FC2ブログ

【本】アパート経営はするな!


アパート経営はするな!―賃貸経営の落とし穴アパート経営はするな!―賃貸経営の落とし穴
(2011/07)
須田 忠雄

商品詳細を見る

著:須田忠雄

仕事中に頻繁にかかってくる迷惑電話はたいてい“マンションの一室を買って貸し出しませんか?”というやつです。いくつ業者があるのか知りませんが、それぞれ数ヶ月おきに電話がくるので、こちらとしては週に一回や二回は確実に受けています。“とにかく会ってお話を”などと言いますが、あやしそうな業者に会いたくないのですべて断っています。つまり頭から拒否していて、なぜマンション経営(賃貸住宅での資産形成)をしたくないのかをまじめに考えたことはありませんでした。

そんななか本屋で「アパートは経営するな!」というタイトルの本を見つけたので一通り読んでみることにしました。こういうタイトルはしばしば反語的に使われることが多いのですが、本書は真っ向からアパート経営を否定しています。

本書が説く、アパート経営が危ない根拠は、「不動産もすべからく需要と供給のバランスで売買が成り立ち、需要と供給のバランスで価格・賃料が決まります」(P139)につきます。「すべからく」の使い方は間違っていますが、少子高齢化の傾向から賃料が下がり経営は成り立たなくなるという、もっともな理屈だと思います。

また、賃貸アパート経営には業者による「一括借り上げシステム」の説明もあります。これは入居者がいなくても業者からオーナーに賃料が払われるというもので、一見オーナーは心配がなくなる契約のように見えます。しかし、この一括借り上げの賃料は永遠に固定ではなく年々下がっていくそうです。多くのオーナーが永遠に固定だと勘違いしている、とも指摘しています。

一代で成功した経営者らしく、なにやら偉そうな物言いが鼻につきますが、内容はいたって真面目です。賃貸不動産経営に興味がある方でしたら参考に読むのもよいと思います。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
私も一時、賃貸経営に興味がありましたが
どうしても踏み切れませんでした。

よく業者も家賃収入を得られますよ
みたいな感じで言ってきますが
そしたらあなたがすれば良いでしょ!って思います。

少し不動産業界にもいたので、基本的に不動産屋は
信じません。

時間があったら本読んでみます。
それでは失礼します。

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle