FC2ブログ

【展覧会】ヴィジェ・ルブラン展 華麗なる宮廷を描いた女性画家たち

於:三菱一号館美術館

フランス革命前後の時期に活躍した女性画家の展覧会で、中心となっているのはヴィジェ・ルブランの作品です。

損保ジャパンで見た自画像も展示していました。この自画像は30台半ばに描かれたものですが、見た目は10台にしか見えません。女性画家だからなのか、若干美化して描いているのはご愛嬌でしょうか。

ヴィジェ・ルブランに限らず、この展覧会で見た女性画家の女性像は、自画像に限らず、どれも魅力的な美人です。しかし、当時評判になったマリー・アントワネットの肖像画(今回の展覧会の目玉)は、取り立てて美人には描かれてはいません。マリー・アントワネット自身も気に入ったし、宮廷でも評判が高かったとのことですので、決して“真実を活写する”的なものではなかったはずです。これは非常に面白かったです。

「巨匠」の展覧会ではありませんが、テーマがはっきりしている素晴らしい展覧会でした。

音声ガイドは、女優の大地真央さんでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle