FC2ブログ

【朝日新聞】社説:若者の意識―「どうせ」のその先へ

6月17日朝日新聞の社説「若者の意識―「どうせ」のその先へ」より

 「『自虐史観』を植えつけられて、若者が自国に誇りを持てなくなっている」
 「行き過ぎた個人主義がはびこり規範意識が低下している」
 こう熱心に主張される向きには、まずは安心して頂きたい。
 閣議決定された今年の「子ども・若者白書」は、日本、韓国、米国、英国、ドイツ、フランス、スウェーデンの計7カ国で、13~29歳の男女約千人ずつを対象に昨年実施したインターネット調査の結果を掲載した。
 「自国人であることに誇りを持っている」と答えた人の割合は、日本が70%。米国、スウェーデン、英国に次いで高く、「自国のために役立つと思うようなことをしたい」は55%でトップだった。一方「他人に迷惑をかけなければ、何をしようと個人の自由だ」は42%。他国平均は約8割なので極端に低い。
(略)


「子ども・若者白書」はここにありました。

「『自虐史観』を植えつけられて、若者が自国に誇りを持てなくなっている」という俗説が間違っている、という社説の指摘は正しいようです。実際に白書から数字を抜き出してみます。

「自国人であることに誇りを持っている」
日本:70.4%
韓国:59.9%
アメリカ:76.2%
イギリス:72.7%
ドイツ:66.2%
フランス:69.0%
スウェーデン:75.0%

統計ですので5%程度の誤差を見込んでいるはずです。したがって日本より高いのはアメリカだけで、日本より低いといえるのは韓国だけです。日本は決して低くありません。

「自国のために役立つと思うようなことをしたい」は、
日本:54.5%
韓国:43.2%
アメリカ:42.4%
イギリス:40.6 %
ドイツ:49.7%
フランス:44.8%
スウェーデン:53.7%

となっています。誤差を勘案しても確かに日本の数字は高いです。むしろ、自国民であることを誇りに思いながら、自国に役に立つことをしたいと思わない国(アメリかとイギリス)が不思議です。

「他人に迷惑をかけなければ,何をしようと個人の自由だ」は、国別の数字がありませんでした。「諸外国平均」とグラフで比較しているだけです。朝日の社説によれば、諸外国は8割ですので、日本の41.7%は確かに低いです。

私には、他人に迷惑をかけていないのにしてはいけないこと、というのが何を想定しているのか分かりません。迷惑をかけないかぎり個人の自由だ、と思っています。特に私が規範意識の乏しい人間だとは思いません。何らかの意識のズレがあるのでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle