FC2ブログ

【映画】魔女の宅急便


魔女の宅急便 (角川文庫)魔女の宅急便 (角川文庫)
(2013/04/25)
角野 栄子

商品詳細を見る

原作は未読。アニメ版は観ています。

大枠のストーリーはアニメ版と同じですが、細部はほぼ別物です。原作に準拠しているのかどうかはわかりません。

色々言いたいことはあります。

まず、世界観が駄目です。風車のあるパン屋という洋風な部分と、十数年前の日本を思わせる風俗がかみ合っていません。魔女が実在する世界を創造するという、気概が感じられません。予算が足りなかったのでしょうか。

ストーリーも安直です。

町になじみかけたキキ(主人公)が排斥されるようになったのは、友達とうまく行っていない女の子がキキを利用したいたずら(=いやがらせ)が原因です。飛行をビデオに撮られただけで烈火のごとく怒ったキキが、この女の子に怒らないのは不自然です。

この町は動物園が運営できるくらいですから、決して小さい規模のはずがありません。それなのに獣医一人が失踪したくらいで代わりが見つからないというのは考えられません。

やっと見つかった獣医のもとに病気のカバを嵐の中、キキに運んでもらうというのがクライマックスですが、重たいカバを運ぶより獣医をつれてくる方が合理的です。絵的にはカバを運んだ方がよいのでしょうが、そういう理由で不自然な行動をとらせるのは疑問です。

やっと獣医のもとにたどり着いたら、いとも簡単に治療してしまうのも拍子抜けです。その程度で治るくらいなら、電話(この世界には電話はあります)で、他の獣医に問い合わせておけば済むはずです。キキの悩みと、カバの病気をからめたいのでしょうが、うまくありません。

自身をなくして歌えなくなった歌手が、キキの活躍に奮起して嵐の中で歌いだすのはやり過ぎです。しかもその歌が飛んでいるキキに聞こえるというのは噴飯ものです。キキが飛行以外の魔力は持っていないのは繰り返し強調されています。これも無理にキキの悩みとからめようとしたかからでしょう。

CGもひどかったです。使い魔の猫は使い魔だけに普通とは違うのだ、と無理に納得して観ていましたが、カバもひどかったです。

動物園の職員の粗暴さにはあきれます。あんな人間がクビにされないのはリアリティに書けますし、そもそも子供も観る映画には出てきて欲しくありません。

文句ばっかり書きましたが、不思議と全体の印象は悪くありません。嫌味もないし、説教臭くもないからだと思います。キキ役の小柴風花さんはさわやかでしたし、演技も悪くありませんでした。原作は続刊がありますので、映画もシリーズ化してもいいと思いました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle