FC2ブログ

【雑記】詐欺(?)電話

本日夕方に自宅の電話が鳴りました。

電話をとると、自動音声の声で”こちらは東京都です。蓄電池の補助金のお知らせです・・・”といった内容をしゃべりだしました。

長くなりそうだし、興味もないし、そもそもかけてきた側が自動音声というのは無礼だと思うので、ガチャ切りしました。ちょっと気になったのでネットで調べてみました。

結果、電詐欺の電話らしいです。すくなくとも東京都ではこういう電話案内はしていません。

電話をそのまま聞いていると、75歳以上か以下かを訊かれ、プッシュボタンを押させるとのことです。おそらく情報を集めているのでしょう。年寄りだけと思われたら強盗にくるのかもしれません。

強盗団もいろいろ考えるものですね。
スポンサーサイト



【時事問題】マスク不足

2月28日朝日新聞朝刊の記事「マスクよ、どこに 週1億枚のフル生産でも品薄が続く」を引用します。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、店頭でのマスクの品薄が1カ月ほども続いている。いっこうに変わらない状況に政府も危機感を強め、メーカーは24時間体制で増産している。それでもマスクが行き渡らないのはなぜなのか。
(略) 
 大手ドラッグストアがマスクを高額商品と抱き合わせて販売していたことも明らかになり、27日には公正取引委員会が薬局チェーンの業界団体に対し、こうした手法をしないよう周知を要請した。経産省はマスクの転売を狙った買い占めを防ぐため、26日からインターネットオークションサイトの運営企業などに、サイト上に高価なマスクの販売情報を載せないよう求め始めた。
(略) 
 メーカーは1月以降、24時間体制でマスクを増産しているが、品薄はなかなか解消されない。感染拡大とともに強まる消費者の不安が背景にある。買い占めや高値での転売が品切れを招いている面もある。
(略)


ものの価格は需要と供給で決まります。供給が同じか微増しかできないのに、それ以上の需要があるなら価格は上がるのが自然です。

一時的に価格が上がれば、転売屋は在庫を抱えて赤字になることを恐れて無理な買い占めはしなくなりますし、一般人も当面必要な量以上に購入はしなくなります。それによって需要が抑えられるので、安定供給ができるようになります。

しかし、このご時世で、マスクの価格を上げるメーカーや店舗が出てきたら、顰蹙を買うのは間違いなく、定価で販売せざるを得ません。

そのため転売屋(顰蹙を恐れない人たち)は定価で購入し、ネットを駆使して高額で売りさばきます。儲かるから買い占めをやめない。だから品薄になる、という悪循環です。

メーカーは工場をフル稼働させ、おそらく従業員に残業を強いているのですから、常識的な範囲の値上げが倫理的に問題だとは思いません。そして、そうすることこそが品薄を解消する近道だと思います。

【時事問題】セカンドレイプ

2月27日朝日新聞朝刊がセカンドレイプ(強姦被害者が、周囲の心無い言葉や偏見で傷つくこと)について報じていました。その中で、ジャーナリストの伊藤詩織さんが、望まない性行為で精神的苦痛を受けたとして元TBS記者の山口敬之さんを訴えた民事裁判の判決後の山口氏の発言を取り上げています。

山口氏は「本当に性被害に遭った方」から聞いた話として「記者会見の場で笑ったり、上を見たり、テレビに出演してあのような表情をすることは絶対ないと証言してくださった」と話しました。

この発言がセカンドレイプに当たるという批判です。

記事は公平をきすためか山口氏にも真意を訊いていますので引用します。

私は「性犯罪被害者は笑うべきでない」などとは一度も言っていません。私が記者会見で述べたのは、「実際に性犯罪被害に遭った方から、『本当の性犯罪被害者は伊藤さんのような言動はしない』というご意見と情報提供があった」という事実です。私の考えではありません。性被害者の方がどういう行動をするのか、私は全く知りませんし、言及するつもりもありません。
 (発言がセカンドレイプにあたるとの批判があることについて)そもそもファーストレイプはあったのですか? 私は「伊藤さんは性被害者ではない」と主張しています。会見の場では、私が主張していることを補強してくれる意見なので紹介しました。同じ意見の方を増やすことが、私にとっては喫緊の課題です。そのためにした発言で批判を受けることは、納得できません。


山口氏は、そもそもレイプ自体がないという立場ですので、性犯罪被害者の言動とは思えないという意見を紹介しただけだ、という主張です。

批判者は、おそらくレイプ自体が存在しているという立場ですので、セカンドレイプだと非難しています。

事の真偽は私にはわかりませんので、それについての論評は控えます。しかし、仮にこの件が山口氏のいうように濡れ衣だったとしても、一般論として”性被害者は伊藤さんのような言動はしない”と第三者の意見に言及したのは問題です。

山口氏が「性被害者の方がどういう行動をするのか、私は全く知りませんし、言及するつもりもありません」のであれば、匿名の情報提供者の考えを紹介すべきではありません。

情報提供者が実在するのかどうかもわかりません。実在していたとしても、性被害に関する見識をもった人間かどうかも疑わしいところです。

仮に、この件が濡れ衣だったとしても、他の性犯罪被害者への偏見を深める行為です。

情報提供者なる者が自分の責任で、”性犯罪被害者の言動としておかしい”と言うのであれば、それはそれですが・・・

【赤旗】それは日本国憲法のことでは?

2月21日しんぶん赤旗のコラム「きょうの潮流」を引用します

 征服者が被征服国民に強要したもの―。1951年調印の旧日米安保条約について米上院でこんな指摘が出たことがあります。60年6月のことです▼発言したのは民主党のラウシェ議員。共和党のヒッケンルーパー議員からも「征服された国民が征服者から受け入れを迫られた条約だった」。それも当然です。米軍占領下、日本国民に秘密の交渉で押し付けた条約だったからです▼内容は占領下に米軍がつくりあげた基地をそのまま提供するというもの。60年1月には現行安保条約が調印されました。基地提供だけでなく、日米共同作戦条項などを新たに盛り込みました。先の発言は上院での現行安保条約審議で出たものです▼日本では安保改定を契機に国民の怒りが広がりました。「安保闘争」です。ハンフリー議員(民主党、のちに副大統領)は、デモが一部の者によって引き起こされたという見方を否定し、「デモは広く一般の感情を反映したものだというあらゆる証拠がある」と主張しました
(略)


日本の全権回復は1952年ですので、1951年の旧日米安保が占領軍の押し付けであったことは否めません。ただし主権を回復した1960年に改訂をしているので、これ以降は無理矢理押し付けたとは言い難いのも確かです。

一方、日本国憲法は、占領下で押し付けられてから一度も改訂をしていません。虚心に考えてこちらの方が問題です。

しんぶん赤旗の読者は大多数が共産党員とシンパで占められているせいか(私はblogのネタ探しでネットで読んでだけでシンパではありません)、こういう突っ込みどころの多いコラムにも批判はないようです。これが朝日新聞なんかだと、アンチの読者が大勢いるので、すぐにあげつらわれます。

厳しい読者の指摘にさらされないこの状況はしんぶん赤旗にとっては不幸なことだと思います。

(参)下の記事もかなり笑えました
【赤旗】「指導者の批判はしない」って

【朝日新聞】サンダース氏勝利の要因はヒスパニック票か?

2月24日朝日新聞朝刊総合面。米民主党の大統領候補選を伝えるニュース「サンダース氏、大差で連勝」を引用します

 11月の米大統領選に向けた民主党の候補者選びで、第3戦となる西部ネバダ州の党員集会が22日、あった。米メディアは、革新系のバーニー・サンダース上院議員(78)が勝利を確実にしたと報じた。ニューハンプシャー州予備選に続く連勝で、「最有力候補」の地位を固めつつある。
 最低賃金の大幅上昇や公的国民皆保険などを訴えるサンダース氏は22日夕、テキサス州で「我々は世代と人種を超えた連合を築き上げた。ネバダだけでなく全米を席巻する」と勝利宣言をした。CNNによると、集計率50%現在で代議員獲得率は46・6%で、ジョー・バイデン前副大統領(77)の19・2%や、ピート・ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)の15・4%に大差をつけた。
 ニューハンプシャー州や、全米で最初に党員集会があったアイオワ州は人口の約9割が白人。これに対し、ネバダ州は3割が中南米出身者らヒスパニック系、1割が黒人とされ、全米の縮図により近い。党員集会参加者を対象にした米メディアの調査によると、サンダース氏がヒスパニック系有権者の約半数の支持を獲得。若者からも圧倒的に支持され、勝利した。
(略) 
 大きな理由は、ネバダ州でヒスパニックの支持を得たことだった。
(略)


記事ではネバダ州の人種構成を、「3割が中南米出身者らヒスパニック系、1割が黒人」としています。しかし添付された図では黒人は1割(11%)ですが、ヒスパニックは18%になっています。

米民主党選挙ネバダ州の結果

どういうことか解せませんが、おそらくネバダ州の住民の中でヒスパニックは3割なのだが民主党党員の中での割合では18%、ということかと思います。

さて、図の民主党員の人種構成が正しいとしてサンダース氏とバイデン氏が人種別に全体の中で何%を獲得したかを計算してみます。

サンダース氏
白人:65×0.29=18.85
黒人:11×0.27=2.97
ヒスパニック:18×0.51=9.18

バイデン氏
白人:65×0.14=9.1
黒人:11×0.39=4.29
ヒスパニック:18×0.17=3.06

これで見ると、サンダース氏はバイデン氏をヒスパニック票でたしかに6ポイント上回っています。しかし白人票ではそれ以上の10ポイントほどの差をつけています。

つまり、サンダース氏の勝因(バイデン氏の敗因)は、ヒスパニック票よりも白人票で差がついたから、と見るべきでしょう。

ところで、記事では断りなく、白人-黒人-ヒスパニックの順で並べていますが、この順序はどこから来ているのでしょうか。数の多い順に並べるなら、白人-ヒスパニック-黒人、となるべきです。

米国のマスコミの表記に合わせただけかもしれませんが、無批判に追従しているみたいで気に障ります。

【朝日新聞】ヘイト本を置く書店主はアイヒマンか?

2月23日朝日新聞朝刊の文化・文芸欄。『出回る「ヘイト本」、書店から考える 取次まかせの配本、「無責任」の指摘』

 『私は本屋が好きでした』。出版業界に詳しいライターの永江朗さんは昨年11月、書店関係者にとって刺激的なタイトルの書籍を世に出した。
 問題点として指摘したのは、書店特有の流通の仕組みだ。八百屋の店主が市場に足を運んで、新鮮な果物を品定めして仕入れるようなことが、書店には当てはまらないというのだ。「入荷したその瞬間まで、どんな本が入ってくるか分からない書店が数多くある」
 通常、書店に送られる本は、出版社に発注しなくても、問屋のような役割を果たす取次会社を介して、自動的に届く。これは「見計らい配本」と呼ばれ、書店の意思とは関係なく、規模や立地などに合わせて配本する仕組みだ。
 雑誌が売れた時代には、連日の発売日に合わせて大量の雑誌を一斉に全国の書店に届ける際、「ついでに」送ることで書籍の配送コストを吸収してきた。雑誌ありきだから、個々の書籍については深く考えなくてもよい仕組みだ。
 「どんな本が入ってくるかわからないまま店をしていれば、置いている本について、無責任でいられるわけです。『作る方が悪い』『買う方も買う方だ』と、自分がヘイト本を並べている責任は置いといて、作る側や買う側の責任にしている」
 こうした状況に「出版界はアイヒマンだらけ」と、本では強い言葉を使った。ユダヤ人を絶滅収容所に送った責任者アイヒマンは戦後、戦犯として裁かれた法廷で「命令を実行しただけだ」と主張した。「売れるから」とヘイト本をつくる出版社と同様に書店も、「考えず、与えられた仕事をこなすだけの『作業員』となっている」。
 出版不況が続き、書店が疲弊し、余力をなくしていることも、ヘイト本が蔓延する一因という。書店員は長時間労働、低賃金という厳しい環境に置かれていることは分かっている。それでも「タイトルや帯さえ見れば、本の扱い方を変えられるのではないか」と苦言を呈する。
(略)
 書店の現状について、取次はどう受け止めるのか。
 1月、同書の刊行にあわせたイベントに木村さんらと共に、取次大手トーハンの小野晴輝専務が登壇。見計らい配本にヘイト本が含まれる点について、扱う本の内容は「一切、価値を判断しないことを会社の立場としている」と説明した。
(略)


中小の書店は時間的経済的余力がないから送られた「ヘイト本」を店に出してしまっている。これはアイヒマン並みの無責任さだ、という告発です。

原則として書店は民間企業ですので、書店主が置きたくない本は置かなくてかまいません。

問題なのは、自分の書店だけでなく、他の書店もその思想(中韓の悪口を書いた「ヘイト本」を置くべきでない)に同調すべきであり、同調しないものはアイヒマンだ、と罵っているところです。

仮に、永江氏の思惑どおり書店主がある種の思想の本を置かないようになったら、書店主連合による検閲体制の完成です

これが書店でなく図書館だったらどうでしょう。特定の思想の本を排斥するというのは図書館の理念に反します。実際、「ヘイト本」は図書館で借りだすことができます。永江氏からすれば図書館員もアイヒマンなのでしょうか?

トーハンの「一切、価値を判断しないことを会社の立場としている」という立場こそ、正しい理念というべきです。

【朝日新聞】CDCが日本にあったらどうなったというのでしょうか?

2月23日朝日新聞朝刊の社説余摘。科学・医療社説担当の行方史郎氏の「日本にCDCがあったなら」より

(略) 
 日本には国立がん研究センターをはじめ「循環器」「精神・神経」など6分野でナショナルセンターと呼ばれる研究機関がある。病院を併設し、研究だけでなく、病気への対策を打ち出すことを使命にしている。
 感染研はこれらのセンターとは性格を異にし、その主たる業務は、感染症の動向把握や病原体の分析だ。
 よく比較される米疾病対策センター(CDC)は、その名の通り、感染研にはない多くの実務を担う。
 たとえば海外渡航者への勧告。2018年秋、CDCは風疹が流行する日本に、3段階の上から2番目の「注意喚起」を出し、予防接種や過去の感染歴がない妊婦は渡航しないよう呼び掛け、現在も続く。流行の現場に出向き、接触者の調査や感染制御に当たる専門家も数多くいると聞く。
 感染研にも専門家はいるが、組織の規模や権限は比べものにならない。日本にもしCDCのような組織があれば、大型クルーズ船への対応や展開は違っていたかもしれないと強く思う。
 日本版CDCの必要論は過去に浮上したことがあったものの、実現には至らない。一連の出来事を受け、検疫や隔離に強制力を持たせるべきだとの声も聞くが、いま必要なのは独立した感染症対策の専門家組織をつくることの方ではないのか。


日本にもCDCみたいな組織が必要ではないか、という提言です。

しかしどこをどう読んでも、日本版CDCがあれば現状のなにが解決されるのかが書いてありません。「大型クルーズ船への対応や展開は違っていたかもしれない」と行方氏は言いますが、どう変わっていたと予想したのかが分かりません。

具体的に、日本版CDCがあればこれこれのことができた、というのであればその提言を聞く気にもなれますが、これでは単にアメリカのまねがしたいと言っているだけです。

【朝日新聞】マスクの効果

2月22日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「耕論」のコーナーは「マスク依存社会」です。その中から内科医・久住英二氏の「元気な人の予防なら不要」を引用します。

 日本では「予防策」のためのマスク着用が、2009年の新型インフルエンザ流行や花粉症対策などで広まりました。新型コロナウイルスの感染拡大で、いまや公共の場でマスクをつけていないと逆に注目され、「非常識」と思われてしまいそうです。
 しかし通常のマスクには、感染症から身を守る効果はあまりありません。
 構造上どうしても隙間ができるし、直径30マイクロメートルの花粉の侵入は防げても、0・1マイクロメートルの新型コロナウイルスは通してしまいます。気密性が非常に高い「N95マスク」もそうです。そもそもN95マスクは息苦しく、長時間の着用は厳しい代物です。
 またウイルスは鼻、口だけでなく目からも入ります。マスクをしていてもゴーグルをつけなくては、「頭隠して尻隠さず」となります。
 つまり、マスクは予防策ではありません。自分の病原体を他人に感染させないための道具で、元気な人は基本的にはつける必要がないのです。
 一般のマスクでもウイルスがついた唾液は捉えられるので、せきや熱などの症状がある人がつければ、感染防止の効果があります。SARS(重症急性呼吸器症候群)などに比べて新型コロナウイルスの厄介な点は、感染しても症状がない人が多いこと。気づかぬ間にウイルスを広げないようマスクをつける意味は一定程度あるでしょう。
 だからこそ少しでも使ったマスクは病原体だらけで、むしろ「感染源」。ポケットから出し入れして何度もつける人を見かけますが、一度外したらすぐに捨てるべきです。
(略) 


前々からマスクには予防効果がないと言われています。久住氏は内科医ということで、より詳しくその説明をしています。

しかしこの説明でも腑に落ちないところがあります。病気でもない医者や看護婦、病院の事務作業の人もこの季節ではみんなマスクをしていることです。一般人ではなく医療関係者がです。まったく意味のないことをしているとは思えません。

医療関係者はきちんとマスクを扱っているから予防効果があるのだ、と言いたいのかもしれません。しかし医者や看護婦がいかに正しくマスクをしていたとしても、手術中くらいしかゴーグルはつけていません。

久住氏の説では、マスクをしてもゴーグルをしていないなら「頭隠して尻隠さず」のはずです。

この疑問に真正面から答えてくれないかぎり、マスク無意味論には疑問が残ります。

なお、新型コロナは自覚症状のない人からも感染するとのことなので、電車に乗る人全員が、オフィスで仕事をする人全員が、マスクをするようにするべきではないかと思います。

特に、飲食店従業員のマスクはウイルスとは無関係に必須にしてもらいたいです。マスクをせずにしゃべられると唾液が飛びます。

【時事問題】次期自民党総裁候補石破氏の指導力

2月21日の朝日新聞より

 自民党の石破茂元幹事長の派閥(19人)内で、次期衆院選の公認をめぐる内紛が起きている。いずれも石破派の現職が徳島1区での公認を主張しているからだ。石破氏は党本部主導の調整を期待するが、党内では「ポスト安倍」をめざす石破氏自身が指導力を発揮すべきだとの声も上がる。
 徳島1区での公認を主張しているのは、現在同区から選出されている後藤田正純氏(50)と衆院比例四国ブロックの福山守氏(67)。
 福山氏は今年に入り、徳島1区から立候補する考えを周囲に表明。朝日新聞の取材には「昨年末以来、後援会関係者から『引き続き(国会議員を)務めて欲しい』との声があった」と話し、1区から立候補をめざす考えを明らかにした。
 徳島では、2014年衆院選から導入された「0増5減」で選挙区が3から2に減った。旧3区だった後藤田氏が1区、旧1区の福山氏が比例に回る一方、福山氏は14、17年の衆院選では比例四国の上位に優遇されることになった。だが、自民党では「比例優遇は連続2回まで」との不文律があり、福山氏には次期衆院選で優遇される保障はないとの危機感がある。
 対する後藤田氏は、福山氏に強く反発。14年の選挙区調整の際に福山氏と「確認書」をかわしたと主張している。確認書には、両氏に加え当時幹事長だった石破氏らもサインしており、いまも有効だと説明。「政治家なら自分でサインしたものは守らないといけない」と牽制する。
(略)


福山氏と後藤田氏のどちらの言い分が正しいのかは知りません。問題は派閥の長である石破氏が調整できていないことです。

石破氏は党で対処してくれることを望んでいるようですが、それではリーダーとは言えません。

自分の足元の騒ぎをおさめられないようでは、日本の総理大臣は無理でしょう。

石破氏にとっては、正念場と言っていいでしょう。

【朝日新聞】途上国への石炭火力プラント輸出

2月18日朝日新聞社説「石炭火力輸出 気候危機の助長やめよ」より

 気候危機に立ち向かうべきときに、温室効果ガス排出の多い石炭火力発電所を海外に輸出していいのか。そんな議論が、にわかに注目されている。
 きっかけは、小泉環境相が先月、日本の公的資金が使われる見込みの海外事業が適正かどうか、環境省として調べる意向を明らかにしたことだ。
 たとえばベトナムのブンアン2石炭火力発電所の計画には三菱商事の子会社が出資し、国際協力銀行が融資を検討しているが、工事などを受注するのは中国と米国の企業の予定だ。小泉氏は「この実態はおかしい」として、ほかの案件についても調査する考えを示した。
 といっても、日本企業に受注させよという話ではない。
 異常気象や自然災害が各地で相次いでおり、被害の深刻化を回避するには、地球温暖化対策の国際ルール・パリ協定の下、産業革命以降の気温上昇を1・5度に抑える必要がある。それには、2050年に二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにしなければならない。
(略)
 批判に輪をかけているのが、プラント輸出や投融資を通じ、東南アジアなどで多くの石炭火力の新設にかかわっていることだ。安倍政権は「相手国から要請がある」「高効率な設備に限る」など四つの条件を満たした場合、輸出を許容する政策を変えていない。
 「しかし、高効率といってもCO2排出量が従来より数パーセントほど減るにすぎない」。自然エネルギー財団は今月、そう指摘する報告書をまとめた。いくら高効率でも、新設すれば今後40年にわたり多量のCO2を排出することに変わりはなく、パリ協定がめざす脱炭素化に逆行するのだ。
(略)
 自然エネ財団によると、安倍政権がめざすインフラ輸出30兆円のうち、石炭火力は民間投資を含めても2%に満たない。そのせいで「脱石炭に後ろ向き」と批判されては割に合わない。
 国内で再生可能エネルギーを広げ、ノウハウを途上国に輸出する。求められるのは、気候危機を助長しない支援である。


現時点では、再生可能エネルギーで電力のすべてをまかなうというのは現実味がありません。したがって、プラント輸出をしないというのは、途上国はこれ以上経済発展をするなと言っているのと同義です。

たしかに地球温暖化は無視できる問題ではありません。途上国にはこれ以上の経済発展をしないでくれ、先進国はできるだけCO2排出を減らすから、というのは先進国の得手勝手な理屈ではありますが、理屈に合わないわけではありません。

こうして考えると、この理屈は核不拡散の理屈と同じです。持ってない国は持つな、持ってる国はできるだけ減らします(本当はやってないけど)、というのが核不拡散の構造です。

核兵器なんてたいていの国には必要ないので、この構造は通用しないでもありません。しかし、CO2排出問題では、途上国を納得させるのは難しいと思います。

【世論調査】朝日新聞2月18日発表

朝日新聞で世論調査の結果が発表されました。

(数字は%。小数点以下は四捨五入。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、1月25、26日の調査結果)
◆今の政治などについてうかがいます。あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
 支持する 39(38)
 支持しない 40(41)
 その他・答えない 21(21)

◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)
 首相が安倍さん 10〈4〉
 自民党中心の内閣 14〈5〉
 政策の面 15〈6〉
 他よりよさそう 58〈23〉
 その他・答えない 3〈1〉

◇(「支持しない」と答えた人に)それはどうしてですか。(択一)
 首相が安倍さん 22〈9〉
 自民党中心の内閣 25〈10〉
 政策の面 40〈16〉
 他のほうがよさそう 9〈4〉
 その他・答えない 3〈1〉

◆あなたは今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
 自民党 34(34)
 立憲民主党 6(7)
 国民民主党 2(1)
 公明党 3(4)
 共産党 3(3)
 日本維新の会 2(1)
 社民党 0(0)
 希望の党 0(0)
 NHKから国民を守る党 0(0)
 れいわ新選組 1(1)
 その他の政党 0(0)
 支持する政党はない 39(37)
 答えない・分からない 10(12)

◆安倍首相の自民党総裁としての任期は、来年9月までです。あなたは、次の自民党総裁として、だれがふさわしいと思いますか。(択一)
 石破茂さん 25
 岸田文雄さん 6
 茂木敏充さん 1
 河野太郎さん 8
 菅義偉さん 5
 加藤勝信さん 1
 小泉進次郎さん 14
 この中にはいない 32
 その他・答えない 8

◆自民党総裁の任期は、自民党の決まりで、連続3期までになっています。あなたは、この決まりを変えて、安倍首相が4期目も続けることに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 25
 反対 60
 その他・答えない 15

◆あなたは、新型コロナウイルスをめぐる、これまでの政府の対応を評価しますか。評価しませんか。
 評価する 34
 評価しない 50
 その他・答えない 16

◆あなたは、新型コロナウイルスの感染が、日本国内で広がる不安をどの程度感じますか。(択一)
 大いに感じる 42
 ある程度感じる 43
 あまり感じない 11
 まったく感じない 2
 その他・答えない 2

◆あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大で、日本経済に影響が出る不安をどの程度感じますか。(択一)
 大いに感じる 43
 ある程度感じる 44
 あまり感じない 10
 まったく感じない 2
 その他・答えない 1

◆横浜港に停泊し、新型コロナウイルスの感染が広がっている大型クルーズ船についてうかがいます。あなたは、クルーズ船の乗客や乗員への政府の対応は適切だと思いますか。適切ではないと思いますか。
 適切だ 39
 適切ではない 45
 その他・答えない 16

◆「桜を見る会」をめぐる一連の問題について、あなたは、国会での安倍首相の説明に納得できますか。納得できませんか。
 納得できる 12
 納得できない 71
 その他・答えない 17

◆「桜を見る会」の招待者名簿について、政府は廃棄したと説明しています。あなたは、データを復元するなど、名簿があるかどうか、調べ直す必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。
 調べ直す必要がある 56
 その必要はない 35
 その他・答えない 9

◆あなたは、ギャンブルができるカジノを含む「統合型リゾート」が国内にできることは、メリットの方が大きいと思いますか。デメリットの方が大きいと思いますか。
 メリットの方が大きい 30
 デメリットの方が大きい 56
 その他・答えない 14

◆政府は、希望する人が70歳まで働けるよう、企業に求める方針です。あなたは、政府のこの方針に賛成ですか。反対ですか。
 賛成 64
 反対 25
 その他・答えない 11

◆あなたは、今停止している原子力発電所の運転を再開することに賛成ですか。反対ですか。
 賛成 29
 反対 56
 その他・答えない 15

◆東日本大震災について、安倍首相は、東京オリンピック・パラリンピックを通じて「力強く復興しつつある被災地の姿を見て、実感していただきたい」と話しました。あなたは、東京オリンピック・パラリンピックが、被災地の実情を伝えることに役立つと思いますか。そうは思いませんか。
 役立つ 38
 そうは思わない 52
 その他・答えない 10
     ◇
 〈調査方法〉 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、15、16の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した2172世帯から1118人(回答率51%)、携帯は有権者につながった2311件のうち1038人(同45%)、計2156人の有効回答を得た。



この世論調査が私のところにきたと想定して回答してみます。

>◆今の政治などについてうかがいます。あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。
いままで支持してきましたが、今回は保留にします。

>◆あなたは今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。
支持政党はありません。
これだけ政権批判をしても野党の支持率は上がりません。その反面、底堅いともいえます。「桜」の話ばかりしてると批判されてもやめられないのはそういった岩盤支持層があるからなのでしょう。しかし岩盤支持層ばかりに目をむけていると政権奪取は難しそうです。

>◆安倍首相の自民党総裁としての任期は、来年9月までです。あなたは、次の自民党総裁として、だれがふさわしいと思いますか。(択一)
まだわかりません。

>◆自民党総裁の任期は、自民党の決まりで、連続3期までになっています。あなたは、この決まりを変えて、安倍首相が4期目も続けることに賛成ですか。反対ですか。
自民党の党則ですから、自民党員が決めることです。党員でない私には意見はありません。

>◆あなたは、新型コロナウイルスをめぐる、これまでの政府の対応を評価しますか。評価しませんか。
対応には疑問が多くあります。なんでもできるわけではないことは理解しますが、説明が不足しています。

>◆あなたは、新型コロナウイルスの感染が、日本国内で広がる不安をどの程度感じますか。(択一)
大いに感じます。

>◆あなたは、新型コロナウイルスの感染拡大で、日本経済に影響が出る不安をどの程度感じますか。(択一)
大いに感じます。

>◆横浜港に停泊し、新型コロナウイルスの感染が広がっている大型クルーズ船についてうかがいます。あなたは、クルーズ船の乗客や乗員への政府の対応は適切だと思いますか。適切ではないと思いますか。
漠然と適切だったかどうかを訊いても意味がありません。ほかのプランを示して、”そちらの方がよかったのでは?”と訊くなら設問として分かりますが・・・

>◆「桜を見る会」をめぐる一連の問題について、あなたは、国会での安倍首相の説明に納得できますか。納得できませんか。
国会で長々と追及するのがいいかどうかは措いて、首相の説明には納得してません。

>◆「桜を見る会」の招待者名簿について、政府は廃棄したと説明しています。あなたは、データを復元するなど、名簿があるかどうか、調べ直す必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。
招待者名簿を復元して何がしたいのでしょうか?マスコミだって呼ばれていたのですから、誰がいたかはある程度わかっているはずです。まず、なんのために招待者名簿が必要なのかを説明してほしいです。

>◆あなたは、ギャンブルができるカジノを含む「統合型リゾート」が国内にできることは、メリットの方が大きいと思いますか。デメリットの方が大きいと思いますか。
デメリットの方が大きそうです。

>◆政府は、希望する人が70歳まで働けるよう、企業に求める方針です。あなたは、政府のこの方針に賛成ですか。反対ですか。
賛成ですが、私自身は70歳まで働きたくありません。

>◆あなたは、今停止している原子力発電所の運転を再開することに賛成ですか。反対ですか。
十分に安全を確保した前提で賛成です。

>◆東日本大震災について、安倍首相は、東京オリンピック・パラリンピックを通じて「力強く復興しつつある被災地の姿を見て、実感していただきたい」と話しました。あなたは、東京オリンピック・パラリンピックが、被災地の実情を伝えることに役立つと思いますか。そうは思いませんか。
思いません。

【時事問題】ANAホテルと首相の食い違い

2月18日朝日新聞の記事『首相「答弁した通り」 ANAホテルと首相の食い違いに』を引用します。

安倍晋三首相は18日、首相官邸で、記者団から「桜を見る会」前日に開かれた夕食会をめぐる国会答弁とホテルの説明が食い違っていることについて聞かれたが、「すでに国会で答弁した通りだ」と述べるにとどめた。首相側が正式な取材の要請に応じなかったため、歩きながら官邸を出る際に、記者団が問いかけた。
 「報道陣にはホテルは『明細書を例外なく発行している』と言っている」という質問にも、首相は「昨日答弁した通りだ」とだけ回答。「書面でしっかりと示すことはしないのか」と重ねて聞いたが、答えずにそのまま立ち去った。
(略)


私は基本的には安倍政権を支持しています。野党は能力的に疑いがありますし、自民党のほかの政治家もなんだか頼りになりません。そんな私でも、この一連の安倍政権の対応は疑問を持ちます。

立憲民主党の辻本議員にホテルから書面で回答があったことに対して、安倍総理側が口頭で聞いたとする内容で反論するのは反論になっていません。書面で出してきたものに対しては、書面を出さなければなりません。ホテル側が書面を出すことを拒否したのなら仕方ありませんが、安倍総理側がホテルに求めないというのは誠によろしくありません。

現在、新型コロナウイルスで早急な対応が求められています。そんな時期に「桜」の追求で盛り上がる野党はいかがなものかと思いますが、答えるべきことを答えない与党にも責任はあります。

やるべきことはきちんと済ませて、懸案に取り掛かるべきです。

【朝日新聞】教員は多忙なのか?

2月17日朝日新聞朝刊の記事「多忙すぎる教員、何とかしたい 通知表、年3回→2回 欠席連絡、電話→メール モデル校、1日1時間減」

 教員の多忙化を何とかしたいと、一般社団法人「日本教員多忙化対策委員会」が千葉県柏市と協定を結び、改革に取り組んでいる。モデル校の教員に密着し、通知表書きや部活動の時間を精選したところ、教員の1日当たりの平均在校時間は最も忙しい月で1時間ほど減った。この試みを今年、希望する自治体に拡大する計画だ。
(略)


まるで”学校の先生が忙しいキャンペーン”というのがあって、その一環の記事みたいです。

記事には、教員の平均在校時間のグラフが添付されていまして、月によって忙しさの度合いが違うことがわかるようになっています。しかし、私が注目したのは、個々の数字ではなく、脚注です。「夏休みを除く」と書いてありました。

働き方改革のかなめの一つは有給休暇を積極的に取ろう(取らせよう)ということです。夏休みの数値も議論には大事です。

繁忙期があるのは教員だけではありません。ピークの労働時間は低いことが望ましいですが、もっとも大事なのは年間の労働時間です。

”学校の先生が忙しいキャンペーン”では、常にこの視点を無視しています。一般人より長い夏休みがあり、一般人より長い正月休み(冬休み)があり、その上春休みまである教員なのですから、きちんと年間労働時間を計測しなければ不信感が増すだけです。

【朝日新聞】ふりがなつきの本の何が悪い

2月16日朝日新聞投書欄。大分県の中学生(14)の「ふりがなつき本 なぜダメ?」を引用します。

私の中学は週1回、朝に読書の時間があります。本好きな私はこの時間が大好きです。でも先月、国語の先生から「朝読書でふりがなのついている本を読んではいけません。勉強にならないからです」と説明され、とても驚きました。
その後、正しい言葉遣いがされていると思っていた本「精霊の守り人」を別の先生に見せたら、「ふりがながついているから、これもだめ」と言われました。
そこで家にたくさんある本から、ふりがながない本を探してみました。大人向けに書かれた「三国志」や芥川龍之介の「河童」など多くの本に、ふりがながついていました。
これまでふりがながついた本を多く読んだことで、「狩人」「瑠璃」などの難しい漢字も、ふりがな無しで読めるようになりました。私は「ふりがなつきの本は勉強にならない」とは思えません。


これは投書子の意見が全面的に正しいです。

そもそもふりがなは、出版社が親切でつけているものなので、本の内容とは関係ありません。大人向きに書かれた小説でも難しい字にはふりがなをつけることがあるのは、「三国志」や「河童」の例がある通りです。新聞だって難しい言葉にはふりがながついてます。

朝読書の目的は、おそらく読書の習慣をつけることだと思います。そして読書の目的は、難しい文字や言い回しを覚えたり、文章の意味を把握する能力を高めることです。

意味の分からない漢字があったら、前後関係で意味を類推したり辞書を引きます。その際、ふりがながついていれば国語辞典で簡単に引けますが、読みも分からない漢字は漢和辞典という中学生には面倒な辞書か、おそらく学校での使用が制限されているであろうネットでの調べるしかありません。

ふりがながある方が圧倒的に便利です。

それを乗り越えて漢和辞典を引けという意図かもしれませんが、乗り越えられる生徒はごくわずかで、多数派は本が嫌いになります。あるいは読めない言葉をいいかげんな読みで覚える生徒もいるでしょう。

つまり、ふりがなつきの本を禁止するのは、そもそもの目的に反しています。

また、投書子の当然の疑問に対して、きちんと答えられない教師は国語教師としてどうかと思います。

【映画】劇場版 ハイスクール・フリート

TV版は観ています。
(参)【アニメ】ハイスクール・フリート

OVAも観ました。これは、それに続く劇場版です。

TV版の最後に沈没した「晴風」ですが、OVA版で就航した船に「晴風」と命名したことで復活しました。劇場版はこの「晴風」での活躍です。

TV版での「晴風」の沈没には心を揺さぶられたので、復活には複雑な思いもありますが、設定としての不自然さはありません。死んだはずの人間が生き返るといった馬鹿バカしいものとは明らかに異なります。ただ、それでもあの感動はなんだったんだ、という思いはぬぐい切れません。

さてこの劇場版では、前半の日常、後半の非日常と分かれています。普通は冒頭にちょろっと日常風景を出してからメインの非日常展開にはいるのでしょうが、この映画の日常シーンは異様に長いのが特徴です。体感的には半分はあったでしょうか。

後半の戦争シーンはよくできていました。砲撃の音も劇場ならではでした。

シナリオに若干の不満があります。
1)新造艦の話が伏線めいて出ていましたが、まったく触れられていません。
2)父親を捜しに日本に来た少女が出てきましたが、父親に再開できたかどうかがはっきりしません。
3)副長が別の艦の艦長に就任するのを受けるか断るか悩むエピソードがありました。もともと彼女たちは訓練生として船に乗っているのですから、艦長就任を打診するのもおかしいし、断るという選択肢があるのも変です。まるで学校のクラス替えを拒否しているみたいなものです。

ファンにはお薦めしますが、一見さんにはキャラクターが多すぎて何が何だかわからないと思います。

【本】荒木飛呂彦の漫画術

著:荒木飛呂彦

「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な漫画家・荒木飛呂彦氏が漫画を描くためのノウハウを公開した本です。

漫画家として大成するためにどういう点に気を使っているかを丁寧に解説しています。

なるほどと思ったのは、主人公は常にプラス(成功して成長する)方向にしなければならない、というところです。週刊で連載する場合に、主人公が挫折や失敗を何週間も続けていると読者は読んでくれなくなるので、つねに成功するようにするのがコツだそうです。

想像ですが、「モンテクリスト伯」みたいなもの(平和で穏やかに暮らしていた主人公が無実の罪をきせられ投獄。脱獄して復讐をなしとげるというストーリーです)を週刊で連載していったら途中で打ち切りなるでしょう。

天才肌の漫画家だとばかり思っていましたが、実はかなり綿密に計算・努力をしているというのが分かりました。

【朝日新聞】「使える核」

2月11日朝日新聞社説『米の新型弾頭 「使える核」などない』

 大国が核兵器の使用に踏み切るハードルを下げようとしている。偶発的な核戦争のリスクを高め、世界全体を危うくする愚挙というほかない。
 米政府が、新たに開発した小型核弾頭搭載のミサイルを潜水艦に実戦配備した。ロシアなどが持つ小型核への抑止力を強める、と説明している。
 米国防関係者の間では、従来の核兵器は破壊力が大きすぎて使いにくい、との指摘はかねてあった。地域紛争で起きかねない限定的な核攻撃への報復を担保するためにも小型核が必要だ、と主張している。
 しかし、「使える核兵器」という考え方そのものが幻想でしかない。戦略的な安定をもたらすどころか、むしろ軍拡競争を招く可能性が危惧される。
 そもそも、規模にかかわりなく核攻撃は許されない。
 弾頭の破壊力は広島原爆の3分の1程度というが、核の惨苦を再びもたらすことが「小型だから」正当化されるシナリオなどありえない。国際人道法上だけでなく、使用国は重大な責任を問われるのは必至だ。
 武力衝突の規模を制御できると考えるのも誤りだ。誤算や誤認で戦局は容易にエスカレートする。大量破壊兵器が投じられれば、なおさらだ。核で応酬する戦争に勝者はいない。
(略) 


こういう主張というのは賛成したいのですが、理屈の上では疑問を感じます。

小型核兵器がいけない理由を社説では二つ挙げています
1)軍拡競争を招く危険がある
2)使えば国際的非難をあびる

1)の軍拡競争ですが、米国の説明はロシアの小型核に対抗して配備するということですから、そもそも短期的には軍拡競争をしようというのが米国のシナリオです。

軍拡競争をしようとしている国に、軍拡競争になるからやめろ、というのは説得力がありません。

また、長期的には軍拡競争の果てに米国は勝利したという体験を持っています。この点からも軍拡競争だからやめろ、というのでは説得できません。

2)はかなり疑問です。実際に使えば、日本人は驚愕するでしょうが、世界はおそらく被害規模だったり犠牲者の軍民の割合をみて対応を変えるでしょう。

それに、米国もロシアも多少の国際的非難なんて気にも留めないように思います。

【赤旗】赤旗のコラム執筆者がクルーズ旅行を堪能

2月9日しんぶん赤旗のコラム「きょうの潮流」より

世界の海を回遊する巨大な客船が増えています。ここ数年、日本のクルーズ人口も過去最多を更新しつづけ、2017年には初めて30万人を突破しました
海外からの寄港数も年々増加。受け入れ機能を拡充している横浜港は昨年、最多となる188回を記録しています。こんなブームになる前、筆者も親を連れて横浜発着のクルーズで日本近海を回ったことがあります
いったん乗船すれば重い荷物を持ち歩くこともなく、船内にはレストランやプール、劇場まで。ゆったりと旅ができることから高齢者や家族連れも多く、思い思いに楽しんでいました。一方で、もしも災難に見舞われれば逃げ場のない恐ろしさも
(略)


コラムの趣旨は新型コロナのせいで横浜に留め置かれている豪華クルーズ船の話で、とくにとがったことを書いているわけでもないので、それに対する感想はないのですが、前段の部分が気になりました。

赤旗のコラムを執筆者ですから、共産党ではそれなりの地位と尊敬を集めているのではないかと想像できます。その人が、親をつれてクルーズ船を楽しんでいるというのが驚きで、それを隠すでもないのがさらに驚きです。

クルーズ船なんていうのはブルジョワ趣味だと思っていましたし、実際安くはなさそうです。

こういうことをさらりとコラムに書けるというのは、日本共産党というのは案外さばけたところなのかも知れません。

ちょっと驚きました。

【介護】院内感染対策

新型コロナウイルス騒ぎで、病院で患者から患者に伝染する院内感染が注目されています。

今の季節はインフルエンザも流行っていますので、のどの調子が悪いかな程度で病院に行くと、そこで本当に重大な病気に感染してしまう心配があります。

新型コロナ用の病院とそれ以外を分けて運用するというアイデアもあるそうですが、そもそも患者が新型コロナかどうかを自分で判断するのは難しいので、アイデア倒れかもしれません。

私は年寄りの介護をいまでもしていましたし、今でもしています。年寄りというのはなんかしら体が不調なので通院に付き合うのですが、診療に立ち会ってみて、本当に必要なのかと疑うことがしばしばあります。

医者「この前から痛くなったり、苦しくなったところはありませんか?」
患者「いつもと同じです」
医者「では、いつもの薬を処方しましょう」

という会話を繰り返し、薬局にいって薬を買うだけです。

患者の顔を見て確認しているのだ、とか色々な理由はあるのでしょうが、本当に必要なのか疑問です。このために年寄りと介護者を往復させ、診察まで待たせ、かつ院内感染の危険にさらす意味はないと思います。

病院に行くことを希望しない患者や、必要性が低い判断される患者は、テレビ電話みたいなもので診療をすませ、処方箋のみを送付する方法でいいのではないかと思います。

「患者は治療のために必ず病院施設に通う、より重篤なものは病院に留まる(入院)」というパラダイムは、もう見直すべきではないでしょうか?


【テレビ】NHKスペシャル 感染はどこまで拡がるのか~緊急報告 新型ウイルス肺炎~

2月9日放送のNHKスペシャルは「感染はどこまで拡(ひろ)がるのか
~緊急報告 新型ウイルス肺炎~」でした。

新型コロナウイルスに関してはいろいろな情報が錯綜しているので、NHKが現時点の情報を整理する番組を作りました。

・現在もっともホットな感染地である武漢は日本の医療水準と変わらない。医療体制が崩壊しかかっているのは、ひとえに患者数が多いから。
・今後、2~3週間は予断を許さない状況
・日本で新型コロナの疑いがあっても厚労省の基準があって多くが調べられていない。検査を広げるのは検査機関の体制の問題があって難しい
・ネットで多くのデマが広がっている
・致死率は、武漢で4%。それ以外では0.8%
・武漢での致死率が高いのは、患者が高年齢で健康状態が悪いことと、医療体制が追い付いていないから
・WHOが提唱する予防策は、手洗いと咳エチケット

■感想
日本の厚労省は全力で、つまり網から漏れがないようにというつもりで、検査していないように見えます。患者と思った人たちが医療機関に押し掛ける心配をしているのかもしれません。

日本の医療機関だってキャパがありますので、大勢が押し掛けるようになったら、武漢の二の舞という心配なのでしょうか?

しかし、このままでいくと、日本の都市も武漢と同じになる可能性はあります。

これは、各国政府も同じなのかもしれません。中国の患者数の伸びに対して、世界の伸びが少ない感じはあります。

それにしてもマスクというのは予防にどれほど有効なのか、情報が入り乱れている感じです。よく言われるのは、患者が他人にうつさないためには有効だけど、自分が予防するためには意味がない、というものです。

しかし、WHOは積極的にマスクを推奨していないみたいですが、かといって無駄だと切り捨てているわけでもありません。

実際問題、医者や看護婦はマスクをしているのですから、無駄ということもないような気がします。

中国みたいに、街を歩く人全員にマスクを強制してしまえば、他人に感染させるリスクを減らせるので、意味はあるかもしれません。

【朝日新聞】彼女は貧困層なのだろうか?

2月9日朝日新聞朝刊『「OK,ブーマー」世代間の確執』

(略)
米ウィスコンシン州マディソンの疫学者メーガン・レイジャーさん(31)はこう話す。父は電気技師、母は会計士。中流家庭で不自由のない子ども時代を送った。だが、両親は娘の大学進学に備えた教育資金を用意していなかった。
高校卒業の翌日から入学までの夏の間。自動車部品メーカーの工場で夜勤に入り、週40時間働いた。それでも稼ぎは1年分の学費にもならず、在学中は寮の掃除係などとして働いた。疫学者になるという夢をかなえるため、働きながら大学院へ進んだが、卒業までに背負った学生ローンは8万ドル(約871万円)に達する。
現在、州政府衛生局で働くレイジャーさんの年収は6万ドルほど。学生ローン返済に月500ドル、2年前に買った住宅ローンの返済に月1200ドル、昨年7月に生まれた息子の託児所費用に週305ドルかかる。学生ローンをこのまま返済するには、30年かかる。
「完済する前に息子が大学生になり、自分の学生ローンを抱える。将来に向けた貯金や子どもの教育費費積み立てをする余裕は全くない」
(略)


米国で若い世代が経済的に困窮して、大きな政府を志向する民主党支持が多いという分析の記事です。

31歳で年収6万ドルというのは決して低収入とは思えません。

それと、費用の算出が年であったり月であったり週であったりとややこしいので、月を基準にまとめてみました。
収入・・・5000ドル(6万÷12)
住宅ローン返済・・・1200ドル
学生ローン返済・・・500ドル
託児所費用・・・1342ドル(305×4.4)
したがって約2000ドルが残ります。もう少し返済にあててもいいんじゃないかと思えるくらいです。

これで貧困といわれてもちょっとピンときません。

米国の貧困というと「賢者の贈り物」(O.ヘンリー)みたいなものを思い浮かべます。そこではほそぼそと暮らしながら、ささやか喜びを見つける美しい庶民の姿がありました。しかし現代の「貧困層」というのは、それなりに暮らしていながら、より富裕な人たちと比較して嘆いている人たちに見えます。

【映画】犬鳴村

監督:清水崇

ホラー映画ですが、あんまり怖くありませんでした。怖がらせようとしているのか、ビックリさせようとしているのか、泣かせようとしているのか、どの方面にも中途半端な感じです。

なんか乗れなかったのは、怨霊というか亡霊というか犬鳴村側のルールがはっきりしないことです。はじめの犠牲者は、勝手に犬鳴村に入ったから呪われたみたいで、これはわかります。しかし、犬鳴村を迫害したものの子孫だから(実は犬鳴村住民の子孫でもあるのだけれども)呪われているようでもあります。ほとんど関係のない友人たちも電話ボックスで悲劇に合いました。主人公の上司の医者に至っては何で祟られたのかさえ不明です(これは編集のミスかな)。

主人公(精神科医)のもとに連れてこられた子供はなんの関りがあるのかもわかりません。

主人公のお父さんは、奥さんの血統の秘密を知って忌み嫌っているらしいですが、公式には奥さんの母親(主人公の祖母)は捨て子だったのであり、犬鳴村に関係があったというのは知られざる秘密のはずです。お父さんは何を知っていたのでしょうか?

それに、このお父さんは奥さんと長男だけに厳しく、長女(主人公)には普通の父親で、次男は可愛がっています。血統がどうのこうのという話と矛盾してます。

「呪怨」が好きな人には楽しめるのかもしれませんが、そうでない人にはお薦めできません。

【朝日新聞】安住国会対策委員長の張り紙

2月6日の天声人語を引用します。

他者を排除せず、意見の違いを認める。そんな寛容な社会を大切にする者への戒めがある。「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容たるべきでない」。フランス文学者の渡辺一夫が残した言葉だ
もともと寛容さを持っていた古代ローマ社会は、初期キリスト教については弾圧の道を選んだ。他の教えを認めない、あまりに不寛容な宗教だったからだ。しかしそのやり方は、キリスト教側をますますいきり立たせたと渡辺は書いている。不寛容の連鎖である。
渡辺の言葉を思い出したのは、4日の米国議会の映像を見たからだ。トランプ大統領が一般教書演説を終えた瞬間のことである。後ろにいた野党・民主党のペロシ下院議員が、その演説原稿をびりびりとやぶいてしまった。
演説の直前に、ペロシ氏が握手しようと手を差し出したが、トランプ氏から無視される一幕があった。非礼を非礼で返したのか。あるいは、政敵を徹底的にこきおろしてきたトランプ氏の不寛容さを、まねてみたのか
日本の国会では、立憲民主党の安住淳国会対策委員長の信じがたい振る舞いがあった。国会の廊下から見えるところに新聞各紙の政治記事を張り出し、気に入らないものには「くず」「出入り禁止」などと書き込んでいたという。この国の政治の不寛容さの毒は、野党にまで回っているのか。
政治家の品位を考えると絶望的になる話が、日本でも米国でも伝わってくる。単なる偶然ではないように思う。


まぜっかえして言うわけでもないですが、不寛容に対して不寛容に接するのがいけないのであれば、安住氏の張り紙に対しても寛容の精神で接するべき、という理屈になるはずです。

おそらく朝日新聞の記事が「くず」とか「出入り禁止」と言われたわけではないと思いますが、それでも国会議員が新聞記事の悪口を張り出したというのは、逆鱗に触れたようです。

しかし、単に「信じがたい振る舞い」と切り捨てるのではなく、どこがどう悪いかを順序だてて説明すべきです。

私なりに安住氏の批判をすれば、「くず」だけではどこがどうくずなのかを論評していません。作文・小論文のたぐいだったら0点です。

「出入り禁止」はちょっと質が違う問題です。民主義社会では政治家はマスコミを出入り禁止にすることは許されません。いくらマスコミが嫌いであっても、その後ろには主権者がいます。マスコミを出入り禁止にするということは有権者を出入り禁止にしたのと同じであり、それは民主主義体制下の政治家の自己否定です。

【朝日新聞】批判精神を教えるとは?

2月4日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「私の視点」のコーナー。公立高校教員・蜷川純雄氏の『「プラゴミ」定番の結論 批判精神、摘んだ証しか 』を引用します。

 大学の推薦入試などを控えた生徒に対して、小論文の指導をする機会がある。練習用に出される時事テーマの定番は環境問題だ。中でも、プラスチックゴミの問題は、生徒たちが必ず書かされるもののひとつだ。
 いわく、プラスチック製品は大変な勢いで増え、リサイクルを担ってきたアジアの国々でのゴミ処理も行き詰まっている。海に流れ出て、深刻な海洋汚染が指摘される。各国は対策を講じ始めている。私たちも、この世界共通の課題に取り組まなければいけない。まずレジ袋をもらわない、ポイ捨てをしないなど、一人一人ができることから……。
 生徒たちは判で押したようにこう書くのだが、入試で、こういう答案はどう評価されるのだろう。この答案から測れるのは、環境問題に対する知識や独自の視点、考察ではなく、型どおりで当たり障りのない返答ができる力ではないだろうか。
(略)
 教員として思い当たるのは、学校は、様々な場面で、他者を批判すること、問題の核心を突いて論争を起こすことを戒めてきたのではないか。その結果、批判の矛先は自分に向かう。それが批判精神を摘み、科学的な思考を妨げていると感じる。
 変化が激しく予測が困難な社会が到来するという。答えのない課題を主体的に学び、考え、表現することが求められているという。そうであれば、「型どおりで当たり障りのない答え」に意味はないはずだ。


型どおりの答えが面白くないというのはその通りだと思います。しかし、入試での答案は、面白いものを書くより、確実に合格点を狙うのは当然です。当たり障りのない回答をしている生徒が間違っているとは思いません。

問題を感じるのは、蜷川氏をはじめとする教員が学校教育を万能だと勘違いしていることです。

教員の指導を腹から納得せずに試験対策として聞いている生徒は、おそらく自分で批判精神を学んでいくでしょう。教員の指導を信じ切っている生徒に、批判精神を教えるというのは、原理的に困難です。このプラゴミの例でいえば、蜷川氏が指導に従い、”企業や政府が対策すべきです”とこれまた型にはまった意見を書くのが落ちでしょう。

私としては、学校の先生に期待するのは教科の指導だけです。人格教育みたいなことは自分で考えるから放っておいてもらいたいと思います。

【時事問題】漫画のキャラ名に批判

2月4日朝日新聞朝刊『キャラに「丸太」、731部隊想起と批判 ジャンプ、コミックス収録時に変更へ』を引用します。

 3日発売の「週刊少年ジャンプ」に掲載された人気漫画「僕のヒーローアカデミア」で、改造人間を生み出す医師が「志賀丸太」の名で登場した。旧日本軍の731部隊が戦時中、中国人捕虜らを「丸太」と呼んで生体実験を繰り返したとされることから批判が寄せられ、作者の堀越耕平氏は自身のツイッターで、名前を差し替える意向を明らかにした。
 発行元の集英社も3日、ホームページで「コミックス収録時に当該人物の名前を変更することにいたしました」と発表。「過去の史実を想起させる」との指摘があったとして、「命名にあたり、作者や編集部にはそのような意図はありません」とした。731部隊では、軍医らがペスト菌やコレラ菌による細菌兵器を研究していた。
 マンガは「ヒロアカ」の愛称で知られ、単行本は25巻で累計2500万部が発行され、テレビアニメも放映されている。


記事ではどこから批判があったのか書いていませんが、ネットの情報では外国から指摘だったようです。

私見ですが、こういう苦情は相手をしているときりがありません。一切、無視すべきです。

これも記事には書いていませんが「志賀丸太」は悪役として登場してるようです。「マルタ」は被害者の暗号ですので、悪者につける必然性はありません。偶然ととらえるのが妥当です。文句をいうのは深読みしすぎであり、やや妄想が入っています。

こんなことで屈していては、”この善玉は、日本の戦犯がモデルだ”とか、”この悪者の名前は、わが国の指導者の名前を想起する”とかいって苦情が押し寄せることになります。

毅然としてはねのけるべきでした。

ところで、往年の名作漫画「バビル2世」(横山光輝)には、宇宙ビールスが、軌道がそれ地球に落下した人口衛星731にくっついて地上に侵入するというエピソードがありました。もちろん偶然なのでしょうが、これなんかも今だったら問題視されたかもしれません。

【GLOBE】アニメの力 世界に愛されるガラパゴスの産物

GLOBEというのは朝日新聞の別刷りで、確か月に一度くらいの割合で日曜日の朝日新聞といっしょに届けられるものです。外国に取材した特集記事が多く、一つ一つの記事も長めなので、朝日新聞本体の特集記事よりじっくりと読ませるものが多いのが特徴です。

2月2日のGLOBEに「アニメの力 世界に愛されるガラパゴスの産物」という日本のアニメが世界でどのように受容されているかを伝える記事が載りました。

その中で映画祭の審査員を務めるアニメ評論家・土居伸彰氏の分析を引用します。

(略)
「海外の人にとっての日本のアニメは、ちょっと変わったものだったりとして存在しているのが現実のはず。特定のアニメ作品を愛する人が世界の様々な所にいるという見方が正しいと思う。」ディズニーやピクサーは、作品が異なっても世界中で「広く、浅く」刺さるが、アニメは特定の好みを持つ人たちが好きな作品ごとに「狭く、深く」熱狂する傾向が強いという
(略)


ディズニーやピクサーが世界中で「広く」受ける作品を目指しているというのは、別に経営者に知り合いがいなくても想像できます。日本のアニメは別に「狭く、深く」を狙っているわけでもないのでしょうが、海外では「狭く、深く」受け入れられているようです。

その理由までは書かれていませんが、私が想像するに二つの理由があります。一つは日本のアニメの多くが漫画やライトノベルといった個人による創作物を原作としていること。もう一つが、日本アニメのメインターゲットである日本人の心性が外国では一般的ではないことです。

日本では漫画やライトノベルは、多少の編集者のアドバイスはあるにせよ、基本的には個人の創作であり、ものによっては妄想に近いようなものさえあります。ディズニーやピクサーのように、多くのクリエーターが合議して練っていく作り方だと一般に受ける内容になりがちです。

日本でなぜこうした作り方が可能かといえば、アニメを観る絶対数が多いからです。「成長を続けるアニメの海外市場」という添付された図では、国外での市場が伸びていることを示していますが、それでも半分以上は日本の売り上げだということが分かります。人口比からすれば、日本アニメを観ているのは圧倒的に日本人ということです。

ディズニーやピクサーが個人的趣味に走った作品を出しても、日本以外での売り上げはそう期待できませんし、日本で受ける保証もありません。一方、日本アニメは日本で確実に稼ぐ計算ができます。

もう一つの理由は、日本人の心性が世界的には標準でないことです。映画の興行収入から、世界のトレンドと日本のトレンドがズレがあることが知られています。死生観も外国とは違うみたいです。一方、アメリカ人の心性というのは、割と世界では一般的みたいです。

この二つの理由で、ディズニーやピクサーは「広く」受け入れられ、日本アニメは「狭く」ヒットしていると考えられます。

ところで文末に

(略)
また、この数年で台頭の著しい中国アニメは日本アニメそっくりで、しかも面白い
(略)


というのは賛成できません。別に私は、中国に敵意があるわけではありませんし、中国アニメを避けているわけでもありません。むしろ積極的に観ている方ですが、特別に「面白い」という作品に出合ったことがありません。「見られる」程度の作品がいくつかあるだけで、選んで日本に持ってきているはずなのに凡作も多々あります。

一体、中国アニメはどこで受けているというのでしょうか?

【本】居眠り磐音 決定版04 雪華の里

シリーズ第四弾です。

前回、藩の悪人を退けることに成功した主人公(磐音)は、身売りした許嫁を追って日本中を旅してまわります。その間に人助けをしたり、助けられたり、切り合いに巻き込まれたりと大忙しですが、結局許嫁を探し当てることはできませんでした。最後は、江戸の吉原に買われていったらしいことが判明しましたが、転売されている間に価格が高騰し、見受けするのもままならない額になってしまいました。千両を超えていますので、現在価値に換算すると1億円くらいでしょうか。とても浪人暮らしになんとかなる金ではありません。

映画「居眠り磐音」では、吉原の花魁となった許嫁を、胸かきむしられる思いで見つめる磐音の姿が描かれていました。となると、許嫁をかっさらって逃げる、という展開にはならないのかもしれません。

旧主は、磐音が帰参することを望んでいるみたいですが、磐音にその気はないようです。なにやら、藩の財政をなんとかするために外から尽力する心持ちのようです。

次巻以降のテーマは藩の財政立て直しになるのでしょうか?

【時事問題】新型肺炎の致死率

2月1日朝日新聞朝刊で、新型肺炎の致死率について報じています。

(略)
今回のウイルスの致死率は30日現在で2.2%。これに対し、WHOが同じく緊急事態宣言を出したエボラウイルスは63%ともいわれる。そしてコロナウイスルが起こす重症急性呼吸器症候群(SARS)は9.6%。今回はかなり低く、過度に恐れる必要はない。
だが、2009年に流行した新型インフルエンザウイルスの致死率は0.02%~0.4%ともいわれる。新型コロナに有効な致死率は下がる可能性もあるが、現時点では「インフルより少し怖がるべきウイルス」だろう
(略)


30日現在の感染者と死者数は

(略)
一方、中国国家衛生健康委員会は31日、中国内の死者が前日より43人増の213人、感染者は1982人増の合計9692人に達したと発表。
(略)


死者数/感染者数、を調べて、具体的な計算は
213/9692=0.021977・・・
で致死率2.2%となるということらしいです。

私はこの計算方法に異議があります。

当局が把握していない感染者や死者がいるはずだ、といいたいわけではありません。把握できていないものを論じても仕方がないので、分かった数字で議論することはいいでしょう。

問題なのは、過去の新型インフルエンザやエボラは現在は収束しているのに対して、新型肺炎が現在進行形だということです。

つまり、現在闘病している患者は、回復するかもしれませんし、死ぬかもしれません。どうなるか結果が出ていません。

現時点で、死者数を患者数で割るということは、死んでいない患者はすべて回復するという現実的でない前提にたつことになります。

いまいまの致死率を論じるなら

(死者数)/(死者数+回復した人の数)

を見るべきです。つまり、ウイルスと人間の闘いに決着がついたものだけでパーセントをみるべきでしょう。

残念ながら、中国が情報を出していないせいか回復者の数がわからないので計算できませんが・・・

【映画】シグナル100

原作は漫画のようですが未読です。

よくあるデス・ゲームものでした。たぶん「バトルロワイアル」が嚆矢となっているブームなのでしょうが、先行する諸作に及ばぬ、単に趣味の悪い映画になってしまいました。

ゲームとしての面白みもありませんし、個々人の思惑が交錯するわけでもありません。ひたすらわめいて、血が噴出するシーンの連続です。

有名俳優と有名女優を出しておけばそこそこ興行収入が得られると踏んだのかもしれませんが、もう少し考えて作ってほしいものです。

お薦めできません。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle