FC2ブログ

【朝日新聞】東北を「植民地」にするな 東日本大震災きょう3年 

3月11日朝日新聞朝刊。東北復興取材センター長・仙台総局長の坪井ゆづる氏の記事『東北を「植民地」にするな 東日本大震災きょう3』より

 「東北はまだ植民地だったのか」
 この言葉が頭から離れない。政府の復興構想会議委員を務めた赤坂憲雄・福島県立博物館長が1月、本紙地域面に寄せた一文にあった。
 赤坂氏は問うた。
 なぜ、福島は貢ぎ物のように、ひたすら東京へと原発の電気を送り続けてきたのか。なぜ、復興と称して巨大な公共事業ばかりが起こされ、地域の人々の意思が無視されるのか――。
 そして、震災が東北の置かれた状況をむき出しにした、と指摘した。
 的外れではない、というのが被災地での実感だ。
 理由は三つある。
 ひとつは、原発被災地が結果的に切り捨てられていることだ。いまも福島県浪江町には、震災翌日の朝刊が山積みされた新聞店がある。放射能で家族も地域も分断された人々は、復興の出発点にすら立てない。
 二つめは、未来の縮図のような過疎地だからこそ期待された「創造的復興」が進まない現実だ。各省縦割りの事業では、人口減少を見すえたまちづくりや農漁業の新モデル挑戦も広がらない。東京五輪に向けて、資材も人材も離れていく事態が追い打ちをかける。
 三つめは風化だ。約10万人がプレハブ仮設住宅にいる事実が、もうニュースにならない。被災地の首長らが陳情に行った復興庁で、東京五輪のポスターにあぜんとしたエピソードも痛々しい。
 むろん、被災地のそこかしこで、人々の笑顔が少しずつ戻っていることを否定するつもりはない。
 だが、3年の歳月を経て、被災地はこの国でもっとも豊かな「東京」にとって都合のいい「植民地」のように見えてくる現実も間違いなくある。それが、未曽有の惨禍でも変わらない、この国の姿なのだ。
(略)


復興が進んでいないことにいらだつ気持ちがあるのはわからないではありませんが、「植民地」という言葉はあまりにも扇情的です。東北の人は国会議員を送り込んでいますし、自分達で県知事を選んでいます。あきらかに植民地ではありません。

耳目をひくためなのかもしれませんが、過激すぎて事実に反する言葉を使うのは、冷静な議論に役立たないと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle