【時事問題】ハロウィーン

去年くらいからか日本でもハロウィーンが盛り上がっています。

もともとはケルトの祭りらしいですが、これまでの一般の日本人にとってはアメリカの映画やドラマで子供が扮装して近所からお菓子をもらってまわるイベントがハロウィーンでした。しかし、昨今の日本で行われているハロウィーンは、大人が扮装して繁華街を練り歩くというもののようです。

クリスマスやバレンタインデーでも、あるいは七夕や端午の節句でも、日本で受容した際に原型をとどめなくなるのは、ハロウィーンに限らず一般的なようです。いい悪いではなく、そういうものだと思います。

さて、この日本版ハロウィーンですが、今後日本に定着するでしょうか?

私は懐疑的です。理由は日本版ハロウィーンへの参加は敷居が高すぎるからです。わざわざコスプレをするというのはよっぽど好きでないとできることではありません。クリスマスやバレンタインデーのように気軽にお祭りに参加できません。マスコミ報道では大勢の若者が参加したように伝えていますが、参加していない若者の方が多いはずです。簡単ではないからです。

マスコミの報道が過熱しているのでこれから数年は盛り上がるかもしれませんが、その後徐々に廃れていくような気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle