【朝日新聞】統計から「韓国・朝鮮籍」を分離するのは当然です

3月12日朝日新聞朝刊。『在留外国人、昨年最多223万人 「韓国・朝鮮籍」を分離』

 法務省は11日、昨年末時点で日本で暮らす在留外国人の数が、過去最多の223万2189人(前年比5・2%増)に達したと発表した。朝鮮半島出身者やその子孫らについては、「韓国・朝鮮」とまとめてきた表記を改め、「韓国」は45万7772人(同1・7%減)、「朝鮮」が3万3939人(同5・1%減)と分けて発表した。一部の自民党議員などから、分離を求める声が上がっていた。
 これまでまとめて発表してきたのは、韓国と北朝鮮の分断以前から日本に暮らす人もいるため。
(略)
(金子元希)


統計ですので、出来る限り細かくデータをとるのが望ましいです。韓国と北朝鮮は、事実上別の国ですし、日本との関係も大きく異なります。分断以前から日本に住んでいた人もいたため合算していたという事情は分かりますが、そろそろ別に数字を出してもいい頃合です。

気になるのは、「一部の自民党議員などから、分離を求める声が上がっていた」という指摘です。あたかも、“差別主義者の自民党議員が分離を要求したのが原因だ”と言わんばかりです。

いやらしい印象操作をたくらんだような気がしてなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle