FC2ブログ

【朝日新聞】「北朝鮮、人々の生活は」 

1月31日朝日新聞朝刊のオピニオン欄より。

文化人類学ではフィールドワークを基本としますが、北朝鮮ではできません。そこで文化人類学者・伊藤亜人氏は多数の脱北者に手記や絵を多数書いてもらって北朝鮮社会を観察しています。現実の制度からだけではわからない庶民の暮らしの実態が見えてくると、インタビューで語っています。その部分は面白いのですが、最後に語った研究の目的というのには首をかしげました。

(略)
 「いずれ北朝鮮の体制はこのままではもたなくなるでしょう。日本もひとごとではありません。北朝鮮が崩壊や体制移行に向かうならば、難民の受け入れや南北統合のための支援も必要です。北朝鮮の人たちを東アジアの地域社会の一員として迎え入れ、多様性を認め合いながら共存してゆく。そのためには等身大の人々が見えてくること、そして人道の視点は欠かせません。私の研究が、そうしたことに役立てればと思います」



われわれは北朝鮮が崩壊すると難民が出るとおどされ続けていますが、必ずしも正しいとは思いません。東ドイツがなくなる直前に出国する人(難民?)が出たのは、東ドイツ政府の国境管理の統制が緩んだことと、再度国境が閉じることの不安でした。ソ連は崩壊しても難民らしい難民は出していません。最近の中東から欧州への難民は移民とごっちゃになっている感じがあります。

難民が出るかどうかは、北朝鮮体制が崩壊した後にどんな政権が生まれるかにかかっています。

西側の価値観をもった政権に平和裏に移行するなら、わざわざ難民にはならないでしょう。それでも出国したいなら普通に移民を申請してきます。移民だったら受け入れるか入れないかは受入国の、つまり日本の判断です。

今の政権が続いたり別の政権だけど西側の価値観をもたない政権が誕生した場合、国境管理が甘くなったら難民が発生しそうです。しかしその場合、わざわざ言葉の通じないし海を渡らなければならない日本より韓国を選ぶと思います。

北朝鮮が崩壊して日本に難民が押し寄せるというのは私には想像しにくいです。


何で、日本が「南北統合のための支援」をしなければならないのか、心の底から理解できません。こういう意見を聞くと、いまだに宗主国気分が抜けないのかと思ってしまいます。


「北朝鮮の人たちを東アジアの地域社会の一員として迎え入れ、多様性を認め合いながら共存してゆく」というのは情緒過多すぎて具体的に何をしろと言っているのかさえ分かりません。北朝鮮の人は北朝鮮で頑張って生きていけばいいのであって日本人に口出しする必要は何もありません。
スポンサーサイト



【ウルトラセブン】第三十七話:「盗まれたウルトラ・アイ」

怪獣も宇宙人も出てこない回です。厳密にはマゼラン星雲人が出てきているのですが、人間の若い女性の姿に化けていて(もしかしたらマゼラン星雲人は地球人と同じ姿かたちなのかもしれませんが)、宇宙人らしい姿を見せません。

そのせいか、全体に大人っぽい回です。冒頭アマギ隊員とソガ隊員が口喧嘩をしていたり母星に見捨てられてしまったマゼラン星雲人の悲哀が描かれたりします。

マゼラン星雲人は地球侵略が目的ではありません。地球には侵略するだけの価値がない(その証拠がゴーゴークラブの退廃文化!)ということです。侵略する価値がないなら放っておいてくれればいいのに恒星間弾道ミサイル(要するに大陸間弾道ミサイルの宇宙版)を打ち込もうとします。邪魔をするであろうウルトラセブンを前もって制するために、工作員を送り込んでモロボシ・ダンからウルトラ・アイを盗ませるという作戦です。

工作員には弾道ミサイル到達前に回収すると知らされていたようですが、途中で予定が変わったのか初めからそのつもりだったのか回収の円盤は送られてきません。どういうつもりか回収できないこと通告してきたので、絶望した工作員はウルトラ・アイをモロボシ・ダンに返します。

その後工作員は姿を消します。故郷へも帰れないしいまさら地球で暮らすこともできないので自殺したという結末が匂わされています。

【テレビ】未解決事件File.06 赤報隊事件

赤報隊事件とは1987年から1990年にかけておきた一連のテロ事件で、特に1987年の朝日新聞阪神支局で二人の記者が殺傷されたことが有名です。

NHKは「未解決事件」としてこの赤報隊事件を取り上げました。1月27日、28日放送。27日は再現ドラマ、28日はドキュメンタリーです。

ドラマでもドキュメンタリーでも右翼団体の人が出てきてテロ(暴力)を肯定する発言をしていますが首肯できません。言論弾圧の社会で反対意見を表明できないというのであれば、頭からテロを否定するものではありません。しかし、朝日新聞の論調が気に食わないなら、言論で対抗できたはずです。しかも逃げ隠れして時効を迎えていたのでは世論に訴えるものはなにもありません。

知らなかったのですが、朝日新聞は事件後特命取材班を設置し新聞記事を書かずにひたすら事件を追わせたそうです。当初は時効にまでもつれ込むとは思っていなかったのでしょうが、結果的に特命取材班に配属された記者たちの人生は変わってしまいました。本当にこれでよかったのでしょうか。

また、この特命取材班は警察とは別個に動いていたので、容疑の濃い男(元自衛隊員で銃器に慣れている)に警察より先に接触しようとします。男はなにを感じたのか、脱兎のごとく逃げ出し行方をくらませ、後に自殺します。この男が真犯人だったかもしれません。もしかしたら、特命取材班が「暴走」せず、警察にすべて任せていたら、犯人を逮捕できていたのではと思わなくもありませんでした。

【朝日新聞】社説「憲法70年 野党からの重い指摘」

1月27日朝日新聞の社説「憲法70年 野党からの重い指摘」より

(略)
 あきれたのは、なぜ自衛隊明記が必要なのかをめぐる、自民党の二階俊博幹事長への首相答弁だ。
 「自衛隊員たちに『君たちは憲法違反かもしれないが、何かあれば命を張ってくれ』と言うのはあまりにも無責任だ」
 安倍内閣を含む歴代内閣は自衛隊を合憲とし、国民の多くも合憲と考えている。誰が自衛隊にそんな指示をするというのか。的外れもはなはだしい。
(略)


はて、「国民の多くも合憲と考えている」というのは何のことかと思いました。BLOGにある世論調査の結果を調べてみると、2016年の憲法記念日の特集として憲法と自衛隊の関係についての設問がありました。

◆いまの自衛隊は、憲法に違反していると思いますか。違反していないと思いますか。
 違反している21
 違反していない69

ここより

21%の人が違憲と考えているのを無視すべきとは思えません。なお、憲法学者へのアンケートでは6割が違憲との回答をしているそうです。
ここより

自衛隊の憲法への明記が必要だというのは決して「的外れ」ではないと思います。

【朝日新聞】マスコミの責任は?

1月26日朝日新聞朝刊。『傷害事件「協会には報告」 春日野親方が事情説明 大相撲』より

 自らの部屋で若手力士の暴力事件があったことが判明した春日野親方(元関脇栃乃和歌)は25日、報道陣に事情を説明した。
 それによると傷害事件は2014年9月に起きた。協会への報告義務は果たしていると明言。元横綱日馬富士の傷害事件では広報部長として協会側の対応の窓口だったが、一転して当事者に。記者からの質問に「うちの部屋として公表はしていないが、隠蔽したことはない」と話した。
 当時の協会の暴力問題への対応の体制は北の湖理事長(元横綱)を筆頭に、危機管理委員会の委員長に宗像紀夫外部理事(元東京地検特捜部長)、貴乃花危機管理部長(元横綱)、顧問として協会職員が入っていた。北の湖理事長は死去。他の2人は協会を去っており、現在残っているのは貴乃花親方1人だ。春日野親方の報告直後に記者発表しなかった協会の判断について、協会の幹部職員は「当時の委員長、担当部長、理事長らの判断だと思う」と答えた。
 傷害事件の判決が出た後にも発表がなかったことには、同じく幹部職員が「事情によりけりだが、協会員でない方の判決は個人情報保護の観点からも発表はない。少なくとも当時は。協会員なら別。すでに(2人は)引退してかなり経っていた」と説明した。


釈然としません。

刑事事件として公の裁判で判決がでているものなので、公開されてたはずです。したがってマスコミが気が付かなかったという側面があります。

協会や春日野親方が記者を集めて発表してくれなかったといって文句をいうのは報道に携わるものとしてどうかと思います。

マスコミというのは鵜の目鷹の目で事件を探しているのだとばかり思っていましたが、裁判所という公開の場をチェックしていないというのは驚きです。

これなら裁判の傍聴をして耳よりな裁判をマスコミに注進してお小遣いを稼ぐというアルバイトが成立するかもしれません。

【朝日新聞】「女中の時代」とは

1月25日朝日新聞朝刊の金融情報欄。経済気象台のコーナー(「この欄は、第一線で活躍している経済人、学者ら社外筆者が執筆しています。)は「メイドと出稼ぎと移民」でした。
 

製造業が発達しておらず、待遇のいい職場のない経済状態の国では、女性の主な仕事は家事に従事する「メイド」である。
 かつて一橋大名誉教授の尾高煌之助が「女中の時代」と呼んだことがある。彼の論文によれば、1930年当時、被雇用者として働く日本の女性の17・5%が「女中」であった。そのほかは繊維産業であった。
 イギリスの場合、1851年の国勢調査によれば、10歳以上人口の11・1%をメイドが占めていた。
 今のアセアンを見回すと、インドネシアやフィリピンはまだそのような「メイドの時代」が続いている。その多くは中卒の人たちである。
 10年前ほどまではタイもメイドが一般的だったが、最近は最低賃金の値上がりと産業の発達で、メイド希望者もメイドを必要とする家庭も激減している。
 「メイドの時代」の共通点は、地域や国からの脱出願望が強いことである。男子にも恵まれた仕事はなかったため、移民をはじめ、海外への出稼ぎが一般的だった。
 日本の場合、最初はハワイ、次に北米に移民で渡り、その後の日米関係の悪化の一因ともなった排日移民法につながった。その後は満州が多かったが、南米への移民は1950年代まで続いた。
 この50年代までの日本と同様の条件にある国が、今の世界の多数派である。
 日本はいつまで、今の「鎖国」を続けるのだろう。例えば、外国人技能実習制度は、多くはうまくいっているのだが、労働条件の悪さや過酷さの例外的事態ばかりがマスコミの話題になる。ならば労働力の受け入れという「開国」に踏み切ればよいのだが、その声は小さい。(遠雷)


日本も昔は移民を送り出していたのだから今日移民を入れないのはおかしいという理屈です。

理屈があっていません。移民とは、受け入れ国が認め行きたい人が希望することで成立します。呼ばれてもいないところに勝手に押しかけている例もありますが、これは侵略行為の一部であって、ここでいう移民とは意味が違います。

受け入れた国は受け入れればいいし(来てくれるかは別問題ですが)、受け入れたくない国は受け入れなくてもよいのです。それはその国の勝手です。

昔、日本が移民を送り出したことと、今移民を受け入れないこととは矛盾しません。

工場などで働く外国人労働者の受け入れには賛成意見があるというのは分かります。しかし外国人メイドの受け入れはそれとは異質の問題があります。

第一に、現在では掃除機、洗濯機、炊飯器など家事をこなす機械が普通の家庭に入り込んでいます。よっぽど大きなお屋敷に住んでいるのでなければ、女中をフルタイムで雇うほどの仕事はありません。

第二に、女中の給金をいくらにするかという問題です。例えば共働きで家庭が女中を雇うとしても奥さんが外でもらう給料より少ない額しか女中には払えません。そうでなければ、奥さんが外で働く意味がありません。したがって、日本の勤労者の数十%が女中の給料の限界です。

つまり、「女中の時代(女中業が成立する社会)」というのは、機械化が進んでいない、格差の大きな社会です。

我々は女中業を成立させないほどの機械文明を手にしていますし、思想の左右を問わず格差の大きな社会を望んでいません。

「女中の時代」は過去のものです。

理屈にならないことを言ってなんとしも外国人労働者を入れたい執念に寒気を覚えました。

【時事問題】安倍首相の平昌五輪出席

韓国・平昌での冬季オリンピック開会式に安倍首相が出席するとのことです。

世論調査では出席を希望する方が多いとの結果が出ています。理由は分かりませんが、オリンピック好きという人たちが多くいて、欠席によってお祭りに冷や水が浴びせられることを嫌ったのかもしれません。

一方で、開会式への出席が慰安婦合意に反する行動をとる韓国政府への誤ったメッセージを送るのではないか、とのことで反対意見もあるようです。

私としては、韓国へのメッセージ云々より、北朝鮮のテロや戦争の勃発の方が心配です。北朝鮮も五輪に参加するとのことなので可能性は低いと思いますが、行くのであれば万全の安全策を講じてもらいたいと思います。

北朝鮮のことは措いて、そもそも論ですが、いかに人気があろうと民間のスポーツ大会に外国の政治家が出席する必要があるのだろうかという疑問はあります。

そこで、どうせ行くなら、多少あざとさはありますが、オリンピックではなくパラリンピックの方に行くのはどうでしょうか。安倍首相が行けば、少なくとも日本では大きく取り上げられると思います。

【時事問題】白タク

1月22日朝日新聞朝刊。「訪日客乗せ白タク容疑 中国人の男否認 警視庁逮捕」より

無許可でタクシー営業をする「白タク」行為をしたとして、警視庁は、中国籍で自称無職の劉江波容疑者(28)=東京都杉並区上高井戸1丁目=を道路運送法違反の疑いで逮捕し、22日発表した。逮捕直後、劉容疑者は「友だちの友だちを乗せただけで、お金はもらっていない」と容疑を否認し、その後は「身に覚えがない」と話しているという。
 交通捜査課によると、逮捕容疑は昨年12月11日、無許可で自家用車にシンガポール人観光客5人を乗せ、東京都千代田区内のホテルから神奈川県内のホテルまで6万5千円で運び、翌12日にもこのホテルから羽田空港国際線ターミナルまで同じ金額で運んだというもの。途中、箱根や横浜市内にも立ち寄っていた。
 同じルートを正規のタクシーで移動すると計約17万5千円かかるという。
 訪日観光客の増加の一方で「白タク」行為が全国各地の空港や観光地で横行している。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて訪日観光客はさらに増えると見込まれ、警察は白タクへの警戒を強めている。
(略)


外国人が許可を得ず日本で商売をすることは、商売そのものが合法的なものであっても違法法です。「白タク」はそれ自体が違法行為ですから、二重に違法と言えます。

ここでは外国人ということを措いて、「白タク」の違法性について考えてみます。

よく聞く「白タク」の不正とは不当料金です。正規のタクシーが少ないところで客を乗せ相場より高い料金を請求するというやつです。

不当な請求をする「白タク」が出現する背景は、国の規制が効きすぎていることが挙げられます。自由に参入できないようにしているから、供給が絞られ過ぎているので違法を承知の悪徳業者がのさばります。

この記事の「白タク」はそういうものではありません。むしろ相場より低い料金ですので、利用者は大喜びのはずです。

では、この記事の「白タク」がなぜ出現したかというと、タクシーが十分にある街でも、相場の値段より安く提供することが可能で商売が成り立つからです。

どちらも、タクシー業界の規制が強すぎるのが原因です。言ってみれば「白タク」が違法というのは、タクシー業者のためにしているようなものです。羽田で「白タク」を警戒している警官は、タクシー業界のために働いているのと同然です。

規制を撤廃して、自由競争にまかせるべきだと考えます。

【世論調査】朝日新聞1月23日発表

1月23日朝日新聞朝刊に世論調査の結果が発表されました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、昨年12月16、17日の調査結果)
◆いまの政治などについてうかがいます。あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する45(41)
 支持しない33(38)
 その他・答えない22(21)

◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 首相が安倍さん11〈5〉
 自民党中心の内閣16〈7〉
 政策の面22〈10〉
 他よりよさそう49〈22〉
 その他・答えない2〈1〉

◇(「支持しない」と答えた人に)それはどうしてですか。(択一)
 首相が安倍さん20〈6〉
 自民党中心の内閣26〈9〉
 政策の面43〈14〉
 他のほうがよさそう6〈2〉
 その他・答えない6〈2〉

◆あなたは、いま、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
 自民党39(36)
 立憲民主党9(9)
 希望の党1(1)
 公明党4(3)
 民進党1(1)
 共産党3(3)
 日本維新の会1(1)
 自由党0(0)
 社民党0(0)
 日本のこころ0(0)
 その他の政党1(0)
 支持する政党はない34(36)
 答えない・分からない7(10)

◆野党についてうかがいます。あなたは、立憲民主党と希望の党と民進党が、国会で行動をともにする統一会派をつくることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成25
 反対40
 その他・答えない35

◆安倍首相の自民党総裁としての任期は今年の秋までです。あなたは、今年の秋以降も、安倍首相に自民党の総裁を続けてほしいと思いますか。それとも、続けてほしくないと思いますか。
 続けてほしい40
 続けてほしくない43
 その他・答えない17

◆あなたは、次の自民党総裁にふさわしいのは誰だと思いますか。(択一)
 安倍晋三31
 石破茂20
 岸田文雄6
 野田聖子8
 この中にはいない29
 その他・答えない6

◆安倍首相は新年の記者会見で、「今年こそ憲法のあるべき姿を国民に提示する」と述べ、年内に憲法改正を具体化させていくことに、強い意欲を示しました。あなたは、この安倍首相の姿勢を評価しますか。評価しませんか。
 評価する41
 評価しない42
 その他・答えない17

◆あなたは、憲法改正は優先的に取り組むべき課題だと思いますか。そうは思いませんか。
 優先的に取り組むべき課題だ32
 そうは思わない54
 その他・答えない14

◆安倍首相は、憲法9条を改正し、自衛隊の存在を憲法に明記することを提案しています。あなたは、安倍政権のもとで、こうした憲法の改正をすることに、賛成ですか。反対ですか。
 賛成34
 反対46
 その他・答えない20

◆安倍政権は、働き過ぎを防ぐためなどとして、「働き方改革」を掲げています。あなたは、安倍政権の「働き方改革」に期待しますか。期待しませんか。
 期待する46
 期待しない44
 その他・答えない10

◆日本の防衛費は、新年度予算の政府案で、およそ5兆1900億円に増え、4年連続で過去最大となりました。あなたは、このように防衛費を増やすことに賛成ですか。反対ですか。
 賛成39
 反対45
 その他・答えない16

◆慰安婦問題について、おうかがいします。2年あまり前に、日本と韓国は、慰安婦問題について、最終決着することで合意しました。その後、韓国の新しい大統領に選ばれた文在寅(ムン・ジェイン)さんは今月、日本に再交渉は求めないが、日本による被害者への「心を尽くした謝罪」などが必要だと述べました。あなたは、韓国政府のこの対応に納得できますか。納得できませんか。
 納得できる8
 納得できない79
 その他・答えない13

◆あなたは、安倍首相が、来月、韓国の平昌(ピョンチャン)で始まるオリンピックの開会式に、出席した方がよいと思いますか。そうは思いませんか。
 出席した方がよい53
 そうは思わない30
 その他・答えない17

◆北朝鮮は、平昌オリンピックに参加することを表明しました。あなたは、北朝鮮が参加することは、よいことだと思いますか。そうは思いませんか。
 よいことだ48
 そうは思わない37
 その他・答えない15

◆あなたは、北朝鮮が平昌オリンピックに参加することは、今後の朝鮮半島の緊張緩和につながると思いますか。つながらないと思いますか。
 つながる26
 つながらない59
 その他・答えない15
     ◇
 〈調査方法〉 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、20、21の両日に全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は2002件、有効回答994人。回答率50%。携帯は、有権者につながった番号は2036件、有効回答1024人。回答率50%。


この世論調査が私のところに来たと想定して回答したり、茶々を入れてみます。

>◆いまの政治などについてうかがいます。あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
支持します。

>◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。
首相が安倍さんだからです。

>◆あなたは、いま、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。
民進と希望はひどいありさまですね。次の衆議院選挙ではこの二つの政党の名前を見ることはないんじゃないかと思います。立憲民主党はここら辺が正念場ですね。野党第一党なら二けたはほしいところです。

>◆野党についてうかがいます。あなたは、立憲民主党と希望の党と民進党が、国会で行動をともにする統一会派をつくることに賛成ですか。反対ですか。
別にこれらの政党の支持者ではないので賛成も反対もありません。強いて言えば、分裂前の民進党の支持率より現在の立憲民主党の支持率が上という事実は無視できません。支持者は合流より純化を望んでいます。

>◆安倍首相の自民党総裁としての任期は今年の秋までです。あなたは、今年の秋以降も、安倍首相に自民党の総裁を続けてほしいと思いますか。それとも、続けてほしくないと思いますか。
続けてほしいです。

>◆あなたは、次の自民党総裁にふさわしいのは誰だと思いますか。(択一)
「次の自民党総裁」といって安倍晋三の名前が選択肢にあるところからみて、秋の任期切れの後のことを問うているようです。一つ前の設問で、「今年の秋以降も、安倍首相に自民党の総裁を続けてほしい人」が40%なのに、この設問で「次の自民党総裁にふさわしい」に安倍氏が31%というのはおかしなことです。質問文に混乱を感じます。回答者も混乱したのでしょう。

「この中にはいない」という選択肢も疑問です。この選択肢をやめて、「列挙された4人以外にふさわしい人がいる」と「ふさわしい人はいない/わからない」の二つを追加すべきです。

>◆安倍首相は新年の記者会見で、「今年こそ憲法のあるべき姿を国民に提示する」と述べ、年内に憲法改正を具体化させていくことに、強い意欲を示しました。あなたは、この安倍首相の姿勢を評価しますか。評価しませんか。
評価します。たとえ国民投票で否決されてもかまいません。占領下で押し付けられた憲法は、一度は国民投票にかけるべきです。

>◆あなたは、憲法改正は優先的に取り組むべき課題だと思いますか。そうは思いませんか。
「優先的に」と付けるのが恣意的です。「憲法改正は取り組むべき課題だと思いますか。そうは思いませんか」と中立的な文章にすべきです。少しでも改憲反対を増やして見せたいという底意が見えます。

>◆安倍首相は、憲法9条を改正し、自衛隊の存在を憲法に明記することを提案しています。あなたは、安倍政権のもとで、こうした憲法の改正をすることに、賛成ですか。反対ですか。
この質問文だと、憲法9条の改正に反対な人と安倍政権に改憲させたくない人がごっちゃになっています。
「(安倍政権下とは限らず)憲法9条を改正し自衛隊の存在を憲法に明記すること賛成ですか。反対ですか。」と「安倍政権のもとでの憲法改正(9条とは限らず)に賛成しますか。反対ですか」の二つに分けた方がよいです。

>◆安倍政権は、働き過ぎを防ぐためなどとして、「働き方改革」を掲げています。あなたは、安倍政権の「働き方改革」に期待しますか。期待しませんか。
期待します。

>◆日本の防衛費は、新年度予算の政府案で、およそ5兆1900億円に増え、4年連続で過去最大となりました。あなたは、このように防衛費を増やすことに賛成ですか。反対ですか。
防衛力を高めることには賛成します。予算が効率良く使われているのかどうかの判断は保留します。

>◆慰安婦問題について、おうかがいします。2年あまり前に、日本と韓国は、慰安婦問題について、最終決着することで合意しました。その後、韓国の新しい大統領に選ばれた文在寅(ムン・ジェイン)さんは今月、日本に再交渉は求めないが、日本による被害者への「心を尽くした謝罪」などが必要だと述べました。あなたは、韓国政府のこの対応に納得できますか。納得できませんか。
納得できません。ただしパク政権の後継がゴールポストを動かすことは予測していました。文政権の後継もゴールパストを動かすことでしょう。

>◆あなたは、安倍首相が、来月、韓国の平昌(ピョンチャン)で始まるオリンピックの開会式に、出席した方がよいと思いますか。そうは思いませんか。
しない方がいいです。文政権との付き合い方という側面は別として、北朝鮮にとってはアメリカに次いで日本は敵です。アメリカの副大統領は出席するそうですが、彼の場合はいざとなればアメリカ軍が保護できます。日本の総理は丸裸ですから危険極まりません。

>◆北朝鮮は、平昌オリンピックに参加することを表明しました。あなたは、北朝鮮が参加することは、よいことだと思いますか。そうは思いませんか。
どうでもよいことだと思います。

>◆あなたは、北朝鮮が平昌オリンピックに参加することは、今後の朝鮮半島の緊張緩和につながると思いますか。つながらないと思いますか。
オリンピック参加のやり取りで見えたように、これからも韓国政府が北朝鮮に拝跪し続けるなら、北による南の併合という形で「平和」が訪れます。そういう意味でよければ、朝鮮半島は緊張緩和するかもしれません。

【本】日本大使が徹底分析 韓国の大誤解

著:武藤正敏

駐韓国大使だった武藤正敏氏の本で、2016年4月に出ています。つまりパク政権の時代で、慰安婦合意(2015年12月)の後、パク大統領がひきずりおろされる(2017年3月)前です。

いわゆる「嫌韓」本のひとつと数えられているのかもしれませんが、実際は韓国への愛のある助言といった感じです。しかし、その真意が韓国に伝わっていないことへのいら立ちも著者にはあるみたいです。

気になったことが二点あります。

第一に、韓国人は建前では反日だが本音では親日だ、と著者の説です。

ちょっと信じられません。日本人に対して直接嫌なことを言う韓国人があまりいないから本音では親日だ、というのは理屈があっていません。身内だけの場所(日本人がいない場所)で言っていることや行動していることが”本音”とみなすのが正しいはずです。したがって、韓国人は建前(表面)では親日で本音は反日と考えるべきです。

第二に、韓国が反日姿勢を改めて日本と協調すれば、日本とwinwinの関係になれる、というものです。

一昔前ならそうだったかもしれません。

当初は、日本の嫌韓は韓国の反日の反射だったと思います。しかし、イ・ミョンバク元大統領の天皇侮蔑発言あたりから日本の嫌韓は自立したように見えます。いまさら韓国が日本にすり寄ってきても日本側で韓国との協調気運がわくとは思えません。

日本の一般大衆のすくなからぬ人数が、”本音”で嫌韓になっちゃっています。

【朝日新聞】北朝鮮のビラ

1月20日朝日新聞朝刊。「北朝鮮からビラ、米韓首脳を批判」より

 北朝鮮が急速に韓国に接近するなか、ソウル市内では引き続き、北朝鮮の体制宣伝と米韓を非難するビラが見つかっている。風船などを使ってばらまかれたとみられる。
 ビラはポケットティッシュほどの大きさ。漫画のトランプ米大統領が「北完全破壊」と書かれたこん棒を持っている。ハンドルのない車に乗った文在寅韓国大統領の漫画も。北朝鮮への制裁と対話を並行させる姿勢を揶揄した。
 北朝鮮は以前から、韓国の指導者や米国を中傷するビラを作ってきた。北朝鮮情勢に詳しい康仁徳元統一相によれば、ビラによる韓国市民への心理的効果はほぼないが、北朝鮮内では体制への忠誠心を示す目的で、作成や送付の動きがやまないという。


ビラの写真が添付され、以下の説明書きが添えられています。

タイトルは「ヒトラーも形無しにする老いぼれヤクザの頭目」。ヒトラーが「俺は広いロシアで2千万を殺したが、こいつはちっぽけな北朝鮮で2500万を根こそぎ? 俺よりもっと狂ったやつだな」。「北完全破壊」のこん棒を持ったトランプ米大統領は「米国に服従しなければ、根こそぎにしてやる」


二つ、面白いと思いました。

第一は、北朝鮮のビラが文韓国大統領に批判的なところです。

北朝鮮の韓国接近が米韓の離反を狙ってのことだというのは衆目の一致するところです。したがって普通に考えれば、ビラはトランプ米大統領を非難しながら、文韓国大統領には好意的、すくなくともコメントしない、というのが一般的です。

なのに文氏を批判しています。

深謀遠慮があるのか、それとも何も考えていないだけなのでしょうか。

第二に、第二次世界大戦でのロシアの死者数を持ち出したことです。ヒトラーはソ連以外とも戦争して死人を出しています。泉下のヒトラーがトランプ大統領をみて、北朝鮮の予測死者数とソ連の死者数を比べるというのは不自然です。

これは北朝鮮における世界史歴史観がソ連・ロシア経由で入っているということかもしれません。

このビラを読んだ韓国人は、”なんでここでソ連の死者数が出てくるの?”と不思議に思ったかもしれません。

【映画】劇場版 マジンガーZ INFINITY

「マジンガーZ」は、ロボットアニメの原型となった作品です。「鉄腕アトム」とか「鉄人28号」も源流なのですが、型をつくったという意味では「マジンガーZ」が始祖となります。そもそも本来的には、操縦者が乗り込む機械をロボットとは言いません。人が操縦する人型機械をロボットと言い出したきっかけは「マジンガーZ」だと思われます。

「マジンガーZ」が確立したパターンとは、敵ロボットが研究所(基地)を攻撃しヒーローロボットが撃退するのを毎週繰り返すというものです。「機動戦士ガンダム」でようやく別のパターンが生まれましたが、研究所にあたるものが戦艦(というか空母)であり敵ロボットが襲い掛かるという点では「マジンガーZ」型と言えなくもありません。「エヴァンゲリオン」に至ってはもっとあからさまな「マジンガーZ」型です。

このように「マジンガーZ」の与えた影響は多大なものです。

さて、「マジンガーZ」の新作映画ですが、後日談という形です。観客はほぼオールドファンと見受けました。10年ほどまえにも新作(真マジンガー 衝撃! Z編)がTV放映されましたが、あまり話題にならなかったので、残念ながら、最近の子供に知名度があるとは思えません。

昔のファンは大人になってしまったので、もっとシリアスに寄せればいいと思ったのですが、内容は子供向けです。その割には「エヴァンゲリオン」っぽいことをしているチグハグさが気になります。昔の雰囲気(子供向け)につくりたいのであれば、後日談ではなく、リメイクにすべきだったと思います。

機械獣も大量に出てきて大量にぶっ壊されるというのは、TVシリーズのように積み重ねてきた後の最終話であれば納得ですが、いきなり映画でやられると味気ないものです。

「宇宙戦艦ヤマト」の新作シリーズも「ジャイアントロボ」の新作シリーズも満足のいくものでしたが、「マジンガーZ INFINITY」はちょっと残念な結果でした。

【朝日新聞】顔黒塗りは差別なのか?

1月19日朝日新聞朝刊「顔黒塗りのネタ、批判を考える 差別意識無くてもやめて」より

 大みそかの日本テレビ系の番組で、お笑い芸人が黒人俳優に扮する際に顔を黒く塗る「ブラックフェース」をしたことに対し、批判の声が広がっている。多様な国籍の人が暮らし、外国人が増える日本社会で、この批判をどう受け止めるべきなのか。
(略)
 「#日本でブラックフェイス止めて」。番組を見ていた米国出身で在日13年の黒人作家バイエ・マクニールさん(45)はツイッターに投稿した。その時の気持ちを「悲しみ、怒り、心配など何とも言えない複雑な心境になった」と振り返る。
 これらの投稿に、賛同のほか、「コスプレなだけ」「日本人に差別意識はない」などの反対意見も寄せられた。マクニールさんは「意図しない差別」であっても、見て見ぬふりをすべきではないと考える。「差別だと自覚しないと、将来にわたって繰り返れる」
 日本では、店員に話しかけると一緒にいる日本人ばかり見て話されたり、電車で自分の隣の席だけ空いていたり、無意識であろう行動に嫌な思いをすることがある。2020年には東京五輪・パラリンピックがある。「ますます外国人が訪れることは明らかです。日本は外国の人たちの文化にも適応しなくては」
(略)


 番組は観ていませんが、テレビ局やコメディアンに黒人を愚弄する意図はなかったようです。しかし、コメディーなのですから誇張した表現で笑いを誘うものでもあったのでしょう。公平に言えば、その点でオペラの「オテロ」で白人俳優が黒塗りで主役を演じるのとは異なります。

しかしながら、外国人のこのような指摘は不快に感じます。

第一に、倫理について欧米に指図されることの不快さです。なんでアフリカを食い物にしてきた欧米から、黒人差別の説教をされなければいけないのでしょうか。「コスプレなだけ」「日本人に差別意識はない」という意見がでるのは当然です。

第二に、気に食わないことがあると「差別!差別!」と声高に叫ぶ人への不快感です。

外人と日本人がいっしょにいれば、日本語が通じない可能性を考えて日本人に向かって喋るのは不思議ではありません。差別とは違います。

電車で自分の隣に誰も座らないというのは、よくある妄想の一つです。もしかしたら差別意識で座らない人もいるかもしれません。しかしそうであっても、外人の隣に座りたくないというくらいはその人の内心の自由です。話しかけられたら困ると思っているだけかもしれませんし。

欧米人の”鯨食うな”とか”黒塗りするな”とかは正直言ってもうウンザリです。

【ウルトラセブン】第三十六話:「必殺の0.1秒」

ペガ星人登場

地球防衛軍の射撃大会で決勝に残ったのがウルトラ警備隊のソガ隊員と参謀本部のヒロタ隊員です。二人は友人だったのですが、ヒロタ隊員のライバル意識からギクシャクした関係にあります。ソガ隊員は謎の転倒でヒロタ隊員が優勝しました。

実は、ソガ隊員の転倒は、ヒロタ隊員と取引をしていたペガ星人の仕業でした。どんな技術だかよく分かりませんが、科学的なものではなく魔術的な感じです。ライバルに嫉妬する心につけ込むあたりはメフィストフェレスの物語みたいなので魔術でもいいでしょう。

ペガ星人がヒロタ隊員と取引したのは、人口太陽計画を阻止するためでした。来日した博士(実は偽物)を暗殺しますし、ついでにいっしょに護衛をしていたソガ隊員も撃ちます。

ヒロタ隊員に不審を抱いたソガ隊員は誘拐さえ、ペガ星人の円盤に連れ去られます。ペガ星人は地球の気圧に耐えられないから人間を催眠術で操っていると、計画をペラペラ喋ります。そしてソガ隊員もペガ星人の催眠にかけられます。

取引なしで催眠だけだったからかソガ隊員は自我を取り戻しますが、ヒロタ隊員は催眠にかけられたままです。ソガ隊員とヒロタ隊員は悲しい一騎打ちを強いられました。

「ウルトラセブン」特有の、大人っぽい話です。ウルトラセブンが活躍するから子供でも楽しめますが、大人にならないと本当には理解できない話だと思います。

ところで、ペガ星人は地球の気圧に耐えられないのに、なんで地球を攻撃しようとしてきたのでしょうか。

ウルトラセブンとの会話では「地球を太陽系侵略の基地にする」と言っています。地球自体に価値を見出していないけど、太陽系のどこかを攻略するために地球が必要だったということです。してみると、この世界では太陽系には地球人類とは比較にならないくらいの警戒すべき何かがいて、それがペガ星人と利害を別にしていた、ということなのでしょうか。

【朝日新聞】「TVの性的少数者」

1月17日朝日新聞朝刊の文化欄。「TVの性的少数者、多様に キャラ化せず、日常をドラマに」より

 LGBTという言葉が広まり、性的少数者への理解が進みつつある今、テレビ制作者の中でも当事者の「多様性」に目を向けようとする人たちが出てきた。「おネエ系」タレントを多用し、ともすれば一面的に性的少数者を描いてきたテレビは、これからどう変わっていくのか。
 (略)
 ドラマでも当事者の多様性に目を向ける制作者が出てきている。フジ系で18日に始まる「隣の家族は青く見える」の中野利幸プロデューサー(42)は「マスメディアは同性愛者をコミカルにキャラクター化することが多い。そうじゃない描き方もしたいと思った」。
(略)
 三鬼一希制作統括(48)は「『少数者』が当たり前にドラマの中に存在することが日本ではまだできていない。とりたてて注釈はつけずに、自然に描いてみたいと考えた」と話す。
(略)
 一方、バラエティー番組では一面的な描き方が目立つ。登場する多くは「女性的」な話し方や服装をする「おネエ系」と呼ばれるタレントたち。男性に生まれ女性として生きるトランスジェンダーや、ゲイなどの中の一部の人をメディアが分類したものだと風間孝中京大教授(ジェンダー論)は説明する。「そうした振る舞いの人しかテレビに登場させないことで、メディアに出てくる『定型』以外の人を不可視化してきた」
(略)


ドラマやバラエティー番組で性的少数者がステレオタイプの描き方ばかりされていることを報じたものです。

私は、バラエティー番組は観ませんし、日本のドラマもほとんど観ません。観るのはもっぱらアニメーションという偏った視聴者なので、アニメでの性的少数者の扱いを述べます。

日本のアニメーションにはBLものと呼ばれる男性同性愛者を描いたものや百合ものと呼ばれる女性同性愛者を描いたものがあります。BL関係の作品を通して観たことはありませんが、百合ものは観ないでもありません。主人公のもともとの嗜好だったり、同性愛であるいことを明確にせず暗示だけする話が多いようですが、主人公のことなのでバカにしたような描き方はありません。

また記事にもあるような「おネエ系」的なキャラクターが出る場合もあります。これは脇役ですので、人によっては馬鹿にされているような気がするかもしれません。ドラマやバラエティー番組の事情と同じようです。

私が知っている限りですが、アニメで最初に登場した性的少数者は「セーラームーン」です。一番最初のシリーズの敵幹部の中に男性同性愛者の二人がいました。これは笑いととるためではありません。敵方ながら、いたって真面目に描かれていて悲恋の物語として完結します。

いままで「セーラームーン」の原作は少女漫画なので男性同性愛者が一般的なのだからだとばかり思っていました。しかしこの記事を書くためにウィキペディアを調べたら、同性愛設定はアニメ特有だったそうです。ちょっとびっくりしました。

スウェーデン出身で日本で活躍している漫画家オーサ・イェークストロム氏のエッセイ漫画「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」によりますと、スウェーデンで「セーラームーン」が放映された時は、同性愛という設定はなかったことにして、片方を男装の麗人ということにしたそうです。絵は作り直せないから吹替で処理したのでしょう。

イェークストロム氏によると、スウェーデンのアニメファンには二つの説が囁かれていました。一つ目の説は、当時同性愛者をテレビに登場させることに抵抗があったという説(現在は普通に登場しているそうです)。二つ目の説は、同性愛者が悪者だと偏見を助長するとおそれて避けたという説です。

真実は分かりませんが、1992年の「セーラームーン」に現代にも通じる問いかけがあったことに気づかされました。

はたして今日のドラマ制作で「性的少数者を当たり前に扱う」と言って、敵役で出すことができるでしょうか?

【時事問題】トランプ発言は人種差別なのか?

トランプ大統領のshitohole発言が波紋を呼んでいます。1月14日の朝日新聞の記事を引用します。
 

トランプ米大統領が11日、米国への移民が多いハイチや中米、アフリカ諸国を「屋外便所(shithole)のような国」と呼んだことについて、米メディアは一斉に批判した。
(略)
 AFP通信などによると、アフリカ諸国の国連大使らは12日、「撤回と謝罪」を求める共同声明を発表。声明とは別に、「米国の大統領による、無礼で人種差別主義的で、外国人嫌悪の発言にがくぜんとし、強く非難する」と憤りを表し、「米国政府がアフリカ大陸や有色人種を侮辱する傾向が続き、広がっていることを懸念する」とも指摘した。
 セネガルのサル大統領はツイッターに「発言を拒絶し、強く非難する。アフリカと黒人は尊敬に値する」と投稿した。南アフリカの与党アフリカ民族会議の幹部も「非常に無礼だ」と批判。ウガンダの閣僚からは、アフリカ連合(AU)の会合で対応を協議するべきだとの声が出たという。
 中米エルサルバドルのサンチェス大統領は12日、「正式な抗議を示すとともに、断固としてこのような表現を拒否する」と表明。カリブ海の島国ハイチの政府は「ハイチ人社会と、その米国への貢献について、全く事実と異なった人種差別的な見解だ」と批判した。
 反発はイランでも。イラン学生通信によると、同国の有力国会議員、ボルジェルディ安保外交委員長は12日、「トランプ氏はこの『屋外便所』発言で、世界中の有色人種を敵に回すことになった」と批判した。


トランプ大統領はこの発言があったことを否定しているみたいですが、真偽のほどは分からないので、ここではあったと仮定します。

発言自体は無礼で無神経なもので非難されるのは当たり前です。しかし「人種差別」との評には首をかしげます。報道によれば、トランプ大統領はこれらのshitholeの国からでなくノルウェーとかアジアから人を入れろ、と言ったとされます。ノルウェーはともかくアジアを持ち出している以上、発言の背景に人種偏見があったとは言いにくいのでないでしょうか。

トランプが差別したのは人種ではなく、民度といったものと考えるのが妥当です。もちろん、ハイチ・中米・アフリカの民度が低いというのはトランプ氏の決めつけで、それはそれで問題発言であることに変わりはありません。しかし、人種差別と非難するのは無理だと思います。

白人が気に入らないことを言うと反射的に「人種差別」と応酬するのは生産的だとは思えません。どこに非があるのかを理をつくして反論するのではなければ、言論はやせほそるばかりです。

【アニメ】2018冬調査(2017/10-12月期、終了アニメ、64+3作品) 第47回

アニメ調査室(仮)さんで行っているアンケートに投稿しました。
評価基準は
S : とても良い(第3回より追加)
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

詳細なレビューはリンク先をご覧ください。
01,Dies irae,F
02,Infini-T Force,x
03,Fate/Apocrypha,x
04,100%パスカル先生,x
05,aiseki MOGOL GIRL,x
06,わしも wasimo (5期),x
07,Wake Up Girls! 新章,x
08,Code:Realize 創世の姫君,x
09,ラブ米 WE LOVE RICE 2期,x
10,王様ゲーム The Animation,E

11,UQ HOLDER! 魔法先生ネギま!2,x
12,TSUKIPRO THE ANIMATION,x
13,GLAMOROUS HEROES,x
14,血界戦線&BEYOND,x
15,DYNAMIC CHORD,F
16,Just Because!,x
17,EVIL OR LIVE,x
18,URAHARA,x
19,つうかあ,A
20,宝石の国,x

21,十二大戦,C
22,あめこん!!,x
23,いぬやしき,B
24,ブレンド・S,x
25,このはな綺譚,x
26,少女終末旅行,x
27,アニメガタリズ,x
28,おにゃんこポン,x
29,ネト充のススメ,x
30,戦刻ナイトブラッド,x

31,大正ちっちゃいさん,x
32,ディアホライゾン (被),x
33,アイドルマスターSideM,x
34,うっかりペネロペ (4期),x
35,お酒は夫婦になってから,x
36,マーベル スパイダーマン,x
37,クジラの子らは砂上に歌う,C
38,ラブライブ! サンシャイン!! 第2期,x
39,アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 第2期,x
40,トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察,x

41,キノの旅 the Beautiful World the Animated Series,x
42,お見合い相手は教え子、強気な、問題児。,x
43,僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件,x
44,ラララ ララちゃん ウチューにムチュー,x
45,シルバニアファミリー ミニストーリー,x
46,魔法陣グルグル 新シリーズ,x
47,干物妹! うまるちゃんR,x
48,食戟のソーマ 餐の皿,x
49,縁結びの妖狐ちゃん,x
50,鬼灯の冷徹 第弐期,x

51,将国のアルタイル,B
52,妹さえいればいい。,B
53,ドリフェス! R (2期),x
54,プリプリちぃちゃん!!,x
55,ボールルームへようこそ,x
56,妖怪アパートの幽雅な日常,x
57,結城友奈は勇者である 勇者の章,x
58,結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章,x
59,(ネット配信) 拡張少女系トライナリー,x
60,(ネット配信) モンストアニメ 消えゆく宇宙編,x

61,(特番) Fate/Grand Order MOONLIGHT/LOSTROOM,x
62,(特番) Fate/Grand Order × 氷室の天地 7人の最強偉人篇,x
63,(特番) 探偵オペラミルキィホームズ アルセーヌ 華麗なる欲望,x
64,(特番 3話) ファイアボール ユーモラス,x

t1,(特番 6話) ROBO MASTERS THE ANIMATED SERIES,C
t2,(特番 6話) いつだって僕らの恋は10センチだった。,x
t3,(ネット配信) 夢王国と眠れる100人の王子様 ショート,x


「Dies irae」:話がさっぱり頭に入らないので切りました。元のゲームを知らないと無理みたいです。
「王様ゲーム The Animation」:文句なしの駄作です。腹が立つやら呆れるやら。
「DYNAMIC CHORD」:あまりにも動かない作画なので切りました。
「つうかあ」:Aにしたのはちょっと甘めかもしれませんが、逸品です。
「十二大戦」:文字に特化した原作だったためでしょうか、チグハグ感がありました。
「いぬやしき」:グロいですが、作品としてはきれいにまとまっています。
「クジラの子らは砂上に歌う」:中途半端感が半端ありません。
「将国のアルタイル」:壮大な歴史絵巻への挑戦に好感を持ちました
「妹さえいればいい。」:原作同様面白かったです。
「 ROBO MASTERS THE ANIMATED SERIES」:中国アニメも結構な水準だと感心しました。

【映画】否定と肯定

1994年、イギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポール)が唱えるホロコースト否定論を自著「ホロコーストの真実」で否定していたユダヤ人の女性歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)は、アーヴィングから名誉毀損で提訴される。やがて、法廷で対決することになった彼女のサポートのためイギリス人による大弁護団が結成され、歴史の真実の追求が始まり……。


この映画の公開前にリップシュタット氏へのインタビュー記事が新聞に載りました。このBlogでも取り上げています。

映画の冒頭、リップシュタット氏は教え子の学生に、”なぜホロコーストがあったと断定できるのか?”と問いかけます。学生はあれこれ答えていますが、リップシュタット先生が学生の意見を次々と否定し自身の回答を示す前に場面が変わります。映画的には、映画の中で回答が示されますよ、という作りでしょう。それなのに、リップシュタット氏は、”ホロコーストがなかったというのはプレスリーが生きていたと主張するのと同じだ!”という謎理論を振りかざすだけで、まともに答えません。アウシュビッツで証拠を集めようとする自分が雇ったイギリス人弁護士にも冷たい目を向ける始末です。

日本人にとってはアメリカもイギリスも外国なので分かりにくいのですが、アメリカ目線で描いたこの映画は、おかしな国イギリスで孤軍奮闘するアメリカのタフな女性という構図です。

リップシュタット氏は、”私はアメリカ人だから”という理由にもならない理由で開廷日にイギリス法廷での慣習である裁判長へのお辞儀をしません。イギリス弁護士の法廷戦術も気に食わず当たり散らします。なのに、勝訴を言い渡されることが分かっている日はちゃっかりお辞儀をしますし、勝利後は弁護士を手放しで称賛します。

イギリスでは被告側が立証責任を負う(アメリカとは反対)というのも、イギリスは変な国ということを強調するために使われます。正直言って、この説明は私には理解できませんでした。名誉棄損なのだから原告はどういう風に自分の名誉を汚されたのかを主張し、被告はそれが名誉棄損には当たらないことを主張するというのが普通で、実際裁判もそういう風に進んでいました。アメリカとどう違うのでしょうか?

制作者の意図に反していますが(もしかしたらそういう意図を隠していたのかもしれませんが)、私には映画のリップシュタット氏は鼻持ちならないアメリカ人にしか見えませんでした。


参)【朝日新聞】映画「否定と肯定」公開前のインタビュー

【展覧会】墨と金 狩野派の絵画

於:根津美術館

日本絵画のメインストリームだった狩野派に焦点を当てた展覧会です。

狩野派といえば、よく言えばオーソドックス、悪く言えば伝統に閉じこもった一派みたいなイメージで、西洋絵画で言えばアカデミズムみたいにみなされています。この展覧会では、そうした見方を排し、狩野派の革新性をみようというものです。

題名の「墨」は中国の水墨画の伝統。「金」は日本のやまと絵の伝統。「墨と金」としたのは、狩野派が中国絵画に学びながらも日本の伝統である金をもちいた表現を確立したことを象徴するためです。

すべて根津美術館の所蔵作品で占めたためか、永徳の作品がないのが残念です。もっとも歴史の長く、かつ意外にも作風が多岐にわたる狩野派のすべてをいっぱんに見せるのは無理があったのでしょう。

結構、中国人観光客をはじめとして外人が目立っていました。中国人には狩野派の絵はどう映っているか興味があります。

2月12日までです。

【朝日新聞】おかしなドラマ評

1月11日朝日新聞朝刊テレビ欄。テレビ朝日が同日夜8時から放送するドラマ「白日の鴉」を井上秀樹(記者?)氏が評しています。全文を引用します。

映画「それでもボクはやっていない」から11年経つが、痴漢冤罪のドラマでは相変わらず捜査機関が容疑者を犯罪者と決めつける。報道する側の一人として考えさせられる。
新人巡査の新田(伊藤敦史)は痴漢の疑いで会社員の友永(遠藤憲一)を逮捕した。だがふとしたことから事件そのものを疑い始める。罪を着せられた男の絶望感は伝わるが、新田が海千山千の弁護士・五味(寺尾聡)と事件を解決する過程は、やや時間に追われた感じ。
無実を証明する難しさの例えで使われた「悪魔の証明」は、国会で攻撃された人物の口ぐせ。「可能性が1%でもあれば賭けるんだ」と五味が疑惑を晴らそうとしたように、妻や長年の友人に公の場で釈明させればいい。ドラマよりも簡単だし。


ドラマは観ていませんが、この評にあるとおり、やってもいない痴漢容疑をかけられた人がいて、その疑いを弁護士と巡査が晴らすという物語だと思います。つまりやってもいない罪でも逮捕起訴されると無罪を勝ち取るのは大変だ、という視点なのでしょう。

井上氏も「報道する側の一人として考えさせられる」と疑いをかけられた側に立っているかのようことを書いています。

しかし、モリカケ問題の安倍総理とドラマの会社員友永が同じ立場だと気づいたら、一転「妻や長年の友人に公の場で釈明させればいい」ときました。

ドラマでは多分、無実を証明しなければ有罪になるからなんでもかんでもやったのでしょう。しかしそれは日本の司法制度の理不尽さとして提示されたものです。

にもかかわらず、「妻や長年の友人に公の場で釈明させればいい」と容疑者側が無実を証明するのが当然と主張するのはどうかしているとしか思えません。

ドラマの評とは別の場で、モリカケ問題について関係者の国会での証言を求めるというのであれば分からなくもありませんが、このドラマの評の中で言うのは間違っています。

そもそもドラマの評で直接関係ないモリカケ問題を持ち出すこと自体が歪んでいるとも言えますが。

【朝日新聞】女房の浮気の通報先は?

1月10日朝日新聞の記事から

昨年1~11月に全国の警察が受理した110番通報は820万6502件で、前年同期より7万5733件(0・9%)減った。このうち約2割が緊急性がなく、110番にふさわしくない通報だった。10日の「110番の日」を前に警察庁が発表した。
 同庁によると、全体のうち159万3478件(19・4%)で緊急性がなかった。「妻が浮気をしているようだ。帰りが遅い」「トイレが詰まっている」といった通報のほか、事件に遭ったという虚偽通報もあったという。
 同庁は、通報は事件や事故、人命救助など緊急性のあるものにとどめ、その他は「警察相談専用電話」(#9110)にかけてほしいと呼びかけている。



#9110ではなく、#7119は良く使っていました。ここに電話すると、家族の具合が悪くなった時に病院につれていくべきか否かの相談に乗ってくれます。救急車を呼ばずに家族が連れていける場合も近所で開いている病院を探してくれます。本人は、医者でもないくせに”寝ていれば治る”などと強がって病院に行きたがらない場合でも、#7119から病院に行った方がいいとアドバイスがあれば、第三者の客観的意見なので納得することも多く助かります。

119番は救急車か火事の連絡、#7119は医学的判断や病院の紹介と機能が分かれているので二つに分けるのは合理的です。つまり、#7119は緊急かもしれないけど緊急とは断定できない連絡先になります。

一方、警察相談専用電話(#9110)の本来の用途というのは何なのでしょうか。犯罪の通報や人命救助で、緊急かもしれないけどもしかしたら緊急でない用件、というのがあるのでしょうか?

まさか、女房が浮気しているかもしれない時は110番でなく#9110に電話しろ、というわけでもないでしょう。

【アニメ】つうかあ

よくあるひらがな四文字アニメで、題材はサイドカーレースです。

サイドカーと言えば第二次大戦中にドイツ軍の将校が乗っていたのが記憶にあります。あとは、キカイダーとかコードギアスでお馴染みですが、現物が走っているのを見たことはありません。しかし、レースになるとあんな無茶苦茶な運転になるのかと驚きました。そういう知識を得られただけでも価値があります。

絵的にも、パッセンジャー(運転しない方の人)の女の子が重心を変えるために肢体をくねらせるというのもなかなかの眼福でした。アニメーション映えがします。

ギスギスした人間模様が多いのですが、南国の島が舞台のせいか、終始からっとしていて後味は悪くありません。

格差コンビの和解は見えていましたが、SMコンビや双子コンビの話はどう落ちをつけるのか見当もつきませんでした。なかなか練ってあると思います。ギャグとシリアスのバランスが良く飽きさせません。

過去のレースを題材としたアニメと比べマシンのスピード感には欠けます。また、過去と現在の切り替えが多いせいか、それぞれのエピソードが来島から何日くらい経っているのかが分かりにくいのも難点です。

しかし、そうした欠点を差し引いても優れた作品だと思います。今季ではこれが一番面白かったです。

【朝日新聞】「10代の妻」とは?

1月7日朝日新聞の記事です。

 妻を殴るなどしてけがをさせたとして、警視庁が経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)=東京都港区港南4丁目=を傷害の疑いで6日に逮捕していたことが、同庁への取材でわかった。容疑を否認しているという。
 高輪署によると、逮捕容疑は5日午後7~9時ごろ、自宅で10代の妻を転倒させて腕にかみついたり、顔を平手で殴ったりして約1週間のけがを負わせたというもの。口論が発端になったといい、妻が110番通報して発覚した。
 三橋容疑者は2010年の参院選比例区に自民党から出馬し、落選した。


「10代の妻」という表現に引っかかりました。

昔だったら大店の隠居が若い後妻をもらうというのはあり得ますが、48歳の旦那に19歳だか18歳だかの妻というのは、今日では不法ではないものの、不自然です。

しかしながら、事件の報道としてこういう情報を流すのは違和感があります。

奥さんが45歳だったら、わざわざ「40代の妻」とは書かないと思います。報道にはできるだけ客観的な事実を載せるべきで、それには被害者の年齢も含まれる、という主張であるなら「10代」ではなく、「17歳」とか「19歳」とか具体的な年齢を書くべきです。現に加害者は48歳と報じています。

奥さんの年齢ははっきりしなかったけれど、「10代の妻」と書くことで猥雑感を出して貶めてやろうという意識があった、と勘繰られても仕方ありません。

【アニメ】いぬやしき

原作は未読。

おじさんが主人公というちょっと変わった設定です。

冴えないおじさんが癌で余命いくばくもないと知り、なにかをなしとげようと、つまり生きようとするというところが、黒澤明の「生きる」に共通しています。

主人公はまだ会社員なので60歳前だと思いますが、かなりふけた容姿で、おじさんというよりおじいさんという感じです。

よく考えたら、「生きる」の主人公も勤め人だったのに老けていました。調べたら「生きる」は1952年の作品で、主人公を演じた志村喬(1905年生まれ)はそのとき47歳です。一昔前の40~60歳はああいった感じだったのかもしれません。サザエさんの磯野波平 氏もまだ勤め人なのに外見はあんなですから・・・

余命がない主人公ですが、宇宙人(?)に体を作り変えられてしまい、その力で意味のある生を生きることになったわけですが、肝心の癌がどうなったのかがわかりません。他人の病気を治せるのだから完治したのでしょうか?

主人公と対立する青年が魅力的です。正義ではありませんが単純な悪でもありません。気になったのは、政府・警察は彼の能力を知っていたみたいですが、それが何に由来すると考えていたのでしょうか。警察だけでなく一般大衆も彼が異常な力を持っているのを知っていたはずです。犯罪者としての彼は脅威ですが、それ以上の彼の力がどこから来たのかは大問題になるはずです。そこら辺が描かれてないのはちょっと不満です。

宇宙人が事故で二人を殺してしまったから機械の体にして生き延びさせたというのが発端です。そうなると、間接的ですが自分たちの介入で大量殺人が起きたり、逆に病気で死ぬはずの人間が生き延びたり、さらには隕石で滅亡するのを回避できたりしたのは、宇宙人の倫理観としてはどういう解釈になるのでしょう。いろいろ想像できて興味深いです。

きれいにまとまっています。良作です。

【朝日新聞】技能実習生を雇うこととは日本人を雇うのと変わらないのか

朝日新聞にはGLOBEという別冊子の日曜版があります。本誌とどういうすみわけをしているのか方針は知りませんが、題名の由来通り外国との関係を主に取り上げている感じです。また、比較的長い分析記事が載ります。

1月7日のBLOBEに「いまでも日本で働きたいですか?」(朝倉哲也記者)という外国人労働者に関する記事が載りました。

(略)
技能実習制度で外国人を雇うのは、小さな事業者にとっては、実は決して軽くはない負担だ。中間組織に様々な経費を払い、実習生の生活の面倒も見ないといけない。「コストは日本人を雇うのと、あまり変わらない」との声も聞く。それでも実習生を雇うのは、日本人の働き手がいないからだ。
(GLOBE記者・浅倉拓也)


「コストは日本人を雇うのと、あまり変わらない」というのに引っかかりました。

技能実習生を雇うコストは日本人を雇うコストよりも低いのは明らかです。すぐそのあとで「日本人の働き手がいないからだ」と言っているのが証拠です。つまり同じコストでは日本人は雇えません、ということです。

矛盾したことを平気で言っています。

そもそもある額以上のものを人を雇う経費に使いたくない、というのが大前提にあるのでしょう。

労働者を搾取することしか頭にない経営者はさておき、それを聞いた浅倉記者が変だとは思わなかったというのも不思議です。

可愛そうな外国人労働者がいます。経営を頑張っている中小企業がいます。頑なに外国人労働者を認めない悪い政府がいます。というステレオタイプの図式にあてはめてしか考えられないのでしょう。

【映画】ゴッホ 最後の手紙

英・ポーランド合作のアニメ映画

フィンセント・ファン・ゴッホの死の真相を求めてゴッホの友人の息子が関係者を訪ね歩き、生前のゴッホに肉薄します。

結局、はっきりした回答はでないので話としては消化不良で終わります。

しかし、この映画の価値はそんなところでははかれません。アニメーションの絵をゴッホ調の油絵(総枚数62450枚、1秒12枚、125人の絵かきによる)という正気を疑いたくなる映画です。

アニメーションとしては動きにムラが多く不自然なのですが、それが奇妙な迫力を持っています。ゴッホの絵が動き出した、という面白さではなく、こうした映像を作り出す、良く言えば職人気質、悪く言えば狂気にあてられました。

メイキング映像つきのDVDが出たら買ってみたいです。

【死後整理】相続税

人が死ぬと、残された家族には大きな仕事が待っています。相続税の申告です。

ただし、相続税の申告は全員がするわけではありません。現在の法律では資産が

3000万円+(法定相続人×600万)

以下の場合は申告は不要です。この額を基礎控除といいます。

基礎控除を超えたとしても必ずしも相続税を収めるとは限りません。基礎控除以外にも配偶者控除とか、小規模宅地の特例などを使えば相続税を減額したり、ゼロにしたりもできます。基礎控除以外の控除を使って相続税がゼロにする場合も申告は必要です。つまり

イ)基礎控除以下なので申告しない。相続税は納めない
ロ)基礎控除を超えているが、特例を使う申告をして相続税を納めない
ハ)申告をして相続税を納める

の3パターンです。ロ)とハ)の場合は、一定期間内(現在は10か月)に税務署への書類提出が必要になります。

税理士に頼むと書類を書いてくれますが、税理士によるのでしょうが数十万の手数料がいるみたいです。

私は相続税の知識なんてなかったのですが、自力で申告書が書けました。素人でもできなくはないと思いますが、税理士に頼んで手間を省くという考えもあり得ます。

税理士を頼むメリットは節税効果が期待できる場合です。この場合は、節税分より税理士費用が上回ったら本末転倒になります。銀行預金などは税理士が計算しようが素人が計算しようが額に違いはでません。不動産や家業の算定などは、税理士のテクニックで節税できる余地があるかもしれません。

【アニメ】ロボマスターズ

日中合作です。

題材は大学生のロボットコンテスト。実際にこういう名前の大会があるみたいです。

パイロット版のつもりなのか全6話と簡潔ですが、中途半端な終わり方はしていません。きれいに収まっています。

あこがれの人がロボマスターズから急にいなくなったことでロボマスターズに距離をおいた主人公やらロボット制作の方針の違いから仲間割れをした先輩といったように結構リアルな人間描写もあります。

日本アニメの悪癖ともいえる変な髪の毛の色(黄色だの赤だの青だの)の人はいません。中国人のセンスかもしれませんが、これは良いことです。

クライマックスのバトル(校内の予選)は、攻守が二転三転する見事なシナリオでした。

地味かもしれませんが良作です。

【朝日新聞】中高年の引きこもり

12月30日朝日新聞朝刊「8050危機 ひきこもる子は47歳。このままでは共倒れ」より

 平成とは、家族の姿が静かに、だが劇的に変わった時代だった。ひきこもる中高年の子どもを支え、老後を迎えても保護者の役割からおりられない。いま、そんな高齢の親たちが増えている。人生100年時代の新たな家族危機だ。
 その86歳の男性は、補聴器をつけて最前列で熱心にメモをとっていた。
 元高校教諭。10月に東京都内で開かれたKHJ全国ひきこもり家族会連合会の全国大会に、福岡県から泊まりがけで参加していた。
 長男は47歳。ひきこもりはバブル経済さなかの1989(平成元)年から続き、29年目になる。「あと3~4年の命でしょうが、ひきこもりの解決を考えることが使命。できるだけのことをしてあの世にいこうと思っています」
 深刻さを増すひきこもりの長期・高年齢化。
 長男が心に変調をきたしたのは大学受験がきっかけだ。第1志望の国立大に不合格となり、不本意ながら別の大学に進んだものの、すぐ実家に戻った。以来、バブルの崩壊やIT社会の到来、大震災など、世の中が揺れ動くなか、社会との接点をほとんど持たずに生きた。アルバイトも続かなかった。
 男性の退職金も底をつき、「このままでは親子とも破綻する」と思い詰めた。意を決し、4年前、息子を残し賃貸の高齢者住宅に妻(82)と転居。今夏から息子は1人で生活保護を受けて暮らす。
 気をもむのは生活保護切り下げのニュースだ。「40代後半で経験もなければ企業も雇うはずがない。生活保護を打ち切られたら本当に行き場がない」
 まじめで高校の成績はトップクラスだった。「生んでくれてありがとう」。去年の父の日に届いたはがきを、幾度も読み返す。
 高齢者がいる世帯で「親と未婚の子のみ」世帯が、昭和の多数派だった「3世代」世帯の比率を上回ったのは2009(平成21)年。生涯未婚率の上昇、雇用の不安定化など、平成に生じた問題が背景に折り重なる。
 「親がいなくなったら、どないなるんやろ」。京都府の80歳女性はうつむく。40代半ばの息子と2人暮らし。30歳を超えてからほぼ自宅にこもる。「僕をホームレスにするんか」「親やったら助けてくれ」。息子の言葉に追い詰められる。
 女性は「市民の会エスポワール京都」(京都府)の交流会で苦悩を打ち明けた。「わたしらのような人がたくさんおるんやなと思って、少し救われました」。同会は40~50代のひきこもりの子と家族を支援するため今春から活動を始めた。代表の山田孝明は「家族だけの問題でなく社会問題だ」と話す。参加者は約140人に達した。60代から80代の親たちだ。
 「老老」でも「独居」でもない親子の深い孤立。80代の親と50代の子の世帯の困難という意味で、「8050(はちまるごーまる)問題」と呼ばれる。
(略)
20~30年先の未来、わが子やきょうだいがひきこもり、孤立しないと断言できる人はいない。超高齢社会では誰もが当事者になりうる問題だが、親の過保護だ、本人の甘えだという自己責任論は根強い。
「社会で支える合意ができていないなかで、親たちはどんどん高齢化していく」。ある親の言葉が胸に残る。かつて介護保険によって介護問題を「社会化」したように、孤立する親子を社会で支える仕組みをつくれるか。ポスト平成に引き継がれる宿題だ。


20~30代の問題だと思われていた引きこもりですが、解決をしなかったためにかすでに50代の引きこもりが出始めているそうです。高齢者の親が生活を支えていましたが、親が死んだあとのことを親も本人も心配しているそうです。

ちょっとおかしいのではないかと思いました。

収入も貯金もなく金づるの親が死んだら大変だというのはその通りなのでしょうが、現在一人暮らしや妻子がいる人でも収入と貯金がなければ大変だというのは同じです。むしろ親の死後大変なことになるという将来の話ではなく、現時点で大変です。

80代の親と同居する人に対してだけ「社会で支える仕組み」を作らなければいけない理由が分かりません。収入と貯金のない人には生活保護というセーフティーネットがありますので、それを活用すればいいだけで、「8050危機」とか大層な名前をつけて社会問題みたいに騒ぐのはいかがかと思います。

第二に、普通に働くという選択肢がなんで検討されていないのでしょう。「40代後半で経験もなければ企業も雇うはずがない」のは確かです。しかし40代後半で経験もないのに、ホワイトカラー前提で考えているのが間違っています。世の中には経歴不問の職はえり好みしなければいくらでもあります。

「わが子やきょうだいがひきこもり、孤立しないと断言できる人はいない」からといって自己責任論が間違っていることにはなりません。

社会問題だというならば、働かけない理由を示すのが先です。

【展覧会】東京都写真美術館

恵比寿にある東京都写真美術館が無料デーなので行ってきました。去年も無料デーに行きました。見た展示は二つ。「アジェのインスピレーション」と「日本の新進作家vol4 無垢の経験と写真」です。「生誕100年ユージン・スミス写真展」は今日も有料だったので見ていません。

写真はさっぱりわからんので、ぼおーっとしながら見回っただけですが、「日本の新進作家」の中の片山真理さんの写真に目を見張りました。本人が被写体になっているのですが、この人は病気(先天性四肢疾患)のため9歳で両足を切断、左掌も指が二本だけのようです。彼女の精神性に衝撃を受けました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle