【アニメ】有頂天家族2

「有頂天家族」の第二期です。

一期も観ていました。一期に相当する原作は既読ですが、二期に相当する分は未読です。

一期も素晴らしい出来でしたが、二期も引けをとりません。

京都の街並みの背景も素晴らしいものでした。

ストーリーも決して無理矢理継ぎ足したようなものではなく、全く違和感ありません。

弁天さまと二代目の関係をぼかして描いているのは原作準拠なのだと思います。色々想像できて楽しいです。

普段アニメを観ていない大人にも薦められる秀作です。
スポンサーサイト

【時事問題】稲田大臣の失言

稲田防衛大臣が、都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と語ったことが問題視されています。

いうまでもなく、防衛省や自衛隊が選挙で特定候補者を応援することなどあってはなりません。稲田大臣の失言癖はいまに始まったことではありませんが、選挙を前にして致命的な失敗です。

稲田大臣は「誤解を招きかねない」と発言を撤回しました。

政治家が失言をした言い訳の定番です。発言の一部を切り取られたり、意図を捻じ曲げられた場合に、うらみをこめて「誤解を招きかねない発言だった」と撤回する気持ちはわかります。

しかし、今回の稲田大臣の発言は誰も誤解していません。

誤解があるとしたら、稲田氏の国の制度への理解の中だけです。

罷免される前に、自分から責任をとって辞任すべきと考えます。

【アニメ】弱虫ペダル 三期

一期も二期も観ています。

期が変わったといっても、原作は普通に続いているのですから、特に変化もなく、安定の三期といえます。試合の途中というきわめて中途半端なところで終わっていますが、第四期があるのが前提なのでしょうから許せます。

感想は前のものと変わりません。

ほとんどの勝負がコンマ数秒差で決着するのもあいかわらずですし、スプリントや山岳での勝利にこだわり過ぎるのも釈然としません。

安定といえば安定ですが、マンネリ感もあります。

制作する限り見続けるでしょうが、原作に手を伸ばすほどの魅力は感じません。

【朝日新聞】若者の自殺

6月24日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「ニッポンの宿題」のコーナー。この日の題は「若者の命を守るために」です。

日本全体の自殺者数が減るなか、若い世代で自ら命を絶つ人は高止まりしています。先進7カ国では日本だけ、若者の死因の1位が事故でなく自殺です。何が、若者を追い詰めているのでしょうか。どうすれば、若い命を守ることができるのでしょうか。


NPO法人自殺対策支援センターの清水康之氏と、千葉商科大学選任講師常見陽平氏が意見を寄せています。

参考として、「先進7カ国の15~34歳の主な死因」のデータが付記されています。数字は人口10万人当たりの死亡者数です。

自殺者数
日本:17.8
米国:13.3
カナダ:11.3
フランス:8.3
ドイツ:7.7
英国:6.6
イタリア:4.8


事故死者数
日本:6.9
米国:35.1
カナダ:20.4
フランス:12.7
ドイツ:9.1
英国:12.1
イタリア:12.3




若者の自殺、というテーマなのに15~34歳の死因を調べるのは幅広すぎるように思います。15歳と34歳では自殺の理由(防ぐ方法)は大きく違うはずです。せめて10代、20代、30代と年代別(10歳刻み)にするか、学生・社会人・無職で分けるかすべきです。


遺書が残っていれば自殺だとはっきりしますが、微妙な線というのはどうしてもあります。ふらふらと道路に飛び出して轢かれた場合、自殺だったのか事故だったのか判別は容易ではありません。自殺を禁止しているキリスト教の国では微妙なものは事故死扱にする傾向が強いのでは、と疑いを持ちました。


若者の自殺数は日本が高いのはわかりましたが、もう一つの特徴は事故死数の少なさです。他を圧しています。特に米国の多さには驚きます。これは殺人事件の被害者を含んでいるからしょうか(←ヘイトスピーチです!)

【アニメ】兄につける薬はない

最近増えてきた中国産のアニメです。

ほかの中国産アニメは、壮大な設定を生かせずに途中で終了するというパターンで、感想を書くことさえ難しかったのですが、これは違いました。一話5分のミニアニメでもあり、読みきりのギャグものなので鑑賞に堪えうるものです。

ギャグとしてものすごく面白いかというとそれほどでもありませんが、現代中国の若者文化が垣間見えて興味をひかれました。中国の学制がわからないのでキャラクターの設定年齢がわからなかったのは残念です。

まずまずの出来だったと思います。

【展覧会】馬琴と国芳・国貞 八犬伝と弓張月

於:太田記念美術館

曲亭馬琴の「南総里見八犬伝」と「椿説弓張月」を題材とした浮世絵を国芳と国貞を中心に集めました。

直接曲亭馬琴の小説を絵にしたものだけでなく、歌舞伎になったものを描いたものもあります。つまり登場人物の名前だけでなく役者の名前も添えられたものもあれば、いかにも舞台めいた構図のものもあります。概して、国芳は直接描き、国貞は歌舞伎からの創作が主だっているように思いました。

別に競っていたわけではないでしょうが、同じ題材を複数の画家が描くのですから勝手に、比較してみたくなります。現代人の目からみれば、歌舞伎を間に挟んだ方が生硬に見えるのは否めません。

この美術館の常ですが、テーマがはっきりしているためとても勉強になった気がします。

【映画】22年目の告白-私が殺人犯です-

主演:藤原竜也

殺人犯が時効後に公衆の前に名乗り出て告白本を出版し、それがベストセラーになり、ニュース番組の出演も決まる。不敵に世間を挑発する男は裏で別の計画を練っていた。

という話で、いかにも藤原竜也が演じそうな役です。

殺人犯の告白本と聞いて神戸の事件を思い浮かべましたが、視聴後に知ったのですが、日本のオリジナルではなく、韓国映画のリメイクだそうです。観たことないので、どこまで忠実にリメイクしたのかは分かりません。

男の計画は最終的に成功するのですが、途中経過が偶然に頼りすぎているのが難です。あと、ニュース番組に出演中にハプニングがおきるのですが、生放送なのですからテレビ局はなんらかのリカバリー策を講じなければいけません。なのに、なすすべもない様子というのはリアリティーに欠けます。

オリジナル作品と比較してみたくなりました。

【時事問題】議員の秘書への暴言・暴力

朝日新聞の記事より引用します。

 自民党の豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区、当選2回=は22日、豊田氏が男性秘書に暴行したり暴言を浴びせたりしたとする記事を同日発売の「週刊新潮」が報じたことを受け、離党届を提出した。関係者によると、豊田氏は暴行を認め「国会での仕事が多忙を極め、秘書に当たってしまった」と話しているという。
 週刊新潮や同誌がネット上に公開した音声、同誌から音声の提供を受けたテレビ朝日の番組によると、豊田氏は秘書のミスを理由に「私が受けた痛みがどれだけかわかるか。この野郎」「頭ぐちゃぐちゃになってひき殺されてみろ」などと発言。この間に暴力もふるったとみられる。
 豊田氏と秘書の双方から相談を受けたという元選挙事務局長の男性によると、豊田氏は5月19~21日、秘書を複数回、殴ったり蹴ったりしたという。
(略)


文字情報だとピンときませんが、テレビでなんども流れる音声データを聞くと異様さがわかります。

車の中で一対一なので誰にも聞かれていない(録音なんてされていない)と思い込んでいたのもあるでしょうし、自分の言葉に興奮して怒りが増幅したという面もあるでしょう。秘書のミスも、報道を聞く限りでは極めて初歩的なもので、許せないという気持ちもあったのでしょう。

しかし、ここまで行くと議員以前に人間的にどうかと思います。暴力を振るうのは最悪です。

議員辞職をして頭を冷やして考え直すべきです。

【アニメ】夏目友人帳 陸

第六期です。

普通、六期にもなるようなアニメは同じようなことをくり返しているものですが、この「夏目友人帳」は、微妙に話を深化させてきています。

「友人帳」の件が名取さん(知り合いの祓い屋)に知られましたし、レイコさん以外のあやかしに関係していた夏目貴志の親族の存在もほのめかされました。

全体的なほのぼのとした基調を崩すことなく、佳境へとはいっていった感があります。

後世、日本アニメーションの秀作として語り継がれることになるでしょう。

七期を期待します。

【朝日新聞】介護状態改善の自治体を優遇へ 来年度から交付金増

6月21日朝日新聞朝刊の記事「介護状態改善の自治体を優遇へ 来年度から交付金増」より

 高齢者の介護予防や状態の改善に取り組み、成果があった自治体には交付金を上積みする――。そんな優遇策が来年度から始まります。手段として注目されるのが、介護保険を使う際に必要なケアプラン(介護計画)をチェックする「地域ケア会議」です。すでに設置している自治体では成果が出てきていますが、高齢者が自立を強いられるのではと懸念する声もあります。
 (略)


東洋大学准教授(高齢者福祉)高野龍昭氏の話が付記されています。

 介護保険法の目的の一つが自立支援であることを考えても、介護予防や重度化予防に努力している自治体の優遇策は必然的な政策だ。ただ、体調も周囲の支援状況も多様な高齢者に対し何をすれば自立支援に結びつくのか、科学的エビデンスは確立していない。市町村に丸投げせず、国や都道府県が介護予防の技術面で支援する必要がある。
 事業者に競争を求めることへの懸念もある。自立支援を重視するあまり、高齢者につらい訓練を強いたり、改善が見込めない場合にサービス提供を拒否したりする事案が予測される。そういったことを防ぐ仕組みも求められる。


懸念の声が理解できないわけでもありません。

高齢者と介護サービス提供者では力関係というか情報量の格差というものがあり、サービス提供者のいいなりになる懸念はあります。私の経験では、家族がついていましたが介護というものに精通しているわけではないので、いいなりになっている面もあったのかもしれないと思っています。

また、ありていに言って、老人はどんどん高齢になっていくのですから、どんどん弱っていくのが普通です。運動させても機能回復には限度があるでしょう。

しかし、それでもこの制度改正には賛成します。

老人介護では、楽をさせるのは良いことなのか悪いことなのか、というのがつきない悩みです。不平を言われてもきちんと体を動かしてもらうのがよいのか、楽に余生を過ごさせるのがよいのか、答えはありません。多分、どちらも正しいのでしょう。

運動を勧めつつ、無理強いはしない、という匙加減がいります。

日常的に接する家族から運動を強いられるより、たまにしか来ない外部の専門家に適正な運動を進めてもらうほうが、本人にとっても家族とってもありがたいように思います。

【世論調査】朝日新聞社世論調査 質問と回答

6月20日朝日新聞の世論調査の結果が発表されました。

 (数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は5月24、25日の調査結果)

◆安倍内閣を支持しますか。
支持する41(47)
支持しない37(31)

◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
首相が安倍さん11〈4〉
自民党中心の内閣15〈6〉
政策の面22〈9〉
他よりよさそう50〈21〉

◇(「支持しない」と答えた人に)それはどうしてですか。(択一)
首相が安倍さん16〈6〉
自民党中心の内閣31〈11〉
政策の面42〈16〉
他のほうがよさそう7〈3〉

◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
自民34(37)
民進8(6)
公明4(4)
共産4(3)
維新1(1)
自由0(0)
社民1(1)
日本のこころ0(0)
その他の政党0(1)
支持する政党はない41(38)
答えない・分からない7(9)

◆犯罪を実行しなくても、計画の段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法が成立しました。この法律に賛成ですか。
賛成33
反対36

◆改正組織的犯罪処罰法は、参議院で与党が委員会の採決を省略し、本会議で採決を強行しました。国会でのこうした進め方は、よかったと思いますか。
よかった16
よくなかった65

◆改正組織的犯罪処罰法の内容について、国会での政府の説明は十分だったと思いますか。
十分だった10
十分ではなかった69

◆組織的犯罪処罰法が改正されると、犯罪を実行していない段階から警察などの捜査の対象になり、一般の人への監視が強まるという意見があります。この改正で、一般の人への監視が強まる不安を、どの程度感じますか。(択一)
大いに感じる15
ある程度感じる43
あまり感じない29
まったく感じない9

◆学校法人「加計学園」の獣医学部新設についてうかがいます。安倍首相の友人が理事長を務める加計学園が、公正に選ばれたのかどうかが問われています。安倍首相は、私の意向は入りようがない、と説明しています。首相の説明に納得できますか。
納得できる18
納得できない66

◆加計学園の獣医学部新設をめぐって、「総理のご意向だ」と書かれた文書が文部科学省から見つかりました。文書の存在が指摘された当初、安倍政権は「怪文書みたいな文書」だとし、約半月の間、「存在は確認できない」としていました。安倍政権のこうした対応は適切だったと思いますか。
適切だった10
適切ではなかった74

◆文部科学省の事務次官だった前川喜平さんは、加計学園の獣医学部新設をめぐって、行政がゆがめられた、と証言しています。前川さんら関係者を国会で証人喚問する必要があると思いますか。
証人喚問する必要がある58
その必要はない24

◆今の国会が18日に終わります。加計学園の問題について、引き続き解明に取り組む必要があると思いますか。

 取り組む必要がある58
その必要はない30

◆加計学園の問題で、安倍内閣のイメージは良くなりましたか。悪くなりましたか。変わりませんか。
良くなった1
悪くなった54
変わらない41

◆たばこについてうかがいます。厚生労働省は、受動喫煙を防ぐために食堂や居酒屋を原則禁煙にする法案をまとめました。これに、自民党の中から飲食店への影響を心配する意見が出て、法案の提出は次の国会に先送りされました。先送りされたことはよかったと思いますか。
よかった36
よくなかった45

 <調査方法> 17、18の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は1979件、有効回答992人。回答率50%。携帯は、有権者につながった番号は2153件、有効回答1006人。回答率47%。



この調査が私のところに来たと想定して回答してみます。

>◆安倍内閣を支持しますか。
支持します。いままで支持すると言ってきたので、支持率が急落したこういう時に見離すのは美しくないと思いますので。

>◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。
首相が安倍さんだからです。
前回と比べると、支持理由はまんべんなく下がっていますし、不支持理由もまんべんなく上がっていました。

>◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。
自民が減った分が、民進・共産に移ったようです。

>◆犯罪を実行しなくても、計画の段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法が成立しました。この法律に賛成ですか。
賛否を決めかねています。

>◆改正組織的犯罪処罰法は、参議院で与党が委員会の採決を省略し、本会議で採決を強行しました。国会でのこうした進め方は、よかったと思いますか。
よろしくありません。与党にも言い分はあるでしょうが、慣例は守るべきです。

>◆改正組織的犯罪処罰法の内容について、国会での政府の説明は十分だったと思いますか。
十分ではなかったように感じます。

>◆組織的犯罪処罰法が改正されると、犯罪を実行していない段階から警察などの捜査の対象になり、一般の人への監視が強まるという意見があります。この改正で、一般の人への監視が強まる不安を、どの程度感じますか。(択一)
ある程度感じます。

>◆学校法人「加計学園」の獣医学部新設についてうかがいます。安倍首相の友人が理事長を務める加計学園が、公正に選ばれたのかどうかが問われています。安倍首相は、私の意向は入りようがない、と説明しています。首相の説明に納得できますか。
納得できます。

>◆加計学園の獣医学部新設をめぐって、「総理のご意向だ」と書かれた文書が文部科学省から見つかりました。文書の存在が指摘された当初、安倍政権は「怪文書みたいな文書」だとし、約半月の間、「存在は確認できない」としていました。安倍政権のこうした対応は適切だったと思いますか。
いまから思うと適切ではありませんでした。しかし、当初は仕方のない面もあったかと思います。

>◆文部科学省の事務次官だった前川喜平さんは、加計学園の獣医学部新設をめぐって、行政がゆがめられた、と証言しています。前川さんら関係者を国会で証人喚問する必要があると思いますか。
文書の存在を政府も認めている以上必要ありません。

>◆今の国会が18日に終わります。加計学園の問題について、引き続き解明に取り組む必要があると思いますか。
特に解明が必要な疑惑があるとも思いませんが、野党が頑張るのは問題ありません。実際的に考えて、内閣支持率をさげる効果はあったわけですし。

>◆加計学園の問題で、安倍内閣のイメージは良くなりましたか。悪くなりましたか。変わりませんか。
加計の件では変わりませんが、「共謀罪」の採決では若干悪くなりました。

>◆たばこについてうかがいます。厚生労働省は、受動喫煙を防ぐために食堂や居酒屋を原則禁煙にする法案をまとめました。これに、自民党の中から飲食店への影響を心配する意見が出て、法案の提出は次の国会に先送りされました。先送りされたことはよかったと思いますか。
否決だったら問題ですが、じっくり論議することにしたというのであれば問題ありません。

【朝日新聞】ダフ行為

6月17日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。「耕論」のコーナーは「ゆがむチケット転売」と題して、コンサートやスポーツイベントのチケットのダフ行為についてです。

大阪大学准教授・経済学者の安田洋祐氏の「ファン選別し優先販売を」より引用します。

 「価値あるものが高く売れるのは当然だ」「売り手も買い手も納得している転売行為を禁止する必要はない」。チケットの高額転売問題で、こんな極論がインターネットを中心に「経済学から出てくる唯一の答え」として広まっているようで、残念です。
 高額転売に反対する意見広告まで出すアーティストや興行主側は、チケット収入をただ最大化したいだけではないと思います。将来のファンを増やしたかったり、熱狂的なファンに会場で関連グッズを買ってもらいたかったりと、様々です。目的の組み合わせによって、チケット販売の最適な制度設計も変わります。
 その際、最も注意しなければならないのが、売り手と買い手の「情報の非対称性」です。経済学では、取引する際、売り手と買い手の間で持つ情報に格差がある状態をこう呼びます。売り手が情報を豊富に持ち有利な立場に立つこともありますが、この場合は逆です。主催者はだれがコアファンで、だれが転売目的の購入者か、見極めるのは難しいからです。
(略)


ダフ屋が正しいとは思っていませんが、安田氏のいう“極論”も直感的には否定しにくいものを感じます。確かに、資本主義なのですから、売り手と買い手の市場で価格は決定されるべきで、売り手の示す定価に縛られるのは変な感じです。

経済学者が、この極論は経済学から出てくる唯一の答えじゃないよ、と言ってくれるのでその理論が気になります。

しかし、“売り手の買い手の「情報の非対称性」”に注意、といわれても何のことかさっぱり分かりません。

売り手と書いてに「情報の非対称性」があるのはチケットだけではありません。ほぼすべての商品が非対称です。この説明では、ダフ行為のなにがいけないのか分かりづらいです。

単純に、買占めで値を吊り上げるのは駄目、という説明ではまずいのでしょうか。まさか、買占め行為も資本主義のルールでOK、という人はいないでしょう。

買占めでない、例えば急用でいけなくなったチケットの転売などは、資本主義のルールとして認められるべきです。

よって、転売自体は禁止せずに、大量購入を防ぐ仕組みづくりをするのが対策として正しいのだと思います。

【映画】花戦さ

原作は未読です。

華道の家元池坊と秀吉の「戦さ」を描いた歴史映画です。(送り仮名の「さ」をつけた理由は分かりません。原作を読めば分かるのでしょうか?)

秀吉VS利休というのは、映画やドラマでいままで何度も取り上げられてきていますが、この映画では、利休のリベンジマッチとして秀吉VS池坊という構図です。

127分という大作ですが、体感的には長いと感じません。メリハリが効いているからかもしれません。飽きずに観させるというのは悪くない出来なのかもしれません。

しかし、問題点がないでもありません。

主人公の池坊専好は、人の顔と名前が覚えられないという設定です。若年性痴呆症なのかと思いましたが、別に進行性があるわけでもありませんし、覚えていないのは利休とか前田利家とか一部の人だけで、身近の人はしっかり覚えています。なんのために顔と名前を覚えられないという設定にしたのかよくわかりません。

信長の前で大掛かりな松の木を細工したいけばなを披露しましたが、面前で枝が折れてしまいました。普通なら大失態ですが、信長の気まぐれ(?)で大事に至りません。後年(映画のクライマックス)で秀吉の前でも同じように披露した松の枝が折れます。なにか言いたいことがあってわざとそうしたのかと思ったら、本当にアクシデントだったようです。これでは、いけばなの達人ではなく、重量計算ができない学ばない人間にしか見えません。

また、折れた枝を一人で持ち上げる専好というのがわかりません。継ぎ目から折れてしまったのですから、枝を持ち上げるだけでは直りようがありません。意味のわからない行動です。

また、その姿を見て秀吉と家臣が呵呵大笑というのも不可解です。笑うような光景ではありません。問題は、この一連の流れで「花戦さ」に専好が勝利したことになっていることです。これではなぜ専好が秀吉に勝ったのか理解できません。

さらに言えば、秀吉は死ぬまであんな感じで生きていました。専好にやり込められて反省したなどという事実はありません。これも疑問に思わざるをえません。

歴史ものとしてはちょっと疑問ですが、花は素晴らしいもののように見えました。華道に関心がある人にはお薦めします。

【朝日新聞】「日韓首脳会談を望む 五輪機に、観光交流進めて」

6月15日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。「私の視点」のコーナー。コリアNGOセンター事務局長の金光敏氏の「日韓首脳会談を望む 五輪機に、観光交流進めて」より

(略)
 「慰安婦」問題に関する「日韓合意」(2015年)をめぐる反応から、日本では韓国の世論が「反日」一色であるかのような報道がなされがちだ。私は大統領選挙のさなか、韓国で政治家、学者、報道関係者らと意見を交わした。彼らは、日本に対してよりも、当事者である元慰安婦の方々が不在のまま「合意」したことを問題視した。また、合意の背景に、日韓関係の悪化が北朝鮮包囲網に障害となるとみる米国政府の意向があったとの見方も示し、近現代史につながる自国のアイデンティティーをないがしろにした朴槿恵前政権への憤りを口にした。
 私は歴史認識をめぐる対立が、双方のナショナリズムを高める危険性を韓国の人々に指摘した。そのうえで「合意」の履行か破棄か、という単純化した議論は避け、韓国でも一定の評価がある河野談話(1993年)、村山談話(95年)の延長線上に「合意」があると位置づけ、むしろ歴史事実を継承する共同作業を日本側に提案してはどうかと語った。両国の歴史認識を共有するための橋渡しの役割を在日コリアンが担えるとの考えも強調し、多くの共感が得られた。
(略) 
 文大統領は首脳会談で、選挙公約に基づき「日韓合意」の見直しに触れることになるだろうが、大統領も問題の難しさは知っており、言及は抑制的になるのではないか。安倍首相は「合意」履行を主張しつつも、アジア女性基金の際に送った首相名による「おわびの手紙」の再開を、元慰安婦の方々の名誉回復への努力として表明すべきだ。
(略)


金氏はいわゆる在日韓国人です。つまり日本の空気をある程度理解しているはずです。

にも関わらずこの発言にはがっかりしました。

金氏本人は、日本と韓国の間を取り持った意見を言ったつもりなのでしょうが、「歴史事実を継承する共同作業を日本側に提案」は、日本人からみれば合意の破棄です。

“またゴールポストを動かすのか”となり、対韓感情はさらに悪化するでしょう。

そもそも2015年の日韓合意の時には、韓国でも評価する声はあったように記憶しています。少なくとも現在のような反対一色ではなかったはずです。それが一転したのは、金氏の指摘するように朴政権への反感が理由です。

つまり韓国の国内事情です。国内事情が変わったからといって日本に追加処置を求めるのは甘えです。

仮に韓国政府から追加処置の要求が来たとしても、そしてそれが慰安婦像の撤去を交換条件に持ち出したとしても、日本は断固はねつけるべきと考えます。

【時事問題】警察の成人漫画家への申し入れ

毎日新聞の記事から引用します。

成人漫画作者に「配慮を」 
 「放射能の調査」と称し少女の体を触ったとして、埼玉県警に強制わいせつ容疑などで再逮捕された男(35)が「成人向けの同人漫画をまねてやった」と供述したため、県警が漫画の作者に模倣した犯罪が起こらないよう配慮してほしいと要請していたことが分かった。警察が犯罪に模倣されないよう著作物の作者に申し入れをするのは異例。
(略)
 県警によると、矢崎容疑者は今年4月に逮捕され、取り調べの中でインターネットに掲載された男性漫画家の同人作品を模倣したと供述したという。
 県警は今月7日に漫画家を訪ね、作品内容が模倣されないような配慮と、作中の行為が犯罪に当たると注意喚起を促すことなどを要請した。漫画家は「少女が性的被害に遭うような漫画は今後描かない」と了承したという。県警幹部は「表現の自由との兼ね合いもあり難しいが、社会に与える影響を考慮した。同様のケースがあれば今後も申し入れを検討する」としている。


創作物を模倣した事件がおきると、二種類の意見が出ます。

「事件を生む創作物には規制もやむなし」

「創作物がなくても、犯人は同種の事件を起こしたはず」

この事件、容疑者の供述からして模倣したことには間違いないありません。しかし、模倣した漫画がなくても、オリジナルの方法で事件を起こした可能性はあります。手口をまねたのは確かでも、犯罪そのものはまねではないかもしれないという理屈です。

もとの漫画がなければ事件は起きなかったはず、というのも、もとの漫画がなくても事件は起きたはず、というもの両方とも証明できません。

証明できないことなので、どのように感じるかということしか言えませんが、私としては、創作物は現実の人間の営みに影響を与えうる、と思っています。

「アンクル・トムの小屋」がなければ黒人奴隷への同情は集まらなかったと思いますし、「若きウェルテルの悩み」の影響で自殺者が出たのも事実だと思っています。

その意味で、彼の漫画がなければ事件は起きなかったという可能性は無視できません。

しかし、それでも表現の自由を侵す行為には反対です。可能性はあるとしても100%確かではないのです。そんなことで創作の自由を奪ってはなりません。その創作物がいかがわしいものであったとしてもです。

今回の埼玉県警の申し入れは、違法にならないように工夫をしながら、個々の漫画家を狙い撃ちにした卑怯な行為だと考えます。

【言葉】失笑

6月14日朝日新聞朝刊の「特派員メモ」。守真弓特派員の『容姿」発言の波紋 @シンガポール』より

 「私たち3人には共通点がある。みんな女性で、同世代。そして、全員がグッドルッキング(美しい)!」
 稲田朋美防衛相が共に壇上に上がったオーストラリアとフランスの国防大臣に目をやり、こんな「冗談」を言った時、会場で取材していた外国人の記者たちが目を見合わせた。仏豪の両大臣も、心なしかこわばった表情に見えた。
 3日、シンガポールで開かれた「アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)」での演説。フランスのルモンド紙の女性記者は「大臣の容姿の善しあしなんて誰も気にしていない。女性である大臣自身が、女性差別的な発言をしたのに驚いた」。
 容姿の優劣で女性の価値をはかるような物言いは、世界では不適切とされる風潮にある。この日の夕食会でも、稲田氏の「グッドルッキング」発言は「奇妙だった」とひとしきり話題になったそうだ。
 「講演のほとんどは棒読みだったが、あの一文だけは実感がこもっていた。冗談としては面白かった」(英国紙の男性記者)という声もある。確かに会場には笑いが起きたが、失笑も入り交じっているように見えた。(守真弓)


私も長いこと間違っていたのですが、この「失笑」の使い方は誤用だと思います。辞書をひいてみます。

おかしさに耐えきれず、ふきだして笑うこと。
広辞苑


あまりのおかしさに、思わずふき出してしまうこと。
岩波国語辞典


思わずふき出してしまうこと。「---を買う(=自分としてはまともな言行のつもりなのに識者(相手)からはとんでもない事だとして笑われる)」
新明解国語辞典


本来的には「失笑」には馬鹿して笑うという意味はないようです。

「失笑」そのものではなく「失笑を買う」ですが、新明解国語辞典の説明では、馬鹿にして笑われる、という説明になっています。

「失笑」なら肯定的な笑いだけど、「失笑を買う」となると否定的な笑いになるということなのでしょうか。

そこまで複雑なのだとすると、「失笑」の誤用が新聞記者にまで広まるというのも無理はないかもしれません。

それはともかく「失笑」という言葉が肯定的な意味の笑いだと理解しても、例えば

「先週のあなたの講演には失笑しましたよ。アハハ。」

などとは、とても言えません。絶交されちゃいそうです。

【言葉】見本

6月12日朝日新聞夕刊に「線路転落!? どう声かける?」という記事が載りました。引用します。駅員が視覚障害者へなんと声をかけるのかという模索を紹介しています。鉄道各社が視覚障害者への配慮を真剣に考えることが伝わり、よい記事だとは思いますが、ひっかかるところがありました。

 視覚障害者らの線路転落事故を防ぐホームドアの設置が進まない中、「声かけ」の重要性が増している。具体的にどう接し、どう言葉をかければいいのか。鉄道各社は駅員に対する教育を進めている。乗客への見本になり、街に広がればと考えている。
(略)


「見本」に引っかかりました。念の為に辞書をひいてみました。

ある商品・製作品の品質・意匠・効用などを知らせるために、その中から少量を取り出して、示すもの。
(広辞苑)


(ある類のものの)全体の質や状態を推し測らせるために、その中から取り出して示す一部分のもの。「---市」
(岩波国語辞典)


一)全体の質・状態の実例の代表として人に知らせるための現物(模造品)。サンプル。「商品---・新切手の---」
二)代表例。「かれは不良の---だ」
(新明解国語辞典)



どの辞書をみても、「見本」は全体を代表する例(つまりサンプル)という意味であり、「街に広がれば」という意味の良いもの、という意味合いはありません。「不良の見本」などと悪いものにも使っています。

「乗客への手本になり、街に広がればと考えている」と「手本」を使えば日本語としてしっくり来ます。

しかし、新聞の記事は何重もの校閲がかかっているはずで、見落としがあるとは考えにくいです。

もしかしたら「手本」を使うと偉そうに聞こえるという危惧があったのでしょうか。

【時事問題】日韓友好を妨げるものは撲滅されるのか

朝日新聞の記事より引用します。

韓国を訪問中の自民党の二階俊博幹事長は10日、木浦市であった韓国国会議員らとの会合であいさつし、日韓の関係改善を妨げる動きが両国にあるとの認識を示した上で、「一握りの悪巧みをする連中は撲滅をしていくように。韓国の中にも一握りだけでもいるかも知れないが、見つけたら撲滅して」と述べた。
 日韓の友好を訴える文脈で語ったが、慰安婦問題などの懸案を両国が抱えているだけに、発言は波紋を呼ぶ可能性がある。
(略)


「撲滅」という言葉は二階氏の勇み足なのかもしれません。しかし、日韓友好の妨げになる人間を排除すべき敵と認識しているのは確かなようです。

きわめて不穏当な認識です。

相手が韓国ではなく、ロシアとか英国だったと仮定してみます。

ロシアがきらいな日本人を日露友好の妨げだから撲滅してしまえ、と言うでしょうか?

日本を嫌いな英国人を日英友好の妨げだから撲滅してください、と言うでしょうか?

そんな発想にいたるはずがありません。

“彼らの言い分は言い分として友好関係のためにせめて中立化できないか”、あるいは現在嫌いな人たちは仕方の無いこととあきらめ、“若い世代に親露感情を育てよう”とか、“親日感情を育ててもらいたい”という考えるのが普通です。

韓国相手(もしかしたら対中国もかもしれませんが)の言論は、異様にねじくれています。

韓国を嫌いといったらまるで非国民あつかいです。

【映画】ローガン

X-MENシリーズのスピンオフシリーズであるウルヴァリンシリーズの最新作です。この映画で主演のヒュー・ジャックマンはウルヴァリン役を降りるとのことです。したがって、ウルヴァリンシリーズの最後でも、X-MENシリーズの最後でもないはずです。しかしながら、この映画がミュータントの終焉を描いているため、シリーズの最後かもと感じさせてしまいます。現実的にこの結末から続きを作るのは難しいように思います。

のっけから治癒能力を半ば失い衰えたウルヴァリンに驚きますが、寝たきりで痴呆が進んだかのようなプロフェッサーXにさらに衝撃を受けます。ウルヴァリンがプロフェッサーXを介護する様は、これまでのシリーズを知っているファンには目を背けたくなる光景です。

これまでのシリーズと異なり、ミュータントは人間に対して絶対的な力を持っていません。これはシリーズの根幹に触れる設定です。

さらに、この作品ではX-MENのコミックが売られています。現実のミュータントの闘いに想を得て描かれている、という設定です。これも禁断に触れるような設定です。

シリーズを観てきたファンには問題作と思える内容です。シリーズを知らない人は観てもちんぷんかんぷんだと思います。

【時事問題】警察幹部は何を謝罪したのか?

福岡で、母子3人が不審な死に方をして、父親の警察官が妻を殺した容疑で逮捕されました。なお、この警察官は容疑を否認しています。

この件で、福岡県警の幹部が謝罪しています。

朝日新聞の記事より引用します。

(略)
 「職員がこのような重大な犯罪で逮捕され、県民のみなさんに心よりおわび申し上げます」
 午後7時に始まった会見の冒頭、報道陣約50人が集まる中、県警の久田誠・警務部長はそう口にし、同席した近藤康徳・首席監察官らとともに、約3分半にわたって頭を下げ続けた。
(略)


正直言って、なんで謝っているのかさっぱりわかりません。

一職員が勤務時間外に犯罪をしたというだけです。警察組織の不祥事ではありません。

無実の人間を間違って逮捕してしまったとか、預かっていた証拠品を盗まれたとかいうのとは違います。

無理に想像すれば、県民の信頼を裏切ったから、ということでしょうか。

しかし、仮に幹部に県民が寄せていた信頼を失墜させた責任があるとしても、謝る相手は真面目に働いている他の警察官に向けてとなるはずです。

百歩譲って、幹部が報道陣に謝るべきとしても、3分半も頭を下げる(下げさせる)というのは度を越しています。

真摯な謝罪というより、芝居がかってみえました。

【テレビ】クロ現+「2兆円↑アニメ産業 その影で・・・」

6月7日NHKの「クロ現+」は「2兆円↑アニメ産業 その影で・・・」。隆盛を誇るアニメ業界の裏側で低賃金にあえぐアニメーター(アニメの絵を描く人)の実態に迫ります。

・市場規模は2兆円を超えたが、制作会社の売上は2000億円前後で伸びていない。
・これは制作委員会方式のため。関連商品や海外展開の儲けが出資した政策委員会が受け取り、実際にアニメを作った制作会社の儲けにつながらない。
・制作会社の4社に1社が赤字。
・年収110万円のアニメーターの事例が紹介された。薄給だが好きな仕事なので頑張っている。
・絵一枚200円が相場。1日20枚が限界。
・アニメーターの4割がフリーランス。正社員は15%。
・業界全体でのアニメーターの平均年収は333万円
・労働基準監督署も動き出している。
・徹底した業務管理で効率化をはかっている制作会社もある。
・CGの活用で、労働時間の削減をはかっている制作会社もある。
・識者からの提言として「健全な制作会社に対する税制優遇処置をつくる(外国で例があるそうです)」「テレビ局は制作費を今の倍にしろ」というのがありました。

■感想
紹介されたかけだしのアニメーターの年収が110万円だそうですが、業界全体では300万を超えています。仮に4割を占めるフリーランスの平均が110万円なら、残りの非フリーランスの年収は500万弱となります。これは決して、高収入ではありませんが恥ずかしいような年収ではありません。

駆け出しの若手とベテランとで年収格差があるのは、ある程度までならむしろ健全といえます。

アニメーターから作画監督や演出家という道をたどることもできるという現実に触れていません。

年収110万はたしかに低賃金で問題だと思います。しかし、奴隷みたいな人生しかない、というわけでもないはずです。極端な例(かけだしの人が年収110万)を紹介して、業界全体を見せていません。

また、作品がヒットしたら出資者(制作委員会)が儲けをとるのは、どの業界でも当然です。出資にはリスクがあるのですから。

【ウルトラセブン】第二十一話:「海底基地を追え」

アイアンロックス登場

海底に沈んだ鉄くずを再利用して巨大爆弾ロボット(アイアンロックス)が今回の敵です。

世界の海での異変の知らせがパリ本部からもたらされます。(ウルトラ警備隊の本部はパリでした。「ウルトラマン」の科特隊と同じです。パリによいイメージがあったのでしょうか?)

そしてついに日本の海に戦艦大和を元にしたアイアンロックスが現われ、港町を砲撃します。大和の砲はもっと長距離まで届いたはずですが、アイアンロックスに改造されて射程が短くなったのかもしれません。

それにしても港町を砲撃して何がしたいのでしょうか。戦略的意味が不明です。太平洋戦争中の空襲のイメージなのかもしれません。

宇宙人や怪獣相手ではないので、地味な感じの回でした。

【時事問題】パリでかなづちテロ

6月7日朝日新聞の記事の引用です。

 AFP通信などによると、パリの観光名所ノートルダム寺院前の広場で6日午後、警官がハンマーを持った男に襲われ、負傷した。襲われた警官の同僚が男を銃撃し、拘束したという。容疑者の素性や、犯行理由は不明。ロイター通信によると、仏検察の対テロ部門が捜査を開始した。
 事件当時、広場周辺には数百人の市民がいたが、警察は避難を促して現場一帯を封鎖し、付近に近づかないよう市民に呼びかけた。
 ニュース専門局BFMTVによると、男はリュックサックからハンマーを取り出し、巡回中の警官の頭を殴りつけた。同僚の警官が2度発砲し、男はその場に倒れたという。襲われた警官の命に別条はないという。
(略)


中東の人たちには、ヨーロッパでのテロ事件は世界中に大々的に報道されるのに中東でのテロは省みられない、という不満があるそうです。

しかし、長いこと平和だったパリやロンドンでのテロが、戦乱の地でのテロよりニュース価値があるとされるのは仕方ないことです。また、マスコミには編集権があり、なにを重要とみなして伝え、なにを無視するかというのを決める権利があります。

とはいいつつも、この事件の報道はちょっと度を越えています。

単に、暴漢がかなづちで警官を殴った、というだけです。死んでもいません。背景に思想があろうがなかろうが、しょせんそれだけの事件です。背景にテロ思想があったにせよ、大した事件ではありません。

この程度の事件を大々的に報じているのは、根底に差別意識があると思わずにはいられません。

話は変わりますが、かなづちで殴ったぐらいで(飛び道具は持っていないのに)警官が銃を2発も撃つというのはすさまじいです。パリの警官っていうのは前からこうなのでしょうか。

【世論調査】朝日新聞:東京都民向け世論調査

6月6日朝日新聞朝刊に、東京都民向けの世論調査の結果が発表されました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、4月1、2日の調査結果)

◆あなたは、東京都の小池百合子知事を支持しますか。支持しませんか。
 支持する70(74)
 支持しない13(15)
 その他・答えない17(11)

◇(「支持する」と答えた70%の人に)その理由は何ですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 政策5〈3〉
 改革の姿勢や手法42〈29〉
 人柄や言動12〈8〉
 これまでの知事よりもよい40〈28〉
 その他・答えない1〈2〉

◇(「支持しない」と答えた13%の人に)その理由は何ですか。(択一)
 政策19〈2〉
 改革の姿勢や手法35〈5〉
 人柄や言動28〈4〉
 これまでの知事の方がよい8〈1〉
 その他・答えない10〈1〉

◆あなたは、小池知事に何に一番力を入れて取り組んでほしいと思いますか。(択一)
 景気・雇用14(15)
 行政改革28(31)
 子育て・福祉28(30)
 オリンピックの準備11(7)
 築地市場の豊洲移転問題16(15)
 その他・答えない3(2)

◆あなたは、7月に行われる東京都議会の議員選挙に、どの程度関心がありますか。(択一)
 大いに関心がある44(37)
 少しは関心がある49(51)
 関心はない7(12)
 その他・答えない0(0)

◆仮に今、都議選の投票をするとしたら、あなたはどの政党の人に入れたいと思いますか。(択一)
 自民党27(31)
 民進党8(7)
 公明党5(4)
 共産党6(7)
 日本維新の会1(1)
 社民党0(1)
 都民ファーストの会27(20)
 生活者ネットワーク1(1)
 無所属4(7)
 その他の政党0(1)
 答えない・分からない21(20)

◆あなたは、都民ファーストの会や公明党など小池知事を支持する勢力が、こんどの都議選で議席の過半数を占めた方がよいと思いますか。占めない方がよいと思いますか。
 占めた方がよい53
 占めない方がよい29
 その他・答えない18

◆あなたは、都民ファーストの会に、衆議院選挙など国政選挙でも候補者を立てて、国政に進出してほしいと思いますか。進出してほしくないと思いますか。
 進出してほしい37
 進出してほしくない43
 その他・答えない20

◆築地市場の豊洲移転をめぐる問題についてうかがいます。あなたは、築地市場の豊洲への移転を今後も目指すべきだと思いますか。やめるべきだと思いますか。
 今後も目指すべきだ53(55)
 やめるべきだ31(29)
 その他・答えない16(16)

◇(「今後も目指すべきだ」と答えた53%の人に)それでは、豊洲市場へは、今の状態で移転してよいと思いますか。それとも、さらに安全対策をとった上で移転するべきだと思いますか。
 今の状態で移転してよい31〈16〉
 さらに安全対策をとった上で移転するべきだ66〈35〉
 その他・答えない3〈2〉

◆小池知事は「豊洲市場は、法的に安全な水準を満たしているが、消費者の安心を得られていない」として移転の判断を先送りしています。あなたは、小池知事が判断を先送りしていることを評価しますか。評価しませんか。
 評価する54(54)
 評価しない35(37)
 その他・答えない11(9)

◆築地市場の豊洲移転問題について、自民党や公明党などは都議選の公約で方向性を示していますが、都民ファーストの会は方向性を示さず、小池知事の判断にまかせる方針です。あなたは、こうした姿勢は妥当だと思いますか。妥当ではないと思いますか。
 妥当だ41
 妥当ではない46
 その他・答えない13

◆東京オリンピック・パラリンピックの開催経費についてうかがいます。あなたは、国や他の県などとの開催経費の分担をめぐる小池知事の対応を、評価しますか。評価しませんか。
 評価する63
 評価しない24
 その他・答えない13

◆東京都議会の役割についてうかがいます。都議会には東京都の行政をチェックする役割があります。あなたは、都議会がこの役割を果たしていると思いますか。果たしていないと思いますか。
 果たしている21
 果たしていない60
 その他・答えない19

◆あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する52
 支持しない40
 その他・答えない8

◆あなたは、今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
 自民党37(37)
 民進党8(6)
 公明党5(3)
 共産党5(5)
 日本維新の会1(1)
 自由党0(0)
 社民党0(1)
 日本のこころ0(0)
 都民ファーストの会3(2)
 その他の政党1(1)
 支持する政党はない31(33)
 答えない・分からない9(11)
     ◇
 〈調査方法〉 3、4の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、東京都内の有権者を対象に調査した。有権者がいる世帯と判明した番号は1676件、有効回答は957人。回答率は57%。


この調査が私のところに来たと想定して回答してみます。

>◆あなたは、東京都の小池百合子知事を支持しますか。支持しませんか。
支持しません。

>◇(「支持しない」と答えた13%の人に)その理由は何ですか。(択一)
「改革の姿勢や手法」に問題を感じます。前の知事は独断専行で、良くも悪くも政治を実行していましたが、今の知事はすべてを停滞させている感じです。

>◆あなたは、小池知事に何に一番力を入れて取り組んでほしいと思いますか。(択一)
「築地市場の豊洲移転問題」です。いまだに決められないというのは大問題です。

>◆あなたは、7月に行われる東京都議会の議員選挙に、どの程度関心がありますか。(択一)
関心ありません

>◆仮に今、都議選の投票をするとしたら、あなたはどの政党の人に入れたいと思いますか。(択一)
決めていません。

>◆あなたは、都民ファーストの会や公明党など小池知事を支持する勢力が、こんどの都議選で議席の過半数を占めた方がよいと思いますか。占めない方がよいと思いますか。
占めない方がいいです。

>◆あなたは、都民ファーストの会に、衆議院選挙など国政選挙でも候補者を立てて、国政に進出してほしいと思いますか。進出してほしくないと思いますか。
進出するのは勝手ですが、支持はしません。

>◆築地市場の豊洲移転をめぐる問題についてうかがいます。あなたは、築地市場の豊洲への移転を今後も目指すべきだと思いますか。やめるべきだと思いますか。
目指すべきです。

>◇(「今後も目指すべきだ」と答えた53%の人に)それでは、豊洲市場へは、今の状態で移転してよいと思いますか。それとも、さらに安全対策をとった上で移転するべきだと思いますか。
専門家が今のままで安全だと言っているなら今の状態で移転すべきです。無駄な経費を使うべきではありません。

>◆小池知事は「豊洲市場は、法的に安全な水準を満たしているが、消費者の安心を得られていない」として移転の判断を先送りしています。あなたは、小池知事が判断を先送りしていることを評価しますか。評価しませんか。
評価しません。安全なのに都民が安心しないというなら、政治家が説得すべきです。

>◆築地市場の豊洲移転問題について、自民党や公明党などは都議選の公約で方向性を示していますが、都民ファーストの会は方向性を示さず、小池知事の判断にまかせる方針です。あなたは、こうした姿勢は妥当だと思いますか。妥当ではないと思いますか。
妥当ではありません。まさか都議選にまで引っ張るとは思っていませんでした。

>◆東京オリンピック・パラリンピックの開催経費についてうかがいます。あなたは、国や他の県などとの開催経費の分担をめぐる小池知事の対応を、評価しますか。評価しませんか。
紆余曲折のあった経緯は評価しませんが、結論は正しいと思います。

>◆東京都議会の役割についてうかがいます。都議会には東京都の行政をチェックする役割があります。あなたは、都議会がこの役割を果たしていると思いますか。果たしていないと思いますか。
よく知りません。

>◆あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。

>◆あなたは、今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。

【朝日新聞】『「民際」の縁を心に刻んで』

6月2日朝日新聞朝刊オピニオン欄。社説余滴のコーナー。社会社説担当の中野晃氏による『「民際」の縁を心に刻んで』です。

 この春、日本では、朝鮮半島であすにも軍事衝突が起きるかのような報道が一部で続いた。北朝鮮のミサイル発射で地下鉄が止まり、韓国への旅行の取りやめや修学旅行の延期も相次いだ。
 私は連休中の3日間、前任地の韓国で過ごした。在日3世として育ち、今はソウルで結婚写真業を営む若い友人は日本からの客でキャンセルが出ていると嘆いた。ふだんと同じ日常が続いているのに。
 対応の違いの背景に、情報の偏りがあるのではないか。京都の立命館大を今春に卒業し、日本の大手芸能プロダクションの正社員になったソウル出身の魯成恩さん(25)の話を聞き、改めて感じた。
 劇場の裏方などの研修中、周囲から「韓国の両親は大丈夫か」と心配されて戸惑いつつ、こうも思ったという。
 「韓国でも日本のことをよく知らない人は『嫌韓』の日本で暮らして大丈夫かと聞いたりします。メディアが伝える断片のイメージが互いに誤解を広めていると感じます」
 アイドルグループの「嵐」が好きで日本語の勉強を始めた彼女のように、韓国の今の若者は日本の大衆文化に触れて育った。魯さんが6歳の1998年、訪日した金大中大統領が小渕恵三首相と日韓共同宣言を発表。韓国で日本の大衆文化の開放が始まり、ネットも浸透を後押しした。
 共同宣言から今年で20年目。韓国を訪れるたび、多様な日本文化の定着を感じる。書店には村上春樹や東野圭吾らの翻訳本が並び、ベストセラーの一角も占める。
 半面、韓国の作家と問われて名前が浮かぶ日本人はどれだけいるだろう。日本の書店で韓国・朝鮮コーナーの背表紙を見るたび、話題の狭量さと過激な文言に失望する。
(略)


日本で報道されたものからの想像と現地の実情が違うというのはあり得ることです。しかし、それは韓国だけではありません。日本でニュースを見ていると、イギリスではテロが吹き荒れてるように感じます。多分、現地の英国人は毎日学校や職場に普通に通っているのでしょう。

文化の流入が双方向的でない、というのも韓国との間だけのことではありません。日本の書籍ではシェイクスピアやアガサ・クリスティーの本が並んでいますが、多分英国では日本人の本は珍しいでしょう。

つまり、中野氏が反省しているものは日本と韓国の関係だけでなく、ほぼすべての国との間で起きていることです。

にも関わらず、韓国だけを特に取り上げ問題視するというのが私にはさっぱり理解できません。

韓国なんか無視しろ、と言っているわけではありません。外国の一つとして普通に接しろ、というのが私の主張です。

【朝日新聞】「読書の感動大人が伝えて」

6月2日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。「私の視点×4」のコーナー。立正大学非常勤講師望月由孝氏の「読書の感動大人が伝えて」より

毎日の読書時間「0」という大学生が半数に達したという。私も、教職志望なのに外国の古典文学を一冊も読んだことがないという学生によく接する。聞くと、読書の面白さ、大切さを学んでいない。逆に言えば、教師がきちんと伝えていない。ここに読書離れの最大の理由があると思う。
 私はかつて社会科教師として41年間、高校で教えた。新任の時も書籍や新聞を読んでいない生徒が多かった。そして、首相の名前といった社会常識を知らなかった。活字を読む大切さを伝える必要性を感じた。
 ただし、単に「読みなさい」では通じない。私は、自分が小学生の頃から読み感動した無数の書籍の中から、ぜひ読んでほしい小説やルポルタージュなどを精選し、授業やホームルーム、部活動の時間などに話した。すると、紹介した書籍を図書館で借りたり、購入して読んでくれたりする生徒が出現した。後に死刑が執行された永山則夫被告の「無知の涙」には、己の無知を自覚し獄中で猛勉強を始めた彼の姿勢に共鳴する生徒が続出した。
 さらに、若いうちに読んでほしい書籍を一覧表にして配布もした。歴史書からルポまで、テーマも憲法や基地問題とさまざま。いい作品はマンガでも取り入れた。一度、活字に興味を抱いた生徒は、授業にもしっかり取り組むようになる。
(略)
 親も同じだと思う。驚嘆や発見、納得があった書籍を上手に子どもたちに伝える。その地道な積み重ねが子どもたちの読書への興味を増やすと確信している。読書時間「0」の解消は、大人たちの責任である。


普通に考えて、好奇心が旺盛な人間の方がそうでない人間より知識量は多くなります。そして好奇心が旺盛なら人はたいてい読書でその欲を満たすと思われます。

昨今はネットの発達があるので本という形式にこだわる必要はないという意見もありますが、信頼度においてまだに本の方が勝っているのが現実です。

ゆえに知的な人は読書をする、というのは一般的にいえます。例外もあるのでしょうが、一般的にはこれが真実です。

その意味で望月氏の問題意識もわからないではありませんが、いわゆる「必読書」リストに効果には疑問があります。

私だったら、学校の教師に「必読書」リストを渡されたらゲンナリして読書する気がなえます。

読書は時間もとられますし労力もかかります。したがって、自分の読みたいものを自分で見つけることでしか本当の読書習慣は身につかないでしょう。

望月氏の影響で読書が好きになった子供もいるのは分かりますが、それは望月先生と良好な関係を結べた生徒だけでしょう。彼らからすれば「上」からリストを渡されたのではなく、人生の先輩からのお薦めだからです。

教師と壁のない関係を築けない多くの子供にとっては、無理矢理やらされる読書は苦痛でしかありません。

その意味で、読書感想文の課題というのは即刻やめてほしいものの一つです。あれは読書嫌いを量産しているとしか思えません。

【朝日新聞】「全面禁煙で公害化を止めよ」

6月2日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。「私の視点×4」のコーナー。米ハーバード公衆衛生大学院教授イチロー・カワチの「全面禁煙で公害化を止めよ」より。名前からいって日系米人だと思います。

 受動喫煙対策を強化する法改正を巡り、自民党が5月20日、「未成年が立ち入らなければ、飲食店は『喫煙』『分煙』などの表示つきで喫煙を認める」という案を提案した。
 日本での受動喫煙を巡る議論は、たばこの煙を吸いたくない非喫煙者の「権利」と、たばこを吸いたい喫煙者の「権利」を争う構図が描かれがちだ。だが、受動喫煙は権利の問題を論ずる段階ではもはやない。
 日本では受動喫煙が原因で約1万5千人(推定)が毎年亡くなっている。交通事故死の3倍を超す死者が出ている受動喫煙は、現代日本の「公害」である、と言っても過言ではない。
 (略)
 毎年3月、ハーバードの学生による「ジャパントリップ」という日本への視察旅行がある。ハーバードの学生は、日本の清潔さや健康的な食事を目にして、「世界で最も健康な国」のひとつである日本の暮らしぶりに感心する一方、飲食店に入り、まだ喫煙できることに衝撃を受ける。世界の多くの国の飲食店は全面禁煙が「標準」だからだ。
 日本が「健康な国」であり続けるためにも、受動喫煙が現代日本の公害とならないためにも、飲食店の全面禁煙を実現するべきだ。


私は煙草は吸いません。隣で吸われるのも愉快ではありません。しかし、カワチ教授の論には釈然としないものを感じました。

他人に迷惑をかけるな、というのは世の道理です。しかし一方で、世の中ではある程度のことは我慢すべし、という道徳律もあります。迷惑をかけるな、だけでは息苦しい世の中ですし、我慢ばかりを強制されるのも同じです。この二つの道徳律は矛盾していますので、その時代時代で折り合いをつけていく必要があります。

喫煙は迷惑だから止めろ、という考えは徐々に広がりいまや飲食店での全面禁煙までも視野に入っています。

そのこと自体に異論はありませんし、むしろ賛成なのですが、多少のことは大目にみて我慢すべし、という考えが省みられなくなっていることも感じずにはいられません。

カワチ教授の論のどこに釈然としないかというと、受動喫煙で1万5千人が死んでいるという推定を出しながら、飲食店の全面禁煙化によって受動喫煙の死者がどれだけ減るかという推定値がないことです。うっかりすると、飲食店を全面禁煙にすると死者が0人になるかのように錯覚してしまいます。「数字」の悪用です。

また、飲食店の禁煙化という点では日本はまだですが、路上禁煙では逆に日本が先行しているとも聞きます(世界の事情はよく知りませんのでマスコミの受け売りですが)。

にもかかわらず、カワチ教授は世界の「標準」に達しない日本に教えを垂れるという構図にいびつさも感じずにはいられません。

【ウルトラセブン】第二十話:「地震源Xを倒せ」

シャプレー星人登場

前回のバド星人はかっこ悪かったですけど、今回のシャプレー星人はかっこいいです。けれど、かっこはいいだけでウルトラセブンと戦えるほどの強さはありません。ウルトラ警備隊にあっさりと倒されました。ウルトラセブンと戦うのは怪獣ギラドラス。すでにシャプレー星人は死んでいるのですから、目的もなく暴れています。あわれなものです。

もっともシャプレー星人自体、目的がわかりません。悪そうな台詞をはいていますので侵略が目的だとは思いますが、具体的な作戦はさっぱりわかりません。

地球人に化けて、偏屈な地球人学者の助手をしていました。たぶん毎日毎日怒鳴られていたのでしょう。もしかしたら平和的理由で地球に潜入していたのに、いじわるじいさんにいびられ続けて地球人に頭にきたのかもしれません。

【朝日新聞】「スポーツ嫌いの子 だめですか」

6月1日朝日新聞朝刊。社会面の「ニュースQ3」のコーナー。今回のテーマは「スポーツ嫌いの子 だめですか」より。

スポーツ庁の昨年度の調査によると、運動やスポーツが「嫌い」か「やや嫌い」な中学生は16.4%。微増傾向にある。このままでは将来、運動しない大人が増えてしまうと、同庁は3月、5年かけて8%に半減させる目標を「スポーツ基本計画」の中で打ち出した。
この計画が報じられると、「強制しないでほしい」、「余計嫌いになる」「嫌いで何が悪い」などの意見がネットで飛び交った。
スポーツが嫌いになるのは、体育の授業にも原因がありそうだ。
(略)
スポーツ庁の鈴木大地長官は、1988年ソウル五輪競泳金メダリスト。反発の声に「普段どうしてもスポーツが好きで推進する立場の人の意見ばかり耳に入ってくるが、これからは嫌いな人の意見ももっと聞かないと」と話している



長くなるので引用を省略しましたが、体育の授業があった子供のころはスポーツが嫌いでも、大人になって運動が好きになったという人が何人も紹介されています。

私自身も、学校に行っている間は体育が嫌いでしたが、大人になったら自転車通勤やプール通いなどをしています。たぶん人生で今が一番運動をしています。

これらの例から考えると、スポーツが嫌いな中学生が微増しているからとといって「運動しない大人が増えてしまう」というのは短絡的です。

子供の頃にスポーツ嫌いは、大人になっても嫌いなはずという勝手な先入観を捨て、現在運動をしていない大人がどういう子供時代をすごしてきたかという調査が必要です。案外スポーツ大好き少年がメタボ中年になってしまっているのかもしれません。


スポーツ庁長官がスポーツ好きの人の話ばかり聞いていたというのは噴飯ものです。嫌いであることがいけないという問題意識を持つなら、嫌いな人がなぜ嫌いなのかを分析すなければいけません。「嫌いな人の意見ももっと聞かないと」ではなく、嫌いな人の意見こそを聞かなければいけないのです。

五輪選手あがりの政治家には難しいかもしれませんが、スタッフの官僚は何をしているのかと思いました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle