【本】ガルパンの秘密

著:ガルパン取材部
廣済堂新書

「ガルパン」とは2012年に放映されたアニメ「ガールズ&パンツァー」の略称です。この世界では戦車で戦うことが女子の嗜みとなっていて、戦車道と呼ばれる芸事ができています。主人公は戦車道の家元の次女で、一時は戦車道から離れて過ごしていますが、転校先の学校の都合で再び戦車道に立ち返ります。そして、いよいよ周囲に才能を認められた姉との対決が迫ります。

この作品は、舞台の一部が大洗にしたため、いわゆる聖地巡礼(アニメファンが舞台になった土地を訪ねる)でも有名になりました。アニメによる地元おこしとしては成功例といわれています。

本書は、複数の作品関係者のインタビューで構成されています。

アニメ制作の裏側がわかるのでアニメファンには楽しいですし、アニメで地元おこしを考えている人にも参考になると思います。

なお、放映当時から気になっていた、「咲 saki」との類似点については制作サイドはなにも触れていませんでした。

「咲 saki」とは麻雀が健全な娯楽として認知された世界観で、才能がありながら一時的に麻雀から離れていた主人公が再び麻雀をはじめ、やがて圧倒的才能を持つ姉との勝負に臨む、というものです。

構造としては、「ガルパン」は「咲 saki」と偶然とは思えないほど似ています。

本書で、まるで言及しないというのは、私が思っていただけでアニメ業界の間で一般的ではなかったということなのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle