FC2ブログ

【時事問題】首相の発言

福島の原子力発電所の事故を受け、15日に菅首相が東京電力に出向きました。

朝日新聞より引用します。

(前略)
菅首相は15日午前5時40分、首相官邸から東京・内幸町の東電本店2階の統合本部を訪れ、「テレビで爆発が放映されているのに、官邸には1時間くらい連絡がなかった。一体どうなっているんだ」「あなたたちしかいないでしょう。撤退などありえない。覚悟を決めて下さい。撤退した時は、東電は100%つぶれます」と強調した。
(後略)


国家の指導者には、死の危険のある命令や要請をしなければならないことがあります。今回の事態がまさにそれです。しかし、菅首相の発言からはその重みが伝わってきません。

数十万、数百万人の命を守るため、という目的のためなら人は命をかけられます。しかし会社が倒産したら困るからと、命の危険をさらす人は少数でしょう。

国家的危機に直面している日本の指導者としては、あまりにも想像力を欠いた、軽い発言だと思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle