FC2ブログ

【アニメ】フラクタル

フラクタル第1巻DVD【初回限定生産版】フラクタル第1巻DVD【初回限定生産版】
(2011/04/22)
小林ゆう、津田美波 他

商品詳細を見る

名作調で作っていますが、別に名作ではありません。むしろ昔の名作アニメから部分部分をつなぎ合わせたという感じです。

フラクタルシステムが誕生した過程はなにやら考えた設定があるようですが、作品の中では説明してくれません。説明しない理由もさっぱりわかりません。うがった見方をすれば破綻なく説明することができないのではないでしょうか。

ユートピア社会とみせかけて実はディストピアということなのでしょうが、社会構造がどうなっているのかがわからないので、何がディストピアなのか理解できません。フラクタルシステムが完全に機能するとどういう利点があるのか、不完全なフラクタルシステムにどういう欠点があるのか、さっぱりわかりません。これでは、フラクタルシステムに反対している人達にも、再起動させたい人達にも感情移入することはできません。

カルト的な人気の作品だと、説明がなくても、ファンが勝手にあれこれ考えてくれるのでしょうが、この作品にそこまでの潜在的な魅力を感じません。視聴者がついてきてくれると考えたのだとしたら、甘く見すぎていると思います。

世界の成り立ちはどうでもよく、単純に冒険談を楽しめばよいということでしょうか。しかしこれも不可能です。作劇上の都合としか思えないキャラクターの行動が目に付きます。

例えば、グラニッツ一家がクレインをさらったのは、本人たちの弁によればネッサが目当てです。しかし、誘拐した後、特にネッサを尋問したり調査したりすることもありません。何を目的でネッサをさらったのか意味がわかりません。その直後、グラニッツ一家は、せっかく誘拐したネッサを放っておいて、意味もなくクレインを連れて「星祭」の襲撃にでかけます。わけが分かりません。この妨害工作が原因でグラニッツ一家は「船」に乗って、追われる立場になり、クレインたちも行動をともにします。「船」で旅をする、という展開にしたかったのでしょうが、説得力皆無です。

新しいものを作るという意欲を感じさせない作品でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle