【映画】ジュラシック・ワールド

過去のシリーズはすべて観ています。このシリーズは一般に、特撮は素晴らしいが中身がないと酷評されているようですが、私も同意見です。

今作も、シリーズの伝統にのっとり、特撮の素晴らしさと無内容さに驚かされます。

大暴れした翼竜はいつのまにかどこかに消えてしまいましたし、両親が離婚の危機にあるという伏線はまったく回収されていません。編集で入らなかったから切ったのでしょうか?

また、組織の責任者が職場を放り出して甥っ子の救出に向かったり、トップがノリノリでヘリを操縦して現場に突入したり、とパークの組織運営はいい加減です。いい加減な組織というのはいくらでもあるのだから、映画に登場しても構わないのですが、この場合はあきらかに作劇上の都合でそうしています。

新型恐竜は、ケージから抜け出したと見せかけ、門が開くのを待つという頭脳プレイをみせます。しかし、この段階では新型恐竜にはGPSが埋め込んでありました。人間側が冷静に対処すれば、ケージ内に潜んでいることは分かったはずです。新型恐竜の知能の高さより、人間の知能の低さに吃驚です。

かくのごとく内容はボロボロです。しかし、特撮はそれを補うくらい素晴らしいです。大画面で見る価値大です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle