FC2ブログ

【朝日新聞】)カジノで考える民主主義

10月21日朝日新聞朝刊オピニオン欄。「思想家」・内田樹氏のインタビューです。

(略)
 「僕は別に賭博をやめろというような青臭いことは言いません。ただ、なぜ人は賭博に時に破滅的にまで淫するのか、その人間の本性に対する省察が伴っていなければならないと思います。賭博欲は人間の抑止しがたい本性のひとつです。法的に抑圧すれば地下に潜るだけです。米国の禁酒法時代を見ても分かるように法的に禁圧すれば、逆にアルコール依存症は増え、マフィアが肥え太り、賄賂が横行して警察や司法が腐敗する。禁止する方が社会的コストが高くつく。だったら限定的に容認した方が『まし』だ。先人たちはそういうふうに考えた。酒も賭博も売春も『よくないもの』です。だからと言って全面的に禁圧すれば、抑圧された欲望はより危険なかたちをとる。公許で賭博をするというのは、計量的な知性がはじき出したクールな結論です」
 ――カジノ法案は、政府内に管理委員会を置いて、不正や犯罪に厳しく対処するよう求めています。推進派の議員らは、十分な依存症対策も取る方針を明確にしています。それなら賛成できますか。
 「賛成できません。法案は賭博を『日の当たる場所』に持ち出そうとしている。パチンコが路地裏で景品を換金するのを『欺瞞だ』という人がいるかもしれませんけれど、あれはあれで必要な儀礼なんです。そうすることで、パチンコで金を稼ぐのは『日の当たる場所』でできることではなく、やむをえず限定的に許容されているのだということを利用者たちにそのつど確認しているのです。競馬の出走表を使って高校生に確率論を教える先生はいない。そういうことは『何となくはばかられる』という常識が賭博の蔓延を抑制している。賭博はあくまでグレーゾーンに留め置くべきものであって、白昼堂々、市民が生業としてやるものじゃない。法案は賭博をただのビジネスとして扱おうとしている点で、賭博が分泌する毒性についてあまりに無自覚だと思います」
(略)
(聞き手・秋山惣一郎)


パチンコの換金が路地裏で行われているのは賭博が限定的に認められていることを都度確認するためで必要な儀式である。それゆえにパチンコは許されるが、おおっぴらに行おうとするカジノは許されない、との主張です。しかし競馬も競輪も路地裏で換金していません。内田氏の理屈に従えば、公営ギャンブルは認められないはずですが、そういうことは一切言いません。都合のいい事実だけを切り取って論を立てているようにしか見えません。

競馬の出走表を使って高校生に確率論を教える先生はいない」のは、『何となくはばかられる』からではありません。競馬では確率が教えられないからです。サイコロや宝くじで確率を教える先生はいましたし、いまでもいるでしょう。内田氏は自分に都合のいいように事実を解釈しています。

また、日本以外で多くの国がカジノを解禁しています。こうした諸国について内田氏は、「賭博が分泌する毒性」に無自覚であるとみているのか語っていません。ひたすらカジノ合法化をめざす安倍政権批判だけです。

自説に都合のいいように事実を切り貼りする人間が「思想家」の名に値するとは思えません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle