FC2ブログ

【アニメ】魔法科高校の劣等生


魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版) [DVD]魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版) [DVD]
(2014/07/23)
中村悠一、早見沙織 他

商品詳細を見る

原作は未読です。

原作を読んでいないせいか、いまひとつ面白さが分かりませんでした。おそらく、魔法に関する架空の設定へのうんちくが作品の魅力なのでしょうが、映像化した際に説明しきれていませんでした。典型的なのは主人公が“劣等生”とされている理由がよくわからないことです。能力がアンバランスらしいですが、どのようにアンバランスなのか描けていません。欠点がないような描き方です。主人公以外の二科生も結構優秀に見えて、なにを基準に一科と二科が分かれているのかピンと来ません。

第一編の事件は、一科生と二科生にある階級差別(この世界では魔法力の強弱で階級が形成されている)への怒りが原因です。

革命思想に走る人には二つのタイプがあります。貧困家庭で育ったために富裕層への怒りが革命思想に転換していく情念型と、裕福な家庭で育ちながら社会不正への怒りや弱者への同情が革命思想に転換する理念型です。

第一編の怒れる二科生はあきらかに情念型です。ストレートに怒りをぶつけていますが、理論武装に難がありました。しかし二科生とはいえ、日本に九つしかない高校に入学を許されたのですから、結構なエリートのはずです。矛盾があるように感じました。

第二編は、九つの魔法高校の競技会でした。マフィアがこの競技会を賭博のネタにしています。本命の第一高校が優勝すると困るのでマフィアが第一高校の邪魔をするというのが本筋です。しかし、本命が勝つと胴元が困る賭博というのは、ありえないと思います。

また、競技会が男女別というのも分かりませんでした。運動能力だったら男女には能力差がありますので、それぞれの対戦にします。魔法の能力も男女で能力差があるというのでしょうか。アニメを観ていたかぎりでは、男女差があるようには見えませんでした。

第三編では、テロリストが暴れまわる話でした。これは普通に魔法で戦っているだけなので、単調だったように思います。

もしかしたら原作は面白く、また疑問に答えがあるのかもしれませんが、アニメは疑問だけが残る結果で終わりました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle