【時事問題】崖っぷちの社民党

朝日新聞の記事「苦しい社民、険しい再生 党首選、吉田氏が無投票再選」を引用します。

 任期満了に伴う社民党の党首選が4日に告示され、唯一立候補した吉田忠智党首(59)が無投票で再選を決めた。しかし、ほかに候補者が出ないほど党勢が衰えているとも言え、来夏の参院選では「党首落選」の危機もささやかれている。
 吉田氏は4日の会見で「国民に信頼され、選択に値する党への再建再生を託された」と強調。「来年の参院選は戦争法の廃止の足がかりを築く大事な戦い」とし、比例2議席、選挙区1議席の確保をめざすとした。
 だが現実は厳しい。いずれも参院比例区選出の吉田氏と福島瑞穂前党首は来夏に改選を迎えるが、2010年参院選で約224万票だった比例票は、13年には約126万票に激減。当選は1議席にとどまった。党勢が回復しなければ、吉田氏が落選する可能性も否定できない。
 旧社会党から衣替えした約20年前におよそ4万人いた党員・協力党員は現在、約1万6千人に減少。若者らの支持を得ようと、ネット上で資金を募る「クラウドファンディング」を11月下旬に始めた。吉田氏のサイン色紙などを特典にしたが、効果は未知数だ。
 再生の道筋はないのか。今春の東京都八王子市議選でトップ当選した佐藤梓市議(31)は「新しい社民党をアピールしたい」。支援者と直接対面するだけでなく、SNSを使った活動も広げており「化学反応を起こせば、新しい運動につながる」と言う。
 社民党衆院議員を3期務めた保坂展人・東京都世田谷区長(60)は「他(の党)に追随を許さない、専門店的な部分を持つことが必要だ」と指摘。「政策にエッジが効いてきたと評価されるよう、まずは基軸を定めるべきだ」と提案する。


社民党を応援しているわけではありませんし、それどころか社民党の政策には賛成できないことが多いのですが、社会党からの歴史があるこの政党がなくなるようなことになれば、寂しさを感じると思います。

崖っぷちに追い込まれた感がある社民党ですが、潜在力はまだまだあると見ています。

自民党(及び公明党)の与党には反対という有権者は、従来野党第一党に投票してきました。これが、かつての社会党や民主党のおおきな票田です。

しかし民主党も一旦政権の座について馬脚があらわれ、雨後の筍のように出てくる第三極にも食傷気味、共産党は政権を握ったら何をするか分からない怖さがある、と考えている有権者は決して少数ではないはずです。

こうした有権者をうまくすくい取れれば、社民党の党勢の回復は決して夢ではありません。

党首のサイン色紙はピントが外れていますが、SNSを使った活動や他に追随を許さない政策立案能力を磨く、といった提案は意味があると思います。

応援しているわけではありませんが、健全な野党がいることは日本に不可欠なので、期待しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle