請をすっぱ抜くはずです。陰謀論者の妄想じみています。

【ウルトラセブン】第十八話:「空間X脱出」

ベル星人登場

パラシュート降下訓練中にアマギ隊員とソガ隊員が謎の空間に迷い込んでしまいます。バミューダトライアングルに着想を得た話かもしれません。

謎の空間(擬似空間)は、空中に浮かぶ大地のようでもあり(ウルトラホーク1号から目視)、地球を回る衛星のようでもあり(擬似空間から見上げる位置に地球が存在)ます。電波も届いたり届かなかったりです。

擬似空間はベル星人が作ったもので、数年間にも出現しています。

もっともベル星人はなんのために擬似空間を作ったのかよくわかりません。地球侵略の基地、というのが定番なのですが、数年前から存在しているわりには具体的な侵略行為をしているわけではありません。劇中「知恵のある悪魔」と呼ばれているベル星人ですが、本当に知性があるのか不明です。

ウルトラ警備隊隊員はエリートですので、謎の空間でもビクともしない姿勢で異常事態に立ち向かうというのが子供向けヒーローものとしては正しいのかもしれませんが、この回のアマギ隊員とソガ隊員は半分パニック状態です。それだけに、事態の異様さが子供にもはっきりわかるようになっています。

【世論調査】朝日新聞〈5月13、14日実施〉

5月16日朝日新聞朝刊に世論調査の結果が発表されました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は4月15、16日の調査結果)

◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する  48(50)
 支持しない 29(30)

◇(「支持する」と答えた48%の人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 首相が安倍さん10〈5〉
 自民党中心の内閣13〈6〉
 政策の面24〈11〉
 他よりよさそう52〈25〉

◇(「支持しない」と答えた29%の人に)それはどうしてですか。(択一)
 首相が安倍さん14〈4〉
 自民党中心の内閣26〈8〉
 政策の面49〈14〉
 他のほうがよさそう8〈2〉

◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
自民37(39)
民進6(7)
公明3(3)
共産3(3)
維新2(1)
自由0(0)
社民0(1)
日本のこころ0(0)
その他の政党0(1)
支持する政党はない42(38)
答えない・分からない7(7)

◆安倍首相に一番力を入れてほしい政策は何ですか。(択一)
 景気・雇用22
 社会保障29
 原発・エネルギー7
 教育13
 外交・安全保障18
 憲法改正5

◆憲法についてうかがいます。安倍首相は今月、自民党総裁として、具体的な時期や項目を示して、憲法改正を提案しました。安倍首相がいま、憲法改正を提案したことを評価しますか。評価しませんか。
 評価する35
 評価しない47

◆安倍首相は、2020年に新しい憲法を施行したいと述べました。憲法改正は2020年の施行をめざすべきだと思いますか。時期にはこだわるべきではないと思いますか。それとも、改正する必要はないと思いますか。
 2020年の施行をめざすべきだ13
 時期にはこだわるべきではない52
 改正する必要はない26

◆安倍首相は、憲法9条について、戦争を放棄することや戦力を持たないことを定めた項目はそのままにして、自衛隊の存在を明記する項目を追加することを提案しました。このような憲法9条の改正をする必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。
 改正をする必要がある41
 その必要はない44

◆政府は、犯罪を実行しなくても、計画の段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ、組織的犯罪処罰法の改正案の成立を目指しています。この法案に賛成ですか。反対ですか。
 賛成38(35)
 反対38(33)

◆組織的犯罪処罰法の改正案の内容を、どの程度知っていますか。(択一)
 よく知っている2
 ある程度知っている35
 あまり知らない47
 まったく知らない16

◆政府・与党は組織的犯罪処罰法の改正案を、6月18日まで予定されている、いまの国会で成立させる方針です。この法案を、いまの国会で成立させる必要があると思いますか。いまの国会で成立させる必要はないと思いますか。
 いまの国会で成立させる必要がある18
 いまの国会で成立させる必要はない64

◆組織的犯罪処罰法の改正案についての政府の説明は、十分だと思いますか。十分ではないと思いますか。
 十分だ7
 十分ではない78

◆自衛隊がアメリカ軍の船などを護衛することについてうかがいます。安倍政権は、安全保障関連法のもと、戦争や武力衝突が起きていなくても、自衛隊がアメリカ軍の船などを護衛するために武器を使うこともできる「米艦防護」を、初めて実施しました。自衛隊が米艦防護をおこなったことを評価しますか。評価しませんか。
 評価する41
 評価しない43

◆安倍内閣では、大阪の学校法人「森友学園」の問題や大臣らの失言が続いています。これらのことで、安倍内閣に対するイメージはよくなりましたか。悪くなりましたか。それとも、変わりませんか。
 よくなった0
 悪くなった50
 変わらない47

〈調査方法〉13、14の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は1968件、有効回答988人。回答率50%。携帯は、有権者につながった番号は2153件、有効回答1013人。回答率47%。


この世論調査が私のところに来た、と想定して回答してみます。

>◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。

>◇(「支持する」と答えた48%の人に)それはどうしてですか。
首相が安倍さん、だからです。

>◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。
民進がじりじり下げています。いくらなんでもここが底でしょうが。社民も0%に戻りました。相変わらず野党に逆風がふいているようです。

>◆安倍首相に一番力を入れてほしい政策は何ですか。
「景気・雇用」です。
この質問を択一にするのは面白くないです。択一だったらどの内閣でも、たいていは「景気・雇用」か「社会保障」と答えるでしょう。

>◆憲法についてうかがいます。安倍首相は今月、自民党総裁として、具体的な時期や項目を示して、憲法改正を提案しました。安倍首相がいま、憲法改正を提案したことを評価しますか。評価しませんか。
評価します。3分の2の議席があるのだから当然だと思います。

>◆安倍首相は、2020年に新しい憲法を施行したいと述べました。憲法改正は2020年の施行をめざすべきだと思いますか。時期にはこだわるべきではないと思いますか。それとも、改正する必要はないと思いますか。
政治課題にかぎらず、なにか目標をたてたら期限を区切るのは当たり前です。

>◆安倍首相は、憲法9条について、戦争を放棄することや戦力を持たないことを定めた項目はそのままにして、自衛隊の存在を明記する項目を追加することを提案しました。このような憲法9条の改正をする必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。
改正する必要があります。自衛隊が憲法違反であるという論議には決着をつけるべきです。その上で、自衛隊にできることできないことを議論すべきです。

>◆政府は、犯罪を実行しなくても、計画の段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ、組織的犯罪処罰法の改正案の成立を目指しています。この法案に賛成ですか。反対ですか。
どちらでもありません。必要性はある程度分かるのですが、警察に強大な「武器」を持たせることには不安があります。

>◆組織的犯罪処罰法の改正案の内容を、どの程度知っていますか。
ある程度知っています。

>◆政府・与党は組織的犯罪処罰法の改正案を、6月18日まで予定されている、いまの国会で成立させる方針です。この法案を、いまの国会で成立させる必要があると思いますか。いまの国会で成立させる必要はないと思いますか。
いまの国会で成立させる必要はありません。

>◆組織的犯罪処罰法の改正案についての政府の説明は、十分だと思いますか。十分ではないと思いますか。
十分ではありません。

>◆自衛隊がアメリカ軍の船などを護衛することについてうかがいます。安倍政権は、安全保障関連法のもと、戦争や武力衝突が起きていなくても、自衛隊がアメリカ軍の船などを護衛するために武器を使うこともできる「米艦防護」を、初めて実施しました。自衛隊が米艦防護をおこなったことを評価しますか。評価しませんか。
評価します。

>◆安倍内閣では、大阪の学校法人「森友学園」の問題や大臣らの失言が続いています。これらのことで、安倍内閣に対するイメージはよくなりましたか。悪くなりましたか。それとも、変わりませんか。
変わりません。

【時事問題】サイバー攻撃

世界的規模でサイバー攻撃が起きています。

新聞の記事からするとランサムウェア(パソコン上のファイルを勝手に暗号化し、身代金を払えば元にもどしてやる、という文面を出すもの)のようです。今回はビットコイン300ドル(約3万4千円)の支払いが要求されています。

ランサムウェアの侵入経路は、メールの添付ファイルという説もありますが、確定していないようです。

狙われているのは古いウィンドウズのOSということです。XPがやられているらしいですが、XPだけが問題なのかも不明です。

ところで、この種の事件がおきると、“最新のOSにしろ”“セキュリティソフト”を入れろ、というのが定番の対策です。対策として間違っていないのですが、ソフトウェア会社の思う壺みたいで釈然としません。

不完全なOSを配布しておいて、勝手にバージョンアップをした挙句、“サポート期間が終了しました”では、ユーザーはたまったものではありません。

バージョンアップなんてしなくていいですから安心して長く使えるOSにしてほしいものです。

【朝日新聞】「沖縄」に関するフォーラム

5月14日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「フォーラム」のコーナーのテーマは「沖縄」です。

 本格化するアメリカ軍基地の移設工事を巡り、沖縄県と政府の対立が続きます。県内移設や基地そのものの必要性、基地が沖縄に集中する状況について尋ねた朝日新聞デジタルのアンケートには、開始1週間で2200を超える声が寄せられています。沖縄と「本土」の温度差、基地問題を伝えるメディアについての意見を、紹介します。


アンケートは二問で、結果は次の通り。グラフが添付されているので書き写しました。数字は回答数で、左が「沖縄県」右が「沖縄県以外」の人です。

沖縄のアメリカ軍基地について、あなたの考えに一番近いのは?
日本の安全に不可欠で、沖縄の負担はやむを得ない 66 270
日本の安心につながっているので維持したほうがいい 30 39
どれだけが必要か検証し、減らせるものは減らしていくべきだ 51 179
沖縄の犠牲にしてまで必要だとは思えない 103 607
日本の防衛のために役立っているとは思えず、なくしていくべきだ 87 725
その他 10 47

沖縄の基地負担を減らすため、「本土」で基地を引き取るべきだという考えについてあなたは?
現在の規模は必要なので、「本土」でも引き取るべきだ 25 95
減らせる基地は減らし、「本土」でも引き取るべきだ 161 727
基地そのものを減らすべきで、「本土」でも引き取るべきではない 80 739
基地は沖縄に置くべきで、「本土」が引き取るべきではない 49 142
その他 32 164

回答者の内訳
属性質問で「沖縄県」を選んだ 347人
「沖縄県以外」を選んだ 1867人



ひどく分かりにくいです。

沖縄と「本土」の温度差を確認したいという意図はわかります。しかし、回答者の数は違うので実数を並べても、どのくらいの温度差なのかはっきりわかりません。

そこで、それぞれの地区で何パーセントがその回答を選んだのかを計算しなおしました。

沖縄のアメリカ軍基地について、あなたの考えに一番近いのは?
日本の安全に不可欠で、沖縄の負担はやむを得ない 19.0% 14.5%
日本の安心につながっているので維持したほうがいい 8.6% 2.1%
どれだけが必要か検証し、減らせるものは減らしていくべきだ 14.7% 9.6%
沖縄の犠牲にしてまで必要だとは思えない 29.7% 32.5%
日本の防衛のために役立っているとは思えず、なくしていくべきだ 25.1% 38.8%
その他 2.9% 2.5%

沖縄の基地負担を減らすため、「本土」で基地を引き取るべきだという考えについてあなたは?
現在の規模は必要なので、「本土」でも引き取るべきだ 7.2% 5.1%
減らせる基地は減らし、「本土」でも引き取るべきだ 46.4% 38.9%
基地そのものを減らすべきで、「本土」でも引き取るべきではない 23.1% 39.6%
基地は沖縄に置くべきで、「本土」が引き取るべきではない 14.1% 7.6%
その他 9.2% 8.8%


意外にも沖縄県の人の中に、米軍基地を「沖縄の負担はやむを得ない」「維持したほうがいい」と考える人が19.0%、8.6%と、「本土」より多いことがわかります。また、沖縄に基地を維持したい(「本土」に持っていってほしくない)という人も14.1%で、「本土」の人より多くなっています。

もちろん、基地負担を減らすために「本土」に持っていって欲しいという意見も「本土」以上にありました。(7.2%+46.4% vs 5.1%+38.9%)

「本土」側の特徴は、『基地そのものを減らすべきで、「本土」でも引き取るべきではない』という意見が39.6%で、沖縄を大きく上回っていることです。

ここから、「本土」の人が冷たく沖縄を差別しているために基地を押し付けている、という見方は一面的ではないかという疑いが生まれます。そうではなく、沖縄県民は安全保障や基地について真面目に考えているが、「本土」の人たちは多分に空理空論的なのではないでしょうか。

ただし、この数字はランダムに選ばれた人を対象にした世論調査とは異なり、自発的に回答するアンケートです。ゆえに、意見を言いたい人たちが回答を寄せていますし、おそらく実際よりも行儀のいい意見が多いと思われますので、その点を留意する必要があります。

なお私は、当面は「どれだけが必要か検証し、減らせるものは減らしていくべき」で「減らせる基地は減らし、「本土」でも引き取るべき」、しかし長期的には外国の軍隊の駐屯はやめるべきと考えています。

【朝日新聞】時給625円?

5月13日朝日新聞朝刊。「生活保護世帯の子、奨学金頼み 大学生ら、収入の7割 堺市・大阪市立大調査」より

 生活保護世帯で育った子どもが大学や専修学校に進学した場合、学費や生活費の7割を奨学金に頼らざるを得ない――。そんな傾向が、堺市と大阪市立大学の調査で分かった。調査に答えた学生の半数が400万円以上の奨学金を借りており、重い負担を抱える実態が浮かんだ。
(略)
 今回の調査は「実態を把握し、適切に支援したい」と堺市の若手ケースワーカーらが企画。昨年10~12月、日本学生支援機構などから奨学金を受け取りながら大学などに通う168人を対象に実施され、106人が回答した。
 調査によると、学費や生活費の支出は年間約181万円で、このうち7割の約128万円を奨学金、2割の約39万円をアルバイトでまかない、家庭からの給付は約12万円にとどまった。奨学金の受給額は月平均約10万円で、アルバイトは月平均で約52時間働いていた。
(略)


月に52時間もアルバイトに時間をとられるようでは勉強にさしつかえます。意欲と能力のある学生は学業を続けるためにできるかぎりの公的な援助が必要と考えます。いずれめぐりめぐって社会に還元されるのですから、投資と考えれば悪い話ではありません。

それはともかく、記事に違和感を覚えました。

調査によればアルバイトで年間39万円を稼いでいます。そして月平均52時間働いています。つまり年間52×12=624時間、働いていることになります。

ここから時給を計算すると、

390000円÷624時間=625円/時間

調査が全国なのか大阪府に限っているのか不明確ですが、厚生労働省の「地域別最低賃金の全国一覧」によれば、大阪府の最低賃金は883円。全国平均だと823円です。どの都道府県も平成28年10月に改定されていますので、この調査時の最低時給と考えていいです。

したがって、最低時給を大きく下回っています。

中には最低賃金を下回るブラックバイトみたいなのもあるかもしれませんが、家庭教師のバイトのように割りのいいバイトもあります。これらを平均して625円/時間、だというのが調査結果です。

なにか変じゃないかと思いました。

【時事問題】地毛証明

東京の都立高校が毛の色が真っ黒でない生徒から「地毛証明書」を提出させていることが話題になっています。新聞によれば全日制都立高校の6割が導入しているもので、生まれつきの毛の色を保護者に記入させます。また一部の高校では幼児期の写真を提出させています。これらの行為がプライバシーの侵害にあたるのでは、との声も出ています。

あきれ返りました。

個人的には、過度に外見を気にする子供は好きにはなれませんが、自由は尊重されるべきです。毛を染めようが、パーマをかけようが、本人がやりたくて保護者が許しているなら好きにさせるべきです。

私立高校がうるさいことを言うのはそれをウリにしているからかもしれませんが、公立もいっしょになって生活指導を行うと、自由を謳歌したい生徒(謳歌させたい保護者)が選べる学校がなくなってしまいます。

幼児期の写真がプライバシーだから、などというのは瑣末なことに過ぎません。

高校生は大人も同然です。大人として扱うべきと考えます。

【朝日新聞】旭日旗について

5月11日朝日新聞朝刊。「ニュースQ3」のコーナー「サッカーに旭日旗、くすぶる日韓」より

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で、旭日旗をめぐって日韓のサポーターがつかみ合いになる騒動が起きた。チームの処分に発展し、異論も出ている。そもそも旭日旗とは――。
(略) 
 近現代史研究家の辻田真佐憲さんによると、旭日旗は明治時代に陸軍の連隊旗、海軍の軍艦旗として採用された。「海外では日本の右傾化のシンボルとしてニュースで流れることもある」と話す。
 旭日旗は、日の出のイメージで、中央の丸から筋が放射状に延びる紅白のデザインが一般的だ。アサヒビールやマルハニチロといった大手企業でも、会社や商品のロゴとして似た図柄が使われてきた。朝日新聞の社旗も旭日がデザインされている。社史によると、1879年、記者が目印で携行した提灯に、白抜きの「朝」の字が入った旭日のマークがつけられた。社旗はこれが基調になり「半体の旭日を描いて左右に二分し」と由来が記されている。
(略)
 サッカーで騒動になるのは今回が初めてではない。2011年の日韓戦では猿のマネをした韓国選手が、ツイッターに「観客席にある旭日旗を見た自分の胸には涙だけがわき出た」と投稿。13年の日韓戦では、日本側が旭日旗を掲げたとして、韓国側が「歴史を忘れる民族に未来はない」との横断幕を広げた。韓国出身の李洪千・東京都市大准教授(政治コミュニケーション学)によると、韓国で旭日旗は植民地時代の戦地や徴用のイメージと重なるという。日韓関係が冷え込むここ数年で反発が強まったとみる。
(略)



旭日旗は、記事中にもあるように朝日新聞の社旗にも採用されています。そのためなのか、歯切れよく“旭日旗はやめよう!”と言えないみたいです。

似たような問題で卍マークがあります。

ナチスが使っていたカギ十字の印象が悪いので、今度の東京五輪を期に地図から卍マークをやめよう、という話がありました。ナチスが使う前からあのマークは普通に存在していたのですから、ナチスを理由に使用を禁止(自粛)するのは受け継がれてきた文化に対する侮辱です。

しかしながら、戦争中に受けた被害とカギ十字が頭の中でつながりをもってしまった人が卍マークを見るのはつらいのかもしれません。本人に戦争中の記憶がなくても、祖父や祖母から話を聞いた若年たちもいい印象は持たないというのは分かります。

不快に思っているからといって反射的に自粛するのではなく、また不快に感じる彼らの感情を無視するのではなく、丁寧に卍マークの歴史を説明していくことが必要です。

さて、旭日旗です。

これはカギ十字とは事情が異なります。

韓国で旭日旗が問題視されるようになったのは、李洪千・東京都市大准教授が記事で説明しているように、「ここ数年」のことです。しかも、旭日旗は海軍で使っていました。

朝鮮の植民地支配とは直接関係ありません。

したがって、旭日旗で不快に思うというのは、作られた記憶に基づく感情です。

サッカーの応援の小道具なんてどうでもいいことなので譲歩してもいいではないか、という“大人の意見”もあるかもしれません。しかし、ここで譲歩をすると、今度は別のネタで噛み付いてくるような気がします。

なによりあの国の要求のエスカレートぶりには、まるでストーカーにつけねらわれているかのような薄気味悪さを感じます。

【朝日新聞】韓国の新大統領

韓国で大統領選挙がありました。新大統領が慰安婦問題に関する日韓合意をくつがえすかどうかに注目が集まっています。5月10日の朝日新聞の記事『日韓関係「いい方向に」 新大統領に望む声 在日コリアン』より引用します。

(略)
 韓国大統領選では、慰安婦問題をめぐって日韓両政府が2015年12月にした合意も焦点となった。この問題で、日本から発言してきた関係者も選挙結果に注目している。
 和田春樹・東大名誉教授は3月末に訪韓して文在寅氏の側近と面会し、「日韓合意は尊重すべきだ」と伝えた。「合意の内容は安倍晋三首相が新たな言葉で謝罪を表明し、その証しとして政府が10億円を出した。このことを歴史に残す必要がある。元慰安婦のうち、三十数人が現金支給を受け入れたことも尊重されるべきだ」と説明したという。
 <「尊重すべきだ」> 和田氏は「いま日韓は北朝鮮と米国の双方に対し『対話で解決を』と説得すべき時だ。日韓連携を深めるためにも、慰安婦問題での衝突は避けなければならない」と意図を話す。
 ソウルの日本大使館前に設置された、慰安婦を象徴する「少女像」も合意で取り上げられ、「韓国政府は適切に解決されるよう努力する」とされた。だが、像は今もあり、昨年末には釜山の日本総領事館前にも新たな少女像が設置された。
 <民団「履行を」> 直後の1月12日、在日本大韓民国民団の呉公太団長は新年会で「少女像をなくすべきだというのが、私たち100万在日同胞の共通した思い」とあいさつした。発言を受け、在日コリアンらから「民団は我々の代表ではない」などと抗議の声も上がった。
 だが、河政男・民団事務総長は「在日同胞を代表する、民団の団長としての発言。長年の懸案事項について国と国が合意したのだから誠実に実行してほしい」。「次期大統領は早く日韓首脳会談を開き、慰安婦問題を含め外交や経済などの重要事項を幅広く話し合ってほしい」と注文する。
 <「再交渉ぜひ」> 一方、各国の元慰安婦を支援する日本国内の団体で作る「日本軍『慰安婦』問題解決全国行動」の柴洋子・共同代表は「被害者に相談なく両国政府だけで決めた」として日韓合意に反対してきた。「次期大統領には、ぜひ日本との再交渉に取り組んでほしい。私たちも、日本政府がきちんと対応するよう働きかけたい」と語る。具体的には、慰安婦制度を日本政府や軍が立案・管理した▽女性らが意に反して慰安婦となるよう強制された――などの点を、日本政府が認めることを求めている。



尊重すべき派にあの和田春樹氏が登場したのは驚きです。

しかし、よく読めば、日韓がともに米国に対して北朝鮮攻撃を止めるため、という目的でした。和田先生、ブレてませんね。

もう少し突っ込んで検討します。韓国の新大統領は北朝鮮に対して宥和的な姿勢です。日本は開戦を望んでいるかどうかは微妙ですが、融和的な政権ではありません。慰安婦問題を再提議すると、日本は韓国と距離をとりだし、親北朝鮮路線に乗らないと懸念しているようです。

北朝鮮への姿勢はともかく、再提議したら日本の対韓国好感度が下がるのは確実です。しかし、選挙公約なのだから再提議は必ずしてくるでしょう。

新韓国政権が、無駄に終わるが日本に言うだけ言って国内世論をなだめる、という戦略をとるかもしれません。それで韓国内が通じるのかもしれませんが、一般の日本人の韓国への意識は今より悪化するはずです。

このシナリオはほぼ確定的と、私はにらんでいます。


民団が在日韓国人を代表して政治的宣言を出せるのかどうか、出せるとしても手続きが必要ではないか、という疑問はあります。

それはともかく、民団が日韓合意を尊重し、少女像は撤去すべき、という意見を出しているのは興味深いです。

しかし、「日韓首脳会談を開き、慰安婦問題を含め外交や経済などの重要事項を幅広く話し合ってほしい」との発言には唖然としました。

もう慰安婦問題を話し合わない、というのが合意内容だと分かっていないのでしょうか?


再交渉派が、元慰安婦に相談なく両国政府だけで決めた、と非難するのは、まったく理解できないでもありません。

しかし、韓国人の代表は韓国政府なのですから、彼女らに相談すべきだったのは韓国政府です。日本政府に文句を言うのは筋違いです。

それに、元慰安婦に相談なく決めた、ことを問題視しているなら、この団体がすべきことは、元慰安婦の希望を聞くことです。

それをせずに、勝手に「慰安婦制度を日本政府や軍が立案・管理した▽女性らが意に反して慰安婦となるよう強制された――などの点を、日本政府が認めること」と条件を出すのはお笑いです。

自分たちだって、相談なく決めているじゃないですか。

【朝日新聞】仏新大統領マクロン氏夫妻

5月9日朝日新聞の天声人語は、フランスの新大統領に選ばれたマクロン氏とその奥方について書いています。

(略)
そのフランスで、25歳上の妻をもつ大統領が生まれた。仏史上最も若い39歳のマクロン氏である。高校1年生のとき、ブリジットさんと出会った。40歳の文学教師だった。演劇部の顧問として脚本指導を受けるうち親しくなったという
結婚したのは10年前。ブリジットさんが前夫との間にもうけた3人の子に、マクロン氏は謝意を伝えた。「僕は『普通の』という形容詞は好きじゃないけど、僕らは普通のカップルとはまったく違う。でもまちがいなく存在するカップルです」
選挙戦を通じ、二人の年齢差はしばしば揶揄の対象ともなった。マクロン氏の支持者はこんな反論をしている。「米国のトランプ大統領とメラニア夫人も23歳差だ。なぜそちらは問題にしないのか」
厳しい選挙戦を夫妻は二人三脚で乗り切った。演説の言い回しや演壇でのふるまいにも助言を続けた。彼女と出会わなければ、いまの彼はなかったのではないか。よどみのないマクロン氏の勝利演説を聴きながら、ひとり想像した。


どこから奥さんをもらおうが、政治家としての能力とは別です。もと旦那やもと旦那との間の子供など関係者には思うところはあるかもしれませんが、それ以外の人たちには基本的には無関係だと考えます。

しかし、個人的な場面での振舞いが気に食わなければ投票したくないという潔癖な有権者がいてもしかたのないことですし、揶揄かどうかはともかく、話題にしたくなる気持ちもわかります。

マクロン支持者の反論『「米国のトランプ大統領とメラニア夫人も23歳差だ。なぜそちらは問題にしないのか」』は、反論になっていません。

単に歳の差を問題にしているだけではなく、女性が年上なことをからかっているだけでなく、教師が未成年の教え子とくっついた(結婚した時は未成年でありませんが)のが問題なのだと思います。

仮に、男が教師をしていた40歳のときに15歳の教え子と恋仲になって、周囲の反対を押し切って結婚し、大統領選に出馬したとしたら、確実に問題視されたはずです。

きわめて個人的なことですので責める気にはなりませんが、一部報道にある「純愛を貫いた」という見方はできかねます。

“ご勝手に”というのは正直な感想です。

それはともかく、歳の差カップルで女性が年上といえば、フランスのヴァロア朝の王様アンリ二世を思い出します。奥さんではなく愛妾でしたがディアヌ・ド・ポワチエという19歳年上の女性との「純愛」で有名です。

フランスではこういうのは割とあるのでしょうか?

【ウルトラセブン】第十七話:「地底GO!GO!GO!」

ウルトラセブンが地球に来た際に出会い、その容姿を借りた青年ジロー炭鉱事故で地中に閉じ込められます。この事故は、地底にある謎の都市の影響でおきた地震によるものです。ウルトラセブンの関係者であるジローが巻き込まれたのは偶然にすぎません。

ウルトラセブンの過去の一部が明かされるという回です。

しかし、炭鉱の仲間はモロボシ・ダンを見て、“ジローにそっくりだ!”と言うわけではありません。不思議に思わなかったのでしょうか?

ウルトラ警備隊の面々もジローの顔をしかと確認していませんので、“ダンにそっくりだ!”とビックリするシーンもありません。

モロボシ・ダンと瓜二つのジローが事故にあったという話にした意味がありません。今だったら、第一話で風来坊として現れたモロボシ・ダンに地球防衛軍が疑いの目を向けるというエピソードになると思います。

よく考えると、「ウルトラセブン」の歌詞には「♪モ~ロボシダンの名を借りて~」とあるので、借りたのは容姿ではなく名前だったはずです。

これでは役者に二役をやらせてみた、という意味しかありません。

ところで今回の敵(?)は特に何か悪いことをしたわけでもないのに基地を破壊されました。ロボットで警備行動を取りましたが、これは侵入者に対する自衛の範囲です。悪いとはいえません。

ウルトラ警備隊の面々は事件解決(=都市の爆破)を能天気に喜んでますが、番組の最後にとんでもないナレーションが入ります。

それにしても、あの巨大な地底都市。あれはいったい何だったのでしょう?
宇宙人の侵略基地だったのでしょうか?
いや、もしかすると、我々地球人よりはるか昔から地球に住んでいる地底人類の文化都市だったのかもしれないのです。


宇宙人の侵略基地なら爆破してもいいですけど、地底人類の文化都市を一方的に破壊しちゃ、まずいでしょう。

実は、このテーマは後の回で再登場してきます。

【言葉】「シカト」

5月7日朝日新聞朝刊。経済面。アジア開発銀行の特集記事です。その中に、編集委員・吉岡桂子氏のコラム「対等な協力へ実験場」を取り上げます。

 ADBのメンバーのうち、AIIBに入る意思を一度も示していないのは、主要国では日本と米国だけである。台湾は条件で折り合わず、宙に浮いた状況だ。いずれも、経済よりも安全保障面での対立に由来する。
 この事実が示すように、国際機関は開発銀行とはいえ、鋭く政治性を帯びる。米国はオバマ政権時代、英国を皮切りに各国がAIIBへの加盟へと動いた2015年3月、ルー財務長官(当時)を北京に派遣した。李克強首相との会談で、表面的かもしれないが、協力を約束している。
 経営の不透明さなどAIIBの問題点をもっとも正しく批判してきたのは、日本かもしれない。同時に「シカト」を決め込んできたのも、日本だけ。トランプ政権下でのAIIBを含む米中の取引外交のゆくえに、やきもきしている。
(略) 



「シカト」というのは「無視」という意味で、ヤクザの隠語を語源として、不良少年から一般に徐々に広まりつつある言葉です。しかし、現時点では、正式な場面で使えるような言葉ではありません。

こういう隠語を、インタビュー記事で載っているのを見たことがあります。しかし、それはインタビューを受けた側(一般人)がしゃべった言葉であって、新聞記者が使ったものではありません。

この記事で、新聞記者が「シカト」という言葉を使ったのを初めて読みました。カギ括弧付きにしているところをみると、美しくない言葉であることは分かっているようです。しかし、あえてカギ括弧をつけてまでこの言葉を使う理由がありません。普通に「無視」とか「黙殺」と書けば済むところです。どうしても「シカト」という言葉を使いたかったのでしょうか。

はっきり言って、吉岡桂子氏は品がないです。

【展覧会】春の優品展 歌仙と歌枕

於:五島美術館

連休はどこでも混んでいると思うので、すいていそうな五島美術館に行ってきました。いつもの五島美術館よりは混んでいましたが、鑑賞に苦労するような混み方ではありません。

出ているのは、和歌に関連した書とか歌人の肖像とかです。時代は幅広く、平安から昭和まで幅広く集めています。

書というのは良し悪しがよくわからないので、もっともらしい顔でふむふむ言いながら眺めていただけです。

和歌が好きなひとには楽しい展覧会だと思います。

源氏物語絵巻の特別出展もありました。

5月7日までです。

【朝日新聞】「追悼行事開かぬわけ」

5月4日朝日新聞朝刊。「特派員メモ」。ネパールのカトマンズから奈良部健特派員の「追悼行事開かぬわけ」より

 約9千人が亡くなったネパール地震から、先月25日で2年がたった。当日、政府主催の追悼行事があるものだと思っていたが、何もなかった。ただやればいいというものではないが、犠牲者を悼む行事を開かないことに驚いた。地元記者に尋ねると「20年ぶりの地方選挙が予定され、それどころではない」という。
 不安定な政情もあり、復興は進まない。今も仮設小屋に住む人たちに話を聞き、印象的だった言葉がある。「日本などからたくさんのお金がきたはずなのに、私たちにはこない。どこに行ったの?」
 実は各国や援助機関の支援額41億ドル(約4600億円)の1割しか執行されていない。お金はあるのに、それが回っていない。現場も政府も人手が足りないのが一因だ。
 復興庁には定員200人のところ80人しか職員がいない。各省職員が激務を理由に出向を拒否するという。なのに24日の会見では「資金が足りず、海外からの支援が更に必要」とアピールしていた。
 「ワーク、ワーク。一日も無駄にできない」。同庁職員は式を開かない理由を私に語った。この言葉を信じたい。(ネパール=奈良部健)


追悼行事をするかしないかは、それぞれの国の事情ですので、どちらでもかまいません。

しかし、地震から2年たったのに支援額の1割しか執行していないばかりか、さらに海外からの支援をうったえるのにはあきらかに不自然です。不正の匂いがプンプンします。

本来であれば、特集記事を組んで疑惑を追及すべきです。

それをしないのは、奈良部特派員個人の判断ではなく、新聞社の方針で軽く流しているのでしょう。社がおかしいと思っているなら現地の記者に調査を指示すればいいだけですので。

もしかして、こうした発展途上国の疑惑を書くのは差別だとでも思っているのでしょうか? 私に言わせれば、その方が差別です。一人前の国扱いしていない証拠です。

【ウルトラセブン】第十六話:「闇に光る目」

アンノン星人登場。

アンノン星を調査していた行方不明の宇宙船が、勝手に地球に戻ってきました。宇宙船が来たことを侵略とみなしたアンノン星人が積極的防衛措置に出たのです。

調査のための宇宙船を侵略だとみなされ報復されるという点では、前回の「ウルトラ警備隊西へ」のペダン星人と同様です。ペダン星人は始めはともかく、後になったら積極的防衛という大義をかなぐりすてて侵略に走りました。しかし、このアンノン星人は根は善良な宇宙人のようです。地球人は侵略をしない、というウルトラセブンの言葉を信じ(ウルトラ警備隊の言葉は信じなかったけど)、平和裏に撤退しました。

地球人の言うことは信用できないが、ウルトラセブンの言うことなら信じる、というアンノン星人の思想は強烈です。宇宙人クラブの正規メンバーである、アンノン星人やウルトラセブンは互いに信じあえるが、正規メンバーではない地球人は全く信用できない、という考えです。

まるで、諸国民は平和を愛しているから日本が戦争放棄をすればそれで世の中は平和になる、という日本国憲法の精神です。

敵国条項が適用されている国連での日本の立ち位置ともいえます。

第六話「ダーク・ゾーン」に出てきたペガッサ星人は、「地球人だって立派な宇宙人じゃないか」と言っていました。この考えは真っ当で合理的でした。それが、この十六話では(もしかしたら前回の十四、十五話から)、戦後の日本の立場を隠喩するものにぬりかえられています。

戦後の復興や国連加盟という出来事がなまなましかった時代の作品なのだと、深く感じました。

【朝日新聞】(社説)阪神支局襲撃30年 覚悟をもって喋る、明日も

5月2日朝日新聞の社説は、阪神支局事件にからんで報道と暴力についてです。

(略)
 兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃をもった男が押し入り、小尻知博記者(当時29)を殺害した事件から、3日で30年になる。支局3階の資料室には、小尻記者らが座っていたソファも展示されている。
 名古屋本社寮襲撃、静岡支局爆破未遂などと続いた一連の朝日新聞襲撃事件は、「赤報隊」を名乗る犯人が不明のまま、2003年に時効となった。
 社会に開かれた支局を襲う卑劣な犯行は言論の自由への挑戦であり、断じて許されない。事件後、朝日新聞はそう訴え、脅しに屈さない覚悟を示した。その姿勢にかわりはない。
 計8通の犯行声明から浮かぶのは、身勝手な決めつけと、戦前への回帰志向である。
 「日本で日本が否定されつづけてきた」とし、「日本人が日本の文化伝統を破壊するという悪しき風潮がいきわたっている」。そして「反日分子には極刑あるのみ」と結論づける。
 独善的な考えで、気に食わぬ言論を暴力で封じる。そんな手法に、理などない。
 犯人は中曽根康弘元首相やリクルート元会長らへ標的を広げ、3年余りで動きを止めた。
 事件を過去のことと考えることはできない。排外的な社会の空気は強まり、「反日」という言葉は一般化しつつある。
 慰安婦報道にかかわった元朝日新聞記者には14年、「国賊」「売国奴」などと個人攻撃が繰り返された。ネット上には家族の実名や写真もさらされた。
 街頭ではヘイトスピーチで差別感情をあおる集団もいる。
 言論史に詳しい渡辺治・一橋大名誉教授(政治学)は「こうした言葉は相手を沈黙させ、萎縮させるもの。意見の交換を前提にしていない」と警告する。
 言論を封じる憎悪表現といっていい。
(略)


新聞の主張が気に食わないからといって散弾銃で銃撃するなどもってのほかです。言論には言論で対抗すべきであり、暴力は断固として否定されるべきです。「赤報隊」とやらの所業はまったく支持できません。

また、慰安婦報道にかかわった元朝日新聞記者の家族の写真をネットでさらすという行為も、直接の暴力とは違いますが、悪しき行為であることは共通します。家族に矛先を向けるのは卑劣です。

しかしながら、記者本人に対して「国賊」「売国奴」「反日」と攻撃するのは、一概に悪いとは思えません。国民は自分の国を愛するべき、という価値観からくる言葉です。

それに対抗するなら、“自国の悪を真摯に認めることこそが愛国なのだ(=「反日」ではない)”とか“国際化された現代に愛国心は時代遅れ(=「反日」は悪ではない)”といった論を展開すればいいだけです。

渡辺名誉教授「こうした言葉は相手を沈黙させ、萎縮させるもの。意見の交換を前提にしていない」と言っていますが、言われたからといって沈黙して萎縮する方がおかしいです。散弾銃を持ち出されたらさすがに萎縮しますが、言葉だけなら言い返せばいいだけです。

そもそもマスコミ自体が欧米の一部政治家に「極右政党」とか「ポピュリスト」といった「意見の交換を前提にしていない」と思われる言葉を投げつけています。

「国賊」「売国奴」「反日」が悪くて、「極右政党」「ポピュリスト」は悪くない、とでも考えているのでしょうか?

【世論調査】朝日新聞(憲法記念日)

5月2日朝日新聞朝刊に世論調査の結果が発表されました。憲法記念日特集です。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。特に断りがない限り、回答は選択肢から一つ選ぶ方式)

◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する 55
支持しない 35

◆次にあげる安倍内閣の政策の中で、評価する政策にいくつでもマルをつけてください。
景気・雇用34
社会保障・福祉18
消費税16
財政再建9
TPP(環太平洋経済連携協定)11
震災復興22
原子力発電・エネルギー5
教育・子育て15
外交38
安全保障24
憲法9

◆次にあげる安倍内閣の政策の中で、評価しない政策にいくつでもマルをつけてください。
景気・雇用30
社会保障・福祉34
消費税33
財政再建24
TPP(環太平洋経済連携協定)19
震災復興23
原子力発電・エネルギー40
教育・子育て26
外交15
安全保障23
憲法29

◆いま、どの政党を支持していますか。
自民38
民進7
公明4
共産4
日本維新の会3
自由1
社民1
日本のこころ0
その他の政党0
支持する政党はない40
答えない・わからない2

◆以下の各項目について、1と7のどちらに考えが近いですか。中間を4として、1から7の間で当てはまる気持ちの強さに一つだけマルをつけてください。

・個人の権利と公の秩序、優先すべきは
 (1)個人の権利5 (2)7 (3)13 (4)中間45 (5)19 (6)7 (7)公の秩序3

・日本の伝統や文化に誇りを持つことは
 (1)個人の自由7 (2)6 (3)10 (4)中間21 (5)26 (6)18 (7)学校で指導するべきだ11

・家族の結びつきを重視することは
 (1)個人の自由9 (2)8 (3)12 (4)中間25 (5)18 (6)15 (7)国や社会のために大切だ12

◆日本の憲法が施行されて、今年の5月3日で70年を迎えます。いまの憲法があったことが、日本にとってよかったと思いますか。
 よかった 89
よくなかった 3

◆ふだん家庭や職場などで憲法について話をすることがありますか。
 よくある2
 ときどきある25
 ほとんどない46
 まったくない24

◆以下は、憲法第9条の条文です。(憲法9条条文は省略)憲法第9条を変えるほうがよいと思いますか。変えないほうがよいと思いますか。
 変えるほうがよい29
 変えないほうがよい63

◇(「変えるほうがよい」と答えた29%の人に)それはどうしてですか。
 国際平和に、より貢献すべきだから24〈7〉
 今の自衛隊の存在を明記すべきだから35〈10〉
 日米同盟の強化や東アジア情勢の安定につながるから32〈9〉

◇(「変えないほうがよい」と答えた63%の人に)それはどうしてですか。
 戦争を放棄し、戦力を持たないとうたっているから54〈34〉
 今のままでも自衛隊が活動できるから29〈18〉
 変えると東アジア情勢が不安定になるから12〈8〉

◆集団的自衛権を使えるようにしたり、自衛隊の海外活動を広げたりする安全保障関連法に、賛成ですか。反対ですか。
 賛成 41
反対 47

◆安全保障関連法が、憲法に違反していると思いますか。憲法に違反していないと思いますか。
 違反している40
 違反していない41

◆自衛隊が海外で活動してよいと思うことに、いくつでもマルをつけてください。
 災害にあった国の人を救助する92
 危険な目にあっている日本人を移送する77
 国連の平和維持活動に参加する62
 重要な海上交通路で機雷を除去する39
 国連職員や他国軍の兵士らが武装勢力に襲われた際、武器を使って助ける18
 アメリカ軍に武器や燃料などを補給する15
 アメリカ軍と一緒に前線で戦う4

◆中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発など、最近の日本周辺の安全保障をめぐる環境について、どの程度不安を感じますか。
 大いに感じる58
 ある程度感じる35
 あまり感じない4
 まったく感じない0

◆安全保障分野における日米関係についてうかがいます。アメリカがトランプ政権になったことで、日本の安全保障にどんな影響が出ると思いますか。
 よい影響6
 悪い影響49
 影響はない31

◆日米安保条約をこれからも維持していくことに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 80
反対 9

◇(「賛成」と答えた80%の人に)では、日米安保体制における自衛隊の活動は、今後どうあるべきだと思いますか。
 今より拡大すべきだ18〈15〉
 今のままでよい72〈58〉
 今より縮小すべきだ8〈7〉

◆日本政府によると、2015年度のアメリカ軍の駐留経費のうち、約86%にあたる1910億円を日本が負担しています。この日本の負担割合についてどう思いますか。
 妥当だ25
 多すぎる67
 少なすぎる0

◆安全保障分野において、日本政府はアメリカに対して、日本の立場や考え方をどの程度主張していると思いますか。
 大いに主張している3
 ある程度主張している34
 あまり主張していない50
 まったく主張していない8

◆いまの日本の憲法は、全体として、よい憲法だと思いますか。そうは思いませんか。
 よい憲法66
 そうは思わない21

◆いまの憲法を変える必要があると思いますか。変える必要はないと思いますか。
 変える必要がある41
 変える必要はない50

◇(「変える必要がある」と答えた41%の人に)変える必要があると思う気持ちの強さはどの程度ですか。
 とても強い12〈5〉
 やや強い47〈19〉
 それほど強くない36〈15〉

◇(「変える必要がある」と答えた41%の人に)特に変える必要があると思う分野はどれですか。いくつでもマルをつけてください。
 前文7〈3〉
天皇36〈14〉
平和主義28〈11〉
国民の権利や義務22〈9〉
国会の仕組み37〈15〉
内閣の仕組み28〈11〉
司法制度18〈7〉
財政19〈8〉
地方自治20〈8〉
憲法改正の手続き26〈10〉
政治家、公務員の憲法順守義務24〈10〉

◇(「変える必要はない」と答えた50%の人に)変える必要がないと思う気持ちの強さはどの程度ですか。
 とても強い16〈8〉
 やや強い38〈19〉
 それほど強くない43〈21〉

◇(「変える必要はない」と答えた50%の人に)いまの憲法の中で特に大切だと思う分野はどれですか。いくつでもマルをつけてください。
 前文17〈9〉
天皇28〈14〉
平和主義82〈41〉
国民の権利や義務61〈31〉
国会の仕組み12〈6〉
内閣の仕組み9〈5〉
司法制度19〈9〉
財政12〈6〉
地方自治15〈8〉
憲法改正の手続き10〈5〉
政治家、公務員の憲法順守義務21〈10〉

◆憲法とは、国家の権力を制限するべきものだと思いますか。それとも、国民の権利を制限するべきものだと思いますか。
 国家の権力を制限するべきもの23
 どちらかといえば国家の権力を制限するべきもの46
 どちらかといえば国民の権利を制限するべきもの15
 国民の権利を制限するべきもの3

◆憲法改正の議論にどの程度関心がありますか。
 大いに関心がある12
 ある程度関心がある52
 あまり関心はない31
 まったく関心はない3

◆国会の憲法審査会では、憲法改正をめぐる議論が始まっています。憲法改正は優先的に取り組むべき課題だと思いますか。そうは思いませんか。
 優先的に取り組むべき課題だ33
 そうは思わない62

◆安倍首相は憲法改正を目指すことを明言しています。安倍政権のもとで憲法改正を実現することに、賛成ですか。反対ですか。
 賛成 38
反対 50

◆憲法を改正して、新しい条項や権利を新たに加えるべきだ、という意見がある一方で、いまの憲法を変えなくても十分対応できる、という意見もあります。以下の項目についてあなたの考えを選んでください。

・外国からの武力攻撃や大災害などの際に、内閣が法律に代わる緊急政令を出したり、国会議員の任期を延長したりするなど、国民の権利を一時的に制限できる「緊急事態条項」
 憲法を改正して新たに加えるべきだ28
 いまの憲法を変えずに対応すればよい59
 そもそも必要ない8

・国と国民が協力して環境保護につとめる「環境権」
 憲法を改正して新たに加えるべきだ29
 いまの憲法を変えずに対応すればよい64
 そもそも必要ない4

・高校や大学などの授業料の免除などを定めた「教育無償化」
 憲法を改正して新たに加えるべきだ31
 いまの憲法を変えずに対応すればよい53
 そもそも必要ない13

◆国会議員1人当たりの有権者数に差がある「一票の格差」が問題になっています。人口が少ない地域では国会議員の数を減らして「一票の格差」を是正するべきだと思いますか。それとも、一票の格差があっても、人口が少ない地域の国会議員の数を確保するべきだと思いますか。
 一票の格差を是正するべきだ50
 人口が少ない地域の国会議員の数を確保するべきだ43

◆男性どうし、女性どうしの結婚を、法律で認めるべきだと思いますか。認めるべきではないと思いますか。
 認めるべきだ49
 認めるべきではない39

◆法律を改正して、夫婦が、同じ名字でも、別々の名字でも、自由に選べるようにすることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 58
反対 37

◆憲法で天皇は、「日本国の象徴」「国民統合の象徴」とされています。天皇の公務や継承のあり方について、考えに近いのは次のうちどれですか。
 時代にかかわらず同じ形を保つべきだ22
 時代に応じて変わっていくべきだ75

◆天皇が行う公のつとめには、憲法に定められた国会の召集など「国事行為」のほかに、各種行事の出席や被災地へのお見舞いなど「公的行為」もあります。こうした公的行為は、天皇が象徴としての役割を果たすため、どの程度重要だと思いますか。
 大いに重要だ22
 ある程度重要だ61
 あまり重要ではない13
 まったく重要ではない2

◆天皇の退位についてうかがいます。いまの天皇陛下だけが退位できるようにするのがよいと思いますか。今後のすべての天皇も退位できるようにするのがよいと思いますか。それとも、天皇は退位すべきではないと思いますか。
 いまの天皇陛下だけが退位できるようにする20
 今後のすべての天皇も退位できるようにする72
 天皇は退位すべきではない4

◆将来的に皇室が安定的に維持されることに、どの程度不安を感じますか。
 大いに感じる9
 ある程度感じる38
 あまり感じない41
 まったく感じない10

◆いまの皇室に関する法律の「皇室典範」により、天皇の位につくのは、男性に限られています。天皇は男性に限った方がよいと思いますか。それとも、皇室典範を改正して、女性も天皇になれるようにした方がよいと思いますか。
 男性に限った方がよい21
 女性もなれるようにした方がよい75

◆皇室典範により、天皇は、父方に天皇の血を引く、いわゆる「男系」に限られています。もし、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら、歴史上初めて、母方だけに天皇の血を引く「女系」の天皇を認めることになります。これまでの「男系」を維持する方がよいと思いますか。それとも、「女系」を認めてもよいと思いますか。
 男系を維持する方がよい24
 女系を認めてもよい72

◆いまの皇室典範では、女性皇族は民間人と結婚すると、皇室を離れます。今後、結婚後も女性皇族が皇室にとどまる「女性宮家」を創設できるようにするべきだ、という意見があります。この考えに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 49
反対 40

◆終戦直後に皇室を離れて民間人となっている旧皇族が再び皇室に戻るようにするべきだ、という意見もあります。この考えに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 20
反対 67

◆皇室を安定的に維持するため、いまの天皇陛下の退位をめぐる議論にとどまらず、将来的な天皇の位の継承について、今後も議論を続けるべきだと思いますか。そうは思いませんか。
 議論を続けるべきだ74
 そうは思わない22

◆最近の社会で問題になっていることについてうかがいます。以下の質問について、1と7のどちらに考えが近いですか。中間を4として、1から7の間で当てはまる気持ちの強さに一つだけマルをつけてください。

・日本は難民や移民をもっと受け入れるべきだと思いますか。
 (1)思う3 (2)4 (3)11 (4)中間32 (5)16 (6)16 (7)思わない17

・国籍、人種、宗教が異なるひとが身近に生活することに抵抗を感じますか。
 (1)感じる8 (2)10 (3)18 (4)中間28 (5)15 (6)11 (7)感じない10

・学歴や収入の格差による社会的な分断が日本にあると思いますか。
 (1)ある27 (2)28 (3)25 (4)中間13 (5)4 (6)2 (7)ない1

・自国の利益の追求と、国際社会への貢献では、どちらがより大事だと思いますか。
 (1)自国の利益の追求7 (2)10 (3)24 (4)中間44 (5)9 (6)2 (7)国際社会への貢献2

・民主的に選ばれたリーダーの判断であれば、従うことは当然だと思いますか。
 (1)当然だ4 (2)7 (3)16 (4)中間30 (5)20 (6)12 (7)当然ではない10

・意見が対立する問題について、多数決で決めたことはいつも正しいと思いますか。
 (1)思う2 (2)2 (3)6 (4)中間21 (5)25 (6)20 (7)思わない23

・いまの社会では、少数意見が尊重されていると思いますか。
 (1)尊重されている1 (2)2 (3)6 (4)中間20 (5)24 (6)25 (7)尊重されていない20
     ◇

 〈調査方法〉 全国の有権者から3千人を選び、郵送法で実施した。対象者の選び方は、層化無作為2段抽出法。全国の縮図になるように336の投票区を選び、各投票区の選挙人名簿から平均9人を選んだ。3月15日に調査票を発送し、4月24日までに届いた返送総数は2077。無記入の多いものや対象者以外の人が回答したと明記されたものを除いた有効回答は2020で、回収率は67%。

 有効回答の男女比は男46%、女52%、無記入1%。年代別では18、19歳1%、20代8%、30代13%、40代16%、50代16%、60代22%、70代15%、80歳以上8%、無記入1%。


この調査が私のところに来たと仮定して回答してみます。

>◆安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。

>◆次にあげる安倍内閣の政策の中で、評価する政策にいくつでもマルをつけてください。
景気・雇用
外交
安全保障

>◆次にあげる安倍内閣の政策の中で、評価しない政策にいくつでもマルをつけてください。
消費税
財政再建

>◆いま、どの政党を支持していますか。
支持政党はありません。
自由がめずらしく0でないとおもったら、今回の調査方法にカラクリがありました。いつもは日本全国からランダムに選出しているのですが、今回は選挙区ごとに9人前後を選んでいます。つまり一票の重みの違いが出ています。

>◆以下の各項目について、1と7のどちらに考えが近いですか。中間を4として、1から7の間で当てはまる気持ちの強さに一つだけマルをつけてください。

>・個人の権利と公の秩序、優先すべきは
これが二者択一だとは思いません。強いて言えば個人の権利の方に重きを置きたいですので(2)あたりです。

>・日本の伝統や文化に誇りを持つことは
全くの個人の自由です。(1)です。仮に、学校で指導されたら日本の伝統文化が嫌いになったと思います。

>・家族の結びつきを重視することは
国や社会のために家族の結びつきがあるのではありません。比較すること自体ナンセンスです。個人の自由の(1)としか言いようがありません。

>◆日本の憲法が施行されて、今年の5月3日で70年を迎えます。いまの憲法があったことが、日本にとってよかったと思いますか。
こういうのは何と比較してよかったのか悪かったのかと訊かないと意味がありません。答えようのない質問です。質問文の中で憲法の素晴らしさを刷りこもうという意思を感じます。

>◆ふだん家庭や職場などで憲法について話をすることがありますか。
まったくありません。憲法について話をする職場というのは想像もつきません。労働組合の集会かなんかですか?

>◆以下は、憲法第9条の条文です。(憲法9条条文は省略)憲法第9条を変えるほうがよいと思いますか。変えないほうがよいと思いますか。
変えるほうがいいです。

>◇(「変えるほうがよい」と答えた29%の人に)それはどうしてですか。
自衛隊の存在を明記すべきです。今のままでは自衛隊は違憲としか思えません。

>◆集団的自衛権を使えるようにしたり、自衛隊の海外活動を広げたりする安全保障関連法に、賛成ですか。反対ですか。
賛成です。

>◆安全保障関連法が、憲法に違反していると思いますか。憲法に違反していないと思いますか。
違反しているとは思いません。

>◆自衛隊が海外で活動してよいと思うことに、いくつでもマルをつけてください。
 災害にあった国の人を救助する
 危険な目にあっている日本人を移送する
 国連の平和維持活動に参加する
 重要な海上交通路で機雷を除去する
 国連職員や他国軍の兵士らが武装勢力に襲われた際、武器を使って助ける

>◆中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発など、最近の日本周辺の安全保障をめぐる環境について、どの程度不安を感じますか。
大いに感じます。

>◆安全保障分野における日米関係についてうかがいます。アメリカがトランプ政権になったことで、日本の安全保障にどんな影響が出ると思いますか。
まったく分かりません。

>◆日米安保条約をこれからも維持していくことに賛成ですか。反対ですか。
同盟自体は賛成ですが、基地提供は縮小していくべきです。

>◇(「賛成」と答えた80%の人に)では、日米安保体制における自衛隊の活動は、今後どうあるべきだと思いますか。
増やすべきです。

>◆日本政府によると、2015年度のアメリカ軍の駐留経費のうち、約86%にあたる1910億円を日本が負担しています。この日本の負担割合についてどう思いますか。
多すぎます。

>◆安全保障分野において、日本政府はアメリカに対して、日本の立場や考え方をどの程度主張していると思いますか。
知りませんが、主張しているようには見えません。

>◆いまの日本の憲法は、全体として、よい憲法だと思いますか。そうは思いませんか。
条文自体はよい憲法だと思います。しかし占領軍に押し付けられたという成立の経緯を考えると悪い憲法だと思います。

>◆いまの憲法を変える必要があると思いますか。変える必要はないと思いますか。
変える必要があります。変えないとしても、国民投票にかけ、主権者が選んだという体裁をとるべきです。

>◇(「変える必要がある」と答えた41%の人に)変える必要があると思う気持ちの強さはどの程度ですか。
とても強いです。

>◇(「変える必要がある」と答えた41%の人に)特に変える必要があると思う分野はどれですか。いくつでもマルをつけてください。
分野は問いません。成立の経緯が問題なのですから。

>◆憲法とは、国家の権力を制限するべきものだと思いますか。それとも、国民の権利を制限するべきものだと思いますか。
国家の権力を制限するものです。
 
>◆憲法改正の議論にどの程度関心がありますか。
大いに関心があります。

>◆国会の憲法審査会では、憲法改正をめぐる議論が始まっています。憲法改正は優先的に取り組むべき課題だと思いますか。そうは思いませんか。
優先って、何に対して優先すべきかという質問なのでしょうか? 質問文があやふやです。

>◆安倍首相は憲法改正を目指すことを明言しています。安倍政権のもとで憲法改正を実現することに、賛成ですか。反対ですか。
どの政権であろうが賛成です。
憲法改正には賛成だが安倍首相のもとなら反対、というのは嫉妬心丸出しの態度です。

>◆憲法を改正して、新しい条項や権利を新たに加えるべきだ、という意見がある一方で、いまの憲法を変えなくても十分対応できる、という意見もあります。以下の項目についてあなたの考えを選んでください。

>・外国からの武力攻撃や大災害などの際に、内閣が法律に代わる緊急政令を出したり、国会議員の任期を延長したりするなど、国民の権利を一時的に制限できる「緊急事態条項」
憲法を改正すべきです。

>・国と国民が協力して環境保護につとめる「環境権」
憲法を変えずに対応できます。

>・高校や大学などの授業料の免除などを定めた「教育無償化」
国公立の無償化はいいのですが、私立の無償化をすると、国が私立学校に寄付しているみたいになりませんか?

>◆国会議員1人当たりの有権者数に差がある「一票の格差」が問題になっています。人口が少ない地域では国会議員の数を減らして「一票の格差」を是正するべきだと思いますか。それとも、一票の格差があっても、人口が少ない地域の国会議員の数を確保するべきだと思いますか。
一票の格差を是正すべきです。

>◆男性どうし、女性どうしの結婚を、法律で認めるべきだと思いますか。認めるべきではないと思いますか。
相続権や配偶者控除などは同等の権利を認めてもいいと思います。しかし、男女の結婚と同じとすると養子がとれることになります。大人同士の関係なら好きにすればいいと思いますが、子供への影響には懸念があります。
なお、同性婚を認めるなら憲法改正が必要になると考えます。この世論調査の憲法改正の項目に、同性婚があがっていないのか不思議です。

>◆法律を改正して、夫婦が、同じ名字でも、別々の名字でも、自由に選べるようにすることに賛成ですか。反対ですか。
賛成です。仕事をしている人が突然名字を変えるのは、周囲に迷惑です。

>◆憲法で天皇は、「日本国の象徴」「国民統合の象徴」とされています。天皇の公務や継承のあり方について、考えに近いのは次のうちどれですか。
時代に応じて変わっていくべきです。

>◆天皇が行う公のつとめには、憲法に定められた国会の召集など「国事行為」のほかに、各種行事の出席や被災地へのお見舞いなど「公的行為」もあります。こうした公的行為は、天皇が象徴としての役割を果たすため、どの程度重要だと思いますか。
大いに重要です。

>◆天皇の退位についてうかがいます。いまの天皇陛下だけが退位できるようにするのがよいと思いますか。今後のすべての天皇も退位できるようにするのがよいと思いますか。それとも、天皇は退位すべきではないと思いますか。
今後すべての天皇も退位できるようにすべきです。

>◆将来的に皇室が安定的に維持されることに、どの程度不安を感じますか。
ある程度感じます。

>◆いまの皇室に関する法律の「皇室典範」により、天皇の位につくのは、男性に限られています。天皇は男性に限った方がよいと思いますか。それとも、皇室典範を改正して、女性も天皇になれるようにした方がよいと思いますか。

>◆皇室典範により、天皇は、父方に天皇の血を引く、いわゆる「男系」に限られています。もし、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら、歴史上初めて、母方だけに天皇の血を引く「女系」の天皇を認めることになります。これまでの「男系」を維持する方がよいと思いますか。それとも、「女系」を認めてもよいと思いますか。

>◆いまの皇室典範では、女性皇族は民間人と結婚すると、皇室を離れます。今後、結婚後も女性皇族が皇室にとどまる「女性宮家」を創設できるようにするべきだ、という意見があります。この考えに賛成ですか。反対ですか。

>◆終戦直後に皇室を離れて民間人となっている旧皇族が再び皇室に戻るようにするべきだ、という意見もあります。この考えに賛成ですか。反対ですか。

>◆皇室を安定的に維持するため、いまの天皇陛下の退位をめぐる議論にとどまらず、将来的な天皇の位の継承について、今後も議論を続けるべきだと思いますか。そうは思いませんか。


これらの問題は天皇家で決定するのが正しいと考えます。一般庶民が口出しをすべきことではありません。

>◆最近の社会で問題になっていることについてうかがいます。以下の質問について、1と7のどちらに考えが近いですか。中間を4として、1から7の間で当てはまる気持ちの強さに一つだけマルをつけてください。

>・日本は難民や移民をもっと受け入れるべきだと思いますか。
難民と移民は分けて考えるべきです。
難民と認められたら受け入れるべきです。しかし、増やす努力をすべき性質もものではありません。
移民は受け入れるべきではありません。

>・国籍、人種、宗教が異なるひとが身近に生活することに抵抗を感じますか。
感じません。職場にも普通に外人はいますし、近所でも珍しくありません。

>・学歴や収入の格差による社会的な分断が日本にあると思いますか。
格差はあっても、「分断」といった一個の明確な線はありません。細い線がいくつもあるイメージです。

>・自国の利益の追求と、国際社会への貢献では、どちらがより大事だと思いますか。
自国の利益の方がやや大事です。民主国家である以上、納税者に多大な不利益をかける政策はとれません。

>・民主的に選ばれたリーダーの判断であれば、従うことは当然だと思いますか。
当然ではありません。民主的に選ばれたといっても、法の支配下です。判断に不服があるなら異議申し立てができるのは当たりまえです。

>・意見が対立する問題について、多数決で決めたことはいつも正しいと思いますか。
多数決と正しさとは無関係の概念です。
いつも正しいとは思いません。

>・いまの社会では、少数意見が尊重されていると思いますか。
こういう質問は比較対象を示さないと意味がありません。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle