【アニメ】僕だけがいない街

原作は未読です。

これは初回から惹き付けられました。そして最後まで高い満足度を保ったまま完結しました。

時間をまきもどして何度も課題の解決をはかるという話には名作が多いのですが、それら先行の諸作にひけをとらない傑作だと思います。

時間の逆行(リバイバル)という現象(能力?)が何に由来するのか、なぜ彼が起こせるのか、まったく説明がありません。

最終話を観ながら推測したのですが、リバイバルなど初めから存在せず、時間を行き来していたと思っていたのは、実は車ごと池に突き落とされ十数年の眠りの中で見た夢だったという仮説を立ててみました。目覚めた時に現代に社会に適合できるような知識をもっていたのは、看病している母親がいろいろ話しかけていたからと解釈できます。

けれど、「未来」でのアルバイト先の女の子を見知っていたシーンがあったので、やはりリバイバルは本当に起きていたと解釈するほかないようですね。

意味不明だった題名が最終回に解かれるというのにも感動しました。

難点を言えば、最後の犯人を罠にかけるところです。犯人が事をなす前にビルの下を覗き込まれたら、それで破綻してしまいます。不満はそれだけです。

いつか原作も読んでみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アニメで見ました

こんばんわ

私の地域では深夜にアニメで放送されてました。

久々にアニメを見たのですが、
最後まで物語が気になるアニメを見る事が出来ました。

面白かったです。
どうやら実写化もあるみたいですね。

Re: アニメで見ました

ホロコサン様

コメントありがとうございます。

実写映画の存在は存じています。
多分、観にいくことになると思います。
アニメ版ほど面白かな、という気はしていますが。
sidetitleプロフィールsidetitle

えいび

Author:えいび
日々の出来事、映画やアニメの感想です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle