FC2ブログ

【展覧会】至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

於:国立新美術館

「印象派展」と銘打っていますが、印象派を中心としたフランス絵画が広く来ています。

目玉はルノワールの「可愛いイレーヌ」です。この絵のジグソーパズルを作ったことがあり、思い出深いものがあります。依頼人(イレーヌの両親)は、この絵が気に入らなかったそうですが、今の我々から見ると不思議な気がします。とても美しく描けています。

アングルの「アングル夫人の肖像」というのは画集でも見たことのないものが気に入りました。手や服の部分が未完成のままですが、顔は描けています。多少は美化しているのでしょうが、びっくりするほどの美人です。

5月7日まで
スポンサーサイト

【アニメ】からかい上手の高木さん

原作は未読です。

中学生のカップル(?)のラブコメです。

ところで、たいていのアニメや漫画では描かれる中学生と高校生には違いがありません。設定としては中学だったり高校だったり明確ですが、登場人物の振る舞いに中学生っぽさや高校生っぽさがでることはありません。大きなお胸の女性キャラクターが出たりもしますが、それでも中学生だったりします。中学生・高校生というのが記号化していて特段の意味を持たないのがほとんどです。

この作品では、中学生であることがよく分かります。高校生じゃこのキャラクターはあり得ません。その意味で、凡百のアニメよりもキャラクターを深く描けていると言えます。

普段ラブコメは観ないのですが、これは面白く視聴できました。こういう中学生生活を送っていたわけではまったくありませんが、胸に詰まるものがありました。

【朝日新聞】過ちを犯した人は、全部がだめではないです

3月28日朝日新聞朝刊。ミュージシャン後藤正文氏のコラム「朝からロック」。この日に掲載された「過ち犯した人はだめ?」より

 「何かした人は絶対にだめだとは、人権教育の上でもしたくない」
 前川喜平・前文部科学事務次官が講演した名古屋市内の中学校の校長が、記者会見で発した言葉だ。
 文部科学省は名古屋市の教育委員会に対して、前川氏を招いた狙いや、講演の内容について問い合わせ、録音データの提供を求めていたという。
 それを受けた記者の「問題を起こした人を教育現場に招くのは妥当か、と文科省は質問しているのでは」という指摘に、校長は先に書いたように答えた。
 人生における失敗や過ちは、どんなものであれ取り返しがつかないと考えながら生きてゆくのはつらい。普段、何げなく歩いている道が断崖絶壁の間に架けられた細い板だとしたら、僕は足がすくんで動けなくなるだろう。
 石でも汚い言葉でも、罪を犯した人間にはなんでも投げつけてよく、人間として扱う必要がないと考えている社会を想像すると、背筋が寒くなる。
 自分はこれまでにひとつの罪も犯しておらず、清廉潔白でない他者は許さないと考える人たちによる社会は、とても息苦しい。
 また、権力を持つ者たちが、思いのままに人々の権利を抑え込むことができる社会を望んでいるとしたら、とても恐ろしい。
 教育は、そうした社会を拒むための、ひとつの手段であることを願う


本来は、名古屋市の中学校の校長が発言をうけて取り上げるべきですが、時期を逸してしまったので、後藤氏のコラムに反応して書きます。したがってくだんの中学校校長への苦言になるところが後藤氏に向いてしまいますが、特に後藤氏に含むところはありません。むしろ、過ちを犯した人を全否定する社会は怖い、という意見については同意しています。

しかし、この件でそれを言うのは違和感があります。

例えば、交通事故で人を死なせてしまった人が、罪を償った後で中学生に交通安全の大切さを訴えるというのは価値があります。薬物依存症を脱した人が話すというのも子供たちに聞いてほしいと思います。

これらに共通するのは、過ちを犯した人がそれを反省していることです。反省してない人間が子供に向かって話をするのは断固として困ります。

前川氏は反省してないですよね?

百歩譲って、天下りの斡旋については、悪いこととは言え中学生にはピンとこないので不問に付すとしても、出会い系バー通いは別です。

女性の貧困調査だったという本人の言い分を信じているのは、はっきり言ってバカだけです。合法なのでしょうが、いかがわしい目的に決まっています。

一般論としては、過ちを犯した人でもチャンスを与えるべき、という意見には賛成します。しかし、反省してない人間はだめです。

【アニメ】三ツ星カラーズ

原作は未読です。

これは面白かったです。

上野のご当地アニメなんでしょうが、先日上野に行ってみたところ全く「三ツ星カラーズ」の気配を感じさせませんでした。これが鴨川とか大洗だったら大変なことになっているのでしょうが、上野の人はクールです。もっとも上野には観光資源がいっぱいだからかもしれませんが。

キャラクターもきちんと描けていますし、話も面白いかったです。深夜でなく、夕方に放映して子供にも観てもらいたかった作品です。

続編があればもちろん観ます。

【雑記】アライグマ出現

私の住んでいるところ(東京の環状七号線と六号線の間で人口密集の住宅地)で妙な生き物を目撃しました。はじめは大きな猫だと思ったのですが、顔がとがっていて、猫には見えません。狸とかハクビシンとかのたぐいと見ました。

ネットに区からの情報として、ハクビシンとアライグマの被害報告があり、特徴から私の目撃したのはアライグマと判明しました。

アライグマも狸もハクビシンもテレビや動物園で見たことがあるのに、なんでアライグマと見た瞬間に分からなかったかと考えました。

大きな理由は我々に身近な犬猫の存在です。犬というのは大きいのから小さいのから黒いのから白いのからと千差万別で、とても「犬」の一言でくくれないくらいの種類があります。猫も犬ほどではありませんが、いろいろな種類があります。

その点、アライグマは「中型犬くらいの大きさ尾の先まで70~90cm」「目はとがって、白いふちどり」「尾に5~7本のしま」といった特徴が、アライグマである限り共通するそうです。ハクビシンもハクビシンに共通する特徴するがあるようです。

ところが犬や猫の事情が頭にあるせいか、テレビでアライグマを見ても、その特徴がその個体だけのものでアライグマ全体に共通するとはなかなか思えません。アライグマの特徴はこれこれ、と言ってくれないとアライグマを認識できないというわけです。

よく考えれば、犬や猫が異常で、普通の動物は名前ひとつに形状がひとつというパターンが多いようです。せいぜい雄雌で違うくらいでしょうか。

ところでなんで東京にアライグマがうろつきまわっているのかといえば、多分飼っていたものが野生化したのでしょう。「あらいぐまラスカル」というTVアニメに触発されて飼い始めたところ、成獣になり狂暴化したので捨ててしまったという例が多くあったそうです。その子孫なのでしょうか。

まさかついこの前放映された「けものフレンズ」のアライさん(アライグマを擬人化した人気キャラクター)に触発されたわけでもないでしょう。ただそ、「あらいぐまラスカル」のラスカルより「けものフレンズ」のアライさんの方が現実のアライグマの特徴をとらえているように見えました。可愛いは可愛いのですが、ラスカルみたいなあざとい可愛さではなかったです。アライさんのちょっと人の悪そうなところがそっくりです。

さて、自宅近くのアライグマですが、気にしているせいか、今朝また目撃しました。もしかしたら今までも目の端に止まっていたのを野良猫だと思って気にしなかっただけかもしれません。

思わぬ野生動物との出会いにびっくりです。

【アニメ】刻刻

原作は未読です。

止まった時間(止界)に訪れる能力をもつ一家と、止界の秘密を望む宗教集団の対決。

こうした題材だと、巻き込まれた一般人と国家の諜報員とか某国の特殊任務班とかが死闘を演じるというのが大多数だと思いますが、この作品では国家的なものはまったくありません。敵も味方も個人的な損得や興味の範囲内で行動します。

異世界ではなく止まった時間というのが新鮮なアイデアです。特に最終回の、止界にただ一人残された主人公の絶望は胸に迫るものがありました。

残念なのは、最後の最後にはじめて登場したキャラクターによってすべて解決されるという展開です。これには開いた口が塞がらない、という思いでした。

破綻なく完結させたところは評価できます。

【朝日新聞】幸福度のランキング

3月23日朝日新聞朝刊の「いちからわかる!」のコーナー。たぶん子供向けにでニュースの話題をQA形式で解説するコーナーです。この日は『国の「幸福度」、順位が発表されたね』です。

 コブク郎 最近、国の「幸福度」の順位が発表されていたのをみたよ?
 A 国連の関連機関が156カ国・地域で調べた「世界幸福度報告」だね。2018年版は6回目だ。
 コ 順位にはどんな傾向があるの?
 A 最上位には北欧の国、上位には欧州の国が多いよ。中南米の国が比較的上位にあり、下位には紛争地やアフリカ諸国が並ぶんだ。18年版では日本は54位で、先進国のなかでは低めの順位だね。
 コ なぜこんな調査をしているのかな?
 A より幸せを感じられる国にするにはどうしたらいいか、みんなに考えてもらうためだ。環境破壊が進んだり、金融危機が起きたりして、「経済が豊かであればいい」という考え方ではより良い政策がたてられないという声があるんだ。
 コ そもそも、なにを基準に幸せを測るの?
 A 米国の調査会社が電話や面談で、各国で毎年1千人ほどに「今の幸せは0~10で言うとどれくらい?」と質問している。その答えの国ごとの平均値で順位をつけているんだ。
 コ その国の経済や政治のデータから判断しているわけではないんだね。
 A 経済などの客観的なデータだけで測るのは難しいから、あくまで各国の人たちの主観的な答えがもとになっている。報告でも、国内総生産(GDP)や健康寿命のデータとほかの四つの質問の回答を使って「なぜ、そんな幸福度になるのか」を分析しようとしている。ただ、分析しきれない部分が残っているよ。
 コ 幸せって簡単には測れないんだね。
 A 答え方の文化のちがいもある。日本人は「5」を基準にして考える傾向があり、中米のコスタリカではまず「10」と答える人が多いとの研究もある。「幸せのかたち」は国や人によって様々だね。


『日本人は「5」を基準にして考える傾向があり、中米のコスタリカではまず「10」と答える人が多い』のであれば、幸福度の各国比較など意味がないことになります。

同じ国で過去と現在を比較するというのであればまだ意味があるとの見方もあるかもしれませんが、それもかなりあやしいと思います。

日本で、現在と江戸時代とか鎌倉時代とか弥生時代とかで幸福度調査をしたと仮定してみます。過去の時代に電話や面談で調査はできませんが、これは思考実験ですので、できたと仮定します。

飢えや寒さ、戦乱や治安への不安などを考えると、客観的には現在の日本人がもっとも幸福なはずです。しかしアンケート調査で、現代人が高得点を出すとは限りません。案外、昔の人はそれなりに幸せだと思って暮らしていた可能性があります。

私には無意味な調査だとしか思えません。民間が勝手に、つまり自腹でやっているなら文句は言いませんが、国連機関がやっているとなると各国からの上納金で運営していることになりますので、あまりいい気持ちになれません。

いちいち取り上げるマスコミもどうかと思います。

【アニメ】ラーメン大好き小泉さん

アニメの中には「日常系」といわれるジャンルがあります。現在の日本を舞台にして、一般的な人々の日常を描くものです。作品によって良し悪しや出来不出来はありますが、それなりに確立したジャンルです。しかしこのジャンルの作品は、ある共通した批判に絶えずさらされています。

「アニメーションにする必然性は?」

実写でもできるものを、なぜアニメ化したのかという根源を問うような批判です。巨大ロボットがでてきたり、中世風の都市が舞台だったり、獣に変身する能力者が活躍すると、豊富な資金があれば別ですが、実写では再現できない(できても安っぽくなる)ので、アニメにする必然性はあるのですが、日常ものにはそうした事情はありません。

私も日常もののアニメ化は、頭から否定するわけではありませんが、微妙な気分でいました。

この「ラーメン大好き小泉さん」も日常ものですが、これを観てちょっと考えを改めました。

これを実写でやって、本物のラーメンを撮ったとしたら、面白味がないと確信できます。ラーメンを絵で再現するとことの妙味があるのです。ラーメンに詳しいわけではありませんが、描かれたどのラーメンも魅力的で食べてみたくなりました。写真にはない絵の力だと思います。

ただ、ラーメン食べているだけでなく、キャラクターもきちんと描けていて、とても面白かったです。

【朝日新聞】障碍者の付き添いからの入場料は?

3月23日朝日新聞朝刊の投書欄。愛知県のNPO職員の男性(36)の投書「同伴者も入場料払うべきですか」を引用します。

私はNPO職員として、東京近郊のテーマパークで障がいのある人とない人の交流イベントを行っています。前回イベントに参加された方から「障がいのある人にとってヘルパーや通訳者は本人の体の一部のようなものなのに、入園料を払わなければならない。なぜでしょうか」と相談されました。
「確かにそうだ」と思い、今年のイベントでは事前にテーマパーク側に問い合わせました。その結果、「同伴者への割引や優待などの対応は行っておりません。同伴者も『障がい者の体の一部』ではなく、やはりひとりの大事なお客様であることに変わりないと考えています」との回答でした。
障害者差別解消法や2020年の東京五輪・パラリンピックで目標として掲げられている「心のバリアフリー」は公平な社会の実現を目指すものです。「夢の国」ですら理解がないのかと落胆しました。
ヘルパーたちは障がいのある方の支援のために来場します。客として楽しみに来るのではありません。障がいのある方がテーマパークを楽しむためには倍のお金がかかるのかと思うと、公平な社会は遠いと思ってしまいます。


まず、ヘルパーや通訳者が障碍者の体の一部のようなものだから入園料をとるべきでない、という意見について考えます。

私はこの考えは間違っていると思います。”体の一部のようなもの”という表現は大げさですが、ヘルパーがいないと単独で入園できないという状況は理解できます。しかし、それであれば障碍者に関わらず、幼児や小さい子供も同じで保護者なしで遊びに来ることは困難です。親から入園料をとるべきでない、というのは無茶です。

ヘルパーは楽しみに来ているわけではないかもしれませんが、園側ではそれを区別できません。遊園地でなく映画館ですが、子供向けの映画で、あきらかに画を観たいわけではない親からも鑑賞料金を取っています。

体の一部のようなものだから入園料をとるな、というのは一般に認められた考えではありません。

しかし、理由はともかく、障碍者や付き添いから料金を取らないのが一般的な分野もあります。美術館です。

私がよく行くところをネットで調べてみました。ただし料金表は企画ごとのページに書いてあるのがほとんどですので、常にこの割引が適用されているとは限りませんのでご注意ください。

東京国立博物館:本人と付き添い1名まで無料
国立西洋美術館:本人と付き添い1名まで無料
国立近代美術館:本人と付き添い1名まで無料
東京都美術館:本人と付き添い1名まで無料。休室日に障碍者のための特別オープンというサービスもしています
国立新美術館:本人と付き添い1名まで無料。(2018/04/01情報修正)
江戸東京博物館:本人と付き添い2名まで無料
三菱一号館美術館:本人と付き添い1名まで無料
出光美術館:本人200円引き、付き添い無料
Bunkamuraザ・ミュージアム:障碍者割引があるようですが、詳細は窓口で訊け、とのことなので詳細は不明。
東郷青児記念美術館:本人と付き添い1名まで無料
静嘉堂文庫美術館:障碍者向け割引なし(確認できず)
サントリー美術館:本人と付き添い1名まで無料
森美術館:本人と付き添い半額
山種美術館:本人と付き添い無料
太田記念美術館:本人と付き添い1名まで100円引き。(なお美術館はバリアフリーじゃないです。いまどき、ありえねー)


美術館関係者の意識が高いからかもしれませんが、別の理由も考えれれます。

美術の場合、好きな人はお金を払ってでもいきますが、好きでない人も全く興味ありません。つまり、障碍者が行きたくても介助者が興味がないという場合がありえます。そのため付き添い人を無料にするというのは合理的です。

遊園地の運営者には”誰もがここで遊びたいんだ”という意識があるのかもしれません。

投書子の話題に戻ります。

”体の一部のようなもの”といった通用しにくいことを言うのではなく、

”割引や無料にしてくれると我々も助かるし、あなた方のイメージもよくなります。美術関係では(もしかしたら他の分野でも)割引や無料が一般的になっています。ご一考いただきたい”

といった具合に説得してみてはどうでしょうか。すぐには改善されないかもしれませんが、粘り強く言っていればいつか実現するかもしれません。

【本】究極の疲れないカラダ

著:仲野広倫

この本は読んでいません。本の感想ではなく朝日新聞に掲載された広告の感想です。読まずに批評するのは無責任と思われるかもしれませんが、それ以前にこの広告自体に問題があるのであえて取り上げます。

科学的に証明された!生涯元気に動けるカラダづくり
あらゆる痛み・不調が消える!弱ったカラダがよみがえる!
世界の最新医学が証明した
開脚・前屈ストレッチ 何百回のスクワット ラジオ体操・柔軟体操 1日一万歩 すべて不要です
10万人を治療したNY在住の全米屈指の日本人
スポーツカイロプラクターが教える自宅でできるセルフケア!!


といった派手な惹句が並んでいます。

スポーツカイロプラクターというのがどういう商売なのか分かりませんが、医者とか学者とかいう「権威」のある専門家ではないようです。

もちろん「権威」のある人間が常に正しく、在野の研究者が常に間違っているとは限りません。しかし大くの場合「権威」のある人間の方が正しいというのは実態です。

その理由の一つがひとりで集めるデータには限りがあり偏りがあるからです。この著者の知っている範囲では彼の健康法は有効なのかもしれません。しかし一人が集めるデータ数はせいぜい数百から数千でしょう。しかも母集団はニューヨークの自分の顧客だけというひどく偏ったものです。

在野の意見でも、例えば「毎日、ミニトマトを一個食べよう」とか「朝起きたら深呼吸を3回しましょう」といったあたりさわりのないもの、健康を害する心配のないものであればかまわないのですが、多くの専門家が効用を説いているストレッチやスクワット運動を否定するのは危険な意見です。

怪しげな民間療法を信じるのは反知性主義(←最近この言葉を聞かなくなりましたね)だと思います。

【時事問題】新技術の事故

2017年の日本の交通事故死亡者数は3700人ほどで記録を取り始めてから最小を記録しました。一番多かったのは1970年で17000人ほどですので、かなり減りました。

もっとも3700人でも死んだ人にとっても家族にとっても大ごとです。一人でも少ないに越したことはありません。理想を言えば死亡人数ゼロが望ましいです。

ゼロにできるかどうかは別として激減させる方法はあります。交通事故が起きたら、徹底的に調査をしてその間、少なくとも同じ車種は運転禁止にします。運転手のミスだと分かった場合は、すべての免許保持者を呼び出し再訓練を施します。

こうしたことが行われないのは、社会的混乱が大きすぎるからです。大きな声では誰もいいませんが、交通事故と社会の安定的な運行を天秤にかけて、あるていどの死者はやむを得ないと結論しているということです。

自動車の場合はそうなのですが、これが航空事故だと一変します。旅客機が一機でも落ちたら同型機の飛行は差し止めになったり機長の再訓練が行われたりします。そんなことをするのは不便だ、ある程度の事故は我慢しろ、とはなりません。

航空機事故と自動車事故に本質的な違いはないのに、あきらかに違う対応をしています。

さて、米国で実験中の自動運転自動車が人身事故を起こしたニュースがありました。これを受けて自動運転自動車の開発にブレーキがかかるのではという懸念が広がっています。

人間が運転して死亡事故がおきるのは仕方ないけど、自動運転で死亡事故が起きるのは一件であっても許さないというのはおかしなことなのかもしれません。

自動運転だけでなく、開発中の空飛ぶ自動車にしても、事故ゼロでなければ実用化を許さないと言い出すと、かなりハードルが高くなってしまいます。かといって死んだ人の家族を前にして、技術の発展のためです、とは言いにくいものがあります。

どことは言いませんが、人命を軽くみる社会(国家)の方が実用化のハードルが低いのかもしれません。そうなると人命を重視する社会(国家)が技術の発展で後れをとるという困った事態になりかねません。

【ウルトラセブン】第四十一話:「水中からの挑戦」

テペト星人、怪獣テペト登場。

テペト星人のモチーフは河童で、話も河童伝説にからむものです。河童が出たとの話を受けて河童愛好家が湖(またも湖!)に出かけると、河童の姿のテペト星人がいた、というのが基本設定になります。

小難しい話が続いた「ウルトラセブン」ですが、今回は息抜きというか子供向きに作ったみたいです。怪獣テペトとウルトラセブンとの闘いもコミカルにしています。残念ながらこの回の視聴率は16.7%と「ウルトラセブン」の中で最低を記録しています(出典:ウィキペディア)。いまでは16.7%というのは立派な数字ですが、最盛期は33.8%(第二話)だったので、ほぼ半減というありさまです。

いまさら言ってもなんですが、子供に受けたいなら、かっこいい怪獣や星人を出してウルトラセブンとの死闘を描いた方がいいと思います。ああいうコミカルなのは子供扱いされた感じで、子供は好きでないように思います。

さて河童愛好家が議論していましたが、日本各地に伝わる河童伝説の正体はテペト星人なのでしょうか。そして冒頭で鶏舎の鶏が襲われていたのはテペト星人の仕業なのでしょうか。

テペト星人が昔から日本にいて河童伝説の元になったのだとしたら、彼らは鶏の盗むというった小規模な犯罪はしていたものの地球侵略などと大それたことは考えておらず、ひっそりと暮らしていたことになります。地球人が技術を進歩させたためにあぶりだされて退治されたのだとすると、なんだか哀れです。それともテペト星人とは別に河童はいて、鶏どろぼうも本物の河童の仕業なのでしょうか。

ところで、この回のアンヌ隊員は突然ロングヘアーになりました。かつらを使ったのだと思いますが、どういう演出意図があったのでしょう?

【世論調査】朝日新聞3月19日

3月19日朝日新聞朝刊で世論調査の結果が発表されました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。質問文と回答は一部省略。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、2月17、18日の調査結果)

◆安倍内閣を支持しますか。
支持する31(44)
支持しない48(37)

◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
首相が安倍さん12〈4〉
自民党中心の内閣16〈5〉
政策の面21〈6〉
他よりよさそう47〈15〉

◇(「支持しない」と答えた人に)それはどうしてですか。(択一)
首相が安倍さん23〈11〉
自民党中心の内閣24〈12〉
政策の面37〈18〉
他のほうがよさそう9〈5〉

◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
自民32(35)
立憲11(10)
希望1(1)
公明3(3)
民進1(1)
共産3(4)
維新1(1)
自由0(0)
社民0(1)
日本のこころ0(0)
その他の政党0(0)
支持する政党はない36(38)
答えない・分からない12(6)

◆大阪の学校法人「森友学園」への国有地売却の問題についてうかがいます。財務省が森友学園との取引に関する決裁済みの文書を改ざんしたことが明らかになりました。このことはどの程度問題だと思いますか。(択一)
大いに問題だ63
ある程度問題だ23
あまり問題ではない9
まったく問題ではない3

◆財務省が森友学園との取引に関する決裁文書を改ざんした問題で、麻生太郎財務大臣は責任をとって辞任すべきだと思いますか。
辞任すべきだ50
辞任する必要はない36

◆決裁文書の改ざんについて、麻生財務大臣は「理財局の一部の職員によって行われた。最終責任者は理財局長の佐川だ」と述べています。麻生さんのこの説明に納得できますか。
納得できる13
納得できない75

◆森友学園への国有地売却の問題を解明するため、安倍首相夫人の昭恵さんが国会で説明する必要があると思いますか。
説明する必要がある65(57)
その必要はない27(33)

◆財務省が森友学園との取引に関する決裁文書を改ざんした問題について、安倍首相にはどの程度責任があると思いますか。(択一)
大いに責任がある42
ある程度責任がある40
あまり責任はない10
まったく責任はない4

◆森友学園への国有地売却について、安倍首相は「書き換え前の文書を見ても、私や私の妻が関わっていないということは明らかだろう」と国会で答弁しています。安倍さんのこの発言に納得できますか。
納得できる17
納得できない72

◆安倍政権は働き過ぎを防ぐためなどとして「働き方改革」を掲げています。安倍政権の「働き方改革」に期待しますか。
期待する28
期待しない61

◆政府は、専門職で年収の高い人を労働時間の規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」を働き方改革関連法案に盛り込む方針です。高度プロフェッショナル制度を法案に盛り込むことに賛成ですか。
賛成22
反対48

◆安倍首相は、憲法9条を改正し、自衛隊の存在を憲法に明記することを提案しています。安倍政権のもとで、こうした憲法の改正をすることに賛成ですか。
賛成33
反対51

◆アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩氏が、5月までに会談することになりました。この会談が、北朝鮮の核兵器やミサイルの開発問題の解決につながると思いますか。
つながる23
つながらない63

◆安倍首相の自民党総裁としての任期は今年の秋までです。今年の秋以降も、安倍首相に自民党の総裁を続けてほしいと思いますか。
続けてほしい31
続けてほしくない53

◆次の自民党総裁にふさわしいのは誰だと思いますか。(択一)
安倍晋三さん24
石破茂さん22
岸田文雄さん7
野田聖子さん5
この中にはいない35

 <調査方法> コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、17、18の両日に全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は、有権者がいる世帯と判明した番号は1882件、有効回答905人。回答率48%。携帯は、有権者につながった番号は1988件、有効回答1010人。回答率51%。


この世論調査が私のところに来たと想定して回答してみます。

>◆安倍内閣を支持しますか。
支持します。

>◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。
首相が安倍さんだからです。もともと支持していない人はいいのですが、これまで支持しておいてここで乗り換える気持ちがわかりません。

>◆今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。

自民の支持率が安倍内閣の支持率に追いついてきました。逆転されると党内から倒閣運動が起きるでしょうが、今は瀬戸際なのでしょうか。
自民は若干減らしましたが、その分は無党派に流れ、野党が増えていないのが特徴です。

>◆大阪の学校法人「森友学園」への国有地売却の問題についてうかがいます。財務省が森友学園との取引に関する決裁済みの文書を改ざんしたことが明らかになりました。このことはどの程度問題だと思いますか。
大いに問題です。

>◆財務省が森友学園との取引に関する決裁文書を改ざんした問題で、麻生太郎財務大臣は責任をとって辞任すべきだと思いますか。
いちいち辞任していたら、事実上役人が気に入らない大臣の首を切る権限をもつことになります。辞任すべきではありません。もちろん麻生大臣が改竄を指示していたというのであれば別です。

>◆決裁文書の改ざんについて、麻生財務大臣は「理財局の一部の職員によって行われた。最終責任者は理財局長の佐川だ」と述べています。麻生さんのこの説明に納得できますか。
まだ改竄の全容が解明されているとは思えませんので、納得できません。

>◆森友学園への国有地売却の問題を解明するため、安倍首相夫人の昭恵さんが国会で説明する必要があると思いますか。
必要ありませんし、呼ぶべきではありません。

現時点で夫人が違法行為に関与したという疑いすらありません。ここで家族を狙い撃ちにする前例ができるのは危険です。報復合戦に発展しかねません。

>◆財務省が森友学園との取引に関する決裁文書を改ざんした問題について、安倍首相にはどの程度責任があると思いますか。
行政のトップなのですから責任はあります。ただしどういう形で責任をとるべきかは別問題です。

>◆森友学園への国有地売却について、安倍首相は「書き換え前の文書を見ても、私や私の妻が関わっていないということは明らかだろう」と国会で答弁しています。安倍さんのこの発言に納得できますか。
納得できます。確かに書き換え前の文章に、夫人が値下げ要求をしたとかいった記述はありません。

>◆安倍政権は働き過ぎを防ぐためなどとして「働き方改革」を掲げています。安倍政権の「働き方改革」に期待しますか。
期待しません。労働者にとっては都合の悪い改革だと思います。

>◆政府は、専門職で年収の高い人を労働時間の規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度」を働き方改革関連法案に盛り込む方針です。高度プロフェッショナル制度を法案に盛り込むことに賛成ですか。
反対です。

>◆安倍首相は、憲法9条を改正し、自衛隊の存在を憲法に明記することを提案しています。安倍政権のもとで、こうした憲法の改正をすることに賛成ですか。
賛成です。
設問でわざわざ「安倍政権のもとで」と限定するのは何故でしょう。これでは一般的に9条改正賛成派がどれだけいるか計れません。一部の野党への忖度ですか?

>◆アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩氏が、5月までに会談することになりました。この会談が、北朝鮮の核兵器やミサイルの開発問題の解決につながると思いますか。
本当に米朝の会談があるかどうかすら疑問です。

>◆安倍首相の自民党総裁としての任期は今年の秋までです。今年の秋以降も、安倍首相に自民党の総裁を続けてほしいと思いますか。
続けてほしいです。

>◆次の自民党総裁にふさわしいのは誰だと思いますか。
安倍さんです。

【死後整理】遺産整理業務

人が死ぬと、相続税の申告や不動産登記、年金の停止、相続人への預金の移し替えなど、さまざまな事務手続きが発生します。こうした手続きを代行してくれるサービスというのが存在します。

みずほ銀行の預金口座停止の手続きをしにいったところ、このサービスのセールスを受けました。

以下の感想は、他のサービスを比較したわけでもありませんし、みずほ銀行に含むところがあるものでもありません。たまたま接触したのがみずほ銀行だけだったので俎上の載せたまでです。

パンフレットによれば、やってくれるのは、
・財産目録の作成(財産がどれだけあるかを調べる)
・財産の名義変更手続き
くらいです。細かいサービスは省きました。

戸籍謄本の入手は相続人の仕事です。財産目録の作成をしてくれるといっても実際に調べるのは相続人がやるしかなさそうです。当たり前ですが遺産分割でもめたら相続人どうしで解決するしかありません。

相続税の申告・納付手続きは「相続人のみなさまがご依頼された税理士が行います」とあるので、みずほ銀行のサービス料金には含まれていないみたいです。

さてこのサービスの価格ですが、財産の規模によって変わりますが、最低でも1,080,000円。例として載っている、相続財産が3億円の場合は2,430,000円です。

私の経験からいってこのサービスでこの値段はかなり高額です。家族の死で動揺している遺族につけ込んでいるようにも見えます。

【展覧会】ルドン 秘密の花園展

於:三菱一号館美術館

「学生ウィーク」ということで、放送大学の学生証を持っている私は無料で観覧できました。まともに支払うと1700円ですのでかなりお得でした。

さてルドンですが、高校時代に美術教師に、”君の絵はルドン風だね”と言われたことを思い出しました。くさしたわけでもなさそうでしたが、もちろん褒めたわけでもなさそうでした。当時は意味が分からなかったのですが、今になるとなんとなく想像できます。色合いがはっきりしないボヤっとした絵だと言いたかったのでしょう。

もともと三菱一号館美術館はルドンの絵を持っていて常時かけていましたので、彼らにしてはルドンは馴染みがあるものだと思います。

思ったより空いていました。ルドンはあまり人気がないのでしょうか?

5月20日までです。

【アニメ】2017年のアニメ 総合評価

アニメ調査室(仮)さんのサイトで2017年アニメのランキングが発表されています。
このランキングを私の評価に違いを検証してみます。
私の評価を、Sを3点、Aを2点、Bを1点、Cを0点、Dを-1点、Eを-2点と数値化します。途中で視聴をやめた作品は対象としていません。
アニメ調査室(仮)さんのランキング評価との差を求めます。
差が大きいほど、世間の評価と私の評価がズレていることを意味します。以下のような結果になりました。

2017.gif


■私の評価が低くなったもの(1.0以上差があるもの)
「昭和元禄落語心中 助六再び篇」「王様ゲーム The Animation」「幼女戦記」「銀の墓守り(ガーディアン)」「鬼平」「メイドインアビス」「サクラクエスト」「サクラダリセット」です。

「落語心中」「幼女戦記」「メイドインアビス」は悪い作品だとは思っていません。ちょっと厳しい点をつけすぎたと反省しています。
「王様ゲーム」「銀の墓守」はとてもではありませんが良い作品だとは思えません。世間の評価が高すぎるのでは、と思います。
「サクラダリセット」に関しては、もっと評価を下げておいた方がいいと思ったくらいです。世間の高評価に驚きました。

■私の評価が高かったもの(1.0以上差があるもの)
「Re:CREATORS」「武装少女マキャヴェリズム」「進撃の巨人 Season2」「つうかあ」です。

どれもよい作品だと思ったものです。「つうかあ」はちょっと点が甘かったような気がしますが、残りの三つは、世間の低評価が意外です。

【朝日新聞】日本人による「慰安婦問題」の蒸し返し

3月15日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「私の視点」のコーナー。新潟国際情報大学教授吉沢文寿氏の『日本軍「慰安婦」問題 「積極的平和」に向け貢献を』より

 韓国の文在寅政権は、日本軍「慰安婦」問題に関する2015年末の日韓合意について被害者の意思をきちんと反映せず、問題を真に解決できない、と判断した。しかし日本政府には再交渉を求めず、「被害者の名誉と尊厳の回復に向けた努力」を期待している。さらに文大統領は今月1日、独立運動記念式典で加害者の日本が「慰安婦」問題解決に関し、「終わったと言ってはならない」と強く訴えた。日本政府は周知の通り、この方針を受け入れようとしていない。
(略)
 日本は韓国に謝罪をした、と言われる。しかしそれは、日本政府や旧日本軍が加害責任の主体であることを明らかにした謝罪と賠償ではなかった、と考える。だから、韓国の被害者たちは、憤ってきたのである。
 日本政府とさまざまな合意をしてきた韓国政府は、外交当事者として一定の「責任」を負うことを余儀なくされてはいる。だが、それは、日本側が加害責任をきちんと果たしていれば、負う必要がないものだった。日本の人々は、そのことの意味を改めて考えるべきである。
(略)


この手の批評には正直言ってウンザリします。

2015年の合意は、韓国側にも不満はあったのでしょうが、日本側も100%満足するものではありませんでした。それでも外交で火花を散らし合い続けるわけにもいかないとう判断があったのか、米国の圧力のせいなのか、お互いに不満を飲み込んで合意に至ったというのが真実です。そして合意当時、韓国の世論は反対一色ではありませんでした。

一部の元慰安婦が合意当時から反対していたというのは事実ですが、韓国全体が日韓合意を正義に反する抗議していたということではありません。

この時期になって文政権が慰安婦問題を持ち出してきたのは、第一に合意をした朴政権を否定したいからであり、第二に日本叩きで支持率アップをしたいからです。これはミエミエです。

事実関係に合わないことを言ってまで韓国の味方をする日本人というのは、とにかく日本政府の悪口をいうのが目的だとしか思えません。

【時事問題】米朝首脳会談

北朝鮮の要請を受け、米トランプ大統領が首脳会談に応じると発表しました。場所や日程など細かいことは決まっていないようですが、一連の北朝鮮危機の打開につながる可能性があるとされています。

一部には圧力政策の転換との声もありますが、必ずしもそうとは言い切れません。北朝鮮政権を叩き潰すつもりでないかぎり、いつかは対話しないとならなかったのは自明です。事務方で詰めていないタイミングでの首脳会談なのか、という懸念はありますが、対話自体は予想外とは思えません。

おそらく北朝鮮は、対話継続中に制裁の解除と経済援助を期待していたのだと思います。そして十中八九切るつもりだったのでしょう。しかし、そうそうに米国から会談をしても制裁は継続するとの宣言がされたのは予想外だったのではないでしょうか。

このためなのか、今日になっても北朝鮮から米朝首脳会談へのコメントがありません。

首脳会談をキャンセルするのは、自分から言い出したことでもありますし、次に切るカードがなくなるので難しいかもしれません。

むしろ北朝鮮は自縄自縛の状態かもしれません。

【朝日新聞】動物愛護vs宗教

3月12日朝日新聞朝刊「動物の権利か、信教の自由か 食肉処理手法で論争 欧州」より

 イスラム教やユダヤ教の教えに基づき、家畜の意識があるうちに食肉処理する手法に、オランダで今年から新しい規制がかかった。一定の条件下で、家畜の意識を失わせてから処理することが義務づけられた。両宗教の団体は反発したが、動物愛護の世論に押し切られた。他の欧州の国でも、動物の権利と信教の自由を巡る論争が起きている。
 首都アムステルダム郊外で、イスラム法にのっとった「ハラール」の肉を販売する精肉店カドゥール。店頭に並ぶ牛肉は今年1月、前月に比べ5~10%の値上げを余儀なくされた。経営するアルジェリア系オランダ人、ラシッド・カドゥールさん(39)は「新しい規制の影響だ」と話す。
 イスラム教では、家畜の意識がある状態で処理するのが一般的だ。オランダでは痛みを軽減させるとの考えから、スタンガンなどで家畜の意識を失わせてから処理することが義務づけられてきたが、教義に基づく場合は例外扱いとしてきた。イスラム、ユダヤ教徒の側には、自分たちの処分法の方が家畜に痛みを与えないという考えもある。
 それが新規制では、従来の処理の仕方も認めつつ、40秒経っても意識がる場合、意識を失わせることが義務づけられた。規制により、処理の際に獣医師を立ち会わせる必要があり、処理費が増加。カドゥールさんの店でも仕入れねが上がったため、値上げを迫られたのだという。カドゥールさんは「反イスラムの空気が欧州に広がっているタイミングを利用したのではないか」と不満を漏らす。
オランダ・イスラエル協会によるとユダヤ教では「コーシャ」と呼ばれる決まりに基づき、傷ついた肉は食べないといい、スタンガンなどで意識を失わせることは忌避されている。
(略)
規制の議論を主導したのは、オランダ国会下院(定数150)で5議席を持つ少数政党「動物党」だ。マリアンヌ・ティーメ党首は「信教の自由は尊重すべきだが無制限ではない。かつてはイスラムやユダヤの処理方法が痛みを与えない最善の方法だったかもしれないが、時代に合わせて変わっていくべきだ」と話す。
(略)


興味深い論争です。

「動物党」という党名からはあまりいい印象を持ちませんでした。偽善の臭いがプンプンします。しかし、言っていることを虚心に聞けばもっともなことを言っているように思います。できる限り動物の苦痛を減らしてやるべきだ、というのは納得できます。

イスラム教やユダヤ教の教義も、できるだけ動物の苦痛を減らしたいという理由だったと想像できます。そうであるなら、技術の進歩でより苦痛の少ない方法に変えていくべきという意見は当然です。

一方で、末端の信者が勝手に教義を云々できないというのもわかります。長年の習慣を外部からの圧力で変えるのは簡単ではありません。宗教差別と不満をためるのも分からないではありません。

しかしこれを「信教の自由」の侵害というのはちょっと大げさです。

この法律では、イスラム教やユダヤ教が求める処理方法は基本的には否定されていません。40秒たっても意識がある場合の規制ということです。40秒も苦しませるのは、さすがに可哀そうです。そのくらいは妥協すべきではないでしょうか。

獣医師の立ち合いが必要になりコストがかさむという不満もあるようですが、禁止と費用の増加は全く別です。

なんにせよ、あれが食べられない、これが食べられない、と言うのは、理由が宗教であれ偏食であれ不自由なものだと思います。

【展覧会】歌川国貞展(後期)

於:静嘉堂文庫美術館

前期も行った静嘉堂文庫美術館の歌川国貞展の後期です。

ほとんどの作品が入れ替わっていました。後期の方が派手な絵が多かったような気がします。気のせいかもしれませんが。

偶然かもしれませんが、太田記念美術館の「江戸の女装と男装」展でも見た作品が多かったです。

国貞は、いまでは北斎や広重のようなビッグネームではありませんが、当時の第一人者であったというのは理解できるような気がします。普通にうまい、という感じです。

3月25日までです。

【展覧会】江戸の女装と男装

於:太田記念美術館

女装と男装という、ちょっと特殊なテーマの展覧会です。

浮世絵に描かれたものに限定しているので(太田記念美術館は浮世絵専門の美術館なので)、「江戸の」とついていますが、題材は多岐にわたります。古くはヤマトタケルから巴御前や板額などの女武者。歌舞伎の女形や陰間、吉原の俄、見立絵など、男女の境界を飛び越える日本の文化づくしです。

よくもまあ色々あるなあ、というのが正直な感想です。

絵の良し悪しより、日本文化の奥深さ(?)に感じ入りました。

3月25日までです。

【朝日新聞】江戸時代ユートピア論

3月8日朝日新聞夕刊。「一語一会」のコーナー。法政大学総長・田中優子氏が父親の思い出について語っています。父上の話はとくに感想はありません。理解のあるお父さんでよかったですね、というだけです。引っかかったのは次のくだりです。

(略)
 研究するほどに驚くのは、江戸時代に優れた学び方が確立されていたこと。意味が分からなくても基本的な文献を繰り返し音読(素読)し、記憶する。講義を受け理解したら、自分でも講義する。最後は10人くらいの集団で議論(会読)する。「この3段階で言語を身体化する。言葉が血肉になっていたからこそ、旧下級武士を中心に急速な近代化が成し遂げられた」。いま文部科学省が掲げる「思考力、判断力、表現力を高める」教育は、すでに江戸時代に社会全体で実践されていたという。
(略) 


意味が分からなくてもものを繰り返し素読するというのは論語のことだと思います。

田中氏のいう「江戸時代の優れた学び方」というのは、論語を丸暗記した上で孔子の言葉が真実であるという前提のもとであれこれ枝葉を論議するというものです。とてもではありませんが「思考力、判断力、表現力を高める」とは思えません。

確かに識字率は上がったので近代化の一助になったというのは全くの間違いではありません。しかし、近代化のための知識はほとんどすべてがヨーロッパで確立されたものです。江戸時代に培われた知識は直接の役に立っていません。

日本人としてそこに悔しい気持ちはありますがそれが真相です。幕末の知識人は、虚心にヨーロッパ文明が進んでいることを認めたからこそ近代化が成し遂げられたのです。

根拠の乏しい江戸時代ユートピア論や日本最高論は百害あって一利なしです。

【朝日新聞】ロボットの「寿命」

3月8日朝日新聞朝刊。「けいざい+」のコーナー。『旧型アイボ、捨てられない 新型発表後も愛好者ら「直して」』

 イヌ型ロボット「aibo(アイボ)」を12年ぶりに復活させたソニーに、旧型「AIBO」の愛好家たちが複雑な視線を投げかけている。
(略)
 「アイボには、魂が入っている。『部品がないので買い替えてください』とはいかない商品です」
 ソニーの元技術者の乗松伸幸さん(62)はこう話す。乗松さんは、旧型アイボの修理を独自に手がける「ア・ファン」の社長だ。
(略)
 アイボ修理の依頼が最初に来たのは13年。依頼者は介護施設に入る予定の高齢女性だった。「どうしても持って行きたい」。元社員らのつてを頼り、アイボの情報を集めて何とか修理した。それをホームページで紹介すると、全国から修理依頼が殺到した。
 「大切な家族の一員です」「いくらかかってでも、直してほしい」。そうした手紙とともに全国から不調のアイボが今も届く。「修理と言うより、治療に近い」と乗松さん。
 修理にはアイボの「献体」が欠かせない。使える部品を再利用する。「壊れても捨てられないのがアイボ。魂を抜いてやらないといけない」。部品を取り出す前にお経をあげて供養する「アイボ葬」を千葉県内の寺で行っている。ア・ファンで修理したアイボは約2千体にのぼる。
(略)
 ソニーも、アイボが他の家電と異なる「愛情の対象となるロボット」との認識はある。新型について、川西執行役員は「どの部品にも寿命はある。販売終了から7年が基本の目安だが、できる限りサポートしたい」と話す。
 そこで取り入れたのが、アイボの個性を「死なせない」仕組みだ。月額約3千円かかるが、旧型と異なり、携帯電話の回線を使ってインターネットに常時接続されている。持ち主やよく遊んでくれる人は誰かなどといったアイボの個性は、クラウド上に記録される。このため、買い替えればアイボの個性をそのまま新しい機種に引き継げる。
(略) 


アイボを持っているわけではありませんが、アイボユーザーの気持ちには共感できます。家族になってしまったロボットを、”サポート打ち切りです。新製品がでましたのでそちらをご利用ください”とはいきません。

3年ほど前に「プラスティック・メモリーズ」というアニメが放映されました。これは「寿命」がきた人型ロボットの回収業者の話で、ロボットと人間との悲痛な別れを描いています。アニメとしての出来は今一つでしたが、近未来に起きうる(というよりすでに起きている)悲劇の予言ともいえます。

他のSFでも前例はありますが、私の知っているかぎり人間の方が寿命が先にくるパターンだけでした。しかし現在の技術では人間の寿命より部品の「寿命」の方がさきにつきるので、この問題はこれからも続くことでしょう。

参)【アニメ】プラスティック・メモリーズ

【ウルトラセブン】第三十九話、四十話:「セブン暗殺計画」

ガッツ星人と怪獣アロン登場。二週にわけての前後編です。

名高いガッツ星人の回で、十字架にかけられたウルトラセブンという衝撃的なシーンは今も忘れられません。

ガッツ星人が地球侵略のためにウルトラセブンを公然と斃し、地球人を意気阻喪させるという計画を立てます。

つまり副題は間違っています。モロボシ・ダンを”暗殺”すれば良いのでは、という意見もありましたが、地球人へのインパクトを考慮して衆人環視のもとでの処刑という方法を選択しています。暗殺計画ではありません。

まず、怪獣アロンを使ってセブンの能力を測ります。用意周到です。「いかなる戦いにも負けたことがない」と自己申告ではありますが大言を吐くだけのことはありそうです。

セブンの能力を見極めたガッツ星人は、カプセル怪獣ウインダムを倒し、ついにはウルトラセブンを十字架に封じ込め、夜明けとともに処刑すると通告します。

囚われたウルトラセブンから、ガッツ星人から逃れるためにマグネリュームエネルギーが必要と緊急連絡がウルトラ警備隊に入ります。そのための鉱石をフルハシ隊員の妹の友達(ラリーレーサーをやってます。「ウルトラセブン」ではなぜかラリーレースが頻出します。スタッフが好きだったのかな?)が鉱石を持っていました。ガッツ星人も鉱石を狙いますが、首にかけていたのはイミテーションだったため、無事ウルトラ警備隊が手に入れます。

何故ガッツ星人はラリーレーサーが問題の鉱石を持っていることを知っていたのかですが、ウルトラ警備隊にスパイを送り込んでいるか、盗聴しているかのどちらかでしょう。フルハシ隊員がカメラを向いてボケていましたが、盗聴を疑っているようです。

ウルトラ警備隊はマグネリュームエネルギー発射装置を完成させましたが、十字架のウルトラセブンは蜃気楼のようなもので実体はそこにはなく、セブンの縛めは解けません。

ウルトラセブンの居場所が知れたのは、ガッツ星人がラリーレーサーを、多分腹立ち紛れでしょうが襲ったのが契機です。戦術的価値を失ったラリーレーサーを襲撃するのは馬鹿げてます。ガッツ星人は、事前の準備通りに進めるのは得意なのに、詰まらぬことに腹を立て計画を無茶苦茶にする癖があるのでしょうか。

復活したウルトラセブンは前回とはうって変わってガッツ星人に完勝します。おそらく以前のセブンはエネルギー切れだったためでしょう。怪獣アロンとの戦いも複数の場所で行われていますので、アロンも複数いたのかもしれません。かなりエネルギーを吸い取られていたのですが、マグネリュームエネルギーと太陽熱をたっぷり吸収したセブンの完全勝利でした。

なお、ウルトラセブンの攻撃を受けたガッツ星人は宇宙船の中で右往左往しパニックに陥ります。名前はガッツ星人のくせにガッツがありません。

【映画】Yahooのユーザー評価

いつも映画を観たあとは、ネットで他人の感想を読んで楽しんでいます。

参考になるのは低評価のものです。高評価のものは手放しで絶賛しているだけのものが多く面白くありません。正しいのかもしれませんが面白くはありません。一方、低評価のものは具体的に悪いところを指摘しているので、なるほどと首肯することが多いです。

先日観た「空海 KU-KAI」がちょっと微妙だったので、Yahooの映画ページで感想を読み漁ってみました。

そこでふと思ったのですが、Yahooで付いている点数(個々の評者がつけている点数の平均)と私の評価はどれだけ離れているのでしょうか。つまり私の趣味が世間一般と近いのか離れているのかです。

去年から、現在までに映画館で観た映画の点数と評価した件数を抜き出して点数の高い順に並べてみました。(調査は本日)

映画

3.75以上を高評価、3.25以下を低評価と分類します。

高評価グループの中で、「22年目の告白」「ローガン」「本能寺ホテル」は私の評価とは異なります。それ以外は納得できます。

「GODZILLA 怪獣惑星」と「宇宙戦艦ヤマト2202 第三章 純愛編」が低評価というのはちょっと厳しすぎる気もします。それ以外は納得です。(「空海 KU-KAI」は最下位した!)

こうしてみると、概ね世間の評価と一致していますが、無視できないほどの例外がありそうです。Yahooの評価が低いからといって避けるのはもったいないかもしれません。一方、Yahooの評価が高いものはとりあえず観てみると発見があるかもしれません。

【朝日新聞】「日本アニメ、米中が爆買い ネット配信の覇権争い過熱」

3月4日朝日新聞朝刊「日本アニメ、米中が爆買い ネット配信の覇権争い過熱」より

 「クールジャパン」の代表格として日本のアニメは世界で人気を集める。だが、平成に入って進んだコンテンツ(作品)のネット化で海外勢が覇権を握り、「いい作品」をつくればもうけられる時代ではなくなった。日本経済を牽引するような産業に育てられるか、岐路に立っている。
 中国・杭州市に住む会社員の女性(29)は、電車通勤の途中にスマホでアニメを楽しんでいる。最近よく見ているのは、1月から放送が始まった日本の深夜アニメだ。
 日本での放送から数時間後、中国の動画配信サイトで正規作品が中国語の字幕つきで配信されている。女性は「日本アニメは週に数本、気になる作品は日本での放送日と同じ日に見ています」という。
 小学生のときにテレビで「名探偵コナン」などを見たことがきっかけで、日本のアニメやマンガが好きになった。「絵がきれいで、ストーリーが奥深い作品が多い」。今では1日30分は日本のアニメを見る。
 海外では、こうした動画配信サイトを通じて日本のアニメをほぼリアルタイムで見ることができる。会員数が1億人を超える米ネットフリックスを筆頭に、米アマゾンがシェアを争う。中国ではアリババやテンセントなどのIT大手が同様のサービスを展開する。
 世界で人気が高い日本のアニメ。「ここ数年はバブル状態だった」。中国の配信業者で日本アニメを売買していた男性は話す。
(略)
「オールジャパン」で日本のアニメを世界に発信する---。そんな意気込みで始まった「国産」動画配信サイトが、ひっそりとサービスを終えた。
(略)
動画配信権の世界的な獲得競争に資金力で太刀打ちできなかった。値上がりした日本アニメが、日本の配信サイトの首をしめるといおう皮肉な結果を招いた。
(略)
独コンサルティング会社ローランド・ベルガーによると、15年の世界市場における日本由来のコンテンツの売り上げは全体の2.5%。アニメに限っても4.1%にとどまる。
壁になっているのが、日本特有の仕組みだ。
90年代半ばから「製作委員会方式」が、作品づくりの主流となった。さまざまな企業が出資することでお金が集まりやすく、リスクを分散でき、それぞれの得意分野を生かして宣伝や販売を展開できる。
一方で、作品の権利は委員会の共同保有になることから、「多面展開したくても各社の合意が必要で、時間がかかる。1社でも反対すればできない」。デジタルハリウッド大の杉山友之学長はそう指摘する。
(篠健一郎)



「バブル」というのは、その後価格が急落して後から振り返ると異常な高値だったという事実に基づくものか、価値のないものが急騰しているという価値判断に基づくかのどちらかです。

この記事の説明を見るかぎり、アニメの価格が急落したという事実はありません。それならば、”アニメなんかが高値で取引されていやがる”という価値判断があるのかと言えば、それもなさそうです。

普通に価値が発見されて価格が上がったというだけのことであって、「バブル」という言葉を安易に使い過ぎています。

これが「バブル」なら、印象派の絵画も「バブル」になってしまいます。


国産の配信会社がなくなったことを嘆いていますが、価格の上昇に対応できなかったというだけです。つまり、実際にアニメを作っている側は儲かっているのです。それであるならなんの問題もありません。

商人より、職人が報われるのは正当だと思います。


「製作委員会」の存在が日本アニメが海外展開するネックになっているようなことが書かれていますが、記事中のどこにも、多面展開したいのに製作委員会の一部が反対したことでつぶれた、という例が載っていません。

記事として唐突です。取材してあちこちから話を聞いて書いたのでしょうが、記事をまとめきれていない感があります。

【映画】空海 KU-KAI 美しき王妃の謎

原作:夢枕獏

原作は未読です。

夢枕獏の作風は知っているので展開に驚きませんでしたが、劇場に大勢いた年配の観客はさぞ面食らったでしょう。弘法大師・空海の中国での修行を描いたありがたい映画だと思ってきて、化け猫映画が始まったらビックリですよね。

いろいろ不満な点はあります。

・皇帝にかけられた呪詛を払うために、当時無名の空海に依頼するのが分かりません。少なくとも映画の中の空海はは、倭国から来た一介の修行僧にすぎません。
・後半に明らかになる化け猫の正体だと、前半に化け猫が騒動を起こす動機に欠けます。猫の気持ちが入り込んだんだと仮定しても、楊貴妃の事件から何年も経って後に、皇帝を呪い、次期皇帝の死を予告し、楊貴妃事件にかかわった役人の息子に祟る、というのはおかしいです。
・現実の楊貴妃はともかく、映画の中の楊貴妃は民衆から慕われていました。なんで皇軍が楊貴妃の死を要求するのかわかりません。唐突感があります。
・よく考えると、空海はいなくても成立する話です。長恨歌のために白楽天が楊貴妃の謎を解く、あるいは巻き込まれる、で話は成立します。阿倍仲麻呂のいりません。玄宗皇帝につかえた役人だったら誰でも同じ役回りができます。日本人からすれば、空海や阿倍仲麻呂が出てくるのは楽しいですが、中国人にとってはなんで日本人が出てくるのか、日本が好きか嫌いかはともかく、不思議に思うのではないでしょうか。
・事件が解決して落ち着いた後、空海が長いこと出入りを許されなかった寺に行けて、それを迎える偉い僧侶が実は・・・という展開がありますが、時間経過がおかしいように思います。それまでの「偉い僧侶」は僧ですらありませんでした。短期間にそんなに出世できないでしょう。

よかったのは
・女優さんがみな美しかった。
・大道具・小道具・長安の街並み。これらには一見の価値ありです。

それと、日本人もそうですが、中国人もやたら画面に月を入れたがりのに気づきました。夜空となるととにかく月です。アメリカ映画だと、ホラーやサスペンス以外では月はあまり見ないような気がします。

スケールの大きな中国ファンタジーを見たい人にはお勧めします。しかし空海を尊敬している人は観に行っても、腹は立たないと思いますが、肩透かしを食らうでしょう。

【展覧会】ブリューゲル展

於:東京都美術館

16、17世紀のヨーロッパにおいてもっとも影響力を持った画家一族のひとつであったブリューゲル一族。一族の祖であるピーテル・ブリューゲル1世は、現実世界を冷静に見つめ、人間の日常生活を何の偏見もなく、ありのままに表現した革新的な画家でした。この観察眼は、子から孫、ひ孫へと受け継がれ、一族の絵画様式と伝統を築き上げていくことになります。
父の作品の忠実な模倣作(コピー)を手掛けた長男のピーテル2世。父の自然への関心を受け継いで発展させ、多くの傑作を残したヤン1世。そして、ヤン2世やアンブロシウス、アブラハムといったヤン1世の子孫たちが、一族の作風を受け継ぎ、「ブリューゲル」はひとつのブランドとして確立されていくのです。
本展は貴重なプライベート・コレクションの作品を中心とした約100点の作品により、ブリューゲル一族と、彼らと関わりのある16、17世紀フランドル絵画の全体像に迫ろうという挑戦的な展示になります。


ブリューゲル一族という視点でとらえなおした展覧会です。一族を一覧する形での展示は初めてみました。微妙な個性がわかって楽しかったです。

大理石に描いた細密画(虫の標本みたいな絵)には驚かされました。驚異の一言です。

なお、オーディオコメントは声優の石田彰さんでした。アニメファンならこぞって借りるべし!

4月1日までです。

【時事問題】性同一性障害

3月2日朝日新聞の朝刊の教育面に「教室で映画、いまを知る授業 トランスジェンダーって?当事者の俳優招く」という記事が載りました。

 映画を活用した学びが、学校現場で注目されている。監督や出演した俳優を教室に招いて意見を交わしたり、作品を鑑賞して感想文を書いたりする取り組みも。異なる文化や多様な性のあり方、難民問題など、現代社会が直面する問題について考えるきっかけになれば、と期待されている。
 1月末、東京都立西高(杉並区)で、チリの俳優ダニエラ・ベガさん(28)を迎えた特別授業があった。ベガさんは男性の体で生まれ、女性として生きるトランスジェンダーの俳優だ。主演する映画「ナチュラルウーマン」(全国で順次公開中)は、米アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた。同校では事前にこの映画を校内で何度か上映。希望した1~3年の36人が、授業に参加した。
(略)


性同一性障害について理解を深めようという授業です。

なぜ自分の肉体の性に意識が食い違うのかわかりませんが、実際にその症状(って言っていいのかどうかわかりませんが)に苦しんでいる人は多数いるようです。本人の責任でないことに対してできる限りの配慮をすべきですし、それができるのが成熟した社会だと考えます。

さて、同じ日の社会面に「性別変更の取り消し認める家裁判断 医師が誤診」という記事も載っています。これも性同一性障害に関するものです。

 性同一性障害と診断され戸籍の性別を変更した人が、「変更は誤りだった」として取り消しを求めた裁判手続きで、西日本の家裁が、性別を戻す訴えを認める判断をしていたことが分かった。昨年11月30日付。専門家は「本人の社会生活のため、歓迎すべき判断だ」としている。
 家裁の審判や、代理人の南和行弁護士(大阪弁護士会)によると、西日本に住む申立人は、自らを性同一性障害だと思い込んで精神科を受診するようになり、2011年にタイで性別適合手術を受けた。同年に国内の精神科医2人に性同一性障害との診断を受けた後、性別の変更を認める特例法に基づき、家裁に申し立てをし、認められた。
 だがその後、「生活の混乱の中で思い込んでしまったが誤りだった」と後悔するようになり、日常生活も元の性別で送るようになった。昨年6月に変更の取り消しを求めて家裁に申し立てをし、当初診断した医師の1人による「本人が強く思い込んだことで誤診した」との意見書を家裁に提出。家裁は意見書を根拠に誤診を認め、申立人が元の性別で日常生活を送っていることも考慮して、変更を認めた審判を取り消した。
 04年施行の性同一性障害特例法はいったん変更した性別の再変更は想定していない。性同一性障害の診断経験が豊富な針間克己医師は「特例法は、性別の自認は『揺らがない』という前提だが、まれに揺らぐ人はいる。医師が慎重に見極めなければならないが、本人の社会生活のため、一定の条件下では取り消しを認めた方がよく、家裁の判断は妥当だ」と評価した。


レントゲン写真や血液検査の数値のように客観的に判断できる症状と違い、性同一性障害は本人の申告で決まるみたいです。本人が「思い込んでしまった」ら医者でも見抜けません。

性同一性障害について社会が理解するのは良いことなのでしょうが、その反面過剰な思いやりや理解が思い込みを誘発する因子になったということはないでしょうか。

仮に、親族の子供が、自分の性に違和感があるみたいなことを言い出したら、”なるほどそれは性同一性障害というやつだ。決して恥ずかしいことではないぞ”と励ますべきなのでしょうか。それとも、”馬鹿かお前は!しっかりしろ”と怒鳴りつけるのがよいのでしょうか。

案外難問だと思います。

【朝日新聞】なぜ外国を支援しなければいけないのか?

3月1日朝日新聞朝刊のオピニオン欄。「私の視点」のコーナー。上智大学教授・植木安弘氏の「パレスチナ難民支援 日本政府はさらに拡大を」より 

 米国政府は1月16日、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への財政支援の半額を超す6500万ドル(約70億円)の削減を発表した。これは中東和平におけるパレスチナの立場を困難にし、540万人の難民を窮地に立たせるものだ。パレスチナ難民支援は国際的な人道的義務であり、日本政府は緊急人道支援をさらに拡大すべきだ。
 UNRWAのピエール・クレヘンビュール事務局長は、同月25日に東京で行った記者会見や上智大学での講演で、米国の財政支援削減がパレスチナ難民の教育や医療、保健衛生、食料、難民キャンプの維持などにもたらす深刻な影響に危機感を表明した。
 「世界はパレスチナ人を難民としか見ていないが、一人ひとりが夢や希望を抱いている。毎年揚げるタコにその夢や希望を託している。その中には、将来宇宙飛行士になりたいという、ガザ地区から一度も出たことのない少年の夢もある」
 UNRWAは、レバノン、ヨルダン、シリア、ヨルダン川西岸とガザ地区にまたがる58の難民キャンプを維持。3万3千人を雇用し、2万2千人が先生や職員である。700を超えるUNRWA学校の生徒数は50万人以上で、半数が女生徒。UNRWAが運営するクリニックは140を超え、医療サービスに加え、妊産婦の世話なども行う。
 私も国連勤務時代にガザ地区の日本政府の資金提供で建てられた学校を訪れたことがある。学校の先生や子供たちは心から感謝していた。
(略)


よその国であっても、生きるの死ぬのという状況にある人たちはできるかぎりの援助をしてあげたいと思います。しかし、それ以上のこと、生存と直接関係ないことは自己責任です。まさかパレスチナ難民の子供が宇宙飛行士になる夢の実現に日本人が納めた税金を使うわけにはいきません。

パレスチナ難民に援助をしろというのであれば、どういう状況なのかをきちんと説明すべきです。植木氏の説明にはそれが欠けています。

うすっらと分かるのは、学校は機能しているところから、飢えとか疫病とかで苦しんでいるという感じはしません。

パレスチナが複雑な状況にあるのは分かりますが、よその国に援助を求めるなら、もう少し具体的に何に困っていて、どのくらいの援助が必要なのかを明らかにするのが筋だと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle