【朝日新聞】暴力頼らない指導、道半ば

1月16日朝日新聞朝刊。スポーツ欄の「縦横無尽」のコーナー。「暴力頼らない指導、道半ば」より

 新しい年の始まりは、スポーツ界にとって、事件の「それから」を顧みる節目でもある。大阪・桜宮高バスケットボール部主将が顧問の暴力などを理由に自殺したことが2013年1月8日に明らかになってから、3年を迎えた。
 スポーツの暴力指導はなくなっているのだろうか。
 「個人的には痛い思いも必要と思う面はある。でも、絶対に殴れない」。関東のある公立中の野球部顧問は話す。
 東京都の調査をみると、部活動中の体罰が把握された指導者は公立中高合わせ、12年度が87人、13年度が31人、14年度が11人。生徒へのアンケートなどで明るみに出やすいこともあり、「暴力はダメ」という職員室の合意形成は進んでいるとみえる。とはいえ、根絶はされていない。
 また、神奈川県の公立中の運動部顧問の一人は「たたかなくなった代わりに、口がきつい顧問が目につく」と明かす。うまく指導できないいら立ちを、結局は生徒にぶつけてしまう光景である。
 先の野球部顧問は「経験の浅い先生は生徒となあなあの関係しか築けず、部活がお遊びの延長になっている」とも言う。強圧的な指導で従わせるやり方が“常道”だった日本スポーツ界で暴力が否定され、「どうすれば……」と立ち尽くす部活動指導者たちがいる。
(略)


そもそも部活(=倶楽部活動)というのは「お遊びの延長」です。学校の基本は勉学であって、空いた時間に参加したい生徒が参加するのが倶楽部活動です。一部の学校で見られるような、大会で部活動を活躍させ学校の名前を売り出そうというのは、そもそも異常です。

お遊びの延長」なのは、まことに結構なことです。

勝負事である以上、遊びであっても勝ちを狙うのは分かりますが、殴って勝たせようなどというのは論外です。

それはともかく、格闘技は例外として、殴ると強くなるという理屈が理解できません。格闘技の場合は、競技そのものに「暴力」が内在しているので、真剣に稽古をつけることと「暴力」を振るうことの境目が曖昧です。しかし、格闘技以外の競技の指導で腕力が効果的だとはまるで思えません。

殴ったって、足が速くなるはずがありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle