FC2ブログ

【時事問題】2014年衆院選

今回の衆院選挙は与党の勝利で終わりました。
民主党も議席を伸ばしたのですが、目標がはっきししなかったこともありますし、党首の落選ということもあり、敗北ムードが漂っています。今後、野党で共闘するなら合併すべきですし、単独で政権を目指すならそのようにはっきりと打ち出すべきでしょう。どっちつかずの態度では、再び政権をまかせる気にはなれません。

さて、比例区の結果ですが、どの新聞も選挙区ごとの結果だけを残して日本全体でどうなったのかを出してくれません。しょうがないので、こちらで足し算をして出してみました。左が票数で、括弧内が割合です。

自民党 17,658,916 (33.2%)
民主党 9,775,991 (18.4%)
維新 8,382,699 (15.8%)
公明 7,314,236 (13.7%)
共産 6,062,962 (11.4%)
次世代 1,414,921 (2.7%)
社民 1,314,441 (2.5%)
生活 1,028,721 (1.9%)
幸福 260,111 (0.5%)


直近の世論調査で比例区で各政党に投票する予定を訊いたものがあります。その時は、

自民34
民主13
維新8
公明7
次世代1
共産8
生活1
社民2
改革1
その他の政党2
答えない・分からない23


という結果でした。ここから「答えない・分からない」を除いて全体の割合を出すと

自民党 44.2%
民主党 16.9%
維新 10.4%
公明 9.1%
共産 10.4%
次世代 1.3%
社民 2.6%
生活 1.3%

となりました。

ここから、維新と公明が態度保留の有権者を大幅につかんだことがわかります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle