FC2ブログ

【時事問題】ビットコイン取引所破綻

ビットコイン取引所(MTGOX)が民事再生法を申請した件です。朝日新聞の記事より引用します。

ネット上で流通する仮想通貨ビットコインの私設取引所「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」を運営する会社が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、経営破綻(はたん)した。保有する資産を売っても負債(借金)を返せない「債務超過」の状態で、顧客から預かったコインや現金など計約500億円分の大半が返せなくなるおそれがある。
 申請したのは運営会社「MTGOX」(東京都渋谷区)で、負債総額は約65億円だった。コインの大手取引所の破綻は初めて。取引システムに深刻な不具合があり、コインと現金の売買を仲介することができなくなったため、事業をいったん閉じることにした。同社の口座で保管していた顧客のコイン約75万枚が何らかの理由によって失われ、返還を求められてもすぐに対応できないという。
 同日都内で会見した同社代理人の弁護士は、コインは法的に返還義務があるといい、返還を求めることができる顧客(債権者)は「12万7千人ぐらいいる。日本人は1%に満たない」としている。同社のマルク・カルプレス最高経営責任者(CEO)は「(取引の)システムに弱い所があってコインがなくなり、迷惑をかけて申し訳ない」と日本語で陳謝し、辞任する意向を示した。
(略)


ビットコインについては聞いたことはありましたが、実際に自分で使うといったところまでは意識がありませんでした。先進的な決済システムというより、投機という印象の方が強かったこともあります。

この件で一番興味をもったのが、MTGOXの顧客(債権者)のうち「日本人は1%に満たない」という点です。

私自身が取引していないのにこういうことを言うのはおかしいのかもしれませんが、他国に比べて日本が遅れていた理由が気になります。この件はたまたまその遅れがいい方につながったわけですが、新奇なものに対して反応が薄いというのが現在の日本の国民性だとすれば、もしかしたら由々しきことなのかもしれません。

もちろん、日本が出遅れた理由は国民性以外にあるのかもしれません。そういった観点からの報道が待たれます。

なお、ビットコインについては「超整理法」で有名な野口悠紀雄氏の論考が参考になります。ここです。(2ページ目以降は無料の会員登録が必要です。)私もこれを読むまでは、いかがわしいものと頭から決めつけていました。虚心に読めば無視しえないものであることが分かります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle