FC2ブログ

【展覧会】洋画家たちの青春

於:東京ステーションギャラリー

光風会は、明治の洋画界をけん引した白馬会の解散後、同会の7名の若い画家たちによって明治45(1912)年に創立されました。本展では、黒田清輝など白馬会の画家たちから、創立会員の中澤弘光、三宅克己をはじめとする光風会で活躍した画家たち、さらに新しい団体に移った画家たちまで、67作家の80余点により、洋画家たちの青春期を彩った光風会の足跡をたどります。


東京ステーションギャラリーは、東京駅の駅舎内にある美術館です。今回初めて行きました。中に入ると騒々しい駅の中とは思えないような落ち着いた場所でした。作品に添えられた解説は丁寧です。その反面、出品目録は置いていませんでした。

展示された絵は、特に目玉となるようなものもありませんが、目を惹く作品も何点かはありました。

東京駅周辺美術館共通券(3000円で、ブリヂストン美術館、出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館、東京ステーションギャラリーにそれぞれ一回だけ入場できる券)で入場しました。定価だと一般は900円です。正直に言えば、この定価だとちょっと高いかな、という気がします。場所が場所だけにもっと気軽に絵に接することができる値段だとよいのですが。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle