【ウルトラセブン】第二十四話:「北へ還れ!」

カナン星人登場

またも女宇宙人です。人間に化けてはいませんが、声は若い女性です。北極を勝手に領土にして、領土に侵入してきた飛行機を墜落させるカナン星人です。

やってることはテロリストですが領土を設定し防衛を始めるところは、21世紀のIS(イスラム国)の先取りみたいです。

フルハシ隊員はウルトラホーク3号で北極をパトロールしていましたが、カナン星人にホーク3号の制御を乗っ取られます。同時に飛んでいた民間機も制御を奪われ衝突コースに乗せられます。

ホーク3号に時間起動の自爆装置を作動させフルハシ隊員は脱出をはかりますが、脱出装置も動きません。

民間機を守るためにこのまま自爆させるべきなのか、という子供番組とは思えないような深刻な事態です。

しかも偶然、フルハシ隊員の母親がフルハシ隊員を訪ねて北海道から上京していました。まさか母親に現状を説明するわけにもいかず、深刻さの倍増です。

ウルトラセブンの活躍でなんとかフルハシ隊員も民間機も救われます。しかし次回明かされる真実ですが、ウルトラセブンは寒さに弱い、という弱点がありました。このためか、モロボシ・ダンは、まずカプセル怪獣ウインダムで様子をうかがいます。しかしウインダムというのロボットなので、カナン星人に乗っ取られるという危険な事態でした。

ところで、制御を取り戻したホーク3号と民間機と衝突寸前に回避行動をとりますが、すれ違った瞬間は、まだ自爆装置のカウンターはゼロになっていません。これでは、従容とホーク3号を自爆するにまかせていたとしても、民間機との衝突していたはずです。自爆装置もカナン星人に制御を奪われていたのかもしれません。
スポンサーサイト

【展覧会】ベルギー奇想の系譜

副題は「ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」
於:Bunkamuraザ・ミュージアム

パンフレットにはボスの絵ですが、扱っている作品は15世紀から現代まで幅広いです。すべてベルギーとその周辺の絵画で、「奇想」と呼ぶべき、不可思議なものの系譜です。

テーマ性のはっきりした展覧会です。みごたえがありました。

なぜか外人客が多かったように思います。観光客なのか滞在外国人なのかわかりません。外人が係員に英語で「場内での撮影はいいですか?」と質問していましたが、係員さんもきちんと英語で応対していました。近頃のこういう職種は英会話は必須みたいです。

音声ガイドは声優の速水奨さんでした。

9月24日まで

【朝日新聞】あいかわらずの鳩山元首相

7月28日朝日新聞朝刊。「平成と天皇」特集。首相経験者に天皇への思いを聞く特集です。今回は鳩山由紀夫氏。

 ――2009年、習近平・中国国家副主席(当時)による天皇陛下への特例会見で批判を受けました。
 「天皇陛下のご健康には気をつけなければならないが、隣国の次のリーダーがどうしても会いたいというなら、杓子定規にルールを当てはめず、特例として会見を認めるべきだと考えた。会見をめぐり日本が配慮してくれたという思いがあるかどうかは、習体制になった後の日中関係のスタートにも影響を与えたはずだ。習氏からはその後、2人で食事をした時に感謝を伝えられた。結果的に正しかったと信じている」
 ――憲法は天皇の国政関与を禁じています。政治利用とみられる行為は慎むべきではありませんか。
 「純粋に国益を考えた結果で、政治利用という発想はなかった。当時の小沢一郎・民主党幹事長が『陛下ご自身に聞いてみたら、会いましょうと必ずおっしゃると思う』などと述べたのは行き過ぎだったかもしれない。しかし、習氏との会見は、平和を願う陛下が象徴天皇として行ってきた公的行為の方向性にも合致していたのではないか」
(略)
一方、第2次安倍内閣は13年、サンフランシスコ講和条約が発効した4月28日に政府主催の「主権回復の日」の式典を開き、天皇、皇后両陛下のご臨席を求めた。この日に本土から切り離された沖縄の感情を無視する式典で、陛下のお気持ちにも反していたのではないか。こちらの方がよほど、政治利用の謗りを免れない」
(略)


ルーピーとあだ名されるだけのことはあります。

習近平氏から2人で食事をした時に、つまり個人的に感謝されたから、結果的に正しかったというのは噴飯ものです。それでは国益ではなく、鳩山氏の個人益ということに過ぎません。

習近平体制になってから中国の反日は激化しています。結果的に国益にならなかったのはあきらかです。

中国との関係は措くとして、ルールを破って政治的な場面に天皇を使うのが政治利用です。これを許せば、権力者が天皇の名で好き勝手に振舞うことを防げなくなります。天皇制を擁護する立場からも、逆に天皇制を廃止したい立場からも、そろって天皇の政治利用は糾弾しなければなりません。

「主権回復の日」が天皇のお気持ちに反していた可能性はあります。しかし、ルールに反してはいません。「主権回復の日」とルール無視の会見のどちらが、天皇のお気持ちを無視したかが問題なのではありません。

「こちらの方(「主権回復の日」)がよほど、政治利用の謗りを免れない」というのはまるで理屈になっていません。

百歩譲って「主権回復の日」が政治利用だったとしても、習氏との会見が政治利用で無かったことにはなりません。

【朝日新聞】民進党への提案

東京都議選の敗北の責任をとって民進党の野田幹事長が辞任するのは馬鹿げている、と一昨日書いたら、昨日になって党首まで交代するというニュースが飛び込んできました。

さて、7月27日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。「あすを探る」のコーナーで、一橋大教授(政治学)の中北浩爾氏が「民進党は何を間違えたのか」として、低迷している民進党への打開策を提案しています。

(略)
結局、民進党が求心力を取り戻すには、政権交代という目標を設定し、戦略を立てるしかない。そして、その本気度を示すには、民主党政権の栄光と挫折の経験を正面から引き受けるべきであろう。例えば、政権を一緒に担った自由党や社民党と合流して、再び民主党を結成してもよい。「悪名は無名に勝る」ともいう。かつて二度の政権交代を導いた小沢一郎元代表と和解するぐらいの度量が、少なくとも不可欠だ。
 今月初めの朝日新聞の世論調査によると、自民党に対抗できる政党が「必要だ」という回答が82%にも上っている。安倍内閣の支持率が急激に低下するなか、こうした有権者の声に応えるためにも、民進党に立ちすくんでいる余裕はない。


政権交代を目標にするのは結構ですが、それがなんで小沢一郎氏と合流することになるのかよくわかりません。

「例えば」と言って提案したものを、「少なくとも不可欠だ」とするのは論理が間違っています。

そもそも小沢一郎氏の政党は、基本的に支持率0%です。支持者が地域的な偏在しているため選挙では支持率以上の結果を出せますが、全国的にならすと弱小政党にすぎません。

支持率0%は社民党も似たようなものですが、社民党の不支持層はたいして厚くありません。悪く言えば無視されていますが、よく言えば社民党との合流は足し算の効果が期待できます。

不支持層が厚いのは共産党も同じですが、共産党には一定以上の支持層があります。

ところが、小沢氏の政党は支持率が低く、不支持率が高いのが特徴です。社民と共産の悪いところを合わせ持っています。

小沢氏の政党(というより小沢氏)と、合流すると引き算が発生します。

社民党との合流は意味があります。もしかしたら共産党と仲良くすることもあり得るかもしれません。しかし小沢一郎氏との和解はまったくの愚作です。一部のインテリがいまだに小沢一郎氏を持ち上げているのは実に不可解です。

【朝日新聞】慰安婦問題を未解決とする日本人が53%もいるの?

7月27日朝日新聞朝刊の総合面に、日韓共同世論調査の記事が載りました。

 日韓両国で互いの印象などについて4年前から毎年世論調査をしている日本のNPO法人「言論NPO」と韓国のシンクタンク「東アジア研究院」が21日、両国で実施した今年の世論調査結果を発表した。慰安婦問題が一昨年末の日韓合意によっても「解決されなかった」とする答えが日本で53%、韓国で75%にのぼり、なおも隔たりが大きいことが示された。
 調査は6~7月に実施し、18歳以上の約千人ずつから回答を得た。
 日韓合意を「評価しない」としたのは日本側で25%、韓国側で55%。韓国側で理由を複数回答で問うと、最多は「慰安婦の意見を反映せず合意した」の77%だった。また、日本側で日韓合意への韓国人の不満をどうみるかを尋ねたところ、「理解できない。合意を結んだ以上は履行すべき」が最多の49%で、「なぜ不満があるのかわからない」の22%とあわせ約7割にのぼった。「日韓合意を知らない」が14%で続いた。
 (略)


詳細な調査結果はここにありました。

気になったのは、日本で53%もの人が日韓合意を「解決されなかった」としているところです。

その一方で、日本が日韓合意への韓国人の不満についてどう思うかとたずねたところ、大本の数字をみると

理解できる。韓国側の意見をもっと取り入れて合意内容を修正すべき 9.4%
理解できない。合意を結んだ以上、日韓両国は合意を尊重しきちんと履行すべき 49.3%
なぜ韓国の人たちがこの合意に不満があるのかわからない 22.6%
そもそもこの日韓合意のことや、韓国の人たちの中に不満があることを知らない 14.2%


となっています。

ここから考えるに、日本で「解決されなかった」という53%は、“韓国はまだ文句いってやがる”という意味であって“合意内容に不足や不満がある。もっと韓国の意見を聞け”という意味ではないように見えます。

似たような状況に「領土問題」という言葉があります。

例えば、尖閣問題だと、日本が実効支配をしているところに中国が不服を言っているという状態です。これを指して日本政府の見解は、“領土問題は存在しない”というものになります。

自然な言語の意味だと、たとえ日本の主張が正しいと思っていても、中国が異議を唱えているのですから“領土問題はあります”と答えたくなります。しかし、外交での言葉としては、この発言はいけません。

自然な言語と、政治上の言葉の違いです。

この世論調査の設問文(“慰安婦問題は解決したのか”)をどういう意味で質問しているのかがあいまいなため、あたかも日本人の半分が韓国に同調しているかに見える結果になったのだと思います。

正しくは、慰安婦合意をさらに韓国の納得いくようにすすめるべき、と考えているのは9.4%。これ以上の妥協を認めないというのが71.9%です。

これが日本の世論です。

【時事問題】民進野田幹事長の交代は愚策

民進党の野田幹事長が東京都議選敗北の責任をとり、幹事長を辞任することになりました。朝日新聞の記事より引用します。

民進党の野田佳彦幹事長は25日、党本部で開かれた党の会合で、幹事長を辞任する意向を表明した。東京都議選の敗北を受け、党内から執行部刷新を求める声が相次いだことから自らの辞任が不可欠と判断した。蓮舫代表は後任の人選を急ぎ、他の主要ポストについても入れ替える方針。
 2日の都議選で同党は、告示前から2減の5議席にとどまり、前身の民主党時代を含めて過去最低となった。蓮舫氏は続投を表明する一方、都議選を総括する会議を開いたが、党運営に対する厳しい意見が続出した。
 昨年9月の代表就任時に党内の反対論を押し切って幹事長に起用した野田氏は、党内で蓮舫氏の所属するグループを率い、蓮舫氏が自身の後ろ盾として最も信頼を寄せる政治家。党運営の要となる幹事長の交代により、蓮舫氏の求心力のさらなる低下を招く可能性もある。


このタイミングでの幹事長交代は馬鹿げています。

幹部は結果に対して責任を負わなければなりませんので、選挙での敗北をうけての幹事長引責辞任はありうることです。しかし都議選は大規模とはいえ一地方選挙です。いちいち責任をとって交替していったらきりがありません。責任をとるとしたら国政選挙だけです。

人心一新という意味での交替なのかもしれませんが、それなら党首が替わらなければ意味がありません。

では蓮舫氏を交替させると民進党への風が変わるかというとそれも期待薄です。いま交替させたら、内紛で引きずりおろした形になり民進党の印象はさらに悪くなります。

いま民進党がしなければならないのは、本当に野党共闘をするのかしないのかを決めることです。共闘をするなら、連立協議をしなければなりません。野党共闘をしないのであれば、姑息な選挙協力はやめて地道に支持拡大をめざすべきです。

選挙で共闘はするけど連立するとは言っていない、などというのは有権者を愚弄しています。

【朝日新聞】米国人も空気を読むの?

7月22日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。7月11日のNYタイムズ紙に掲載されデイビッド・ブルックス氏のコラムの抄訳が載っています。朝日新聞での題は、「格差固定化の企て 高学歴層が築く見えない壁」です。

(略)
米国上位中間層のさまざまな機会に恵まれた文化は今、その階層でたまたま育っていなければ判読できないような文化的記号で彩られている。それらは、人が誰しも持つ、屈辱や排斥への恐れに訴えかける。「お前はここでは歓迎されていないぞ」というのが主たるメッセージだ。
エリザベス・カリッドハルケットは、徹底した分析による著書で、高学歴層は消費や富の誇示によって障壁を築いているのではないと主張する。むしろ、希少な情報を持つ者にしかアクセスできない慣習を確立させることによるのだという。
機会に恵まれた地域で居心地よく暮らすには、正しいバレエ・エクササイズをし、正しいだっこひもを使い、ポッドキャスト、屋台、お茶、ワイン、ピラティスにいたるまで、正しい好みを持つ必要がある。当然、(現代作家)デイビッド・フォスターなどについても、正しい態度が求められる。
高学歴層がはりめぐらす複雑な網は、自分たちを残してその他の人々をゆすり落とす揺りかごのようだ。(高級食品スーパー)ホールフーズ・マーケットであなたと共に心地よく買い物する客の80%が大卒である理由は、値段ではなく、文化的規範のせいなのだ。
社会的地位に関するルールには、結束を促す機能がある。高学歴の人々を引き寄せ、相互の絆を強め、その他の人々を遮る。高学歴層が築いてきた流動性に対する障壁は、目に見えないだけに一層強力になっている。それ以外の人には、理解することもできない。ただそこに壁があることだけは分かっているのだ。


米国社会のことなどよく知りませんのでとても興味深く読みました。

第一に、高学歴層=高収入、という図式が完成しているところです。

日本でも学歴が高いほど高収入になるというのは一般的には真実だと思います。しかしそれは生涯を通じての話で、いかに最高学府を卒業しようと20代30代ではそこまでの差はつきません。生涯年収ではなく瞬間で比較すると、日本では学歴より年齢(職歴)の方が収入に影響しています。

これだと、米国のように文化的違いができにくくなります。日本で暮らしている私にはブルックス氏のいう「見えない壁」を感じることがありません。

第二に、米国人が意外に空気を読む、というところです。

私のイメージ(偏見?)では、米国人というのは独立独歩で周囲がなにをしようと自分の流儀を押し通すように見えます。だっこひもの使い方が周りと違うことにおそれをなして、スーパーマーケットで買物できないとは驚きです。これだと日本人のお母さんの方がよっぽど独立独歩に見えます。

【ウルトラセブン】第二十三話:「明日を捜せ」

シャドー星人登場

優秀な占い師が宇宙人の攻撃を予知しますが、ウルトラ警備隊は信用してくれません。予言者が信じられないのは古今東西おなじようです。しかし、キリヤマ隊長だけはこの予言に引っかかりを感じ、休暇をとって調査をします。この時の台詞が「明日を捜してみます」で題名の「明日を捜せ」はここからとられたようです。

今だったら、いい歳したおじさんが「明日を捜してみます」とか言い出して仕事を休んじゃったら、みんな心配するのですが、当時はかっこ良かったみたいです。

キリヤマ隊長以外は信じないというのは物語の構成上当然なのですが(みんなが信用したらお話になりません)、主人公で宇宙人のモロボシ・ダンもみんなと一緒に一笑に付していたとするとヒーローらしくありません。

そのためなのか、この話では前半にモロボシ・ダンは出てきません。宇宙パトロールに行っていたことにして、ヒーロー失格に見えることを回避した模様です。

ところでシャドー星人の操る怪獣とのアクションシーンですが、はねとばされた首が噛み付いてくるところは、酒天童子伝説を思わせます。毛色の変わった殺陣でした。

【世論調査】朝日新聞 平成特集

7月23日朝日新聞で、「平成によせる思いは」と題した世論調査の結果が発表されました。(調査日は7月1日、2日です。)

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略)
◆あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持する38
支持しない42

◆あなたは、今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
自民30
民進7
公明3
共産4
維新1
自由1
社民0
日本のこころ0
その他の政党1
支持する政党はない43
答えない・分からない10

◆天皇陛下の退位を実現する特例法が先月、国会で成立しました。天皇陛下が退位すると、平成が終わることになります。あなたは、平成の時代を全体として、どんな時代だと思いますか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
明るい12
どちらかといえば明るい54
どちらかといえば暗い26
暗い5

◆次にあげる出来事のうち、あなたは、どれが最も平成の時代を象徴していると思いますか。(択一)
地震などの大災害42
バブル崩壊などの不況12
インターネットの普及29
非正規社員の増加など雇用の流動化13

◆次にあげるイメージのうち、あなたは、どれが最も理想に近い天皇の姿だと思いますか。(択一)
親しみがある16
国民への思いやりがある65
権威がある10
神秘性がある5

◆元号についてうかがいます。あなたが、日常生活でおもに使いたいと思うのは、元号ですか。西暦ですか。それともどちらも同じ程度使いたいと思いますか。
元号28
西暦28
どちらも同じ程度41

◆役所に届け出る書類や運転免許証などは、西暦ではなく、元号が広く使われています。あなたは、役所の届け出などで、元号と西暦のどちらを使えるようにするのがいいと思いますか。(択一)
元号20
西暦23
どちらでも使えるようにする55

◆あなたは、新しい元号は、一年のうちでいつから始まるのがよいと思いますか。(択一)
元日の1月1日 70
建国記念の日の2月11日 3
年度初めの4月1日 16
いまの天皇陛下の誕生日の12月23日 7

◆あなたは、古くから続く元号の制度を今後も続けていく方がよいと思いますか。
続けていく方がよい75
そうは思わない15

◆平成の時代で議論になっていることについてうかがいます。あなたは、いまの日本で、収入など経済的な格差が広がってきていると思いますか。
広がってきている78
そうは思わない16

◆あなたは、いまの日本で、賃金などの面で、男女の格差が縮まってきていると思いますか。
縮まってきている54
そうは思わない37

◆いまの日本では、非正規雇用が増加しています。あなたは、非正規雇用が増えることについてどう思いますか。(択一)
不安だ42
どちらかといえば不安だ32
どちらかといえば不安ではない14
不安ではない9

◆いまの日本では、少子高齢化が進んでいます。あなたは、少子高齢化が進むことについてどう思いますか。(択一)
不安だ62
どちらかといえば不安だ27
どちらかといえば不安ではない5
不安ではない4

◆あなたは、インターネット社会になったことで、自分の個人情報が他の人に知られる不安を感じますか。感じませんか。
感じる76
感じない21

◆「表現の自由」についてうかがいます。あなたは、いまの日本は社会的な問題などについて、自分の意見を表明しにくい社会になってきていると思いますか。そうは思いませんか。
表明しにくい社会になってきている52
そうは思わない42

 <調査方法> 1、2の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は2006件、有効回答1007人。回答率50%。携帯は、有権者につながった番号は2150件、有効回答1002人。回答率47%。


この調査が私のところに来たと想定して回答してみます。
>◆あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。
調査日が7月1日、2日なのでまだ38%あります。今はどのくらいなのでしょうか?

>◆あなたは、今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。
自由党が0でないというは初めて見た気がします。

>◆天皇陛下の退位を実現する特例法が先月、国会で成立しました。天皇陛下が退位すると、平成が終わることになります。あなたは、平成の時代を全体として、どんな時代だと思いますか。
暗いとは思いません。大災害もありましたが庶民はそれなりに暮らしてきました。どちらかといえば明るかったと思っています。

>◆次にあげる出来事のうち、あなたは、どれが最も平成の時代を象徴していると思いますか。
大災害です。
不況とかインターネットの普及というのは日本だけではありません。非正規も決して日本に限らないはずです。「平成の時代」といわれると、どうしても日本限定のトッピックを挙げたくなります。

>◆次にあげるイメージのうち、あなたは、どれが最も理想に近い天皇の姿だと思いますか。
国民への思いやりがある、です。

>◆元号についてうかがいます。あなたが、日常生活でおもに使いたいと思うのは、元号ですか。西暦ですか。それともどちらも同じ程度使いたいと思いますか。
西暦です。職場が外資ということもありますが、仕事では西暦しか使いません。

>◆役所に届け出る書類や運転免許証などは、西暦ではなく、元号が広く使われています。あなたは、役所の届け出などで、元号と西暦のどちらを使えるようにするのがいいと思いますか。
届け出書類と運転免許証は分けて考えるべきです。
運転免許証の更新日は西暦にすべきです。未来の年を示すのに、存在するかどうかわからない元号を使うべきではありません。「平成33年01月01日まで有効」と書かれても、平成33年はないので、不便です。
一方、出産とか結婚とか死亡とかの届け出は元号でもOKです。両方使えるのであればいうことありません(外人も届けを出すのでしょうから)

>◆あなたは、新しい元号は、一年のうちでいつから始まるのがよいと思いますか。
元日です。

>◆あなたは、古くから続く元号の制度を今後も続けていく方がよいと思いますか。
続けていく方がよいです。西暦(キリスト紀元歴)だけを使うというのは違和感があります。日本以外の非キリスト教国ではどうなっているのでしょうか?

>◆平成の時代で議論になっていることについてうかがいます。あなたは、いまの日本で、収入など経済的な格差が広がってきていると思いますか。
こういう質問は、いつと比べてかを示さないと意味がありません。
ちなみに私は、江戸時代より格差は小さいと思います。

>◆あなたは、いまの日本で、賃金などの面で、男女の格差が縮まってきていると思いますか。
これも、どの時代と比較するかが重要です。

>◆いまの日本では、非正規雇用が増加しています。あなたは、非正規雇用が増えることについてどう思いますか。
どちらかと言えば不安です。望んで非正規雇用なら問題ないのですが、正規雇用の枠がないのだとすると、それでいいのかという気がします。

>◆いまの日本では、少子高齢化が進んでいます。あなたは、少子高齢化が進むことについてどう思いますか。
とりたてて不安はありません。人口爆発よりましだとさえ思っています。

>◆あなたは、インターネット社会になったことで、自分の個人情報が他の人に知られる不安を感じますか。感じませんか。
個人情報が他の人に知られる不安はありますが、インターネットとは関係ありません。実名登録のSNSはやっていませんので。

>◆「表現の自由」についてうかがいます。あなたは、いまの日本は社会的な問題などについて、自分の意見を表明しにくい社会になってきていると思いますか。そうは思いませんか。
そうは思いません。どこぞの独裁国と比べるまでもなく自由に意見を表明できます。また、インターネットの普及は一般人にも意見を言える場を提供しています。

【映画】パワーレンジャー

日本の戦隊ものは、特撮部分はそのまま役者が顔を出すドラマ部分は取り直して、アメリカでも放映されているそうです。それなりにヒットしているらしく、今回映画化され、日本に逆上陸してきました。

映画は、キッズ向きとティーンエイジャー向きのちゃんぽんです。5人のヒーローには、いじめられっ子とか不登校児とか性的少数者といったティーン向けの設定がされています。しかし、ストーリーはキッズ向けを脱することなく割りといい加減です。5人が選ばれたのは運命なのかただその場に居合わせただけなのかもはっきりしません。悪者が復活するのもたまたま網にかかっただけで、パワーレンジャーと復活と時期が一致したのは偶然みたいです。

それでもサクサクと戦闘シーンに行けばいいのですが、やたらと訓練を見せる時間が長く、前半はちょっと退屈します。

対象年齢をしぼりきれていないつけが回っています。アメリカ版のTVシリーズのドラマ部分もこうなのでしょうか?

また、ロボットをきちんと見せないというのもアメリカ風(非日本風)です。日本だったらロボットを前から横から後ろからとたっぷりと見せてから動かします。この映画では合体前の恐竜ロボットをいきなり動かすものだから、どういう形のロボットだったか印象に残りません。

日本人なら見せ場と感じる合体シーンもなかったのは驚きます。煙の中に沈んだかに見えた恐竜ロボットが、煙がはれたら合体した形で登場です。アメリカ人の感覚はよくわかりません。

大人だけで観にいく映画ではないのですが、子供連れとしても何歳くらいの子供が適当なのか見当もつきません。

【朝日新聞】「こんな人たち」は「個人」の集まりなのか

7月20日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。日本大学大学院法務研究科教授(憲法学)の蟻川恒正氏による「憲法季評」。『「こんな人たち」首相発言 国民を「個人」と見ぬ不明』

 7月2日の都議選で敗れたのは、自民党東京都連というよりは、安倍内閣である。内閣支持率が投票日を前に急落し、選挙での歴史的大敗のあと更に落ち込んだことは、この観測が大きく誤っていないことを裏づける。選挙戦最終日、応援のため秋葉原駅前に立った安倍晋三首相は、集まった多くの市民による「安倍辞めろ」「帰れ」の連呼に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と叫んだ。
(略)
 この発言で注目すべきは、「こんな人」ではなく「人たち」である。秋葉原でのうねりのような連呼を受けて、ネットでは「あれは共産党に動員されたのだ」といった風説が流れた。首相もまた、連呼する市民を何らかの組織の人たちと直感的にみなしたものと思われる。演説を邪魔されたと感じたとはいえ、1票でも多く票を取り込みたい投票日前日に有権者を攻撃することができたのは、「こんな人」呼ばわりをしても、失う票はその組織の「人たち」の票だけであり、コアな支持者の結束はむしろ高まると判断したからではないか。だが、その判断は誤りであった。事態を動員に帰す前記の風説に対し、連呼に参加したと言う人々から、「誰にも指図されず一人で行きました」という声が相次いだ。「私は行けなかったけれど、自分の声を代弁してもらえたと感じた」と、名も知らぬ参加者に感謝する不参加者のツイートが続いた。
 「辞めろ」の連呼は自発的に湧き起こったものと考えるほかない。秋葉原で首相の眼前に現われた政権批判者には、彼ら自身も気づいていなかったが、相互に独立した無数の「同志」がいた。だからこそ、あのような開票結果になったのである。
(略)  


普通に考えて、首相が「こんな人たち」と批判をしたのは、選挙期間中の演説を邪魔するように罵声を浴びせかけてきたからです。動員かどうかを問題視したわけではありません。

また、「こんな人たち」の全てが、だれかの指図を受けてきたわけではないことは、認めますが、十中八九、“安倍首相に「辞めろ」コールをしてやろう”という誘いかけはあったはずです。指図されて集まった人たちでないから「辞めろ」の連呼が自発的、というのは飛躍があります。

この後、蟻川氏は安倍首相が『国民を「個人」と見ぬ不明』の持ち主、と非難しますが、前提が間違っていますので、説得力皆無です。

蟻川氏は、野党の党首の演説にも「個人」が集まって演説を邪魔する可能性も考えるべきです。その時も『「辞めろ」の連呼は自発的』と言うつもりでしょうか?

【時事問題】国会議員がサッカーの試合の感想を書いてはいけないのか?

上西小百合衆院議員(無所属)が、サッカーの試合(浦和レッズvsドルトムント)の結果を「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイッターで投稿したところ炎上しました。

殺害や誘拐の予告をするものまであらわれる始末です。その一方テレビカメラの前で説明をした上西議員ですが、悪びれない応答を心配した秘書が撮りなおし要求。ところが、やり直したテイク2だけでなくテイク1もオンエアされたため、謝罪になるどころが火に油を注ぐ結果です。

この議員のことはよく知りません。何年か前に維新の党を除名された議員がいたことはうっすらと覚えていますが、その議員でした。どういう政治信条かは知りませんので、純粋にこの炎上についてのみ考えています。

ネットの炎上のいつものパターンです。誰かが大切に考えているものを嘲弄したところ、“不謹慎”という錦の御旗を掲げて攻撃がはじまります。対応を間違えて攻撃が激化し炎上に至ります。

今回は確信的に挑発した(らしい)ところが違いますが、基本はいつもの炎上です。

サッカーの試合の論評は政治家の仕事ではありませんが、感想を書くのは言論の自由の範疇です。感想をおおやけにすることが政治家として得か損かという議論はありますが、それは支持者や後援者が考えることで、無関係の一般人が言うことではありません。

一方で、サッカーファンが上西議員の論評に異議を唱えるのもこれまた言論の自由です。しかし、“殺す”とか“さらう”とか言う自由はありません。一線を越えています。

違法性のある発言を除いてみても、試合の感想は主観的なことなので、謝罪を要求するというのは行き過ぎているように思います。もっとも、紛糾したあとは、売り言葉に買い言葉となっているようですので論評は控えます。

これが、サッカーの試合でなく、本や映画の感想で“つまらない”とか“凡作”とか書いて炎上したと考えればすっきりします。“不謹慎だ”と発言の撤回を求める方が間違っています。

【ウルトラセブン】第二十二話:「人間牧場」

ブラコ星人登場

今回のブラコ星人の地球侵略の目的は食料調達です。地球人の女性の体の中で食用の胞子を繁殖させるが目的です。題名そのものの人間牧場というわけです。

もともと地球人の女性が牧場の適正があると知って地球に来たわけでなく、いろいろな動物を実験するうちに発見したようです。はじめは犬を襲ったりしていました。

ブラコ星では、今まで生きてきたのですから、ブラコ星の生物を使って胞子を栽培していたはずです。なにかの理由でブラコ星の「牧場」がやせ細ったので、やむなく宇宙に進出したということでしょうか。これまでの侵略宇宙人は自分の星でおとなしく生きていればいいのに、他所の星を侵略しようとするからウルトラセブンに酷い目にあわされてきました。しかしブラコ星人は生存のためのやむを得ない侵略のようです。ちょっとだけ同情します。

人間の女性の体だけが「牧場」に適しているというのは設定なので理由をあれこれ考えても仕方の無いことですが、なんとも言えず性的なものを感じさせます。

思えば「ウルトラセブン」シリーズは、宇宙人が若い美女に化けることが多いのも、セクシャルな感じがしますし、第二話「緑の恐怖」のレビューで邪推(?)したようにかなりきわどいシナリオもあります。

隠された性的なイメージを発見するというのはいい加減な心理分析なのかもしれませんが、「ウルトラセブン」シリーズの場合、こうも続くと偶然とは言い切れないように感じます。

参)【ウルトラセブン】第二話:「緑の恐怖」

【本】エヴァンゲリオン化する社会

著者:常見陽平

「エヴァンゲリオン」というのはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のことです。

「エヴァンゲリオン」で描かれた世界が、現代社会の、特に労働者の働き方を予言していたかのように一致する部分があるという考察で進めています。

サブカルチャーをもとに現代社会を論じる社会学的考察はどういうわけか日本では目に付きます。外国のことはよく知らないのですが、他所の国にもあるのでしょうか。「スターウォーズ化する米国社会」とか「ハリー・ポッターが予言する英国の未来」とか。どうも想像がつきません。日本だけで流行っているような気がします。

それはともかく、この手の論は、単なる偶然の羅列や、牽強付会の理屈に満ちているのがほとんどで、この本も例外ではありません。

普通に労働環境について語った方がよっぽど説得力があります。売れないかもしれませんが。

ただ、常見氏はきちんと「エヴァンゲリオン」を視聴しているのは確かで、その点は好感が持てました。

【朝日新聞】移民が日本の「切り札」だって?

7月16日朝日新聞の「日曜に想う」のコーナーは、編集委員大野博人氏の『日本が温存する「切り札」』です。

(略)
暴力団員の4割超が50歳以上――。少し前、そんな話を小紙東京本社版の夕刊で見た。「暴力団排除条例が施行された影響で、組員になろうとする若者がめっきり減った」ことなどが理由という。
 なるほどこうやって暴力団は衰弱していくのか、などと思いつつ、ふと考えた人も少なくなかったのではないか。自分たちはどうなんだろう、と。
 国立社会保障・人口問題研究所の統計に当たってみる。その2015年の調査データによると、日本の総人口の中で50歳以上の割合は45・7%。実は一般社会が暴力団よりずっと先に進んでいる。
(略) 
 「地方創生や1億総活躍を言っても加速度的に人口が減る中では意味がない」と話すのは、日本国際交流センター執行理事の毛受(めんじゅ)敏浩さん。近著「限界国家」で、積極的な移民受け入れ政策にかじを切るべきだと主張している。「同じように考える政治家は多いはず。カミングアウトしてほしい」ともどかしそうだ。
(略) 
 もう10年以上前に、毛受さんは欧州で移民政策の専門家から「日本はダチョウのようだ」といわれた。迫り来る人口動態の危機を、砂の中に頭を埋めて、ただ見ないようにしている。「閉鎖的な国が最後にどうなるか、それを示す反面教師みたいに海外から見られています」
(略)


変な理屈です。

暴力団員には生まれたばかりの赤ん坊もいなければ、超高齢者の老人もそうはいないでしょう。暴力団員の4割超が50歳以上なのと、日本の総人口で50歳以上が45.7%なのは同じ土俵で語ることではありません。

暴力団の年齢構成のいびつさは、社員の4割超が50歳以上の会社を仮想してみればだいたい想像がつきます。

さて、移民問題については毛受氏の本のレビューでも語っていますので繰り返しませんが、欧州で10年以上前に『移民政策の専門家から「日本はダチョウのようだ」といわれた』というのがおかしかったです。

移民を受け入れ続けた欧州はのたうち苦しんでいるように日本からは(少なくとも私からは)見えます。この移民政策の専門家も、自国のことは棚にあげて、いまだに「日本はダチョウ」のようだ、と思っているのでしょうか。

ところで、冒頭で暴力団員の年齢構成と国の年齢構成を比較するのはおかしい、と指摘しましたが、よく考えると関係することがないわけでもない、と思い至りました。

移民を受け入れて日本の年齢構成を若返らせたら、暴力団員も移民によって若返ることでしょう。

それだけでもまっぴらごめんです。

参)【本】人口激減 移民は日本に必要である

【アニメ】2017夏調査(2017/4-6月期、終了アニメ、47+3作品) 第45回

アニメ調査室(仮)さんで行っているアンケートに投稿しました。

評価基準は
S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,つぐもも,x
02,恋愛暴君,x
03,カブキブ!,x
04,月がきれい,x
05,ひなこのーと,x
06,アリスと蔵六,x
07,正解するカド,C
08,覆面系ノイズ,x
09,スタミュ 第2期,x
10,エロマンガ先生,x

11,ベルセルク次篇,B
12,タイガーマスクW,F
13,ソード・オラトリア,x
14,アトム ザ・ビギニング,F
15,リトルウィッチアカデミア,x
16,アキンド星のリトル・ペソ,x
17,クロックワーク・プラネット,x
18,まけるな!! あくのぐんだん!,x
19,ワールドフールニュース PartII,x
20,戦隊ヒーロー スキヤキフォース,x

21,グランブルーファンタジー ジ・アニメーション,F
22,終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?,x
23,アイドルマスター シンデレラガールズ劇場,x
24,レゴニンジャゴー 時空の支配者編,x
25,ロクでなし魔術講師と禁忌教典,x
26,冴えない彼女の育てかた♭,x
27,僧侶と交わる色欲の夜に…,x
28,武装少女マキャヴェリズム,A
29,銀の墓守り(ガーディアン),E
30,フレームアームズ・ガール,x

31,ゼロから始める魔法の書,x
32,ピカイア!! 第2シリーズ,x
33,兄に付ける薬はない!,C
34,王室教師ハイネ,F
35,夏目友人帳 陸,B
36,世界の闇図鑑,x
37,有頂天家族2,A
38,Room Mate,x
39,sin 七つの大罪 (11話まで),x
40,進撃の巨人 Season2,S

41,笑ゥせぇるすまんNEW,x
42,ラブ米 WE LOVE RICE,x
43,ID-0 (アイディー・ゼロ),x
44,弱虫ペダル NEW GENERATION,B
45,喧嘩番長 乙女 Girl Beats Boys,x
46,ツインエンジェルBREAK,x
47,BanG Dream! (バンドリ),x
48,超游世界 (ネット配信),x
49,南鎌倉高校女子自転車部 (第13話),x
50,テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス (第13-25話),x


「正解するカド」:評価不能の怪作。しかたないからCにしましたが、本当はSかもしれないし、Eかもしれません。
「ベルセルク次篇」:安定の二期。重量を感じさせる剣戟もgood
「タイガーマスクW」:初代の「タイガーマスク」に比べて軽すぎます。視聴意欲がなくなりました。
「アトム ザ・ビギニング」:初代の「アトム」になじみがないので、その前日談といっても興味がわきません。
「グランブルーファンタジー ジ・アニメーション」:ゲームのコマーシャルは頻繁に見ていましたので名前は知っていましたが、ピンときませんでした。
「武装少女マキャヴェリズム」:今クールの収穫。よくあるフォーマットにのっていますが、面白さは減じていません。
「銀の墓守り(ガーディアン)」:この制作会社らしく中途半端に終わりました。四連続アウトです。
「兄に付ける薬はない!」:中国アニメだからといって駄目でないという好例です。普通に視聴できるレベルです。
「王室教師ハイネ」:私の趣味に合わなかったので切りましたが、客観的に悪い作品だとは思いません。
「夏目友人帳 陸」:安定して面白いです。
「有頂天家族2」:一期同様面白かったです。
「進撃の巨人 Season2」:画面に目が釘付けになりました。
「弱虫ペダル NEW GENERATION」:つまらなくはないのですが、同じパターンをくりかえしているだけにも見えます。

【朝日新聞】共謀罪と日本人論

7月11日朝日新聞朝刊オピニオン欄の「耕論」のコーナー。共謀罪についてです。3人の識者のインタビューが載っていますが、その中の一つ、龍谷大学教授で元法務省の浜井浩一氏の「相互不信 見張って安心感」を引用します。

 「共謀罪」の導入で、「日本が監視社会になってしまう」と危惧されています。しかし、もともと日本人には、監視されたい、監視したい、という気持ちがあるんじゃないかと思うんです。
 監視カメラの防犯効果について、国際的にデータを集めた研究では、駐車場での車上狙いなどはある程度減るが、それ以外の場所での窃盗や暴力犯罪には効果が認められていません。
 でも、事件が起きると、真っ先に「監視カメラの映像はないのか」とメディアも一般市民も思うようになっている。その意味では、防犯効果があるか否かにかかわらず、監視カメラを多くの人は求めているわけです。
 社会心理学者の山岸俊男さんは、日本人は必ずしも互いを信頼していないが、相互監視によって安心社会を築いてきた、と言っています。互いを監視する中で、誰かに迷惑をかければ、社会から排除されてしまう。だから、誰も自分に害をなすことができないはずだと安心している、というのです。
 しかし、地域や家族の絆が弱まり、終身雇用も崩れた結果、人間関係での監視がうまく機能しなくなっています。その代用として、監視カメラが求められるようになったのでしょう。
(略)


監視カメラの防犯効果が少ないからといって、事件があった際に監視カメラの映像が求められることは矛盾でもなんでもありません。防犯と検挙率の話は全く無関係ではありませんが、別々に考えるべきことです。現実に事件が起きてしまったら、監視カメラの映像がないか、と考えるのは自然なことです。

また、監視カメラがあるのは日本だけではありません。したがって、防犯カメラを求める声があることを根拠に「もともと日本人には、監視されたい、監視したい、という気持ちがあるんじゃないかと思うんです」という結論は誤りです。

ただしくは、世界中(監視カメラを市民が同意していないのに強圧的に設置している国を除く)の人々は「監視されたい、監視したい、という気持ちがある」とすべきです。

もちろん、こんな結論は馬鹿馬鹿しいものです。

よく考えずに、つまらない日本人論を展開するからこういう錯誤をしたのでしょう。

【アニメ】進撃の巨人 Season2

「進撃の巨人」の第二期。一期に続いて視聴です。原作は未読です。原作に興味がないのではなく、アニメーションを初見にしたいからあえて未読にしています。

一期の終わりは怒涛の展開でしたが、二期はさらに倍する神がかり的な展開で頭がクラクラしてきました。謎が謎を呼んでいますが、いままでの流れからみて投げっぱなしにはしないと信じられます。

質の高さとともにスケールの大きさで際立っています。

このクールのみならず、日本のアニメーション史上で特筆すべき作品だと思います。

【朝日新聞】勘違いしているのは朝日新聞の方です

7月13日朝日新聞の社説「民進党 勘違いしていませんか」より

 民進党は大きな勘違いをしているのではないか。
 東京都議選の敗因分析に向けた党内議論を見ていると、そんな疑問を抱かざるをえない。
 国会議員の会合では「解党的出直し」を求める声に加え、蓮舫代表の「二重国籍問題」に矛先が向いた。蓮舫氏は「いつでも戸籍開示の用意がある」と、戸籍謄本を公開する意向を示したという。
 民進党の議員たちに問う。
 蓮舫氏が戸籍を公開すれば、党勢は上向く。そう本気で思っているのか。
 旧民主党政権の挫折から4年半。民進党が民意を受け止められない大きな原因は、そうした的外れな議員たちの言動にこそあると思えてならない。
(略) 
(民進党が民意を受け止められない大きな原因は)政党にとって何よりも大事な政策の軸が、定まらないことが大きい。
(略)
 「二重国籍」問題で、蓮舫氏の説明が二転三転したことは、公党のリーダーとして不適切だった。
 だが、主な敗因とは思えない「二重国籍」問題に議員たちがこだわるようなら、国民はどう受け止めるだろう。
 もう一つ懸念されるのは、蓮舫氏が戸籍謄本を公開することが社会に及ぼす影響だ。
 本人の政治判断とはいえ、プライバシーである戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の親を持つ人々らにとって、あしき前例にならないか。
 民進党と蓮舫氏はいま一度、慎重に考えるべきだ。


蓮舫代表が「二重国籍問題」の解消するため戸籍謄本の開示の意向を示したことは、遅かったとはいえ歓迎します。

原則としては、二重国籍でも国会議員であることは法的に認められているのですから、蓮舫代表が二重国籍であったとしてもかまいませんし、離脱して日本国籍のみになったというのであればさらに問題ありません。

私も、蓮舫代表がテレビで二重国籍であることをきっぱり否定したのを見て、その言葉だけで信用しました。

しかし、この返答は間違いでした。朝日新聞が認めているように二転三転したのです。もはや言葉だけでは信用できません。

きっちりと証拠を出さなければ、ゴタゴタはいつまでも続きます。

舌鋒するどく自民党を追い詰めても、自分達の醜聞に沈黙していれば国民は支持しません。政策論争はその次の話です。

戸籍謄本の開示は、党勢回復の十分条件ではありませんが、必要条件です。

外国籍の親を持つ人々への悪しき前例になるという指摘は的を射ていません。

二重国籍でも私人であれば問題にもなりません。

公人の場合は、今後二重国籍者に戸籍謄本開示を求められようになるかもしれませんが、その責任は蓮舫氏にあります。蓮舫氏がはじめから本当のことを言っていれば、戸籍まで見せろという声はそれほど大きくはならなかったはずです。ここで蓮舫氏が開示を取りやめたって、その流れは止まらないでしょう。

【アニメ】武装少女マキャヴェリズム

原作は未読です。

これは面白かったです。

転校生が学園の強い奴を順繰りに倒していくというよくあるフォーマットで、これもよくあるハーレム風味が加わっています。

キャラクターはきちんと書き分けられていて現実味があります。

前半のギャグ路線と後半のシリアス路線でテイストが真っ二つになりましたが、さほどの違和感はありません。ギャグパートでもところどころにシリアスな風味をうまく混ぜていたのが良かったのだと思います。

最後に、校長が主人公に退学を言い渡すが、すぐに撤回という流れは意味がわかりませんでした。続編への伏線なのでしょうか。

今期の収穫の一つです。

【世論調査】朝日新聞:7月11日

7月11日朝日新聞朝刊で世論調査の結果が発表されました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は7月1、2日の調査結果)

◆あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する33(38)
 支持しない47(42)
 その他・答えない20(20)

◇(「支持する」と答えた33%の人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 首相が安倍さん14〈5〉
 自民党中心の内閣13〈4〉
 政策の面21〈7〉
 他よりよさそう51〈17〉
 その他・答えない1〈0〉

◇(「支持しない」と答えた47%の人に)それはどうしてですか。(択一)
 首相が安倍さん18〈9〉
 自民党中心の内閣24〈11〉
 政策の面42〈20〉
 他のほうがよさそう10〈5〉
 その他・答えない6〈2〉

◆あなたは今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。

自民30(30)
民進5(7)
公明4(3)
共産4(4)
維新1(1)
自由0(1)
社民1(0)
日本のこころ0(0)
その他の政党1(1)
支持する政党はない47(43)
答えない・分からない7(10)

◆仮にいま、衆議院選挙の投票をするとしたら、あなたは、比例区ではどの政党に投票したいと思いますか。(択一)
自民37
民進12
公明8
共産10
維新6
自由1
社民2
日本のこころ1
その他の政党1
答えない・分からない22

◆あなたは、自民党に対抗できる政党は必要だと思いますか。必要ないと思いますか。
 必要だ82
 必要ない10
 その他・答えない8

◆学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題についてうかがいます。あなたは、この問題の真相を解明するため、野党が要求している臨時国会を、すぐに開く必要があると思いますか。そうは思いませんか。
 すぐに開く必要がある55
 そうは思わない33
 その他・答えない12

◆あなたは、学校法人「加計学園」の問題の真相解明について、安倍政権の姿勢を、評価しますか。評価しませんか。
 評価する10
 評価しない74
 その他・答えない16

◆稲田朋美防衛大臣は、東京都議選の自民党候補への応援演説で、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言し、あとで撤回しました。あなたは、安倍首相は、稲田大臣を辞めさせる必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。
 辞めさせる必要がある60
 その必要はない28
 その他・答えない12

◆最近の安倍首相の発言や振る舞いをみて、あなたは、安倍首相のことをどの程度信用できると思いますか。(択一)
 大いに信用できる4
 ある程度信用できる32
 あまり信用できない40
 まったく信用できない21
 その他・答えない3

◆話は変わりますが、東京都の都議会議員選挙では、自民党が議席を半分以下に減らし、歴史的な大敗となりました。あなたは、この結果はよかったと思いますか。よくなかったと思いますか。
 よかった66
 よくなかった17
 その他・答えない17

◆あなたは、東京都の小池百合子知事が事実上率いる都民ファーストの会に、衆議院選挙など国政選挙でも候補者を立てて、国政に進出してほしいと思いますか。進出してほしくないと思いますか。
 進出してほしい42
 進出してほしくない36
 その他・答えない22

◆憲法の改正についてうかがいます。安倍首相は、2020年の施行を目指し、この秋の臨時国会で、自民党としての憲法の改正案を示したいという考えを表明しました。あなたは、安倍首相のこの考えを評価しますか。評価しませんか。
 評価する35
 評価しない49
 その他・答えない16

◆あなたは、自民党が憲法改正案づくりを、急ぐべきだと思いますか。急がなくてよいと思いますか。
 急ぐべきだ22
 急がなくてよい66
 その他・答えない12

◆ところで、政府や経済団体は、今年の2月から月末の金曜日を「プレミアムフライデー」と定め、午後3時で仕事を切り上げようと呼びかけています。これは、個人消費が盛り上がることを期待する取り組みです。あなたは、プレミアムフライデーは、期待する効果をあげていると思いますか。効果をあげていないと思いますか。
 効果をあげている11
 効果をあげていない76
 その他・答えない13

◆あなたは、今後も「プレミアムフライデー」を続けた方がよいと思いますか。やめた方がよいと思いますか。
 続けた方がよい32
 やめた方がよい49
 その他・答えない19
     ◇
 〈調査方法〉 8、9の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は2056件、有効回答1035人。回答率50%。携帯は、有権者につながった番号は2059件、有効回答1011人。回答率49%。


この世論調査が私のところに来たと想定して回答します。

>◆あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。
支持層壊滅といった感じです。潮目が変わってしまったのか、ここから巻き返しがあるのか分かりません。

>◇(「支持する」と答えた33%の人に)それはどうしてですか。
首相が安倍さんだからです。

>◆あなたは今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。安倍内閣の支持率が落ちているのに自民の支持率が落ちていないことに注目しました。民進が支持を減らしているのには笑ってしまいます。

>◆仮にいま、衆議院選挙の投票をするとしたら、あなたは、比例区ではどの政党に投票したいと思いますか。(択一)
今ならバランスをとる意味で自民に入れると思います。

>◆あなたは、自民党に対抗できる政党は必要だと思いますか。必要ないと思いますか。
絶対に必要です。

>◆学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題についてうかがいます。あなたは、この問題の真相を解明するため、野党が要求している臨時国会を、すぐに開く必要があると思いますか。そうは思いませんか。
別に臨時国会でしなければならないことだと思いません。

>◆あなたは、学校法人「加計学園」の問題の真相解明について、安倍政権の姿勢を、評価しますか。評価しませんか。
前の文科省事務次官の醜聞をリークした(と思われる)行為には鼻白みましたが、概ね問題ないと思っています。野党の追及はピンときません。

>◆稲田朋美防衛大臣は、東京都議選の自民党候補への応援演説で、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言し、あとで撤回しました。あなたは、安倍首相は、稲田大臣を辞めさせる必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。
辞めさせる必要がありました。しかし内閣改造前の今のタイミングであえて辞めさせる必要はありません。

>◆最近の安倍首相の発言や振る舞いをみて、あなたは、安倍首相のことをどの程度信用できると思いますか。
ある程度信用しています。

>◆話は変わりますが、東京都の都議会議員選挙では、自民党が議席を半分以下に減らし、歴史的な大敗となりました。あなたは、この結果はよかったと思いますか。よくなかったと思いますか。
選挙結果ですからいいも悪いもありません。
“選挙結果”の中には、自民半減だけでなく、都民ファーストの躍進・民進敗北・公明と共産の健闘などいくつもの“結果”があります。ことさら自民半減だけを質問する意図にいぶかしいものを感じます。

>◆あなたは、東京都の小池百合子知事が事実上率いる都民ファーストの会に、衆議院選挙など国政選挙でも候補者を立てて、国政に進出してほしいと思いますか。進出してほしくないと思いますか。
進出してほしくありません。豊洲も築地も、などという破綻したことを言い出す政治集団は信用できません。

>◆憲法の改正についてうかがいます。安倍首相は、2020年の施行を目指し、この秋の臨時国会で、自民党としての憲法の改正案を示したいという考えを表明しました。あなたは、安倍首相のこの考えを評価しますか。評価しませんか。
評価します。案を出してくれないと本格的議論は始まりません。

>◆あなたは、自民党が憲法改正案づくりを、急ぐべきだと思いますか。急がなくてよいと思いますか。
急ぐべきです。このタイミング(衆参で2/3を持っている)を逃すべきではありません。

>◆ところで、政府や経済団体は、今年の2月から月末の金曜日を「プレミアムフライデー」と定め、午後3時で仕事を切り上げようと呼びかけています。これは、個人消費が盛り上がることを期待する取り組みです。あなたは、プレミアムフライデーは、期待する効果をあげていると思いますか。効果をあげていないと思いますか。
効果をあげているように見えません。

>◆あなたは、今後も「プレミアムフライデー」を続けた方がよいと思いますか。やめた方がよいと思いますか。
やめた方がいいです。トンチンカンな政策です。

【アニメ】銀の墓守り(ガーディアン)

いつもの中国の制作会社の作品です。

毎回ひどい出来ですが、今回のは特にひどかったです。中途半端に終わるのは毎度のことなのですが、今までは一応は最終回なのだ、という意識はできました。この作品は最終回だったことにさえ気がつきませんでした。

中国産のアニメは他にもありますが、決して見られないような作品ばかりではありません。中国アニメの問題ではなく、この制作会社の問題だと断定せざるを得ません。

どこが悪いかを論じる気にもなりません。

真剣に忠告しますが(関係者がこのブログを読んでるとは思いませんが)、すくなくともストーリーもので未完のものをアニメ化するのは避けるべきです。

例えば、ギャグでデフォルメしない日常ものをやるのはどうでしょう。中国人の日常が分かるだけでも観る気になるかもしれません。

他にも歴史ものなんていいと思います。中国人の手による中国の歴史アニメならみんな観ると思います。

今の路線を続けるならもう観る気になれません。

【時事問題】共謀罪反対派への違和感

7月9日の朝日新聞に、首都大学東京の木村草太氏が「共謀罪」について批判を展開しています。

 改正組織的犯罪処罰法には二つの問題がある。テロ対策や国際組織犯罪防止条約の締結という目的自体は納得できるが、目的を達成するための手段としては適切さを欠いた。テロを準備行為から処罰できる法律はすでにあるし、条約締結のために「共謀罪」の立法は必ずしも必要ではないと言われていた。
 あいまいな計画や危険性が極めて低い準備行為まで処罰の対象となりかねないのも問題だ。憲法は「刑罰を科すに値する法益侵害がない限り、刑罰を科してはならない」と求めていると解釈されている。法律の条文通り適用すれば、違憲となるケースが相次ぐだろう。
 これだけ世論が高まった問題。「ここだけはおかしい」と主張を積み重ね、修正を求める姿勢が大事になる。例えば、傷害罪など未遂段階では処罰するほどでもないとされてきた犯罪が未遂よりさらに前段階で適用対象となった点。不平等な適用や恣意的な運用が増える恐れがあり、修正を検討する上で、対象犯罪の絞り込みは欠かせない。
 処罰対象となる組織的犯罪集団の定義も工夫できないか。例えば指定暴力団のように、あらかじめ組織的犯罪集団として指定したものだけを処罰対象とすれば、一般人は対象外となる。
 適正な捜査をどう確保するかも重要だ。共謀罪は他の犯罪に比べ、物証が乏しい分、供述に頼らざるを得なくなる。徹底した取り調べの可視化や弁護人の立ち会いを実現してもらいたい。
(略)


私も警察が不必要に肥大化することには懸念を感じます。今回の「共謀罪」の目的は理解した上でももろ手をあげて賛成をすることはできません。

しかしながら、反対派にも違和感があります。ここで引用した木村氏の論が典型的なものです。理解できないわけではありませんが、「共謀罪」に類する刑罰をほとんどの国で採用しているという事実を無視しています。

他国の「共謀罪」と比べ日本のは条文がゆるく恣意的な運用が可能だというのでしょうか。そうであるなら、他国との条文の違いを論じるべきです。

それとも、他国より日本の行政は好き勝手に警察権を行使する傾向があるというのでしょうか。そうであるなら、実例を挙げるべきです。はるか大昔の戦前の治安維持法を持ち出されても説得力がありません。現在の日本の話をすべきです。

あるいは、他国は「共謀罪」によって暗黒社会に堕ちてしまったが、日本はそうあってはならないというのでしょうか。そうであるなら他国がどういう暗黒社会になったのかを紹介すべきです。

外国との比較という当然すべきことをせずに理屈をこねくり回されても違和感は拭えません。

【映画】殺人の告白

22年目の告白」の元になった韓国映画です。「22年目の告白」と比較したかったのでレンタル屋から借りてみました。

基本的なストーリーは、当たり前ですが、同一です。

大きく異なるのは、韓国版ではアクション映画の要素があることです。遺族グループが告白者(日本版では藤原竜也が演じた役)に襲い掛かるという、日本版でもちょこっとあったエピソードにかなりのボリュームを割いています。

いくつもあるアクションシーンですが、最初の車のアクションシーンがコミカルでジャーッキー・チェン映画風でした。

これには問題を感じます。まずコミカルというのがこの映画の基調に全く合っていません。それに、ほかのアクションシーンは結構シリアスだったりもするので、統一性がありません。スポンサーの強い要請でもあるのでしょうか?

またアクションをしているのは、決して国際スパイとか武道の達人とかではなく、一般人と刑事です。刑事はギリギリ許せますが一般人ができるようなアクションではありません。見栄えがはしますがリアリティがありません。

また、時効(15年)になった事件の告白者にしては容姿が若すぎるのも気になります。これでは少年犯罪です。しかし事件の最中に接触しているのですから、犯人が少年でないのは分かっているはずです。

事件の動機も不明なままです。

荒削りです。

その点、後から作った日本版ではうまく作りこんでいますし、アクションシーンを削った分なのか、お金を使うべきところに使ったという様子で豪華な感じになっています。

ただ、テレビの生放送での対決で決着をつけた韓国版の方が自然です。日本版はそこから一ひねりしていますが、かえって緊張感を薄めてしまったように見えます。

それぞれ一長一短はありますが、日韓の共通した情念の強さ、というのを感じました。

【アニメ】ベルセルク次篇

「ベルセルク」の二期です。

一期も観ています。過去にアニメ化したものはすべて観ています。原作も既読です。

一期に劣らぬ迫力のある映像で堪能しました。剣の重さまでも伝わってきます。超常の描写も満足のいくものでした。

物語は長大ですので、ここで終わると中途半端な感じもあります。

もしかしたらさらに続けてTVアニメ化するのでしょうか?

三期があるなら当然観ます。

【時事問題】安倍首相の「こんな人たち」発言

朝日新聞の記事より引用します。

「こんな人たちに負けるわけにはいかない――」。安倍晋三首相が東京都議選の応援演説で、自らを激しく批判していた人たちを前に発した一言が波紋を広げている。多様な世論に耳を傾け、意見をまとめ上げる立場の最高権力者が、有権者を敵と味方に分けるかのような発言。「丁寧に説明する」と強調していた首相の言葉はどこへ行ったのか。
(略)


安倍発言に批判的な論調ですが、納得しがたいものがあります。

これは選挙「戦」での演説中です。「敵と味方を分けるかのような発言」は当然ともいえます。

しかも、「こんな人たち」とはは応援演説に対して「帰れ」とか「辞めろ」と叫んで邪魔していた人たちのことです。

邪推かもしれませんが、朝日新聞は民進党や共産党の党首が街頭で野次られたら、“民主主義をはきちがえている”とかなんとか言って批判の矛先をヤジった方に向けると思います。

こういうことは個々の政治家に対する好悪の念で意見を決めるのではなく、一般的に(どんな政治家であっても)街頭で応援演説をしている政治家をヤジって邪魔するのがよいことかどうかと考えるべきことです。

【時事問題】東京都議員選挙に見る民進党

東京都議会の議員選挙が行われました。

都民ファーストの会が大勝利。自民、民進は惨敗。共産は微増。公明は堅調。という結果でした。

自民敗北の理由は、やはり国政の影響だと思います。他にも、前知事が辞める騒ぎのころから表ざたになった自民党の東京都議会議員の高慢な態度も関係していたのかもしれません。

自民が敗北した理由は容易に想像できますので、立て直すことは不可能ではありません。

しかし、民進の敗北には明確な理由がないため深刻です。自民批判の受け皿を、都民ファーストの会というにわかに立ち上がったグループに奪われ、いいところがありませんでした。

国政選挙の場合は都民ファーストの会に比するようなグループはありませんし、当面現われないと思われますので、都議会ほどの敗退はしないでしょうが、油断すればどうなるかわかりません。

その一方で、一旦風向きが変われば、小選挙区ですのであっと言う間に政権奪取となるかもしれません。

今回の都議選で民進党が汲むべき教訓は、共産党との共闘は決して民進党には有利に働かないということだと思います。

党として基本政策に則った政策を地道に国民に訴え、与党の足を引っ張るのは他の野党にまかせるべきです。

別に民進党を応援しているわけではありませんが、日本の政治のために野党第一党の民進党には立ち直って欲しいと願っています。

【アニメ】正解するカド

いままで観たこともないようなアニメーション作品です。

はじめは、本格的なSFアニメかに思えました。

地球文明は謎の来訪者からの技術供与を受け飛躍的進歩が約束されたばかりか、精神のあり方さえ改革されようとします。政治家・科学者たちはこの危機(?)にどう対処するのか・・・

といった感じで進みます。

ところが終盤まぎわ、突然バトルものになりました。それだけでなくBL(ボーイズラブ)風味も加わります。最後は、収拾つきそうもなくなったところで、突然登場した新キャラクターがすべてを解決します。

おおかた、本格SFが作りたかったのでしょうが、それだけではスポンサーが首を縦に振らなかったので後半は、ご要望にお答えした、というところでしょう。

異様な怪作です。評価の難しい作品となりました。

【朝日新聞】TV欄:藤井四段の連勝ストップ

将棋の藤井四段が更新していた連勝記録がついに止まりました。決着がついたのは昨晩の9時31分です。今朝の新聞では、都知事選の結果が出た後にもかかわらずこの話題が大きく取り上げられていました。当然、テレビでも都知事選とならんでこの話題なのですが、テレビ欄に載った予告が興味深かったです。

朝日新聞の東京14版を見ています。

まず朝の8時までの番組の予告を見てみます。

藤井四段連勝止まる(NHK:おはよう日本)
藤井四段連勝止まる(日本テレビ:ZIP)
藤井聡太を止めた男イケメン棋士の戦略(テレビ朝日:グッド!モーニング)
藤井四段連勝止まる ひふみん&師匠が解説(フジテレビ:めざましテレビ)


どれも連勝が止まったことを打ち出しています。

次に10時ごろまでの番組の予告を見てみます。

藤井四段ついに敗れる(1)生解説ひふみんが明かす敗因(2)プロ棋士収入って?(日本テレビ:スッキリ!!)
藤井四段30連勝ならず次の戦いは将棋の頂点「名人伝説」(テレビ朝日:羽鳥モーニングショー)
藤井四段破ったイケメンは誰?(TBS:ビビット)
連勝ならず藤井四段(フジテレビ:とくダネ!)


この時間帯も連勝ストップを打ち出しています。

次に14時までの番組の予告です。

藤井敗れるイケメン棋士徹底取材(日本テレビ:PON!)
藤井四段連勝ならず ひふみんが生解説(テレビ朝日:スクランブル)
藤井四段30連勝挑戦 対戦相手は去年敗れた実力者・・・(TBS:ひるおび!)
藤井四段30連勝に挑戦 大記録支える縁の下の力持ち(ブジテレビ:ノンストップ!)


不思議なことにTBSとフジテレビの予告では連勝が止まったことが伝わっていません。TBSは対戦相手にスポットをあてている風なのでまだわからなくもありませんが、フジテレビにいたっては30連勝したみたいな予告です。

16時までの予告も見ています。

藤井四段VS最強刺客 だちゃれ七段VSデーブ(日本テレビ:ミヤネ屋)
藤井聡太四段竜王戦(TBS:ゴゴスマ)
藤井四段30連勝かけイケメン棋士と熱戦(フジテレビ:直撃ライブグッディ)


驚くべきことにこの時間帯では、すべての局で連勝が止まったことが伝わっていません。

最後に19時までの予告です。

藤井四段連勝止まる 勝敗を分けた一手とは(日本テレビ:every)
藤井四段30連勝へ熱戦 勝敗分けた“一手”は(テレビ朝日:Jチャンネル)
イケメン棋士と勝負 藤井四段結果に地元は(TBS:Nスタ)
藤井四段ついに敗北(フジテレビ:みんなのニュース)


テレビ朝日とTBSが連勝ストップを伝えていません。


予告で、“連勝ストップ”とか“藤井四段敗れる”とか書いていないのは、ほぼ間違いなく結果を受けての訂正が間に合わなかったからです。

早い時間帯では、連勝ストップを伝えられているに遅い時間帯だと伝えられなくなっています。一部、夕方に持ち直している局もあります。

おそらく、早朝の番組担当者(新聞社に見出し変更を伝える係)は、勝負の結果の出た21時半から訂正のギリギリまでの時間帯に起きて仕事を始めていたのでしょう。一方で、昼の番組担当者は、すでに寝ていて、夕方の番組担当者はまだ寝ていなかったのだと想像できます。


それにしても“イケメン”というのが頻繁に出てきます。

藤井聡太を止めた男イケメン棋士の戦略(テレビ朝日:グッド!モーニング)
藤井四段破ったイケメンは誰?(TBS:ビビット)
藤井敗れるイケメン棋士徹底取材(日本テレビ:PON!)
藤井四段30連勝かけイケメン棋士と熱戦(フジテレビ:直撃ライブグッディ)
イケメン棋士と勝負 藤井四段結果に地元は(TBS:Nスタ)


と民放は4局すべて”イケメン”です。

語彙が乏しいです。

【介護】車椅子利用者の搭乗拒否

車椅子の男性が帰りの飛行機に搭乗しようとした拒否され、自力でタラップを登る(これも制止されたらしいですが、強引に乗り込んだとのこと)という事案があり、議論をよんでいます。

この件そのものは、報道にあることしか事情がわかりませんが、車椅子利用者を押していた経験から雑感です。

もともとこの航空会社では自力でタラップを乗降できない人間はお断りするつもりだったらしいです。往路で乗せたのが間違いだった、という説明です。

間違いでもなんでも往路で乗せてしまったら復路でも乗せてもらわなければ困ります。旅行先で暮らしていけるはずがありません。会社員が会社の規則に則って行動するのは当然ですが、常識と柔軟性に欠けています。現場の社員の責任というより会社全体の問題です。

自分で乗降できない人はお断り、といってもまさか赤ん坊をづれまで断らないでしょう。介助者が乗降を手伝えるなら断る合理的理由はないように思います。

それにいまどき車椅子お断りという施設があることにも驚きました。車椅子なんて普通でしょうに。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle