【映画】メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮

第一作の「メイズ・ランナー」は観ています。感想はここです。

前作はそこそこの出来でしたが、本作はひどいものでした。

新たなゲームに放り込まれるのかと思いきや、ひたすら敵から逃げるだけでした。

敵が具体的にどう悪いのかという描写がありません。人体実験めいたことをしていますが、“病気”のせいで世界の秩序が壊れた後の世界で治療薬(or予防薬)を作ろうとしてのことです。多少の行きすぎはやむを得ないと観客は思ってしまいます。実際、実験に使われた若者たちがどうなるのかははっきりしていません。なにか不穏な空気を感じて逃げ出しただけです。

逃げる先も、ほんとうに正義かどうか分かりません。単に主人公たちを捕まえていた集団と敵対している、という情報だけにすがっての逃亡です。

これでは命がけに逃げる意義を感じさせません。前作の目的が、迷宮からの脱出という観客に共感できるものであったのと比べて劣化しています。

ゾンビが徘徊する世界が砂漠化するというのも分かりません。映画「バイオハザート」シリーズのパクリかもしれませんが、普通に考えて人間の数が減れば(文明が崩壊すれば)動植物の天国になるはずです。核戦争後の未来であれば、環境が激変して砂漠化するというのも頷けますが、ゾンビで砂漠化は理屈に合っていません。

迷宮は実は複数存在していたとのことで、主人公グループとは別のグループも出てきました。しかし数年単位でしか攻略できないはずの迷宮を、わずか数日の差で別グループが突破してきたというのも偶然が過ぎます。

一番いけないのは、“病気”の治療薬(or予防薬)のために免疫のある若者を、迷宮に放り込む理由がないところです。迷宮を突破した若者だけを被験者にするなんて理屈に合いません。完結編でこの理由が示されなければ、シリーズは失敗だと思います。

今作は酷い出来でしたが、次で完結のはずなので、持ち直すことを期待して次作も観るかもしれません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle