FC2ブログ

【ウルトラQ】第十六話 ガラモンの逆襲


ライセンス取得済み★ウルトラマンシリーズ☆カッティングステッカー★ ガラモン BKライセンス取得済み★ウルトラマンシリーズ☆カッティングステッカー★ ガラモン BK
()
ウルトラマン

商品詳細を見る

第十六話の「ガラモンの逆襲」の感想です。

初登場時には名前がありませんでしたが、今回は「ガラモン」という呼称が劇中でも使われています。前回の事件の後、命名されたと想像できます。

今回のガラモンは複数体が登場します。今までの複数体の怪獣と言えば、まずナメゴンです。しかし、これは一体目が退治された後に二体目が登場しています。「クモ男爵」の大蜘蛛も同時にでるのは一体だけでした。カネゴンは両親が変身してしまったので、複数体の登場ですが、暴れまわる怪獣ではありません。複数体の怪獣が同時に登場して暴れるのはこれが初めてです。よく覚えていませんが、もしかしたら、これだけかもしれません。

話は前回のガラモンを操るコントローラーを異星人に奪取されたことから始まります。もう一個作れないようなものなら、初めに(十三話で)無人で送り込むのではなく異星人が抱えて持ってくればよかったはずです。異星人の痛恨のミスともいえますし、ぶっちゃけていえば設定の失敗ともいえます。

それはともかく、複数体のガラモンが東京を縦横無尽に壊しまくるという豪華な一本でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
私はこの怪獣が一番印象に残っていますね。
怪獣にしては可愛すぎますが!
ウルトラQは今の怪獣物と違って人間の心理
をえぐるような話が多く、ミステリーっぽいところ
が子供ながらに魅力でした。
えいびさんはアメリカテレビドラマのアウターリミッツ
などご存知ですか?似たようなシチュエーション
では、ウルトラゾーンやミステリーゾーンなども
ありました。完全に白黒の時代です。
年齢がお若いと再放送はそれほど多くなかったので
ご存じないかも知れないですね。
ウルトラQの脚本家はこれらのアメリカテレビドラマの
影響を受けてるような気がします。

Re: No title

こんにちは
「ウルトラゾーン」というのは知りませんが、「ミステリーゾーン」というのはどこかで聞いたことがあるように思います。番組自体は観たことはありません。どこかで見つけたら観てみたいと思います。
ありがとうございました。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle