FC2ブログ

【映画】MONSTERZ モンスターズ


MONSTERZ (集英社文庫)MONSTERZ (集英社文庫)
(2014/04/18)
渡辺 雄介

商品詳細を見る

主演:藤原竜也、山田孝之

予告以外の事前情報なしで観にいきました。

目視した人間を操る能力を持つ“男”(藤原竜也)と唯一その能力が通用しない田中終一(山田孝之)の戦いを描きます。異能の力の持ち主の戦いということでは、「デスノート」や「コードギアス」を思い出させます。しかしこの両作と異なり、主人公は社会に対する強烈な意思を持っていません。“男”は自分の能力が通じない存在を知り抹殺しようとしているだけです。もう一つの大きな違いは、頭脳戦でないことです。

戦いは数度にわたるため、互いの能力は承知のはずです。“男”と第三者(特に群集)のいるところにうかつに出て行ったら危険なことは分かりきっているのに田中は毎回のこのこ顔を出します。田中が怪我の回復力が尋常でないことを知りながら、“男”は第三者を操って力押しに終始します。警察もほとんどの場合、真正面からぶつかっていっては操られる始末です。頭脳戦を期待するとがっかりします。

能力の描き方もあまりうまくありません。“男”の能力には反作用があるのは描いていますが、田中の能力の反作用がわかりません。反作用はないという設定なのかもしれませんが、それだとちょっとおさまりが悪い気がします。

アイデア自体はいいのですが、脚本にあらがあり、薄っぺらいというのが率直な感想です。

ただし、出演している役者さんが好きなら観にいってもいいかもしれません。役者さんは熱演です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle