【朝日新聞】高校生の校内での政治活動

11月1日朝日新聞社説「高校生と政治 べからず集は逆効果だ」より

 選挙権の年齢が18歳以上になるのを受け、文部科学省が高校生の政治活動を一部認める通知を出した。
 政治活動は、憲法が保障する表現の自由に根ざした権利だ。学校は、生徒が政治を語り、行動する自由を尊重することを原則にすべきである。
 旧文部省は1969年の通知で高校生の政治活動を「国家・社会としては行わないよう要請している」として規制した。高校生が当時、安保闘争やベトナム反戦運動で学校の封鎖などをした背景があった。
 それに対し、今回の通知は、高校生が「国家・社会の形成に主体的に参画していくことがより一層期待される」とした。
 およそ半世紀ぶりの転換だ。
 すでに高校生は最近も安保法制に関する集会に加わったり、デモをしたりしている。見直すのが遅すぎたともいえよう。
 ただ、新しい通知には禁止や規制があまりに多い。
 校内の活動は原則として禁じた。認めたのは放課後や休日の校外での活動だけだ。学業に支障がある場合は、禁止も含めた指導を求めている。
 授業以外の生徒会、部活動などでの政治活動も禁止とした。
 生徒会が「平和宣言」を出したり、新聞部が原発政策の記事を書いたりすると、校長から待ったがかかる可能性もある。
 そもそも政治活動の定義が難しい。「特定の政党や政治的団体への支持や反対を目的として行われる行為」というが、集会や勉強会なども、とらえ方次第で禁止の対象になるだろう。
 これでは政治社会について考えたり論じたりすることを促すのではなく、むしろ逆効果になりかねない。規制で縛る「べからず集」なら出す意味がない。旧通知の廃止だけでよいのではないか。
 問われるのは、学校がどう指導するかだ。
 学校は教育基本法で、政治的中立が求められている。だからといって、生徒の動きに厳しく口を出し制限すれば、教育の場から政治が遠ざけられてきたこれまでの状況は変わらない。
 今の高校では政治を語る文化が消えている。学校は社会から閉ざされた空間ではない。教員は生徒と向き合い、相談に乗り、活動を後押ししてほしい。
 地域や保護者も学校を萎縮させず、生徒の成長のために協力してもらいたい。
 選挙権年齢の引き下げは、政治の判断ができる「大人」として、18歳を社会に迎え入れるのが狙いのはずだ。規制ばかりでは高校生が市民に育たない。


高校生の政治活動を校内でも認めよ、という主張です。

しかし、自分達の組織の細胞を各処につくることをもっぱらとしている政治団体は実在します。こうした政治団体の高校内への侵入は、普通の感覚では許せません。

私が高校生の経験です。文化祭の任意参加団体(クラスやクラブ以外での複数の生徒がグループを作れば参加できました)の中に、宗教団体が紛れ込んでいました。申請段階ではあたりさわりのないことを書いていたので見逃されていましたが、本番の展示物(新興宗教のようで、地獄がどうのこうのという能書きや、変な絵がベタベタ張られていました)を見て、文化祭実行委員会一同口あんぐり、でした。翌年から、宗教がらみの参加は認めないというルールが追加されました。

生徒の何人かが”自主的”に行ったのでしょが、大人が糸をひいていたのは確実です。

これは宗教団体の話ですが、政治団体であっても同じことです。

学校は勉学の場ですので、外でやるのは自由ですが、校内での政治活動が規制されるのは当然です。

そもそも『規制ばかりでは高校生が市民に育たない』というのが真実であれば、1969年以降に高校生だった人間に市民がいない、ということになってしまいます。そんなわけがありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle