FC2ブログ

【朝日新聞】これでいいのか「嫌中憎韓」 ブームの出版界に疑問の声

6月16日朝日新聞朝刊。「これでいいのか「嫌中憎韓」 ブームの出版界に疑問の声」より。

 中国や韓国を批判する「嫌中憎韓」本の売れ行きが好調な出版界。憎悪をあおるような言説を疑問視しブームに対抗しようという動きが内部から出始めた。
 「中国や韓国を批判する週刊誌の広告の言葉遣いはひどい。電鉄会社に規制を求めるべきだ」
 「週刊誌を出す出版社を敵に回しては、作家も書店も巻き込めなくなる」
 東京都内の出版社の一室で4月下旬、大手から中小まで様々な出版社の社員約20人が議論を交わしていた。他国や他民族への憎悪をあおる言説に出版界の中から歯止めをかけられないか。そんな考えからフェイスブックなどを通じて集まった「ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会」のメンバーだ。
 会社に秘密で参加している人も多く、今後どのような活動ができるのかはまだ未知数だが、事務局の岩下結さんは「今の状況をおかしいと思っている人が多いことを示したかった。のろしをあげることに意味がある。今後も会合を開き、出版界全体で考える流れを作っていきたい」という。
 外交関係の緊張を背景に、中国や韓国を批判する本は昨年秋ごろから売れ始めた。今年上半期、新書・ノンフィクション部門の週刊ベストセラーリスト(トーハン)には「韓国人による恥韓論」「犯韓論」など両国をテーマにした本が7冊、トップ10入りした。中でも「呆韓論」は10週連続で1位。濃淡はあるが、いずれも様々な角度から両国を批判する内容で、売り場の目立つ場所で特集している書店も多い。
 こうしたブームに疑問を呈したのが、河出書房新社だ。先月、全国の書店に呼びかけて選書フェア「今、この国を考える」を始めた。「『嫌』でもなく、『呆』でもなく」をキャッチフレーズに、「今読むべき本」として作家いとうせいこうさんら著名人19人が選んだ18冊を紹介。作家平野啓一郎さんは韓国の政治思想史研究者による「帝国日本の閾(いき)」を、ジャーナリスト安田浩一さんは「ヘイト・スピーチとは何か」を選んだ。同社の担当者は「ブームの裏で、生活保護バッシングや女性の貧困、雇用問題など切に問われるべき社会問題が置き去りにされている」と話す。
 ジュンク堂や紀伊国屋書店など全国の約150店がフェア開催に応じた。丸善・名古屋栄店の鈴木朋彦副店長は「書店は多様な本があるところ。韓国、中国に批判的な本に偏るのはおかしいと思っていたところにフェアの案内が来た」。
 中小出版社の業界団体「版元ドットコム」も、「反ヘイト・アンチレイシズム」と題したフェアをネット上で始めた。加盟社によびかけ、11社が賛同。26冊が紹介されている。
 その1冊、関東大震災での朝鮮人虐殺をテーマにした「九月、東京の路上で」は初版2200部が、発売2カ月で既に3刷に。出版元「ころから」の木瀬貴吉代表は「初版を10年かけて売るつもりの本だった。『反ヘイト』であることがこう注目されると思わなかった」。加盟する出版社の高島利行取締役は「書店が売れる本を置くのは自由。それは同時に、嫌中憎韓に反対する本も話題になる可能性がある」と期待する。
(略) 
(守真弓)


「嫌中憎韓に、反対するのは別にかまいませんが、選本には疑問を感じます。

彼らが問題としているブームは「中国や韓国を批判する」ものであったり「他国や他民族への憎悪をあおる言説」であったりします。これらに対抗するために推薦した本は「帝国日本の閾(いき)」(戦前の日本がテーマのようです)とか「ヘイト・スピーチとは何か」(日本のヘイト・スピーチを批判した本。既読です)とか「九月、東京の路上で」(関東大震災時の朝鮮人虐殺の話)などです。

本来であれば、ごく自然に考えれば、「嫌中憎韓」へのカウンターは、中国や韓国がいかに素晴らしい社会・文化であるかを解説した本であるはずです。しかし、彼らの推薦本はいわゆる「反日」でした。

いくら日本の悪口を並べてみても、そして正鵠を射た批判であったとしても、中韓批判への反論にはなりません。日本の悪いところはあくまで日本の悪いところであって、中韓の良いところになるわけではありません。

どうしてこういう本が選択されたのか、以下は私の邪推です。

彼らの頭にこびりついているのは、国家に序列があるという意識なのでしょう。だから、日本を落とせば相対的に中韓が上がるという発想ではないでしょうか。奇妙な発想ですが、そう考えると辻褄があいます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle