FC2ブログ

【朝日新聞】社説:強制連行訴訟―日中の遠い「戦後」解決

3月20日朝日新聞社説。中国で戦中の強制連行の補償をもとめる訴えが裁判所で受理された件を論じています。

 さきの戦争被害の償いを求める問題が、また新たに中国から投げかけられた。
 戦中に日本へ強制連行されて働かされたとして、中国の元労働者や遺族が北京で提訴し、裁判所が初めて受理した。
 同様の訴訟はすでに韓国で広がっていたが、中国では政府が水面下で封印してきた。
 中国では事実上、司法は共産党政権の指揮下にある。今回の受理の背景には政権の意図があったはずだ。訴訟にあえて干渉せず、市民の対日要求を黙認したのだろう。
 習近平政権は世界で対日批判を続けている。その一環として賠償問題のカードを切ったとすれば、歴史問題をさらに政治化させ、解決を遠ざける。
 むろん、歴史問題をときほぐす責任は、安倍政権にもある。戦争指導者が合祀されている靖国神社への参拝を強行したことが事態をこじらせた。
 歴史に背を向ける者には歴史を突きつけよ。中国側に言わせれば、そうなるのだろう。
 だが、両国の政権が背を向け合ったまま、問題解決でなく、悪化を招く言動を繰り返すことは、いい加減にやめてもらいたい。
 戦争の償いをめぐっては、52年の日華平和条約締結時に台湾の蔣介石政権が権利を放棄し、72年の日中共同声明で改めて中国政府が放棄を明確にした。
(略)
 その流れを考えれば、戦中の行為の賠償請求権問題は解決済み、とする日本政府の主張には当然、理がある。
 だが、現実的に、その主張一辺倒で問題の解決に向かうだろうか。
 今回のような訴訟が広がれば、日本企業の対中投資を萎縮させかねない。それは日本のみならず中国にとっても不利益となり、両国経済を傷つける。
 そもそも、これは人権問題である。中国では政権の思惑とは無関係に、国民の権利意識は高まっている。個々人が当局や企業など相手を問わず、償いを求める動きは止めようがない。
 過去にふたをしてきたという意味では日中両政府とも立場は同じだ。歴史の禍根を超えて互恵の関係を築くには、どうしたらよいのか。その難題を考える出発点に立つためにも、両政府は対話を始めるしかない。


矛盾が多く、落ち着きを感じさせない文章です。

>戦争の償いをめぐっては、52年の日華平和条約締結時に台湾の蔣介石政権が権利を放棄し、72年の日中共同声明で改めて中国政府が放棄を明確にした。

と書きながら

>過去にふたをしてきたという意味では日中両政府とも立場は同じだ

とも書いています。なお、中国政府の放棄は事実なので、日中両政府が過去にふたをしてきたというのは間違いです。ふたなどしていません。

また、

>習近平政権は世界で対日批判を続けている。その一環として賠償問題のカードを切ったとすれば、歴史問題をさらに政治化させ、解決を遠ざける。

といいながら、

>中国では政権の思惑とは無関係に、国民の権利意識は高まっている。個々人が当局や企業など相手を問わず、償いを求める動きは止めようがない。

と、当局と無関係な動きのようなことを言っています。靖国参拝が原因だったとなじり、日中両政府に対話を促すこの社説の論旨からすれば、中国当局の明確な意思によるもの、とみなしているはずです。

戦争中の補償を求めるという今回の提訴が、政治的な思惑によるのは社説子にも明らかなのでしょう。しかしなんとか日本政府の責任にもしたい、という思いが整理のつかない文章になってしまったように見えます。また、

>歴史に背を向ける者には歴史を突きつけよ。中国側に言わせれば、そうなるのだろう

などと中国がまだ言ってもいないことを、なりかわって主張するのは、奇怪な心情だと指摘しておきます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle