FC2ブログ

【時事問題】女性都議への野次

東京都議会で、女性都議に対して、セクラハまがいの野次が飛んだ問題です。

朝日新聞が以下のように報道しています。

 東京都議会で晩婚化や晩産化の対策について質問した塩村文夏(あやか)都議(35)が、「自分が早く結婚すればいい」と男性都議からヤジを飛ばされた。ウェブ上で「セクハラだ」と議論が高まり、都議会には1千件を超す批判が殺到した。最大会派の自民は、発言者を特定せず幕引きを図ろうとしている。
(略)
 塩村氏は18日の一般質問で、割り当てられた時間の半分を出産や不妊に悩む女性の問題にあてた。「不妊治療を受ける女性のサポートを都は手厚くすべきだ」。そう訴えると、左前方の自民都議らが座る一角から、「お前が早く結婚すればいいじゃないか」「産めないのか」などとヤジが相次いだ。塩村氏が声を詰まらせながら質問を続けると、「おい、動揺しちゃったじゃねえか」と別のヤジも飛んだ。
 都議会での議員の発言については、会議規則で「騒ぎその他議事の妨害となる言動をしてはならない」と定めているが、セクハラ発言については「罰則はない」(議会事務局)という。一方、傍聴人がヤジを飛ばすことは規則で禁じられ、違反すれば議長の命令で議場外に連れ出される。
(略)


実に品性下劣な野次です。あきれ果てました。一般企業で職場において類似の発言をしたら、ただでは済まされないはずです。そもそも不規則発言は禁止されているにも関わらず、「議会の華」などとうそぶいて放置してきたつけが回ったのだと思います。厳正な処分を望みます。

ただ、“けしからん、けしからん”と書くだけでは、blogに載せる意味が薄いので、他の感想も書いてみます。


今回問題が大きくなったのは、野次の被害が女性議員だったことが、やはり影響していると思います。仮に、独身の男性議員が「お前が早く結婚すればいいじゃないか」と野次られ涙ぐんだとしても、ほとんど同情されないでしょう。つまり、男女で扱われ方が違う=男女差別です。

男女差別意識は野次った議員だけにあるのではなく、多かれ少なかれ共有しているのだと思いました。


不妊治療に対する援助をすべき、という意見の述べるのに、本人の結婚や出産経験は必要ありません。寝たきり老人のいる家庭への援助を訴えるのに、家族に寝たきり老人がいなくてもいいのと同じです。

したがって、今回の野次は品性に欠けるという倫理的な問題だけでなく、論理的にも整合性がありません。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle