【映画】完全なるチェックメイト

米ソ冷戦時代におけるチェスの名人戦を実話をもとした映画です。

主人公は米国のボビー・フィッシャー。子供時代からチェスの才能を示しますが、チェス大会の運営に無茶な要求をして困らせたり、大事な試合をすっぽかしたり、盗聴を疑って電話の受話器を分解したりと変人のオーラを放っています。

対する、ソ連のチャンピオンも、試合中に椅子から振動がすると言い出し分解して調べさせるなど、妙な言動があります。

チェスの名人クラスは変人が多いという描写なのかもしれません。しかし、当時は冷戦時代ですので、外国に出たソ連のチャンピオンをソ連政府が監視するのはあり得ることです。対する米国も何をしていたか知れたものではありません。

彼らの言動が妄想なのか、事実に基づくものなのか説明をしません。解釈は観客に委ねているようです。

チェス自体のルールは知らなくても分かるように作ってあります。ただ、チェスは引き分け(ドロー)が結構あるということと、先手が有利なので後手はドローに持ち込むのも一つの戦略であるということは知っておくとよいでしょう。

チェンピオンへの挑戦権が具体的にどうやって決まるのかとか、チェンピオンシップは毎年やっているのかとかといった運営の定めが分からないのは不満です。特に、序盤で主人公が運営の何について怒っていたのかが分からないので、彼が変人なのかチェス界が硬直した組織なのかが判断できませんでした。

公開スクリーン数が少ないせいか、お客は集中してきているようです。混んでました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle