【本】江戸の人気浮世絵師 俗とアートを究めた15人

著:内藤正人
幻冬舎新書

江戸期の浮世絵師15人を、それぞれ章を設けて解説しています。250ページほどの新書なので、だいたい一人20ページ足らずです。一人ひとりのボリュームは少ないのですが、浮世絵の歴史を概観して読むことができますし、あまり語られてこなかった絵師にも筆を費やしているので、勉強になります。

お薦めできる一冊です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle