【アニメ】六花の勇者

原作は最新刊まで既読です。

1巻を1クールで映像化したことになります。通例よりはややゆっくりしたスペースです。同じ原作者による「戦う司書」が10巻を2クールに押し込めたのと比べれば、実にゆったりとしています。その分、衣装や建物など細部にこだわった映像でした。

シリーズ全体は、魔神との戦いが背骨なのでしょうが、この一巻での主要なテーマは仲間に紛れ込んだ偽物を探す、というもので、ミステリーに近いジャンルです。ただ厳密な推理ものというにはいわゆる“フェア”さに欠けます。そこは割り切って楽しむしかありません。

インカとかアステカ文明を思わせる建造物が斬新でかっこよかったです。ナッシュタニア姫の刃の描写も想像を上回っていました。

原作既読組としては満足のいく出来でした。二期も期待します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle