【朝日新聞】投書欄「どう思いますか」:“しつけとは我慢を教えること”

12月30日朝日新聞朝刊の投書欄。毎週掲載の、一つの投書に対する反響の投書を載せる「どう思いますか」のコーナー。今週は、長崎県の中学校男性教員(48)の投書が元です。

 登校中の小学生で、茶髪や奇抜な頭髪を見かける。中学校に来たら指導が大変だろうと思う。一般的に、そんな子の親は「人に迷惑はかけてないからいいじゃないか」と言う。その論理に立てば、ピアスもネックレスも許される。指導もいらない。校則がないほうが教員にとっては楽に違いない。でも、本当にそれでいいのか。
 「褒めて伸ばす」とか「個性の尊重」は悪いことではない。しかし、それは基本的なしつけがあった上での話だ。私は、しつけというのは子どもに我慢を教えることだと思っている。そして、基本的なしつけは親の仕事のはずだ。
 保護者と教員の思いがすれ違うことが増えているように感じる。学校は集団で生活するところだ。子どもたちは教科の学習をするだけでなく、社会のルールを学び、社会性を身につけていく。そのためにわがままはほとんど許されない。親は、学校での指導が何のために行われているのか冷静に判断してほしい。
 (10月31日付掲載の投稿〈要旨〉)


この先生が公立の教師なのか私立の教師なのかはわかりません。しかし、私立なら子供を選別して入学させるので、こうした不満はでないはずです。よって、公立の先生だと思います。

反応は、岐阜県のNPO職員(52)と大阪府の主婦(83)と神奈川の高校教員(32)と島根県の介護福祉士(50)からです。四人の意見はみな誠実な回答で、賛否は別として、それぞれ納得できる部分はありました。

専門家である広田照幸・日本大教授(教育社会学)は、教師と子供と保護者でよく話し合って、と毒にも薬にもならない、つまらない意見です。

小学生で茶髪とは困ったものです。「奇妙な髪型」というのが具体的にどういうものかは分からないので論評できませんが、小学生の茶髪に匹敵するくらいのインパクトがあったのでしょう。

気持ちの上では、高校生くらいまでは髪の毛を染めるとかピアスをつけるといったことには賛成できません。そういうのは大人になってからすべきことです。

映画「零(ゼロ)」は、校則の厳しそうな女子高を舞台に、清潔感のある女子高生がいっぱい出てきて好ましい雰囲気でした。そこには髪を染めたりする子は一人もいませんでした。こういう空気は好きです。あと、ライトノベルの傑作シリーズ「マリア様がみてる」で描かれた自律的に厳しい校風も好ましいです。

しかしながら、それは好みに過ぎません。公立の学校で、大人の好みを押し付けてはいけません。ただし、私立だったら、そういうものと承知して入学しているのですから問題ありません。

人に迷惑はかけてないからいいじゃないか」というのは私は正しいと思います。誤解を避けるために、より正確に言えば「人に迷惑をかけていない以上、悪いとはいえない」です。

大阪府の主婦(83)のご意見には、完全に同意しますので、引用します。

 58歳になる私の娘が小学校に入学した時に、先生方がおっしゃった言葉があります。「学問など学校での指導は自分たちに任せていただき、しつけは家庭でお願いします」。それ以外にも「子どもに家事を手伝わせてください。身支度や翌日の学校の準備は自分でさせてください」と。その頃からすでに「子どもは王様」になりかけていたのです。
 小学3年生の懇談会では、保護者から「うちの子は好き嫌いが多いので、先生から言ってください」と筋違いな話が出ました。日本の教育がおかしくなってきたなと思いました。家庭ですべきこと、先生が教えることの区別がつかなくなってきていたのです。
 日本人の精神の荒廃は徐々に進行していて、立て直すには歳月がかかると心配していました。現役の先生の指摘があったことで、少し心がやすまりました。


おっしゃる通りだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

街で見ると、幼児の頃から子供の頭を染めたり、パーマを掛けさせてる親が随分います。
文部科学省がそれが嫌なら、子供を指導するより、まず親を指導すべきでしょうね(笑)
何でも学校(教育委員会)や教師に押し付けるのは如何なものかと?
ま嫌でも、時代は流れて行きます。よいお年をお迎え下さい^^
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle